【NFL】(ネタばれ)ファルコンズ対パッカーズのカンファレンスチャンピオンシップの結果〜試合後の不思議な気持ち


2016年シーズンのNFCカンファレンスチャンピオンシップ、アトランタ・ファルコンズ対グリーンベイ・パッカーズのことを書いておきます。

1..前評判

試合前のオッズ(CBSによる)では、6ポイントアトランタがリード。

順当に行けばまずアトランタが勝つだろうと言う数字です。

ですがグリーンベイファンの私は、ダラス・カウボーイズ戦の前もこれぐらいからだったような気がするし、何と言っても今のパッカーズには勢いがあるから、この数字はあてにならない、と考えていました。

レギュラーシーズンでも今回と同じくアトランタのジョージアドームで対戦し、1点差の逆転負け。

でもあの時のグリーンベイはどん底でしたから、このデータもあてにならない、と言いますか、あの状態で1点差負けだから、今回は勝てるだろう、と考えていました。

QBアーロン・ロジャースはジョージアドームとは相性が良いようですし。

シアトルやカンザスシティほどのクラウドノイズもないでしょうし。

懸念事項は、グリーンベイの方が圧倒的に負傷者が多いこと。

そして、アトランタにも勢いがあると言うことです。

先週のディビジョナルプレイオフのシアトル・シーホークス戦では、圧巻のハイパーオフェンスぶりを見せました。

アトランタもまた、レギュラーシーズンの時よりも強くなっているように感じました。

両チームともオフェンスは超一流ですが、ディフェンスはそうではありません。

ハイスコアでの競り合いになるかと思われました。


2.試合の経過

ゲーム開始からアトランタのハイパーオフェンスが、その破壊力を見せつけました。

前半のオフェンスドライブは、1回のパントを除き、すべて得点になりました。

OCカイル・シャナハンが指揮し、QBマット・ライアンが率いるオフェンスを、グリーンベイディフェンスは止めることができませんでした。

何度も3rdダウンに追い込んだんですが、更新されてしまいました。


一方グリーンベイオフェンスは、そうは行きませんでした。

得点するチャンスはありました。

しかし最初のドライブでは先週のヒーロー、メイソン・クロスビーが、NFLのキッカーなら決めておきたい41ヤードのFGを外しました。

2回目のドライブでは、アトランタのゴール前まで迫りましたが、FBアーロン・リプコウスキがファンブルロスト。

これらがなければ最低でもこの時点で10-6に迫っていたか、10-10のタイでした。

前半は24-0と、予想外にアトランタが一方的にリードを奪いました。


それでもグリーンベイにはロジャースがいますから、逆転もありえる、と言う期待は叶えられませんでした。

グリーンベイが得点しても、アトランタがすぐに追加点をあげ、差を詰めさせませんでした。

また、ただでさえケガ人が多いグリーンベイに、負傷者が6人も出たのも響きました。

マイカ・ハイドの離脱はますますディフェンスを追い込み、T.J.ラングとレーン・テーラーの両Gが抜けたのは、パスプロテクションを不安定にしました。

結局試合の流れは変わらず、

アトランタ 44-21 グリーンベイ

と言う最終スコアとなりました。

アトランタは18年ぶりのスーパーボウル出場を決め、グリーンベイの「Run the table」は、ここに止まりました。




(NFL JAPAN動画「2016年シーズンNFCチャンピオンシップ、パッカーズ対ファルコンズのハイライト」)

3.試合後のいくつか

1)ロジャースの誇り

試合後、ロジャースは

「ジョーディー・ネルソンのことを誇りに思う」

と言いました。

「Aaron Rodgers’ emotions conveyed the pride Packers felt」より



まったく同感です。

2週間前の試合で、ネルソンはろっ骨を、少なくとも2本は折ったそうです。

先週の試合は欠場。

今週も無理かな、と思っていたら、出場選手登録されました。

「大丈夫かいな…

使うとしたらダミーとか囮かな」

とか考えていたのですが、なんと、最初のドライブで2本のパスキャッチ。

しかも最初のは痛めている箇所にタックルされたように見えました。

(もちろんディフェンスの選手がタックルすることには非はなく、むしろ積極的にならねばいけない)

最終的に、ネルソンはこの試合で6レシーブし、ひとつはTDとなりました。

私もろっ骨を折ったことはありますが、それがおそらく完治してない状態でこの成績は驚異的です。

そして、もしグリーンベイが勝っていたら、

「ネルソンは十分にターゲットとなりえる」

ど思わせた最初のドライブで思わせたことも一因に挙げられたでしょう。

それだけ、最初のドライブにかけていて、十分にその役割を果たしたと思います。

その勇気と結果は、ロジャースが賞賛するのも当然だと思います。


グリーンベイの「Run the table」はここに終焉を迎えましたが、シーズン中のどん底を思えば、今は感謝の念しかないです。


2)負けた相手がアトランタで良かった

この試合でスーパーボウル出場を決めたのが、アトランタ・ファルコンズで良かったと思います。

特にマット・ライアンがようやくスーパーボウルに出られるのが嬉しいです。

ライアンは、マイケル・ビックが退団してガタガタになったアトランタを、ルーキーの頃からずっと率いてきました。

欠場した試合はあまりないと思います。

そして、これまでのアトランタのどのQBよりもチームをプレイオフに導いてきました。

しかし、スーパーボウルには届きませんでした。

グリーンベイが負けたのは残念ですが、その相手がライアンのアトランタで良かったと思います。

(本気でそう思ってます)

そしてジョージアドームのファン。

前述の記事には

「(ジョージアドームの)クラウドノイズは、グリーンベイオフェンスのコミュニケーション、特にパスプレイでのプロテクションでのそれを混乱させることに貢献した。」

と言う文章がありました。

私はファンに熱心に支持されるチームが好きです。

(だからこそグリーンベイのファンなんですが)

前述の通り、アトランタのジョージアドームのクラウドノイズは大したことはないだろう、と勝手に想像していたのですが、大きな、そして失礼な誤解でした。

ファンの声援が敗因であれば、それは素直に諦め、そのファンの方々と、応援されているチームを称えます。

そう言うチームに負けるのであれば、あきらめもつきます。


しかしながら、アトランタに関しては、一点不安なことが。

ディフェンスではいくつかの反則と思われるプレイが見られ、それがほとんど見逃されました。

スーパーボウルではそれらは反則ととられかねないと考えます。

何も誤審だと怒っているわけではないです。

誤審で勝つこともあります。

でも、誤審はこの世からなくなってほしいです。


何はともあれ、アトランタ・ファルコンズとファンのみなさん、スーパーボウル出場、おめでとうございます。


3.敗戦後の気持ち

余談ですが…

敗戦後の自分の気持ちにとても驚かされました。

今日の仕事は、まず、ある説明会に出席して聞くことから。

チャンピオンシップが始まるまでは、勝手も負けても説明会はうわの空になるだろう、と考えていました。

試合は始業前に終わり、そして私は説明会に出ました。

不思議なもので、次に

「ああ、グリーンベイは負けたんだな」

と思い返したのは、説明会のあと、自席に戻る途中で、負けてから2時間がたとうとする頃でした。

つまりその間、ずっと説明会に集中できていました。

惜敗であれば、また違った状況になっていたかもしれませんが…

俺ってこんなに仕事に集中できるタイプだったっけ、と、嬉しくなりました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【2016シーズンWEEK19】「オードリーのNFL倶楽部」に関すること〜オフトークが「オールナイトニッポン」みたいだった

「オードリーのNFL倶楽部」2016シーズンのWEEK19に関することを書いておきます。

タイトルの副題にも書きましたが、今回はオフトーク動画が「オードリーのオールナイトニッポン」を思わせるものでした。

その件は最後に。


1.現時点で4人が応援する8チームについて

先週のオフトーク動画で、オードリー、滝アナ、相武紗季さんが応援するそれぞれ2チーム、計8チームが決まりました。

このようなもので、最初に書いたのが一番応援するチームで、次に書いたのは二番目に応援するチームです。

若林:ヒューストン・テキサンズ、カンザスシティ・チーフス

春日:ダラス・カウボーイズ、ピッツバーグ・スティーラーズ

滝菜月アナ:アトランタ・ファルコンズ、グリーンベイ・パッカーズ

相武紗季さん:ニューイングランド・ペイトリオッツ、シアトル・シーホークス

若林がオープニングで

「こうなった過程はオフトーク動画で見てください」

と言っていました。

その動画は、このリンク先にあります。

日テレ公式チャンネル「【NFL倶楽部】WEEK18 オフトーク」へのリンク

オフトーク動画は必ず見たほうがいいと考えます。

「オードリーのNFL倶楽部」が2度楽しめますから。


2.ディビジョナル・プレイオフの結果

ディビジョナル・プレイオフ(プレイオフ2回戦)この8チームの勝敗は以下のようになりました。

1)アトランタ・ファルコンズ 36-20 シアトル・シーホークス

2)ニューイングランド・ペイトリオッツ 34-16 ヒューストン・テキサンズ

3)ダラス・カウボーイズ 31- 34グリーンベイ・パッカーズ

4)カンザスシティ・チーフス 16-18 ピッツバーグ・スティーラーズ

この全試合のハイライトが流されましたが、スタジオが一番盛り上がったのは、3番目のダラスとグリーンベイの試合。

こちらがその動画です



(NFL JAPANの動画「2016年シーズンディビジョナルラウンド、パッカーズ対カウボーイズのハイライト」)

残り2分から互いに点をとりあい、最後は3秒からのプレイで勝負が決した試合でした。

ハイライトの最後の方では春日も若林も叫びまくり。

その後、プレゼントの告知があったのですが、滝アナがその文面を読もうとしたところ、ダラスを応援していた春日が放心状態でしたので、

「春日さん、プレゼントのもの、もって見せてください」

と滝アナに言われてました。

本当にこの試合は、どちらのファンでも試合後は果ててしまうものだったと思います。

詳細はこのブログにも書きましたので、よろしければどうぞ。

「【NFL】(ネタばれ)2016ディビジョナルプレイオフ〜ダラスの「シンデレラストーリー」とグリーンベイの「Run the table」の行方」へのリンク

ところでこの試合は、レゴで作られた選手によって再現されています。

グリーンベイファンのカンニング竹山もツイートしていました。



こちらのリンク先にその動画があります。

「Lego highlights: Packers win thriller in Dallas」へのリンク

レゴになると緊張感がやや薄れるように感じますが、とてもよくできているなぁ~と思います。


3.4人がこれから応援するチーム

「春日の2ミニッツワーニング」でも言われていたのですが、若林が応援していた2チームが敗退してしまったので、これからどうしようか、と言うことになりました。

その続きはオフトーク動画にありました。



(日テレ公式チャンネル「【NFL倶楽部】WEEK19 オフトーク」)

結果、このようになりました。

若林:グリーンベイ・パッカーズ

春日:ピッツバーグ・スティーラーズ

滝菜月アナ:アトランタ・ファルコンズ

相武紗季さん:ニューイングランド・ペイトリオッツ

滝アナが2つもっていたもののうち、グリーンベイを譲る形となりました。

なお若林が

「俺~、もともとパッカーズだからさ」

と言っているのは、第45回スーパーボウル(「オードリーのNFL俱楽部」の1年目)でRBジェームズ・スタークスのジャージを着てグリーンベイを応援していたことを指します。

来週はチーズヘッドをかぶった若林が見られるでしょう。


4.リトルトゥースにはわかってもらえること

「春日の2ミニッツワーニング」で、春日が滝菜月アナに

「菜月、いや、おい!菜月」

と話しかけたりしていましたが、上の動画で、滝アナが散々名前をいじられていました。

最初は春日が

「おい!菜月」


と言い始めたのですが、若林も便乗し、滝アナのことを「おい!」に置き換えて話し出しました。

「だから「おい!」が二つ応援するチームが残っているからさ…」

とか。

そのたびに滝アナが

「菜月です」

と訂正していました。

その後「おい!」はどんどん変わっていき、「!(びっくりマーク)」とか「おい!なつ」とか言われていました。

最後のには滝アナは、「滝なつ」です、と訂正していました。

こういう展開は、「オードリーのオールナイトニッポン」でよくあることです。

リトルトゥース(「オードリーのオールナイトニッポン」のリスナーのこと)ならわかっていただけると思います。


なお、番組の最後、滝アナは若林と一緒に「ぶしゅー」をやっていました。

いいですね、滝アナのノリは。


5.日本人チアリーダーの話題を2件

1)インディアナポリスの柴野由佳さんの観戦ツイート


インディアナポリス・コルツのチア、柴野由佳さんが先週グリーンベイで行われたグリーンベイ対ニューヨーク・ジャイアンツのワイルドカードプレイオフに観戦にいかれたそうです。

こちらがその時のツイート。



この時期のグリーンベイはとても寒そうです。

「ファンの愛をひしひし感じました!! 」

と言う言葉でしめられていますが、そういう市民に愛されているチームなので、私はグリーンベイのファンを続けています。


2)The Huddle Bowl2017にニューヨーク・ジェッツのさんが登場

今日1月21日と明日22日にかけ、富士通スタジアム(神奈川県川崎市)にて

「The Huddle Bowl 2017」

と言うチャリティフラッグフットボール大会が行われています。

「オードリーのNFL俱楽部」の佐野徹プロデューサーも行かれているようです。

(佐野さんは京都大学ギャングスターズでQBをやっていた甲子園ボーラーです)



初日の今日、開会式のあとの準備体操にニューヨーク・ジェッツの現役チアリーダー、伊藤奈美さんが登場しました。



2年前の大会では、「オードリーのNFL俱楽部」のレポーターの小池絵未さんも、準備体操に登場しています。

小池さんも元ニューヨーク・ジェッツのチアで、先日番組で2人で登場してましたね。


この大会、なかにはこんな方も出場するそうです。



最近よくYahoo!のコラムで紹介されている、バーバリアンの現役QB、斎藤伸明選手です。

乃木坂46の斎藤ちはるさんのお父さんです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

人工知能「東ロボくん」のセンター試験模試の結果について思うこと~ちょっとした違和感…

ちょっと前の話題ですが…


東京大学の合格を目指す人工知能(AI)、

「東ロボくん」

の、大学入試センター試験模試の結果がニュースとなっていました。

「「東ロボくん」、東大合格を断念 苦手科目を克服できず:朝日新聞デジタル」へのリンク

この結果と、その評判についてちょっとした違和感を持ちましたので、書いておきます。


1.「英語(リスニング)」の偏差値が低すぎないか

「英語(リスニング)」の偏差値が36.2と、全教科の中で最低でした。

私はこの科目は人工知能には得意な分野だと考えていましたので、ちょっと意外でした。

リスニングは、現代の音声認識技術を使えば不足はないでしょうし、翻訳も人工知能であればそんなに難しくないでしょう。

一般的な翻訳サイトものものよりははるかに高性能だと思います。

ですが、36.2とは…


受験に詳しい方に、この件を尋ねる機会がありましたので、意見を聴いてみました。

センター試験の問題は英検2級ぐらいのものだと思われ、そんなに難しくはないそうです。

(ちなみに、高校時代英語を苦手としていた私でも、大学3年の時に2級はとれました)

ですから、たぶん「ひっかけ問題」にはまったんじゃないか、と言う意見でした。

たしかに、それは考えられると思います。


2.「世界史」は暗記しなければ高得点はとれないのか?

一方で「世界史B」が偏差値66.3と全教科中最高でした。

Yahoo!コメントには

「暗記科目と論理的な思考は得意」

とありましたが、おそらく背景には、「世界史」は「暗記科目」だ、と言う考えがあるのでしょう。

たしかに、世界史は論理的思考より、物事を暗記する方がいい点がとれると思います。

ですが、私は「世界史は暗記科目」と言う考えは嫌いです。

また自慢話ですみませんが、実際、私は世界史が得意でしたが、「暗記」と言うことは他の人よりはやっていないと思います。

私は、歴史の教科書や参考書を、ノンフィクション小説のように楽しんで読んでいました。

「覚えなければいけない」

と言う考えはほとんどなく、何度も読んでいるうちになんとなく覚えてしまいました。

全部が全部ではないですが…

以前

「私は歴史は学校の授業から入ったから、覚えなきゃ、と思いました。

だから苦手だったんですね。」

と言うことを聞きました。

多分そうかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】TOKYO MX「ホークス中継2016 日本一奪回へ!忘年会スペシャル!」を見て~こういう応援の仕方もあるのかと思った

昨年の12月31日(土)に、東京周辺ローカルのTOKYO MX局の

「ホークス中継2016 日本一奪回へ!忘年会スペシャル!」

を見ました。

番組のほとんどは、内川聖一選手カンニング竹山さんが居酒屋みたいなところで退団するもの。

すごく面白かったです。

と言いますか、感動しました。

普段私はスポーツ選手のプレイしか見ませんが、選手の語る言葉は本当に面白いな、と思いました。

神奈川に住んでいますと、ホークスの選手が語る番組はほとんど見られません。

福岡や九州の人はそれが普通に見られるからいいな、と思いました。

プレイだけではわからないところが見えてきますから、本当にためになります。

今年はもっと選手や監督が試合以外のところで語る動画を見よう、と思います。


ところで、内川選手が番組の終わりの方で語っていたのですが…

スポーツバーや街中の大画面で、ファンが勝利に喜んでいるニュースとか見ると、とてもうれしくなるそうです。

こんな動画でしょう。



(YouTube朝日新聞公式チャンネル「ホークス連覇「最高」 唐人町PVのファン歓喜」の動画

 おそらく2015年のリーグ優勝の時のものだと思います)

そして、「勝ててよかった」と思うそうです。

それは内川選手だけではないそうです。


そうか…

そう言う動画をネットに投稿すれば、ひょっとしたら選手が見つけてくれるかもしれない。

そして喜んでくれて、次の試合も頑張ろう、と考えてくれるかもしれない。

そう言うことが、ファンとしてホークスの勝利に貢献できることの一つかな、と思いました。



ホークスファン何人かで集まり、ホークスが勝ったら、そうでなくてもいいプレイを見ることが出来たら、それを見て喜んでいる動画をとってネットに投稿しようか…

ホークスの選手にそれを届けるなら、ツイッターのホークスの公式アカウント、「公式さん」あてにツイートするのも一つの手だな、とも思いますが…

公式さん、それじゃ大変かな、とも思います。

どこかにそういう動画を投稿できるサイトがあればいいんですけどね。

そして選手に見てもらって次の試合の活力にしてくれたら…

なんて思いました。


ところでこの「ホークス中継2016 日本一奪回へ!忘年会スペシャル!」は、書き留めておきたいことが満載でした。

機会があればまた、番組のことを書いておきたいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~