FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【ホークス】「オープナー」戦法でサファテと森の両「クローザー」が活かせるかもしれない

昨日になって、初めて

「オープナー」

と言う今シーズンMLBで話題になった戦法を知りました。

「オープナー」とは、

本来は「クローザー」である投手を先発させる戦法、

またはその投手

のことだそうです。

クローザーは三振が取れる剛腕投手が理想とされますので、これによって相手上位打線を封じ、その後に本来の先発投手を出したりして、細かく中継ぎ投手で繋いでいく戦法だそうです。

要は立ち上がりに失点しないようにして、試合を不利に運ぶことを阻止する戦法なんじゃないかと思います。

これを最初に試みたタンパベイ・レイズは、5月19日エンゼルス戦でロモ(今季25セーブ)を先発させ、1番打者から3者三振に仕留め、2回から4人を継投
し5-3で勝ったそうです。

レイズは今年62試合で救援投手を先発させ、昨季の80勝82敗から90勝72敗へと成績をあげました。
関連記事はこれらのリンク先にありますので、興味のある方は読んでみてください。







私は最初の記事を読んで、ふと来シーズンのホークスのことを考えました。

今シーズンのホークスの勝ちパターンは、試合終盤を、加治屋投手、森投手を送り込むもので、森投手はセーブ王に輝きました。

そこに順調にいけば、今シーズンの序盤にリタイアしたサファテ投手、岩嵜翔投手が戻ってきます。

サファテ投手と森投手、来シーズンはどのように使うか…と言うことが時々ネットで話題になりますが…

片方を「オープナー」として、もう1人を「クローザー」として使う手はないかな、とか妄想してしまいました。

サファテ投手には250セーブを達成してほしいので、森投手をオープナーに、サファテ投手をクローザーにすると言うのはどうかな、と。

ただ、森投手を毎試合オープナーとして使うのは、体力的に無理な話なので、ローテの谷間とか、それに近い先発投手の時に。

あるいは埼玉西武ライオンズのような、1、2番の出塁率が異常に高いチーム相手に使うのもありかと思いました。

サファテ投手には、森投手が登板したか否かにかかわらず、今まで通りクローザーをやってもらえばいいと思います。

どうでしょうかね?

問題は、サファテ投手が、回復が難しいとされる股関節の負傷からカムバックできるか?

森投手が動続疲労でこれまでの力が出せるか?

また、こういう戦法が機能しても、正当な評価ができるかどうか・・

まだMLBでも、その指標がないようですし。

でもこういう戦法は、野球をみるのを楽しくさせてくれると思います。

ホークスじゃなくてもいいので、どこかやってくれんかいな…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#37】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:奇跡の大逆転はマイアミラクル!?」のこと〜Miami Miracleはフィールド外でも人気?

View this post on Instagram

レギュラーシーズンは残すところ3週・・・😎 • • プレーオフ出場枠をかけて各カンファレンスともバトルが激化するシーズン終盤💥すでにポストシーズンへの切符🎟️をゲットしたのは✨ 🏈ラムズ 🏈チーフス 🏈セインツ • • 今週の #コージ @kooji_brillian イチオシは #マイアミラクル ✨✨✨ • • 🏈ブリリアン #コージと楽しむNFLライフ 🏈 #動画📺 へのリンクはプロフィール欄に設置しています▶️👉 @nfljapan_com #BIOをご覧ください #今週も新作 #アテレコに挑戦🤔 #ロゴを書いてみたシリーズ🖌️ #今週もおやすみ #NFLJapan #コージにオマハな質問

NFLJapan.comさん(@nfljapan_com)がシェアした投稿 -



( #アテレコに挑戦🤔 おもしろいですね)

今回はWEEK14で起きた、なかなか見ることができないプレーが紹介されました。

1.ラストプレーで起きた奇跡

今回はマイアミで行われた、ニューイングランド・ペイトリオッツ対マイアミ・ドルフィンズの、試合残り7秒からのラストプレーが紹介されました。

スコアは28-33でペイトリオッツが勝っていました。

前評判では9ポイントペイトリオッツが有利とされており、これは、僅差かもしれないがペイトリオッツが勝つことは、ほぼ間違いないだろう、と言うものだと思います。

ドルフィンズに残された時間は7秒で5点差。

マイアミ陣内の31ヤードのところからのプレイですが、もうここはコージさんの言う通り、パスで一発逆転を狙うしかありません。

そして飛び出したのがこのプレーでした。


もう少し劇的な動画がこちら。


ペイトリオッツは長いパスに備えてか、本来オフェンスの選手のTEロブ・グロンコスキを最後尾に入れていたようですが…

意外と短いパスでした。

こんなプレーはなかなか成功しないもので、コージさんが

「学生時代のは、ことごとく止まっていた」

つまり、エンドゾーンまでは行けないのが普通です。

年に1回、いや2〜3年に一回、あるかないかのプレーだと思いますから。

詳細なニュースはこちら


今の時点で、今シーズン一番すごかったプレーはどれか、とアンケートをとったら、このプレーはトップ10入りは間違いないでしょう。

しかも相手が、こんなタックルミスを繰り返すようなチームではなく、何があっても組織でなんとかするペイトリオッツですから。

なお、後ろへのパス(「ラテラルパス」と言います)は、1プレー中に何度やっても、どこからやってもOKです。

前パス(「フォワードパス」と言います)は、プレーが始まる時にボールが置かれたところから後ろで、一回だけに限定されています。

また、各種リターンプレー(キックのリターンやインターセプトのリターンでは前パスは禁止ですが、後ろへのパスは何度でもできます。


こちらはその例で、1999年シーズンのプレイオフで起きた、

「Music City Miracle」

と名付けられたプレーで、このプレーて試合に勝ったテネシー・タイタンズは、スーパーボウルにまで駆け上がりました。


そして今回のプレーは

「MIAMI MIRACLE」

と言う名前で記憶されるようです。

そして、すげーなーと思ったのは、このプレーを記念するウェアが作成されるみたいだ、と言うことです。


すごい…

でもそれだけ価値のあるプレーだと言うことです。

フーディーはこんな感じで、Tシャツと同じく、ボールの動いた軌跡が全面にプリントされているようです。

20181212MiamiMiracleフーディー


2.もう2つの「マイアミの奇跡」

「MIAMI MIRACLE」は「マイアミの奇跡」と訳できます。

日本で「マイアミの奇跡」と言えば、1996年のアトランタオリンピックでのサッカーのブラジル戦をイメージする人がほとんどだと思います。

つい一週間前にもこんなニュースが出るぐらいですから。



NFLでマイアミで起きた奇跡と言えば、1968年度シーズンに行われた、第3回スーパーボウルが、まず最初に来ると思います。

くしくもこの2つの試合は、同じマイアミ・オレンジボウルと言うフットボールスタジアムで行われました。

Wikipediaの「第3回スーパーボウル」のサイトによりますと

「この試合はアメリカのプロスポーツ史上最も大番狂わせの1つとして知られており」

とあります。

前評判では、ボルチモア・コルツ(現インディアナポリス・コルツ)がニューヨーク・ジェッツを18ポイントリードしていました。

今回のペイトリオッツ対ドルフィンズの倍です。

どう考えてもジェッツに勝ち目はないと思われていたようです。

しかし結果はジェッツが16-7でコルツに勝ちました。

この試合は非常に歴史的にも大きな意味を持つことになった試合で、ジェッツは今シーズン、「第3回スーパーボウル勝利50周年式典」を行ったぐらいです。

そしてこの試合のヒーローで、圧倒的に不利な前評判にもかかわらず、試合の数日前に

「今度の日曜日(のスーパーボウル)にはジェッツが勝つ

俺が保証する」

と言い放ったQBジョー・ネイマスは、シーズン最後の方の「オードリーのNFL俱楽部」のインタビューに、毎年答えてくれています。

昨シーズンはインタビューがありませんでしたが、今シーズンはぜひまた出演してほしいものだと思います。


3.「 #コージにオマハな質問 」

今回の質問はこれ



れいかさんの質問が答えられるのは、たしか2回目だと思います。

コージさんの言う通り、アメリカンフットボールは、基本的にどういう状況下でもやります。

ただし雷雨、と言いますか、雷の時は中断されるそうです。

落雷すると命にかかわりますからね。

スタッフさんが言っていたように、ハリケーンで中止も、数年に1度ぐらいあります。

最近は、年々その頻度が多くなっているように感じます。

これも命にかかわりますから。

(ちなみに2007年に行われた第3回アメリカンフットボールワールドカップ(現世界選手権)の決勝戦、日本代表対アメリカ代表は、神奈川県川崎市の等々力陸上競技場で行われましたが、台風のためキックオフ直前まで決行するか、中止にして両者優勝にするか、開催サイドは迷ったそうです。

結局決行され、私も観戦に行きました。

そのうち晴天となりましたが、日本は3回目にして初めて優勝を逃しました

「雪の中の試合の動画とかありますから」(コージさん)

とのことなので、一つ貼っておきます。



(NFL公式YouTube動画「Best Snow Moments from Colts vs. Bills | NFL Wk 14 Highlights」)

昨年ニューヨーク州バッファローで行われた、バッファロー・ビルズ対インディアナポリス・コルツの試合です。


そこまでは私も知っていましたが、

「日本の試合では、雨になるとボールを革製のものからゴム製のものに変える」(コージさん)

と言うのは知りませんでした。

じゃあNFLはどうなんだろう、とSNSで尋ねてみたら

「多分革製のままじゃないか」

「最近では日本でもゴム製のものに変えないのではないか

練習試合は別として」

と言う回答をもらいました。

2つともあくまでも推測です。


天候以外でNFLの試合、しかも全試合が中止になったことが、私が見始めてから一度だけあります。

それは2001年9月11日、いわゆる「9.11事件」の次の週の試合です。

当初は9月16日に行われる予定でしたが、

「アメリカは、今、それどころではない」

と言うことで、全試合を一週伸ばしました。

私はそのことで、9.11事件がどれだけアメリカにとって重要な出来事だったかを痛感しました。


4.来週は「カモンベイビーアメフト」

昨日このツイートをしたら、評判が良かったので、ここに貼らせてもらいます。



DA PUMPが来るのも嬉しいですが、

「プレミアムシートでゆったり観戦。贅沢空間でアメフトもグルメも欲張りたい」方向けの、プレミアムラウンジ指定席(ブッフェ付き)が、前売¥5,800/当日¥6,500と言うのも、すごくコスパがいいと思います。

野球とかだと、この値段では無理でしょうし、金があっても市場に出回ってないかもしれませんから。

JAPAN X BOWLは、来週12月17日(月)19時キックオフです。


5.ヘイルメアリーパス

最初の章に書こうと思ったのですが、置く場所がなくなったので、ここに書きます。

もう時間がないときは、一発逆転を狙ってパスを投げるしかない…

と書きましたが、多くの場合、最初の「Miami Miracle」のような短いものではなく、エンドゾーンをめがけてか、その近くにイチかバチかで投げます。

これを

「ヘイルメリーパス」

と言います

(私は「ヘイルメアリーパス」と呼んでます)

成功率はかなり低いのですが、投げないと負けるので、イチかバチかで投げます。


2015年と2016年の2シーズンで、グリーンベイ・パッカーズのQB、アーロン・ロジャースは、これを3回成功させました。

これがその動画です。



(動画「Aaron Rodgers Hail Mary Compilation」)

2年間で3回と言いますか、1シーズンで2回はすごいですよ。

こう言うのを見ると、「史上最高のパッサー」と私が呼ぶ理由をわかっていただけると思います。

ただし今シーズンのロジャースは、イマイチです。

来シーズンは復活してくれるものと期待しています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK13】「オードリーのNFL倶楽部」のこと〜オードリーボウルの結果は‥


2018年12月8日に日本テレビで放送された「オードリーのNFL倶楽部」ですが、好調のヒューストン・テキサンズを応援する若林は、オープニングではご機嫌でしたが、噛んだところを春日に突っ込まれたり、くしゃみをしたりと言う、普段では見られないコンデションでした。

ネットでは「年末年始の番組の収録で、お疲れなんだろう」の声が投稿されていました。

くしゃみと言えば、ほぼ10年前の12月21日、M1グランプリ 2008で、当時は無名のオードリーは敗者復活戦から勝ち上がり、1本目で、トップの成績を収めました。

その時まで他の最中で、春日が咳き込む、と言うことがあり、これが笑いを誘っていました。

その時までには、すっかりオードリーファンになっていた私ですが、そう言うボケは、確か見た事はありませんでした。

ブレイク後もそのボケはしばらく使われていましたが、いまだに、あれは本当に咳き込んだのか、それともボケだったのか、わかっていません。

話はそれましたが、忙しい時期ではありますが、体に気をつけて、乗り切ってほしいものだと思います。


1.岩田アナは水卜アナ以来の大物なんだろうか?

オープニングでは、応援するチームがあって、NFLを見るのは楽しい、と岩田アナが言っていました。

「緑色のチームでも、若者チームでも」(岩田アナ)

これに対して春日は、

「二兎を追うものは一兎をも得ず、と言うからね。

気をつけたほうがいいよ。

うまい!」

と突っ込み。

これに対し岩田アナが

「一石二鳥と思いますからね。

うまい!」

とやり返していました。

「2人とも例えが古いよ」

と若林。

その他にも、岩田アナ、いい意味で横着になってきたな、と思えるシーンがありました。

オフトーク動画では、岩田アナが、とにかくスーパーボウルに行きたがっているとのこと。



9年目を迎える「オードリーのNFL倶楽部」ですが、MCの女子アナさんがスーパーボウルまで行ったのは、初年度の水卜アナを除いてはいません。

水卜アナは、自分でも驚くほどのポジティブ思考でスーパーボウルに行けるように、新人ながら上を説得したようです。

オフトーク動画でも、中野アナをいじって

「こっちはそこそこ先輩だぞ」

と怒られていました。

岩田アナは強心臓みたいですが、水卜アナ以来のスーパーボウル行きはなるでしょうか?

水卜アナのように、本気でオードリーにキレるぐらいになれば可能性はあるかと思います。


2.国内のアメフトも大詰め

オープニングでは、12月は国内のアメフトも大詰めだということが語られました。

12月24日(日)クリスマスボウル

立命館宇治高校 対 佼成学園高校 @ ヤンマーフィールド長居


12月16日(日)甲子園ボウル

関西学院大学 対 早稲田大学 @ 甲子園球場


12月17日(月)ジャパンXボウル

IBM 対 富士通 @ 東京ドーム

ジャパンXボウルのハーフタイムショーは、DA PUMP です。

ツイッターを

「 #カモンベイビーアメフト 」

で検索すると結構おもしろいですよ。


3.スティーラーズ対チャージャーズ



ホームでは14点差をつけたら、これまで220勝2分けと無敗だったピッツバーグ・スティーラーズが、ロサンゼルス・チャージャーズに16点差をひっくり返されました。

おまけに、以前ラルフ鈴木アナが熱く語ったRBコナーが、シーズン絶望の負傷を負ったようです。

若林はここで

「クォーターバックス」

と痛恨の読み間違え。

なんでも、

「クォーターバックのリバース」

と言おうとして間違ったとか。

「おい、なんだよ、クォーターバックスって!

ステーキ屋じゃないんだから」

と春日。

多分、「アウトバック・ステーキハウス」のことを言いたかったんじゃないかと思います。

そしてこのあと、若林のくしゃみが出ました。

4.「若林の熱視線EXTRA」

今週のプレイはこの動画の1:25辺りからの、4Q残り12:52からのチャージャーズの2ポイントコンバージョン。

「敵の出方を読み切れば、狙い通りのプレイが決まる」(若林)

と言うものでした。



スティーラーズがマンカバーを敷いているところでWRをクロス(「フィック」と言うそうです。知らなかった)させ、ディフェンスが止まったところにパスを投げたと言うものでした。

ややスクリーン気味でした。

そして若林の一言は、Mr.Childrenの歌詞から

「立ち止まる cross road

さまよう winding road

傷つけずには愛せない」

ひと通り読んだ若林は

「傷つけずには2ポイントできない」

と言っていました。

こちらがその歌のPVだそうです。




5.「オードリーボウル」

若林が応援するヒューストン・テキサンズと春日が応援するクリーブランド・ブラウンズが対戦した

「オードリーボウル」

がありました。



前半を23-0。

終わってみれば29-13と、テキサンズが圧倒的な強さで勝ちました。

テキサンズはこれで9連勝となりました。


6.「カスガのがんばれブラウンズ」

そんな試合の中でブラウンズのルーキーQBベイカー・メイフィールドが、パスをレシーブしてエンドゾーンに走りこもうとしたところをボールを書き出されてファンブルしてしまったWRキャロウェイを慰める姿を、がんブラで取り上げていました。

このメイフィールドの行動は

「Genuine Leadership」

(本物のリーダーシップ)

としてアメリカで評価されたそうです。

たしかに、

「Mayfield Genuine Leadership」

で検索すると、このツイートのリンク先にあるブラウンズのサイトのことをたくさんツイートしています。




この後、チーフスの選手へのインタビューもあったのですが、今回は時間もなくなりましたので、ここまでとさせてもらいます。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【12月8日を前に】「隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜」のこと

明日で、1941年12月8日の太平洋戦争勃発から77年がたちます。

平成最後の12月8日となるわけですが、平成が終わるまであとほぼ半年となりました。

明治時代から太平洋戦争終結までを近代と考えますと、どうやら平成時代は近代以降、日本が主体的に戦争にかかわらなかった初めての時代となりそうです。

そのような形で平成の御代が終わってほしいものですが、戦争と言うものは、仕掛けなければ起きないものではなく、仕掛けられたら応じなければいけないものだと思いますので、そうなったら残念ながら仕方がないと考えています。

座して敵国に降伏する、という考え方もあるでしょうが、私はその考え方には反対です。

とにかく、外交の力で、平成の残りの日々も、それ以降も、日本が戦争に巻き込まれないことを祈ります。


ところで、最近日本と戦争との関わりで、気になるドキュメンタリーがありました。

NHKのETV特集

『隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜』

です。

公式サイトはこちらです。


私はこの番組の再放送の頭だけ見ました。

なぜ頭だけかと言いますと…

とても興味があったのですが、最後まで見る勇気がなかったからです。

40年ほど前の映画「八甲田山」のなかで、強烈な寒さの中での絶望感からか、兵士が精神に支障をきたして奇行をとるシーンを思い出しましたりもしまして…

そこで、最初のリンク先に書いてある。視聴者の声を読みました。

やはり強烈でした。

特に印象に残ったのは、こちらでした。

「米軍の兵士が派遣先において、精神病、PTSDなどを発症する話を知っていたので、「やっぱり!」という気持ちになりました、それと同時に知的障害者まで動員したあげく、戦場において辱めを受け、精神病の発症に至ったとしても、帰還兵士に支給されるべき恩給が「知的障害」があるということで受けられなかった事実に衝撃を受けました。」

出征してメンタルを破壊された人たちの特集を想像していた私は、それ以外にも、知的障害者まで動員していたこと、そして

「戦場において辱めを受け」た上に、恩給がなかったことに驚きした。

戦場において舞めを暴けさせたことは、人道的にも怒りを覚えますし本気で日本は戦争に勝とうとしていたのか、と疑問に思います。

日本軍と日本だけがこういう仕打ちをしたのかどうかはわかりません。

ただ、日本は知的障害者も動員しなければいけないほど追い込まれていたのでしょう。

そう言う状況で、前線がベストの判断をくだすのは難しいと思います。

避けて通れないこともあるとは言え、やはり戦争と言うものは酷だな、と思わされました。


なお、こちらの方は3回に分けて番組のことを書かれてました。

「ETV特集『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』<1>」

https://blog.goo.ne.jp/ninaris1963/e/929a02a74db7c4660e83da02976d42a4

「ETV特集『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』<2>」

https://blog.goo.ne.jp/ninaris1963/e/86c2e0e6cf253e73c15a358e85a19d1f

「ETV特集『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』<3>」

https://blog.goo.ne.jp/ninaris1963/e/f2a62b0c404fbc9b043357cdff2074ff


また、こちらの方は興味深いことを書かれてました。

「Eテレ『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』を見て思ったこと - フエーヤー? フエーヤー・・・・・・チョッ! 」
https://cemedine.hatenablog.com/entry/2018/11/07/002900

失礼ながらななめ読みしかしていません。

それでリンクを貼らせてもらうのはなんですが…

さらに、お二人とも、戦争に対する考え方が私と同じかどうかはわかりませんが、どんな放送だったのかを知るためには良いと思います。

備忘を兼ねて貼らせてもらいました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

コージと楽しむNFLライフ 鈴木弘子 オードリーのNFL俱楽部 福岡ソフトバンクホークス 城所龍磨 オーパーツ福岡SUNS アメリカンフットボール 有明放送局 オードリーのNFL倶楽部 埼玉西武ライオンズ ホークス オードリーのオールナイトニッポン グリーンベイパッカーズ観戦会 NFL シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌  オードリー NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 戦争 終戦の日 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 歴史 ドラフト 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS Amazon Twitter DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown 女子アメフト RIZIN セイフティ メンタルヘルス イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース 応援 ファン ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 移民 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON GIRL BAND ライブ HOT-L ファンブル ピッチ おれさまファンクラブ ホメラー ほめられサロン 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国武将 ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ロジャース パッカーズ グリーンベイ 城島 ファーブ メンタル不全支援 ジョー・モンタナ パスプロ スイム 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース サムライハイスクール 三浦春馬 ジョン・タイター 歴史ブーム タイムスリップ  ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 クライマックスシリーズ 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 立花香織 南海ホークス あぶさん 野村 景浦安武 アメフト 世界剣道選手権 六三四の剣 リオデジャネイロ 五輪 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Earth, Wind Fire 九月 Tumblr twitter 砦に拠る 蜂ノ巣城紛争 室原知幸 下筌ダム 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 錬金術 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -