ユーザータグ : とんぱちオードリーの記事 (1/1)

【ネタバレ】「とんぱちオードリー」の2015年4月の回~「あがき場」に登場した人たちの声も



(番組中で好評だった、アンダーZAグレイの「シンクロス」のPV)


2015年4月12日深夜にフジテレビで放送された

とんぱちオードリー

のことを書きます。

ネタバレです。

申し訳けありませんが、上からになります。

そして、最初の方は不愉快なことを書くことになると思いますが、結論としては、また見てみたいと強烈に感じましたことも、あらかじめ書いておきます。

最後まで読んでもらえると嬉しいです。


1.ターゲット漫才その1「女子小学生編」

ターゲット漫才は、ターゲットを絞っているので、他の人にはおもしろくないかもしれない、と前置きされていましたが、たしかに50のおじさん(私のこと)から見ると、あまりおもしろくなかったです。

私はオードリーの漫才が大好きなんですが、中には、おもしろくないと思うネタもあります。

それは仕方がないことだと思います。

ある歌手のファンであっても、歌全部が好きというわけではないですから。

今回のネタは、オードリーの漫才の中に、女子小学生が知っていることを「置いていった」という感じでした。

でもそういうところは女子小学生にはウケていたようです。

(OK、OK、オッケーのところはスベったようでしたが)

漫才の後の女子小学生へのインタビューでも好評だったようでした。


2.「あがき場」

芸能界に身をおき、有名になろうとあがいている壮大な茶番。

おもしろかったです。

最後「フィクションです」と言うテロップが流れた時、では登場人物も架空の設定なのか、と思ったら、全員実際にあがいている方々のようでした。

工藤夢さんへのファンレターと、小出KidZさんの歌詞に

「君がほしい」

と言うのが出てきたのには気づきましたが、歌の紹介で若林がつっこまなかったのは、わざとなんだろうなぁ。

小出KidZさんが出てきたとき、最初サトミツが出てきたかと思いましたよ。

アンダーZAグレイさんは、本当は乱舞虎(らぶとら)さんと言うグループだそうです。

番組中の歌ももともとは違うもの、と水口Dがツイートしていました。




歌はスタジオでも好評でしたが、私も、この人たちのをもう2~3曲聴いてみたいと思いました。

鈴木和徳さんの情報は、これ、と言うものが見つけられませんでしたが、登場人物と関連サイトや投稿は以下の通りです。

「9-Bit情報部公式サイト」へのリンク










とんぱちオードリー - フジテレビ http://t.co/iapcyLFe8p … 昨日放送で話題沸騰の謎のバンド・アンダーZAグレイ(乱舞虎)でしたが、 地域によって放送日が異なります。各地域番組表をご確認ください! 必見!!

Posted by 乱舞虎 on 2015年4月13日


一の会「鈴木 和徳」のサイト


3.ターゲット漫才その2「ホスト編」

ターゲットは、小学生よりは私と年齢が近いし、同性と言うこともあってか、この漫才は笑えました。

でも笑えた要因のもっとも大きなのは、女子小学生のものと違って、オードリーの漫才にホストあるあるをうまく練りこんでいるように思えたからだと思います。

女子小学生あるあるより、自然にオードリーの漫才に取り込まれたように感じます。

ホストさんたちの評判も良かったようです。

トイレでのコールとか、カスカスダンスで「ドンペリダンス」とかが好評でした。

「ドンペリダンスはうちでもやりたい」

と言うホストさんも。


今回も楽しめた一時間でした。

また次回があることを期待します。




(テレビ未公開の「春日チャレンジ」ストラックアウト篇の動画

 他のは本当に痛そうで…)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ネタバレあり】「とんぱちオードリー」の漫才の感想



10月12日深夜にフジテレビで放送された

とんぱちオードリー

を見た感想を書きます。

と言っても、まともに見たのは「ターゲット漫才」という名の漫才2本と「春日チャレンジ」という春日への無茶ぶりのコーナーのうちの2本だけですが。

「甘酸っぱい」のコーナーは途中で挫折してしまいました。


1.「ターゲット漫才〜ボディービルダー編」

オープニングはこれでした。

ターゲット漫才は、ある層だけを客席に入れて漫才をする、と言うものでした。

こう書くと静まりかえる会場で冷や汗をかきながら延々と漫才をする、罰ゲームっぽいものを思い浮かべられるかもしれません。

実際のところは客席は始まる前から笑う気まんまんの笑顔で埋まってました。

最初のターゲットはボディービルダー。

漫才の3時間前にオードリーにターゲットを知らされ、そこからネタ作りを始めることになりました。

ネタ作りは若林の担当ですが、ボディービルは春日のパート。

春日から「ボディービルあるある」を聞き出して作ったようです。

内容は…私はボディービルのことはよく知らないので、いろいろと専門用語やビルダーと思われる人名は知らないものばかりでした。

ですが話している内容でなんとなく理解できました。

こういうのが漫才師の腕なんでしょう。

春日が専門用語や人名を言って、若林が「なんだよそれ」と言って、春日が背中をたたきながら「⚪︎⚪︎だよ」と乱暴に解説する、と言うスタイルでした。

わからないことばかりでしたが、けっこうおもしろかったです。

会場も爆笑で、客のビルダーさんたちの感想も良かったです。


2.「ターゲット漫才〜風俗嬢編」


番組の最後も漫才でしめられました。

ターゲットは風俗嬢。

ここは

「とんだ風俗野郎」

の若林の得意分野。

(番組でもこの言葉が使われてました)

どの言葉まで使っていいか、ということが課題でした。

会場は仮面舞踏会や、怪しいプレイで使われそうな、バタフライマスクをつけた風俗嬢が。

素顔で出るのは難しかったのかな、と思いました。

内容は、若林が風俗に行く話し。

そしていつもだいたいこんなことをやってます、と言う内容でした。

その中に、たまにいるとんでもない客のこと時々だして、それを春日が、

「俺のことだよ」

(「春日のことだよ」)

と言う展開でした。

私はケチなので風俗に行ったことはないのですが、この言葉知らないなぁ、というのはなかったような気がします。

こちらも「風俗あるある」でした。

終了後の客席の反応は上々で、ああいう変な客の話しはよくしてるよねぇ、と言う風俗嬢もいました。


3.やっぱりオードリーは漫才が一番だな、と思った

私はオードリーがアメフトをやってたからファンになったわけではなく、ネタを見て、純粋におもしろいなぁ、と思いときどきブログに書くようになりまし。

ですから、「オードリーのNFL倶楽部」以外では、漫才をしているオードリーが一番好きです。

とくに、少々追い詰められた感じがあるようなものが。

「ターゲット漫才」は時間的にも、客層的にも追い詰めるものがありそうなので、これをみるだけでも、「とんぱちオードリー」を見た価値はあったなと思いました。

もし2回目があるんであれば、できればアメフト選手を集めてやって欲しいです。

もう、がんがん専門用語入れて。

人数さえそろえば、アメフト解説者を集めてやったら、もっと追い詰められていいかも、と思います。

そう言えば、風俗嬢ののネタを作る時、若林は楽屋でオークランド・レイダーズのジャケットをきていました。



なお、「とんぱちオードリー」は、オンデマンドで見ることができるそうです。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押して、応援してもらえると嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~