ユーザータグ : アメリカンフットボールマガジンの記事 (1/1)

乃木坂46の斎藤ちはるさんが「アメリカンフットボールマガジン」の表紙を飾ることに



(一昨年のパールボウル2013での乃木坂46 斎藤ちはるさんのコイントスの動画

 14番は社会人リーグのチーム「バーバリアン」でQBを務めるお父さんの背番号)


ベースボールマガジン社が発行してきた「アメリカンフットボールマガジン」ですが、こんど発売される開幕特集号には、共同通信が運営するアメリカンフットボールサイトの「週刊TURNOVER」のスタッフが制作を請け負い

「アメリカンフットボール・マガジンpowered by TURNOVER」

として発売されることになりました。

その表紙を飾る3人が、一昨日Facebookの「週刊turnover」の公式アカウントから発表されました。

◎表紙、最後の一人は乃木坂46の斎藤ちはるさんに決定!8月発売のアメフト専門誌「アメリカンフットボールマガジンpoweredbyTURNOVER」で、お父様がXリーガーで、パールボウルトーナメントのハーフタイムショーに出演経験もある、乃木坂46の斎藤ちはるさんに表紙を飾っていただきます。関学大DB田中選手、富士通WR中村選手、乃木坂46斎藤さんのスリーショットにご期待下さい!

Posted by 週刊turnover on 2015年6月15日


これは画期的!!

アメリカンフットボールマガジン」誌は、これまでNFLがメインで、表紙を飾ってきたのはNFL選手でした。

今回もNFLも扱われるそうですが、関東学生リーグ、関西学生リーグ、Xリーグの日本国内のアメリカンフットボールが中心だと言うことで、私が知る限り、初めて日本人が表紙を飾るのではないかと思います。

しかもこれまで女性が表紙と言うのはなかったんじゃないかな、と。

表紙を飾るのは乃木坂46の斎藤ちはるさんと、昨シーズン日本一の富士通フロンティアーズのWR中村 輝晃クラーク選手と、昨シーズン大学チャンピオン関西学院大学ファイターズの副将でDB田中雄大選手だそうです。

この構成は、アメリカンフットボールを支えるファン、社会人、大学生の三つのカテゴリーから選ばれていて、いいバランスになっていると思います。


この春、明治大学文学部に入学した乃木坂46の斎藤ちはるさん

ここ2年、6月の東日本社会人王座決定戦「パールボウル」でコイントスなどを務められてきましたが、今年は「パールボウル」は開催されません。

来月にアメフト世界選手権を控えているからです。

(日本は世界ランク3位なので、がんばってもらって、ここ2回逃している優勝を、ふたたび勝ちとってもらわないといけませんからね)

ですから、この春はアメフト関係の仕事で拝見することはないのかなぁ~、と残念に思っていましたので、このニュースは嬉しいです。

(なお、明日6月19日の「ミュージックステーション」に、出演されるそうです)


中村 輝晃クラーク選手はわかりやすいイケメンです。

先週日曜の日本代表壮行試合では、フィールドで見かけて、相変わらずのイケメンぶりに、貫禄がついてきたな、と思いました。

アメフトの試合では、試合後に選手とお話ししたり、一緒に写真が撮れる機会がけっこうあるのですが、そのさいにも見かけたことが何回かあります。

小顔で、整った顔をされています。

実力も十分で、7月に行われる第5回アメリカンフットボール世界選手権の日本代表からは、最終選考で漏れましたが、日本代表候補に最後の最後まで残ってました。


申し訳ないですが、DB田中雄大選手の顔はよく知らないです。

実績は十分で、前々回のライスボウルでは、日本一になったオービックシーガルズから2回、インターセプトを奪ってましたから。

それに、あの関西学院大学ファイターズの副将ですから、人格もすごいんだろうな、と思います。

関西学院大学は、ここ数年学生王者の座を守っています。

その裏側の特集をテレビで見たのですが、驚くぐらいしっかりとした組織だと思いました。

そこの副将と聞けば、立派な人物のはずです。


下記リンク先に「アメリカンフットボールマガジン」の詳細が記載されています。

「8月に「アメリカンフットボール・マガジン」が復刊 1部42チームの選手名鑑付き - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

2015年8月24日(月)発売です。

ずいぶんと先の話しではありますが、前述の通り、第5回アメリカンフットボール世界選手権が来月、アメリカであります。

(意外かもしれませんが、アメリカで行われるのは初めてです)

そして、上記記事中には「7月に開催される第5回世界選手権のレビュー(検証)」が掲載されると書かれています。

ですから、来月7月9日(アメリカ時間)からのこの大会を見ておけば、記事を楽しめるかな、と思います。

と言いますか、ああ、このシーン見た、と思うことがあるかもしれません。

試合の模様は、これまでのアメフトの大会の流れから考えますと、たぶんYoutubeかどこかの動画サイトで生中継されると思います。

表紙を飾る3人は、きっとそれを見られると思います。

そして、表紙の写真だけではもったいないですから、インタビューもされて、その第5回アメリカンフットボール世界選手権を見た感想とかが載ればいいなと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト