ユーザータグ : イチローの記事 (1/1)

同時代に生きる幸せ ~イチローの二千本安打~

大リーグ通算2千安打を達成したイチロー

昨日の今頃、イチローがメジャー通算二千本安打を達成しました。

それはそれで素晴らしい記録だと思いますが、あと5本に迫った、前人未到のメジャーでの9年連続200本安打の方が価値があると思います。

前者の記録は259人目で、後者のは、誰も成し遂げたことがないのですから。

ですから、後者の記録が達成されたあと、イチローのことを書こうと思っていました。

二日続けて野球の話しを書くのも何ですから。

ですが、昨日の朝日新聞の夕刊で見たイチローのコメントに対して、どうしても書きたくなりましたので、今日、書くことにしました。


件のコメントは以下のものです。

「(米国は)試合数が多いので、日本で打つよりも楽だと思いますけど。

日本で2千本を打つ方が、ずっとすごいんじゃないかな、と思う。」

何を言ってるんですか。

いくら試合数が多かろうと、メジャーの試合で先発を勝ち取らないと、そしてそれを続けないといけないんですよ。

それだけでもすごいことなんですよ。

そして日本よりもきついスケジュールと移動距離、これに対応できる体力と精神力がないとできないことなんですよ。

イチローが本気でこう言うコメントを発したのではなく、自分のモチベーションを持ち続けるためにも謙遜したのだと思いたいです。


淡々と話すイチローですが、一方ではものすごく苦しんでいることも隠しません。

ですから、私を含む多くの人が、イチローの記録を、数字以上に素晴らしいものだと思っているでしょう。

その考え方は間違っていないと思います。

私は常々、西鉄ライオンズの黄金時代に生まれていなかったのが悔しい、と言っていますが、イチローと同時代に生きることができて幸せです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト