FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【2018WEEK2】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~新レポーターにメロディモリタさん


(毎年、若林の誕生日前に始まり、春日の誕生日後に終わる「オードリーのNFL俱楽部」

若さまも40歳。

私がオードリーのファンになったのが10年前の夏頃だったので、当時はまだ20代。

あれから10年たったのか…)

2018年9月22日未明に放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

この回の収録日はおそらく9月20日で、若林の40歳の誕生日。

と言うことで収録後にお祝いがあったようです。

また、今シーズンからレポーターが交代。

小池絵未さんからメロディ・モリタさんになったそうです。


1.オープニング

「レギュラーシーズンも残すところ、あと16週とプレイオフだけになりました。」(若林)

「もう終しまいです」(春日)

と言う、昨シーズンもWEEK3あたりでやったボケから始まりました。

岩田アナが「そんなことないですよ」と言うと

「でね、結局日テレのアナウンサーはすぐにアメフト忘れるから」(若林)

「いやいや皆さんNFLのことばかりですよ」(岩田アナ)

「岩田さんもそんなこと言いながら、すぐ「まる見え」でしょ

今も(頭の中は)そうかもしれないから」(若林)

今週の放送で岩田アナが「世界まる見え!テレビ特捜部」の新MCになることが、荒々しく発表されてました。

「いや中心の仕事はこれですから」(岩田アナ)

とのことですが…

その後

「先週言ってた「フォルススタート」だけど、覚えた?」(若林)

「はい。

プレイが始まる前に動くことで、ディフェンスがやるとオフサイド、オフェンスがやるとフォルススタートです」(岩田アナ)

「すごいね。

誰に教えてもらったの」(若林)

「菅谷さんです」(岩田アナ)

ここでオードリーの2人が大爆笑。

「出た、日テレ女子アナのレジェンド。

あの人は女子アナだからね。

ブレイディさま~、とかキャップかぶって言ってるから。(若林)

と盛り上がったオープニングでした。


2.国内のアメフトもすきになってほしい

今、世界的広告代理店の電通の本社エントランスが、アメフト一色になっている模様が映されました。



これだけではよくわかりませんので、映し出された様を書いておきますと、選手やチアリーダーの写真がステンドグラスのように細い窓に貼られ、その横にモットーなどが書いてある、と言う感じでした。

電通がスポンサーの電通キャタピラーズのジャージや応援グッズも展示されてました。

アメフトの普及に向け、ありがたい取り組みだと思います。

電通キャタピラーズは今シーズン、創部42年目にして初めてX1に昇格しました。



ただ、X1の壁は高く、3戦していまだ未勝利です。



(白い方が電通キャタピラーズ)


3.ベアーズ対シーホークス

最初のハイライト動画は、シカゴ・ベアーズが本拠地ソルジャーフィールドにシアトル・シーホークスを迎えての一戦でした。

昨シーズンまでであればシーホークスがまず勝つだろうと思われたと思いますが、今シーズンはベアーズの戦力アップがあり、試合前の予想では、ベアーズ若干有利と言われていました。



(NFL公式YouTube動画「Seahawks vs. Bears Week 2 Highlights | NFL 2018」))

オードリーの2人はQBトゥルビスキー、特にランをほめていました。

速くはないんですが、走り出すタイミングがよく、カットもうまく切れていました。


4.若林の熱視線EXTRA

今週は「アレンジの話し」

ベアーズ対シーホークスの試合から、まずこちらのシーン。



ランパスオプションから、一人フリーにしたLBの動きを見て、TEにショベルパス(前方へトスをするようなパスで、ショベルで地面を掘る仕草に似ていることに由来する者と思われます)を決めTDとなったシーンです。

これは、カレッジフットボールのトレンドをNFLにアレンジしたものだと言うのが若林の説明でした。

カレッジではRBへのハンドオフかQBがそのままランをするそうですが、NFLではQBにケガさせたくない(昨シーズンのグリーンベイ・パッカーズのようにQBが負傷するととシーズンが終わる)ので、QBの代わりに他の選手(体格が良くて負傷しても代わりが効く選手で、この場合TEへのショベルパス)に行かせたものだそうです。

「さらにNFLでは、QBにまったくリスクを負わせないプレイがあります」(若林)

と言って紹介されたのがこのプレイ。



QBがオプションから自らボールを持って走り、1stダウン獲得、と言うシーン。

「あれ、さっき若林は「QBにまったくリスクを負わせないプレイ」と言ったのに、QB走らせてんじゃん、と「NFL俱楽部」ファンは思うでしょう」(若林)

実はこのプレイ、ボールを持って走ったのはQBではなく、TE。

QBはこのプレイの前にシフトしていて、画面上のWRのポジションにセット。

同時にTEがQBの位置にセットしていたワイルドキャットフォーメーションからのプレイでした。

ですので、QBはノーリスクだったのです。

そして若林のひと言は

「ひな壇のタレントは大丈夫だけど、MCがケガしたら収録はなくなるよ」

と、MCをQBに例えたものでした。

「春日はケガしてもいいけど、オレはだめ」(若林)

とのひと言に、春日は

「失敬な」

と、当然のことを言っていましたが、その後小声で

「まあそうだけどね」

と言っていました。


5.新レポーター、メロディ・モリタさんのこと

今シーズンからレポーターが変わるそうです。

小池絵未さんから、メロディ・モリタさんへ。

初めてのロケは、ニューヨーク・ジャイアンツのルーキーで、ドラフトの全体2番目の指名で入団したRBセイクアン・バークリーの特集。

(ちなみに開幕前の時点では、バークリーのジャージの売り上げが、全チーム全選手の中でトップ、と言う人気の高さでした)

まずチームメイトにインタビュー

「バークリーは今チームが必要としている力強いランプレーができる選手だよ」(QBイーライ・マニング)

「彼はとんでもないランニングバックだよ。

チームの起爆剤になるようなプレーをして楽しませてくれるさ。」(WRオデル・ベッカムJr.)

バークリーはWEEK1で自身初のTDを含む(下の動画の1:44辺りからのラン)106ヤードを走りました。

期待通りの数字だと思います。



(NFL公式YouTube動画「Saquon Barkley Rushes for 106 Yards in NFL Debut」))

しかし、試合後のインタビューでは、試合に負けたこともあり、あまり満足していませんでした。

「NFLの選手になるために充分練習をやってきましたから。

チームのみんなのおかげでWEEK1はとても特別になりました。

タッチダウンはできたけど勝つことができなかったので、また基本に立ち返って練習あるのみかな。

次は勝てるようにがんばりたいです。」

日本のファンへメッセージを、と言う要望には

「日本のみなさん、応援してくれてありがとうございます」

とのことでした。

この後ダラス・カウボーイズ対ニューヨーク・ジャイアンツのWEEK2の試合のハイライトがありました。

バークリーは下の動画にあるようにランやレシーブで25回ボールに絡み、108ヤードを稼ぎました。



(NFL公式YouTube動画「Saquon Barkley's 25 Touches for 108 Total Yards!」)

しかし、またもチームは勝てず…

WEEK3では、これまた今シーズン未勝利の、若林が応援するヒューストン・テキサンズと対戦します。

現時点ではテキサンズが6ポイントリードで、これは、まあ普通にやればテキサンズが勝つんじゃない、と言うものです。

ところで…

メロディ・モリタさんのことを調べてみました。

(どんな人なのか、知っていそうな人に尋ねてみたら「MAJIKさんなら知っているかもしれないと思ったんですが、ネットでは有名な人みたいですよ」とのことでした。

私はそう言う風に見られてるんだなぁ…)

全然知らない人だったので、ネットで調べてみました。

こちらが公式サイトです。

「Melodee Morita Official Website | メロディーモリタ オフィシャルウェブサイト」へのリンク

「RECENT UPDATES」の中に

「新プロジェクトの発表は9月20日!」

とあります。

それが、各種SNSに投稿された、「オードリーのNFL倶楽部」の新リポーター就任のことなのかな、と思います。



View this post on Instagram

【ご報告】Excited to announce that I’ve become an @NFL reporter, too!😊🏈 Interviewed @OBJ at my first shoot who’s not only a star among fans and top athletes but also the nicest & funniest guy even when the cameras weren’t rolling🙈 I got to speak with @saquon 1-on-1, quarterback Elli Manning, head coach Pat Shurmur, and more as well! I’ll be covering various teams throughout the season, appearing regularly on the one and only NFL television program in Japan on Nippon TV. I’ll ofc continue my other activities as well and am honored for this new step in my career.✨ アメリカを代表するスポーツの1つである「NFL」、プロ・アメリカン・フットボールリーグのリポーターを務めさせて頂く事になりました‼️☺️ 特に最大のスポーツイベントであるNFLのスーパーボウルは、毎年テレビ年間最高視聴率を記録する事でも知られています。そのNFLを日本で唯一専門情報番組として放送している「オードリーのNFL倶楽部」(日本テレビ)の新リポーターとして、日英両語で頑張って参ります✨ 初リポートではNYジャイアンツで、あのオデル・ベッカムJr.選手をはじめ、クオーターバック、コーチ、エングラム選手、そしてドラフト全体2位で指名された大注目ルーキー、セイクオン・バークリー選手に単独インタビューをさせて頂きました!!✨ セイクオン選手にはドラフトされてからの道のり、プロになった今の心境など、沢山のインタビューに答えて頂きました。オデル選手はカメラが回っていなかった時でさえ非常にフレンドリーに接して下さり、様々なスポーツ界のトップ選手からも大人気の理由がよく分かりました。現地からお届けする選手たちの貴重な練習風景や日本の皆様へのメッセージなど、放送をどうぞお楽しみに!😊📺🇯🇵🇺🇸 #MelodeeMoritaInterviews #NFL #obj #odellbeckhamjr #saquon

Melodee Morita | メロディー モリタさん(@melodeemorita)がシェアした投稿 -




Twitterでは多分文字数制限に引っかかって書けなかったのかもしれませんが、他のはいずれも「オードリーのNFL俱楽部」と、「オードリーの」を略せずにフルで書かれているのが嬉しいです。

5年前にYouTubeに投稿された自己紹介動画を見ますと、日本から渡米した人と間違えられることが多いけど、生まれも育ちもアメリカで、両親が日本人とのこと。

最初はカリフォルニアに住んでいたが、ハイスクール時代にニューヨークに転居。

バレエを習っていたところからダンサーを目指しましたが、どういうわけかテレビの世界に。

最初にテレビの話しが着たときには、この番組の誰かさんと同じで、人見知りだから「無理、無理」と断りそうになったのですが、考え直して、チャレンジ。

CNNやフジテレビ系の仕事をして、今に至るそうです。

SNSへの投稿を見ると、NBAや最近は大坂なおみ選手の仕事をされていたようです。

ただ、後で載せるオフトーク動画にありますが、「アメフトはこれから」だそうです。

これからのメロディ・モリタさんの活躍を願うとともに

「小池さん、お疲れ様でした」

と小池絵未さんに感謝したいです。


5.「カスガのがんばれブラウンズ」

ブラウンズの6番のジャージを着た春日から

「バークリーはドラフトで全体2番目の指名でしたが、全体の1番目は誰でしょうか?」

と言う問題が出されました。

その後春日が6番のジャージで胸を張ると、若林が

「春日さん、ヒントの押しが強いんですけど」

と苦笑い。

答えはそのブラウンズの6番の選手、QBベイカー・メイフィールドでした。

コーナーはこれで終わりで、その後その他の試合のハイライトが始まりました。

春日によると、メイフィールドはまだ試合に出てないものの、シーズン後半あたりまで先発QBのタイロッド・テイラーの控えとして勉強させてから出場させるだろう、とのことでした。

テイラーとメイフィールドは機動力があると言う点では似ていますので、多分そう言うストーリーをコーチ陣は描いていると思います。

ちなみに、アメフト専門メディアが、プレシーズンゲームが終わったところで投稿したメイフィールドの評価はこちら。



メイフィールドがドラフト全体1位で指名されたときは、えっ?と驚きました。

サム・ダーノルド(現ニューヨーク・ジェッツ)辺りに来るかな、と思ってましたので。

しかし、プレシーズンのパフォーマンスを見ると、上のTouchdown Networkさんが報じているまでは細かいことは気がつきませんでしたが、意外にいいな、と思いました。

実は、ブラウンズの試合はもう日本時間の昨日金曜日に終わっています。

前評判ではブラウンズが3ポイント有利。

これは、ブラウンズが本拠地でやる分だけ有利、と言う程度のもので、どちらが勝ってもおかしくないと言うものです。

それにしても、このコーナーはレギュラーシーズン中ネタが持つのかなぁ…

昔の、毎年必ずNFLチャンピオンシップに出ていたころの、強かったころのブラウンズの特集とかやってくれると面白いのに、とか思うんですが…


6.応援するチームが全敗

今週は、相武紗季さんのニューイングランド・ペイトリオッツも含め、MC陣が応援する4チーム、すべてが敗れました。

「相武さんのペイトリオッツも負けたんだ。」

「こんど相武さんがスタジオ来ても、触れないでおこう」

「またあのことが言われちゃうからね」

とかオードリーが盛り上がっていました。

「相武の呪い」とか「魔女」とかですかね。


7.先週と全然違う岩田アナのこと

あえて先週は書きませんでしたが、正直なところ、先週見た限りでは、岩田アナのしゃべりは違和感だらけでした。

私は素人ですから、下手かどうかはわからないのですが、これまでの人と違って、なんか引っかかるところがたくさんあるな、と思いました。

正確には数えていませんが、かんだ箇所も2か所ありました。

大丈夫かなぁ…

と思っていたんですが…

今週は全然違和感のないしゃべりだったと感じました。

また、「カスガのがんばれブラウンズ」のコーナーでは、まだコーナーを続けたそうにしゃべる春日を制して、強引にその他の試合のハイライトに持っていきましたし。

そう言う面はいいな、と感じました。

なお、岩田アナは「丸見え」のMC陣からも好評のようです。






(日テレ公式チャンネルYouTube動画「オードリーのNFL倶楽部2018 Week 2 オフトーク」)

アメフト初心者と一緒にスーパーボウルの動画見て、いろいろと教える仕事、いいなぁ~、と思いましたが…

アナウンサーを育てる仕事の一環となると、とても難しいんでしょう。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~相武紗季さんが何度も大爆笑を誘う

2018年シーズン最初の「オードリーのNFL俱楽部」。

今シーズンはいきなり、ゲストに「NFL大好き女優さん」の相武紗季さんを迎えてのキックオフでした。

全体的に、期待通りの騒々しさで楽しかったんですが…

個人的には、「オードリーのオールナイトニッポン」のように、もう少しやかましいほうが嬉しいです。

まあ、そこまでやっちゃうと、他の人は引くかもしれませんので、ちょうどいいんじゃないかと思います。


1.「あけましておめでとうございます」とは?

去年一年育休をとっていた相武紗季さんが

「ぜひ初回から」(相武さん)

と言うことでスクランブル登場。

全員で「トゥース」のあとに若林が「あけましておめでとうございます」と言うと、後の3人が、新しい女子アナさんの岩田絵里奈アナを置いてけぼりにしてはしゃいでました。

毎シーズン最初の放送で、に女子アナさんを置いてけぼりにしてはしゃいでいるのは見慣れた光景ですが、ここに相武紗季さんが加わっていると言うのが、いっそう楽しかったです。

日本ではマイナーなNFLファンが、どれだけ開幕を待っていたか、と言うのがよく表れていますので。

一番はしゃいでいたのは若林で、他の番組ではやらない「トゥース」とか「ぶしゅー」をやっていました。

その後岩田アナが紹介された時

「9月なのに(みなさんが)あけましておめでとうございます、って言うのは…」

と不思議そうに言うと

「NFLが開幕するまで歳が明けないんですよね。

ね、相武さん」(若林)

「ええ、ただ呼吸しているだけですね」(相武さん)

ここでスタジオが大爆笑。

「そう、8か月関、息をしているだけですよね」(若林)

「そして、すぐにおわっちゃうからね。

「よいお年を」ってなっちゃうからね。」(春日)

と3人が答えました。

ここ3~4年は、ネットでも開幕日に

「あけましておめでとうございます」

と投稿するファンが増えました。

私もそうです。

アメリカの小坂ディレクターからも



岩田アナはお姉さんがアメリカに住んでいるそうです。

先日お姉さんに会いに行ったときに、この番組のMCが決まったことを伝えると、お姉さんはたいそう喜んでくれて、開幕戦のカンザスシティ・チーフス対ロサンゼルス・チャージャーズの試合に連れて行ってくれたそうです。

史上初じゃないかと思います。

この番組の女子アナさんで、すでにNFL観戦歴がある人は。

「生意気だなぁ、俺たちはスーパーボウルしか見たことがないからなぁ~」(若林)

とのことでした。

多分、自慢を込めたネタ半分、普通の試合も見てみたいうらやましさ半分の言葉じゃないかな、と思います。

若林は岩田アナが番組より先にNFLを観戦したことについて「フォルススタート」と言っていました。

それに岩田アナが「フォルススタート?」と言ったのですが、若林は「後で説明するから」と拾ってくれたのですが、今回は説明はありませんでした。


2.応援するチーム

「それではみなさんが応援するチームと選手を聴いていきましょう。

相武さんは(サンフランシスコ・)49ナーズでいいんですよね」(若林)

と言う言葉に

「(ニューイングランド)・ペイトリオッツです」(相武さん)

と言いきっていました。

またまたスタジオが大爆笑。

もはや「NFL大好き女優さん」ではなく、この番組では「NFL大好き芸人さん」と言ってもいいくらいなんじゃないかと…

ここまで来たら、トム・ブレイディが引退するまで応援するのもおもしろいと思います。

ブレイディは、二度と現れないくらいの選手かもしれませんので。


「そして春日さんは…」(若林)

「後で発表します。

これが今回の放送の引きになりますから」(春日)

「そんなこと言ってますけど、誰も待ってませんよ」(若林)

「そんなことはないだろう」と言うと春日はカメラに向かって、

「チャンネル変えられないだろう」と言っていました。

若林のツッコミはオードリーとしては王道だと思うのですが、私の知る限り、実際は多くのNFLファンは、シーズンごとに春日がどこを応援するのか気にしています。

「春日の呪い」が世間にすっかり定着した感があります。


「私は(フィラデルフィア・)イーグルスで。

姉もイーグルスファンなので」(岩田アナ)

これまで女子アナさんが応援するチームがスーパーボウルにまで行ったことは2度あります。

後藤アナの2年目のシアトル・シーホークス、昨シーズンの久野アナのニューイングランド・ペイトリオッツです。

今シーズンはそれを上回れるでしょうか?

また、QBカーソン・ウェンツを推すそうですが、ケガで欠場中の選手を最初から推したのは、他にはおそらく若林のJ.J.ワットぐらいだと思います。

ウェンツはそれだけ注目される選手だと言えるでしょう。

私も、アーロン・ロジャースに似ていて、ロジャースを超える選手になるかもしれない、と思ってます。


「僕はテキサンズで。

毎年のことですけど…

テキサンズがスーパーボウルに行くまでやめません、この番組を」(若林)

と言い切っていました。

テキサンズがスーパーボウルに行っても、続けてほしいと思います。


3.イーグルス対ファルコンズのハイライト



(NFL公式YouTube動画「Falcons vs. Eagles | Week 1 NFL Game Pass Condensed Game of the Week」)

若林が、QBフォールズへのパスと言うトリックプレイ「フィリー・スペシャル(Philly Special)」が見事に決まっていた、と言っていました。



「(NFLでは)QBがパスターゲットになることは、まずない、と言ってもいい」(若林)

と言い切っていましたが、私もそう言う認識です。

ですから、スーパーボウルに続いてこれをやったことは、今後もこのプレイをすることがある、と相手に思わせることになり、ランプレイが終わった後もQBフォールズへのケアが必要だと思わせ、ディフェンスに負担をかける事になるでしょう。

その後若林が

「スーパーボウルでこれに失敗したのがペイトリオッツでした」

と言うと

「もう(そのことは)言わないで」

と相武さんが叫んでいました。

このシーンです。



なお、今回のプレイは「Philly Special 2.0」とも言われています。


4.「若林の熱視線EXTRA」

今シーズンは「若林の熱視線SUPER」から「若林の熱視線EXTRA」に名前が変わりました。

さらにハイレベルの解説をすると言うことでしょう。

今回のテーマには

「フットボールには布石がある」

と言うことでした。

取り上げられたのは、1Q残り3:47からのQBフォールズからのショートパス。

上に置いたハイライト動画では、6:50からのものになります。

これは「ラン・パスオプション」と言われるプレイで、上の動画でもそう実況されています。

LBの動きを瞬時に想像して、RBにハンドオフするかパスを投げるか、どちらのオプションを行使するかを決めるプレイです。

若林の話しでは、ラン・パスオプションの場合、ゾーンディフェンスでは迷いが生じるので、マンツーマンディフェンスで対抗しなければいけないそうです。

そして普通は、ハンドオフが終わりある程度プレイが進むと、ディフェンスはQBにはケアしなくなる。

その穴をついたプレイだと言うことを、相武さんと会話する形で説明してくれました。

(ずっと昔の話ですが、まだRBがボールを持って、ラインの力で前進しようとしているのに、QBはサイドラインに向かって何か話していたシーンを見たことがあります。)

「難しいですね」(岩田アナ)

「そうなのよ。

日本のテレビでやるのがおかしいレベルの話しなのよ。

レベルが高すぎて」(若林)


春日が

「(今はわからなくても)大丈夫、大丈夫」

と言っていました。

そして若林のひと言は、ボールを投げたり渡したりした後のQBは、基本的にプレイに参加しないことから

「使い捨てライター、使ってみたらなんとかなった」


5.パッカーズ対ベアーズ



(NFL公式YouTube動画「Bears vs. Packers Week 1 Highlights | NFL 2018」)

「NFLの伝統の一戦」(岩田アナ)、グリーンベイ・パッカーズ対シカゴ・ベアーズはアーロン・ロジャースの負傷退場と復帰で、流れがベアーズにいったん傾いたものの最後はパッカーズが勝つ、と言う、「ロジャース武勇伝」に新たな賞を追加するようなものでした。

ですが、ネットを見ると、私のようなパッカーズファンが歓喜するのは当然として、ベアーズのファンも、それほど悪い試合ではなかった、と言う見方をしている人が少なくないような印象を持ちました。

今シーズンのベアーズは、昨シーズンより確実にレベルアップしているように思われたからでしょう。


6.「春日のがんばれブラウンズ」

春日の応援するチームとともに、新コーナーが発表されました。

「春日のがんばれブラウンズ」

と言うコーナーで、タイトルの通り、春日は今シーズン、クリーブランド・ブラウンズを応援するそうです。

今回は春日がブラウンズを応援するまでの過程や正当性、と言いますか妥当性が紹介されました。

実は昨シーズンの放送で

「それこそ来シーズン(私が応援するの)は「頑張れブラウンズ」ってことになるかもよ」

と言っていたり…

ブラウンズは現在3年連続リーグ最下位(3年間で48試合して4勝のみで昨シーズンは全敗)でリーグのお荷物状態…

春日とはお荷物同士

とかボロクソな言われようで…

「これはCSでやるコーナーですか?」(若林)

「おかしいだろう、このコーナーだけCSって。

地上波で、なんとかかんとかブラウンズを応援していくよ」(春日)

とのことでした。

シーズン通して、「クリーブランド・ブラウンズ」と、フルネームを覚えられないキャラ、で行くのかもしれません。

(実際はもう覚えているでしょうけど)

これについて、

「春日さんの「呪い」のマイナスとマイナスで、プラスになるかも」(相武さん)

「何を言ってやがるんだ、魔女に言われたくないよ」(春日)

「魔女じゃない~」(相武さん)

とのやりとりがありました。

春日がブラウンズを応援する件については、昨日ネットニュースが出ていました。



「この番組が10年続けば、息子と一緒にアメフトを観られるかも!」(相武さん)

とありますが、そうなっています。

(この番組の前身「倶楽部☆T」がたしか1999年からですから、今年で20年目になるのか…)

「ニュースで見ましたけど、クリーブランドのバー、ブラウンズが1勝したらビールが飲み放題らしいんですよ。」(春日)

と言うのは、このニュースのことだと思います。



この後、その他の試合のハイライトが流され、ブラウンズの試合がトップでした。

誰かが応援するチームには、チーム名の上にその人の上半身と、応援する選手の名前が出ます。

例えば、最初の試合には、「イーグルス」の上に岩田アナの写真、そして「C・ウェンツ」と表示されていました。

しかし、ブラウンズの試合では、春日の上半身はありましたが、応援する選手の名前はありませんでした。

だいたいそのチームの先発QBを応援することが多いのですが、ブラウンズの場合は、今はタイロッド・テイラーが先発していますが、シーズン中にドラフト全体トップで指名したQBベイカー・メイフィールドに代わるかもしれませんので難しいところです。


7.相武紗季さんの新コーナー

「あいぶ らぶ」

と言う新コーナーが始まりました。

これは「相武さんがいるときは」ハイライトの中で、今週の一番「ラブなプレイ」を選んでもらう、というものだそうです。

と言うことは、これまでのように、月一ぐらいで出演してくれると言うことですね。

(今回の放送で、相武さんがいると、笑いに厚みが出ておもしろい、と言うことがわかりましたので、嬉しいです)

で、今回選ばれたのは

「チーフスのトリックプレイ」

でした。

下の動画の8:47から始まるプレイで、QBマホームズがRBハントにハンドオフしたように見せかけたものの、実際は画面上から走りこんできたWRヒルにトスしていたものです。



(NFL公式YouTube動画「Chiefs vs. Chargers Week 1 Highlights | NFL 2018」)

これはディフェンスからは見にくいと思います。

相武さんがこのプレイだと言った後

「え、プレイを口頭で言うだけ?

解説とかないの」(オードリー)

と突っ込まれてました。

オードリーはゲストや女子アナさんにつっこむのが仕事ですからそう言っているだけだと思います。

こう言う、解説不要で「すごい」と思わされるプレイを紹介するコーナーがあることは、いいことだと思います。


8.後藤完夫さんのこと

最後に、4月9日に逝去された後藤完夫さんのことが語られました。

後藤さんの訃報は、多くのアメフトファンを悲しがらせていた覚えがあります。

「後藤さんは日本アメリカンフットボール界の父、親父ですよ」(若林)

まったくそうだと思います。

若林が後藤さんとの思い出を語り、春日もお世話になったとうなずいた後

「後藤さんの遺志を継いでアメフトを普及させていきましょう」(若林)

と言っていました。

本当に微力だと思うのですが、私もアメフトを普及させていきます。


私にとって、後藤さんのことが書かれたもので、一番印象に残っているのは下記のものです。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK0】「オードリーのNFL俱楽部」を担当する岩田絵里奈アナに期待すること

先週日曜日、2018年9月9日に放送された「おしゃれイズム」に、2018年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部」を担当する女子アナさん

岩田絵里奈アナ

が出演すると言うことなので、見てみました。

出演者はこの4人の日テレ女子アナ陣。



岩田絵里奈アナに市來玲奈アナの新人コンビと、彼女らを鍛えてくれた井田由美アナと豊田順子アナの4人でした。

岩田アナは一番左に写っている方。


この番組で始めて見たのですが…

はじめは、市來アナにも感じたことですが…

大丈夫かなぁ…

これでオードリーと一緒にやっていけるかなぁ…

と言うものでした。


しかし乃木坂46にいた「市來アナほどではない」(岩田アナ)ですが、小さいころから芸能活動をしていたそうです。

きっと肝は座っているでしょう。

それに、得意といいますか、「勉強中」と言うものまねを披露するときは、全然躊躇と言うものがなく、やり切ってくれました。

番組でも上田晋也さんらが言っていましたが、「そんな高いレベルを期待していなかった。ごめん」と言うクオリティでした。

下のツイートの動画は、未公開のものです。



ふと、「オードリーのNFL俱楽部」でやってほしいことが浮かびました。

明日、日テレG+でWEEK1、つまり今シーズン最初の回が放送されます。

ゲストに相武紗季さんが来ます。

昨シーズンは「育休」をとっていましたが、その前の2シーズンは月一ゲストで来てくれて、来ない時はオードリーの2人に「魔女」とか陰口を叩かれていました。

そういう時、岩田アナに相武紗季さんのものまねで言い返してくれると面白いかな、と思うんですが…

この番組での相武さんの素振りは、日テレ公式チャンネルのリスト「若林の熱視線」で見れますから、それで勉強してくれたら…と思います。

なにはともあれ、今週から始まる2018年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部」が楽しみです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2017年シーズンWEEK21】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~若林、MC席の中心で「ブレイディが好きだぁ~」と叫ぶ



2018年2月3日に日本テレビで放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

スーパーボウルまであと一週間。

開催地ミネソタからのレポートとともに、今週開催されたプロボウルのことが伝えられました。

1.若林のジャージは

今週は若林がスーパーボウルで応援するチームのジャージを着て出演するかな?と思ったら、プロボウルのAFCのジャージでの出演でした。

左胸にはテキサンズのマーク。

WRデアンジェロ・ホプキンスのものらしいですが、残念ながら彼は選出されたものの、負傷のため出場辞退。

結果、ヒューストン・テキサンズからは一人も出場しないと言うことになりました。

「今シーズンは散々だった」(若林)


とのこと。

私もルーキーQBデショーン・ワトソンが台頭した時に、今シーズンのテキサンズは行けるかも、良かったね若林、と思ったのですが…

ただワトソンはパスやランはうまいものの、結果として勝てていないのが気になってました。

来シーズンは勝てるQBとして戻ってくることを期待します。


2.プロボウル、ハイライト

プロボウルの模様がハイライトで流されました。



(NFL公式動画「NFC vs. AFC | 2018 NFL Pro Bowl Game Highlights」)

私の感想を…

今回のプロボウルはAFCが24-23でNFCに勝ったのですが、最近のプロボウルにしては、ロースコアだな、と思います。

と思って過去のスコアを調べてみたら…

昨年も、AFC 20 - 13 NFCと今回以上にロースコアでした。

スポーツの試合は、玄人さんのレベルになると話は別ですが、ハイスコアの方がおもしろいと思います。


ところで、最後のAFCの逆転TDの時、ゴールポストの黄色い幕のところに、なぜか

「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」

の広告板みたいなものが映っていたことが放送されましたが…

上の動画ではそのシーンはありませんでした。


3.「若林の熱視線SUPER」

今回取り上げられたのはこれ



フリーフリッカーからのスクリーンっぽいパスでした。

若林の言う通り、「フリーフリッカーとスクリーンと言う2つのトリックプレイをやったもの」だと思います。

「フリーフリッカー」とは、「ノミがぴょんぴょん飛び跳ねる」と言う意味で、QBがRBにいったんハンドオフした後、そのRBがボールをQBに戻し、そこからフォワードパスを投げるもので、ボールがぴょんぴょん持ち主が変わるので、その名がつきました。

「普通フリーフリッカーは長いのを投げるのですが、今回はスクリーンっぽい短いパスでした」(若林)

とのことでした。

「スクリーンっぽい」といったのは、レシーブした選手の周りに「スクリーン」ができているとは言えなかったように見えたからでしょう。

フリーフリッカーの特徴は、最終的にQBがパスを投げるまでに時間が稼げることです。

ですから、WRは遠くまで走ることができるので、「普通フリーフリッカーは長いのを投げる」(若林)と言ったのだと思いますし、私もその認識です。

ですから「フリーフリッカーからのスクリーンパス」と言うのは2重のトリックプレイだと言えると思います。

「DBとしては、ランだと思ったところで3歩前に来て、フリーフリッカーだと気がついて2歩下がって、スクリーンだと気がついてまた前に出る、と言う大変なプレイでした。

と言うことで今週の一言は」

「アメフト版365歩のマーチ」

でした。

「365歩のマーチ」は水前寺清子さんが1968年11月10日と、ほぼ半世紀前にリリースした古い歌です。

YouTube「365歩のマーチ」へのリンク


3.現地レポート

スーパーボウルの開催地、ミネソタ入りしている小池絵未さんから、選手やコーチへのインタビューが届けられました。

書き起こす時間がないので、インタビューの内容は割愛します。

若林の言う通り「深くて重い」ものでした。

特にフィラデルフィア・イーグルスのDEフレッチャー・コックスが

「感情に流されず、自分と戦うのみだよ」

と言うのは印象に残りました。


4.森HCの予想は

-4度のミネソタのスタジアムの外から、日テレジータスと日本テレビ(深夜関東ローカル)の放送を担当する、佐藤義朗アナと、解説の森清之東京大学HCがレポート。

森HCの予想は23-13でニューイングランド・ペイトリオッツが勝つ、と言うものでした。

「ニック・フォールズが前の試合でうまく行き過ぎたんで、その反動が来るんじゃないかと思います」

とのことでした。

他にこんなことも語られてました。

・ビル・ベリチックとトム・ブレイディの勝負強さは本物

・イーグルスが「番狂わせ」を起こすとしたら、ディフェンスがボールを奪う事と、DLだけでブレイディにプレッシャーをかける事

・ブレイディの手の状態は試合までには万全になるだろう。

なお、オードリーがつく頃(もうついていて一日目のロケを終えたそうです)には-25度まで下がる予報だそうです。

(女房に「-25度って想像できるか?」と尋ねたら、「私がいたカンザスの街では-30度だった」と言っていました

ミネソタ以上に「アメリカの冷蔵庫」ですわ)

また、森HCの予想は当たらないことが多い、とも言われていました。

予想と言えば、恒例の増田隆生さん(日テレが地上波でNFL中継をしていたころのメインアナウンサー)の予想はこちら。



ニューイングランドが優位で、28-21、または28-17ぐらいだろうとのことでした。

なお、この動画には続きがあって、こちらにそれが書かれています。



「ただ、スーパーボウルウィークの記者会見で、両チームに接すると、ニューイングランドにはこれまでのスーパーボウルのような緊張感がやや欠けているのが気になる」

と言うのは、たしかに気になります。

小坂ディレクターのツイートに、ハッシュタグ「 #この声で育った 」と言うのがありますが、私もそうです。

なお、この「Touchdown Network」のFacebookサイトは他にもスーパーボウル情報がたくさんあって、とてもありがたいと思います。

選手へのインタビューの他、日本テレビの「熱い」佐野徹プロデューサーと、斎藤ちはるさんが出演するニコニコ生放送を仕掛けたことも。



ニコ生のリンク先は、小坂ディレクターのこちらのツイートにあります。



出演される有馬隼人さんのツイートはこちら。



「なに言うてまうか分からへん」とありますが、そこに期待しています。


5.「少年カスガの超人プレイ」でかかった曲

今週のこのコーナーは、シーズンを通しての好プレイ、珍プレイ特集でした。

全部の動画を集めるのはキツイので挫折しました。

その代わり…

BGMでかかっていた曲をひとつ紹介します。

Twisted Sisterの「I Wanna Rock」と言う1984年の曲です

この曲は、私にとっては曲そのものはあまり興味はないのですが、PVでは曲が始まる前に寸劇があり、それがとても面白いので、お気に入りの曲です。



(「Twisted Sister - I Wanna Rock (Official Video)」)


6.若林、とうとうブレイディ愛を叫ぶ

エンディングでは、若林がスーパーボウルではペイトリオッツを応援するとともに、

「ブレイディが好きだぁ~」

と叫んでいました。

「何年も隠していたけど、あの人はすごい人だ。

尊敬できる人だ。」

と言うようなことを言っていました。


書き忘れましたが、春日にスーパーボウルの勝敗予想を尋ねたところ、イーグルスのジャージを着ているにも関わらず

「やっぱりペイトリオッツだろうね」

と言っていました。


7.その他の動画やSNSなど

その他スーパーボウルに関する動画やSNSなどを貼っておきます。



(日テレ公式チャンネル動画「オードリーのNFL倶楽部2017 Week21 オフトーク」)



(日テレ公式チャンネル動画「NFL中継 第52回スーパーボウル 見どころ 【日テレジータス】」)

期間限定の村田斉潔氏の見どころです。


こちらは「オードリーのNFL俱楽部」の紹介



そしてこちらは、放送後のもの



小池さんが、ミネソタ・バイキングスチアリーダーの吉田奈央さんと一緒に



元レポーターのザック生馬さん(当時は生馬アイザックさん)はHOOTERS渋谷店で司会/実況を



なおザック生馬さんはイーグルスファンです。

スーパーボウル観戦と言えば、「ジェッツ狂」さんが、まとめを書いていました。



JETS狂さんが書いたものの他にもいくつか

東京中野のBAR 894 BASE



東京渋谷のパセラリゾーツ渋谷店

「グリーンベイパッカーズ観戦会」でよくお世話になっている店です。

http://shibuya-topics.pasela.co.jp/2016/08/blog-post.html


東京六本木の東京スポーツカフェ

ここは外人さんが多いと思います。



他にもいくつかあると思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【驚愕!!】「オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線」がAmazonで在庫切れで増版か〜週刊文春でも紹介される

先週発売された

「オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線」

ですが、発売されて一週間たった1月31日(水)には、Amazonで品切れとなったようで、

「2月7日入荷予定」

となっていました。

20180201若林のアメフト熱視線_Amazonで品切れ

(1月31日のAmazonの画面画像)

発売元の文藝春秋社に問い合わせたら

「売れ行きは順調」

とのことでした。

アメフトとオードリーのどちらのファンでもある私としては、とても嬉しいことです。

以前、こんなツイートをしました。


このまま行けば、マジで1回くらいゴールデンで放送されてもいいんじゃないかと思います。

また、あくまでも私の推測ですが、このまま行けば、この本は増刷されるんじゃないかと思います。

まだ買ってないあなた

ぜひ買って、番組とアメフトを応援しませんか。



(Sports Graphic Number公式動画「日本で唯一のNFL専門番組「オードリーのNFL倶楽部」が本になった! オードリーがその魅力を語る。」)

こちらの宣伝動画は、若林さんが1試合だけ応援したミネソタ・バイキングスのジャージを着ているので、本が発売されたあたりの先週の収録後に撮られたものでしょう。


私はこの本を4回ぐらいに分けて読みました。

一気に読みたかったのですが、その時間が連続して確保できなかったので。

久しぶりに、ここで読むのをやめねばならんのはつらい、と言う気持ちになりました。

では、感想を書いておきます。

20180201表表紙若林のアメフト熱視線

(「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」の表紙の画像)


1.熱い「はじめに」

前書きとなる「はじめに」を書いたのは、番組を統括して3シーズン目となる、佐野徹プロデューサーでした。

この「はじめに」がものすごく熱いのです。

そんなところが好きで、読むのを再開するたびに、「はじめに」を読み返していました。

「前身の番組」と言うのは、1988年あたりに日曜朝にやっていた

「NFL Express」

そして1999年あたりにから始まった

「倶楽部★T」

のことでしょう。

最初に読み始める前に、帯の裏表紙側に

「本場アメリカからも絶賛の声」

と書いてあったのを見つけ、どう言うことだろう、と不思議に思っていたのですが…

おー、そう言うことか、マジかー、すげー

と感じられるようなことが書いてあります。

とにかく、私としては、この本の中では、「はじめに」が一番考えさせられるところでした。

「アメフトを日本で広めたい」と言う人の多くは、どうやったらいいものか、と言うことを考えています。

私も、何をどう書けばアメフトのことを注目して、おもしろさを理解してくれるだろうか、と言うことで頭を悩ますことがあります。

この本は、そのひとつの答えであり、大いなるチャレンジであることが、「はじめに」から伝わってきます。

これは、佐野プロデューサーがFacebookでこの本のことを語ったものです。




2.そうだったのか、「高校時代の思い出」

いくつか、以前聞いたり読んだりしたエピソードが書かれていました。

例えば、若林さんが75ヤードの独走TDランを決めたエピソード。

これは「オードリーのオールナイトニッポン」で8年ほど前に聞きました。

その時は、相手が「全ブリ(おそらく、全員ブリッツ、の略)で来たので、オープンに出たら誰もいなかった、みたいなことを語っていたと思います。

相手が早稲田大学の一年生チームだったことは、語られてなかったと思います。

早稲田大学に誘われたけど、成績が悪くて、やめた、と言う話しはどこかで読みました。

しかし、この2つがつながっていたのは知りませんでした。

私のように、ここに書いてあるエピソードは、タイトルを見ただけで、いくつか読んだことがある、と気づく人もいるでしょう。

そんな人でも、新たな発見ができる章だと思います。

なんだろう、と思った人にとっては、単純に、へーそんなことがあったんだ、と楽しめると思います。


3.「オードリー式ポジション解説」がトリックプレイな件

私にとって、この本の中で一番価値があるのは「はじめに」だと思う、と前述しました。

では一番楽しめた箇所は、と言いますと、この「ポジション紹介」でした。

目次に「ポジション紹介」と言う言葉を見つけた時は、ちょっとがっかりしました。

基礎的なことはほとんど書かれない「型破りな本」になりそうだ、と期待していましたので、普通のアメフト本と一緒じゃないか、と思いこんだからです。

ところが

自分がやっていないポジションを主観的に紹介するスタイルで、これはおもしろかったです。

春日さんは

「私の後ろのラインバッカー(LB)は、あんな仕事やこんな仕事もしなければいけないので、大変そうだ。」

と語っていました。

また、若林さんはパンター(P)もやっていて、とんだ事件からうまくプレイするコツをつかんだことを語っています。

このように、真正面からのポジション紹介ではないのですが、それでいて、そのポジションの特性には触れています。

この「トリックプレイ」は、アメリカンフットボールらしいなあ、と思いました。

ひとつ残念なのは、全ポジションは書いてなかったこと。

例えばワイドレシーバー(WR)とかの記載はありませんでした。

きっとこの本には続編があるんだろう、そして残りのポジションについて書くんだろう、と言うことで、期待させてもらいます。

20180201裏表紙若林のアメフト熱視線

(「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」の裏表紙の画像)


4.本編「若林の熱視線」は…

この本はここ4年「オードリーのNFL倶楽部」に定着している

「若林の熱視線」

をベースに書かれていますので、この章が本編だと言えるでしょう。

その本編についてですが…

私はこの番組を全回見ていますので(そして前回保存しています)、客観的な感想は今さら書けないです。

ただ、番組では解説しなかった専門用語に、注釈がついていますので、それは助かると思います。

実際私も、あれ、そんなこと言ってたっけ、その用語、初めて聞いた、と言うのもありました。

きっと聞き逃してたんだと思います。

ですから、以前見た人にとっても価値があると思います。

本編の中から、2つ、オリジナルの動画を貼っておきます。

まず、相武紗季さんも、春日に乗っかってふざけた回

「05 ブリッツを破る」



(日テレ公式チャンネル動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:ブリッツを破る②」)

もうひとつは、若林が格言に落とせなかった、第49回スーパーボウルでのインターセプトの回。

「14 インターセプト」



(日テレ公式チャンネル動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:インターセプト③」)

番組、特に若林さんがハイテンションなのがよく伝わってくると思います。

その他の回は、こちらの再生リストから探してみてください。

日テレ公式チャンネル>再生リスト>NFL倶楽部「若林の熱視線」へのリンク


5.この本の「チャレンジ」は成功か?

この本の狙いは、あえてルールを説明しないで、プレイの意図などを説明することで、アメフトに興味を持ってくれたら、と言うものだと思います。

興味深いチャレンジだと思います。

私も、最初にルールを教えて、ある程度わかってもらってから試合や動画を見てもらう、と言う方法は望ましくないんじゃないかと考えます。

まず、わかってもらうのに時間がかかります。

また、ルールをわかってもらう段階で挫折してしまうことが多いと思います。

まずは

「サッカーやラグビーと同じで、相手のゴールにボールを持っていけば得点」

と言うルールだけ覚えてもらって、試合を見てもらうのが一番だと思います。

アメフト観戦が趣味の人と、一試合一緒に見れば、だいたいのことはわかると思います。

本当に簡単なんですよ、アメフトのルールは。


来週月曜にはスーパーボウルがあります。

「よくわからなかったなぁ」と言う感触で構いませんから、一度この本を読んで、スーパーボウルを見ると、

「あ、このプレイや用語は、あの本に書いてあったことだ」

と思い出して、その個所だけ読んでもらえればいいかな、と思います。

ああ、若林さんが言ってたのはそういうことだったのか、と感じられるでしょう。

一回では無理かもしれませんが。


とにかくこの

「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」

は、私としてはお勧めの一冊です。

他の人とってはどうか?

Twitterの声を拾ったものをtogetterにまとめました。

必ずしも読後感想ばかりではないですが…

「「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」の評判などのまとめ #nfljapan #nflclub - Togetter」へのリンク


6.「週刊文春」でも紹介

20180201記事_週刊文春

2018年2月1日に発売された「週刊文春」2月8日号の

「阿川佐和子のこの人に会いたい」

のコーナーにオードリーが登場。

本のこととアメフトのことで対談していました。

全体で5ページで、最初と最後が本のことでだいたい3分の1。

残りは

「オードリーがアメフトやNFLの話をする」



「アメフトを知らなかった阿川さんが驚く」

と言うのの繰り返しでした。


買ったかいがありました。

すごくおもしろかったです。


退団後の阿川さんの

「一筆御礼」(あとがきみたいなもの)

がおもしろかったです。

「「わかんないヤツは置いていく」と豪語しながらサービス精神旺盛に比喩も見事に語ってくださる若林さんの熱」

と言う箇所は、鋭いな、と思いました。

ここだけではなく、全体的におもしろいと思いました。

こちらもおススメです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2017年シーズンWEEK20】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~ピース綾部電話出演



2018年1月27日の朝日本テレビで放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

今週はカンファレンスチャンピオンシップの2試合について。

両試合でそれぞれ勝った方がスーパーボウルに出場することになります。

普段は番組のことを書くために2回は番組を見返すのですが、今回1回しか見ておらず、その記憶だけで書きます。

間違っていたり、「なんでそこを書かないの?」と言う抜けなどあるかもしれませんが、ご容赦ください。


1.若林はミネソタ・バイキングス応援

先週推しチームのニューオリンズ・セインツが2試合目で負けた若林。

今回はミネソタ・バイキングスのジャージを着て、バイキングスを応援することにしていました。

多分、昨シーズンまで在籍していた、RBエイドリアン・ピーターソンのものだと思います。

応援チームを変え続けることについて

「テキサンズが弱いからなんだよ!!」

と叫んでいました。

これには、横にいた春日が口に手をあてて、触れてはいけないものに触れてしまった、みたいな表情をしていました。


2.ペイトリオッツ対ジャガーズ

最初のハイライトは、「久野アナが応援する」ニューイングランド・ペイトリオッツ対ジャクソンビル・ジャガーズ。



(NFL公式動画「Jaguars vs. Patriots | NFL AFC Championship Game Highlights」)

試合は一時ジャガーズが10点差をつけてリードしていましたが、試合残り3分を切ったところでペイトリオッツが逆転。

その後ペイトリオッツがリードを守り切って、「順当に」勝ちました。

それでも、ジャガーズはよくここまで粘ったと思います。

途中ランディフェンスが止められたのが痛かったと感じます。


ところでハイライトの前に

「ペイトリオッツはこれまで5回もスーパーボウルに勝っているのに、なぜそんなに勝利に貪欲なのか?」

と言うテーマが掲げられ、HCビル・ベリチックが

「私は欲しいものに貪欲なんだ」

と答えるシーンがありました。

これについて、私はテーマの意味がよくわかりませんでした。

若林も時々、「ブレイディはあれだけ勝っているのに、なんでまだまだ勝とうとするんだろうね」と言うことを言っていました。

今シーズンは聴いた覚えはないですが。

でも、チームが、そしてその中の選手が、どこまでも勝ちを求めるのは、普通のことだと思うんですが。

それとも、十分に得るものを得たのに、執念が衰えないのはなぜか、と言う疑問でしょうか?

それなら、なんとなくわかりますが、ファンは許さないだろうな…

私は福岡ソフトバンクホークスのファンで、チームはこの4年間で3回日本一になっていますが、まだまだ勝ってほしいと思いますし。

でも、相手があることですから、負けても仕方がないとは思いますけどね。


そしてベリチックHCの「ほしいもの」について、彼がNFL選手のカードコレクターであることが紹介されました。

最初に4枚のカードの映像が流されましたが…

3人までは誰だかわかりましたが、まあそうそうたる面々でした。

3人が誰か忘れましたが、最後がシカゴ・ベアーズの元LBディック・バトカスだったのは覚えています。

コレクション、どんな選手のカードがあるのか見てみたいです。


3.「若林の熱視線SUPER」

今回取り上げられたのは、ペイトリオッツのWRダニー・アメンドーラのTDレシーブでした。

この動画の0:51からのもです。



(NFL公式動画「Danny Amendola's 2 TD Day Sends Pats to Super Bowl | Jags vs. Patriots | AFC Championship Player HLs」)

ペイトリオッツの手前から2番目の選手がアメンドーラですが、この選手がもう一人のWRとクロスして走っていたため、ディフェンスの選手が混乱し、ダミーとなったWRについていったことがパス成功となった要因、と説明されていました。

そこで、若林の今週のひとことは

「怪しいレシーブと怪しいおじさんにはついて行くな!!」

でした。

番組では語られませんでしたが、パスを捕った後のアメンドーラの動きが素晴らしかったと思います。

ゴールラインの前で捕って、そのまま走りこんだのですが、これはブレイディのパスがアメンドーラの走るスピードを落とさない位置に投げ込んだために、TDパスとなったものだと思います。

下手なQBだと、WRが走る方向と反対側に投げてしまい、ギリギリ捕れても、そこでスピードが落ちたり、止まったりして、そこでつかまってダウン、と言うことになりますから。


そして

「オードリーのNFL俱楽部 若林のアメフト熱視線」

の本の宣伝。

今週は表紙ではなく背表紙が紹介されました。

若林によると、「表紙のために写真をとった」ということですが、多分それをもとに絵にしたのだと思います。

1月24日発売予定でしたが、私は前日にすでに売っているのをツイッターで知ったので、その日中に買うことができました。

買っても読む時間がなかったのですが、昨晩一気に71ページまで読みました。



今のところ、佐野プロデューサーの「はじめに」が熱かったのと、ポジション紹介がユニークだったのが印象的でした。


4.イーグルス対バイキングス

もう一つのカンファレンスチャンピオンシップ、フィラデルフィア・イーグルス対ミネソタ・バイキングスのハイライトの前に、シーズン中盤から先発QBになったニック・フォールズのことをインタビューした動画が流されました。



しかし選手たちの答えは、悲観的なものではなかったと思います。

ハイライト動画はこちら。



(NFL公式動画「Vikings vs. Eagles | NFL NFC Championship Game Highlights」)

強力ディフェンス同士の対戦なので、ロースコアのディフェンスマッチになるかと思ていたんですが、意外に大差がつきました。

でも、スコアほど力に差はなかったと思います。

早い時間でリードが広がると、こういう展開になりがちですので。


5.ピース綾部と電話で対談

電話でピース綾部と話す一幕がありました。

先日も番組で紹介されていましたが、昔からアメフト好きで、留学先のニューヨークでNFL観戦によく行っていた綾部ですが、イーグルス対バイキングスのカンファレンスチャンピオンシップにも観戦に行っていたそうです。

・カンファレンスチャンピオンシップは、片方のチームのホームで最強の2チームが行うので、盛り上がりがすごい

・スタンドのフィラデルフィアのファンの盛り上がりがすごい

・勝った後の街は大騒ぎ

と言うことが伝えられ、最後は、(第52回スパーボウルが行われる)ミネソタで会おう、と言うことで終わりました。

綾部は日テレジータスのスーパーボウル中継で、オードリーとともに出演するそうです。



カンファレンスチャンピオンシップを見に行ったことは、Instagramに上がっていました。

I'm watching NFL game in Philadelphia.

Yuji Ayabeさん(@yujiayabe)がシェアした投稿 -



試合後の街の様子については、小坂ディレクターがツイートしています。



「メディアの移動用バスをバイキングスの選手用バスと勘違いして」

と言うんじゃなく、メディアが戦前にイーグルスが不利と予想したため、わかっていて攻撃したんじゃないか、と言う声もありました。

いずれにしても、やってはいけないことだと思います。

私も「Philadelphia riot」(フィラデルフィア 暴動)と言うワードでGoogleニュース検索してみましたが、このことについてかなりの数が見つかりました。

CBSはこんな記事を書いていました。

「Eagles fans are the absolute worst, and here are 9 times they proved it」へのリンク

「イーグルスのファンは最悪だ、と言うことをここに9つの例を挙げて証明しよう」

と言う意味の記事のようです。

残念なことです。

これじゃイーグルスファンだけではなく、イーグルスが嫌われてしまいそうで…


6.「少年カスガの超人プレイ」

今回はペイトリオッツの勝利を決めたこのプレイ。



CBギルモアのパスカットです。

「どんな運動能力なんだろうね」とスタジオでは驚きの声。

ちなみに、関西学生アメリカンフットボールを主に担当する國嶋絢香 (くにしまあやか)さんも、このプレイについてツイートしていました。



ところでコーナーが始まるとき、春日がタイトルコールをしている途中

「まだつながってるよ」

と綾部の声が入って来ると言う一幕もありました。


7.余談ですが

冒頭のツイートで

「綾部君との電話です。これで特番できますよ。」(若林)

とありますが、Facebookのサイトではもう少し詳しく書いてあります。



「綾部君との電話です。これで特番できますよ。綾部君とかブリリアンのコージくんとか春日を集めて円卓に座ってサイコロを転がして、アメフトの面白い話をするというね」

つまり、「すべらない話」のアメフト版ができると言うことです。

そう言えば昔

「ドリオーの、ファンブルしない話」

と言うの、やりたいね、と「オードリーのオールナイトニッポン」で行っていた記憶があります。

ブリリアン・コージさんとは、すっかり仲良くなったのかな?


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

2016年も「オードリーのNFL倶楽部」はWEB版オフトークがあります~WEEK3のNFL結果ネタバレあり

「オードリーのNFL倶楽部」は今シーズンはここまで土曜日の朝に放送されていましたが、今週は明日日曜未明に放送。

私も土曜にブログに感想を書いてきましたが、今週のはまだ見れておりませんので、番組とNFLのWEEK3までの雑感を書きます。

なお、来週は今のところ10月8日土曜未明の3時30分から放送されるようです。


1.2016年もWEB版が健在

ここ2年ほど毎週「NFL JAPAN.COM」に投稿されてきた、「オードリーのNFL倶楽部」のWEB版。

今シーズンは投稿されていないので、ないのかなぁ…

残念だなぁ…

番組よりもおもしろい回があるのになぁ…

と思ってたら…

9月25日にYouTubeの日テレ公式チャンネルに投稿されました。

タイトルは「【NFL倶楽部】 オフトーク」になっていました。

これは嬉しい。

と言うわけで、動画と感想とかを書いときます。


1)【NFL倶楽部】#1 オフトーク



菅谷アナはニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディのファンだとか。

第42回スーパーボウルを実況してファンになったそうですが、おもしろいもので、この時ペイトリオッツはスーパーボウル制覇確実、と言われていたのを、ニューヨーク・ジャイアンツの驚異的な粘りの前に屈して負けています。

負けたのにファンができると言うのは…やはりブレイディはすごいな、と思います。

(ちなみに私の周囲には、第32回スーパーボウルに敗れたものの、ブレット・ファーブが好きになった人が2人います)

動画の中でも言われていますが、菅谷アナが成田まで帽子をかぶっていたことは、「オードリーのオールナイトニッポン」で大笑いされていました。

スーパーボウルの次の「オードリーのオールナイトニッポン」はいつもよりはアメフトのことがトークに出てくるのですが、この時(第49回)のは最後が劇的なインターセプトで終わったため、かなり長めに話されていました。

特に最後のプレイ、パスと言う選択はあり得ないものだったのかどうか、が熱く語られていました。

それにしても45歳の菅谷アナが、感情をこめてペイトリオッツのブレイディが好きだ、と言ったシーンは、印象に残るものでした。


春日がタンパベイ・バッカニアーズを応援するのは、昨シーズン最後の「NFL倶楽部ブログ」で宣言されていたので、特に驚きはなかったです。

これまで誰も応援してきていないチームで、伸び盛りですから、「鬼瓦=デビル・フェイス」で笑った偶然があったとはいえ、NFLの多くのチームを知ってほしい私としては、いい選択だったと思います。

ちなみに、最後の方でQBジャーミス・ウィンストンの他に「もう一人笑った」のは、RBダグ・マーチン。

そのシーンはきちんと昨シーズンの放送で流れました。

マーチンは昨シーズンリーグ2位の1402ヤードを走っていますが、今シーズンのWEEK1か2で、3週間ほど欠場となる負傷を追っていたと記憶します。


滝アナは、ロゴマークが家で飼っているインコのピーちゃんに似ている、と言う理由でアリゾナ・カージナルスを選んだそうです。

カージナルスのロゴマークはこんな感じ。

20161001アリゾナ・カージナルスのロゴ

WRラリー・フィッツジェラルドは、私が男なのでイケメン…とはあまり思えないのかもしれませんが、大好きで素晴らしい選手です。

(シアトル・シーホークスのファンには申し訳ないですが、うちの鳥がシーホークスのロゴに似てる、って言われたら、どんだけ怖い顔しているんだ、って思うだろうなぁ…)


若林は安定のヒューストン・テキサンズ。

もう本当にずっと応援してほしいです。

若林のおかげで、テキサンズは新しいチームながら、日本でとてもメジャーなチームになったと思います。

いつか若林の応援が報われる日が来ればいいな…


2)【NFL倶楽部】#2 オフトーク



安村アナはグリーンベイ・パッカーズが好きだとか。

12番のアーロン・ロジャースのジャージを着ながらも、一押しはRBエディ・レイシー。

たしかに昨年は体が絞り切れておらず、期待されたほどの成績は残せませんでした。

今シーズンは開幕前のプレシーズンゲームは好調に思えましたが、シーズンに入ると、少なくともパッカーズファンの私が期待したほどの成績は残せてませんでした。

しかしWEEK3では100ヤードを超える活躍。

現在214ヤードとまだまだの成績ですが、1回平均5.0ヤードを稼いでいるのは立派。

計算上では2回ボールを持てばファーストダウンが稼げるわけですからね。


ミネソタ・バイキングスとの試合で、若林は「負けたもののロジャースは安定していた」と言っていましたが…

パッカーズファンの間では、まだまだスランプが続いているな、と言うパフォーマンスだったように感じます。

この試合は渋谷のスポーツバーで、20人ほどのパッカーズファンの方々と観戦会でライブで見たのですが、タックルをさけて投げたり走ったりするのはうまいんですが、これまでは通っていたパスが通らない…

なんとなくキャッチする選手よりも奥におちる結果になることが多いと感じました。

それでもWEEK3の対デトロイト・ライオンズ戦では4TDの大活躍。

「ここ最近できていなかったパスプレイができた」(ロジャース)

と喜んでいました。

レイティングも15試合ぶり(!)に100を超えました。


なお、WEEK3のパッカーズ戦、カンニング竹山さんは仕事があるのについつい見てしまったそうです。




テレビで生放送はなかったと思いますので、NFLの有料配信サービス「GAMEPASS」で見てたんでしょう。

すっかりハマってしまったようです。


2.この動画も面白い

日テレ公式チャンネルには、今シーズンから試合の予告動画も配信されるようになりました。

WEEK3の有馬隼人さんと河口正史さんのはおもしろかったです。



(動画「NFL on 日テレジータス 2016 WEEK3 見どころ」)


3.新先発QBが熱い

今シーズンは、1年目や2年目などの、初めて先発するQBが活躍しています。

こちらのツイートによると、6人が先発し、WEEK3までで6人合わせて11勝2敗ですとか…

QBはじっくり育てるもの、と言う時代ではなくなったのかな、とも思わせる成績です。




トレバー・シーミアン(デンバー・ブロンコス3勝0敗)

カーソン・ウェンツ(フィラデルフィア・イーグルス3勝0敗)

ジミー・ガロポロ(ニューイングランド・ペイトリオッツ2勝0敗)

ジャコビー・ブリセット(ニューイングランド・ペイトリオッツ1勝0敗)

ダック・プレスコット(ダラス・カウボーイズ2勝1敗)

コーディ・ケスラー(クリーブランド・ブラウンズ0勝1敗)

ウェンツとプレスコットは同じ地区で、日本時間の10月31日(月)と1月2日(月)に2人のチームが対戦します。

10月31日のは日テレG+で生放送予定だそうで、この試合が注目されていることがわかります。

とても楽しみです。

なお、ウェンツはルーキーながら連勝を続けていましたが、さすがにWEEK3では、ピッツバーグ・スティーラーズに苦労するだろう、と思ってました。

しかしスティーラーズを一蹴。

こんなにルーキーQBが勝利を重ねるのは、そのスティーラーズの2004年のベン・ロスリスバーガー以来じゃないかと思います。


4.このツイートは何?

番組とは関係ないですが、こんなツイートがありました。




斎藤ちはるさんは乃木坂46のメンバーで、バーバリアンのQB斎藤選手のむすめさんですが…

ツイ主の芋洗坂46⊿さん

「斎藤ちはる推しタオルを手に北米のスポーツ会場を巡礼中」

だそうで、ツイートをさかのぼっていくと、いろんなスタジアムでタオルを掲げた写真を投稿されています。

これからも巡礼ツイートを期待させてもらいます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : スポーツ    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

ホークス オードリーのオールナイトニッポン オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 アメリカンフットボール 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌  夏の終わりソング NFL倶楽部 オードリー Xリーグ 日大悪質タックル問題 メンタルヘルス スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS Amazon Twitter DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 玉竜旗 剣道 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング ICT 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 80年代邦楽 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 真珠湾攻撃 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース  サムライハイスクール 三浦春馬 歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 景浦安武 南海ホークス 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾修 東尾理子 アース・ウィンド・アンド・ファイアー September Earth, Fire 九月 Wind Tumblr twitter 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -