ユーザータグ : オーバーセレブレーションの記事 (1/1)

「オーバー セレブレーション」とは オードリーの「アメフトの小部屋」

10/18未明のオードリーオールナイトニッポン、「アメフトの小部屋」のコーナーで語られた

オーバーセレブレーション

について書きます。


大雑把に書きますが、オードリーの言う「セレブレーション」とは、アメリカンフットボールで、おもに得点後に行われる、派手なパフォーマンスです。

サッカーとかでもありますよね。

カズダンスとか。

そう言うものです。


ただ、そのパフォーマンスが度を過ぎると、「オーバーセレブレーション」となり、「アンスポーツマン ライク コンダクト」、つまり、スポーツマンにあるまじき振る舞い、として反則となります。

得点が取り消されることはまずないですが、不利なシチュエーションからプレイ開始となります。

この「オーバーセレブレーション」に反則を課すことは、本場アメリカでは大変不評です。


さて、いい機会ですので、「オーバーセレブレーション」に関する動画を探してみました。



これが「オーバーセレブレーション」のベスト(ワースト?)10だそうです。

私が今まで見た中で、もっとも豪快なものが、偶然にも一位になっていました。。

まさか試合中のフィールドで、○○をするなんて…
(決してエロいことではなく、ネタばれ防止のためです)

どこまで豪快なんだ、アメリカ人、と感動すら覚えます。


私はオーバーセレブレーションはあまり好きではありません。

でも、我がグリーンベイ・パッカーズの選手が、本拠地でタッチダウン後にスタンドに飛び込む
「ランボーリープ」
は、田舎のファンと選手の一体感が感じられるので、大好きです。


ところで、10年ほど前に引退した名選手に、バリー・サンダースと言うランニングバックがいます。

私はリアルタイムで見たランニングバックで、今に至るまで彼ほどすごい選手を知りません。

その彼ですが、どんな時でも、タックルを受けた時でも、得点した時でも、プレー後は必ずボールを審判に手渡ししていました。

そのため「ハンド オフ ガイ」と呼ばれてもいました。

そんな選手も、他に知りません。


あ、下記忘れていましたが、結局オードリーの二人が言いたかったのは、
「ホウジョウ(北条?)と言う選手がオーバーセレブレーションをしてしまったばかりに反則をとられ、負けてしまった試合があった。」
と言うことなんでしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト