ユーザータグ : シャーロック・ホームズの記事 (1/3)

「シャーロック・ホームズ」の再放送が、明日、明後日放送〜超オススメです

明日、2016年12月30日(金)と明後日、TOKYO MX局にて

「シャーロック・ホームズ」

が再放送されます。

これは2014年3月にNHKで放送されたもののようです。

三谷幸喜氏によるパペット人形劇です。


Yahooのテレビ番組サイトには、こう紹介されています。

「イギリスの古典作品「シャーロック・ホームズ」を、痛快ミステリー学園ドラマとして斬新に脚色。少年シャーロックとワトソンの友情と成長の軌跡を描き、トリックや推理・魅力に富んだ登場人物など、原作の魅力を生かしつつ、これまでにない新しい「シャーロック ホームズ」に。ファンタジックな世界観の中で展開する、スリリングで新感覚な推理ドラマ。子供から大人まで楽しめるパペットエンターテインメントです。 」

(「シャーロックホームズ - Yahoo!テレビ.Gガイド」 http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=163997 より)

TOKYO MXの番組表にはもう少し詳しいことが書いてあります。

また、下記リンク先はNHKで放送されたときの情報サイトです。
http://sherlockgakuen.jp/



最初に見たときの感想は、以前このブログに書いておきました。

興味のある方はどうぞ。

「【ネタバレ】三谷幸喜の『シャーロックホームズ』の人形劇の感想とプチ解説~超オススメ」 http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-2858.html

正典に出てくる人物がいろんな形で登場しますので、とてもおもしろかったです。

オススメです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【Sherlock/シャーロック】英米でシーズン4放送日が来年1月1日に決定~グラナダテレビ版も全話再放送決定

20161027忌まわしき花嫁のでのシャーロックの画像

(たぶん「忌まわしき花嫁」でのシャーロックとジョン)

BBC制作の「Sherlock/シャーロック」の放送日については、前々から来年2017年1月と言われていましたが、公式ツイッターアカウントが

2017年1月1日にイギリスとアメリカで放送する

と言うことを予告しました。

「現代に甦る伝説の探偵ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」シーズン4が17年1月に放送決定|ギズモード・ジャパン」へのリンク

こちらに予告動画を含むツイートがあります。



また、上の記事にあります通り、全3話の予定で第2話までタイトルが決まっています。

第1話「The Six Satchers(六つのサッチャー)」

第2話が「The Lying Detective(嘘をつく探偵)」

それぞれ正典(コナン・ドイルが書いたもの)の

「The Adventure of the Six Napoleons(六つのナポレオン)」

「The Adventure of the Dying Detective(瀕死の探偵)」

がベースなんでしょう。

私にとってはいずれも感慨深い作品で、「六つのナポレオン」は事件が解決した後にレストレード警部がホームズを静かに称えるシーンがあるのですが…グラナダテレビ版の「シャーロック・ホームズの冒険」では、この時レストレード警部は屈辱をこらえているようで、心中に何があるのか考えながら見てみると、泣きそうになります。

「瀕死の探偵」は、シャーロキアンの間では評価は高くないようですが、私は大好きです。

これもグラナダテレビ版がありますが、かなりいじってます。

正典ではホームズが病に苦しむところから始まるのですが、グラナダテレビ版では、そこに至るまでのいきさつの方に時間が割かれていた記憶があります。

私は正典のものの方が好きです。


そう言えば、そのグラナダテレビ版の「シャーロックホームズの冒険」がCSのAXNミステリーで2017年1月から全話再放送されるそうです。



ジェレミー・ブレットが演じるシャーロック・ホームズは、多くのファンが、「正典のホームズそのもの」と言うほどイメージにピッタリです。

私が初めてこのシリーズを見たのが、1985年で大学生の頃ですが、本当にイメージにぴったりで驚きましたから。

こちらもおススメです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」がDlifeにて放送開始

一昨日書いた「ナイトライダー」の件に続き、またも大事な番組の放送開始を見逃していました。

現代版「シャーロック・ホームズ」のアメリカ版

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」

(原題:Elementary)


の最初から(シーズン1エピソード1)の放送が、10月16日(日)から始まっていたのです。

「ニュース:『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』Dlifeにて10月16日(日)より放送スタート! | 海外ドラマNAVI」へのリンク
20161019エレメンタリーの画像

でも今回は大丈夫、再放送がすぐにあります

シーズン1エピソード1の再放送は10/23(日)午前2時からと同日午後2時から。

前者は字幕版で、後者は吹き替えを含む二か国語放送のようです。

詳細はこちら

「「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY 1」 全国無料BSテレビ局Dlife(ディーライフ/BS258)」へのリンク

今回「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」が放送されるのは、BSのDlife(ディーライフ)

基本的に無料放送で、全国同一の番組が放送されると思います。


さて、ホームズマニアの私ですが、「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」は一話も見たことがなく、よく知りません。

舞台が現代のニューヨークで、ワトソンが女性、と言うこと以外は。

ウィキペディアにもサイトがありますが、ネタバレしないで見たいので、必要最低限しか読んでいません。

Wikipedia「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」へのリンク

とりあえず、各回のタイトルだけは見ました。

邦題を見てみると…

「シャーロック」と比べて、比較的パロディが少ないように感じます。

そして、ホームズとは関係のない映画のタイトルにしたものが多いようです。

不思議だな…


まあとにかく、楽しみです。

私はシャーロック・ホームズの映像版パスティシュを見るとき、オリジナルのどこのパロディーなのかを探しながら見ます。

「シャーロック」を見た時もそうでした。

しかし、なかなか気が付かず、解説本や解説サイトを見て、「へぇ~」と驚くことがかなり多いです。

さらに、そう言う細かいところを見ますので、全体のストーリーがよくわからなかった、と言うことがよくあります。

(まさに「木を見て森を見ず」です)

それでも、このドラマも、オリジナルのパロディー探しをしながら見るでしょう。

おもしろかったら、このブログに感想を書きます。



(動画「『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』 番組紹介」

ディーライフ公式YouTubeチャンネルより)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

JETによるコミック版「シャーロック・ホームズの冒険」の3冊目は買い忘れていた~朝日ソノラマ社

20150613朝日ソノラマシャーロック・ホームズJET画像

(「シャーロック・ホームズの冒険1~バスカヴィル家の犬~」と「シャーロック・ホームズの冒険2~まだらの紐~」)


コミック版のシャーロック・ホームズもののなかに、朝日ソノラマ社(当時)が出した

シャーロック・ホームズの冒険」

があります。

これはJETと言う女性漫画家によって描かれたもので、全3冊出ています。


現在その一部の作品で構成されたものが、コンビニコミックになって、各コンビニエンスストアに並んでいるようです。


朝日ソノラマ社は2007年9月30日に事実上朝日新聞社に吸収合併されました。

そして朝日新聞社は出版部を分社化し、現在は朝日新聞出版となっています。


それはさておき

JETの描くこのシリーズは、男性が描いたもの、と言われてもおかしくないほど骨太で力強いです。

ですから、違和感は持ちませんでした。


私は第一巻のシャーロック・ホームズの冒険1~バスカヴィル家の犬~」と、第二巻の「シャーロック・ホームズの冒険2~まだらの紐~」は買ったのですが、第三巻はこの本のことを書こうと調べ物をするまで知りませんでした。

各巻の収録内容は以下の通りです。

「シャーロック・ホームズの冒険1~バスカヴィル家の犬~」

2006年6月30日

バスカヴィル家の犬

青い紅玉


「シャーロック・ホームズの冒険2~まだらの紐~」

2007年5月30日

まだらの紐

黄色い顔

入院患者

瀕死の探偵


「シャーロック・ホームズの冒険3 ~六つのナポレオン銅像~」

2009年6月5日

六つのナポレオンの胸像

ノーウッドの建築業者

僧房荘園

銀星号事件


「六つのナポレオンの胸像」は、事件解決後のホームズとレストレード警部のやりとりが意味深なので、どう描かれているか、とても興味があります。


全巻少なくともKindle版など電子書籍の形では販売しているようです。

私はここまで紙媒体のものを買ってきましたので、第三巻も紙媒体のものを買おうと考えています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

あおば出版のコミック~「シャーロック・ホームズの新たな冒険」のこと

2006年から2007年まで、あおば出版という会社が、コミック版シャーロック・ホームズの

「シャーロック・ホームズの新たな冒険」

と言うシリーズを出していました。

しかし、2007年7月6日に東京地方裁判所に民事再生法を申請し、今ではなくなったようです。


一人の漫画家が書いたわけではなく、一冊に何人もの漫画家が書いている、いわばオムニバス形式となっています。

絵はBLっぽいです。

(ガチなBLを読んだことがないので、想像で書かせてもらってますが…)

緻密な絵を描かれる方もいれば、粗い方もいます。


発売されたのは全5冊です。

後述しますが、本当は後一冊出る予定でしたが…

ネットをさらっと見たら、新刊で手に入れるのは難しそうです。

マンガ喫茶に行けば、あるかもしれません。


とりあえず表紙の写真と、収録内容を載せておきます。

20150613あおば出版1シャーロック・ホームズの冒険画像

(「シャーロック・ホームズの新たな冒険~四つの署名~」と

 「シャーロック・ホームズの新たな冒険~バスカヴィル家の犬~」)

「シャーロック・ホームズの新たな冒険~四つの署名~」

2006年10月28日

四つの署名

オレンジの種5つ

赤毛同盟

ぶな屋敷

サセックスの吸血鬼

高名な依頼人


「シャーロック・ホームズの新たな冒険~バスカヴィル家の犬~」

2006年12月28日

バスカヴィル家の犬

マスグレイヴ家の儀式

瀕死の探偵

青い紅玉(ガーネット)

犯人は二人

(オリジナル)Mからの贈り物


20150613あおば出版2シャーロック・ホームズの新たなる冒険画像

(「シャーロック・ホームズの新たな冒険~緋色の研究~」と

 「シャーロック・ホームズの新たな冒険~恐怖の谷~」)

「シャーロック・ホームズの新たな冒険~緋色の研究~」

2006年8月5日

唇のねじれた男

緋色の研究

まだらの紐

ボヘミアの醜聞

最後の事件

美しき自転車乗り


「シャーロック・ホームズの新たな冒険~恐怖の谷~」

2007年2月28日

入院患者

恐怖の谷

花婿失踪事件

悪魔の足

隠居絵具屋

(オリジナル)超心理学の夜


20150613あおば出版3シャーロック・ホームズの新たなる冒険画像

(「シャーロック・ホームズの新たな冒険~踊る人形~」)

「シャーロック・ホームズの新たな冒険~踊る人形~」

2007年4月28日

踊る人形

第2の汚点

黄色い顔

白銀号事件

三人ガリデブ

三破風館

(オリジナル)霊媒夫人


そして本当は

「シャーロック・ホームズの新たな冒険~最後の挨拶~」

が2007年6月下旬発売予定でした。

しかし、本屋に行っても発売予定の貼り紙に、これが載っていませんでした。

そこで出版社に電話をして尋ねたところ、民事再生法を申請するので、もう発売できない、と言う答えが返ってきました。

絵には違和感はありましたが、まだまだ読みたいシリーズでした。

特に「最後のあいさつ」グラナダTV版でも実写化されていませんし、他の動画やコミックでも見たことがなかったので、ぜひ読んでみたかったです。

(BBCの「SHERLOCK(シャーロック)」は原作と大きく違いますから…)


私の想像力が乏しいせいか、コミックや実写じゃないと伝わらないこともあります。

「まがった男」があんなに悲しい話しだったのは、グラナダTVで知りました。

「六つのナポレオン」の最後のホームズとレストレード警部との微妙なやりとりもそうでした。

ホームズものではありませんが、フランツ・カフカの「変身」の異常さも、コミックを読んでようやくわかりました。

そういうこともありましたから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

いよいよNHK人形劇「シャーロックホームズ」がレギュラー放送開始、そしてフィギア発売

20141002フィギアのシャーロックホームズ

(ディアゴスティーニ社が販売するフィギアの画像)


来週日曜日、10月12日夕方17時30分から、NHKのEテレで、三谷幸喜脚本の人形劇

「シャーロックホームズ」

の定期放送が始まります。

こちらに内容の一覧がありますが、ここにも書かせていただきます。

NHKオンライン「シャーロックホームズ>ストーリー」へのリンク

第1回 10月12日
「最初の冒険 前編」

第2回 10月19日
「最初の冒険 後編」

第3回 10月26日
「困った校長先生の冒険」

第4回 11月2日
「消えたボーイフレンドの冒険」

第5回 11月9日
「赤毛クラブの冒険」

第6回 11月16日
「生真面目な証人の冒険」

第7回 11月23日
「イヌ語通訳の冒険」

第8回 11月30日
「愉快な四人組の冒険 前編」

第9回 12月7日
「愉快な四人組の冒険 後編」

第10回 12月14日
「失礼な似顔絵の冒険」

第11回 12月21日
「まだらの紐の冒険」

第12回 1月4日
「バスカーヴィル君と犬の冒険 前編」

第13回 1月11日
「バスカーヴィル君と犬の冒険 後編」

第14回 1月18日
「百匹のおたまじゃくしの冒険」

第15回 1月25日
「青いシロクマの冒険」

第16回 2月1日
「ダグラスさんのお屋敷の冒険」

第17回 2月8日
「本当に困った校長先生の冒険」

第18回 2月15日
「最後の冒険」


(第1回~第5回、第11回はすでに放送されたものと同じかと思われます)


放送は毎週日曜日の夕方17時30分から、Eテレで、

再放送が毎週金曜日午前0時(木曜日24時)からだそうです。

また、特集番組が2回あるそうです。

10月5日(日)「放送直前SP 徹底調査!シャーロックホームズ」

12月28日(日)タイトル未定


2.「シャーロックホームズ」のフィギュア付きマガジン

10月9日に、この人形劇のフィギアが、デアゴスティーニ社から発売されるそうです。

デアゴスティーニ『シャーロックホームズ フィギュアコレクション』公式サイトへのリンク

よくある、週刊ものではなく、全三冊が一挙に発売されるようです。

関連するニュースはこちらです。

「三谷幸喜脚本のNHK『シャーロック ホームズ』とコラボ 人気のパペット3キャラクターのフィギュア付きマガジンを10月9日(木)発売」へのリンク

ITmedia「デアゴスティーニ、NHK人形劇「シャーロックホームズ」のフィギュア付きマガジンを発売 」へのリンク

個人的な意見ですが、フィギアの対象として、ホームズとワトソンが選ばれるのはわかるんですが、アイリーン・アドラーはどうかな、と思います。

今のところたった一話の中にしか出てきませんし…

ハドソンさんでは花がないのか…

どうしても女性を入れたかったのかもしれませんが、モリアーティー教頭のほうが良かったかも、とも思うんですが。



3.放送される物語を推測してみる

タイトル名から原作を想像してみました。

すでに放送されている「まだらの紐の冒険」は、原作は「這う人」だそうで、タイトル名だけからは想像できないものもあり、かつ私の記憶の中の作品一覧からの推測なので、あまりあてにはなりませんが(^_^;)

「最初の冒険 前編
 最初の冒険 後編」:「緋色の研究」「六つのナポレオン」

「困った校長先生の冒険」:「ボヘミアの醜聞」

「消えたボーイフレンドの冒険」:「花婿失踪事件」

「赤毛クラブの冒険」:「赤髪連合」

「生真面目な証人の冒険」:?

「イヌ語通訳の冒険」:「ギリシャ語通訳」(マイクロフト登場か?)

「愉快な四人組の冒険 前編
 愉快な四人組の冒険 後編」:「四つの署名」

「失礼な似顔絵の冒険」:「踊る人形」

「まだらの紐の冒険」:「這う人」「まだらの紐」

「バスカーヴィル君と犬の冒険 前編
バスカーヴィル君と犬の冒険 後編」:「バスカビル家の犬」

「百匹のおたまじゃくしの冒険」:?「海軍条約事件」かも

「青いシロクマの冒険」:「青いガーネット」

「ダグラスさんのお屋敷の冒険」:「ぶな屋敷」「マスグレイブ家の儀式」

「本当に困った校長先生の冒険」:?
 
「最後の冒険」:「最後の事件」「最後の挨拶」


中には、いわゆる「書かれざる事件」が原作のもののあるのかもしれません。

なければ、そういうのも作ってほしいな、とも思います。

「自宅へ雨傘を取りにはいったきり、この世から姿を消してしまったジェームズ・フィリモア氏の話」

とか、ものすごく興味があります。

「発表されなかった事件」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「パブ・シャーロック・ホームズ」の開催延長情報と行ってみた情報~ただし私のではない

20140824外観パブ・シャーロックホームズ

(「パブ シャーロック・ホームズ」の入口:twitterからの拾いもの)

東京神田にある早川書房1Fの「カフェ クリスティ」が、8月29日まで期間限定で「パブ シャーロック・ホームズ」として営業することになっていましたが、このたび期間が9月12日(金)まで延長されることが発表されました。

しかも、これまでは平日のみの営業でしたが、土曜日も短い時間ながら営業してくれるそうです。

詳細はこちらをどうぞ。

ハヤカワ・オンライン「大好評につき「パブ・シャーロック・ホームズ」9月12日(金)まで期間延長決定!!」へのリンク

これまでは、平日は仕事が夜まで入っていいて無理、と諦めていた私ですが、これなら行けそうな気がする、と考えています。

ただ、延長するまで好評ということは、土曜日はきっと混雑するんだろうな、と言う不安もありますが…

この機会を逃す手はない、と前向きに考えています。


一番の狙いは「ホームズ・トリヴィアクイズ」で成績優秀者の「認定書」を得ることです。

私はこれまでシャーロック・ホームズに関することを何度も書いてきましたが、自分のことをシャーロキアンと言うほどでもないですが、読んだことがある程度の人よりは知っている「マニア」だと思っております。

そのレベルが正しいかどうか確認してみたいのです。


さて、ここからは、「パブ シャーロック・ホームズ」へ足を運ばれたからいただいた情報をもとに、

「パブ・シャーロック・ホームズ」訪問記

を書いておきます。

2回にわたって情報をいただいたので、うまくまとめられるかわかりませんが…


まず場所。

神田駅のすぐ近くなんですが、路地に入ってすぐの何の変哲もないビルなので、ちょっとわかりにくいかもしれないとのことです。

今はスマホとナビアプリがあればそう苦労しないと思いますし、最悪電話をかければ案内してくれるものと考えています。

住所は

千代田区神田多町2-2
第三ハヤカワビル1F
カフェ クリスティ(電話03-3258-3800)

だそうです。


店内にはホームズのグッズが並び、壁には映像化関連のポスターがずらりと貼られ、メニューにはイギリス料理が追加され、ビートルズがBGMにかけられているそうです。

これもtwitterからの広いものですが、壁はこんな感じです

20140824壁の写真パブ・シャーロックホームズ

リクエストすれば、ホームズのコスプレで記念撮影もできるそうです。

この写真はSNSのアイコンで使えそうで嬉しいです。

着席するとホームズ・トリビア・クイズを渡されて、それを解いて高得点(10問中7問以上正解)をマークすると、記念品をもらえることになっているそうです。

前述の、成績優秀者に「認定書」が渡されるサービスのことでしょう。

なおその方は、通常メニューのパンケーキをオーダーされたそうですが、これが大変おいしかったそうです。


最近では予告映像(カンバーバッチ版や人形劇の)も流し始め、。BGMとしてシャーロック・ホームズ関連のサントラが流れているそうです。

人形劇とは先週NHKで放送された、三谷幸喜によるものでしょう。

あれはパスティシュやオマージュとして、本当におもしろいです。


そしてこちら、ベーカー街221Bを再現したミニチュアハウス。

20140824221bパブ・シャーロックホームズ

暖炉の奥にどくろがあるところをみると、オリジナルのシャーロック・ホームズの部屋ではなく、BBCの「SHERLOCK」のものでしょう。


なお、その方はメディアで紹介されている例として、こちらの記事を紹介してくれました。

ITmedia「これは事件だよ、ワトスンくん――神田に現れたシャーロキアン待望のパブで英国気分を満喫してきた」へのリンク


書いているうちにだんだんテンションがあがってきました。

無理してでも行かないと、後悔しそうだと感じてきました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

三谷幸喜の「シャーロック・ホームズ」(NHK)、8月の放送予定




3月にNHKで放映された、三谷幸喜が脚本を書いた人形劇

シャーロック・ホームズ

の続編が、今月放送されます。

予定は以下の通りです。

いずれもNHK総合テレビでの放送となります。

8月19日(火)19時30分~  第4回 「消えたボーイフレンドの冒険」

8月20日(水)19時30分~  第5回 「赤毛クラブの冒険」

8月21日(木)19時30分~  第6回 「まだらの紐の冒険」


私の推測ですが、原作となるコナンドイルの作品は、放映順に

・「花婿失踪事件」または「スリークォーターの失踪」

・「赤髪連盟」

・「まだらの紐」

2作目と3作目はそのまんまでしょう。

ただし、1~2作目の「最初の冒険」が、「緋色の研究」のほかに、「六つのナポレオン」のことも取り込んでいましたから、タイトルから想像できる作品以外の要素も取り込まれているかもしれません。

そう言うのを見つけるのが、原作のファンの楽しみでもあります。


春の放送は想像以上のおもしろさでしたので、今回も見て、感想を書きたいと考えています。

再放送もあるそうで、詳細は

NHK「シャーロック学園」

に書いてありますが、ここにも記載させてもらいます。

いずれもNHK総合テレビでの放送となります。

8月14日(木)12時20分~ 第1回 「最初の冒険 前編」

8月18日(月)12時20分~ 第2回 「最初の冒険 後編」

8月19日(火)12時20分~ 第3回 「困った校長先生の冒険」 

8月20日(水)12時20分~ 第4回 「消えたボーイフレンドの冒険」

8月21日(木)12時20分~ 第5回 「赤毛クラブの冒険」  

8月22日(金)12時20分~ 第6回「まだらの紐の冒険」

twitterの

「シャーロック学園」(@sherlockgakuen)

をフォローしておくと、情報が入ってくると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【SHERLOCK(シャーロック)】第3シーズンがいよいよ開始なので、いくつか情報を



(「「SHERLOCK(シャーロック)3」&「シャーロック・ホームズの冒険」ここが見どころ!」

 と言う動画)



いよいよ今週末から

「SHERLOCK(シャーロック)」

の第3シーズンと関連番組が、毎週末放送されます。

そこでいくつか情報を書いておきます。


1.第3シーズンのスケジュール

1)「空の霊柩車(The Empty Hearse)」2014年5月24日(土)午後9時00分~10時30分

正典の「空き家の冒険(The Adventure of the Empty House)」をモチーフとしたものだそうです。

正典ではホームズは古本の行商としてワトソンの前に現れますが、今回はどういう形で現れて驚かせるのか、楽しみです。


2)「三の兆候(The Sign of Three)」2014年5月31日(土)午後9時00分~10時28分

正典の「四つのサイン (The Sign of the Four)」をモチーフとしたものだそうです。

正典では事件解決後にワトソンは結婚しますが、今回はいきなり結婚から始まるようです。


3)「最後の誓い(His Last Vow)」2014年6月7日(土)午後9時00分~10時30分

正典の「最後の挨拶 (His Last Bow)」のモチーフであることは簡単に想像できますが、「犯人は二人 (The Adventure of Charles Augustus Milverton)」のモチーフでもあるそうです。

ちなみに私のこのブログですが、6年前に始めた時、最初の記事のタイトルを

「My First Bow」

とさせてもらいました。


いずれもBSプレミアム(103ch)で放送されます

詳細な情報はこちらでどうぞ

NHK「SHERLOCK(シャーロック)3」公式サイトへのリンク


2.関連番組

第3シーズンが始まる前の週、

「徹底解明!SHERLOCKの秘密」

と言う特集番組があります。

2014年5月18日(日)深夜00時30分~01時28分で、こちらもBSプレミアム(103ch)で放送されます。

こちらに情報があります。

NHK「徹底解明!SHERLOCKの秘密」へのリンク

出演者へのインタビュー、ホームズの映像化の歴史、と言う内容のほか、私が最も注目しているのは

「原作と『SHERLOCK』を徹底比較!」

と言うコーナーです。

もともとシャーローック・ホームズのファンだった私は、「SHERLOCK」に原作がどのような形で取り入れられているかを追って見ています。

(だから、ストーリーは覚えてないものもあります。)

ですから楽しみなのです。

ちなみにこの番組はBBCが制作したもののようですが、原題は

「Unlocking Sherlock」

と言うのだそうです。

「Unlock Holmes」

ならもっとおもしろかったと思うのですが。


3.動画

「NHKどーがステーション」で

「エピソード・ゼロ:幸せな人生を」

と言う動画が公開されました。

こちらです。

シーズン2とシーズン3とを結ぶ動画のようです。



関連記事はこちらです。

シネマトゥディ「「SHERLOCK(シャーロック)」第3シーズン エピソード・ゼロ字幕版が公開中!」へのリンク

なお、正典にはホームズは帰還するまでに、チベットに行ったり、ノルウェーの探検家として手記を発表shていた、との記述があったと思います。

また、研究家の中には、帰還後のホームズは別人である、との説を唱える人もいたと記憶します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「踊る人形」を思い出させる、米政府にフォント変更で経費節減を申し立てた少年のアプローチ

「(CNN) 米ペンシルベニア州ピッツバーグの中学生スヴィア・マーチャンダニ君(14)が、文書を印刷する際に使用する文字書体(フォント)を変えるだけで、ごみの削減とコスト節約を同時に実現できる、との画期的な研究結果を発表し、注目を集めている。」

CNN「フォント変えれば数百万ドルの節約に、米14歳が政府に提言」より
http://www.cnn.co.jp/usa/35045853.html

つまり、字体(フォント)を変えると経費節減になる、と言うことだそうです。

内容より、そのことを14歳の少年が研究し、米政府に提言したことが話題になっているように感じます。


ところでこの記事の中で

「スヴィア君は、教師が配るプリントのサンプルを集め、最も頻繁に使用される5文字(e、t、a、o、r)に着目した。そして各文字が、ガラモン、タイムズ・ニュー・ローマン、センチュリー・ゴシック、コミック・サンズの4つの書体でどのくらいの頻度で使用されているかを図表にし、市販のソフトを使って各文字に使用されるインクの量を調べた。さらに、異なる書体で書かれた同じ文字を拡大印刷し、各書体で使用されるインクの量をグラフ化した。」

という部分がありました。


これを読んで、シャーロック・ホームズの短編小説「踊る人形(The Adventure of the Dancing Men)」のある一部を思い出しました。

人の形をした絵文字の暗号を、ホームズが解いていく中で、彼はこう語っています。

「お気づきのように「E」は英語のアルファベットで最も頻出する文字であり、著しく他に抜きん出ているので短い文の中でも最も多く 見られると思ってもいいでしょう。
(中略)
 Eに続く英語の文字の順位は決して明白では なく、印刷物の平均値に何らかの優位が見られたとしても、短い文章一つではそれが逆になるかもしれません。 大雑把に言うと、「T、A、O、I、N、S、H、R、D」が文字の現れる順位です。」


スヴィア君は経費削減、ホームズは暗号の解読と、目的は違いますが、英語で最も多用される「E」を重視したところが共通してておもしろいな、と思いました。


「E」に続いて多用される文字として、「T、A、O」が共通して認識されているのも興味深いなと思いました。

ホームズものはイギリスで書かれたものであり、スヴィア君はアメリカに住んでいます。

英語と米語の違いは、発音においては特に顕著ですが、スペルなどでも違いがあります。

また、100年ほどの時代の差があり、その間には十分に新語ができたり、いいまわしの変化などがあったと思うのですが、根幹で使われる文字はそんなに変わってないんだな、と思いました。


それにしてもヴィア・マーチャンダニ君、あっぱれです。


ところで日本語のひらがなで最も多用されるのはなんなのか気になりました。

なんとなく助詞、「は」「が」「を」とか「の」が多用されているように思えるのですが…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~