ユーザータグ : パッカーズの記事 (1/1)

阪神戦を見る練習 ブレット・ファーブ、グリーンベイパッカーズと対戦

古巣パッカーズと敵地グリーンベイで初対戦するバイキングスのQBファーブ
(ブレット・ファーブ NFLJAPANのサイトより)

【注意:試合結果を載せています】

2003年、私は福岡ダイエーホークスのメーリングリストに、

城島健司とブレット・ファーブは、なんとなく雰囲気が似ている」

と書いた覚えがあります。

城島は当時福岡ソフトバンクホークスに、ファーブグリーンベイパッカーズと、私が最も好きなプロ野球とアメリカンフットボールのチームに在籍していました。

この大好きな2人が、大好きなチーム以外でプレイするなんて、考えてもいませんでした。

しかしそれが現実のものとなりました。


さて、昨日全米が注目するアメフトのゲームが行われました。

ファーブが属するミネソタバイキングスが、パッカーズの本拠地、グリーンベイで古巣と対戦したのです。


グリーンベイは、フットボールがなければアメリカ人ですら知らなかっただろう、と言われるほどの小さな田舎町ですので、フットボールと生活が密着しています。

その熱さはちょっと想像がつきません。

そんなところで16年間プレイし、町にスーパーボウルチャンピオンの栄誉を取り戻し、町の顔として君臨し続けた英雄が、敵として初めてやってくるのです。

ですから、この対戦は全米注目な訳です。


試合は26-38で、パッカーズがバイキングスで敗れました。

内容については、「NFLJAPAN」や「PackerZone」などが詳しいと思います。

ここでは、ホークスファンであり、かつパッカーズファンの私でしか書けない気持ちを書きます。


今朝未明に録画放送があったので、それを見たわけですが、その前から結果は知っていました。

パッカーズは猛烈な追い上げを見せたものの、バイキングスに敗れてしまったことを。

私が知る限り、一旦引退を発表したファーブは、パッカーズに戻ることを熱望したものの、パッカーズがそれを許さなかったので、他チームでプレイせざるを得なくなったのです。

ですから私はいまだに彼の大ファンです。

家にある彼のジャージ、フィギア、シャツを捨てる気にはさらさらなれません。

だから、この試合、ファーブには頑張ってほしいのですが、勝つのはパッカーズ、と言う風に終わって欲しかったです。

彼がインターセプトを連発して負ける、と言うのはちょっとやめてほしかった。

彼が孤軍奮闘するものの、パッカーズが勝つ、これが理想のシナリオでした。

しかし結果は、今月40歳になる彼は、昔の彼以上の力を出し、またバイキングスの他の選手も力を発揮して、パッカーズは敗れました。

負けたのは悔しいです。

でも、どちらかと言えば、と言う程度です。

ネットを見ると、パッカーズのファンの方は、ファーブが来るこの試合だけは負けたくない、と言う人もいます。

でも、ファーブだからいいや、と言うのが私の正直な気持ちです。

この試合、ファーブは客席から驚異的なブーイングで迎えられました。

しかし、観客は本心からブーイングしたんでしょうか?

中にはそう言う人もいたでしょうが、私と同じような気持ちの人もいたと思います。


パッカーズの本拠地、ランボーフィールドに立つ彼には、何も違和感は感じませんでした。

アウェイの白いジャージを着ていたからかもしれません。

逆にパッカーズのQBで、ファーブの後継者のアーロン・ロジャースを見ると違和感を感じました。

ファーブがいるのに何でロジャースが試合に出てるの?

いや、頭ではわかっているんですが、心はそんな感じでした。

最初の数シリーズで、心も慣れてきましたが。


私がファーブの活躍を不快に感じないのは、ロジャースがちゃんと育ったことが大きいと思います。

あ~、ここでファーブがいたらなぁ、とは全然思わせない成長ぶりで、逆にファーブにはない脚力があるからいいや、とも思えます。

何といってもファーブと違って波がない。

危険なシチュエーションで、山なりのパスを投げると言うのは、心理的にかなり難しいと思うのですが、それもちゃんとできています。

立派な後継者が育っていますから、ファーブには何の文句もないのです。

ただ、QBの仕事は、パスを投げることではなくて、チームを勝利に導くことです。

ロジャースにはまだ、その点が欠けていると思います。

パッサーとしては、一流以上です。

でもQBとしては、去年と違って取りこぼしがなくなった分はいいのですが、アップセットを起こせるほどの力がまだないと思います。

考えてみれば、ファーブが率いたパッカーズは、ハイリスク・ハイリターンなチームでした。

大物食いもあったけど、取りこぼしも少なくありませんでした。

その点、ロジャースのチームは、ローリスク・ローリターンだと言えるかもしれません。

16年もハイリスク・ハイリターンにつき合ってきましたから、今はしばらくロジャーズの方が好ましく思えます。

そのうち、物足りなくなるかもしれませんが。


最後に城島のことを。

城島のことはふっきれてはいるのですが、交流戦で阪神とあたったら、そうはいかないでしょう。

ファーブと違って、城島には古巣に戻るチャンスがありました。

でも、城島の人生は、彼自身の問題ですから、文句はないです。

悲しいですけどね。

でも、ロジャースのように、田上が城島をしのぐようになれば、それも楽しく思えるでしょう。

打撃はもう大丈夫だから、後はとりあえずは盗塁阻止力の向上を。

インサイドワークは、投手やベンチに頼ってもいいから。

頑張れ田上。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

いよいよこれから、グリーンベイ パッカーズ 対 ブレット・ファーブ (試合結果はありません)

勝負ネクタイ
(今日はパッカーズカラーのネクタイで勝負です)


あと4時間ほどで今週のマンデー・ナイト・フットボールが始まり、グリーンベイ パッカーズがミネソタ バイキングスと対戦します。

いよいよパッカーズブレット・ファーブが闘う訳です。

このカードは、おおかたのアメリカンフットボールのファンの間では注目されているものです。

と言うのは、現役ながら、もはや記録にも記憶にも残るQBとなったファーブが、彼が16年間所属したパッカーズと闘うからです。

先月NFLが開幕する前、開幕特別番組でこのカードの特殊性を解説者と芸人のパックンが熱く語っていましたが、MCの局アナの女性(アメフトは素人)が
「選手一人でそんなに大騒ぎになるんですか?」
と驚いていました。

その通りです。

今回は本当に特別なゲームなのです。


では、どう特別なのか?

ブレット・ファーブは、1992年にパッカーズに入団して、2007年シーズンまでチームを率い、スーパーボウルに勝ち、また、数々の記録を残してきました。

そして去年の3月、おおかたの予想を覆して引退。

引退会見では、彼は涙を流していました。

これにより、パッカーズは新しいQB、アーロン・ロジャースを中心に、チームや作戦の構成を始めました。

しかし去年7月ごろ、ファーブはやっぱりプレイをしたいと言うことで、パッカーズへ復帰する旨を連絡します。

しかしもはやロジャース中心のチームを作っていたパッカーズは、ロジャースの控えであればOKと回答します。

先発を熱望していたファーブと話しあった結果、パッカーズと対戦のないニューヨーク・ジェッツへ彼が移籍します。

そしてジェッツでひとシーズン過ごしたあと、この春再びファーブは引退。

理由は肩の怪我と伝えられていましたので、今年40歳になることもあって、これで彼のキャリアは終わったと考えられました。

しかし5月頃から、またも復帰したいという発言が。

すったもんだの末、今回はパッカーズと2度の対戦がある、ミネソタ・バイキングスで、ファーブは復帰しました。


詳しく書きますと、もっともっと泥臭い話しがあるのですが、こう言う経緯で、ファーブが動いてきたため(あるいは、動かされてきたため)、今日のゲームは特別なものとなったのです。


本人は否定していますが、ファーブにはパッカーズのフロントに対する恨みがあると言われています。

また、長く彼を応援してきたグリーンベイの人たちの中には、よりにもよってミネソタに入団したファーブのことを不愉快に思っている人もいるようです。


私はと言いますと、裏側のドロドロしたことはともかく、20年間応援してきたパッカーズと、そのチームを長く支えてきたファーブとの対戦は楽しみでした。

ファーブが好きでパッカーズのファンになった人は少なくないと思いますが、私はその前からファンでしたので、どちらをとるかと言いますと、迷わずパッカーズをとります。

ただ、ファーブは特別な選手ですので、彼にも頑張ってほしいです。

頑張ってほしいんですが、それを許さないパッカーズのパフォーマンスを期待したいのです。

ですから、ファーブの健闘も虚しく、パッカーズが勝利する、と言うのが理想の結末です。


エイドリアン・ピーターソンに走りまくられてパッカーズ敗戦、と言う結末だけは勘弁して下さい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~