ユーザータグ : ファイターズの記事 (1/1)

【ファイターズ】2016CS制し日本シリーズ進出決定~栗山監督が大谷を最後に登板させたことについて

昨日の2016パ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、北海道日本ハムファイターズは7-4で福岡ソフトバンクホークスに勝ち、日本シリーズ進出を決めました。

1回表に4点を取られたのを逆転したもので、まるで11.5ゲーム差をひっくり返したペナントレースを凝縮したようなゲームだったと思います。

北海道日本ハムファイターズとファンのみなさん、おめでとうございます。



私はブルーレイディスクの不具合と闘いながら、9回表のファイターズの最後の守りを見ました。

マウンドにいたのは大谷翔平投手。

この試合3番DHでスタメンしていましたが、それを解除しての登板でした。

「え?ここで3点差ひっくり返されたらどうするんだろう?

明日は先発投手大谷で行けなくなるんじゃないか。」

と驚きました。


第3戦でセーブをあげたバース投手は、この試合ですでに使っていました。

抑えのマーティン投手は、第2戦で失敗していましたが…ほかの監督ならマーティン投手で行くと思います。

第2戦に足を絡められて攻略されたのはたまたま、マーティン投手には今後も投げてもらわなければならない。

ここでマーティン投手を使わなかったのは、今後の信用問題にかかわるかもしれません。

(でも、まだマーティン投手で大丈夫だと思っていたなら、第3戦でバース投手は使わなかったでしょう)

それか、何かほかの理由、例えば負傷とかががあってマーティン投手が使えなかったのか…


私は、やはりシーズンMVP候補最有力の大谷投手でゲームを締めくくりたいという「ロマン」をかなえたかったのだと思います。

ファイターズがリーグ優勝を決めた翌日、私は

栗山監督のことを「ロマンチスト」じゃないかな、と書いて、

「大谷選手を投手として起用し、リーグ優勝を決める、と言うできすぎたストーリーを完結させることに、「ロマン」を感じていたんじゃないか」

ということをこのブログに書きました。

それがこちらです

「【ファイターズ】4年ぶり7度目のリーグ優勝~栗山監督の「執念」と言うより…」へのリンク

今回も、栗山監督は、大谷投手で締めくくるというロマンを達成させたんじゃないかなと思います。

と言いますか

そう思いたいです。


では大谷投手が打たれて逆転負けとなったらどうなっていたのか。

それはわかりませんが、それでも第6戦の最後のマウンドには、大谷投手がいたと思います。


20161017大谷165キロ


さて、22日(土)の日本シリーズですが、当然初戦は大谷投手でしょう。

ペナントレース、CSとロマンをかなえてきた栗山監督の2016年のストーリーは完結するのか…



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】なんやかんや言っても、川島の活躍がしばらく見れない、と言う事実は残った

4月3日(日)の対北海道日本ハムファイターズ戦で起きた、田中賢介選手と、福岡ソフトバンクホークスの川島選手の交錯について。

あのプレイはどう受けていいものか、解釈に困ってます。

ホークスファンとしては、なんてことしやがるんだ、と思うのですが、出来るだけ客観的に考えないと、と思ってます。

今後、野球を見ることに影響してきますから。

本当に腹立たしいラフプレイなのか、それとも許容のうちなのか…

いくつか記事を読みましたが、結論は出ません。


しかし、これだけは言いたい、と言うのが3件ありますので、書いておきます。


1.審判には、プレイの解釈の方向性を徹底しておくべきではないか

審判にとっても、白黒つけられないグレイな状況があると考えます。

日曜のプレイはまさにそれだったかもしれません。

今、球界は「コリジョンルール」を導入したように、負傷の防止の方向に進んでいると思われます。

そう言う方向に進んでいるのなら、開幕前にそのことを徹底し、迷ったら危険なプレイはアウトにする、と言う意思統一をしておかないといけないと考えます。

もはや、審判はその場のプレイだけをさばけは良い、と言う時代ではないと感じます。

自分の判定が前例として残ることを強く意識しないと。

あのプレイが明確に危険なプレイではない、と言うなら話しは別ですが。


2.栗山監督の「言ってはいけない」と思うこと

試合後、栗山監督は田中選手をほめました。



この件はネットでかなり批判を浴びているようです。

監督として選手をかばうのはわかるが、負傷退場している選手がいるのに、ここまで言うことはないだろう、と。

たしかにそうだとも思いますが、私が残念なのは

「どこにスライディングしたか細かいところは見ていないが」

と言うひと言。

けが人が出た状況で、確認せずにものごとを語るのは、一軍の将としてどうかな、と思うのですが。

これでは、衝撃的なツイートを、信ぴょう性があるか確認せずにリツイートする人達と一緒ですわ。


3.今はただ川島選手の復帰を祈る

川島選手は、やはり重症でした。

受傷部位固定3週間で、全治は未定だそうです。

オールスター前の復帰は厳しいかもしれません。



もともとケガには強くない選手ですが…

ここまで、ホークスじゃない人達を批判することを書いてきましたが、川島選手のプレイがつたなかった、と言う意見もあります。

それもプロの選手たちが言っているようです。

よけ方が下手だと。

それはそれで謙虚に受け止めましょう。

そして、川島選手には、じっくりと治してもらい、万全の身体と、いつも通りの明るさで戻ってきてほしいです。

そして、今後はヘタクソと言われないようなプレイをしてもらいましょう。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】大谷翔平選手が大物なのはフィジカルだけではなかったことに驚く



(プロ初ホームランを打った日の、大谷翔平先週のインタビュー動画)


北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、7月10日にプロ入り初ホームランを放ちました。

プロ92打席目の出来ごとになるそうです。

驚いたのはヒーローインタビューです。

上掲の動画の中にあるのですが、インタビュアーに

「プロ初ホームランが92打席目となりましたが、これは遅かったと思いますか?

 それとも早かったと思いますか?」

と尋ねられ

「遅かったかなと思います」

と答えたことです。


どれだけ高い所に目標を置いているのかを思い知らされ、これはすごい、と思いました。

高卒ルーキーが、野手として開幕からほぼレギュラーで出ていることすら驚異的なことなのに、投手としてもある程度成績を残しています。

これだけでも、ふつうは目標を達成した、いや達成しすぎたと満足するかと思います。

ですが、大谷選手は、もっともっと打たないと、と考えているようです。

大谷選手がフィジカルに優れている、大ざっぱにいえば技術的に優れているのは、これまで残した成績で十分にわかります。

ですが、メンタルと言いますか、精神的にもこれだけたくましいことに驚きました。

逆に言いますと、精神的にこれだけのものを持っているから、これだけの成績を残しているのでしょう。

今となって考えますと、ファイターズが大谷選手をドラフトで指名したのは正解で、栗山監督など現場の起用方針も、最善かどうかはわかりませんが、いい方向を向いていると思います。

読売新聞「大谷翔平「やっとか、という感じ」プロ初本塁打」へのリンク

YouTube「出た出た出た!大谷、92打席目でついにプロ初ホームラン!」へのリンク


残念なのは、大谷選手が昨日負傷したことです。

毎日新聞「日本ハム:大谷、右頬骨不全骨折 練習中に打球が直撃」へのリンク

3日間安静にすれば何とかなるという話ですが、投手起用が予想されていたオールスター戦への出場は微妙となったそうです。

私の応援する福岡ソフトバンクホークスには、開幕前に頭蓋骨陥没の大負傷を負いながらも、交流戦MVPと6月の月間MVPを獲得し、キャリアハイの成績を残し続けている長谷川選手がいます。

大谷選手やファンの方々にも、そういう良い見本があることを思い出して、希望を失わないでほしいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~