ユーザータグ : ファーブの記事 (1/1)

阪神戦を見る練習 ブレット・ファーブ、グリーンベイパッカーズと対戦

古巣パッカーズと敵地グリーンベイで初対戦するバイキングスのQBファーブ
(ブレット・ファーブ NFLJAPANのサイトより)

【注意:試合結果を載せています】

2003年、私は福岡ダイエーホークスのメーリングリストに、

城島健司とブレット・ファーブは、なんとなく雰囲気が似ている」

と書いた覚えがあります。

城島は当時福岡ソフトバンクホークスに、ファーブグリーンベイパッカーズと、私が最も好きなプロ野球とアメリカンフットボールのチームに在籍していました。

この大好きな2人が、大好きなチーム以外でプレイするなんて、考えてもいませんでした。

しかしそれが現実のものとなりました。


さて、昨日全米が注目するアメフトのゲームが行われました。

ファーブが属するミネソタバイキングスが、パッカーズの本拠地、グリーンベイで古巣と対戦したのです。


グリーンベイは、フットボールがなければアメリカ人ですら知らなかっただろう、と言われるほどの小さな田舎町ですので、フットボールと生活が密着しています。

その熱さはちょっと想像がつきません。

そんなところで16年間プレイし、町にスーパーボウルチャンピオンの栄誉を取り戻し、町の顔として君臨し続けた英雄が、敵として初めてやってくるのです。

ですから、この対戦は全米注目な訳です。


試合は26-38で、パッカーズがバイキングスで敗れました。

内容については、「NFLJAPAN」や「PackerZone」などが詳しいと思います。

ここでは、ホークスファンであり、かつパッカーズファンの私でしか書けない気持ちを書きます。


今朝未明に録画放送があったので、それを見たわけですが、その前から結果は知っていました。

パッカーズは猛烈な追い上げを見せたものの、バイキングスに敗れてしまったことを。

私が知る限り、一旦引退を発表したファーブは、パッカーズに戻ることを熱望したものの、パッカーズがそれを許さなかったので、他チームでプレイせざるを得なくなったのです。

ですから私はいまだに彼の大ファンです。

家にある彼のジャージ、フィギア、シャツを捨てる気にはさらさらなれません。

だから、この試合、ファーブには頑張ってほしいのですが、勝つのはパッカーズ、と言う風に終わって欲しかったです。

彼がインターセプトを連発して負ける、と言うのはちょっとやめてほしかった。

彼が孤軍奮闘するものの、パッカーズが勝つ、これが理想のシナリオでした。

しかし結果は、今月40歳になる彼は、昔の彼以上の力を出し、またバイキングスの他の選手も力を発揮して、パッカーズは敗れました。

負けたのは悔しいです。

でも、どちらかと言えば、と言う程度です。

ネットを見ると、パッカーズのファンの方は、ファーブが来るこの試合だけは負けたくない、と言う人もいます。

でも、ファーブだからいいや、と言うのが私の正直な気持ちです。

この試合、ファーブは客席から驚異的なブーイングで迎えられました。

しかし、観客は本心からブーイングしたんでしょうか?

中にはそう言う人もいたでしょうが、私と同じような気持ちの人もいたと思います。


パッカーズの本拠地、ランボーフィールドに立つ彼には、何も違和感は感じませんでした。

アウェイの白いジャージを着ていたからかもしれません。

逆にパッカーズのQBで、ファーブの後継者のアーロン・ロジャースを見ると違和感を感じました。

ファーブがいるのに何でロジャースが試合に出てるの?

いや、頭ではわかっているんですが、心はそんな感じでした。

最初の数シリーズで、心も慣れてきましたが。


私がファーブの活躍を不快に感じないのは、ロジャースがちゃんと育ったことが大きいと思います。

あ~、ここでファーブがいたらなぁ、とは全然思わせない成長ぶりで、逆にファーブにはない脚力があるからいいや、とも思えます。

何といってもファーブと違って波がない。

危険なシチュエーションで、山なりのパスを投げると言うのは、心理的にかなり難しいと思うのですが、それもちゃんとできています。

立派な後継者が育っていますから、ファーブには何の文句もないのです。

ただ、QBの仕事は、パスを投げることではなくて、チームを勝利に導くことです。

ロジャースにはまだ、その点が欠けていると思います。

パッサーとしては、一流以上です。

でもQBとしては、去年と違って取りこぼしがなくなった分はいいのですが、アップセットを起こせるほどの力がまだないと思います。

考えてみれば、ファーブが率いたパッカーズは、ハイリスク・ハイリターンなチームでした。

大物食いもあったけど、取りこぼしも少なくありませんでした。

その点、ロジャースのチームは、ローリスク・ローリターンだと言えるかもしれません。

16年もハイリスク・ハイリターンにつき合ってきましたから、今はしばらくロジャーズの方が好ましく思えます。

そのうち、物足りなくなるかもしれませんが。


最後に城島のことを。

城島のことはふっきれてはいるのですが、交流戦で阪神とあたったら、そうはいかないでしょう。

ファーブと違って、城島には古巣に戻るチャンスがありました。

でも、城島の人生は、彼自身の問題ですから、文句はないです。

悲しいですけどね。

でも、ロジャースのように、田上が城島をしのぐようになれば、それも楽しく思えるでしょう。

打撃はもう大丈夫だから、後はとりあえずは盗塁阻止力の向上を。

インサイドワークは、投手やベンチに頼ってもいいから。

頑張れ田上。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

夫としての、ブレット・ファーブの魅力

NFLも乳がん撲滅へ
(今月はNFLの乳がん啓蒙月間のようです)

アメリカンフットボールに興味がない人にとっても、ちょっといい話だと思います。

ブレット・ファーブと言う選手がいます。

この選手は、記録だけではなく、記憶にも強烈に残ると思われる選手です。

「アメリカ人で、ファーブの事を悪く言う人はいない」
とまで言われた人です。

選手としての魅力を書き始めたらキリがないのですが、今回は別件です。


5年ほど前から、ファーブは髪の毛をバッサリ切って、坊主のような髪型にしました。

なぜか?

それは、夫人ががんにかかって、薬の副作用で髪の毛が抜けたので、一緒に闘病する、と言う意味をこめて、髪の毛を切ったそうです。


一時は離婚の危機もあったようですが、とにかく、ファーブはこう言う男ですから、彼がライバルチームに移っても、なんとなく応援してしまうのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]

杉山愛 引退

杉山愛 引退
(母・芙沙子さん(左)の話を聞いてる途中で、思わず涙ぐむ杉山愛

テニスの杉山愛選手が引退を発表しました。

なんとなく、彼女の辞書には「引退」の文字がないように思えたので、ちょっと驚きました。

「納得できるパフォーマンスをするには追い込んだトレーニングをしなくてはいけない。でも来季を考えたとき、気持ち的にも体力的にも無理だと思った」

これが引退の理由だそうです。

(たしか去年の春、ブレット・ファーブもこんなことを言っていたような気がします。)

彼女の、四大大会女子シングルスの62大会連続出場は、世界記録だそうです。

他にももっとすごい選手が記録を持っているような気がしますが、そう言えば女子テニスって、早熟でも若いうちに引退したり、休養することが多い気がしますから、それを考えると納得です。

以前も書いた気がしますが、彼女のすごいところは、シングルスでは一流の選手でしかないのに、ダブルスでは超一流の成績をおさめるところだと思います。

この、「1+1=3」になるような不思議な力は一体何なんだろう、と思うのです。

一人ではないことに、自分自身が力を発揮するのか、それともパートナーの力を引き出すのがうまいのか、どちらかなんでしょうが、後者だとしたら、将来はいい指導者になれると思います。

私にとっては、彼女の試合を現地に見に行くどころか、彼女のためにテレビのチャンネルを変えることもしないぐらいの存在なのですが、彼女の戦績を見るのはとても好きでした。

ですから、引退は残念です。

精神的に手持無沙汰になって、またプレイしたくなったら、いつでも戻ってきてほしいと思います。

とりあえずは、お疲れ様でした。

ありがとうございました。

(追記として、彼女と反対の例を書いてみました
 気が向かれたら、「続きを読む」をクリックしてください)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]