FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


「【#02】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:コージとフットボール」2018年4月10日に配信された内容について~NFLライフじゃなかったけど…



昨日、2018年4月10日配信された動画

「【#02】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:コージとフットボール」

のことを書きます。

配信サイトは上のツイートにもありますが、ちょっとわかりにくいかもしれないので、リンクを貼っておきます。

NFL JAPAN「【#02】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:コージとフットボール」へのリンク

完璧に言葉を書き起こすのはできませんが、意味を外さない程度の言葉で書きます。


今回は南の島のリゾートホテルのロビーにあるようなソファーに座ってのトークでした。

驚いたのは、サブタイトルからもわかるように

「僕とフットボールの出会いについて語ります。」

と言う言葉から始まったこと。

えっ、NFLのことじゃないの?

とちょっと驚きましたが、コージさんのキャリアで、これまで語られなかったことも聴けるかと思いましたので、期待できました。

いくつか知らないことが聴けて良かったです。

後で知ったのですが、内容がNFLのことじゃないのは、事前にインスタグラムに書かれてました。



「NFLへの思いをオマハしてもらう・・・はずが、フットボールとの出会いを話すうちに、ついつい盛り上がり・・・」

と言うことだったんですね。

それにしても、このオマハの使い方がおもしろいなぁ、と思います。

「オマハする」とか、本来NFLで使われていた内容とは違うと思うんですけど…

この使い方はアリだと思います。

(そう言えば2010年の1月にオードリー春日さんが脚を骨折して、「オードリーのオールナイトニッポン」を休んだ時、若林さんは番組の頭で

「春日さんが、脚をトゥースしてしまいまして」

と言ってました。)

「オマハ」、流行ればいいなぁ…


いくつか気になったことを「だいたい」こんな感じ、程度でオマハしておきます。


1.「ラインと言うポジションだったんで、今でもうまくボールを投げられません」

楕円の形をしたアメフトのボールを、狙ったところに綺麗に回転させて投げるのは、とても難しいことです。

握り方と、回転のかけ方を覚えて、そして練習を繰り返さないと、いけないようです。

コージさんがアメフト選手だったのに、うまく投げられないと言っているのを不思議に思う人もいるかもしれません。

しかし本人が言っている通り、(ディフェンス)ラインと言う、タックルするのが本業のポジションだったからで、ボールを上から投げる、と言うことにほぼ無縁だったので、投げる練習をあまりしなかったからでしょう。

高校の先輩が、どんなボールを投げても褒めたのは、どうしてもコージさんをアメフト部に入れたかったからでしょう。

ただしディフェンスラインにまったく投げる機会がないかというと、そうとも言えないと思います。

相手のボールを奪って、相手のゴールに持ち込めばタッチダウンになります。

しかしその最中にタックルされそうになったら、近くにいる味方の選手にボールをパスすることもあります。

ただしこの場合は前に投げるのはダメで、ラグビーのように後ろに投げないといけません。

後ろに投げるのであれば、下手から投げても、QBのように上から投げてもOKです。

ですが、ラグビーのように後ろにボールを投げるのはリスクが高いので、普通は自分1人でなんとかしようとします。

ですから、なかなかお目にかかれないプレイですが、まったく無縁でもない、と言うのは、こう言うことです。


2.「こんなアメフトの話ばっか、僕のことばっか話してていいんですか」

後半にコージさんがスタッフの方ににそう尋ねてました。

これはオードリー若林さんも時々言います。

「大丈夫かな?

リスナーさんついてこれてるかな?」

みたいなことを「オードリーのオールナイトニッポン」などで。

「オードリーのNFL倶楽部」は例外ですが…

アメフトが好きな人は、だいたい周りにアメフトの話に付き合ってくれる人がいないので、話せる機会があると、喜んで話します。

(幸い私の職場には2人、アメフト好きの人がいます)

でも

「視聴者がわからないことは長く話すべきではない」

と言う自覚があるんでしょう。

2人とも芸人さんなので、トークの反応も気になるでしょうし。

でもこの配信動画はアメフトがメインテーマですから。

むしろ

「アメフトのこと以外はなるべく話さないでください」

と言いたいです。


3.法政大学の主将と言うこと

法政大学オレンジ(コージサンがいた頃はトマホークス)は、アメフトの名門大学で、関東大学リーグ優勝18回、甲子園ボウル優勝(つまり大学日本一)5回を誇ります。

さらにすごいのは、2004年シーズンから2014年シーズンにかけて、リーグ戦で73連勝!!

コージさんは2006年から2009年まで在籍していましたので、その間リーグ戦では負けなしと言うことになります。

そう言うチームの主将を努めて甲子園ボウルにまで行ったコージさんは、フットボール界では立派なエリートです。

しかもアメリカンフットボール部は100人を超える大所帯ですから、それをまとめてきたからには、立派なリーダーシップがあるはずです。

「法政大学の主将」だったと言うことは、そう言うレベルの人だと思います。


今週はカンペやメモを見ているようなしぐさも見えず、自分のペースで生き生きと語られていたように思います。

動画の最後に

「次回、コージが「オマハ」の謎を探る」

と言うテロップがありました。

先週私は「オマハ」の意味を書きましたが、実はあまり自信がなくて…

あっているといいなと思うとともに、私のよりもっと深ければいいなと思います。


最後に、この企画のことをネットに配信するときは、次のハッシュタグをつけたほうが良いようです。

#オマハ #NFLJapan #コージと楽しむNFLライフ

アメフトファンの皆さん、そしてコージさんのファンの皆さん、このハッシュタグをつけて、この企画のことをガンガン投稿しましょう。

NFL JAPANや、そのおおもとのNFLは、この企画がどれだけ注目されるか、きっとアクセスや、これに関する投稿のログをとって、注目度をはかっているはずです。

注目度が上がれば、今よりはNFLやアメフトが少しは身近になるはずです。

そうなると、コージさんの「アメフトへの恩返し」を成功させることになると思います。

恩返しを成功させましょう。

オマハ!!


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【その3】「オードリーのNFL倶楽部」の公開収録に行って来ました~オフトーク動画収録のこと

番組の収録が終わった後、YouTubeで公開されるオフトーク動画の撮影の準備が始まりました。

「椅子1個、(久野アナの横に)用意して」

ああ、中野アナがそこに座るんだな、と言うのはこれまでのオフトーク動画から想像できて、実際そうなりました。

その後に、春日の左後ろ、法政大学オレンジの選手の横に、2人分のスペースが開けられました。

ああ、そこにはさっき見かけた東京大学の森清之HCと、IBM Big Blueの栗原嵩選手が座るんだな、と思いました。

ちょっとした間の後、私の周りがちょっとざわつきました。

何だろうと思って周りを見回すと、そこには栗原選手に続いて、ブリリアン・コージさんが席に歩いていく姿がありました。


驚きましたが、当日は「PON!」に出演するため日テレにいるはずだから、収録に来てくれたらいいのに、と思っていましたので、納得しました。

とにかく、このサプライズ出演はとても嬉しかったです。

二人は私の前を歩いて行って、オレンジの選手の横、つまり後輩たちの横に座りました。

この時のコージさんの表情は、芸人ぽくなく、DEであり、主将と言う鋭い表情でした。


正確なタイミングは忘れましたが、オードリーは学生たちとやり取りしていました。

その中には、今度春日が受験する東京大学の選手たちもいましたので

「待ってます」

と言う声も飛んでいました。


収録された動画はこちら。



(日テレ公式チャンネル動画「オードリーのNFL倶楽部2017 Week19 オフトーク」)

まず、放送では見られなかった、「例の話」へのいじりからの若林の生叩きが見られたのは嬉しかったです。

そして栗原選手とコージさんのことが紹介され、オードリーと2人のトークへ。

この2人は2009年に法政大学トマホークスが関東を制覇し、甲子園ボウルに出た時の主将と副主将ですから、アメフト的にはものすごいレベルの人なのです。

アメフト部は選手やスタッフを入れると100人以上の大所帯です。

それをまとめてきたリーダーシップの面からも、すごい二人だと思います。

(ちなみに春日も、キャプテンが練習を欠席した時に代理をつとめたことがあるそうです)

話を動画に戻しますが、栗原選手がミネソタ・バイキングスがニューオリンズ・セインツをやぶった試合の最後のプレイについて、わかりやすく説明してくれています。

このプレイです。



一昨日私は「少年カスガの超人プレイ」で、このプレイの解説を書きましたが、これはほぼこの収録で栗原選手が語られたことのコピーです。

頭の中ではなんとなくわかっていた私ですが、うまく文章にすることはできませんでした。

さすが今シーズンからは解説者としても出演を始めた栗原選手。

伝え方がうまいと思います。


収録で不満だったのは、時間が10分ちょっとと短かったこと。

それでもいつも通りの長さではあるのですが、長いときは12分を超えることももあった記憶がありますので、今回はスペシャルと言うことで、もっと長くやってほしかったです。

いろいろと事情があって難しいのでしょうが…

とにかく、それほど見てて面白かったです。


今回の収録について、MC陣3人の声がこちらいあります。



「そういえば、(春日には)いつものおとぼけ感が出ていなかったよな」(若林)

と言う箇所がありますが、たしかにそんな感じでした。

とにかく楽しい収録で、またスタッフの方々のアメフトへの熱い思いが伝わってくるものでした。

できれば今回にとどまらず、何度かやってもらって、多くの方に観覧してもらいたいと思いますし、ゲストも相武紗季さんやカンニング竹山さん、乃木坂46の斎藤ちはるさんを呼ぶなど、コージさんや栗原選手以外にもアメフトの熱さを伝えられる人を読んでほしいと思いました。



栗原選手とコージさんには、2007年(だったかな?)の早稲田大学ビッグベアーズとの6度のタイブレークで勝利した試合のことを聞いてみたいです。

20180121オードリーのNFL俱楽部でもらった2枚のステッカー

(収録でもらったステッカー、どこに貼ろうかまだ迷ってます)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】ブリリアン・コージこと徳田浩至さん、アメフト選手時代の思い出を語る

2017年8月26日の朝日新聞朝刊のXリーグ開幕特集に、ブルゾンちえみ With Bのバックの左側、ブリリアン・コージこと徳田浩至さんのインタビューが載っていました。

こちらが紙面の一部です。

20170826ブリリアンコージ_アメフトインタビュー記事の画像

ネットにも記事があがっています。




ただし、無料登録しないと全部は読めません。

そして、コージさん自身がツイートしていましたが、かなりの反響があったようです。




「いいね」の数がすさまじいですが、私として驚いたのは返信の多さ。

そして、その中に

「アメフトのことを知りたい」

と言うファンの方々の声が多いことでした。

この傾向はこのツイートに限らず、コージさんがアメフトのツイートをすると、だいたいこんな感じになっています。

アメフトファンとしてはありがたいと思います。


私は紙面で全部読みました。

その前に動画をみたのですが、「えっ?」っと思ったのは、アメフトの魅力を、選手それぞれの得意なことが生かせるポジションがあるスポーツ、と語っていたこと。

つまりポジションによる特殊性が高いと言う事です。

今風に言えば「ダイバーシティ」を活かしたスポーツです。

このこと自体はよく言われることなのですが…

そっちをあげましたかぁ、と思いました。


と言うのは昨年の特集ではカンニング竹山さんがインタビューにこたえていました。

その時は「アメフトの魅力は頭脳戦」と語っていたと思います。

朝日新聞ではないですが、相武紗季さんは「初めて見ても楽しめるし、深く見れば見るほどおもしろい」と似たようなことを語っていたと思います。

最近はこの流れを読んでいましたので、コージさんが違う方向から語ってきたので、「えっ?」、と思ったわけですが…

たぶんそれは、プレイする側の魅力なんだろうと思います。

そしてほかの2人はプレイ経験はないので、見る側の魅力を語っ他のだと思います。

私ならたぶん相武紗季さんのような回答をすると思います。


動画で

「アメフトをしてたからこの仕事をできた」

と言っていたのは、記事中の

「(ブルゾンちえみさんから)じっくりと体を見られたあと、『合格』と。アメフットがお笑いに生きた瞬間でした」

と言うことだと思います。


法政大学時代は背番号44でディフェンスエンド(DE)にをプレイしまたそうです。

偶然にも、背番号はオードリー若林さんと一緒で、ポジションは春日さんと一緒です。

ディフェンスエンドの主な役目は、ボールを持った選手、特にクォーターバック(QB)やランニングバック(RB)をタックルして止めることです。

アメリカンフットボールのディフェンスは、攻撃から守る、と言うより、攻撃される前につぶす、と言う側面があります。

現役選手で、NFLを代表するディフェンスエンドと言えば、ヒューストン・テキサンズのJ.J. ワット選手だと思います。

若林さんが大好きな選手でもありますが、こちらにその選手のハイライトがあります。

NFL公式「Top 10 J.J. Watt Highlights of 2015 | NFL」へのリンク


話をコージさんに戻しますが、3年生の時に大学日本一に、4年生の時は主将としてチームを率いて関東を制覇。

大学選手権の「甲子園ボウル」では敗れましたが、これだけの強豪校で主将を務めたというのは、ものすごいことだと思います。

こちらが4年生の時の甲子園ボウルの動画です。

白いジャージ(ユニホーム)の44番がコージさんです。



(アメフト 2009年 第64回 甲子園Bowl 関西大vs法政大)


この試合は私は当時テレビで見てブログに手抜き記事を書きました。

「2009年甲子園ボウル 観戦中の私のtwitter タイムライン」へのリンク

とになく関西大学カイザースのQB原口選手がとにかくすごかった、と言う記憶がありますが、その他のことはあまり覚えていません。

そこで、おつきあいのある方の中から、この試合に関西大学の選手として多分出場され、現在Xリーグの

オーパーツ福岡SUNS

吉野至 代表兼選手に、徳田浩至選手の印象を尋ねてみました。

「徳田さんの印象ですが、強くて速くて上手い。そんなパーフェクトな選手の印象でした。

また、甲子園ボウルの際はディフェンスだけではなくキッキングにも多く出場しており、様々なポジションをこなす器用なプレーヤーだと感じました。

私と同じで名前に「至」という字が入っているので、昔からなんとなく意識をしてました。」


とのことでした。

すごい選手だったようです。


ところでこのインタビュー記事は、榊原一生さんと言う方が聞き手となっています。

アメフトの名門、関西学院大学ファイターズでアメフトをプレイされていた方です。

アメフトのことを尋ねるのはもちろん、「ブルゾンちえみ with B」のネタもうまく絡めてあって、本当におもしろく構成されているなぁ…と思いました。

動画の結末も含め。


この記事は「ブルゾンちえみ with B」やコージさんのファンであれば、新聞を買って全文読むことをお勧めします。

売り切れてたり、地方版で掲載がなかったら、朝日新聞の本社に問い合わせれば、通販で打ってくれると思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

日大悪質タックル問題 ホークス スマートニュース ハズキルーペ コージと楽しむNFLライフ 戦争 平成時代 終戦の日 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン オードリー アメリカンフットボールU19世界選手権 NFL アメリカンフットボール 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 歴史 ドラフト 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS NFL倶楽部 ピース綾部 スーパーボウル オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS Hulu Twitter DAZN Amazon パワーランキング グレード お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Xリーグ タッチダウン Touchdown 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス メンタルヘルス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー  熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 プロ野球 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 ライオンズ アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 SNS ホームズ アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 真珠湾攻撃 12月8日 twitter、松田 POISON GIRL BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル おれさまファンクラブ ほめられサロン ホメラー 大石 森脇 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 保毛尾田保毛男 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ グリーンベイ パッカーズ 城島 ロジャース メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 サムライハイスクール ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 楽天 クライマックスシリーズ 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 立花香織 野村 南海ホークス 景浦安武 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind 九月 Fire Earth, twitter Tumblr 室原知幸 砦に拠る 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -