ユーザータグ : ブレット・ファーブの記事 (1/1)

夫としての、ブレット・ファーブの魅力

NFLも乳がん撲滅へ
(今月はNFLの乳がん啓蒙月間のようです)

アメリカンフットボールに興味がない人にとっても、ちょっといい話だと思います。

ブレット・ファーブと言う選手がいます。

この選手は、記録だけではなく、記憶にも強烈に残ると思われる選手です。

「アメリカ人で、ファーブの事を悪く言う人はいない」
とまで言われた人です。

選手としての魅力を書き始めたらキリがないのですが、今回は別件です。


5年ほど前から、ファーブは髪の毛をバッサリ切って、坊主のような髪型にしました。

なぜか?

それは、夫人ががんにかかって、薬の副作用で髪の毛が抜けたので、一緒に闘病する、と言う意味をこめて、髪の毛を切ったそうです。


一時は離婚の危機もあったようですが、とにかく、ファーブはこう言う男ですから、彼がライバルチームに移っても、なんとなく応援してしまうのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

いよいよこれから、グリーンベイ パッカーズ 対 ブレット・ファーブ (試合結果はありません)

勝負ネクタイ
(今日はパッカーズカラーのネクタイで勝負です)


あと4時間ほどで今週のマンデー・ナイト・フットボールが始まり、グリーンベイ パッカーズがミネソタ バイキングスと対戦します。

いよいよパッカーズブレット・ファーブが闘う訳です。

このカードは、おおかたのアメリカンフットボールのファンの間では注目されているものです。

と言うのは、現役ながら、もはや記録にも記憶にも残るQBとなったファーブが、彼が16年間所属したパッカーズと闘うからです。

先月NFLが開幕する前、開幕特別番組でこのカードの特殊性を解説者と芸人のパックンが熱く語っていましたが、MCの局アナの女性(アメフトは素人)が
「選手一人でそんなに大騒ぎになるんですか?」
と驚いていました。

その通りです。

今回は本当に特別なゲームなのです。


では、どう特別なのか?

ブレット・ファーブは、1992年にパッカーズに入団して、2007年シーズンまでチームを率い、スーパーボウルに勝ち、また、数々の記録を残してきました。

そして去年の3月、おおかたの予想を覆して引退。

引退会見では、彼は涙を流していました。

これにより、パッカーズは新しいQB、アーロン・ロジャースを中心に、チームや作戦の構成を始めました。

しかし去年7月ごろ、ファーブはやっぱりプレイをしたいと言うことで、パッカーズへ復帰する旨を連絡します。

しかしもはやロジャース中心のチームを作っていたパッカーズは、ロジャースの控えであればOKと回答します。

先発を熱望していたファーブと話しあった結果、パッカーズと対戦のないニューヨーク・ジェッツへ彼が移籍します。

そしてジェッツでひとシーズン過ごしたあと、この春再びファーブは引退。

理由は肩の怪我と伝えられていましたので、今年40歳になることもあって、これで彼のキャリアは終わったと考えられました。

しかし5月頃から、またも復帰したいという発言が。

すったもんだの末、今回はパッカーズと2度の対戦がある、ミネソタ・バイキングスで、ファーブは復帰しました。


詳しく書きますと、もっともっと泥臭い話しがあるのですが、こう言う経緯で、ファーブが動いてきたため(あるいは、動かされてきたため)、今日のゲームは特別なものとなったのです。


本人は否定していますが、ファーブにはパッカーズのフロントに対する恨みがあると言われています。

また、長く彼を応援してきたグリーンベイの人たちの中には、よりにもよってミネソタに入団したファーブのことを不愉快に思っている人もいるようです。


私はと言いますと、裏側のドロドロしたことはともかく、20年間応援してきたパッカーズと、そのチームを長く支えてきたファーブとの対戦は楽しみでした。

ファーブが好きでパッカーズのファンになった人は少なくないと思いますが、私はその前からファンでしたので、どちらをとるかと言いますと、迷わずパッカーズをとります。

ただ、ファーブは特別な選手ですので、彼にも頑張ってほしいです。

頑張ってほしいんですが、それを許さないパッカーズのパフォーマンスを期待したいのです。

ですから、ファーブの健闘も虚しく、パッカーズが勝利する、と言うのが理想の結末です。


エイドリアン・ピーターソンに走りまくられてパッカーズ敗戦、と言う結末だけは勘弁して下さい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~