ユーザータグ : ペイトンの記事 (1/1)

【改訂版】オードリー若林が好きな「セカンド エフォート」の例  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き


(画面右下の時計が、0分42秒から10秒間が若林が言っていた箇所です)

今朝のオードリーオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」では、先週途中でぶち切られてしまった、若林の好きな

セカンドエフォート

について語られていました。


私が前々回の記事の中で説明したものと、若干違いましたので、それについて説明します。


若林は
「タックルされて、倒れそうになったところで、ボールを持ってない手で体を支えて、もう一度起きあがって走り出すことの素晴らしさ」
を語っていました。

私が前々回紹介した動画では、ランニングバック(RB)は手を地面につかずにタックルをふりほどいていました。

それも「セカンドエフォート」には間違いはないのです。

今回は、若林が言っていた通りのプレイを、動画で紹介します。


今回は34番の選手がランニングバック、つまり若林のポジションです。

画面右下の時計が、0分42秒になったあたりから注目してほしいのですが、

44秒のあたりで一度手をつきます。

これは手が隠れているのでわかりにくいかとおもいます。

そして次に、48秒のあたりでもう一度手をつきますが、それでも立ちあがって走りだして前に進みます。

これが若林が話した「セカンドエフォート」です。

えっ?一回目のタックルの後の走りが「セカンドエフォート」で、二回目のの後は「サードエフォート」じゃないの?

と思われるかもしれません。

でも一般的には、一回目のタックルの後の走りは、何回タックルをうけても、「セカンドエフォート」と言うようです。

はっきり言って、「セカンド」とか「サード」とかはどうでもよくて、若林が言いたかったのは、一回目で終わらずに、また立ちあがることに意義がある、と言うことだと思います。


ちなみにアメフトでは、タックルされて膝をついたら、その時点でプレイは一旦終わります。

膝をつかないようにして、手をついて体を支えて体勢を立て直す分には、まだプレイは続いています。

--------------------------------------
さて、ここらへんで、もう説明はおなかいっぱいだと思います。

ここからは「アメフト」の小部屋とは直接関係のない、この動画に関する話しです。


この動画は、34番の選手、ウォルター・ペイトンの走りのハイライトを集めたものです。

随所に、手をつかないまでも、セカンドエフォートが出てきます。

この選手は、技術、人格ともとにかく素晴らしい人だったと聞きます。

人格についてはわからないまでも、このビデオを一通り見ていただければ、この人のボディバランスは尋常ではない、と言うことがおわかかりいただけると思います。

私はこの人が引退した直後から真剣にアメフトを見始めましたので、リアルタイムではその素晴らしさを見れなかったのが残念です。

そうは言っても超有名な選手ですので、若林もきっと好きだと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト