ユーザータグ : ホームズの記事 (1/1)

【SNS】手を自慢する男子たち~異様な「技師の親指」について

2015年11月20日の「ZIP!」の「アレナニ」で

「SNSに手を載せたがる男子たち」

と言う現象を特集していました。

インスタグラムとかで、手だけを載せる男子が増えているそうです。

顔だしは恥ずかしいと言う気持ちと、手は顔ほどに物を言う、みたいな評価が背景にあるそうです。

私としては、個人情報保護の面もあるのかな、とか深読みしてしまいますが、そこまではないのかもしれません。


そこで私の手、と言うか指について書きます。


私の職種はシステムエンジニア、一般に「SE」と略されるものですから、私は「技師」と言えば「技師」になるんでしょう

技師である私の親指ですが、手のひらから伸びて、最終的にはほぼ直角に曲がっています。

こんな感じです。

20150611曲がった親指


なんでこんなに曲がったのかわかりませんし、そもそも生まれつきそうだったのかもしれません。

でも、こんなに曲がった指で、不自由を感じたことはないです。

強がりでもなんでもなく。

たまに、ああ、そう言えば俺の親指のまがりようで驚いた人がいたなぁ、と思い出すぐらいです。


ところで

小説の

「技師の親指」(The Adventure of the Engineer's Thumb)

は1882年にコナン・ドイルによってストランド誌に発表され、のちに「シャーロック・ホームズの冒険」に収められた短編です。

と言いますか、この小説があったから、自分の親指のことを思い出して、こうやってブログに書いているわけです。

ビクター・ハザリー氏と言う技師が、高額の報酬で仕事を依頼されるものの、それが犯罪がらみのことだと気づき、逃げ出すのですが、その時依頼者に親指を切断されてしまいます。

物語の最後で、報酬と仕事を失ったハザリー氏は、こう嘆きます。

「大変なことになってしまいました。私は親指を失い、50ギニーの報酬もフイになりました。何か私が得たものがあるのでしょうか?」

その続きはこうです。

「経験ですよ」ホームズは笑いながら言った。「この経験には副次的な価値があります。いいですか。これを話として上手くまとめれば、これから先の人生で、どれほどの友人が得られるか知れませんよ」

私の親指の曲がりよう程度なら、そう言う効果は見込めないなぁ…

でも、話題に困ったときに使えないこともないでしょう。


ハザリー氏が失った「親指」とは、本当は「仕事で味わった苦労」ととらえるべきでしょう。

「仕事で味わった苦労」かぁ…

ヘタに話すと、顧客情報の漏えいになるので、なかなか言えないっす。

それに、苦労話を語るより、おもしろいことを言ったほうが、私は気持ちいいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ネタバレあり】「SHERLOCK/シャーロック」第3シーズン3話「「最後の誓い」」の感想

6月7日に放送されたSHERLOCK/シャーロック第3シーズン3話

「最後の誓い」
(His Last Vow)

の感想を書きます。

これはコナン・ドイルの原作

「最後の挨拶」
(His Last Bow)

をベースに作られたものだそうです。


今回のドラマは、原作の登場人物やドラマ固有の人物にいろいろな配役をさせて、見ているうちに、15年ほど前に日本テレビで放送された、三谷幸喜による

「竜馬におまかせ」

を思い出しました。


1.原作は3つ

この物語は、タイトルからして「最後の挨拶」がベースと言うことは想像できるのですが、ストーリーは新聞社社主で、収集したネタで恐喝を続ける、チャールズ・アウグストゥス・マグヌセンとの対決で構成されています。

また、ジョンがメアリーの友人の身内を助けに行き、そこでシャーロックと会う展開は、「唇のねじれた男」を思わせます。

と言うことは、今回のは

「最後の挨拶」

「犯人は二人」

「唇のねじれた男」

の三篇をベースにしていると言えるでしょう。


2.ストーリーについて

ストーリーは大きく「犯人は二人」に似ているものだと思いました。

マグヌセンに、公にされるとまずいものを握られて脅されている女性が、シャーロックにそれを奪還することを依頼。

シャーロックはマグヌッセンのオフィスに忍び込むのに成功するものの、そこにマグヌセンに秘密を握られた女性がいて、マグヌッセンとあいたいしていた、と言うものです。

そこに行くまでに、シャーロックが利用した女性が、前話「三の兆候」でジョンとメアリーの結婚のメイド・オブ・オナーを務めたジャニーだったり…

シャーロックの前にマグヌセンのところに忍び込んでいたのがメアリーだったり…

と、えっ…、と言う設定があって、次はだれがどういう設定なんだ、といろいろと頭を使わされるストーリーになっていました。

最後の最後は、死んだはずのもモリアーティーがテレビジャックして

「会いたかった?」

と呼びかけることで終わりました。

第4シーズンがあるのは知っていましたが、こう言う展開になるとは思いもしませんでした。


3.とりこまれた原作

前述した通り、ジョンとシャーロックは秘密の麻薬吸引所で出会います。

これは「唇のねじれた男」の冒頭と同じです。

ただしシャーロックはその後モルヒネ切れに悩まされますが、原作のホームズではそんなことはありませんでした。


また、ここでガードマンをしていたビリー・ウィギンズですが、のちにシャーロックの右腕的役目を果たすことになります。

ウィギンズと言う人物は、原作の「緋色の研究」の中で出てくるストレート・チルドレンの集団「ベイカー・ストリート・イレギュラーズ」のリーダー格の少年がそういう名前でした。

ただし「緋色の研究では」ファーストネームは書かれてなかったと思います。

なお「ベイカー・ストリート・イレギュラーズ」は、世界最古のシャーロキアンのクラブでもあります。

日本にはその「バリツ支部」と言うのがあって、江戸川乱歩らが所属していたそうです。

「バリツ」と言うのは、ホームズ「空家の冒険」で明かした、身についている日本の格闘術のことで、当時ロンドンで道場が開かれた柔道のことではないかと言われています。

「空の霊柩車」では、シャーロックは柔術を身につけていることを明らかにします。


話しはそれますが、シャーロックは、原作のホームズが身に着けていたボクシングやフェンシングの技術を披露していないように記憶します。


シャーロックとジョンがマグヌセンのオフィスに侵入したとき、すでに他の、弱みを握られている女性がそこにいました。

これは原作の通りですが、原作ではホームズとワトソンは息をひそめてかくれていて、最後は女性がミルバートンを射殺します。


「東の風が来るぞ、お前を捕まえに」

と言うマイクロフトのセリフがありました。

これは「最後の挨拶」の中の

「東風(こち)になるね、ワトソン」

と言うホームズのセリフを思わせます。

原作の「東風」とは、ドイツとの戦争、つまり第一次世界大戦を指します。

今回のは・・・よくわかりませんでした。

帰還が困難な東欧の国への侵入、と言うのがありましたが、それと関係があるのかもしれません。


「サセックスのはちみつ箱」」と言う言葉が出てきました。

これは「サセックスの吸血鬼」と、ホームズが引退して養蜂業をしていたことを「最後の挨拶」で明かしたことを連想させてくれました。


メアリーとシャーロックの対決の場では、シャーロックを模した人形(本当はジョン)が使われました。

メアリーは「古典的な手」と言っていましたが、ホームズが自身の人形を使うのは「空家の冒険」「マザリンの宝石」でやっていたと記憶します。


シャーロックのとマイクロフトの母は、数学者だったそうです。

シャーロキアンの中では、モリアーティーは実は少年時代のホームズ兄弟の家庭教師で、兄弟の母と不倫を行った、と言う説を唱える人もいます。

モリアーティーは、原作では数学の教授です。

なんとなく関係があるんだろうな、と思わせてくれます。


シャーロックの本名が

「ウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズ」

であることが明かされます。

原作にはありませんが、ベアリング・グールドなど有名なシャーロキアンは、ホームズのフルネームがこれであったと唱えています。

このうちスコットについては、「犯人は二人」の中でエスコットと言う配管工になりすます場面がありますが、それが今世だと言われているようです。


4.マグヌセンと言う人物

新聞社社主で、その立場を利用してスキャンダルをつかみ続けたそうです。

この設定にはちょっと違和感を覚えました。

最初この番組が、「スマートフォンを駆使する現代のホームズ」だったので、マグヌセンには、エシュロンのような傍受機関や、あるいはインターネットを使った、最先端の技術で情報を握り続ける人物であってほしかったです。


外国人とされていましたが、どこの国の人物かは語られなかったと思います。

イギリスを「西洋のシャーレ」(または西欧)とうところをみると、東洋人、あるいは西欧以外の出身であると考えられます。

なお「セン」と言う名前は、英語の「アンダーセン」などの「ソン」にあたる北欧の名前です。

(「アンダーソン」は北欧では「アンデルセン」になります)


最初の聴聞会で、彼のつけているメガネがGoogleグラスのようなウェアラブルコンピュータであるかのような表現がされます。

シャーロックもそう思っていました。

しかしそれはただのメガネでした。

第4シーズンあたりになると、そういうコンピュータも出てくるかもしれません。

今話題の、コンピュータの載った自動車とか、時計型コンピュータとか。

原作でも、最初は電報や馬車が多用されていましたが、のちに電話や自動車、さらには蓄音機も出てきましたから。


5.モリアーティー復活?

番組の最後は、前述のように、モリアーティーの復活を思い起こさせる表現で終わりました。

原作によると、モリアーティー教授には、同名のジェイムズ・モリアーティー大佐と言う兄弟がいたそうです。

第4シーズンはそれを踏まえた展開になるのかもしれません。

なお「犯罪王モリアーティーの帰還」と言うパスティシュもあります。


6.全然関係ないですが、赤ひげについて

第3シーズン、特にこの回には、よく「赤ひげ」と言う言葉が出てきました。

どうもシャーロックが少年時代にホームズ家にいた、犬の名前のようです。

「赤ひげ」は「バルバロッサ」とも表現されますが、ふと「パタリロ!」のバンコラン少佐のことを思い出しました。

「パタリロ!」の中では冷徹なゲイと言う設定のバンコラン少佐ですが、少年時代は普通の男の子で、バルバロッサと言う犬を飼っていました。


7.わたくしごとですが…

我が家には「ビル」と言う愛犬がいます。

名付けたのは私で、これはホームズの「ウィリアム」と、一時期応援していたNFLの「バッファロー・ビルズ」からつけた名前です。



SHERLOCK/シャーロック」の第3シーズンが終わりました。

さんざん楽しませてもらいました。

第4シーズンを期待します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

シャーロック・ホームズの「冒険」って、なに?

20100301シャーロック・ホームズ

(いよいよ3/12から公開される、映画「シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes )」

こんど公開される「シャーロック・ホームズ」は、グラナダTVで、日本ではNHKで放送された「シャーロック・ホームズの冒険」の中のホームズとは大違いの人格のようです。

「シャーロック・ホームズの冒険(The Adventure of Sherlock Holmes )」の中のジェレミー・ブレット演ずるホームズは、寡黙で神経質です。

ところが今度公開される方は…CMを見る限り、アクション映画ですか?って感じのようです。

私は映画館で映画を見るのが好きではないのですが、この映画は、ひょっとしたら見に行くかもしれません。


さて、昔から気になっていることを書きます。

「シャーロック・ホームズの冒険(The Adventure of Sherlock Holmes )」の「Adventure」って「冒険」と言う訳で良いのか、と言うことです。

コナン・ドイルの原作は、日本では新潮社のものが最も権威があるように言われているようですが、その邦題も、「シャーロック・ホームズの冒険」です。

でも、別にホームズは、私のイメージする「冒険」をやっていないんですよ。

なんか「冒険」って言ったら、ジャングルの奥地を行ったりするようなイメージがありませんか?

そうでなくても、未知の世界が舞台のような気がしませんか?

全くそんなことをやっていない、とは言いませんが…


つまりは、「冒険」と言う訳がしっくりこないんですね。

で、Yahoo辞書で「Adventure」を調べたら、こんな訳が載ってました
(オードリーのファンなら「ジーニアス英和辞典」を使うべきでしたね)


「珍しい[思いがけない]出来事, 珍事, 変事;(旅・探険などの)冒険(に加わること);冒険心」

「シャーロック・ホームズの珍しい[思いがけない]出来事」か、まあ悪くはないかもしれないけど、長い。

「シャーロック・ホームズの珍事」か、格調がなくなるなぁ。

「シャーロック・ホームズの変事」か、ちょっと違う。


「Adventure」にはこんな訳もありました。

「胸おどる体験(▼adventuresは物語の登場人物の冒険に満ちた生涯を表す)」

「シャーロック・ホームズの胸おどる体験」か、ホームズの心を表わしていていいかもしれないけど、なんかちょっと…


なんかしっくりくる訳はないものでしょうか…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

調子こいて、Tumblr(タンブラー)に登録しました

Tumblr.jpg

ちょうど二週間前の今日、twitterに登録したわけですが、昨日たまたま

「Tumblr」(タンブラー)

と言うものを見て、なんとなく登録してみました。


Tumblrとは何か、と言うことを、Wikipediaから引用します。

「ウェブログとソーシャルウェブブックマークの良いとこ取りをしているウェブスクラップブックサービスで、シンプルさに重点を置くことによりユーザビリティを向上させている。また、投稿する際にブックマークレットを使用することもでき、この点でもユーザビリティの向上に一役買っている。

ユーザーが留めておきたい事を投稿するという点ではソーシャルウェブブックマークに共通するが、留めておける内容がいくつかのメディアに対応しているのが大きな特徴である。以下が投稿する事が出来るフォーマットである。

画像(JPEG・GIF・PNG・BMP形式 最大10MBまで)
音声(MP3形式のみ 最大10MBまで)
文章の引用
ハイパーリンク
インスタントメッセンジャーの会話ログ
動画(YouTubeの動画、もしくはVimeoにアップロードした動画)
また、一般的なウェブログのようにも使用することができるが、トラックバックは使用できない。」


なんかよくわからないんですが、Webサイトのスクラップができるので、ブログに書きたいテーマを保存しておく目的で使っている、と言うものを読みましたので、私もそうしよう、と思い、登録したのです。

でも、使い方、よくわからないです。

今度の週末、Web上のマニュアルを読んで、ものにできればいいかな、と思います。


なお、フォントの設定で「Baskerville」と言うのがありましたので、ホームズマニアの私は、それを選びました。

「バスカービル家の犬」(The Hound of Baskervilles)と言う作品があるのですよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~