ユーザータグ : マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウルの記事 (1/1)

マイケル・ジャクソンの死

@25df7156cc89d65e.jpg
(「Thriller」のジャケット)

日本時間の昨日の朝、マイケル・ジャクソンが死にました。

朝7時のニュースでは、すでに呼吸停止で病院に運ばれたとの報道がトップでした。

昼前には、ロス市警から、正式に死亡が発表されました。


今この時間にも、世界のどこかで、私の他にも彼のことをブログに書いているでしょう。

そして、プロモーションビデオ(PV)がYouTubeが、おそらく「Thriller」が再生されているでしょう。

とにかく世界中で注目をあびた人でしたから。


「Thriller」は革命的なものでした。

音楽を聴覚だけではなく、視覚でも楽しめるものにしたからです。

そりゃー、歌を歌っている姿でも楽しめました。

しかし、ストーリー性があり、ダンスを上手く取り入れた、あのプロモーションビデオは、とにかく強烈なインパクトを与えてくれました。

1983年の春のことだったと思いますが、「笑っていいとも」で、タモリと笑福亭鶴瓶が、最近本当によくこのPVを見ますね、と言うことを、踊りを真似て話していたのを思い出します。

それ以来、洋楽にはPVがつきもの、と言う概念が生まれ、Carsの「You might Think」や、a-haの「Take on me」などの初期の名作が生まれました。

しかもなるべくストーリー性のある。


その後しばらく彼のことは私は忘れていましたが、再び存在感を思い知らされたのは、1993年に行なわれた、第27回スーパーボウルで、彼がハーフタイムショウの切り札として選ばれたことです。

それまでのハーフタイムショウも豪華でしたが、どうしてもこの時間帯は視聴率が低くなり、NFLもテレビ局も何とかしたいと考えていました。

その答えが大物シンガーの起用で、最初に選ばれたのが彼でした。

あらためて、彼の人気を思いしらされました。

私は当時すでにグリーンベイとピッツバーグのファンでしたが、当時はそれよりもバッファロー・ビルズがスーパーボウルで勝つことを願ってましたので、彼のハーフタイムショウには全然興味がありませんでした。

それでも、ローズボウル・スタジアムの各所から次々と影武者が登場し、最後に自信が登場。

たしか「ブラック オア ホワイト」などを歌っていた記憶があります。

その後NFLは今に至るまで、大物シンガーをハーフタイムショウを起用し続けています。

後に彼の兄弟が、それを汚すことになりますが。

今年起用されたのはブルース・スプリングスティーンでした。


私が携帯電話に「Thriller」をフルにダウンロードしています。

初めてこれを聞きながら出社したのは去年の秋だと思いますが、これを聞くと、PVの中の彼のように、ふざけながら歩きたくなる衝動にかられました。

これ以外に好きなのは、ポール・マッカトニーと一緒に歌った、「The girl is mine」と言う、女の子を取り合う歌です。

ほのぼのとしていて楽しい歌です。


世界は、歴史に残るべき、語り継がれていくべき人をなくしました。


以下は、ハーフタイムショウに大物歌手を起用した理由を、社会問題的な立場から書いてある記事です。
アメリカでは、スーパーボウルは、単にスポーツの枠を超えた存在である事が思い知らされます。

[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト