ユーザータグ : メンタル不全支援の記事 (1/1)

メンタル不全のかたを励ます理由

私はこのブログに来てくれた方や、twitterで知り合った方のなかで、メンタル不全の方を、出来るだけ励ましています。

一昨日、学生時代の先輩や後輩と飲んでいるときに、なんでそんなことをするのか、と尋ねられました。

反語ではなく、単純に質問だったと思います。

そこでそのことを書き留めておきたいと思います。


最大の理由は、単純に、助けたいからです。

そもそも人には、よく思われたい、とか好かれたい、とかの本能があるものと考えます。

私もその例にもれませんし、ひょっとしたらその気持ちは強いかもしれません。

だから助けるのです。

ただ私は、今のところそれに全生活を集中できるほどの時間や金銭の余裕、そして気持ちはないです。

家族や本業がありますし、また趣味もあります。

だから「小さな親切」程度しかしていないと思います。

(本当はもっと助けなければいけない人たちがいるのですが、それは難しいので、罪滅ぼしの気持ちもあるのかもしれません)


家族や趣味を投げだす気持ちは、今のところサラサラないですが、本業になれば嬉しい、とは思っています。

ですから、まずは車内で、そう言う部署に配置されればいいんですが。


でも、表面上の理由は、「単純に、助けたい」と言うものにはしていません。

この活動が本業になるには実績や勉強が必要だからやっている、と言うことにしています。

だって、突然

「あなたを助けたいのです」

と言うことを言われたら、気持ち悪くないですか?

その後ろに、宗教や営利団体がいそうに感じませんか?

だから、人間っぽい表面上の理由を、最大の理由としています。

ただこの理由、ウソではないですよ。

実績になりますし、勉強になります。


でも、こう言うことを飲み会で言ったら、

「そう言う俗っぽいことを前面に出すと、相手もがっかりするんじゃない?」

と言われました。

本当に助けたいんなら、それだけでいいじゃん、と言う訳です。

そう言うもんなんですかねぇ。

まあ、それで私の言うことを、多少は受け入れていただけるんなら、それでいいのですが、なんか自分のメリットを出さないと、気持ち悪く思われて、相手にしてもらえないような気もするのですが。

みなさん、どう思われますか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト