ユーザータグ : ユダヤ教の記事 (1/1)

【楽天イーグルス】ユーキリス選手にバレンタインプレゼントはご法度だと思う件

まずは前置きを。

ある雑誌が、もうすぐバレンタインデーと言うことで、応援企画として

「僧職男子特集「イマドキ仏男子を攻略せよ」」

と言う特集を組んだそうです。

なんだこりゃ…

どうして一神教のキリスト教の祭りのバレンタインデーに、仏教のお坊さんに、キリスト教にからむプレゼントを勧めるの…

日本人だけではないようですが、ここまで宗教にゆるいのには、あいた口がふさがりません。

そもそも宗教とは、それをめぐって戦争が起きるぐらいのおおごとだと考えます。

ゆるすぎる…


さて本題ですが。

今シーズン東北楽天イーグルスに、大物メジャーリーガーのケビン・ユーキリス選手が入団します。

Wikipediaの「ケビン・ユーキリス」のサイトを見ますと、彼はユダヤ教徒だそうです。

Wikipedia「ケビン・ユーキリス」へのリンク

上記サイトの下のほう、「人物」の欄にそのことが書いてあります。

ヨム・キプルの日に試合を欠場したり、過越の祭りの季節には同じユダヤ系の選手に「ハッピー・パスオーバー」と声をかけているほどだそうです。

(いずれも、ユダヤ教の記念日)

だから、異教の祭りであるバレンタインデーに、ユーキリス選手に、バレンタインプレゼントを渡すのはいけないことだと思うのです。


私は、キリスト教と言うのはユダヤ教から派生したもので、ユダヤ教徒にとってはイエスは神などではなく、偽預言者にすぎないんじゃないか、と言う解釈をしています。

とにかく、一神教のユダヤ教徒にとっては、キリスト教は異教徒であり、宗教的にはなんら無関係なのです。

(ただし、キリスト教には、ユダヤ教には意味があると考えます。

 それは、「旧約聖書」を経典のひとつとしていることからも明らかです。)


アメリカに住む人の中にはクリスマスシーズンに

「メリークリスマス」

と言わず

「ハッピーホリデーズ」

と言わなければならない。と言う人もいます。

(最近はあまり聴きませんが「シーズンズグリーティング」と言う表現もありました)

その件は、アメリカにはキリスト教以外の宗教も尊重しないといけない、と言う風潮があるからだようです。

NAVERまとめ「挨拶は「メリークリスマス」?「ハッピーホリデー」?理由と米国の複雑な事情」へのリンク

「[知夏七未]「メリークリスマス!」は当たり前ではない?!クリスマスシーズンでも文化が違えば全く違う?!~ユダヤの『ハヌカ祭』をご存知ですか?」へのリンク

以前アメリカの空港に置かれたクリスマスツリーが、ユダヤ教徒などの抗議で撤去された、と言う記事を読んだこともあります。

このように、宗教と言うのは重要な意味をもつものだと考えます。

とくにユーキリス選手の場合、上記Wikipediaによりますと

「ユダヤ系でありながらギリシャ系の姓を名乗っているのは、ルーマニアのユダヤ系住民であったユーキリスの祖先たちがポグロム(ユダヤ人に対し行なわれる集団的迫害行為)から逃れるためにギリシャへ渡り、その際にユダヤ系であることを隠すためにギリシャ風の姓を名乗ったためであった」

とありますから、彼のご先祖は自身の信じるユダヤ教を守るため、名前を変えるほど命がけで生きて来たわけです。


だから私は、ユーキリス選手にバレンタインプレゼントを渡すべきではないと思います。

逆に彼が、日本になじむためにプレゼントを受け入れるようであれば、私は彼に失望します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト