FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【アメフト】ライスボウル(Rice Bowl)、来年から社会人選手権へ

かねてから現行の「学生日本一対社会人日本一」の対戦方式の意義が問われていた「ライスボウル(Rice Bowl )」が、来シーズンより社会人日本一を決める大会になりました。

今シーズンまでは、社会人日本一を決めるのは、12月中旬に行われる「JAPAN X BOWL」でしたが、それを現行の開催日の1月3日に改称して移す、と言う感じでしょう。


これは時代の流れで仕方がないことだと思います。

現在社会人(Xリーグ)と大学生の間では、フィジカルと戦力の差が大きく、記事の通り「学生選手のけが」も懸念されます。

また、記事の最後にある

「社会人のレベルを上げる日本選手権の目的は果たされた」

と言うのは、つまり昔は学生が強い時期があったのが、安定して社会人が勝てる時代になった、ということでしょう。

下のツイートに、これまでの優勝チームが描かれています。


最初の8回のうち、7回が学生チームの勝ちで終わっています。

特に1989年から1991年は日本大学フェニックスが、社会人を圧倒していた感があります。

下の画像は、京都大学ギャングスターズで連覇を果たしたQB東海辰弥選手です。

20210131京都大学ギャングスターズ東海辰弥選手

しかし、2009年の立命館大学パンサーズの勝利を最後に、学生の優勝はなくなりました。


社会人選手権が1月3日になることで、Xリーグのシーズンを通してのスケジュールにも大きく影響が出ることでしょう。

例年は8月の最終週には開幕となり、暑さに悩まされていましたが、それがなくなるかもしれません。

つまり、後ろ倒しになるかも、ということです。

もしかしたら開幕時期はそのままで、試合数が増えるかもしれません。

そのためには、リーグの再編、ということもあるかもしれません。

ただし、試合数を増やすのは、経済的に苦しいチームには重荷で、そう言うチームが多いように感じます。


私個人の望みとしては、全体を後ろ倒して、ライスボウルはスーパーボウルの後でお願いしたいです。

NFLロスの人が日本アメフト界の最高峰の試合に流れてくるでしょう。

NFLは見るけど日本のは見ない、と言うアメフトファンは少なくないと思います。

そう言う人を取り込んで、日本アメフト界を盛り上げたいのです。


たしかに、NFLと比べると、Xリーグのレベルは低いです。

しかし、Xリーグは北米大陸をのぞけば世界最高のレベルにあるリーグです。

それなりに楽しめると思います。

ただそうなると、北米リーグを目指す選手の活動にも影響しそうです。

渡航時期が遅れるとか。

しかし、北米リーグで活躍する日本人が出てくれば、ライスボウルを見ながら

「この選手ならNFLで通用するかも」

「来シーズンはNFLでプレイしているかもね」


と言う見方や、SNSへの投稿が出てきて、日本アメフト界のためにもなると思うのですが…


ライスボウルが社会人のものになることで、学生リーグは年内で終わることになるのか。

その辺のことも、今後決定されるでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】ライスボウル2015観戦記

20150104ライス3階席からのながめ


(私が観戦した3階席からの眺め)

2015年1月3日に行われたアメリカンフットボールの日本選手権

「第68回ライスボウル

を現地観戦した感想を書きます。

カードは、関西学院大学ファイターズ(学生王者)対富士通フロンティア-ズ(社会人代表)です


1.試合全般について

まずライスボウル公式サイトから、両チームのスタッツ(記録)を転記しておきます。

・ファーストダウン数  関学:22回 富士通:18回

・パス獲得ヤード   関学:299 富士通:147

・ラン獲得ヤード   関学:155 富士通:150

・攻撃総獲得ヤード 関学:454 富士通:297

・反則喪失ヤード  関学:30 富士通15

・ターンオーバー   関学:1 富士通:2

・攻撃時間     関学:32:47 富士通:27:13

これだけを見ると、関学が勝ったんだろう、と思えます。

しかし、最終スコアは

関西学院大学 ファイターズ 24 - 33 富士通 フロンティア-ズ

で富士通が勝ちました。

このように、スタッツと勝敗が連動しないことはたまにあります。

しかし、攻撃総獲得ヤードが150ヤードも上回り、さらにターンオーバーも1回少ないとなると、まず勝ちは間違いないように思えます。


これには以下の要因が考えられます。

1.キックオフやパントのリターンが良かった

2.関学の9回のギャンブルのうち、2回しか成功できず、それが実質ターンオーバーになった

3.FG成功数で上回った


上記のうち、2.についてですが、私は関学がもう少し定石どおりに戦ったら、勝敗は逆転したかもしれない、とも考えます。

とくに下記リンク先の中にある動画の0:36、4Qの50ヤードラインから、関学はギャンブルを決行し、投げたパスをインターセプトされますが、ここは定石どおりにパントで良かったんじゃないかと思います。

NHKニュース「ライスボウル 富士通が関学破り初優勝」へのリンク

まだ4Qのはじめの方で、しかも1点リードしていましたから。

しかしそれは、あくまでも結果にすぎないことは、自分でもわかります。

たまたま失敗し、それが最悪の形になった。

成功していれば、「守りに入らなかったことによる勝利」と言われていたと思います。

2年前、最後の最後に無難なプレイをしてひっくり返されたことが、強烈に印象に残っていたのかもしれません。

この時点まで1点リードできたのは、失敗しながらもスペシャルプレイを繰り出した結果かもしれません。

もしやってなかったら、そこまで点がとれていただろうか、とも思いますし、逆にもっと取れていた、と考えることもできます。

「関学が定石通りの試合運びをやっていたら勝っていたかもしれない」

と言うのは、あくまでも結果から導いた声だと思います。


なお、試合展開ですが、いまのところこの記事が一番詳細に書いてあると思います。

NFL JAPAN「ライスボウル 試合結果」へのリンク


2.初優勝の富士通について

富士通フロンティアーズは初めてのライスボウルで初優勝を決めました。

日本代表を何人も抱えるチームで、何度もライスボウルまであと一歩、と言うところまで来たのですが…

そこに今シーズン、コービー・キャメロンと言うQBが加入しました。

米カレッジ界でも有名なルイジアナ工科大学でプレイし、優れたパッサーに贈られる「サミー・ボウ賞」を獲得。

NFLまであと一歩、とまで言われた選手です。

「いよいよ富士通は本気で優勝を取りに来た」

春先にそう思いました。

もちろん今までだって、本気で優勝を取りに来ているはずです。

しかし、社会人スポーツがどんどん衰退していく中、これは並々ならぬ決意だったと思います。

このライスボウルでは、キャメロン選手は負傷のために欠場しましたが、キャメロン選手と彼がチームに与えたものを抜きにしては、ここまで勝てなかったと思います。


川崎市に住む私にとって、何が嬉しいかと言いますと、住んでいるところを尋ねられたら、最低でもこれからの一年間は

「日本で一番強いアメフトチームがあるところです」

と言えることです。

と言っても、多くの方には「?」でしょうが…

それでも、そう言うことが言えるのは、とてもうれしいです。

ありがとう、フロンティアーズ



(2015ライスボウル後の富士通今井主将のあいさつ)


3.MVPについて

MVPには2TDをあげた、RBジーノ・ゴードン選手が選ばれました。

JAPAN X BOWLに続く受賞となりましたが、ネットでは西村選手がMVPでよかったんじゃないか、と言う声をよく見かけました。

西村選手はこの試合で4本のFGを決めました。

特に3本目のは、今季自己最長となり、NFLでも成功率が低いと思われる48ヤードのものでした。

他にも41、47、33ヤードのものを決めています。

日本のアメフト界で、40ヤード超を決めるのは、簡単ではないと思われますが、43ヤードのものを失敗した他はすべて決めたのは、すごいと思います。

そして9点差と言うスコア。

TDとPATの得点が両チームとも同じ中で、決まったFGの差が3本。

これがそのままスコアの差になりました。

そして、ほとんどのキックオフで相手陣10ヤード以内に落とし、何本かは5ヤード以内だったと思います。

これらはかなりいやらしい、良いキックオフだったと思います。

ですから、私は西村選手がMVPで良かったんじゃないかと思うのです。

もしくは、ナイスリターンを2本決め、TDパスも捕った中村クラーク選手で良かったんじゃないかと。

最初にスタッツをあげましたが、この試合はスペシャルチームで勝ったとも解釈できます。

ですから、西村選手か中村クラーク選手に獲得してほしかったです。


4.学生と社会人の差は広がったか

「学生と社会人の力の差がはっきりした」

twitterではそう言う声をいくつか見ました。

私はそうは思わないです。

スタッツで学生が圧倒していたことは前述したとおりです。

そして、中央へのランをよく出していましたし、最後までタックルをよく決めていました。

私は富士通のランで、試合終盤関学のディフェンスは息切れするかもしれない、とも思ったのですが、最後の最後まで、ミスタックルは少なく、早い集まりをしていたように思います。

今回だけの結果をみると、ライスボウルが社会人対学生でいいと思います。


これは冗談ではないのですが…

視力がかなり落ちたせいか、三階席から見ていると、時々関学の選手が、強かったころのバッファロー・ビルズの選手に見えました。

ネタではなく、本当にそう見えたのです。

関学はバッファローと同じく、チャンピオンシップで4年連続敗退となったわけですが…

私が書くまでもなく、スポーツを見ている人なら誰でも思うことだと想像しますが、チャンピオンシップに4年連続して出てくると言うのは、並みたいていのことではないはずです。

もう関学では学生は社会人に勝てない、と思うかたがいれば、他の大学のことを考えてみればわかります。

その関学に歯が立たないのです。

たぶん一昨年のことだったと思いますが、テレビで関学アメフト部の特集を見て、こんな組織に勝てるわけがない、と思いました。

(まあ、他の大学の内訳を知らないのでそう思った、と言うのもあるのでしょうが)

関学なら来年は勝てるかもしれない、私はそう思います。

その時たたえられるのは、ここまで負け続けてきた方々の努力もあるはずです。

先日クリスマスボウルで関学高校が久々に優勝した時、監督は

「勝てなかったころの選手たちに感謝したい」

と言ったそうです。

そう言う組織だから、関学は強いんだと思います。

話しが混乱してきましたが、とにかく、4年連続して負けた4回生の方々には、4年連続してライスボウルに出場したことを誇りに思って、これから社会に出てほしいと思います。



(2015ライスボウル 関西学院タッチダウン )

5.さくらボウル初観戦

ライスボウルの後、女子タッチフットボールの日本選手権の「さくらボウル」を観戦しました。

毎年ライスボウルの後に行われるのですが、私にとってはたぶん初めての観戦になると思います。

実はフラッグフットボールもタッチフットボールも正確なルールは知らないのですが、見ていると、勝敗とかより、選手の方々の運動能力の高さに驚きました。

両チームのQBは特に高かったように感じました。

印象に残ったのは、神戸大ルークス(黒いほう)のQBが、目の前でサックを狙っている選手をブロックしているプレイが行われているのに、あわてることなく、じっとターゲットを探してパスを投げたプレイでした。

この落ち着きぶりはすごいな、そう思いました。

それにしても観客が少なかったのが残念です。

けっこうおもしろかったので、多くの方に見てほしいな、と思いました。

最終スコアは

神戸大ルークス 44-21 関西アウィリーズ

でした。

いくつか動画を貼っておきます。






6.番外:ジョーダン・キャメロン選手も観戦

試合後、フィールドにはコービー・キャメロン選手の兄で、現役NFL選手にしてオールスター戦にも出たことがあるジョーダン・キャメロン選手(クリーブランド・ブラウンズ)がいました。

ファンに囲まれて、サインに応じたり、写真撮影にも応じてくれてました。

20150104ライスジョーダン・キャメロン

ジョーダン・キャメロン選手の目には、日本のアメフトはどう映ったんだろう…

とても気になります。

なお、下のツイートはライスボウルの翌日のものだと思われます。




正確には訳しきれませんが、

「プレイできなかったけど、弟を誇りに思うよ」

と言ったところだと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】ライスボウル2015の私的見どころ



(関西学院ファイターズが制作したと思われる、明日のライスボウルに向けた決意を表明した動画)


明日1月3日、東京ドームで、アメリカンフットボール日本一を決める

第68回ライスボウル

が行われます。


個人的に期待していることを書いておきます。


今回は、学生チャンピオンで4年連続出場の関西学院ファイターズ(関学)と、社会人チャンピオンで初出場の富士通フロンティアーズ(富士通)との対戦です。

関学はここまで3年連続で敗退しています。

ここ10年間で、学生チャンピオンが勝ったのは、一度だけです。

アメリカンフットボールの世界も、ラグビーと同様、社会人優位の時代となっているように感じます。

ですが、関学ならば社会人相手に何かやってくれるかもしれない、という期待を持てます。

やはり、一昨年の試合で、最後の最後まで、オービックシーガルズを苦しめた記憶があるからです。

あれはすごい試合でした。

普段は見られないいろいろなトリックプレーを駆使して、オービックを苦しめていました。

その時の主力選手は去ってしまいましたが、伝統の力は残っているはずです。

ですから、明日の試合で関学がどういうカードを持ってくるか、とても楽しみです。

アメリカンフットボールは、力の差があっても、作戦で勝てるスポーツです。

関学にはそれを証明してほしい、と期待しています。


一方の富士通ですが、川崎市が本拠のようなもので、我が家からそう遠くないところに練習場があるようです。

ですから、愛着があります。

こちらにも負けないでほしい、そういう気持ちもあります。


そんな訳なので、どちらが勝っても嬉しいということになるでしょう。

ところでこんな記事を見ました。

週刊TURNOVER「来年1月3日にライスボウル 関学大・鳥内監督、富士通・藤田HCに聞く」へのリンク

「関学の土俵」

という言葉がよく出てきます。

富士通は、関学の土俵に上がらないように気をつけないと、と言っていますし、関学はそこに持ち込もうとしています。

やはり、関学との試合と言うの特別な空気なんだな、と思いました。

両者が、その土俵に乗せるよう、または乗らないようにするよう、どう試合を進めていくのか、というのも、観戦のポイントだと思います。

そう言うことを考えますと、明日がとても楽しみです。


ところで、12月31日に下記のツイートがありました。



富士通のQBコービー・キャメロン選手の兄弟でNFLで活躍しているクリーブランド・ブラウンズのTEジョーダン・キャメロン選手のものです。

おそらくライスボウルの応援に来られたのでしょう。

ライスボウルを見て、日本のアメフトのレベルは意外と高いな、そう彼に思わせるようなゲームになればいいなと思います。


20141231フロンティアーズのポスター

(川崎市内のコンビニで見かけたポスターです

 店員さんの許可を得て撮影させてもらいました)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

アメリカンフットボール Everybody クリティカルヒット タクトOK!! オードリー 平良海馬 春日俊彰 ラグビー 埼玉西武ライオンズ イコールワン福岡SUNS アート・ムンク スティーブ・ラージェント ジェリー・ライス ジェームズ・ロフトン ニック・マルティネス 福岡ソフトバンクホークス 月間MVP テレル・オーウェンス ハロルド・ジャクソン フリオ・ジョーンズ ランディ・モス 阪神タイガース 失策 甲斐野央 千賀滉大 甲斐拓也 稲尾和久 大谷翔平 オリンピック エレン・ロバーツ オーストラリア 週刊ナイトライダー 岡部平太 Xリーグ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 コロナCOVID-19 ワクチン スーパーボウル ワイドナショー 泉谷しげる 清田育宏 糟屋郡 粕屋郡 柳田悠希 変態ホームラン 左へ引っ張る bayfm AWAKE 有馬隼人 NFL ツイッター Twitter Twitterスペース キューバ 東京オリンピック モイネロ 磁石 永沢たかし 佐々木優介 J.J.ワット ティム・ティーボウ キリスト教 歴史 ふくらすずめ 関西学院大学 お笑い 5thdownチャレンジ YouTube ジョニー・ペスキー 錦織圭 清水善造 熊谷一弥 ベーブ・ルース ジェンダー問題 魔女 小泉今日子 河口正史 石川柊太 春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 吉野至 ホークス 周東佑京 みらいふ福岡SUNS 石川雄洋 ノジマ相模原ライズ 横浜DeNAベイスターズ スタンフォード ボビー・バレンタイン 東京五輪 DK・メトカーフ 津森宥紀 勝利投手 QB オハイオ州立大 ジャスティン・フィールズ 鷹ギャール はぁちゃん BLM オリックス・バファローズ マネキン ワシントン・フットボールチーム オードリーのオールナイトニッポン エムガルティ 片頭痛 ドッペルゲンガー ローランド トレバー・ローレンス ベラ・マルチナ 李卓 IPP 日テレジータス ドラフト 昭和の日 忽滑谷こころ P1Harmony Scared 笑い 寄席 緊急事態宣言 ジム・オットー ケン・バーロウ 背番号 平野宏周 KICKOFF~青春の晴れ舞台~ 宙船 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー iTunes 斉藤和巳 CFLグローバルドラフト 3DownNation CFL コンバイン コリン・レイ NFLドラフト候補名鑑 玲寿丸尾 丸尾 玲寿里 町野友哉 田浦文丸 バリカタ守備 ヘイトクライム MLB ヒューストン・テキサンズ アリゾナ・カージナルス オールナイトニッポン 佐藤敏基 クラウドファンディング 丸田喬仁 山﨑丈路 谷村有美 記録 NFLの歴史 今宮健太 和田毅 ヒーローインタビュー 川島慶三 パトリック・マホームズ 森唯斗 RB ビンス・ロンバルディ 呪い ニューノーマル 横山海マクスウェル ジョー・ネイマス 第3回スーパーボウル 特別ルール TOKYOMX ポッツビル・マルーンズ フリーエージェント NiziU 大阪大学 錦鯉 あちこちオードリー 東日本大震災 メンタルヘルス ボランティア ミスター・イレレバント ライアン・サカップ ザワつく! 金曜日 パンツァーリート テリー・ブラッドショー トム・ブレイディ マイア・チャカ ナイト・ライダー しまむら メンタルコーチ スポーツ心理学 オリックスバファローズ 酒井勉 ブレット・ファーブ レジー・ホワイト カイラー・マレー HBCU 黒人歴史月間 天皇陛下 エリザベス女王 ホイットニー・ヒューストン QBカルーセル BTS 防弾少年団 アーロン・ロジャース 斎藤まりな 斎藤ちはる ブロックバスター アローヘッド フライオーバー バッカニアー 泣くな、はらちゃん コージ・トクダ 鈴木弘子 新型コロナウィルス COVID-19 後遺症 チャット clubhouse クイズ リチャード 小久保裕紀 ライスボウル ピート・キャロル 立花道雪 菅田将暉 泣くな 丸山隆平 薬師丸ひろ子 忽那汐里 麻生久美子 はらちゃん カンニング竹山 たまむすび 医療従事者 野口聡一 カンザスシティ・チーフス グリーンベイ・パッカーズ 第1回スーパーボウル ナイトライダー ベイウォッチ デビッド・ハッセルホフ タンパベイ・バッカニアーズ カンファレンスチャンピオンシップ Zoom デショーン・ワトソン テッド・ウイリアムズ サッチェル・ペイジ ケン・グリフィー・ジュニア ノーラン・ライアン ドリュー・ブリーズ 星条旗 バッファロー・ビルズ プレイオフ アイシールド21 ヨリが跳ぶ 侍ジャイアンツ 英検 クリーブランド・ブラウンズ ザ・リーサルウェポンズ アップセット ラマー・ジャクソン 000ヤードラッシャー デリック・ヘンリー 2 令和2年 モチベーション フィールド・オブ・ドリームス ポプコン 相曽晴日 ビル ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ M-1グランプリ 相武紗季 キャンセルカルチャー BLM運動 奥野耕世 林大希 甲子園ボウル サラ・フラー TSL ザ・スプリング・リーグ リストコーチ 長谷川勇也 桑田真澄 シャーロック・ホームズ 憂国のモリアーティ REGGIE セニョール・パ キラスポ 工藤公康監督 #アメフトを止めるな 日本シリーズ ヘイルメアリーパス M-1 シティポップ シティ・ポップ 朝日奈央のキラめきスポーツ タイトル マックス・マギー 早稲田大学 福岡高校 ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス 流行語大賞 ドライブレコーダー 内川聖一 伊藤玄太 佐藤輝明 近江克仁 クライマックスシリーズ リーグ優勝 ステイホームトーナメント 近藤夏子 サンデー佑京 栗原陵矢 エノーラ・ホームズの事件簿 Netflix アレックス・スミス 五十嵐亮太 佐野元春 ウェリントン 新型コロナ Bye,Bye,September 原真祐美 ライバル IT 恐怖新聞 女性 シンデレラ 映画 ライアン・フィッツパトリック 80年代洋楽 シンディー・ローパー トロール 納言 パンクブーブー オードリーのNFL俱楽部 リトルトゥース 人種差別問題 松田宣浩 プロ野球 17LIVE 霜降り明星 選挙 空母ミンスク 第三次世界大戦 セレブレーション 武田翔太 安倍晋三 ハイジ・ゲーム ハーシェル・ウォーカー 澤木由衣 四千頭身 久保建英 ビジャレアル サッカー 鳥内秀晃 ダニエルKイノウエ国際空港 真珠湾攻撃 新型コロナ禍 終戦記念日 モーションキャプチャ ニグロリーグ 2020年甲子園高校野球交流試合 オプトアウト 福高 自律神経失調症 福高剣道部 ローレント・デュバニー・ターディフ 長瀬智也 手越祐也 スコット・ノーウッド キッカー レッドテイルズ 文化戦争 ダグ・ウィリアムス ワシントン・レッドスキンズ カート・ワーナー 虹プロジェクト スポーツとIT 福岡賢樹 コリン・キャパニック オンラインルール説明会 ブルーインパルス 医療従事者にエールを eスポーツ MADDEN 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 合谷 RPA オービックシーガルズ 金スマ 昭和天皇 運動不足 動画 ブーマー・アサイアソン 羽生結弦 聴覚障害者 熱男リレー EXIT 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ GAMEPASS 歴史的黒人大学 スーパーボウル観戦会 ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ドン・マカウスキ ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 福田秀平 NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 平成時代 終戦の日 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS DAZN Amazon Hulu パワーランキング グレード 引退 復帰 オフ会 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ 人工知能 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 広島東洋カープ 優勝 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン 眼精疲労 JINS 電柱 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 大石 森脇 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 グリーンベイ ロジャース ファーブ パッカーズ メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 野村 景浦安武 あぶさん 立花香織 南海ホークス 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 東尾理子 東尾修 石田純一 September Earth, Fire 九月 Wind アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -