ユーザータグ : ワールドカップの記事 (1/1)

【FIFAワールドカップ2014】特に受験生にとっては、サッカーに熱狂するだけではもったいない



(竹内まりや「象牙海岸」)


FIFAワールドカップ2014は予選リーグが終わり、決勝トーナメントが始まります。

もっと早く書けばよかったんでしょうが、こう言ういろんな国の名前が連日報道されるイベントがあるのは、大学や高校の受験を控えた人には大変なチャンスだと思うのです。

いろんな国の地理歴史を、いつもよりは知ることができますから。

テレビなどのメディアでもいろんな国について報道されますし、ちょっと気になったらネットで調べることも可能です。

何よりも、いつもよりは外国について、普段よりは調べてみよう、と言う気持ちが出てくるんじゃないかな、と考えます。

地理歴史は暗記しなければいけないからつらい、と思う人も多いと思います。

ですが、自分が興味を持って調べたことと言うのは、自然と覚えることができて、なかなか忘れることはないものです。

もう一度書きますが、チャンスです。


コートジボワールはなぜ昔「象牙海岸」と呼ばれたのか?

「コートジボワール」は、どこで区切って呼ぶべきなのか?

コロンビアという国名はだれの名前をとってつけられたものか?

(それがわかれば、コロンビアはアメリカのどこかの国、と言うのは覚えられます)

ギリシャ…私にもよくわからんのですが、なんであんな経済状況でワールドカップに出られるのか?


他にも今ぱっと思いつくのは、なぜ地理的にアジアにあるイスラエルは、ヨーロッパの協会に属しているのか?

先日書きましたが、一部のスイスファンは、なぜチーズのかぶり物(「チーズヘッド」と呼ばれています)をかぶって応援したのか?

前回大会はアパルトヘイト政策が残っていたら、南アフリカでは開かれていなかっただろう、と言うことも。


ただちょっと不満を感じるのは、スペインのことを「無敵艦隊」と呼ぶことです。

これは歴史を覚える上ではものすごいチャンスなのですが、日本以外ではほとんど呼ばれていないと言う話しも聞きますし、私の感覚では、蔑称に近いと思えるからです。


受験生に限らず、われわれ大人も、外国の人と仲良くするには、その国のことを知ることは大事だと思いますから、いいチャンスだと思います。


なお、恥ずかしい話しですが、私は大学では「地理歴史」を専攻する学科にいました。

今でも地理や世界史のことを知るのは大好きです。

でも、コートジボワールが「象牙海岸」であることをすっかり忘れていました。

こんな大人にはならないでくださいね。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【FIFAワールドカップ2014】スイスのファンはアメフトスタイルで応援~世界に広がるチーズヘッド

「アメフトNewsJapan」(@afnjapan)さんが、

ワールドカップサッカー、スイスファンもチーズヘッドで観戦中ですね。」
https://twitter.com/afnjapan/status/478229872108904449

とツイートされていたので、その画像を探し出しました。、

月曜日の朝の貴重な時間のうち、かなりをそのことに費やしたのですが、グリーンベイ・パッカーズのファンとしては見過ごすわけにはいかない、嬉しいニュースですから。


そして見つけました。

「Swiss Cheeseheads! pic.twitter.com/Ee9joxsSYQ
https://twitter.com/cjzero/status/478222056765415424/photo/1

こんな感じです。

20140617(小)スイス人がチーズヘッド

私が知っているチーズヘッドとは、形状や色が違うのですが、彼らが頭に載せているのは、まぎれもなくチーズヘッドです。


そもそもチーズヘッドとは、NFLのグリーンベイ・パッカーズのファンが身につける応援グッズです。

20140617GBのチーズヘッド

上の写真のように。

昨シーズンの「オードリーのNFL倶楽部」でも、後藤アナがチーズヘッドをかぶってパッカーズを応援していました。


グリーンベイ市があるウィスコンシン州は、チーズの生産高ではアメリカ合衆国内の約4分の1を生産しており、同国内第1位だそうで、

「アメリカの酪農地帯」

とも呼ばれるそうです。

そもそも「チーズヘッド」には「穴あきチーズのようにスカスカの脳」と言う否定的な意味もあるそうです。

もともとはライバルのイリノイ州の人が、ウィスコンシン州の人をからかうために、この「チーズヘッド」を作ったものの、ウィスコンシンの人は怒るどころか、「これはおもしろい」、と自分たちのものにした、と言う話しを読んだ記憶があります。

こういう歴史っておもしろいなと思います。


で、なんでスイスの人がチーズヘッドをかぶっているかと言いますと…

Wikipediaの「スイス」のサイトにこうあります。

「国名は、スイス建国の中心的役割を果たしたシュヴィーツ州に由来する。“Schwyz”(シュヴィーツ)は、古代ドイツ語で「酪農場」を意味する語が訛ったものだとされる。日本語表記の「スイス」はフランス語名“Suisse”(スュイス)または英語形容詞の“swiss”に由来する。ラテン語名は、古代ローマの支配が及ぶ前からベルン周辺に住んでいたケルト系先住民族の部族名・ヘルウェティイ族に由来する。ドイツ語辞書によると「スイス人」を表す“Schweizer”(男性名詞)/“Schweizerin”(女性名詞)には「熟練乳搾り人」「教会堂番人」「ローマ教皇の近衛兵」、さらに「スイス製チーズ」の意味も含まれる。」

スイス=酪農場

スイス=スイス製チーズ

と言っても過言じゃないからなんでしょう。


まあとにかく、こんなことをしてくれるんですから、パッカーズファンとしてはスイスを応援したくなります。

しょうがない、日本の次に応援するか…

「Go PACK Go!!」

ではなく

「Go Swiss Go!!」




なお、この写真に対し、パッカーズと同地区のライバルチーム、ミネソタ・バイキングスのファンサイトは

「このことを伝えるのは大変つらいんだが…」

と前置きを書いて

「この写真を見てからは、(スイスの対戦相手の)エクアドルが絶対にスイスに勝つことを願うようになった」

とつづっています。

こちらのサイトです。

The Viking Age「World Cup 2014: Swiss Soccer Fans Sport Packer-Style Cheeseheads」へのリンク

しかし願いはかなえられず、スイスが勝ちました。


なお、私はチーズヘッドは持っていません。

パッカーズファンでありながら…

エア・ヘルメットなら持ってるんですけどね。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~