ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【祝】佐野元春デビュー35周年~私にとっての佐野元春~




先週3月21日で、佐野元春がデビュー35周年を迎えました。

私はその日、Facebookで、1980年の同日、佐野元春がシングル「アンジェリーナ」を発表したことを知りました。

こちらです。



いい機会なので、佐野元春について思うことを書いておきます。


私は佐野元春の歌が好きです。

しかしそれは、アルバム「VISITORS」発売される前の歌だけでした。

怪しげな記憶を頼りに書いて行きますが、1981年に初めて佐野元春の曲を聴きました。

「ダウンタウン・ボーイ」でした。

たぶんラジオで、「オールナイトニッポン」ででした。

悲しげな曲を歌う人、と言うイメージを持ちました。

特に佐野元春に興味を持たないまま、翌年、今度は「Sugar Time」を聴きました。

次に「Happy Man」を聴いたとき、その、いい意味でふざけたような歌い方と歌詞に、

「あれ?佐野元春ってこんな歌も歌うのか」

と驚きました。

そして「Someday」を聴いて、素晴らしいな、と思ってから、佐野元春にハマりました。

1982年の暮れごろのことだと思います。


そこからさかのぼって、佐野元春のことを調べることになりました。

当時全盛だったポプコンに「Do What You Like-勝手にしなよ」で入賞したこと。

デビュー曲の「アンジェリーナ」は、発売時に、好きだったマンガ『マカロニ2』(『マカロニほうれん荘』の続編で)で語られていたことなどを知りました。

きんどーさん(金藤日陽さん)が、最近のお気に入りと言うことで紹介していました。

また、「オールナイトニッポン」のパーソナリティをしていたラジオっ娘(または「Lady oh!」)が、佐野元春の『Night Life』を歌っていたことなどなど…

けっこう身近なものに関連していたことを知りました。

すっかりファンになってしまいました。

『彼女はデリケート』で始まる「サウンドストリート」を聴きながら、大学受験勉強をしました。


佐野元春は1983年5月に渡米。

帰国後、1984年5月にアルバム『VISITORS』を発売しました。

大学1年生になっていた私は、このアルバムの曲を聴いて違和感を持ちました。

なんか違う…

Wikipedia「佐野元春」には、この時期のことを

「数曲でラップを取り入れたことや、前作までのナイアガラ系に通じるサウンドから一変したことで、賛否両論が巻き起こった」

と書かれています。

私だけじゃなかったんだなぁ…


その後『Young Bloods』に、自分が好きだったころの佐野元春を感じましたが、それから今に至るまでは、特に注目して聴かなくなりました。


それでも、今も渡米前までの佐野元春の曲は大好きですし、カラオケでも歌います。

アルバム『Back To The Street』『夜のスウィンガー』のいかれた歌い方ができるようになるといいな、とずっと思っています。

多分これからも、こんなスタンスで、佐野元春を楽しんでいくと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

スコットランド独立投票で思いだした佐野元春の歌「国のための準備」~民主主義国家の国民の義務



佐野元春 and the hobo king band 「国のための準備」と言うの動画)


スコットランドの9月18日に行われたスコットランド独立の是非を問う住民投票は、即日開票の結果

内訳は独立反対が約200万票(55.25%)で独立賛成が約162万票(44.65%)

だったそうです。

これにより、スコットランドは、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)にとどまることになりました。


このことが決まった翌日、日本テレビの「ウェークアップ!ぷらす」で、辛坊治郎さんが

「スコットランドの件。

 たった一票でも賛成派が上回れば国の独立が決まると言うことでして…

 そう考えますと、民主主義ってすごいシステムだな、と思うとともに、恐ろしいなとも思いました。」

う~ん、深い言葉だと思いました。

ちなみに1票でも独立賛成派が上回れば、たしか2016年3月24日にスコットランドは独立する予定だったと記憶します。


間接的とはいえ、投票で大事なことが決まるは、我が日本国も同じです。

ですから我々選挙権をもつ者は、国政について問われた時、回答を出す準備をしておくべきだと考えます。

文明が発達するにつれ、そのことは難しいとは思いますが、それが民主主義国家の国民の義務だと考えます。


そこで今回書かせてもらうのは、トップに置いた動画の

「国のための準備」

です。

2006年のライブのもので、2001年に作られたのようです。

佐野元春がこんな強烈なタイトルのっていたのとは知りませんでした。

詞はこちらです。

「佐野元春/歌詞:国のための準備/うたまっぷ」へのリンク

「国のための準備はもうできてるかい?」

で始まり、同じく

「国のための準備はもうできてるかい?」

で終わる短い歌です。

その間の歌詞には、右にも左にも、どちらにも寄るものではなく、ただ

「何も考えてないと、とんでもない事態になってしまうよ」

と言うようなメッセージがあります。

私は、

民主主義国家の国民は、政治に参加することは権利でもあり義務でもある、

と考えますから、この歌には大変同意します。


今すぐ何を問われるわけではなくても、「国のための準備」をしましょう。

情報をあつめ、考えて自分の意見をもつところから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【佐野元春】「Film No Damage」(フィルム『ノー・ダメージ』)公開へ~僕が好きだったころの佐野元春



(「Film No Damage」(フィルム『ノー・ダメージ』)のPV)


1.「Film No Damage」が今秋公開へ

佐野元春の「幻のフィルム」と言われていた

「Film No Damage」(フィルム『ノー・ダメージ』)

が、発見され、今秋9月7日から全国の映画館で公開されるそうです。

佐野元春のファンサイトのニュースはこちら

MWS「『Film No Damage』30年の時を経て9月7日より全国上映が決定」へのリンク

関連ニュースはこちら

ナタリー「佐野元春、幻のドキュメント映画が30年経てロードショー」へのリンク


2.僕が好きだったころの佐野元春

私は高校3年生の半ばぐらいから、大学に入学するころまで、1982年終わりごろから1984年初めごろまで、佐野元春が大好きでした。

ラジオを聴きながら勉強をしていた私は、1981年ごろから「佐野元春」の名前は聞いていていました。

最初に聴いたのは「ダウンタウン・ボーイ」だったと思います。

その後何曲かラジオから流れる彼の歌を聴きました。

「Happy Man」「Sugar time」「彼女はデリケート」…

「SOMEDAY」を聴いてから、佐野元春の歌が好きになりました。

しかし1984年に発売されたアルバム「VISITORS」を聴いてから、これまでと一変したスタイルが好きになれず、自然にそれ以降の歌を聴かなくなりました。

Wikipediaの「佐野元春」のサイトには、このような記述があります。

「数曲でラップを取り入れたことや、前作までのナイアガラ系に通じるサウンドから一変したことで、賛否両論が巻き起こった」

私は「否」のほうにまわってしまったわけです。

今考えますと、「VISITORS」の収録曲、特に看板となる「TONIGHT」や「COMPLICATION SHAKEDOWN」には、サビらしいサビがなかったのが、好きになれなかった要因のように思えます。

その後発表された佐野元春の歌の中で好きになれたのは、今に至るまで「Young Bloods」だけです。



「好きになれた」と書きましたが、そもそももう佐野元春の歌を聴かなくなっていましたので、ほとんどの歌は、食わず嫌い、ならぬ聴かず嫌いです。

「嫌い」と言うほど否定的ではなく、「好きになれなかった」と言うのが正確なところだと思います。


3.いつまでも「SOMEDAY」でいいのか

先月の初めのことだったと思うんですが、スカパーで佐野元春のMVの特集を見ました。

知らない歌ばかりでした。

しかし最後は

「SOMEDAY」

でしめられていました。

これに似た動画だったと思います。



私らの世代には「SOMEDAY」を特別な歌と思っている人は多いと思います。

多くの人が「ガラスのジェネレーション」の最後の歌詞

「つまらない大人にはなりたくない」

と思いながら、かっこいい存在になるべく「SOMEDAY」を聴き、口ずさんでいたと思います。

私もなんとなく、「つまらない大人にはなりたくない」と考えていたと思います。

しかし現実はなかなかむずかしく「つまらない大人」になってしまったように感じます。

今ブログを一生懸命書いているのは、「つまらない」部分を穴埋めしているようなもののような気がします。


「SOMEDAY」は素晴らしい歌だと思います。

しかしもう30年以上も前の曲です。

素晴らし歌は普遍的でなければならないと思いますので、30年も前の曲が今でも称賛されるのは素晴らしいと思います。

しかし一方で、「SOMEDAY」を越えられない曲が出てこないのが不満でもあります。

僕が佐野元春を好きだったころの歌である「SOMEDAY」が、いまだに彼の代表曲であることに嬉しさを感じつつも、このままでいいのだろうか、佐野元春自身はそのことをどう思っているんだろうか、なんて矛盾したことを考えてしまうわけです。


余談

下記リンク先の動画は、今年2月ごろのものです。

あるライブの後の打ち上げの模様です。

「SOMEDAY」を歌っているのは、画面には出てきませんが、私です。

(お店の許可を得て、個室で騒いでいます)

お遊びとはいえ、痛い…

YouTube「HOT-L 打ち上げ3」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリー アメリカンフットボールU19世界選手権 NFL アメリカンフットボール WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ホークス オールナイトニッポン ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン コージと楽しむNFLライフ サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS NFL倶楽部 ピース綾部 スーパーボウル オードリーのNFL倶楽部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 戦争 日本シリーズ クラブベアーズ オーパーツ福岡SUNS ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Amazon Hulu Twitter DAZN グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Xリーグ Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ メンタルヘルス イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー  熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 プロ野球 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 ライオンズ アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ JINS 眼精疲労 ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース 応援 ファン ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動車保険 自動走行システム ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 福岡のライオンズ 東尾 カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 twitter、松田 POISON GIRL BAND HOT-L ライブ ファンブル ピッチ おれさまファンクラブ ほめられサロン ホメラー 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです ストロベリー 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 ファーブ グリーンベイ ロジャース パッカーズ メンタル不全支援 スイム ジョー・モンタナ パスプロ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション タイムスリップ 歴史ブーム  ジョン・タイター サムライハイスクール 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 クライマックスシリーズ 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 南海ホークス 野村 立花香織 景浦安武 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind 九月 Fire Earth, twitter Tumblr 室原知幸 砦に拠る 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -