FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


(公開収録来行ってきました その3)【2018WEEK18】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~全体のこと

今回は収録全体を振り返ってみます。

それにしても、もっと早く書いておくべきでした。

だいぶ忘れてしまいましたので…


1.昨年に比べ、タイムマネジメントが良かった

昨年の収録の時に比べ、かなり効率的に運営されたように感じました。

去年の、スタジオに入るまで、そしてスタジオに入ってから収録が始まるまでの時間に比べ、今回それが短縮されていたように感じます。

そして、スタジオに入ってからの2時間半ぐらいの間に、多くの撮影が行われました。

素人が言うのもなんですが、2回目ですので、かなり手際が良かったように感じます。

番組本編、オフトーク動画の撮影の他、番宣CM動画の声入れや、たぶんまだ公開されていない番宣動画の撮影もありました。

また、毎週Facebookに投稿されている収録の感想の取材なども行われました。


全部興味深いもので、気を抜くヒマがありませんでした。

とにかく、たくさんのものが見れて嬉しかったです。


2.今回の前説もビッグスモールン

佐野徹プロデューサーが、昨年に比ペ手短にあいさつした後、「僕が話していても盛り上がらないでしょうから」と、前説の芸人さんを招き入れました。

昨年に続いて、前説はビッグスモールンの二人でした。

安定の「萬時計」から

20190122鳩時計オードリーのNFL俱楽部公開収録の画像

荒技の「バスケットボール」

ここでは、観覧に来ていたアメフト選手2人を前に呼んで、やってみるような無茶ぶりもありました(去年もあったような…)



そして、アポロシアターのオーディションで合格した「自由の女神」を披露してくれました。




若林は「オードリーのオールナイトニッポン」で、ビッグスモールンのゴンに対して厳しいことをいいながらも、「実際のところは、ピッグスモールンは普通にすごくておもしろいからね」と言っていますが、その通りでした。

会場がだいぶあったかくなったような気がします。


3.MC陣ら入場

MC陣とゲストが入場して着席しましたが…困ったことに順番と反応の大きさを忘れてしまいました。

オードリーの二人、相武紗希さん、岩田アナ、菅谷アナ。そして野口聡一宇宙飛行士。

野口さんのときは驚きの声があがりました。

私も、まさか今日本にいるとは思いませんでしたので。

20190122若林の熱視線オードリーのNFL俱楽部公開収録の画像

(子の画像、「若林の熱視線EXTRA」のように見えるんですが…

その時はカメラと言いますかスマホの電源切ってましたし…

多分リハーサル中のものだと思うんですが…)


4.撮影の間のMC陣

最初に書きましたが、いくつかの動画や撮影、そしてインタビューが行われました。

その間のMC陣の様子(にこだけは会場にいないとわかりませんでしたので一生懸命見ました)ですが…

昨年もそうでしたが「収録の間は無口」と言われている春日が、自分の席の後の学生さん、たしか東京大学の学生さんと話していました。

どのタイミングだったか忘れましたが、若林が次に応援するチームについて、相武さんに

「どうするんですか?」

と話しかけられ、

「もうこうなったら、プレイディ様を応援しようかな」

と言っていました。

ブレイディに対して厳しい若林ですが、最近は、一週まわって好きになっているようですし、それもおもしろいなと思いました。

「若林さん、髪切りました?」

と相武さんか岩田アナから尋ねられてました。

公開収録と言うこともあってか、オンエアしても差支えのない、と言いますか、オンエアしたほうがおもしろいんじゃないか、というような会話が多かったです。

ずっと4人が話しているのを見ていたかったです。


5. Facebookサイト、「NFL CLUB」用の取材

前述の「毎週Facebookに投稿されている収録の感想」について、取材が行われました。

こちらです。



印象に残ったのをいくつか

「ペイトリオッツがこんなに嫌われているとは思いませんでした。」(相武さん)

何回か前の番組かオフトークで、若林が「ベイトリオッツファンって多いから、下手に悪口を言えない」と言っていました。

私の認識では、たしかに少なくはないですが、プロ野球で言う調査ジャイアンツほどの存在感はありません。

ここ20年弱で急に強くなったチームなのだからでしょう。

それに、ペイトリオッツファンが、何か言われたら言い返すようなシーンは見たことがなく、おとなしいと言う印象です。

逆に「どうせ自分たちは嫌われているんだろう」と思っている人も少なくないような…

(福岡ソフトバンクホークスのファンとして、わかるわ~)

ちなみに…

一昨日、スーパーボウルにペイトリオッツが出ることが決まりましたが…

「またペイトリオッツかよ」

と言うような他チームファンの声が圧倒的に多かったように感じます。

チームによってファンの多さにはばらつきはあると思いますが、そんなに飛びぬけて人気があるチームはないように感じます。

「(公開収録は)悪くないね!」(春日)

去年は、二度とやりたくない。と言っていましたが…


5.公開収録が成功したな、と思ったこと

これから書くことが、一番書きたかったことですので、この章だけでも最後まで読んでいただけると嬉しいです。


最後に収録の全体写真が躍られたのですが…

最初左側の人が入らなくて「ブレイディのジャージを着ている女性から左が入っていない」と言うスタッフの声が聞こえました。

けっこう私の近くの席に座っていたので、その人の表情を見ていたのですが…

最初は自分のことを言われているとは思わなかったようです。

収録が終わっても、当然のことながらスタジオで解散、と言うわけではなく、スタッフの方の誘導する通りに局を出なければいけません。

その間、待ち時間があり、ブレイディのジャージを着ていた人を見かけましたので、ちょっと話してみました。

ジャージは番組が収録の間、貸していたものだそうです。

私と同じ世代のオードリーファンのようですが、アメフトとはほとんどこれまで縁がなかったものの、知人に応募を薦められて来たそうです。

「私が着ていたブレイディと言う人は、なんというチームの人なんですか?」

と言うほどNFLIには縁のない人でした。

しかしその後

「今日一日で、アメフトがものすごく身近に感じられました。」

と言っていました。

「公開収録は、これが最初で最後になるかもしれません」と去年スタッフの誰かが言っていた記憶がありますので、今年も行われたことには驚きました。

スタッフの方が、かなり強張ってくれたのだと思います。

さらにこの回の前のオフトークで、松尾アナが「日テレで一番大きなスタジオでやるんですって」と言っていましたが、たしかに昨年のスタジオより広く、番組は昨年の150人を超える200人を収録に参加させたようです。

この「ブレイディのジャージを着ている女性」の話を聞いたら、スタッフの方々は、がんばった甲斐があったと嬉しく思うでしょう。

スタッフではないですが、ずっと番組のことを応援している私も嬉しくなりました。

「アメリカンフットボールを広めたい!!」

今のところひとりではありますが、オードリーやスタッフの願いが、この収録でかなったと思います。

「年に1回でもこういう形はいいですよね。」と春日が言うように,ぜひ業年以降も公開収録をやってほしいです。

「来年あたりは、外の日テレイベント広場でやるのもいいよね」と言うのもいいんですが、重いので、もっと早く9月か10月ごろにやっていただければと思います。

6.最後に

公開収録が終わりに近づいていると感じ始めた時間帯に「まだ終わってほしくない。まだなんかやってくれ」と思いながら私は座っていました。

その願い通りに、いろいろと詰め込まれた、濃い収録だったと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

20190121ステッカーオードリーのNFL俱楽部公開収録2018

(公開収録でもらったステッカー)

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【その2】「オードリーのNFL倶楽部」の公開収録に行って来ました~番組収録と【2017年シーズンWEEK19】「オードリーのNFL俱楽部」のこと

今回は、本番放送収録のことを書きます。



1.出演者入場

まず最初に、今回ハイライトを実況する中野謙吾アナが入ってきました。

正確には覚えていませんが、MC席の前で立ち止まって、

「入社14年目で、NFLを担当して12年になります。

これまで5回スーパーボウルに行かせてもらいました。

明治大学ではテニス部に所属していました。」

と言うような挨拶をして、実況席に消えていきました。

(そう言えばどこで実況していたのか覚えていません)

次に久野静香アナが入場して着席。

そしてオードリーの2人、若林、春日と漫才の時と同じ順番で入ってきて着席しました。

こちらの3人はとくにあいさつはなく、「よろしくお願いします」と言うことを何回か言いながらの入場、着席だったと思います。

(この3人のことを、無礼だ、と言っているわけではないです

中野アナの場合、3人に比べると、特にオフトークを見ていない番組のファンのには知られていないと思われますので、あいさつしたのかな、自己紹介を兼ねた挨拶をしたのかな、と私は思っています)


2、収録全体をとおして

収録は、放送される時間とまったく同じ時間で行われました。

「録って出し」と言われる方法のようです。

本番でCMが入る時間帯には、いったんそこでカメラを止めて、CMと同じだけの長さで休憩をとって、またスタート、と言うものでした。


3人が見るモニターは、テーブルの前の下の方にありました。

私が座ったところの隣の隣あたりです。


意外だったのは、リトルトゥースの間では、番組中以外は誰とも話さないキャラ、として知られる春日が、左後方の法政大学オレンジの選手たちと盛んに話していたこと。

たしか本番開始前には

「変わったんだ。へぇー」

と言っていました。

きっと法政大学のチーム名が、昨シーズン(2017年シーズン)「トマホークス」から「オレンジ」に変わったことに驚いていたのでしょう。

チーム名が変わることははアメフトファンの間でも、また、私の職場の同期(日本大卒)も驚いていました。

それほど「トマホークス」は重みのあるニックネームでした。

なお、画面左上に、オレンジのマスコットが時々映ってます。


3.収録スタート

番組は、我々観覧者も含めた

「トゥース」

でスタート。

前述の法政大学オレンジのマスコットが左上にいました。

「いっぱしのゴールデン番組に見える」

「観客の方の首がみんな太い」

といつもと違う「NFL俱楽部始まって以来初の公開収録」(久野アナ)の雰囲気を伝えていました。

「いつもより熱い」

と言っていましたが、私は特にそうは感じませんでした。

と言いますか、そんなことを気にする余裕はなかったです。


4.ジャガーズ対スティーラーズ

最初の試合はジャクソンビル・ジャガーズ対ピッツバーグ・スティーラーズ。



(NFL公式動画「Jaguars vs. Steelers | NFL Divisional Round Game Highlights」)

試合は予想に反してジャガーズがリードする展開に、オードリーの2人が

「でも最後はスティーラーズが勝つんでしょ」

みたいな感じでトーク。

会場の空気は、なんとなくスティーラーズびいきかな、と言う感じでした。


会場には何台かモニターがあり、CMを除けば、テレビ放送と同じイメージのものが映し出されていて、観覧者はそれを見て、声を出したり拍手をしていました。

私は、春日から見て左前方置かれたモニターを見ていました。

しかし、せっかくワイプ以外でMC3人が何をしているのか見ることができるチャンス、だと思い、モニターとMC3人を交互に見たりしていました。

でも、特に想像しなかったことをしていた印象はないです。

それは当然のことで、いつワイプに映るかわからないわけですから。

久野アナがブレイク・ボートルズの成績を読み上げるときにかんだんですが、それでもカメラを止めずに収録を続行。

そう言うスタイルなのか、とちょっと驚きました。

後述しますが、やはりいつもとは違う雰囲気に緊張していたのかもしれません。


5.「若林の熱視線SUPER」

タイトルコールは

「今日はみんなでやりましょう

「若林の熱視線SUPER」

ブシュー」

と観覧席を巻き込んでのものでした。

今回取り上げられたのはこのプレイ。




ハイライトの中にもあって、私はモニターをみながら、「きれいなプレイアクションだなぁ」と思わずつぶやいたプレイでした。

このコーナー、いつもは若林が久野アナに、このプレイのどこがすごいか尋ね、そして春日にも尋ねて、春日が独特のボケをする、と言う展開なのですが…

今回は久野アナの「きれいに決まったなぁ、と言うプレイですね」と言うと、春日もまったく同じく「きれいに決まったなぁ、と言うプレイですね」とかぶせる、いつもとは違うボケ。

若林に「女子アナ目線じゃ困るんだよ」とつっこまれると、「同じ動画見てるんだから、同じ感想になるのは仕方ないじゃないか」と言い返していました。


この春日のボケは毎回アドリブなのか、打ち合わせ通りなのかはわかりませんが、アドリブだとしたら、他にボケが思い浮かばないくらい緊張していたんだと思います。

最初に置いたFacebookのサイトの中に

「いつもと比べてみたら分かると思いますが、私も緊張していました。」(春日)

とありますが、まったくその通りで、緊張しているのかなと感じましたが、アドリブだとしたらそれがここに出たんだと思います。

ただその後の「同じ動画見てるんだから」と言う返しは、さすがだな、と思いました。


今回のプレイは、ランプレイの傾向が強いIフォーメーションからの、ランと見せかけてのプレイアクションのパスでした。

「Iフォーメーション」はQBの後ろに2人のRB、FBとTBを起き、FBがブロッカーとなって、TBがボールを持って走ることが比較的多いプレイです。

このプレイアクションパス、つまりフェイクが決まるには、こんな条件が必要だと思います。

・ゴール前や、ダウン更新前の短い距離が確実にほしい状況であること

・ランプレイが決まり続けていること

後者に関しては、ランが決まってないと、ディフェンスはパスディフェンスに重点を置くことができるので、決まりにくくなるからです。

そのシチュエーションで、プレイが始まりました。

まず40番のFBが、ブロッカーになるふりをして、前に走り出します。

次にQBがTBにボールを渡すふりをします。

ディフェンスはTBがボウルを持っているものと一瞬思い違いをし、前のめりになります。

そうやってディフェンスがいなくなったところへ、ブロックのふりをしていたFBが走り込み、QBからパスされたボールを捕るとほとんど同時にエンドゾーンに達してTDとなりました。

若林がフリップに書いた一言は

「ゴール前のFBはドッキリの隠しカメラ並に怪しい。」

でした。


余談ですが…

今シーズンのグリーンベイ・パッカーズは、QBアーロン・ロジャース、FBアーロン・リプコウスキ、TBアーロン・ジョーンズ、と言う「アーロン」3人によるIフォーメーションをとることがありました。

私がNFLを見始めた1989年当時、強豪だったサンフランシスコ・49ナーズにはトム・ラスマン、その少し後に復活したダラス・カウボーイズにはダリル・ジョンストンと言うパスキャッチがうまいFBがいました。

1993年のバッファロー・ビルズ対ダラス・カウボーイズのレギュラーシーズンでの対戦で、ビルズのFBハーベル・ガードナーが、インターセプトした選手を、両脚(両手ではないです)でタックルしていました。

FBは最近は「絶滅危惧ポジション」ともいわれており、IフォーメーションのFBの位置にはTEや時にはDLの選手が入ることもあります。


6.書籍化される『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』に動きが

最近恒例になっている、書籍

『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』

の紹介。

今週も、中身は白紙で若林が春日をたたくパターンだろうな、と思って見ていたら…

印刷されていました。

不謹慎な話ですが…若林がどれだけの勢いで春日を叩くのに興味があったので、見れなくて残念でした。

そう言えば前回書いた通り、ビッグスモールンの前説の中で、サイン入りの本をプレゼントする一幕がありましたから、もう出来上がっていたんですね。

本の特設サイトはこちら

「『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』特設ページ」へのリンク

このサイト、スマホとPCとでトップの写真が違いますので、両方みられることをお勧めします。

個人的にはスマホサイトの方が好きです。


7.ペイトリオッツ対タイタンズ

次のハイライトは、ニューイングランド・ペイトリオッツ対テネシー・タイタンズ。



(NFL公式動画「Titans vs. Patriots | NFL Divisional Round Game Highlights」)

ペイトリオッツが順当に勝った試合でした。

「ペイトリオッツのハイライト動画だけ、時間が短いような気がしませんか?」

と言う久野アナに、オードリーの2人が

「(ペイトリオッツの試合は(いつも)こんなもんだろうから(時間かけなくていいじゃん)。」

と言う答えが。

たしかに、今日流された4試合のうち、唯一荒れなかった試合だったと思います。


タイタンズと言えば、先週も書きましたが、タイタンズの現役チアリーダー、曽我小百合さんが、主催する

「プロボウル観戦会 in Tokyo」

のゲストなど詳細が決まりましたので、貼っておきます。



NFL解説でおなじみの輿さんや、Japan X BowlのMVPで、ライスボウルでも活躍した中村クラーク選手も来場するそうです。


8.ファルコンズ対イーグルス



(NFL公式動画「Falcons vs. Eagles | NFL Divisional Round Game Highlights」)

春日が応援しているフィラデルフィア・イーグルスと、昨年スーパーボウルに敗れたアトランタ・ファルコンズの対戦。

若林は、去年のスーパーボウルに敗れたファルコンズに思い入れがあるので、ファルコンズを応援していました。

ペイトリオッツ戦でも感じたのですが、今週は相手チームへのディスりがあまりなかったように思います。

最後は、ゴール前で4thダウンギャンブルで、これが決まれば時間的にほぼファルコンズの勝ち、と言うマット・ライアンからのパスがやや浮いてしまい、フリオ・ジョーンズが取れずにイーグルスの勝ち。

若林は、このホットラインが通らないこともあるんだな、と驚いていましたが、私も同感でした。


9.セインツ対バイキングス

ニューオリンズ・セインツ対ミネソタ・バイキングスの試合のことは、この収録日当日の朝にブログに書きましたが、とにかく衝撃的な幕切れでした。

「ミネアポリス・ミラクル( "Minneapolis Miracle")」のニックネームがつくほどの試合でした。



(NFL公式動画「Saints vs. Vikings | NFL Divisional Round Game Highlights」)

試合残り10秒で1点を追いかけるバイキングスの攻撃は、自陣39ヤードから。

負けないためには、最低でも20ヤードほどは進みたいところですが、今シーズン3番手の控えQBから昇格したばかりのケース・キーナムでは難しいか、と思われたところが、なんと次のプレイが61ヤードのTDパスとなりました。

そして時計はゼロとなり、試合終了となりました。

終盤に3度も逆転があった、スリリングな試合でした。


10.「少年カスガの超人プレイ」

今回は前述したキーナムからのゲームを決める61ヤードのTDパス。

こちらです。



「キャッチしようとするWRステフォン・ディグスに、下からもぐり込むようなタックルで止めようとしたセインツのディフェンスの選手について

「これはミスタックルだ」

と言う声があるそうですが、そうじゃないんじゃないか、と言う声もある」

と言うことが説明されました。

私の解釈では、「ミスタックル」とは通常タックルに言って失敗するすることを指し、その意味ではこれは完璧にミスタックルです。

ですがこの場合の「ミスタックル」とは、「タックルの仕方がおかしい」ことを指すようです。

ディグスが降りてくるところを両手でつかまえれば良かったのに、なんで下から行ったのか?と言う意味で「ミスタックル」だと言う声があるそうです。

細かいことは後日書きますが…

「そうじゃないんじゃないか」の声は、このタックルの仕方は悪くなく、待って両手で捕まえたら、そのまま外に出て時計が止まり、バイキングスのがFGを蹴って逆転勝ちすることになると考えたので、下から行ってインバウンズでプレイを終わらせて、そのまま時計を止まらせずに逃げ切ろうとしたんじゃないか、と言う事でしょう。

ただヘルメットでタックルに行っているようにも見えますので、とても危険だとは思います。

とにかくビッグプレイであることには間違いないのですが、会場の声はそんなに大きくなかったように思えます。


このあと久野アナから来週のカードと放送予定が告知され、収録は終了しました。


今考えますと、観覧席からの大きな歓声にもかかわらず、よくMC陣はコミュニケーションがとれたものだと感心します。

また、これじゃワイプの声は完成にかき消されるんじゃないか、とも思ったのですが、放送を見たら、きちんとMC陣の言っていることが聴こえました。

そして、前述のとおり、若林が春日を叩くことがなかったこと、そして若林への「例の話」いじりがなかったのは、ちょっと寂しかったです。


今回はここまでで、次回(できれば来週の月曜)は「オフトーク動画」の収録のことを書きます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! オードリー ラグビー NFL LFL 濱口芙由紀 オードリーのオールナイトニッポン むつみ荘 竹内まりや みらいふ福岡SUNS グリーンベイ・パッカーズ ロサンゼルスの戦い 太平洋戦争 終戦記念日 女子アメフト ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme アメリカンフットボール 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 鈴木弘子 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 終戦の日 平成時代 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 歴史 ドラフト AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Amazon Twitter Hulu DAZN パワーランキング グレード お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力小売り全面自由化 電力自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ 極貧球団 スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス IoT モノのインターネット リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動車保険 自動走行システム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 GIRL POISON BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 ストロベリー 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ グリーンベイ ロジャース 城島 パッカーズ メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 三浦春馬 サムライハイスクール 歴史ブーム タイムスリップ  ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 南海ホークス 立花香織 景浦安武 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾理子 東尾修 September Fire 九月 Wind Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 砦に拠る 木下典明 腸チフスメアリー 両性具有 サン・ジェルマン伯爵 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -