ユーザータグ : 剣道の記事 (1/2)

平成27年 第63回 全日本剣道選手権大会の感想



(決勝戦の決勝 西村選手対勝見選手の動画)

昨日行われた、第63回 全日本剣道選手権大会をテレビ観戦した感想を書きます。

かなり自分の感情を書くことになると思いますが、選手を非難するものではないです。


1.西村選手と梅ケ谷選手の準決勝

西村秀久五段(大分)梅ケ谷翔三段(福岡)が戦った準決勝は、こう言う決まり方もあるんだなぁ、と思わせる珍しい形で決まりました。

まず、両者に、「不当なつばぜり合い」の反則が与えられました。

(とにかくつばぜり合いの長い試合でした)

その後、延長で梅ケ谷選手がひき技を出した後、西村選手が押し出すような形で梅ケ谷選手を場外に出し(と私には見えました)、梅ケ谷選手に「試合中に場外に出る」反則が与えられました。

これで梅ケ谷選手が反則2回で、西村選手の一本勝ちとなりました。


こう言う勝ち方ってどうなんだろう、と思ってtwitterを見てみたところ…

この試合に賛否の両方の声が上がっていることがわかりました。

どちらかと言うと「否」のツイートが多かったように感じました。

私も、なんとなく残念な終わり方だな、と思っていました。


私はアメリカンフットボールが大好きです。

そして、ルールの中ではどんなことをやってもいいから、好きなチームには勝ってほしいと考えています。

たとえば、わざと相手に得点させる、と言う「こすい(ずるい)なぁ」、と思うプレイもありますが、それでもいいから勝ってほしいです。


しかし剣道では、一本で勝負が決まってほしいなぁ、と考えています。

反則で勝負が決まるのは、どっちを応援しているとか関係なく、なんとなくもやもや感が残ります。


西村選手は、準々決勝も相手の反則2個で勝ちました。

いずれも、相手が「自己の竹刀を落とす」と言う反則です。

西村選手がうまく落とさせたように見えました。


西村選手の勝ちあがり方に不満を持つツイートは少なくなかったです。

でも、考えてみれば、剣道と言うのはもともと生きるか死ぬかの闘いから生まれたものですから、相手がどうあれ剣を落としてしまうということは、死に近づくことになるでしょう。

そして場外はと言えば、断崖絶壁とかで闘っていたとしたら、外に出るというのは、死を呼ぶ行為になると言えるかもしれません。

ですから、西村選手の勝ちあがり方に不満を言うのは、甘いんだろうかな、と思います。

西村選手が決勝に進出したのは、堂々たる戦いの結果だと言えるでしょう。



2.決勝戦を見て

このような経緯があったのせいか、twitterでは、

「決勝は(西村選手と対する)勝見洋介五段(神奈川)に勝ってほしい」

と言う内容のツイートを、かなり見ました。

しかし、試合が終わると、西村選手を讃えるツイートを多く見ることになりました


西村選手が飛び込み面で先制した直後、すぐに、またも飛び込み面(「小手すりあげ面」かも)で一本を連取。

豪快な勝ち方でした。

準決勝までの西村選手は、とった一本は小手と反則の累積のみでしたので、多くの人がこのような展開を予想していなかったと思います。

私もそうでした。


一本取った直後に連取したのは素晴らしかったと思います。

勝見選手が油断していたわけはないと思います。

決勝まで来る選手ですから。

ただ、決勝戦なだけに、動揺はあったかもしれません。


西村選手は、動揺しているかもしれない勝見選手が立ち直らないうちに、と考えて、勝負をかけたのかもしれません。

また、自分が守りに入ってしまわないうちに、とも考えたのかもしれません。

それはどうだかわかりませんが、とにかく見事な連取でした。


西村秀久五段(大分)、優勝おめでとうございます。


3.梅ケ谷選手の将来が楽しみ

前述した梅ケ谷選手ですが、とても印象に残りました。

とにかく姿勢がきれいでした。

だいたい剣道の選手は姿勢がいいものですが、その中でも、梅ケ谷選手の背筋がぴんとのびた姿はきれいでした。

こう言う選手に強くなってほしいものだと思いました。


梅ケ谷選手は現在中央大学法学部2年生の20歳。

もし優勝していたら、史上最年少だったそうです。

西日本新聞「梅ケ谷(中大)最年少Vの好機 11月3日 全日本剣道」へのリンク

この記事の中にあるよう、福大大濠高校の出身だそうです。

(準々決勝 梅ケ谷選手対高見選手の動画)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

平成27年度第88回玉竜旗高校剣道大会の展望を読んで気になったこと

いよいよ7月24日から

平成27年度第88回玉竜旗高校剣道大会

が始まります。

まず女子の大会が7月24日~26日

男子の大会が7月27日~29日


大会公式サイトはこちらになります。

西日本新聞「平成27年度第88回玉竜旗高校剣道大会」公式サイトへのリンク

今年も母校剣道部の試合の経過を追いながら過ごすことになるでしょう。


この大会の展望記事がありました。

西日本新聞「中村学園女子に安定感 筑紫台の連覇は 玉竜旗女子 」へのリンク

西日本新聞「九州学院、V2へ闘志 経験豊富な島原 玉竜旗男子」へのリンク

これを読んでふと思ったのが

「PL学園の名前がないな」

と言うことでした。


PL学園は昭和57年、私が高校3年生の時に、本州の高校として初めて優勝しました。

その後1997年までに3度玉竜旗で優勝しています。

私の中では、PL学園はずっと剣道の強豪でした。

PL学園が玉竜旗を九州から持ち出してから、何度か玉竜旗は本州へ、そして最近では四国へ渡りました。

昭和2年に優勝した京城師範を除けば、PL学園は九州から玉竜旗を持ち出したパイオニアでした。

そのPL学園の名前が、展望に載っていない。

どう言うこと?と思ってちょっと調べてみました。


すると、こんな記事を見つけました。

「名門・PL学園を取り巻く厳しい現実|コラム|スポーツナビ」へのリンク

つい2週間ほど前の記事です。

「部活動も野球同様、全国の強豪だった剣道、ゴルフ、バトン部などが次々に衰退。すでにしばらく前からさまざまな点に揺らぎが見え始めていたのだ。」

そっか、俺が気がつかなかっただけか。

今に始まったことではなく、もうずっと前から剣道は日本一を争える状態ではなかったのでしょう。


優勝校の顔ぶれもだいぶ変わりました。

かわってないのは福岡大大濠ぐらいかな、と思います。


いやいや

歴史を振り返って感傷にひたるより、今年はどんな新しい勢力が台頭するか、それを期待したいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【剣道】平成26年第62回 全日本剣道選手権大会を見て思ったこと



(竹ノ内佑也選手と國友鍊太朗選手の決勝戦の動画

 福岡県同士の戦いとなりましいた)

平成26年11月3日に行われた、第62回 全日本剣道選手権大会を見て思ったことを書きます。

と言っても準決勝の2試合と決勝戦の計3試合をテレビで見た感想となりますが…


本質的ではない話しから書きますと、準決勝の選手の所属する都道府県を見て驚きました。

竹ノ内佑也選手(福岡)

國友錬太朗選手(福岡)

畠中宏輔選手(東京)

西村英久選手(熊本)


神奈川県や大阪府の選手がいないのか、と驚きました。

だいたいこのレベルになると、東京、神奈川、大阪の都道府県警の選手で占められてきたものなんですが。

(ただ私は、そう言う都道府県警の選手は、九州の出身者が多いと認識しています)

今回は九州の出身者が3人、うち福岡県が2人。

さらに竹ノ内選手は筑波大学の現役の学生だとか。

何年か前にも準決勝か準々決勝に学生さんが進出していた覚えはありますが…

とにかく、ここまで進出してきた顔ぶれに驚きました。


1.準決勝 竹ノ内佑也選手(福岡)対畠中宏輔選手(東京)

あっという間に決着がついた珍しい試合だったと思います。

竹ノ内選手が、抜き銅と、小手抜き面(と言うのでしょうか)を1分半足らずで決めました。

そんなに早く決まるほど多くの技が繰り出されたようには見えませんでしたが、竹ノ内選手が畠中選手の仕掛けを冷静にかわし、決めるべきタイミングを見逃さなかったように感じました。

ただ、二本目の面の状況は、動きが複雑すぎて、私にはよくわかりませんでした。



竹ノ内選手はここまでほぼ二本をとって勝ちあがってきました。

積極的、と言うか、この試合を見る限り、相手の仕掛けをかわして技を出す、と言うタイプなのかな、と感じました。


2.準決勝 國友錬太朗選手(福岡)対西村英久選手(熊本)

準決勝の一試合目に比べると、動きもやや少なく、長い試合でした。

結局両者譲ることなく延長へ。

この試合は終わるんだろうか…

なんて思っていたところで、國友選手の面が決まりました。

どちらかと言うと西村選手の方が仕掛けた回数が多かったと思うのですが、延長に入ると、國友選手の回数も増えたように感じます。

だいぶ見えてきたのか?腹を決めたのか?

それにしても、本当にテレビを通じて見ていても、試合の重苦しさが伝わって来る試合でした。

つばぜり合いのシーンなど見ていると、自分だと逃げ出してしまうかもしれない、なんて空気も伝わってきました。



國友選手はここまですべて一本勝ち。

この経過を見ますと、無理をせず、辛抱強く勝機を待つ、と言うタイプのように思えました。

実況の解説のかたも、そう言う見方をされていたように記憶します。


3.決勝 竹ノ内佑也選手(福岡)対國友錬太朗選手(福岡)

福岡所属の選手同士の決勝となりましたが、私も福岡県人なので、特別に感じる思いがないとは言えません。

でもやっぱり、どこの選手だろうがいい勝負が見たい、その気持ちの方が強かったです。

なお、國友選手は福岡舞鶴高校の出身で、3年生の時に玉竜旗剣道大会で準優勝したチームの対象だったそうです。

西日本新聞「玉竜旗2008ニュース>福岡舞鶴 展開に泣く 大将国友 初試合が決勝 動き硬く打ち込めず」へのリンク

そして竹ノ内選手は福岡大大濠高校の出身で、2年生の時対象として玉竜旗剣道大会で優勝しているそうです。

西日本新聞「玉竜旗 平成22年ニュース>主将 悔しさ胸に大旗 大会直前 大将から副将に 福大大濠 樫原選手 総体で有終誓う」へのリンク

準決勝ではそれほどの動きがなかった國友選手ですが、一転してよく動いたように感じました。

そして、二人とも姿勢がいいなぁ、と感じました。

このことは中継のテレビでも語られてました。

結局竹ノ内選手が、二本目に面を決めて勝ったのですが、久々に

「おお、決まった」

と思えた技でした。

私は剣道をやっていた時も審判がへたくそで、どうも技の見極めができませんでした。

その私が、これは入ったやろう、と思える面でした。


竹ノ内選手は43年ぶりに学生として優勝を飾った選手となったそうです。

臆することのない、堂々とした剣道だったように感じます。

ニッカンスポーツ「竹ノ内佑也4段が初出場初優勝 剣道」へのリンク





4.来年の世界選手権を見据えて

来年は日本武道館で世界選手権が行われます。

第16回目を迎える大会となるわけですが、日本が優勝するのは、なかなか一筋縄ではいかない時代となったそうです。

これまでは日本と韓国の二強が決勝で争い、日本が勝ってきたわけですが、前々回(その前だったかもしれません)の大会で男子団体は準決勝でアメリカに負け、初めて優勝を逃しました。

いま日本は挑戦される立場に戻ったわけですが…

これまではアメリカなどの外国は、日系人が中心だったそうですが、前回大会で躍進したイタリアなどは、日系人でもなんでもない選手で構成されていたそうです。

日本が安泰な時代はとっくに終わっているそうですが、そのなかでも、剣道の宗主国として日本が常勝であることは求められ続けるでしょう。

厳しい道になるでしょうが、勝ってほしいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「とある剣道部の「剣道あるある」」と言うサイト

20140117とある剣道部の剣道あるある


(「とある剣道部の「剣道あるある」」と言うFacebookサイト)

PCなどでFacebookをやっていますと、右側にお勧めのサイトが表示されることがあります。

たいていは広告などなんですが、この

「とある剣道部の「剣道あるある」」

と言うサイトは、そういうものでもなさそうなので、のぞいてみました。

高校時代は剣道部でしたから。

Facebookサイト「とある剣道部の「剣道あるある」 」へのリンク

まずカバー写真の「早く言いたい」に笑いました。

これはレイザーラモンRGの「あるあるソング」の歌詞に使われているからです。


そしていくつか、「あるある」の中身を見ていきました。

たしかにだいたい「あるある」なんですが、自分のタイムラインに表示するのは、なかなか勇気がいるものが多いです。

高校時代の剣道部の同級生や、下手したら先輩が見ている可能性がありますから。

(高校時代の先輩は、いくつになっても怖いものです)


何かシェアできるものはないか、と思って探した結果、結局こんな無難なものをシェアしました。

「やってる間は最悪に思えるが、思い返してみるとそれも含めてなんだかんだで良い青春だった ‪#‎剣道部あるある‬」

実際これは、本当にそう思います。

いいことばかりではないですが、今でも同級生と会うと、

「あんなことあったねぇ~」

と語り合える、いろんな思い出が残りましたから。

剣道に限ったことではないと思いますが。


剣道の技術以外に、剣道部にいたおかげで、口が悪くなったなぁ~、と感じます。

血筋かもしれませんが。


話しを前述のあるあるに戻しますが、

「最悪」

とまでは思いませんでした。

でもそう思うまで一生懸命やらなかったことが、強くなれなかった原因かな、とも思います。


剣道をやったおかげで、「あの時の苦労を思えば」と言う自信がついた、と言うことはないです。

そこまでまじめな剣士ではありませんでしたから。

でも、いろんなものが、私の中に残りました。

実力を考えると不思議なことに、二段がとれました。

母校の大学の体育は、選択式だったのですが、剣道の授業を選択することになりました。

そこでまた、いろんな剣道形をまなび、剣道の奥深さを知りました。

ブログに剣道のことを書くこともあります。

それを読んでくれた方が、twitterでフォローしてくれました。

アメリカ人のかたもいます。

剣道をやっておいてよかった、と言うことはまだまだあります。

人格形成や技術習得は中途半端に終わりましたが、人間関係や話題を形成するうえでは、本当にやっておいてよかったと思います。


それはさておき、この「とある剣道部の「剣道あるある」」では、「あるある」を募集しているようです。

いつか採用してもらえるものを投稿しようと考えています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

剣道対なぎなたの対決が、琴平高校で行われる



(アップロード日が12/3になっているので、これから書く大会のものではないと思われますが…

 最近行われたと思われる、剣道なぎなたの試合の動画です)


去る12月17日に、香川県の琴平高校で、剣道なぎなたの「第6回異種武道大会」が行われたそうです。

これは、同校の剣道部(男子)となぎなた部(女子)との対戦だそうです。

結果は、剣道部が2年ぶりに勝ったそうですが、これで剣道部の2勝4敗のようです。

讀賣新聞「なぎなた部VS剣道部…名門校で男女決戦」へのリンク

これは年明け、1月18日に放送されるそうです。

ただし、NHK名古屋放送局のサイトにありますので、全国放送されるかどうかはわかりませんが

NHKオンライン「剣道 VS なぎなた ~琴平高校 異種武道大会~| ティーンズプロジェクト フレ☆フレ」へのリンク


私が高校生のころ、剣道部の後輩から、剣道対なぎなたの試合の話しを聴いたことがありますが、まともに見た記憶はないです。


上記記事中のNHKの番宣動画にありますように、間合いと言いますか、リーチを考えると、剣道は不利なようです。

そして、剣道の間合いに入れば剣道が有利なことも、なんとなくですがイメージできます。

最初の讀賣新聞の記事にありますように、それを二刀流やジャンプなどで対抗したようです。


トップに置いた動画は、この大会のもののようではないですが、二刀流でなぎなたに対抗する剣士の戦いが見られて、興味深いです。


二刀流と言うのは剣道の試合で見ることは、ほとんど無いと思います。

私は大学の「古流剣道」と言うので、形だけ習いましたが、片手で一本ずつの剣を正確に操るのは、とても難しいと感じました。

ましてやそれで一本を奪うのは、至難の業だと思います。


NHKの放送、見れたらいいなと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

平成25年 第61回全日本剣道選手権大会の感想



(第61回全日本剣道選手権大会 決勝の小谷選手(赤)対内村選手(白)の動画)


平成25年(2013年)11月3日に行われた

第61回全日本剣道選手権大会

の感想を書きます。


1.関連情報サイト

最初に、第61回全日本剣道選手権大会を伝えるニュースサイトへのリンクを貼っておきます。

試合の流れについては、下記の記事群が詳しいと思います。

NHK「剣道全日本選手権 内村4年ぶり優勝」へのリンク

毎日新聞「剣道:全日本選手権 内村、3度目のV」へのリンク


優勝した内村良一選手のことや、声については、下記記事群にあります。

時事通信「悔しさ胸に王座復帰=自分見詰め直した内村-全日本剣道」へのリンク

IZA「「打つ前の心の強さ」4年ぶり王座返り咲きの33歳・内村 剣道」へのリンク

スポニチ「内村6段が4年ぶり3度目V 全日本剣道選手権」へのリンク


ネットユーザーの声が載っているのは、下記記事です。

Yahooトピックス「内村良一が3度目の優勝=全日本剣道」へのリンク


2.決勝戦の感想

両選手の違いを極端に書きますと、さかんに仕掛ける小谷明徳選手と、それに耐える内村良一選手、と言うことになるかな、と感じました。

しかしそれは、若い小谷選手が、場慣れした内村選手のペースに引きこまれているようにも見えました。

最初の小手。

私はトップに置いたYouTubeの動画を、iPhoneと言う小さな画面で見たせいか、一瞬胴が決まったのかと思いました。

会場には友人がいたのですが、その方も最初は胴に見えたそうです。

テレビの録画で見直すと、きれいに小手が決まっているのがわかりました。


二本目の内村選手の小手は、とても判定が難しいように見えました。

中継したアナウンサーは、(多分小谷選手の)面が決まったと叫びました。

「アナウンサーのレベルでは、最後の出小手は見きれませんでしたね。

 あれは剣道の経験者じゃないと見きれないものです。」

このような内容のツイートもありました。

いやいや、剣道経験者の私でも、何度も録画を再生して見ましたが、内村選手の小手が決まったとは確信できませんでした。

審判のうち一人も、内村選手の小手を認めませんでした。

これは審判批判ではなく、それほど剣道の判定が難しいと言うことがいいたいのです。

(ただし、今大会を決勝、準決勝、準々決勝のうち2試合を見ましたが、一本と思えない一本が目立ったようにも感じます

 逆に一本だと思える無効打は少なかったように思えます。

 そう指摘するツイートも、2件見つかりました)


判定はともかく、試合の流れからみますと、あそこで内村選手の小手が決まっていなくても、勝者は内村選手に変わりはなかったと思います。

それだけ、メンタルの面では、内村選手が押していたように見えました。


3.内村選手について

この記事を書く前に、内村選手が敗れた昨年の決勝戦の動画、そして過去の自分の感想を読みました。

「第60回 全日本剣道選手権大会の決勝などについて」へのリンク

「全日本剣道選手権大会の感想(平成22年)」へのリンク

昨年の動画を見て、内村選手の剣道が、どっしりしたものになったように感じました。

動きは少ないのですが…本当に大事な時にしか動かない、と言う印象です。


最初にいくつか貼ったリンク先の記事を総括しますと、内村選手が、精神面を成長させることに努力した、と語っているように感じます。

私がすごいと思うのは、これで3回目の優勝となるのですが、その間2~3年涙をのんでいて、再び王座に返り咲いていることです。

連覇することは難しいとは思いますが、勢いで出来ないこともないかな、と感じます。

また、多くの選手が一回のみの優勝で、王座から離れています。

もうちょっと考えてみますと、中一年で優勝するのは、去年はたまたま調子が悪かっただけ、と言う考え方で前向きになれると思います。

中2~3年王座から離れ、2度も立ち直ると言うことは、一流の精神力では出来ないと考えます。

超一流でないと。

2015年の世界剣道選手権、内村選手の経験と、それで育まれた精神力は、日本の大きな武器になると考えます。

内村選手も、その大会を含め、恩返しの意味を込めて、周囲に自分の力を役立たせたいと考えているそうですから。


4.小谷選手

決勝で敗れた小谷選手でしたが、試合前のインタビューを見て驚きました。

失礼を承知して書かせてもらいますと、剣士とは思えない、爽やかな明るい瞳をしていて、まるで苦労を知らないような顔つきに見えたからです。

これは内村選手と好対照でした。

試合後にインタビューを受けている光景がテレビで映し出されましたが、その時もそのように感じました。

ひょっとしたらその表情で損をされているかもしれません。

小谷選手は29歳ですから、絶対にここまでに苦労をしているはずです。

私は小谷選手の表情に、とても興味と好感とを持ちました。

いい意味で、今後がとても気になります。


ところで、準決勝の小谷選手と正代選手との試合は、比較的両選手に動きがあって、私のような未熟者にとっては、興味深い試合でした。

最後に小谷選手の突きで決まったのですが、剣筋はやや素直ではなかったように感じましたが、最後はきれいに、そして的確に正代選手の喉をとらえていて、とても良かったと思います。


なお、前述のYahooトピックスの記事の中に、こんなコメントがありました。

「小谷の剣道は好きだったな。あぁいう剣道だと自分のペースでできるからいい。前に出て常に打ちき満々で仕掛けていって相手の竹刀がちょっとでも開いたら面をねじ込むたみたいな。最後に出ごて食らったり何度か迎え付き?みたいにされたりもしたように相手の重心位置がどこかとかガチガチに行くんじゃなくて、竹刀の開きに反応してく感じだから、少しギャンブル気味に打ち出してはいるけど、やっぱり剣道はああいうのが見てて気持ちいい。」

読んでみて同意するところが多かったコメントでした


5.その他

この選手権に関する、ツイートをいくつか貼っておきます。

「全日本剣道決勝、小谷剣士の面良かったよ。゚(゚´Д`゚)゚。でも内村剣士びっくりするくらい面よけるの上手い! 小手極めるには面対策も万全にしなくちゃなんだね!
 再来年は日本で世界大会か!見に行きたい!」

「やはり剣道。今日の日本選手権はレベルの高い試合内容でした「返し面」きれいに決まっていた。」

「東京代表の選手が優勝
 礼儀作法もきれいです、硬いけど日本剣道の頂点ですからね。さすがです。」


最後に…

私はいくつかの競技について、このブログに書いています。

野球、ラグビー、アメリカンフットボール、そして剣道。

この中で、書くのが一番難しいのが剣道です。

その理由の一つは、競技者が2人と少なく、プレイとか技の種類も少なく、試合時間も短いことだと思います。

その逆だと、俗っぽい表現をしますと、ツッコミどころが発生する確率が高くなるのですが、私のレベルでは剣道の試合はツッコミどころを見つけるのが難しいです。

今回の決勝戦は、特にそうでした。

しかしそれだけ、深遠な試合だったと思います。

そして剣道は、ブログに感想を書くことをスルーするには難しいほど、美しいものだ、とまた思わされました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【剣道】第86回 平成25年度 玉竜旗高校剣道大会 で思い出したこと

昨日で平成25年度の玉竜旗高校剣道大会が、すべての日程を終えました。

女子の優勝は中村学園(福岡)が2連覇。

男子の優勝は、2年ぶりに福岡大大濠(福岡)が優勝しました。

順当なところが優勝した、と言う感想を持ちました。

ですが、その順当さ、つまり期待を背負って勝つことは大変だったと思います。

おめでとうございます。


昨年は中村学園のマネージャーのことが西日本新聞の記事になっていて、私がその感想をこのブログに書きました。

ですから、今年は大濠のことを書いておこうと思います。

直接玉竜旗や高校剣道とは関係ありませんが。


このブログで何回か書きましたが、私は大学2年生の時、体育の授業として

「古流剣道

と言う科目を選択しました。

高校時代剣道をやっていましたし、友達から

「「古流剣道」は「剣道」と違って、形(かた)だけをやるから、楽らしいよ」

と聞いていたからです。

その他にも、久しぶりに竹刀や木刀を握りたく思っていましたので、その科目をとりました。

(しかし、形の稽古に入るまでの素振りは、決して楽ではなかったです)


その科目には、剣道部の部員も助手として参加されていました。

その中に一人、大濠出身の部員の方がいました。

(失礼ながら名前は忘れてしまいました。)

後日、高校時代の剣道部の同級生何人かと、その方のことを話したら

「そいつは、一個下の大濠の主将やんか」

と指摘されました。

そのことを全然知らなかった自分は、なんか恥ずかしくなりました。

同級生に比べて、いかに私が一生懸命剣道をやっていなかったか、が証明されたように感じられて。


なお、その「古流剣道」では、日本剣道形だけではなく、諸藩や道場に伝わる独特の形も習いました。

習っていくにつれ、

「剣道形って奥が深いな」

と思うようになりました。

最初の気持ちとはずいぶんと違いますが、いい科目を選択させてもらったと感謝しております。


昨日、twitterでこんなツイートが何回もリツイートされていました。

「剣道部玉竜旗優勝おめでとう!
 これはバスケ部も頑張らないといかんね(^-^;
 明日からインターハイ初戦!
 全力で頑張ります! 」

全国的にも強い大濠のバスケ部のかたのツイートでしょう。

そう言えば大濠に練習試合に行ったとき、となりでバスケ部が練習していました。

インターハイ、がんばってください。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第60回 全日本剣道選手権大会の決勝などについて



(全日本剣道選手権、決勝戦の動画)


毎年「文化の日」の11/3に行われる「全日本剣道選手権大会」ですが、今年も先週の土曜日に行われました。

私はリアルタイムではなく録画で決勝戦を見て、その後優勝者の準決勝の試合を見ました。

トップに置いたものと、下記リンク先のものです。

YouTube「高鍋進 × 木和田大起 (準決勝) 全日本剣道KENDO2012-1103」へのリンク

あらかじめ書いておきますが、私は高校時代に部活で、大学時代に授業で剣道をやったことがある程度で、今ではこの全日本剣道選手権大会や玉竜旗高校大会、そして世界剣道選手権の一部を見るぐらいのものです。

だから、その程度しか剣道になじみのない者のたわごとだと思って読んでいただければ幸いです。


「第60回 全日本剣道選手権大会」となる今大会、優勝したのは、大阪府警の木和田大起選手でした。

初優勝だそうです。

NHK「剣道全日本選手権 木和田選手初優勝」へのリンク

Yahooトピックス「木和田が初優勝=高鍋、史上初3連覇ならず―全日本剣道」へのリンク

初めて名前を聞く選手でした。

(と言っても、そんなに選手のかたの名前を覚えているわけではないですが)

Wikipedia「木和田大起」へのリンク

一言で言うと

勝負に徹した柔軟な剣道をする選手

だと思います。


決勝戦と、三連覇を目指した高鍋選手との準決勝を見たのですが、剣道の仕方が違うように思えました。

高鍋選手が相手の時は比較的動いていましたが、決勝で内村選手と対戦した時は、一本を取るまで、とくに前半はほとんど動いていませんでした。

勝利インタビューで、大和田選手本人も言われてましたが、内村選手には運動量でかなわないので、勝負を最後の最後、もちくは延長でと考えた剣道をしたとのことでした。


野球やラグビーでも書いていますが、私はいろんな競技で、勝ちが重視されるようになった今の時代、自分のスタイルを貫いているだけでは勝てなくなっており、相手に合わせた柔軟な試合運びをしないといけない、と思っています。

世界剣道選手権では、もはや日本が自分の剣道をしていても、それでは勝てない時代になっていると考えます。

2006年の大会では、実際相手に合わせたアメリカに、日本は敗れてしまいました。

そしてそれを取り返した2009年の選手権、日本はこれまで力を入れてなかった相手の研究に尽力したようです。


だから、木和田選手が相手に合わせて柔軟な戦い方をする選手であることが間違いでなければ、そのような選手が優勝することは、必然的な時代の流れだと思います。

木和田選手の剣道が邪道とか、そういうことでは絶対にないです。


ところで、木和田選手の勝利インタビュー、まことに控えめなものでした。

「私のようなものが日本一になっていいのかどうか」

など。


勝利インタビューに対し、こんなツイートがありました。

「木和田選手のインタビュー、控えめなところが日本人らしいなぁと思った。日本人が控えめなのって、もともと濃密で閉鎖的な地域が多く、抑圧的な風潮な中でも、自分のプラスの感情を表現するために編み出されたのが控えめな表現だったりするのかなー、とふと思った。もっとおおらかでいいのに」

と言うツイートを見つけました。

私ももっとおおらかで、強気で良いと思います。

「強気」と言うのは「大口」という意味ではないです。

これからも剣道界を引っ張っていくことができれば幸いですとか…


日本は今、いろんな意味で転換点にあると思います。

その中で、結局日本に欠けているもののひとつは、有無を言われても動じないリーダーシップだと思います。

だから、それくらいのことを言ってもいいのにな、と考えてしまいました。


話しがそれてしまいましたが。

なお、第60回全日本剣道選手権大会のいくつかの試合の動画は、下記リンク先のYouTubeの「全日本剣道連盟」のチャンネルで見ることができます。

YouTubeチャンネル「全日本剣道連盟」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

平成24年度玉竜旗高校剣道大会の感想



(男子の部の決勝戦の大将戦の動画)


今年も無事、玉竜旗高校剣道大会が行われました。

「今年も無事」って当り前やん、と思われるかもしれませんが、歳をとってくると、そのいつも通り無事に行われることが、ひとつひとつの小さな奇跡の集まりだと言うことに思えるときがあります。

特に今年は、東日本大震災の被災地から転校され、出場した選手もいるようで。

また、今年は直前に、九州では大豪雨がありました。

きっと稽古が予定通りにできなかった学校もあるでしょう。

そう言うことを考えると、よく無事に開催できたものだと嬉しくなってきます。


ちょっとだけ感想を書かせてもらいます。


1.これぞ教育、と思えたこと

女子大会では、福岡の中村学園が優勝しました。

常に上位にいるイメージがありますので、それほど驚くようなものには、最初感じませんでした。

ですが、主催者の西日本新聞社のサイトで

「「日本一」支えた「転身」 中村学園マネジャー加藤さん」

と言う記事を見て、こう言う指導者がいたから勝てたんだなぁ、と嬉しくなりました。

記事の内容は、1年生の時に選手からマネージャーに転校した、加藤千晶さんと言う方の話しです。

中村学園は強豪ですから強い選手がたくさん入ってくるようです。

そんな中で加藤さんは、1年生の時に練習についていけなくなり、退部を決め、岩城規彦監督にそのことを告げたそうです。

しかし岩城監督は、退部よりマネージャーとして残る道を勧めたそうです。

そして加藤さんはマネージャーになり、裏でしっかりと部を支えたそうです。


私は、指導者の仕事のひとつに、適材適所を実践することだと考えており、それが指導者にとっても、配下の人間にとっても幸せなことだと考えています。

ですから、私は岩城監督に対して、よく引きとめて加藤さんに適所を与えたものだと感心します。

強豪校の一年生の中から、一人ぐらい部員が抜けたところで、大したことではない、と考えがちになると思います。

ですから、そうしなかった岩城監督をすごいと思うのです。

ここしばらく、教育関係者の不祥事が連日のように大きく伝えられている中で、その記事が読めたことは幸せでした。


2.福高剣道

私の母校、福岡県立福岡高校の剣道部の結果ですが、女子は一回戦で酒田光陵高校(山形に)、男子は1回戦がパスで3回戦で三養基高校(佐賀)に敗れました。

ここ最近の大会の中では、比較的早く終わった、と言う印象は否定でいませんが、それでも私が3年生の頃よりは立派ですし、なによりすべて大将戦まで行ってますから、すごいと思います。

大将戦で、すべてが決まると言うときのプレッシャーは、とてつもないものだと思います。

その中で、男子2回戦で東京学館新潟に勝ったのは素晴らしいと思います。

剣道はスポーツではないと思いますが、勝負事の一つではあると思います。

勝負には相手がいるもので、相手も一生懸命に来ますから、勝敗についてどうこう言うのは、よほどのものでない限り、控えるべきだと思います。


とにかくよく闘ってくれました。

闘わなくとも出れなかった生徒のみなさんも含め、お疲れ様です、と言いたいです。

そして三年生の方々には、福高剣道部で活動されたことに、また、お疲れ様です、と言いたいです。

私は補欠にもなれなかった生徒でしたが、今でも剣道部で飛び交っていた

「気合たい、気合」

という声を思いだし、奮起しようとすることがあります。

(なぜか、思いだす声の主は、一年の時と二年の時の主将の方の声であることが多いです)

今後の長~い、長~い人生の中で、きっと福高剣道部にいたことは大きな財産になると思います。

他の学校の、他の部活にいても、また、部活をしていなくても、違った形の財産は得られたと思いますし、それはもっと素晴らしいものだったかもしれません。

でも、私は福高剣道部にいたことで得られたこと、知ったことに、ものすごく満足しています。

なんの恩返しもできていないことが残念ですが。


3.男子決勝戦を見て

トップに置いた動画だけ、つまり決勝戦の大将戦だけを見ました。

私は、年に1~2回ぐらいしか剣道を見ません。

しかも現場では見ません。

その程度の観察力で書かせてもらいます。


先日世界剣道選手権を見たばかりですが、その映像に比べると、

「若くて元気があっていいな」

と思いました。

国の代表選手から感じられる、長い「静」からの一瞬の「動」と言う美しさは少ないと思います。

でも、「とにかく勝つ、そのためには、チャンスがあれば動く」と言う気持ちが感じられました。


3本の決まり手の内、胴が2本なのは珍しく感じます。

しかも、自分から見て相手の右胴を上から下に斬りおとすものでした。

こう言う技は、私らの頃、30年ほど前にはほとんど見られなかったと思います。

あったとしても、それで一本になったのは記憶にないです。

今でもあまり見た記憶がないです。

今後はこう言う技もトレンドになっていくのでしょうか?

Yahooトピックス「男子は島原が初優勝=玉竜旗高校剣道」へのリンク


来年も無事、この玉竜旗が行われることを願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第15回世界剣道選手権大会 速報(男子団体結果ちょっと追記)




(男子個人の決勝戦の動画。これはすごい試合だと思いました。)



イタリアで行われた第15回世界剣道選手権大会について書きます。

書き始めたのは日本時間5/27(日)の19時。

最後の競技、男子団体戦が行われている真っ最中です。

ですので、まだその結果は書けませんが、書いている最中、または5/28(月)の早朝に追記できればいいなと思います。


1.男子個人

男子個人戦では、高鍋進(神奈川県警)が初優勝しました。

動画の試合ですが…

ものすごい試合だったと思います。

そう思ったのは2点。

1)長い長い打突の間の時間

0:40辺りで高鍋選手(赤:今の道着)の飛び込みメンと、それをかわした金選手(白:白い道着)の抜き胴がありますが、打突が有効でなかったためか、いずれも一本にならず。

ここから長い間、決めに行った打突がなくなります。

(1:30辺りで試合がいったん止まりますが、これは金選手の竹刀が破損したからだと思います。)

特に2:15辺りから、4:00まで、剣先での攻防が続き、一切の打突がなくなります。

この間、両選手がなぜ動かなかったのか、何を考えていたのか、何を恐れていたのかがものすごく気になります。

私レベルの経験では、とても考えられないことを、色々と考えていたんだと思います。

ほぼ2分間にわたる静の状態での攻防、何も動きがなく、退屈に感じられるかもしれませんが、これが剣道というものの奥深さだと思います。

強い人の同士の剣道は、無駄な打突がなく、だいたいこんなものですが、今回は極端に感じました。


その後もほとんど動きのないまま、既定の時間を迎え、延長に入ることになりました。


2)高鍋選手の突き

延長も、最初は動きがありますが、その後また間合いを取っての剣先での攻防が続きました。

そして最後は7:40での高鍋選手の諸手突きが決まります。

実は私は結果を知ってからこの動画を見たのですが、コメント欄には

「At 7:43 the tsuki.」

とあって、先にこれを見ていました。

だから、どこで技が出るかはわかっていたはずです。

でもそれを忘れるほど突然な諸手突きだったと思いました。

このレベルの試合で、諸手突きが決まるのはなかなかないと思います。

見事すぎて、歓声とため息の両方をしました。

いい試合を見せてもらいました。

西日本新聞「剣道、男子個人で高鍋が優勝 世界選手権」へのリンク


2.女子個人

女子個人は、佐久間陽子選手と黒河香菜選手の日本人対戦となり、佐久間陽子選手が優勝しました。

讀賣新聞「世界剣道女子、個人・団体とも日本勢優勝」へのリンク

YouTube「15WKC 女子個人決勝戦 佐久間-黒河」へのリンク

こちらは技が多く繰り出されました。

延長に入ってからは、盛んに赤の佐久間選手が間を詰めて、黒河選手を誘い出しているように思えました。

最後の小手は、出小手だと思うんですが、黒河選手が飛び込んで来ようとして空いた小手を狙っていたように思えます。

なお、初出場で決勝まで行った黒河選手はについては、先月こんな記事がありました。

毎日新聞「ひと人えひめ:第15回世界剣道選手権代表、松山東高教諭・黒河香菜さん /愛媛」へのリンク

「小学生の時は県内の試合ですら勝てなかった私が、世界選手権の代表に選ばれるなんて想像もできませんでした。」

というセリフは、これから剣道を続ける少年少女、そして他の武道やスポーツを続ける子供たちにも勇気を与えてくれるでしょう。


3.女子団体

女子団体は、日本が韓国を1-0(1勝4分け)で破り優勝しました。

YouTube「15WKC 女子団体決勝戦 日本-韓国」へのリンク

私は5/27(日)朝3時までラジオを聴いていて、それが終わってからUSTREAMで観戦を始めました。

観戦したサイトのURLはこちらです。

http://www.ustream.tv/channel/aj-kendo-f#utm_campaign=t.co&utm_source=6102826&utm_medium=social

中堅戦か副将戦かからか、見ることができました。

韓国の選手が足を痛めた試合です。

動画を上掲しましたがしましたが、まだ全部は見ていないです。

ちょっと時間がなくなってしまいましたので。

とにかく、男子個人、女子個人に続き、今回も日本勢が優勝してくれたことはうれしいです。

この3分野は、未だ他国に優勝を譲ったことがありません。


4.男子団体

現在(5/27 21時)まだ結果は出ていません。

明日(と言うか今日)、起床したら結果は出ているでしょうが、出社までに時間があれば速報を書きます。

【5/27朝(5時半)追記】

日本が2-1で韓国を破りました。

ただ、faceBook「財団法人全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation」に寄せられたコメントや、twitterの「 #kendo」のツイートを見ると、かなり荒れた試合だったようです。

動画がアップされましたので、リンクを貼っておきます。

YouTube「15WKC男子団体決勝戦 日本-韓国」へのリンク


これで二大会連続で全四種目を日本が制覇することになりました。

また、三位にはアメリカとハンガリーが入りました。

アメリカは予想できましたが、ハンガリーは意外に感じました。

twitterでもイタリアが健闘したと読みとれるものがあります。

欧米では、日系人の間で剣道が盛んで、そういう国が強かったようですが、だんだん日本とはそういう縁の

ない国が強くなってきているようです。

私はそうなる方が、剣道と言うものが世界に認められたということで嬉しいです。


5.次回は東京で

次回、2015年の第16回世界剣道選手権大会は、1970年の第1回以来となる、東京開催だそうです。

msn産経ニュース「世界剣道が2015年に東京で開催」へのリンク

この大会では、剣道の本家として、絶対に全四種目(男子個人・団体、女子個人・団体)の制覇が最低ノルマだと言われるでしょう。

一方でこんなツイートも見かけました。

「男女ともに世界戦を制覇したとて、日本のマスコミはまったく剣道のことは報道もしないけどね。新聞に載ってもちんまり。まるで一昔前の「なでしこJAPAN」の扱いのまま。世界のレベルも上がっていて、日本が優勝して当たり前の競技でもないんだけどね。#15wkc #剣道 #kendo」

その通りで、前々回は日本男子団体はアメリカに負け、韓国に優勝を譲りました。

本家とは言え常勝を続けるのは難しいことで、柔道はすでに常勝ではないですし、大相撲でも外国人力士の優勝が珍しくなくなっています。

アメリカでも、野球が日本に勝てなくなっています。

大変でしょうが、日本の常勝を期待します。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~