ユーザータグ : 加藤和彦の記事 (1/1)

加藤和彦さんの歌で好きだったもの

加藤和彦さんが亡くなりました。

CSの途中にそれを聞き驚きました。


さて、加藤和彦さんと言えば、私は1980年頃に、たしかフジテレビで放送されていた 「アップルハウス」と言う番組を思い出します。

竹内まりやと組んでMCで、彼女のファンだった私は、その時初めて加藤和彦と言う人の存在を知った様な気がします。

昨日偶然ですが、YouTubeの下記サイトを見ました。

「サイクリングブギ」を同番組内で、高中正義と竹内まりやと一緒に歌ったものです。

(この記事の下の方に、URLを貼っておきました)

29年前ほど前の話しですから、加藤さんが33歳ごろのこととなりますが、今考えるとそんなに若い歳で、ステイタスを確立されていたことに驚きます。


また、動番組内で見て、かっこいいなあと思ったのが「ルムバ・アメリカン」でした。

http://www.youtube.com/watch?v=-ApGry_xtcw

その他ネットで調べてみますと、けっこう知っているのがあります。

ソルティ・ドッグ/レイジーガール(1980年)
パリはもう誰も愛さない(1980年)
だいじょうぶマイ・フレンド (1983年)


提供したものとしては

竹内まりや「戻っておいで私の時間」(作曲)
竹内まりや「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風」(作曲)
竹内まりや「不思議なピーチパイ」(プロデュース・作曲・アレンジ)
伊藤つかさ「夕暮れ物語」(作曲)
岡崎友紀「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(プロデュース・作曲・アレンジ)
飯島真理「愛・おぼえていますか」(作曲)

が知っている歌です。


でも私がもっとも強烈に覚えているのが、歌手名は「Doctor Kesseler」となっていますが、おそらく加藤さんが歌ったと思われる、「Me Que Me Que」です。

SNAKEMAN SHOWの「急いで口で吸え」と言う懐かしすぎるアルバムに収録されています。




越路吹雪さんも歌われていました。


とにかく私としては、独特なカッコよさを持っていた人でした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


「サイクリングブギ」は、こちらから入れます。

http://www.youtube.com/watch?v=u_yDJ-0Mpss
スポンサーサイト