ユーザータグ : 君こそライオンズの記事 (1/1)

「君こそライオンズ」 ~弱かった頃のライオンズの歌~


(前半の歌が「君こそライオンズ」です)
http://www.youtube.com/watch?v=gDXdwth4jhI


この歌、現在40代以降で、32年前に普通にライオンズを応援していた人には、おそらく懐かしい歌だと思います。

20数年前、東京で知り合った大学の後輩とは、この歌の話しと、福田先生(楽屋ネタです)の話題で盛り上がりました。

それほど、重い歌です。

太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズ時代の歌です。

今シーズン、埼玉西武ライオンズは、ユニフォームに、強かった頃の西鉄ライオンズを思い出させるようなイメージを取り込んで、新調しました。

九州で奮闘し、日本シリーズ3連覇も成し遂げた西鉄と、基本的に常勝の西武をミックスさせたような感じで、中村選手なんかが着ると、西鉄の選手?と思いちがえることもあります。


ここから先は、埼玉時代しか知らないライオンズファンより、むしろ物心ついたときから福岡にホークスがあって、応援をしているホークスファンに読んでいただきたいのです。

西鉄と、西武の間に、太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズの時代がありました。

本拠地は福岡の平和台球場。

それはそれは弱いチームでした。

太平洋クラブやクラウンライターと言う会社が球団のオーナーではなく、その2社はネーミングライツを買った、スポンサーにしかすぎませんでした。

貧乏球団でした。

だから補強もままならず、負け続けました。

当然客足は遠のきました。

そして1978年、ライオンズは国土開発に買収され(と言うか、買ってもらい)、埼玉に移転しました。

ここに来て、福岡の人たちは事の重大さを知りました。

福岡から野球のチームが、ライオンズがなくなってしまったからです。


だから、今福岡のホークスを応援しているファンの方々には、ホークスが移転しないよう、勝っても負けても応援してほしいのです。

福岡の市場としての魅力を考えると、移転は考えにくいですが、閑古鳥が鳴くようだと、その可能性も出てきます。

どうか、よろしくお願いします。

----------------------------------------

ここからは、おじさんのノスタルジーのコーナーです。

動画に登場する選手を見ていると、今更ながら、実は未完のすごい選手がたくさんいたんだなぁ、と感じます。

この選手がそのまま残って伸びて行って、投手力が整備されていれば、それほど弱いチームにはならなかったろう、と思います。

しかし、西武は西武で、新しいイメージの、そして即戦力の選手が必要だったので、星野監督が中日や阪神で行った以上のトレードを行いました。

東尾、太田、永射は残されました。

竹之内、真弓、若菜は阪神へ行きました。

基は大洋に行きました。

吉岡はロッテに行きました。

西武には西武の考えがありましたから、今ではそれを恨む気はありません。

ただ、懐かしい限りです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト