ユーザータグ : 坐骨神経痛の記事 (1/1)

女房の坐骨神経痛 でも不幸中の幸い

三週間ぐらい前から、女房が坐骨神経痛に悩まされています。

あまり動けない状態で、犬の散歩はもちろん、ごみ出しもできません。

ビル
(散歩から帰ってきた、ビル)

ひどい時は犬に餌を出すのもままならない、と言う感じです。


それでも先週は比較的調子が良かったので、用があって外出などしていたのですが、今週ぶり返したようです。


ところで、先々週の木曜、かかりつけの整形外科が休みのときに悪化したものですから、足をのばして大きな整形外科に行きました。

そこで先生が言うには
「痛み止めの注射をうてばいいんだけど、今日は患者さんが多くてうっているヒマがない」

は?

痛み止めの注射一本うつのって、そんなに手のかかるものなの?と腑に落ちず、病院を後にしました。

しかし、しばらくすると、女房の脚から痛みがひいて行きました。

なんにもしてないんですよ。

坐骨神経痛の痛みは、体内の何かが神経を圧迫しているために起きるものだそうで、タイミングによって痛くなったりなくなったりするようです。


痛みがひいたのもラッキーでしたが、それ以上にラッキーだったのは、注射なしで痛みがひくこともある、というのがわかったことです。

もしあの時、無理を言って注射をうってもらっていたら、注射のおかげで治ったと思ったでしょう。

そうなると、痛みのたびに、ちょっと遠くまで足を運ばねばならなくなるところでした。


不幸中の幸いでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト