FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【米女子アメフト】鈴木弘子選手が米殿堂入り!!〜残念なお知らせをかき消すほどの朗報

鈴木弘子選手が、米国の女子アメリカンフットボールの「名誉の殿堂」(Women's football hall of fame)入りすることが発表されました。



写真の左側の下のほうに

「HIROKO SUZUKI」

とあります。

これはすごいことです!

どんな競技でも、「名誉の殿堂」に入ることは難しいことで、選手生活を送った人のなかの、ほんの一握りしか入れません。

それが、日本人がアメリカの名誉の殿堂入りするのです。

しかも、35歳でアメリカで選手生活をはじめ、55歳になる今シーズンまで、20年間第一線でプレーしての結果です。

ここまでの年齢でプレーしている選手は他に居ません。

選手の寿命としても長いと思います。

2012年にはWFAのサンディエゴ・サージで、渡米して初めて全米チャンピオンに輝きました。

20191016全べうチャンピオンに輝いたときの鈴木弘子選手の画像

2013年には世界選手権のアメリカ代表チームに選ばれました。

このとき49歳。

国籍の関係で出場することはできませんでしたが、これも快挙です。

米国女子アメフト代表は、ガチですごい選手が選ばれますから。

昨年までの2年間(だったと思いますが)は、それほど強くなかったウォリアーズをチャンピオンシップに導くまでの手腕を見せてくれました。

鈴木選手の快挙や功績をあげるときりがないのですが、それが認められて、とにかく、本当にめでたいことだと思います。

本人もブログで、喜びと感謝をつづっています。


鈴木選手は、昨年出演した

「激レアさんを連れてきた」

で、いくつかのテロップで紹介されてましたが

「日本人が知るべき、真のレジェンド」

と言うのがありました。

鈴木弘子選手は、間違いなくそう言う存在だと思います。


私が鈴木弘子選手の存在を知ってブログに書いたのは、約10年前の2009年12月のことでした。

「女性プロフットボーラー 鈴木弘子さん @アメリカ 」へのリンク

当時鈴木選手、そして4日早く生まれた私は45歳。

この歳で、しかもアメリカで、さらに体格によるところも大きい攻守ラインで活躍している女性がいるのか、と驚きました。

それ以来私は、鈴木選手のことを追っかけて、ことあるごとにブログに書いてきました。

私のブログ内で「鈴木弘子」で検索すると、80個の記事がヒットしました。

名前を出しただけのものも少なくないですが…

多分私は、国内のアメフトの他のブログよりも、最も多くアメリカンフットボールにかかわる女性のことをブログに書いてきたと思います。

それは、その方々がとても素晴らしい努力と活躍をしているから、1人でも多くの人に、その存在を知って欲しいと思うからです。

(もちろん、男性でもそう言う方のことは書いてきました)

今思い出せる中で、6人の女性のことを書いた記憶があります。

誰が一番素晴らしいか、と言うことは考えたくないですが、最も多く書かせてもらったのは鈴木選手だと思います。


ただ残念なことに…

前掲の鈴木選手のブログに

「55歳の今年、引退を決めました」

とあることです。

鈴木選手が今シーズンで引退することは、シーズン中にわかっていました。

下のブログ記事に、

「どうしても、今季で引退したいのよ。」

と書いてありましたから、



いろんなチームからオファーを受けていたのですから、余力を残しての引退と言うことになるでしょう。

私は、ここまで追っかけてきたんだから、鈴木選手が引退することはいつかは書かねばならない、と考えていました。

そのことを考えると、とても憂うつでした。

しかし今回の「朗報」という言葉ではすまされない、素晴らしいニュースとともに、鈴木弘子選手の引退のことが書けたことが、せめてもの救いでした。

「(名誉の殿堂入りの)式典は、12月ラスベガスで行われます。」


と言うことです。

その時にもう一度、鈴木弘子選手のことが書ければいいなと思います。

今回は殿堂入りのニュースに興奮して、落ち着いて書けませんでしたから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト



テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【女子アメフト】プロフットボールの殿堂で、女子アメフトのものが展示される~その写真に添えられた、ジェン・ウェルター博士の素晴らしい言葉

先月下旬、アメリカの、プロフットボールの名誉の殿堂(Pro Football Hall of Fame)で、女子アメフトのものの展示が始まりました。

私がそれを知ったのは、自身のジャージと、アリゾナ・カージナルスのコーチ時代のウェアを展示された、ジェン・ウェルターさんのインスタグラムででした。

この投稿をInstagramで見る

The @profootballhof added their #womeninfootball exhibit today. For every girl who has dreamt of football, this is for you. For every girl who wondered if there was something wrong with her because she loved football, this is for you. For every girl who wanted to play, but was told she couldn’t because she was a girl, this is for you. For every girl who stepped onto the field, despite being told she shouldn’t, this is for You. For Everyone who has been told what could not be done, and tried anyway, this is for you.... For the #footballfamily - women & men, girls , & boys who I’ve shared the field, the game, the dream as a coach or player- of every age, make, model, shape, size, creed, background, religion, ethnicity, sexual orientation... in this game, we can find out field of dreams, & what makes us different makes us special- let’s continue to move the Chains together. From $1/ Game to the Pro Football Hall of Fame Never give up. Never give in. Always #kickglass #womeninfootball #womeninsports #football #womeninbusiness #teamusa #playbig #nfl #pfhof #grrridirongirls

Dr. Jen Welterさん(@welter47)がシェアした投稿 -



私なりに、ウェルターさんの言葉の一部を訳してみました。

(誤訳があれば、申し訳ありません)

「この展示は、アメリカンフットボールを夢見るすべての少女のためのものです。

アメリカンフットボールを愛しているのに、なにか障害がないか疑問を持っているすべての少女のためのものです。

アメリカンフットボールをやりたいのに、女性だから、と拒否されたすべての少女のためのものです。

フィールドに脚を踏み入れたのに、そんなことをすべきではない、と言われたすべての少女のためのものです。

前例がない、と言われていることに挑戦しているすべての少女のためのものです。」

と言う言葉から始め。

「ネバーギブアップ!

絶対にあきらめないで」

と言う言葉で終わっています。


なぜこれらが、ネガティブな状況に置かれているアメリカンフットボールの女子選手のものなのか。

それにはウェルターさんの経歴を書いておく必要があります。


ウェルターさんは、まず女子リーグで何度か優勝しました。

そして2014年2月、NFLではありませんが、男子のリーグの試合に「史上初めて」女性RBとして出場しました。

IFL(Indoor Football League)と言う8人制室内フットボールのリーグの、テキサス・レボリューションと言うチームのRBとして。

(その時のことはブログに書きましたので、よろしければどうぞ

 「【歴史的快挙】女性アメフトのジェニファー・ウェルター選手が男性プロリーグのゲームに出場」へのリンク

翌年2月、ウェルター選手はこのレボリューションのLBコーチとスペシャルチームのコーチとなりました。

「史上初めて」の男性リーグの女性コーチとなりました。

そしてその2015年の7月、ウェルターさんは、「史上初めて」NFLのコーチとなりました。

キャンプ期間のみですが、アリゾナ・カージナルスのアシスタント・コーチング・インターンとして。

私の記憶では、たしかインサイドのLBをコーチしていたと思います。

Wikipediaのウェルターさんのサイト「Jennifer Welter」には、カージナルスのコーチになったことを

「This is her third "first" for men's football in 2014 and 2015.」

と書いてあります。

ウェルターさんは男性のアメリカンフットボール界に、3つの「史上初めて」のことをもたらしたというわけです。


ウェルターさんの投稿の1枚目の写真は、選手時代に着用していたジャージやヘルメット

2枚目のは、カージナルスのコーチ時代に着用していたもの。

3枚目の写真は、現役のサンフランシスコ・49ナーズの女性コーチ、ケイト・サワーズさんが着用したもの。

そして4枚目は…

何かわかりませんでした。

ひょっとしたら…名前は忘れましたが、NFL初の女性審判に関するものかもしれません。


話をウェルターさんの言葉に戻します。

ウェルターさんが言いたかったのは

アメリカンフットボールをプレーすることを拒否されたり、否定された女の子たちに、

「ここに私たちの実績がある。

これらは、あなたたちが受けている拒否や否定を覆す、あなたたちの武器だ。

絶対にあきらめないで。」

と言いたかったのだと思います。

そのことを上手に文章にまとめられています。

ウェルターさんは、ボストン・カレッジでスポーツ心理学の修士号をとっており、カペラ大学では心理学の博士号をとっているのです。

心理学の学者であるからか、ひとの心を上手につかむ表現をされていて、さすがだと思います。


ウェルターさんの投稿を最初に見たとき、私は、女性の足跡を展示したプロフットボールの名誉の殿堂が素晴らしいと思いました。

しかしウェルターさんの言葉を読んで、同じく素晴らしいものを見つけた気持ちになりました。

名誉の殿堂の展示と、ウェルターさんの言葉。

こういうものにもアメリカスポーツは支えられているんだとも思いました。




そしてもうひとつ。


先週、両手足のないハイスクールのアメフトHCの快挙を書いた中で、彼にチャンスを与えた人々もまた素晴らしい、と書きました。

同じく、ウェルターさんたちにチャンスを与えた米男子スポーツ界もまた、素晴らしいと思います。


余談ですが…

ウェルターさんにはレイチェルさんと言うお姉さんがいます。

レイチェルさんは、日本の合気道と禅にひかれ、合気道を稽古して負傷した時に、針治療と出会ったそうです。



その後ニューイングランドで針治療を学び…

そして今、鍼灸師として治療に当たっているそうです。


もう一つ余談ですが…

このブログ記事は、ウェルターさんの言葉

「ネバーギブアップ!

絶対にあきらめないで」

と言う言葉に支えられて書きました。

先日書きましたように、まだ病み上がりなので、最後まで書きあげる自信はなかったのですが・・・

ウェルターさんたちはあきらめなかったし、そして今も、ウェルターさんの言葉に支えられてがんばっている少女たちがきっといる。

あのサマンサ・ゴードン選手もそうだろう。

そんなことを考えたら、最後まで書きあげないといけない、と決心できました。


謙遜抜きで、拙い訳と文章ですが、とりあえずここまで書けて良かったです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【RIZIN】に挑戦する女子アメフト選手、デスティニー・ヤーブロー選手とはどういう選手なのか、鈴木弘子選手に尋ねてみた

9月25日(日)に行われる『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』に、アメリカから

デスティニー・ヤーブロー選手

(Destanie Yarbrough)

と言う女子アメフト選手が出場することが発表されました。

「【RIZIN】最強女柔術家ギャビ・ガルシアvs現役アメフト選手が決定 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!」へのリンク

「【RIZIN】最強女柔術家に挑む女フットボーラー「世界を震撼させる」 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!」へのリンク

下の動画、前半がアメフト選手としてのヤーブロー選手、後半が格闘家としてのヤーブロー選手のもので、デビュー戦のものがフルで映されています。

フル、と言っても34秒での勝利。

そして最後のテロップは

「この試合のまさに次の日、彼女はアメリカンフットボールの試合に出て、チームは76-0で勝利した」

というものです。



調べてみたところ、このデビュー戦は現地時間で2016年4月1日で、次の日はWFAの開幕戦でした。

この試合でヤーブロー選手がどういう活躍をしたのか、調べてみましたがわかりませんでした。


もうちょっと詳しく調べてみました。

デスティニー・ヤーブロー選手、アメリカの現役女子アメリカンフットボールの選手で、WFAと言うリーグのCENTRAL CAL WAR ANGELSと言うチームに所属。

背番号は26で、ポジションはオフェンスではRB(ランニングバック:ボール持って走るポジション)で、ディフェンスではDE(ディフェンスエンド:守備の最前線の選手)です

(偶然ですがオードリーの若林さんは高校時代RBで、春日さんはDEです)

どちらかと言うとRB主体でプレイしているようで、ラッシングヤードはリーグ4位で、タッチダウン数は5位です。

今年もオールスターチームにも選ばれているすごい選手です。


その選手について、同じWFAでプレイしている鈴木弘子選手がヤーブロー選手と仲良しだと言う話しを聞きました。

20160917鈴木選手とヤーブロー選手の画像

(右側がヤーブロー選手)

こんな感じで、デスティニー・ヤーブロー選手がRIZINに出ることをブログに書かれてます。

「鈴木弘子『アメフト選手からプロ挌闘家へ』」へのリンク

「鈴木弘子『だっ、大丈夫か、ディストニー』」へのリンク


なお、デスティニー・ヤーブロー選手の格闘技デビュー戦については、こんな感想を書かれています。

「鈴木弘子『速報!秒殺!』」へのリンク

なんか最初の方に書いた記事以上にすごそうな選手です。


いったいアメフトではどんな選手なのか?

鈴木弘子選手に尋ねてみました。

「初めて対戦したのは多分6年前、WFAとは違うIWFLと言うリーグでのことだと思います。

その時は私がカリフォルニアクエイクのC(センター)で、彼女はLAアマゾンズ(のNG)ノーズガードでした。」

鈴木選手はオフェンス(攻撃)の選手で、ヤーブロー選手はディフェンス(守備)だったというわけです。

「事前に監督から、

「ヤーブロー選手は高校で男子と一緒にアメフトやってたから、めちゃくちゃ強いから。」と

言われてました。

試合始まったら、ほんとめちゃ強くて、スタートが速くて体重があるし…

また、ボディバランスが良くて、凄く手こずりました。

なんとか彼女がQBをタックルするのを防ぎました。」


この時鈴木選手のチームはQBにパスを投げさせようとしていたようで、そのヤーブロー選手はそのQBをつぶそうとして突進。

鈴木選手はそのヤーブロー選手からQBを守ろうとして、なんとか成功したようです。


「反対に、私が守備でDE(ディフェンスエンド)のポジションに入って、彼女がRBだった時は、彼女の腰回りが太いので、手が回らずタックルできませんでした。

コーチにそのことを言うと、

「とにかくどこでも良いから掴め、後はラインバッカー(LB:DEの後ろにいる守備の選手)が援護する」

と言われましたんで、夢中で彼女にしがみつき、ラインバッカーがタックルに来るのを待ってた思い出があります。」

そういうことですか…


ヤーブロー選手の動画を見ましたが、RBの割にはそんなに脚が速いとは思えないんですが、とにかくタックルされない

なんで?

俊敏でカットがうまい、とも思ったんですが、それ以外に体型がタックルしにくいものだった、と言うことでした。

ですから、今シーズンも含めオールスターの常連で、3年前にはアメリカ代表にも選ばれた鈴木弘子選手の程の選手をもってしても、持て余していた、と言うのがよくわかりました。


また、こんな話も

「ヤーブロー選手は女性用のショルダーパットをしているんで、つかむところがありません。

さっき言ったように、しがみついて味方の援護を待つか、かなり体の下を狙うか。

でも下を狙うと私の上に彼女が倒れて来るので、つらいです。」


ん?

女性用のショルダーパッドって何?

それに女子選手って女性用のものをつけてるんじゃないのかな・・・

実は「女性用のショルダーパッド」には胸を守るパッドが付いていて、それが合う合わないがあるので、男性用のショルダーパッドをしている選手が多いそうです。

それにしても、巨漢の彼女(身長175cm、体重98kg)が上にのっかかると、たしかにつらそうです。


ちなみに鈴木弘子選手のチーム、Pacific Warriorsヤーブロー選手のCentral Cal War Angelsとは同じ地区。

鈴木弘子選手のチーム(鈴木選手はこのチームのオーナーでもあります)は今シーズンのレギュラーシーズンゲームでは2敗しかしていないのですが、その2敗ともヤーブロー選手のチームによるものです。

こちらが2人が対戦した試合の動画。



ヤーブロー選手の活躍ぶりを撮影したものです。

前半25秒まではRBとして。

後半26秒からはディフェンスの選手として映っています。

赤いほうのチームで79番が鈴木弘子選手なのですが、後半にところどころ映っています。

ボールを工法のQBにスナップしている選手が鈴木弘子選手です。


4月9日に対戦した時のことを、鈴木弘子選手はブログに書いています。

「鈴木弘子『回顧録~試合開始』」へのリンク

かなりヤーブロー選手のことが書かれています。

「わかっているのに止まらない。」

そうです。

この試合はブログでは3話にわかれています。

その3つ目にもヤーブロー選手のことが。

「鈴木弘子『回顧録~後半』」へのリンク

「ディストニーは、

依然としてタックラーを引きづり

3ヤードは確実に取っている。」


すごい選手ですわ。


こんな選手が9月25日、今週末の日曜日にRIZINでどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。

「(最後は)自分の階級の選手たちを全員圧倒して最強になりたい」

と言っているヤーブロー選手。

その夢の始まりの試合となるのか?楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【米女子プロアメフト2015】新チームで今週末の開幕を迎える、鈴木弘子選手

最初に、私の

「かわいそうな友達」

のことを書きます。

その方とはグリーンベイ・パッカーズファンのオフ会で知り合ったのですが、昨年8月ごろ海外赴任となりました。

赴任先は米ロサンジェルス。

「ロスだったら、来シーズンは鈴木弘子選手の試合を見に行くことができますね」

と言っていたんですが…

来週からその方は東海岸に転勤することになりました。

NFLのシーズン中は、毎週末スポーツバーでパッカーズの応援をされるほどアメフト好きなその友達は、結局一試合も鈴木選手のプレイを生で見ることはできないことになりそうです。

異国で日本人の小柄(と言っても170センチはあられますが)な女性が活躍される姿を見られるのは、とても励みになったでしょうに…


さて本題です。


米最大の女子アメフトリーグ、WFAが今週末に開幕します。

全41チームが一斉に開幕するわけではないようですが、鈴木弘子選手が所属する、パシフィック・ウォリアーズはアウェイでサンディエゴ・サージと対戦します。

50歳(!!)になって初めてのシーズンが始まります。

日本時間の明日日曜日の午前中になると思います。

鈴木選手は昨年、サージに在籍されていましたので、今回の移籍後第一戦は古巣との対戦になります。

サージは昨年、NFLで言えばスーパーボウルに該当する、チャンピオンシップに進出しました。

対戦相手はWFAに所属するもうひとりの日本人選手、小倉典子選手がいるボストン・ミリッシャで、サージは敗れました。

(小倉選手の開幕は来週なので、小倉選手のことは来週書きます)

そして、鈴木選手は2013年に在籍したウォリアーズに復帰しました。


移籍の理由はいくつかあると思うのですが、そのひとつとして鈴木選手のオフィシャルブログ

「Being Betty」

には、自宅からサージの練習場などが遠いことをあげられていた記憶があります。

たしか片道2時間(4時間だったかも)車を運転して、ようやく練習場に着くとか。

この時間は日本の首都圏の通勤時間ではそれほど珍しくはないと思いますが、それは電車やバスに乗ってのこと。

「電車通勤より車の方が楽」

と考える方も多いと思いますが、激しい練習後にまた2時間運転するとか、私にはとてもきつそうに感じます。


今シーズン、鈴木選手はオフェンスライン(OL)とディフェンスライン(DL)の両方をプレイされる予定だそうです。

OLでは、センター(C)かオフェンスタックル(OT)のどちらかだそうです。

この2つのポジションは、私のような素人でも違いが大きいのがわかります。

Cはプレイ開始となる、ボールのスナップをします。

これは簡単そうに見えて、とても技術が必要なようです。

そしてその後、ブロックに行かねばなりません。

重心をコントロールする技術も必要だと思います。

そしてCは、精神的には野球で言えばキャッチャーみたいなもので、OLの中心にならねばいけないことが多く、それだけに知識と経験が重視されるそうです。

OTはブロックのみのポジションです。

それだけ書くと、Cよりは楽なポジションのように思えますが、そんなことはないと思います。

QBから見て左前にセットするレフトタックル(LT)は、QBが右利きの場合、とても重要なポジションだと言われています。

と言うのは、パスプレイの場合パスを投げようとしてかまえると、QBから見てQBの右側は死角となります。

この見えないところから相手にタックルされるのは、とても危険だそうです。

そりゃあそうでしょう。

わかっていてタックルされるのならそれなりに、心身とも覚悟と準備ができますから。

でも見えないところからタックルされると、心身ともダメージは少なくないと思います。

QBがダメージを受けるのは、試合の勝敗に直結することもあります。

OTとはそういう重要なポジションです。

ちなみに、R-1ぐらんぷりでブレイクした感がある芸人さんの、厚切りジェイソンさんは、ハイスクールでOTだったそうです。


DLだったらディフェンスエンド(DE)をプレイされるそうです。

DEはパスプレイではQBをタックルしにつっこんでいき、ランプレイではRBを早めに止める、できれば自分より前の位置でとめる、と言う役割のポジションです。

オードリー春日さんが高校時代にプレイしたポジションです。

QBもRBも、OLが守っています。

それをなんとかしてタックルにいくのですから、パワーとスピードが重視されるように思えますが、それだけではないようです。

OLを「かわす技術」と言うのが必要なようです。

例えば、まっすぐOLに向かって行くと見せかけて、カットしたり、スピンしたりしてOLを「かわす」わけです。

米女子リーグの動画や画像を見ると、信じられないぐらの巨体の選手も目にします。

鈴木選手は、昨季のポストシーズンでは、チーム一のロスタックル数を記録しました。

ロスタックルとは、プレイ開始位置よりも後退させて相手をタックルしてつぶすことです。

ランプレイが始まると、ボールはいったん後方のQBに渡り、さらにその後方にいるRBにボールを渡すことがあります。

RBはそこから前進するわけですが、プレイ開始位置にたどり着くまでにタックルしてつぶすのがロスタックルです。

ロスタックルをするには、OLのブロックを素早くかわすスピードと技術が必要に思えます。

それがチームで一番多いのですから、鈴木選手の技術とスピードは素晴らしいものです。


ポジションの説明が長くなってしまいました。

最後に情報サイトを。

対戦スケジュールは、前述した鈴木選手のブログに書いてあります。

鈴木弘子(ベティ)オフィシャルブログ「Being Betty」へのリンク

Facebookはこちら

「Hiroko Betty Suzuki」へのリンク

パシフィック・ウォリアーズに関するサイトはこちらです。

「Pacific Warriors」公式サイトへのリンク

Facebook「Pacific Warriors」へのリンク

ところでFacebookを見て、興味深い写真をみつけました。

Great times at the fundraiser tonight Warriors. Now let's get back to work. Swing that hammer! #warriorway

Posted by Pacific Warriors on 2015年3月20日


これ、タイヤをハンマーでたたくと言うトレーニングなんですが、たしか福岡ソフトバンクホークス工藤新監督がこのトレーニングをキャンプで取り入れていたように記憶します。

ググってみたらこちらの記事に記述がありました。

福岡ソフトバンクホークス公式「【キャンプコラム】ハンマートレーニング」へのリンク

トレーニングについては定評のある工藤新監督のやることだから、間違ったことではないんだろうけど、本当に役に立つんだろうか、と疑問に思っていたのですが、トレーニング先進国のアメリカでも行われていることがこの写真でわかって、間違ってなかったんだな、と嬉しくなりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリーのNFL倶楽部 ナイトライダー 鈴木弘子 谷村有美 ドン・マカウスキ グリーンベイ・パッカーズ 歴史 NFL 流行語大賞 アメリカンフットボール みらいふ福岡SUNS ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 ラグビー #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト ドラフト XFL 春日の呪い NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! オードリー LFL 濱口芙由紀 オードリーのオールナイトニッポン むつみ荘 竹内まりや 終戦記念日 太平洋戦争 ロサンゼルスの戦い ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト 福岡SUNS Amazon Hulu Twitter DAZN パワーランキング グレード お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力自由化 電力小売り全面自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス IoT モノのインターネット リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 真珠湾攻撃 12月8日 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン おれさまファンクラブ ホメラー 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ パッカーズ 城島 グリーンベイ ロジャース メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 三浦春馬 サムライハイスクール  歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 立花香織 南海ホークス 野村 景浦安武 アメフト 六三四の剣 世界剣道選手権 リオデジャネイロ 五輪 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Earth, 九月 Fire Wind twitter Tumblr 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 砦に拠る 室原知幸 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -