ユーザータグ : 女子アメリカンフットボールの記事 (1/1)

【最終報告】鈴木弘子オーナー兼選手のクラウドファンディング、チャレンジ成功!!

女子アメリカンフットボールリーグのパシフィック・ウォリーアーズのオーナー兼選手が立ち上げたクラウド・ファンディングが、無事成功しました。

詳細はクラウドファンディングのサイトにあります。

WESYM「日本人初女子プロアメフト選手の挑戦!パシフィックウォリアーズを応援しよう」へのリンク

目標500,000シードのところが、達成額645,500シードと129%の支援がありました。

下記リンク先は、鈴木弘子オーナー兼選手のブログで、お礼を言われているものです。

「鈴木弘子『最終報告!』へのリンク


ところでこのクラウドファンディングは、マスコミにも取り上げられました。

「女子アメフット:ヘルメットに「JAPAN」を 日本人初のオーナー鈴木さんが応援募る - 毎日新聞」へのリンク

ありがたいことです。

クラウドファンディングやこの記事とともに、国内外での女子アメフトの認知度が上がればいいな、と思います。

Your 2016 LA Pacific Warriors! "Our Family Against Their Team" #womenstacklefootball #wfa #womensfootball #womensfootballalliance #football

PacificWarriorsWomensFootballさん(@pacwarriors)が投稿した写真 -





余談を二つ

(応募は終了していますが、リンク先はまだ応募期間中のものです。)

リターンの中でもっとも人気があったのが、「日本を背負うステッカー」だったようです。

これは

パシフィックウォリアーズのヘルメットに貼られるもので、デザインも決まって2月16日に発注されたそうです。

鈴木弘子『日本を背負おうラストチャンス!』

私も応募しました。

到着は4月になるようですが、どんなデザインなのか楽しみです。


また、目標額に達成した時、たしか日本時間の2月13日の午後だったと思うのですが、鈴木さんは高熱にうなされていたそうです。

皆様、本当に本当にありがとうございました!

Posted by #79 Betty Suzuki on 2016年2月15日


今は全快されていますが、目標達成に元気づけられて回復されたのかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

日本女子アメフトチームのF.F.ランガルズ、グアム遠征であげた勝利で考えさせられたこと



(F.F.ランガルズとレディ・レイダーズの対戦の結果を伝える、現地メディアの動画

 動画タイトルの「Bud Football 3.3」の「Bud」は、スポンサーのバドワイザー社のことだと思われます)


先々週、日本の女子アメフトチーム、F.F.ランガルズ(F.F.Langulls)がグアムに遠征し、現地の女子アメフトチームと戦う、という予告記事を書きました。

その結果ですが…

3月2日(日)に行われた試合は、28-8で、ランガルズが現地のレディー・レイダーズに勝ちました。

詳細は下記リンク先の記事にあります。

「「ランガルズ」がグアムで快勝 日本女子初の海外遠征 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」 へのリンク

また、現地グアムのメディアも、この試合のことを書いています。

Pacific News Center「Lady Raiders & F.F. Langulls From Japan Hit The Gridiron At Tiyan」 へのリンク

(リンク先に飛べなかった不具合は修正いたしました。
    失礼いたしました)


新設間もないランガルズですが、大きなグアムの選手にあたり負けず、果敢に闘って、勝ってくれました。


ところで、この勝利と言うか、試合のニュースを見て考えさせられたのは、

「試合ができる幸せが、メチャクチャ感じられる」

と言うことです。

最初に貼った記事に

「日本の女子フットボールチームの海外での国際試合は初めて」

とあります。

以前も書いたのですが、日本は昨年行われ女子アメリカンフットボールの世界選手権に、選手が足りなくて出られませんでした。

競技人口が少ないので、国際試合どころか、国内でも女子選手同士の試合もあまりできないようです。

ですから、男子高校生のチームや、中年以上の男性によるシニアリーグとの試合の方が多いようです。

勝ったことを祝福するのはもちろんですが、まず無事に試合ができたことが、自分のことのように嬉しく感じられます。


そして得たものは多いと考えられます。

技術面の他、何と言っても女性チームとの試合勘と、勝利した自信、これが大きいと思います。

おそらく選手の方々は、これまで、どうがんばればいいかよくわからない不安をもちながら、努力されてきたと思います。

試合をすることで、これらのことが、これで良かったこと思えたこと、これではいけないと思えたこととして、だいぶ把握できたんじゃないかと想像します。

これは大きいと思います。


今、日本の女子アメフト界は、次回2017年の第3回女子アメリカンフットボール世界選手権への出場を見据えています。

これを戦って行く上で、大きな収穫を得たと考えます。


そう考えると、今回の対戦相手のレディ・レイダーズとグアムの女子アメフトリーグのGWTFL(Guam Women's Tackle Football League)に対して、本当に感謝です。

GWTFLのFacebookサイトを見ますと、ランガルズを歓迎してくれたことがよく伝わってきます。

20140311歓迎してくれたレディ・レイダーズ

(Facebook「Bud Light Guam Women's Tackle Football League (GWTFL)」へのリンク)


こんな歓迎ぶりを見せられると、4月に来日する男子ドイツ代表チームと、男子フィリピン代表チームを、いちファンとしてどう歓迎しようか、と考えたくなります。

男子日本代表も、対外試合は少ないのです。

そんなところに、遠いところをわざわざ来てくれるのですから。


話しを女子フットボールに戻しますが、今月22日には、東京の「東京ブレイズ」と大阪の「ワイルドキャッツ」の合同チーム「ブレイズキャッツ」が、グアムに遠征します。

今度相手をしてくれるのは、昨シーズンのGWTFLのチャンピオン

TEAM LEGACY(チーム・レガシー)

です。

チーム・レガシーに感謝するとともに、ワイルドブレイズの検討を期待します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~