ユーザータグ : 川崎宗則の記事 (1/1)

【祝メジャー昇格】 そこで昔のムネリンのツイートが最近実感できたことを書きとめておこう



(最近のムネリンの動画)


メジャーリーグの舞台に、川﨑宗則選手が帰ってきます。

トロント・ブルージェイズ傘下の3Aでプレイしていた、ムネリンこと川﨑宗則選手ですが、内野手のイズタリスが左膝を痛めて故障者リスト(DL)入りするため、4月15日(日本時間16日)のミネソタ・ツインズ戦からベンチ入りするそうです。

表現は変ですが、あのキャラクターが再びメジャーを騒がせることは、本当に楽しみです。


ところで最近、昔川崎選手がツイートしたことで、実感できたものがありましたので、いい機会ですので書き留めておきます。


「その通り、相手がいるから試合できる。相手を尊敬できるから良いプレーできる。薩摩隼人として謝ります。 」
http://twitter.com/#!/KawasakMunenori/status/77376407717679104

これは2011年に、ホークスファンが、対戦相手の広島東洋カープの選手やファンに、失礼な言葉を浴びせた件について、川崎選手が謝罪したものです。

当時私は、ホークスファンがやったことに対しては頭にきましたが、川崎選手のツイートについては、心の底からは理解できませんでした。

ですが、最近日本の女子アメフトの現状を知って、つくづく相手がいることはありがたいことだと実感できるようになりました。

おおざっぱに書きますと、日本の女子アメフトは競技人数が少ないこともあって、なかなか試合ができず、練習しかできませんでした。

それがこの3月に、グアムの女子チームが親善試合に招待してくれて、初めて立派な「試合」ができました。


それを考えますと、川崎選手のツイート

「相手がいるから試合できる。」

と言うのが、本当に実感できました。

ですから、

「相手を尊敬できるから良いプレーできる。」

といいますか、良いプレイをすることで、相手に敬意を示さなければいけない、と考えるようになりました。


やはり、その道を極めたアスリートの言葉には、説得力があるな、と思いました。

いや、川崎選手は「極めた」と言うにはまだ早いと思います。

川崎選手は、今まで誰も成りえなかった選手、と言いますか人物像を築きつつあると感じます。

だから、川崎選手から目が離せないのです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ムネリン】川崎選手のマイナー降格とメジャー再昇格の話題が、日米加のネットで熱い



(ブルージェイズの川崎選手が現地のファンにサインをする動画

 これを見ると、残した数字以上の人気が出るのも当然かと思われます)



MLBトロント・ブルージェイズの川崎宗則選手は、現地の6月25日にマイナー降格となりましたが、同僚のメルキー・カブレラ選手が故障者リスト(DL)入りすることになり、メジャーに再昇格することが27日に発表されました。

毎日新聞「米大リーグ:川崎、わずか48時間再昇格 異例の抜てき」へのリンク

その件で日米(そしておそらくカナダも)のネットユーザーが大興奮、と言うことを、下記記事が伝えています。

ロケットニュース24「【感動野球速報】マイナー落ちした川崎ムネリンが2日でメジャー再昇格!! ネットユーザーは大興奮「カワサキが帰ってくる! カワサキが帰ってくる!!」」へのリンク

それでは順に、川崎選手の降格から再昇格までの特別な動きを書いておきます。


1.マイナー降格時の特別措置

川崎選手がメジャー最後の試合を終えた後、ミーティングが開かれました。

監督から選手たちに、川崎選手のマイナー降格を伝えるためのものだったそうです。

通常選手がマイナー落ちするとき、他のチームメイトなどに告知することはなく、他の選手たちは翌日にロッカールームに来て、マイナーに落ちた選手のロッカーがきれいになっているのを見て、ああ、あいつはマイナーに落ちたのか、と気がつくそうです。

これだけでも、ブルージェイズにとって、川崎選手がどれだけ特別な存在だったかがわかります。

サンスポ「異例“壮行会”も!川崎、惜しまれて3A降格」へのリンク

そして川崎は、マイナーの3Aバファローのチームに去って行きました。

その時、Googleニュースで「Munenori Kawasaki」で検索すると、4画面ぐらい記事へのリンクがありました。

いかに川崎選手が現地で特別な選手だったか、思い知らされました。


2.選手やメディアの反応

ブルージェイズの選手たちは、川崎選手のマイナー行きを悲しんでいるようで、下記リンク先の記事にそれらが載っています。

Yahooトピック「ジェイズ同僚ら川崎へ別れの言葉 思い出も語る」へのリンク

この記事にはないようですが、変な意味ではなく

「川崎に恋していた」

と言うことを言った選手もいたようです。

(多分原文は、他愛のないものだったと推測しますが)


また、トロントのメディアは、

「Munenori Kawasakiがいなくなってさびしい、13の理由」

と言う記事を書きました。

邦訳されたものがこちらにあります。

サンスポ「「ムネリンが恋しい13の理由」トロント地元紙」へのリンク

オリジナルの記事はこちらです。

動画もたくさんあって楽しいですよ。

thestar.com「Toronto Blue Jays: 13 reasons why we will miss Munenori Kawasaki」へのリンク

記事中の

「(1)彼の潔さ-降格が決まった際に川崎が通訳を介し「自分は死んだわけじゃない。ボクは野球選手だし、明日のグラウンドが違うだけ」と清々しく語った。」

とは、下記動画のことでしょう。

YouTube「川崎インタビュー  降格後初」へのリンク

「アイ、アム、ジャパニーーーーーズ!」

は、サヨナラ打を打った時に発せられたものですが、いつのまにか川崎選手の決めポーズになっていたとは…

たしかに、トップに置いた動画の中でも、川崎選手がそう言うと、笑いが起きています。

(それにしても「But now I'm Cnadian」には笑いました

 うまいなぁ)


3.再昇格決定をうけ

バッファローで1試合だけ出場し、4打数2安打の成績を残した後、川崎選手は昇格することになりました。

ネットには

「結果的に2泊3日のバッファロー旅行だったわけか」

と言う声もありました。

なるほど、バッファロー市はナイアガラの滝の入り口とも言える都市ですから。


川崎選手の昇格を受け、日本のtwitterでは

「ムネリン」

がトレンド入りしました。


また、「Munenori Kawasaki」で検索すると、多くの現地の人からのものと思えるツイートが引っかかりました。

今でもこんなものを見ることができます。

「@BlueJays yay so happy Kawasaki's back! 」

(川崎が戻って来てハッピーだ)

「Kawasaki is the best thing that's ever happened to the Blue Jays」

(川崎が入団したのは、はブルージェイズ史上、最高の出来事だ)


気になるのは、「カブレラ選手は15日間のDL入り」と言うことです。

2週間後には、川崎選手は、また降格するのかもしれません。

(カブレラ選手の不運を願っているわけではないです)

でも、遅くとも、選手登録枠が拡大される9月には、また川崎選手は戻ってくるでしょう。

ジェットコースター「KAWASAKI」は、まだまだ運行中です。


最後に、川崎選手のメジャーでのパフォーマンスについてランキングした動画へのリンクを貼っておきます。

YouTube「Connected Countdown: Top 5 Munenori Kawasaki moments」へのリンク



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~