ユーザータグ : 川﨑宗則の記事 (1/1)

【祝リーグ優勝】世界のムネリン、シャンペンファイトでカナダのトレンドに\(^o^)/

現地時間の9月30日、MLBアメリカンリーグ東部地区に属するトロント・ブルージェイズは、ダブルヘッダーの第1戦を15対2で勝ち、22年ぶりの地区優勝を決めました。

その後ダブルヘッダーの第2戦を終え、シャンパンファイトが始まりました。

人気者のムネリンこと、川﨑宗則選手が在籍しているので、日本でも大きく扱われると思いましたが、意外に日本も日本ではそれほどのニュースにはなってなかったように感じました。

でも、シャンパンファイトの川﨑選手のことは、現地では数多く投稿され、一時カナダのtwitterでは

「Kawasaki」

がトレンド入りしていたそうです。

20151001ムネリンがカナダのトレンドした入りことを示す画像

それほどの騒ぎでしたので、いくつか印象に残ったツイートを貼っておきたいと思います。

なるべく、画像、動画多めで。





優勝決定の瞬間でしょう。

左側で目立っています。




ビクトリーシガー(「勝利の葉巻」)を吸う川﨑選手の動画。

いまいちわからないのが、喫煙が日本よりも厳しい目で見られるアメリカでは、なんで優勝して葉巻をわざわざ吸うんだろう?

それって歓迎されることなのかなぁ、と言うことです。

1~2年前に、アメリカ在住の人(非喫煙者)にそのことを聞いたら、葉巻(シガー)とタバコ(シガレット)は、ステイタスが違う、みたいな答えをもらった覚えがあります。

葉巻は許されるようです。





川﨑選手のいろんな写真。

右上のはポストシーズン進出が決定した時、ビクトリーシガーを吸ってむせたものだと思います。





「NFL倶楽部」のレポーターの小池絵未さんも、川﨑選手の不思議な画像をツイートしています。




長めでおもしろいんですが、私の英語力は川﨑選手に遠く及びませんので、何を言っているかわかりませんが、嬉しそうで、きつそうです。

出典はこちらの記事。

USA TODAY Sports「The Blue Jays won the AL East and Munenori Kawasaki got drunk」へのリンク

多分同じ動画が、あの「Sports Illustrated」にも載ってます。

「Munenori Kawasaki on AL East win: ‘I’m drunk’」へのリンク





そして一番手前ではしゃぐ川﨑選手。




こちらは川﨑選手がはしゃぐのにツッコミを入れる2ちゃんねるの声をまとめたものへのリンク。

「コミュ力お化け 」

「想像以上に主役で楽しんでて草 」

本当に、ホークスで一軍に定着する前に、ホームシックにかかったのか?と疑いたくなる適応力ですわ


さて、ブルージェイズは来週からポストシーズンを戦って、ワールドシリーズへの出場、そして制覇を目指すわけですが、川﨑選手がベンチ入りメンバーに入るかどうかは微妙なようです。

できれば入って、活躍して、優勝して、トロントやカナダ、そして日本のファンを元気にしてほしいものだと思います。

期待してます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

ムネリンMLB再昇格~バッファーローは川﨑選手がいなくても大丈夫だろう



(MLB公式サイトで「体脂肪体操」のことをいじられる川﨑選手

 このときはまだメジャーに上がってなかったのに…

 人気の高さがうかがえます)


日本時間の5月31日日曜日、トロント・ブルージェイズ傘下の3Aバッファロー・バイソンズでプレイしていた川﨑宗則選手に対し、ブルージェイズはメジャー再昇格を発表しました。

この記事の本文は、川﨑選手が今シーズン初めて昇格したときに書いたものですが、その数日後に降格が決まったので、公開を控えていました

消すには惜しい、と思うほどたいしたものではないですが、こういう目線で川﨑選手のことを見ている人間もほとんどいないと思いますので、このタイミングで公開しておきたいと思います。


以下、本文です。

ムネリンこと川﨑宗則選手が、先週末3Aからメジャーへ昇格しました。

下記リンク先のコメントのように、日本でも多くの方が「喜ばしいニュース」として歓迎しているようです。

「ムネリンついにメジャー昇格!正二塁手の負傷でチャンス到来 - 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク

「川崎宗則がついにメジャー昇格!正二塁手の負傷でチャンス到来(ベースボールキング) - Yahoo!ニュース」へのリンク

コメントの中でも

「日本にいるときには、そんなに好きな選手だったわけでもないけど、今は昇格を聞くとワクワクする。頑張ってほしい」

と言うのが、このニュースを見る多くの日本の人の反応だと思います。

毎年のように開幕を3Aを迎えながらも、腐らずにマイナーでプレイし、そして昇格して活躍する姿を見ていると、もう川﨑選手は教科書に載ってもいいレベルじゃなか、なんて思ったりします。


ところで、昨年私は、

「川﨑選手がメジャーに昇格するのは複雑な気持ちだ」

と言うようなことをブログに書きました。

と言うのは川﨑選手がプレイしていたマイナーチームの本拠地、ニューヨーク州バッファローは、当時とても重苦しい空気に覆われていたように感じられたからです。

でも、今年のバッファローはかなりテンションが高いんじゃないかな、と感じられます。

NFLから見た限りですが。

病に苦しんでいたビルズの英雄ジム・ケリーは、5月頭のドラフト会議で、力強い姿を見せてくれました。

そしてなんといっても、バッファーロー・ビルズにレックス・ライアンと言うテンションの高いHC(ヘッドコーチ:監督のことだと思ってください)が就任したことは、良くも悪くもバッファローの街に刺激を与えると思います。

ライアンHCの人気を思い知らされたのは、この動画です。



4月上旬に川﨑選手が所属する3Aバッファロー・バイソンズの始球式に登場し、ランナーもいないのに一塁にけん制をしたりしながら、役目をまっとうしました。

注目していただきたいのは、ライアンHCが登場してマウンドに行くまでに、背景に映っている関係者やメディアの多さと、その後映される観客席の空席ぶりです。

マイナーの試合のスタンドなんてこんなものかもしれません。

しかし関係者やメディアの数が多すぎる。

たしかにNFLのHCは人気者で、しかも新任とあれば注目も高いとは思いますが、この人数は異常だと思います。

ライアンHCへの期待の高さがうかがえます。

そして後日、ライアンHCはMLBのボストン・レッドソックスの始球式に登場したQBトム・ブレイディが、ワンバウンドの投球に、アドバイスをおくったりしています。

ブレイディはソフトボールで有名な「ブレイディ姉妹」の弟で、MLBからも捕手としてドラフト指名を受けたほどの野球選手でもあるんですが…


まあとにかく、ライアンHCの存在は、バッファローの街を明るくしてくれると思います。

良くも悪くも。

チームも昨シーズンはプレーオフ出場こそ届かなかったものの、おおかたの予想を裏切って、9勝7敗と10年ぶりに勝ち越しを決め、上り調子。

トレードでも大物選手を獲得するなどして話題を呼んでいます。


話しが川﨑選手のことからはずれまくりましたが、もうバッファローの街は、川﨑選手なしでも元気でいられると思います。

ですから、川﨑選手には、思い切りトロントで暴れまくってほしいです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

川﨑のメジャー昇格、今回はそんなに嬉しくなかった理由

(これから書きますことは、かなり私の憶測が入っています。

 また、アメフトについてのステマではないです。

 かなり悲しいことを書きますので、そんなものにステマはつっこめないです。)


さて本題ですが…


先週川﨑宗則選手が、メジャーに昇格しました。

これまで川﨑選手は何度も降格と昇格を繰り返してきました。

福岡ダイエーホークス時代からの川﨑選手のファンですから、昇格のたびに、やった、と喜んで来ました。

しかし今回は違いました。

川﨑選手が、3Aのあるバッファローの街を離れるのが、ちょっと残念に思えたからです。


ここからは私の認識があっているかどうか自信がないのですが…


バッファローの街は、今暗い空気におおわれているように思えます。

1990年台にNFLのバッファロー・ビルズの黄金時代の中心選手の一人、ジム・ケリー氏が、あごのガンであることが発覚しました。

ケリー氏は50年を越すビルズの歴史の中で、その背番号が唯一永久欠番に選ばれたほどの街の英雄です。

最近はビルズのキャンプに顔を出すほどの力は残っていますが、それでも闘病中であることは変わりはありません。


また、そのバッファーロー・ビルズを1960年に創設し、以来半世紀以上ずっとオーナーだったラルフ・ウィルソン氏が、3月に死去しました。

これだけでもものすごく悲しいニュースだと思います。

そしてビルズは売却されることになり、もしかしたら本拠地の移転も、と言う話しも聞きました。


これだけ暗いニュースに包まれたバッファローの街で、川﨑選手はプレイしていました。

しかし、ニュースを見ていると相変わらずのパフォーマンスで、ファンを楽しませているようです。

そして私は、ある動画で

「I love Buffalo」

と、例のたどたどしい英語で川﨑選手が言っているのを見つけました。

そのとき、

「川﨑選手はメジャーに上がれなくても、ここで、彼にしかできない重要な仕事をしているんだな」

と感じました。

ファンにも愛されているようです。


そんな背景があったので、今回の川﨑選手のメジャー昇格を、いつものようには喜べなかったのです。


でも、やはり野球選手ですから、チャンスがあればメジャーでプレイしたいはずです。

ですから、素直に川﨑選手のメジャーでの活躍を期待します。

それにしても、川﨑選手。

昇格即スタメンと言うのは、本当にすごいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~