FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【第1試合】第5回U19世界アメリカンフットボール選手権大会2018がキックオフ~日本戦ニュースのまとめ



(YouTubeにてライブ配信された日本対メキシコ戦の動画「MÉXICO VS JAPON IFAF MÉXICO 2018.」)

日本時間の2018年7月14日、第5回U19世界アメリカンフットボール選手権大会2018が始まり、3試合が行われました。

結果はこのツイートのとおり。



結果を書き出しておきます。

(結果を書き出すんならこのツイートを貼る意義はないように思われるかもしれませんが、このTwitterアカウントは、初日スコアごとに速報をしてくれましたので、知っておくとよいと思います)

アメリカ 38 - 0 オーストラリア

メキシコ 31-14 日本

カナダ 49-6 スウェーデン


日本戦に関する記事のリンクを貼っておきます。







先月の第3回FISUアメリカンフットボール大学世界選手権では、日刊スポーツやサンケイスポーツなどを合わせて、日本戦は全試合簡単な記事があったのですが、今のところ専門メディア以外では報道は見つけられませんでした

2018071503U19アメフト世界選手権

(RB#3小田賀優介選手(法政大学))

個人的な感想を

先月の大学選手権で優勝したメキシコには、ランニングタイムに追い込まれるほど大敗していましたので、どんな試合になるだろうと心配しました。

最初の日本のドライブが3&アウトに終わり、メキシコがドライブを続けてTDこそ逃したもののFGで0-3とリードされたときには、その心配の思いが強くなりました。

しかしその次のドライブからは、日本はよくやってくれたと思います。

メキシコのオフェンスを抑え、日本はドライブを続けることができました。

3回目のドライブでTDパスを決めたのですが、印象に残っているのはそのレシーブではなく、その2~3プレイ前のTE#92水谷蓮選手のレシーブ。

よくあんなのが捕れたな、と言うぐらい難しいものを捕って、ドライブを続けてくれました。

前半を終わって6-3とリード。

勝てるかも。

体力が持てば、と思いました。

しかし後半最初のドライブで逆転され、さらにもう1TDを加えられ、6-17でリードを広げられました。

しかしQBを野沢研選手に変えると、突然パスプロが機能し(メキシコが作戦を変えたのかもしれません)、パスが決まりはじめ、最後はロングランでのTD。

一旦はインターセプトされて失敗かと思われた2ポイントも、多分メキシコの反則でやり直しで成功。

14-17と1FG差に迫った時、再び、勝てるかもしれない、と思いました。

4Qをメキシコ陣深くで迎えたとき、同点は行けると思ったのですが、この試合2度目のギャンブル失敗。

その後は2TDを加えられ14-31で試合終了となりました。

私としては予想が予想だったのもありますが、それ以外の点でも満足しています。

意外とランも出ていたように思いますし、そんなに多くはロングゲインを許しませんでしたし、パス守備も悪くはなかったと思います。

メキシコのパスは通りそうに感じませんでした。

山嵜隆夫監督は、大学選手権の動画を見て備えたそうですが、それは前半を見たときに感じました。

メキシコは粗かったように感じます。

落球が多く、反則も多かったです。

それが直れば、カナダやアメリカといい試合ができるかもしれない、と思いました。

2018071502U19アメフト世界選手権

(オフェンスの大部分を率いたQB#11平尾渉太選手(関西学院大学))

さて、次の試合ですが…

今回大会公式ホームページのスケジュールが間違っていて、情報が錯綜していて、半日くらい前まで正確なスケジュールがわかりませんでした。

ですので、自信はないのですが、日本代表のサイトによりますと、以下の通りです。

日本時間の24時間形式に変換して書きますが、間違ってたらすみません。

7月19日(木)

0:00  オーストラリア 対  スウェーデン

3:00  カナダ 対 日本

6:00  アメリカ 対 メキシコ


おそらくトップに置いたYouTubeアカウントでライブ配信してくれるんじゃないかと思います。

2018071501U19アメフト世界選手権

(数少ない高校生WR#80糸川幹人選手(箕面自由学園))


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

第5回アメフト世界選手権の日本代表壮行試合と、最終代表の発表



(第1Qに日本代表のタッチダウンパスが決まったシーンの動画)


一昨日、6月14日に、IFAF第5回アメリカンフットボール世界選手権大会に出場する日本代表の最終選考を兼ねた、壮行試合が川崎の富士通スタジアム川崎(旧川崎球場)で行われました。

対戦相手はOBを含むオール慶應義塾大学ユニコーンズとオールXリーグの混成チーム「チームHOPE」で総勢120名。

結果は、58-0で日本代表が勝ちました。

20150615壮行試合の一シーン

(赤いジャージ、日本代表のオフェンス

 黄色いビブスを着ているのがQB)

試合は負傷を防ぐため

・QBがプレッシャーを受けたところでボールデッド

・QBへの接触は禁止で、接触するとアンスポーツマンライクコンダクト

と言う特殊なルールでした。

そんな感じなので、QBがプレッシャーをかいくぐって投げようとしたところで、あるいは走ろうとしたところでボールデッドになるわけですから、試合としてのおもしろさはそがれたように思います。

でも、大事な日本代表ですから、仕方がない措置なのかな、と思います。

それに、時間がたつにつれ、オフィシャルはなかなか笛を吹かなくなりました。


「チームHOPE」は、壮行試合の相手として、十分なプレイをしてくれたと思います。

得点差ほど、日本代表が圧倒した、と言う印象を受けませんでしたし。

前述の特集ルールの影響もあったとは思いますが、1Qに日本代表にパントを蹴らせました。

日本代表が壮行試合でパントを蹴る事態に追い込まれるのは、なかなかないと記憶します。

そう言えば、「チームHOPE」の監督が慶應のHCと言うこともあってか、オフェンスはほぼノーハドルだったのに対し、日本代表はそう言うオフェンスはしませんでした。

そう言うことをしなくても勝てるのですが、これは「仮想米国」相手のゲームですから、2ミニッツオフェンスの練習とか、適性を試させたりしなくてもいいのかな、と不思議に思いました。


その他印象に残ったのは、日本代表の主将格のWR木下典明選手の、貫禄のキックオフリターン

オーラに包まれて走って行くように感じられました。


日本代表のQB高田鉄男選手を久々に見ましたが、すごくいいパフォーマンスだったと思います。


「チームHOPE」のQB高木翼選手(オービック)はいいQBだな、と思いました。

プレッシャーを受けながらパスを投げるのがうまい、と。

あれでもう少しリリースが速ければ、十分に日本代表を狙えるんじゃないかな、と思いました。


(第4Qの日本代表のTDランの動画)



試合終了後、木下選手が観客に向かって決意表明

「明日選ばれる(最終代表の)45名で、絶対にアメリカに勝ってきます」

と言ってくれました。

もう少しでNFL入りできた、アメリカを知る選手ですから、気持ちだけで言っているものではないと信じます。

このツイートのリンク先(Facebook)では、別の場所で撮影された木下選手の決意表明を見ることができます。




試合に関する記事は、こちらのリンク先にあります。

「日本代表が世界選手権壮行試合で勝利 アメフト(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース」へのリンク


そして昨日、日本アメリカンフットボール協会は、最終選考を終え、日本代表45人を発表しました。

下記リンク先の記事に、一覧と森清之ヘッドコーチの選考に関する談話が書かれています。

「日本代表QBは高田、加藤 46歳DL脇坂は5大会連続出場 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

これまで3人選ばれてきたQBは、今回は2人でした。

一昨日「S☆1スポーツ」で特集されたWR栗原嵩選手も選ばれました。

選考基準として「キッキングゲームも含めて複数ポジションをこなすことのできる人材」と語られてますが、WR宮本康弘選手は、壮行試合の後半、キッカーを務めていました。


さて、来月の今頃はもう世界選手権の真っ最中なわけですが、日本代表は今後6月21日(日)と6月27日(土)に公開練習を行います。

下の写真は、右が壮行試合のパンフレットで左が公開練習のチラシです。

20150615壮行試合のパンフレットとご案内

チラシによりますと、6月27日(土)の練習後、

・日本代表選手との集合写真撮影

・選手サイン入り代表Tシャツが当たる抽選会

が行われるそうです。

詳細は下記リンク先に近々アップされるようです。

「日本アメリカンフットボール協会公式サイト」へのリンク

「富士通スタジアム川崎オフィシャルブログ」へのリンク

壮行試合の後、スタジアムの外はこんな感じで、日本代表チームの選手や「チームHOPE」の選手も入り混じって、写真撮影や、歓談が繰り広げられていました。

20150615壮行試合の後の光景

富士通スタジアム川崎でのアメフトの試合のあとは、だいたいこんな感じです。

さっきまでフィールドにいた選手たちが普通にいるのです。

6月27日(土)の練習後も、これに近いものになるのでしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】日本対ドイツ戦観戦記~German Japan Bowl II

20140413GJB2パンフレット

(German Japan Bowl Ⅱで配布されたパンフレット)


先週土曜日に川崎富士見球場(旧川崎球場)で、アメリカンフットボール日本代表対ドイツ代表の試合、

「German Japan Bowl Ⅱ」

を観戦してきましたので、その感想を書き留めておきます。


その前に、遠路はるばる日本までやってきてくれた、ドイツ代表のみなさんには本当に感謝いたします。

試合に勝つとか負けるとかよりも前に、まず試合の相手がいるということが何よりも嬉しいからです。

日本とドイツとの新善試合は、この試合までにとどまらず、今後も永く続けていただければ、と強く願います。


1.おおざっぱな試合の流れ

日本の攻撃から始まった試合は、その攻撃をTDパスに結び付け、日本が先制し7-0とします。

対するドイツの攻撃は、予想に反してランとパスを織り交ぜてじりじりと前進しますが、パントに終わり無得点。

その後は両チーム攻めあぐね、1Qはそのまま7-0で日本リードで終了。


2Qもそのまま両チーム攻めあぐねたものの、9:42に日本がTDパスをあげ、リードを14-0に広げました。

その次の攻撃でドイツは2ミニッツオフェンス(12分クオーターでした)を始め、ノーハドルで仕掛けてきます。

しかしそれもインターセプトで攻撃権は日本に。

日本は時間をつぶすことをせず、前半終了までにもう一回スコアを目指しますがギャンブル失敗。


前半は14-0で日本がリードしたまま終わりました。


3Qはさらに試合が動かなくなってしまったのですが、3Q終了とほぼ同時に日本が32ヤードFG決めるて、さらにリードを広げ17-0.


しかし4Qに入ると得点が入りまくりました。

まず最初のドイツの攻撃をパントに追いやると、次のドライブで日本が自陣深くからロングパスを決め、レシーブしたWRがそのままエンドゾーンに走りこんでTD。

4Qの1:48でリードを24-0とします。

次のドイツのドライブは、日本にパスをインターセプトされます。

攻撃権を得た日本はスクリーンパスから見事なランアフターキャッチを見せTD。

4:01でスコアは31-0になりました。

さらに次の攻撃で、ドイツはまたもインターセプトをくらい、自陣深くまでリターンされました。

日本はこれで得た攻撃権をTDパスでしめ、4Qの5:51でスコアは38-0となりました。


試合はこのまま進み、最後は日本のニーダウンで終わりました。


最終スコアは、日本 38-0 ドイツ、でした。

20140413GJB2最終スコア

(最終スコアを示すスコアボード)


2.感想

1)日本オフェンス

日本のオフェンスは良かったです。

パスは長身のドイツディフェンスにはたかれたり、チップされたりしましたが、サックとインターセプトはなかったと思います。

けっこう選手が密集しているゾーンに投げて、それが何度も通っていた印象があります。

かなり精度の高いパス攻撃ができたんじゃないかと思います。

ランに関しても、予想よりは出ていたように感じました。

中央のランでも、クイックネスを生かして、何度かロングゲインを見せていたような印象があります。

20140413GJB2日本オフェンス

(日本オフェンスのシーン)


2)ドイツオフェンス

「ランで真っ向から勝負をする」(マーク・タピー・チームディレクター)と言う言葉を事前に読んでいたのですが、パスが結構多かったような気がします。

ランはこの試合で敢闘賞のようなものに輝いたRBダニー・ワシントン選手がいいゲインを見せていました。

ただファンブルロストが1回あったのが残念です。

しかしランの回数も、ゲインしたヤードも、予想したほどではなかったように感じます。

パスは予想よりは決まっていたように思います。

ただ、落球が多かったようにも記憶します。

インターセプトが3回ありましたが、最初のは前半終了間際で急がなければいけない局面で、あとの2回は大量点を追いかけなければいけない局面。

いずれもパスが予想される局面でしたので、ディフェンスとしても読みやすいところがあったから起きたものとも考えられます。

ですから、3回は仕方ないのかな、とも感じました。

20140413GJB2ドイツオフェンス

(ドイツオフェンスのシーン)


3)日本ディフェンス

アグレッシブでした。

飛び込むようなタックルを何度も見ました。

ものすごい勇気を感じました。

(ちょっと危険かな、とも感じることもありましたが、フェイスマスクなどのペナルティにつながる危険なものはありませんでした。

 ルールの中でギリギリのプレイを発揮したと言えると思います)

ボールへの集まりの速さも健在でした。

タックルミスと言いますか、あれを抜かれちゃいかんだろう、と言うプレイはほとんどなかったように思います。

また、意外にQBにプレッシャーをかけられていました。

サックが2回ほどありましたし、それ以外でも投げ捨てさせることにも成功していました。

完封という結果から言っても、ほぼ満点の出来ではなかったかと思います。


4)ドイツディフェンス

長身を生かして、何度も日本のパスをはたき落としたり、チップしたりしてインコンプリートに追い込んでいました。

終盤には最前列に間隔を広く取ったあまり見ない体形から守っていました。

パスラッシュとパスカバーに重点を置いていたように思えます。

日本が4Qに得点した後は、それが成果を上げていたように感じます。


5)全体的な感想

ヨーロッパのチームとやる時は、そろそろ日本が初黒星を喫してもおかしくないころだ、といつも悲観的な考えが頭をよぎります。

ですが、今回は日本でやる試合だし、なんとか日本は勝ってくれるだろう、と期待していました。

結果は予想した以上でした。

特に完封は意外で嬉しかったです。

世代交代をして、若手中心で臨んだ試合でしたが、素早く動き回るディフェンスはうまく引き継がれていると感じました。


私が見る限りでは、日独の差はクイックネスにあって、それがスコアに表れたと感じます。

そしてパスをはたかれたことを除けば、ドイツの有利な体格は、あまり機能しなかったように感じます。

あの体格でラン攻撃を続けられれば、無得点で終わることもなく、競っていたと思います。

(日本としても、そう言う攻撃に耐えることが課題だと思われますので、ラン中心で来てほしかったんじゃないかと考えますが)

ドイツは、ヨーロッパ選手権を間近に控えているようで、それを勝ち抜くためにもランに頼らない攻撃を日本相手に試してみたかったのかな、とも感じました。

20140413GJB2日本入場

日本代表選手入場のシーン)


3.来年の世界選手権に向けた動き

来年、IFAF主催の第5回アメリカンフットボール世界選手権が、スウェーデン王国のストックホルム市で開催されます。

昨日のGerman Japan Bowl Ⅱとほぼ同じ時間に、韓国ではその出場権をかけた韓国対クウェートの試合が行われました。

韓国 69 - 7 クウェートで、韓国が2回ぶり2回目の本選出場を決めたようです。

日本は来週末の4月26日、東京調布市のアミノバイタルスタジアムで開催される対フィリピン戦に勝てば、5回連続5回目の本選出場を決めます。

順当であれば、日本が勝つと思います。

問題は本選で、日本は2連覇の後、準優勝、3位とだんだん順位を落としています。

上位2チームがアメリカとカナダですから、仕方がないと言えば仕方がないとも言えるでしょう。

と言うか、よくここまでがんばっているな、と思います。

ですが、やはり優勝してほしいです。


それでも、やはり予選を勝たなければ本選に進めないのは事実です。

対フィリピン戦は通過点に過ぎない、と考えずに、本選で優勝するためにいろいろとがんばってほしいと思います。

素人考えではありますが、フィリピンはアメリカの文化が深く入っている国ですから、学ぶこともあると思います。

20140413GJB2対フィリピン

(対フィリピン戦を告知する写真)


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

ホークス オードリーのオールナイトニッポン オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 アメリカンフットボール 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌  夏の終わりソング NFL倶楽部 オードリー Xリーグ 日大悪質タックル問題 メンタルヘルス スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS Amazon Twitter DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 玉竜旗 剣道 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング ICT 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 80年代邦楽 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 真珠湾攻撃 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース  サムライハイスクール 三浦春馬 歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 景浦安武 南海ホークス 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾修 東尾理子 アース・ウィンド・アンド・ファイアー September Earth, Fire 九月 Wind Tumblr twitter 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -