ユーザータグ : 早稲田大学の記事 (1/1)

【大学アメフト】早稲田大学ビッグベアーズが、2年連続甲子園ボウル出場

早稲田大学米式蹴球部ビッグベアーズが、先週末の東日本代表決定戦で東北大学ホーネッツをやぶり、第71回甲子園ボウルへの出場を決めました。

「早大、2年連続4度目甲子園ボウルで関学大と初対戦|日刊スポーツ」へのリンク




記事のタイトルにありますように、早稲田が甲子園ボウルに出るのは2年連続4回目ですが、2年連続は初めての快挙となります。

相手は今回50回目の出場となる関西学院大学ファイターズ

両校の公式戦での対戦は、初めてだそうです。

20160430アメフト早慶戦早稲田側ハリセン


早稲田が今シーズンの甲子園ボウルに出場するのは難しいだろう、とシーズン前は思っていました。

と言いますのは、オフェンス、ディフェンス、そしてスペシャルチームからタレントが抜けたからです。

QBの政本選手、LBのコグラン選手、そしてKの佐藤選手。

この3人はとても優れた選手だと思いますので、卒業したのは痛いと思っていました。

下の記事によると、ディフェンスの再建が急務だったようです。




秋のシーズンが始まると、実際早稲田は苦戦したようです。

日本体育大学トライアンファントライオンには試合の終盤に追いつかれました。

「162cmのQB、王者早稲田をほんろう 日体大・小林:朝日新聞デジタル」へのリンク

なんとかタイブレークで勝つことはできましたが…


そして、春の定期戦では勝っていた、慶應義塾大学ユニコーンズには敗れました。

しかしこの試合は「失うもの」だけではなかったようです。

「早大、逆転で初の2年連続関東制覇 アメフット|日刊スポーツ」へのリンク

この記事によりますと、

「慶大に負けたことで立ち返って、日本一への覚悟話し合った。その結果、チームも1つにまとまった」(OL松原選手)

「早慶戦がいいきっかけになった」(RB須貝選手)


その次の法政大学トマホークス戦に勝ち、慶應義塾が敗れ、自力優勝のめが復活し、「勝てば優勝」となる日本大学フェニックス戦にも勝ち、優勝となりました。

(慶應義塾、法政、早稲田が勝敗数で並んだものの、この3校間の試合の得失点差で早稲田が優勝となりました)




昨シーズンの開幕前に発売された「アメリカンフットボール・マガジン」のランキングでは、早稲田は関東でトップでした。

ですから、昨年の優勝は順当と言えるでしょう。

(しかし「順当に勝つ」と言うのがどれだけ難しいか…そう考えると立派な優勝だと思います)

今シーズン前の「アメリカンフットボール・マガジン」では、早稲田は慶應義塾とともに関東2位タイでした。

今シーズンの優勝は昨年ほど傑出したタレントがいないものの、一人一人の力を「チーム」として昇華させた結果のものでしょう。

優勝は難しいと考えていましたから、本当にうれしいです。


甲子園ボウルでは、前述のとおり関西学院と当たります。

とても強い相手で、「アメリカンフットボール・マガジン」でも早稲田より格上です。

苦戦すると思います。

しかし、出るからには勝ってほしいです。

初めての甲子園ボウルの勝利を願ってやみません。





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【アメフト】早稲田大学ビッグベアーズ対日本大学フェニックスの試合を観た感想

20151026早稲田大学ビッグベアーズ試合前のハドルの画像

早稲田大学ビッグベアーズ試合前のハドル)


今年の早稲田のアメフトは強い、と聞いていましたので、10月25日に行われた

日本大学フェニックス対早稲田大学ビッグベアーズ

の試合を見てきました。

強い時だけ見に行くだなんて…

横着者ですみません。


それは置いといて、試合と現地のことを書いておきます。


1.試合の流れ

早稲田は1Qに5ヤードのTDパスで先制して7-0。

しかし、次のシリーズにすぐに日大にTDパスをヒットされます。

PATは失敗で7-6。

次のシリーズから、早稲田オフェンス抑えられ、攻めきれなくなりました。

攻撃が日大に移ったものの、パントに追いやります。

その日大のパントを早稲田LBコグラン選手がブロック。

コグラン選手はそのままポールを拾い上げて、パントブロックリターンTD。

これで14-6とリードを広げました。

1Qはこれで終了。


そして日大オフェンスも抑えられ、得点できなくなりました。

これが3Q終了まで続きました。

3Qに日大は27ヤードのFGを蹴ったのですが、これをはずしてしまいました。

私には早稲田の選手が伸ばした手に、ボールが触れてそれで外れたように見えました。


4Q、早大は日大に38ヤードのFGを許します。

これで14-9。

日大が逆転するにはTDが必要で、残り時間は少なく、逆転は難しく思えました。

しかし早稲田が次の攻撃で時間をつぶすことができずパント。

これを日大がいい位置まで戻しまして攻撃すことになりました。

残り時間は1分台でしたが、逆転TDは十分可能で、そうなると早稲田には再逆転はできそうに思えませんでした。

しかしここで、早稲田ディフェンスにビッグプレイ。

残り1:05で、LBコグラン選手がインターセプト。

そのままリターンしてTD。

スコアを21-9としました。

日大は最後まで逆転を狙ってプレイしましたが、このまま終了しました。

20151026勝利の後の早稲田のスタンドの画像


2.プレイの感想

早稲田のオフェンスは、ほとんどドライブができませんでした。

先制TDは自陣からの80ヤードのロングランがあったからで、ドライブ、とは言い難いと感じます。

敵陣まで入ったところから、どうしてもダウン更新ができませんでした。

それだけ日大のオフェンスが強かったということでしょう。

早稲田のQBが先発、控えともサウスポーだとは知りませんでした。

日大のQBに比べると投げ方にクセがあるように感じました。


一方の日大ですが、QBがいい動きをしていたと思います。

3rdダウンで長い距離を残して、これはダウン更新できまい、と思っても、何度もそれを裏切ってファーストダウンを続けました。

いいドライブを何度も続けました。

しかし強力な早稲田のディフェンスに、得点のチャンスを奪われ続け、最終的には1TD、1FGに抑えられました。


オフェンスは日大のほうが良かったと思います。

20151026日大フェニックスパス攻撃の画像

(日大のパス攻撃の画像)


でもそれを9点に抑えた早稲田ディフェンスは素晴らしかったです。

ブリッツはあまり仕掛けていませんでしたが、それで十分にQBにプレッシャーをかけていたり、ロスタックルできてました。

あとで知ったのですが、2DL5DBの、あまりないフォーメーションだったそうです。

それであのプレッシャーはすごいですわ。

日大のハイパーオフェンスを抑えるために、パスラッシュではなく、パスカバーを厚くしたということでしょうが、見事に成功しました。

高校時代から「すごい」と言われていたコグラン選手は素晴らしかったです。


早稲田はスペシャルチームも良かったです。

キッキングもですが、とくにリターナーが素晴らしく、何度も好位置からのオフェンスを与えていました。


3.勝ったことと共に嬉しかったこと。

試合前から、けっこうスタンドが埋まっていました。

こんな感じです。

試合前の早稲田側スタンド(バックスタンド)

20151026試合前早稲田側スタンドの画像

試合前の日大側スタンド(メインスタンド)

20151026試合前日大側スタンドの画像

最終的にはこの日の観客は、2700人くらいだったそうです。

それでも富士通スタジアムの試合で、この入りはすごく多いと思います。

ハーフタイムには、

「この試合には大変多くの方が来場されていますので、詰めあってお座りください」

と言う場内アナウンスが流れたほどです。

そして…

両チームともクラウドノイズがすごかったです。

早稲田のスタンドの中では、けっこうな音量に感じました。

相手の日大側からのも、これはその中にいたら早稲田のよりも大きく感じるだろうな、と言うクラウドノイズが聞こえて気ました。

しかも、クラウドノイズをあげるタイミングもばっちりでした。

まだアメフト人気も捨てたもんじゃない、そう感じられて嬉しかったです。


これで関東学生リーグTOP8の全勝チームは、早稲田と法政大学だけになりました。

20151026関東学生アメフト星取表

この2校が11月8日に対戦します。

早稲田はこのあと11月22日に、慶應義塾大学と対戦します。

関東制覇まで、まだまだ気が抜けません。

でもこの日の一戦で、だいぶ甲子園ボウルが地下づいいぇ来たなと思いました。


※この試合のことは、下記リンク先の記事に書かれています。

早稲田スポーツのはものすごく読みがいがありました。

「早大が日大破る金星、法大も全勝守る 関西は関学大と立命大が5連勝 - 47NEWS(よんななニュース) 」へのリンク

早稲田スポーツ新聞会「ディフェンスでゲームメーク!日大に6年ぶり勝利」へのリンク



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

早稲田大学卒投手3人が先発した結果…そして中継ぎでも1人登板

私は福岡ソフトバンクホークスのファンなので、プロ野球を見ていて、ホークスの勝ちが一番嬉しいです。

一方で母校早稲田大学の選手が活躍するかどうかも気になります。

面識はありませんが、やはり早大卒の選手にはがんばって結果を出してほしいです。


昨日の試合を前にして、ホークスはここまで北海道日本ハムファイターズに連敗。

そして昨日のファイターズの先発は早大卒のドラフト1位ルーキーの有原航平投手

いつもなら、ホークスが負けても早大卒の投手に抑えられたんならまあいいか、と思うんですが、さすがに3連敗はそうは思えません。

結果は…ホークスは2本塁打を含む6点をあげ、有原投手を5回でKO

試合も12-0で勝ちました。


その他の試合結果を見ていると、昨日は他にも2人の早大卒の投手が先発していることがわかりました。

横浜DeNAベイスターズでは須田幸太投手が6回1/3を投げ5失点したものの、今季初勝利をあげました。

ハンカチ世代の2学年上の投手だったと記憶します。

今季はこれまで3試合を投げ、全て6回を2点以下に抑えてQSを達成していたのですが、勝ち星に恵まれていませんでした。

昨日は6回まで3点に抑えていたものの、7回に2失点。

今季一番悪い内容だったと言えるでしょうが、それでも勝ちがつきました。

こういうことがあると、投手には自信になるんじゃないかとおもいます。

結果が悪くても、投げていれば打線がなんとかしてくれる、と。

なお、須田投手のあとを継いで1回2/3を無失点に抑えたのが、松坂世代の慶應義塾大学卒の長田秀一郎投手だったのは面白いな、と思いました。


広島東洋カープでは福井優也投手が4回で5失点し降板。

その後味方が逆転してくれたので敗戦投手とはなりませんでした。

今シーズンはここまでローテーションを守っているようで現在3勝1敗。

ハンカチ世代で最も注目されていなかった投手、という印象がありますが、今シーズンは一番活躍しているように思います。


これら3人の先発投手に加え、もう1人早稲田大学卒の投手が投げました。

埼玉西武ライオンズの大石達也投手です。



(大石達也投手の動画)

ハンカチ世代で最も力があると言われていた投手ですが、昨年は登板なしに終わっていました。

昨日は今シーズン初の登板で、2点ビハインドの7回二死無走者の場面で登場。

ペーニャ選手を空振りに抑えると、続く8回もピンチは招いたものの、なんとか無失点で抑えました。

ライオンズ投手陣はこのところ不調が続いていて、得点力のあるライオンズ打線でも、その失点をカバーできていないように感じます。

大石投手が昨日のような活躍を見せてくれれば、かなり力強い存在になると思います。


本当は他にも早大卒の投手が投げているかもしれませんが、私が把握できたのはこの4人まででした。

この他に密かに期待しているのがライオンズの松下健太投手

独特のフォームが印象的な投手なんですが、なかなか一軍に上がってきてくれません。

昨シーズンは一軍登板なし。

今シーズンもファームで防御率6点台と苦労しているようです。

一軍の試合で、あのフォームを見るのを楽しみにしているんですが…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~