ユーザータグ : 松中信彦の記事 (1/1)

【松中引退】異例の引退までの過程は、松中の大活躍によるものかもしれない

ついに来る日が来た、と言う感じです。

昨シーズン福岡ソフトバンクホークスを退団し、新天地を求めていた、松中信彦選手が、引退を発表しました。

ここまでの過程や会見のことは関連記事で読んでもらえばいいかと思います。

日刊スポーツ「松中信彦「いつか3冠選手を」/引退会見一問一答」へのリンク

「王球団会長 松中にねぎらいの言葉「常勝ホークスを築き上げた」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球」へのリンク



(松中選手引退会見のまとめ動画)


間違いなく、弱小だった福岡ダイエーホークスを常勝球団にした功労者のひとりで、平成唯一、21世紀唯一の三冠王としては、異例な引退劇となりましたが、私にはそうなったのは、松中選手が活躍したことに理由があるように思えて、皮肉を感じます。

私は、ホークスが今のような過剰とも言える補強をするようになったのは、2010年の、福岡ソフトバンクホークスとしての、初めてのリーグ優勝があったからだと考えています。


このままで行けばリーグ優勝、と言うところに居た埼玉西武ライオンズとの福岡での3連戦。

逆転優勝には、奇跡が起きない限りできない、3連勝しかないところまで追い詰められていたホークスでしたが、それをやってのけました。

松中選手は初戦で同点3ラン本塁打を、第2戦で11号勝ち越しソロ本塁打を放ち、MVP級の活躍をし、そのまま逆転優勝を達成しました。

孫正義オーナーが、リーグ優勝をものすごく喜んでいたように記憶します。

結局このシーズンはCSファイナルで敗退しますが、リーグ優勝と言う成功体験が、2011年シーズンにむけての大補強に繋がったんじゃないかな、となんとなくですが感じます。

その後もホークスは、勝つためには、若手が育つまでは大型補強も辞さない、と言うことをやってきました。

その是非はともかく、直近の日本シリーズ2連覇で成果を出しています。

(タレントを集めれば常勝球団になれるほど、日本球界は甘くないと考えます。

しかし、集めた方が勝てる可能性は高くなるのは間違いないでしょう)


一方で松中選手は、ケガもありましたが、補強された選手に出番を削られ、出場機会が激減しました。

彼の背中を見て育った若手も、彼を追い抜いていきました。


2010年のリーグ優勝がなくても、そのオフには、大型補強をしていたかもしれません。

でももしそうなってなかったら…

松中選手はずっと起用されていたかもしれません。

試合に出続けていれば、こんなに急激に衰えることもなく、他の超一流選手と同じような形で数字が残せなくなって、てキャリアの終わりを迎えていたんじゃないかな、と思うのです。

松中選手がホークスで引退するのを拒み、あえて挑戦した気持ちもよくわかります。


繰り返しますが、松中選手はホークスが、いつでも日本一を狙えるほどの強豪チームになることに、多大な貢献をしてくれた大選手だと思います。

しかしその絶頂期の終わりに見せた自身の大活躍が、松中選手を大功労者らしからぬ引退の形にしてしまった「皮肉」も感じます。

ただ、松中選手が、チームを強くしたことに喜びを得ているのであれば、とても幸せなキャリアの終わり方だとも思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト