ユーザータグ : 法律の記事 (1/1)

6月1日より改正道路交通法で「危険行為」とされた14項目の一覧~日本国に住む人間なら「知らなかった」では通用しない

一昨日6月1日より改正道路交通法が施行され、自転車に乗る人に対するルールが厳しくなりました。

と言うか、今まで徹底されていなかったことが、徹底されるようになった、という側面も強いようです。

下記14項目が「危険行為」とされ、3年以内に2回以上これで摘発されると、自転車運転者講習(受講料5,700円)を受けるように命令されます。

受講しない場合には、5万円以下の罰金が科されるとのことです。

「悪質」「危険」と見なされる行為

1.信号無視 信号機の信号などに従わない

2.通行禁止違反 「歩行者用道路」など、道路標識などで自転車の通行が禁止されている道路や場所(歩行者天国など)を通行する

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反) 自転車の通行が認められている歩行者用道路を通行する際に、歩行者に注意を払わず、徐行しない

4.通行区分違反 車道と歩道などが区別されている道路で自転車が通行することができない歩道を通行したり、道路(車道)の右側を通行するなど

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害 自転車が通行できる路側帯で歩行者の通行を妨げるような速度と方法で通行する

6.遮断踏み切りへの立ち入り 遮断機が閉じていたり、閉じようとしていたり、または警報機が鳴っているときに踏切に立ち入る

7.交差点安全進行義務違反等 信号のない交差点で、左からくる車両や優先道路などを通行する車両などの通行を妨害する

8.交差点優先車妨害等 交差点で右折するときに、その交差点で直進や左折をしようとする車両などの進行を妨害する

9.環状交差点安全進行義務違反等 環状交差点内を通行する車両などの進行を妨害したり、環状交差点に入るときに徐行をしないなど

10.指定場所一時不停止等 一時停止の標識などを無視して交差点に進入したり、交差道路を通行する車両などの進行を妨害する

11.歩道通行時の通行方法違反 歩道の車道寄りの部分や通行指定部分を徐行しなかったり(歩行者がいないときを除く)、歩行者の通行を妨害しそうなのに一時停止しないなど

12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転 ブレーキ装置がなかったり、ブレーキの性能が不良な自転車で走行する

13.酒酔い運転 酒酔いとはアルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態を指します

14.安全運転義務違反 ハンドルやブレーキなどを確実に操作せず、他人に危害をおよぼすような速度や方法で運転する行為。夜に無灯火で走行するなどのほか、傘さし運転、イヤホンで音楽を聞きながら運転する、「ながらスマホ」運転で事故を起こした場合も、安全運転義務違反になることがあります

「悪質な自転車運転手には安全講習の受講が義務づけになります! 改正道路交通法が6月1日より施行 - ねとらぼ」より


これらの項目について、twitterでは

「車を運転する人にとっては当たり前のことばかり」

と言う声もありますが、私もそう思います。


自転車は法律では「軽車両」に分類されるそうです。

ですから、自動車とほぼ同じ法律が適用されるのはうなずけます。


ところでここ2日間のニュースを見ますと…

「こう言う法律が施行されたことを知らなかった」

と言う声をよく見ます。

「知らなかった」の続きが重要です。

「知らなかった…ごめんなさい」

と言うのならともかく

「知らなかったから違反してもしょうがないじゃないか」

と開き直るのは、日本国では論外です。


日本は法治国家です。

法治国家では、法律を知らない、ではすまされず、知らないほうがいけないのです。

(そのことは、昔読んだコミック「ナニワ金融道」で、嫌と言うほど思い知らされました)

こう書くと、法律ってめんどくさい、と思われるかもしれませんが、一方で我々日本国に住む者は、日本国の法律に守られて生活しています

そういう面を見ず、ただ単に「法律はめんどくさい」と思ったりするのでは、あとあと泣きを見ます。

そして成人には、法律を定めたり、変えたり、廃止したりする権利を持っています。

選挙権です。

選挙で選ぶ議員によって、法律が定められたり、変えられたり、廃止されたりします。

だから選挙に行くのは大事なことなのです。

また、そんなまどろっこしいことをせずに、選挙で立候補することだってできます。

これは議会によって対象年齢が違いますが、普通の大人なら持っているものです。

こう言うことを

「何を夢みたいなことを言っているのか」

と思っている人が多いと思いますが、そう言うことを言っている限り、自分にとって日本が住みやすい国にはならないと思います。


「法律を知らないのは恥ずかしいことである」

「法律は自分の手で変えることができることもある」

法治国家に住む人間であれば、この二つのことを、再認識すべきだと思います。

もちろんすべての法律を知っておくことは不可能ですが、「知らなかった」はいいわけにはならないことは肝に銘じておくべきです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト