ユーザータグ : 福岡のライオンズの記事 (1/1)

1975年の太平洋クラブライオンズから、2人が殿堂入り

20100113東尾投手
(太平洋クラブライオンズ時代の東尾修投手)

「野球殿堂入りを決める野球体育博物館の表彰委員会は12日、元西武監督の東尾修氏(59)とセ、パ両リーグで首位打者を獲得した故江藤慎一氏、大学、社会人で活躍した故古田昌幸氏の3人を選出したと発表した。殿堂入りは計171人となった。東尾氏と故江藤氏の表彰式は7月23日のオールスター第1戦(ヤフードーム)で行われる。」
(スポーツ報知より)

福岡に住んでいた私が野球を見始めた時、最初にファンになったチームが、地元の太平洋クラブライオンズでした。

1975年のことです。

当時の監督は、選手も兼ねていた江藤氏でした。

そしてこの年、東尾は、最初の最多勝のタイトルをとりました。

ですから、今回の選出には、大変感慨深いものがあります。

朝日新聞には、江藤氏の実弟の江藤省三氏の
「兄が兼任監督だった頃のエースが東尾さんだったから、一緒に殿堂入りできて、兄は喜んでいるでしょう」
と言うコメントが載っていました。

東尾氏は
「稲尾和久さんに、おめでとうと言ってほしかった」
と、故人をしのんでいました。

稲尾氏は東尾氏が入団して2年目の時からの監督でした。

その稲尾氏の球団記録である276勝(だったと思います)を抜きたかった、と語っていました。

結局その数字には届かぬ251勝でユニフォームを脱ぎました。

まだまだやれる力は残っていましたが、引退前年の麻雀賭博事件がからんで、引退せざるを得ない状況に追い込まれた、と言う見方もあります。
(当時私は東尾氏が借りていたマンションの近くに住んでいて、この事件が発覚した時は、報道陣が近所にあふれて大変でした)

最近残念に思うのは、東尾氏が現役だった頃、私は野球をゆるくしか見る力がなかったことです。

彼の持つ配球頭脳やコントロールの妙を楽しむ力が、その頃の私にはありませんでした。

最近のホークスでは、去年の摂津投手を見て、東尾氏はあんな感じだったのかと考えます。


ここのところ、プロゴルファーの東尾理子氏の父、として有名になってしまった東尾氏ですが、今回の殿堂入りの発表が、氏の野球選手、または監督としての手腕が評価されるきっかけとなればいいなぁ、と思います。

また、西鉄ライオンズと、埼玉西武ライオンズの間の、弱かった頃の福岡のライオンズが少しでも世に知られればいいかと思います。


追記:東尾氏は「野球の殿堂」の存在を若者にアピールしていきたい、ともコメントしていました。

   先日その横を通りかかった時、妻が 「これ何?」、と言ってました。

   若者だけではなく、おばさんにも周知してやってください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト