ユーザータグ : 軍事の記事 (1/1)

米軍の「透明化スーツ」開発の記事を読んで思ったこと

2ちゃんまとめサイトで、こんなものを読みました。

痛いニュース(ノ∀`):米軍、戦場で兵士の姿を見えなくする「透明化スーツ」を開発中…今後18か月以内にプロトタイプの試験実施

タイトル通りの内容だったんですが、これを読んで思ったことをいくつか書きます。

1.技術を進歩させるもの

このまとめ記事の中で、こんなツッコミがありました。

「人間って戦争とエロで進歩するんだな 」

まさしくその通りだと思います。

軍事が技術を進歩させる、ということについては、前々から思っていたことで、特に同意します。

いいか悪いかは別にして、歴史をひもとけば、そのことがわかります。

それは当然のことでしょう。

国家、と言いますか政権にとって、戦争に勝って生き残るというのは、まず第一に優先されることのひとつだと思いますから。

たとえば、私はTwitterやSNSの言葉で力を得て、がんばろう、と思うことがありますが、そもそもそえれをささえるコンピューターとインターネットは、軍事技術から転用されたものです。

医療技術や薬なども、軍事研究の産物、あるいは副産物であるものもあるでしょう。

具体的には、即あげられるものはありませんが


2.フィラデルフィア実験

この記事を読む前に、見出しだけを見て思い出したのが

フィラデルフィア実験

でした。

おおざっぱに言えば、第二次世界大戦のころ、米軍が、艦船のステルス化などを目的として行ったもの、と言われています。

ただし、そんな実験が本当に行われていたかどうかは、定かではないようです。

ちょっと話しはそれますが、最近Googleでフィラデルフィアに関する何かを調べようとした時

「フィラデルフィア」

まで入力したら、予測検索で

「フィラデルフィア実験」

が最初に出てきたことでした。

他にも、ロッキーとかフィリーズとかイーグルスとかあるだろうに…

と驚きました。


3.開発したら終わり、ではないはず

記事中のコメントでもつっこまれてましたが、透明化スーツができても、それを暴く技術とのイタチごっこになると思います。

そして、この透明化にメリットが少ない、あるいは暴くことのメリットが少ない、と思われたら、そこでこの「兵器」の進歩は終わるでしょう。

そして民間に転用されることも考えられます。

警察の捜査とか…

それを暴く技術は小さな犯罪者には入手できない大がかりなものかもしれませんから、まだ有用でしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト