ユーザータグ : 電子書籍の記事 (1/1)

「週刊歴史のミステリー改訂版」は、電子書籍としても注目されているらしい

20120521伝足利尊氏肖像

(足利尊氏の肖像画、と習ったこの絵ですが、現在では家臣のものではないかと言われているそうです)



デアゴスティーニ・ジャパン社は、5/15に

「週刊歴史のミステリー改訂版」

の発売を開始しました。

これは2008年1月から2009年12月までに発売されたものを「改訂」したもののようです。

当時のもの全101冊は、私はすべて買いました。

面白かったですよ。

買って良かったと思います。

その内容は、下記サイトにあります。

Wikipedia「週刊 歴史のミステリー」へのリンク

どこをどう変えたのかはわかりませんが、創刊号のコンテンツは同じだったように記憶します。

(記憶します、と言うことは、買ったは良いものの、整理して収納していない、と言うことです(^_^;))

「歴史のミステリー 改訂版| DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン」へのリンク


今回の大きな特色のひとつは、紙版のものだけではなく、デジタル版も刊行したと言うことだと思います。

これはネットの世界では、小さなニュースではないようです。

SankeiBiz「あのデアゴスティーニも電子書籍配信 第1弾は「週刊 歴史のミステリー」」へのリンク

讀賣新聞「デアゴスティーニが電子書店開始…価格設定は2種類」へのリンク

MDN「PC向け電子書籍ストア「デアゴスティーニ書店」公開――タブレット・スマホ向けも近日リリース」へのリンク

まあ正直なところ、記事を読んでも小難しい言葉が多いので、実際PCで見てみました。

下記サイトの下の方に

「今すぐアクセスする!」

ボタンがありますので、それを押して読んでみました。

(立ち読みは無料です)

「ディアゴスティーニ書店」の案内へのリンク

けっこうシンプルな発想で操作できるなぁ、つまり操作するのは難しくないものだ、と思いました。

ちなみに私は「電子書籍」は買ったことがないのですが、それでもここをこうすればこう動くだろう、と言う想像だけで操作できました。


さて、本当に私が書きたいのは、ここからです。

電子書籍のメリットは、購入後も更新(アップデート)が出来ることです。

そして、歴史は、と言うか、過去は変わるものです。


「歴史のミステリー改訂版特設ページ」へのリンク

上記リンク先にも書かれていますが、これまでの常識と思われたことが、近年色々と覆されてきています。

最も有名なものは、鎌倉時代の始まりが、1192年ではなくなったことでしょう。

「1192(イイクニ)つくろう鎌倉幕府」

は、もはや歴史を覚えるための言葉ではなく、そう言う覚え方があった、と言う歴史上の出来事になってしまいました。


このように歴史はかわっていくものですから、電子書籍は新事実(と思われるもの)を反映させることが出来る訳です。

今のところ「歴史のミステリー改訂版」でそれをやるのかどうかはわかりませんが、ディアゴスティーニ社は、電子書籍の第一弾に、良いものを選んだな、と思います。


なお、本日5/22創刊の

「隔週刊 コンバット・タンク・コレクション」

も電子書籍になるそうです。

私は昔兵器オタクで、特に戦車が大好きだったので、このシリーズはものすごく魅力的に思ってます。

「隔週刊 コンバット・タンク・コレクション」公式サイトへのリンク

下記リンク先に内容がちょっと載ってますが「戦闘の歴史」についてですが、兵器の歴史は科学力と価値観の歴史でもあるとおもいますので、興味深いものに思えます。

「隔週刊 コンバット・タンク・コレクション>特設ページ」へのリンク

また、上記サイトから、創刊号~第15号の各号で特集する戦車が載っています。

第8号のMerkava MkIII(メルカバ)、第11号のT-34/76はものすごく好きです。

第15号の日本の「TK-X」と言うのはまだ見たことがないです。

BTR-80について【ソ連 1999年】との記述がありますが、1999年にはソビエト連邦は崩壊していますので、ロシアの誤記か、年代の誤りでしょう。

1989年の間違いであれば、まだソ連はあります。

ラインナップ以外では、T-10(スターリン)とか好きです。

スウェーデンのSタンクは、ぜひラインナップに入れてほしいです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト