FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


「トロールズ」の主題歌のもととなった「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」~シンディ・ローパーのことは一生忘れない

今朝、日テレで、映画トロールズ ミュージック★パワー」のニュースで、上白石萌音さんと、ウエンツ瑛士さんがテーマ曲を歌っているのを見ました。

こんな感じです。



これは「Trolls Wanna Have Good Times」の日本語カバーのようです。



私のような、80年代MTVブームに染まっていた人にとっては、懐かしいメロディーだと思います。

もともとは、

シンディ・ローパー



「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(Girls Just Want to Have Fun)」

という歌です。



1983年の歌で、翌年日本で発売された時は「ハイ・スクールはダンステリア」と言うタイトルでした。

あまりにも違和感があったのか、今では原題をカタカナにしたタイトルで呼ばれているそうです。

当時シンディ・ローパーは、極端な言い方をすれば「エキセントリック」「正体不明」な女性で、

「実はシンディは50歳を過ぎている」

と言う噂がながれましたが、実際は30歳代に突入したばかりでした。


時は流れ…

2011年3月4日、アルゼンチンのブエノス・アイレス空港で、フライト遅延や欠航が続出し、カウンターに抗議が殺到しました。

たまたまその場に居合わせたシンディ・ローパーは、アナウンス用のマイクを使って、「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を歌い始めました。

すると…

その場の殺伐とした空気が一変して、歓喜の笑顔につつまれたそうです。

下のツイートは、当時の記事を最近ツイートしたものだと思われます。



この時の動画がこちら



シンディも56歳になっていました。


それから一週間後…2011年3月11日

東日本大震災が起きました。

イベントやコンサートどころではなくなった日本では、海外ミュージシャンが日本での公演を中止したりキャンセルしたりしました。

それは当然の心理だと思います。

いつ余震が東日本で発生するかもしれませんし、放射能もどう影響するのかわかりませんでした。

この人たちのことを責めることはできないと思います。

しかしシンディは違いました。

わざわざ来日し、3月16日から、予定通りコンサートを行いました。

会場でチャリティのための募金を呼び掛け、コンサートをチャリティイベントにしました。

これはその時の記事



下のツイートの記事は、2016年に書かれたものですが、シンディがいかに日本のことを助けてくれたか、をよく表しています。



私は80年代MTVのファンとして、そして手を差し伸べてくれた日本人として、シンディー・ローパーのことは、一生忘れないでしょう。

20200922シンディー・ローパーGirls Just Want to Have Fun


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽
  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

『カエルの王女さま』から『glee/グリー』を思い出した



(「カエルの王女さま」の、はやわかり動画、といったものだそうです)


「カエルの王女さま」と言う番組の動画を見かけました。

トップに置いたものではなく、こちらのものを最初に見た記憶があります。

YouTube「【公式】カエルの王女さま #2『浪漫飛行』完全版(WEB限定)」へのリンク

これを見て、ちょっと興味を持ち、番組公式サイトやfacebook、そしてトップの動画を見て思ったことは、なんかアメリカで人気の「glee/グリー」に通じるものがあるな、と言うことです。

(この記事は、パクリを告発することを意図して書いているもつもりはないです

 と言うより、「glee/グリー」のことはいつか書きたかったので、いいきっかけになったと思ってます)


どちらも、追い詰められた団体、そこからの復活と言うストーリーのようですし、なにより、昔の曲のカバーが歌われる、と言うのがツボりました。

Wikipedia「カエルの王女さま」へのリンク

Wikipedia「glee/グリー」へのリンク

フジテレビ「カエルの王女さま」公式へのリンク

foxジャパン「glee」公式サイトへのリンク

facebook「シャンソンズ~カエルの王女さま~ (フジテレビドラマ)」へのリンク

facebook「glee/グリー オフィシャル・アカウント」へのリンク


ただ、「glee/グリー」の場合ハイスクールのグリークラブが舞台なので、タイトリングがわかりやすいのですが、「カエルの王女さま」の場合、その名前の由来が、正確にはわからないところが、ちょっと違いますが (^^ゞ


それにしても往年の曲のカバーを聴くのは、なかなか嬉しいです。

特に「glee/グリー」の場合、大学生時代にハマっていた80年代MTVの曲がカバーされたりするので、録っても嬉しです。

最近気に行っているのはこれです。

YouTube「Glee - Jump - Music Video OFFICAL VIDEO IN HD!!!」へのリンク

バン・ヘイレンの「ジャンプ」のカバーです。

先日も紹介しましたが、M.C.ハマーの「U can't touch this」のカバーも好きです。

YouTube「Glee - U can't touch this!」へのリンク

この記事を書いている最中、こんな歌も見つけました。

YouTube「Glee - Moves Like Jagger / Jumpin' Jack Flash (Full Performance) 」へのリンク

ローリングストーンズの「Jumpin' Jack Flash」のカバーですが、最初は、どこがその歌のカバーなんだ、と言う感じですが、だんだんそれらしくなっていきます。

無難な歌より、荒れたというか、激しい歌の方がカバーを見ていて面白いと思います、と言うか私の好みです。

この歌がカバーされていると面白いなぁと、思いました。

YouTube「Twisted Sister - We're Not Gonna Take It」へのリンク

この曲、最近でも何気にテレビとかのBGMで使われているんですよね。


「カエルの王女さま」にしても「glee/グリー」にしても、これからも懐かしい曲がカバーされ、それがネットで見れるようになることを期待します

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

ヴァン・ヘイレン、デヴィッド・リー・ロスとのツアーを発表

Van Halen - Long Version Trailer from Van Halen on Vimeo.



(ヴァン・ヘイレンの公式サイトのトップにある動画

 「ヴァン・ヘイレンの公式サイト」へのリンク


'80年代を代表するバンド、ヴァン・ヘイレンが、公式サイトの中で、2012年にツアーを実施することを発表したそうです。

なるほど、たしかに公式サイトのトップの動画の下の帯に

「VAN HALEN ON TOUR 2012」

「FIRST TICKETS ON SALE JANUARY 10」

と言う文字があります。


関連記事はこちらです。

ロイター「ヴァン・ヘイレンが初代ボーカル迎えツアーへ、新作も発表か」へのリンク

AOL「ヴァン・ヘイレン、来年ツアー決定!」へのリンク

OOPS!「ヴァン・ヘイレン、デイヴ・リー・ロスを迎えてのツアー敢行をYouTubeで発表」へのリンク

MSN エンターテイメント「ヴァン・ヘイレン、デヴィッド・リー・ロスとのツアーを発表」へのリンク

しかしヴァン・ヘイレンの公式サイトは動画へのリンクしかないようなのに、それだけのソースで記事を書いたんですね。

ツアーのことは上記の文字でわかりますが、動画の中で踊っているデイブ・リー・ロス(私には「デヴィッド・リー・ロス」よりも「デイブ・リー・ロス」の方がしっくりきます)を見て、ロスと一緒にツアーを行うと判断したんでしょうね。

日程とか会場とかはまだ不明だそうです。


しかし上掲の動画、「JUMP」が途中で終わってますね。

私にように、消化不良のかたは、こちらのリンク先へどうぞ。

YouTube「Van Halen - Jump (HQ music video)」へのリンク


それから、やはりデイブ・リー・ロスも人の子で、歳をとりましたね。

若かりし頃は、ソロでこんな派手なPVを世に送っていたんですが…

YouTube「California Girls [HD] - David Lee Roth」へのリンク


これを見てあらためて思うのは、ロスは本当に根っからのエンターティナーだなぁ、と思います。

たとえ彼並みの歌う技術があったとしても、このテンションで歌うのは想像できないです。

カラオケでこれがきっちり歌えたらなぁ~


調子こいてもう一曲リンクを貼らせてもらいます。

YouTube「Van Halen-You Really Got Me Now」へのリンク

懐かしい~です。


本題のツアーの話しですが、もう少しすれば色々な情報が出てくるでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

【80年代洋楽】Batdanceとホモダンスを見くらべる



(オリジナルのプリンスの「Batdance」

見れなくなっていた場合は、こちらを見て下さい
 ↓
「Prince - Batdance」へのリンク



80年代洋楽の中でも、マニアックですが好きなのがこの動画の、

プリンスの「バットダンス」(Prince ’Batdance')

です。

これは映画「バットマン」のサウンドトラックの最後(だったっけな)に入っています。

映画は見ていないので、映画の中で使われているかどうかは知りません。

歌も好きなんですが、PVもまた大好きです。


この動画の0:36辺りの音楽は、1989年ごろから、サンフランシスコ・49ナーズ(SF)の本拠地、キャンドルスティック・パークでのアメフトのキックオフの時、流れていました。

さあこれからどんなゲームが繰り広げられるのか、と言う気持ちにさせられて、キックオフにはぴったりだと思います。

1989年にロサンジェルス・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)とともに来日して、東京ドームでオープン戦をやった時も流れてました。


さて、前も書きましたが、この曲のパロディで、

「ホモダンス」

と言うのがあります。

これです。


[高画質で再生]

ホモダンス [http://video.fc2.com/\'>動画]


これは、1989年ごろ、「とんねるずのみなさんのおかげです」の中で放送されたものです。

この他にもいくつかPVがつくられた記憶があり、ほとんど忘れたのですが、これだけは鮮明に覚えています。

このバカバカしさが、素晴らしく感じられてたまらないです。

初めてこれを見た時、よくここまでエネルギーを注ぎこめたものだ、と、嬉しくなりました。


なお、なぜ「ホモ」なのかは、コント「保毛尾田保毛男」(ほもおだほもお)シリーズを知ってないとわかりにくいと思います。

Wikipediaの「とんねるずのみなさんのおかげです」にさらっと説明がありますが、これだけではわかりにくいので、動画サイトなどで検索してみて下さい。

まあ、この動画などが参考になれば
 ↓
「コント「ホモ男のお見合い」(1/2)」へのリンク


アル・ヤンコビックの作品と双璧をなす、と言うのは言い過ぎでしょうか?

Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:1
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

「洋楽倶楽部80's」でかかって欲しかった歌 「Xanadu」 ELO & Olivia Newton John


ELO & Olivia Newton John - Xanadu
アップロード者 gaimon5656. - 最新の注目音楽動画をみる。

(「Xanadu(ザナドゥ)」ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ) & オリヴィア・ニュートン-ジョン )

10/21深夜の「洋楽倶楽部80's」、テーマは「Girls On Video」でした。


トップで放送された動画は、オリヴィア・ニュートン-ジョン「フィジカル」でした。

この歌はそれほど好きな歌でもないんですが、思い出があります。

高校三年生の体育祭の時のダンスの歌が、この歌でした。

それと「アラレちゃん音頭」だったような記憶があります。

(私の母校では、男子は三年生だけがダンスに参加します。

 一、二年生は「福高体操」と言う、ある意味面白い体操を披露します。)

サビの「physical physical」のところの振り付けは、まだ覚えてます。

しかしこの歌、性的な表現が問題視された歌なんですが、それをとりいれた母校…

こう言う因果って面白いな、と思います。


私にとってオリヴィア・ニュートン-ジョンと言えば、動画の「ザナドゥ」です。

これは1980年か79年に発表されたもので、Wikipediaによると

「ヴォーカルにオリヴィア・ニュートン=ジョンをフィーチャーしたELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の楽曲。」

とあります。


そもそも「ザナドゥ(Xanadu)」ってなに? と言う話しを書きます。

ザナドゥは、ユートピアや桃源郷と同じく、理想郷の一つです。

Wikipediaによると、

「起源は、モンゴル帝国(元)のクビライが、モンゴル高原南部に設けた夏の都、上都 (現代中国語(ピンイン)ではShangdu)」

なるほど、「シャンドゥ」が訛って「ザナドゥ」と言う訳ですね。

この動画も、80年前後のディスコを舞台に、そこに理想郷を再現しようとした、と言う感じを受けます。

綱渡りをしている二人が持っているのは、和傘のように見受けられます。

この動画の他にも、似たような感じの「ザナドゥ」の動画を見たことがあります。

およそ20年以上前にフジテレビで放送されていた「19XX」と言う年代ごとの歌を聴かせる番組で、です。

この動画の前半部分です。
 ↓
「Olivia Newton John - Xanadu (FULL Film Video Version)」へのリンク

この歌は、私にとっては大好きな曲の一つです。


なお、今回の番組は、私がまあまあ好きな歌がけっこうかかりました。

「The Glamorous Life」  Sheila E.

「What's Love Got To Do With It」  Tina Turner

「99 Luftballons」  NENA

「Venus」  BANANARAMA

「I LOVE ROCK'N ROLL 」  JOAN JETT & THE BLACKHEARTS


が動画で紹介され、BGMとして

「I FEEL FOR YOU」   CHAKA KHAN

「TOY BOY」   Sinitta

がかかってました。

前回までの録画の中には、それほど私が好きな曲がなかったので、録画を一度見たら消したのですが、今回のはまだとってあります。

もう一回ぐらいは見るかもしれませんから。

なお、来週10/28の回のテーマは、「感動のバラード」だそうです。

嫌いではないですが、ノリの良い歌の方が好きだなぁ…


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:1
  3. [ edit ]

「洋楽倶楽部80's」でかかっていた歌 「JUMP」 VAN HALEN


Jump/Van Halen
アップロード者 gaimon5656. - 他の音楽動画をもっと見る。

(ベタですが、バン・ヘイレンと言えば「JUMP」が好きです)


先週の「洋楽倶楽部80's」のテーマは

「Heavy Metal 80's」

でした。


ヘビメタ…あまりなじみはないんですよ。

嫌いじゃないんですが。

特に好きな歌がない、と言う感じです。


でも好きな歌がないこともなく、以前紹介した

トゥイステッド・シスター (Twisted Sister)

「Were Not Gona Take It」とかは大好きです。

以前書いた記事はこちら
 ↓
「80年代洋楽 トゥイステッド・シスター (Twisted Sister) 動画リンク付き」へのリンク


まあ、そんな私ですが、今回プロモーション・ビデオ(PV)の中でも、バン・ヘイレンは好きでした。

しかしかかったのは、私がサビをかすかに聴いたことがある

「パナマ」(1983年)

でした。

う~ん、不完全燃焼。


と言う訳で、トップにはベタですが、

「JUMP」

の動画を置きました。


他にも、たしかデビュー曲のこの歌も好きです。
 ↓
「Van Halen-You Really Got Me Now」へのリンク


しかしこのデイブ・リー・ロス、と言うボーカルは、あらためて見ると、すごいなあ、と思います。

声量とか、そう言う問題じゃなくて、何と言うか、パフォーマンスと言えばいいのでしょうか…

こう言う声量を超える何かが、洋楽のボーカルには多いので、カラオケで歌うのは難しいです。

英語が読めるかどうか、とか、声が出るか、だけじゃないんですよねぇ。

ノリの良さ、とか言う軽い言葉ではなく、音楽と歌詞が求める通りの歌い方が彼らにはできるので、カラオケで歌うのは難しいと思います。

これは、なかなか日本語の歌では感じないことなんですよ。

例外として、B'z「さまよえる蒼い弾丸」とか、英語版の「BAD COMMUNICATION」は似たようなものを感じます。

これがカラオケで歌えるようになるといいなぁ、と思います。


すみませんねぇ、まともな音楽論じゃなくて、カラオケベースの感想で。

Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

「洋楽倶楽部80's」でかかっていた歌「A View To A Kill」Duran Duran


Duran Duran - A View To A Kill
アップロード者 EMI_Music. - 最新の注目音楽動画をみる。


80年代洋楽は、今でもよくCMやテレビの挿入歌で使われて、当時のファンからも、当時を知らない人からも愛されているように思います。

そんなところに始まった番組が

「洋楽倶楽部80's」

です。

毎週木曜の24:15~ NHK総合で放送されています。

これまでに2回放送されました。


1回目は私は見のがしていて、とあるブロガーさんのブログで、この番組の存在を知りました。

(1回目の再放送は11/4にあるそうです)

で、2回目から録画することにして、しっかりと見ました。

2回目のテーマは映画音楽特集でした。

「ゴーストバスターズ」 by RAY PARKER Jr.

「フットルース」 by KENNY LOGGINS


などなど

詳細は番組公式サイトでご覧ください。
 ↓
「洋楽倶楽部80's」公式サイトへのリンク

私は勝手に

Duran Duran「A View To A Kill」(動画のもの)

がかかるかなぁ、と期待していたのですが、トークの間のBGMでかかっただけでした。

この音楽も現在『しゃべくり007』(日本テレビ 毎週月曜22:00時~)でかかっていますので、馴染みのあるかたも少なくないと思います。

もともとは映画『007 美しき獲物たち』の主題歌として誕生したものです。

私は007シリーズはひとつも見たことがないのですが、なんとなく007のイメージにDuran Duranの音楽の特長がかぶっているようで、大好きです。

なお、今週放送の第3回の歌のテーマは

「Heavey Metal 80's」

だそうです。

マイナーですが、以前このブログで書いたTwisted Sister(ツイステッド・シスター)を期待します。


【備考】第2回放送のゲスト、シャーリー富岡は、マイケル富岡のお姉さんです。

マイケル富岡は1991年ごろ、日本テレビのアメフト番組に出演し、インディアナポリス・コルツのファン、と自称していました。

当時コルツはどん底の時代でしたが、子供の頃、コルツがあったボルティモアに住んでおり、ジョニー・ユナイタスなどにあこがれ、自身もハイスクールでQBをプレイしていたそうです。

当時はニューイングランド・ペイトリオッツもどん底の時代で、コルツファンやペイトリオッツファンと言うのは、ほとんど聞いたことがなかった時代でした。

次の10年代、ほぼこの2チームがリーグを牛耳る、なんてことは想像できませんでした。

Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

80年代洋楽 Earth Wind & Fire 「September」 ~9月ですなぁ~


Earth Wind & Fire - September
アップロード者 chilavert. - 音楽動画をHD画質でもっと見る!

セプテンバー/アース・ウインド・アンド・ファイアー


9月になりました。

去年の9月30日にもこの歌、Earth Wind & Fire の「September」の動画を載せましたが、削除されていましたので、今度は「Dailymotion」のサイトから転載しておきます。

読売巨人軍の阿部慎之助捕手の入場曲としても使われていますから、1978年発売と30年以上前の曲にもかかわらず、今でもよく知られていると思います。

ちなみに阿倍捕手は3/30生まれなんですが…


9月は私の誕生日が控えています。

例年、女房には特別にプレゼントやイベントは要求しないのですが、今年は当日に「オードリーの小声トーク」が発売になり、翌々日には私の旧本拠地の阿佐ヶ谷で「オードリー若林の男性用スプレー缶の正しい捨て方」と言う単独ライブがあります。

前者は1,500円で、後者は3,000円。

後者に関しては、まだ行けるかどうかわかりませんが、どっちかをねだろうと思ってます。


その他日本時間の9/10には、NFLも開幕します。

今年は我がグリーンベイ・パッカーズの調子も上々で、また「NFL倶楽部」へのオードリーのレギュラー出演が決まってますので、いっそう楽しいシーズンになるでしょう。


残念なことが一つ。

ここ数年、9月に我が福岡ソフトバンクホークスの調子が悪いことです。

一昨年なんて、9月当初は2位で、首位もうかがえる位置にいたのに、終わってみれば最下位でした。

「今年はやらんといかんばい」

やってもらおうじゃないか。


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

80年代洋楽 ワムの「クラブ トロピカーナ」



(歌詞付きのPVです)


暑い日が続きますねぇ。

「残暑」なんてもんじゃなくて、まだまだ本当の夏が終わる気がしません。

みなさん、大丈夫ですか?

私はこの夏はすっかり夏バテにハマってしまったようです。

疲れ ってのはそんなに感じないのですが、内臓系がやられたみたいで、人間ドッグに行って、急きょ人生で初めての胃カメラを行いました。

幸い、逆流性の食道炎だけで済みました。

でも、ほぼ毎日腹痛です。

まあ、転がりまわるほどではなく、会社に行けているからいいんですが。


今年で夏が嫌いになった人も多いかもしれませんが、とりあえず夏の歌の中でも好きな

ワムの「クラブ トロピカーナ」(WHAM! - Club tropicana)

のPVを載せておきます。

週末をこんな風に過ごされるのもいいでしょう。

歌詞も載ってますから、練習されても良いかとも思います。


彼らの歌の中でも最も好きな歌です。

どこが好きかと言うと、カラッとしていて、それに唱っていて一番楽しいからです。

もちろん、ジョージ・マイケルのような高い声は出ませんが。


この歌はもともと1983年に発売されたものなのですが、1997年のTBSのドラマ「智子と知子(ともことともこ)」の主題歌にもなりましたので、比較的若い方にも知られてるんじゃないかと思います。

しかし気持ちよさそうですなぁ~


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

80年代洋楽 ドン・ヘンリー 「The Boys of Summer」


The boys of summer don henley
アップロード者 cienciaficcion. - ウェブカムでもっといろいろな人と出会いましょう。

(Don Henley「The Boys of Summer」1984年のプロモーションビデオ)

8月も後半になると毎年思い出すのがこの曲

ドン・ヘンリーの「The Boys of Summer」

です。


正直、なんて唱っているか、歌詞はわかりません。

でもこのプロモーションビデオ(PV)があまりにも強烈なので、26年がたった今でも忘れられません。

渚を走る恋人たち、どういう意味かビーチバレーのブロックのように飛ぶ男、そしてとりつかれたようにドラムをたたく少年…

なんか意味があるんでしょうが、意味がわからなくて…

このPVは多くの賞を受けています。

リリースは本国では10月29日だそうですが、日本で流行したのは冬だったと思います。


ところでアメリカではけっこう有名なノンフィクションで、

「The Boys of Summer」

と言うのがあります。

これはロジャー・カーンと言うスポーツライターが著者で、内容は、1955年にMLBのワールドシリーズを制したブルックリン・ドジャーズ(現ロサンジェルス・ドジャーズ)の選手たちの、その後を追いかけたものです。

1972年に出版されたそうで、日本でも佐山和夫氏に訳され

「夏の若者たち」

として1997年に発売されました。

私も買ったのですが、途中で投げ出した記憶があります。

ただ、翻訳は完結していないようです。


で、歌の話しに戻りますが、この歌と本とがどう言う関係か、はわかりません。

英語版のWikipediaのこの歌のサイトに、説明文があるのですが、訳出来ませんでした。

興味のあるかたは、下記サイトの説明をお読みください。

英語版Wikipediaの「The Boys of Summer (song)」へのリンク


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. / trackback:0
  2. / comment:1
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

#RasputinChallenge ボニーM ラスプーチンチャレンジ 怪僧ラスプーチン ラスプーチン イコールワン福岡SUNS 福岡SUNSチアダンススクール 曽我小百合 アメリカンフットボール クリティカルヒット Everybody タクトOK!! オードリー 埼玉西武ライオンズ ラグビー 春日俊彰 平良海馬 アート・ムンク スティーブ・ラージェント ジェリー・ライス ジェームズ・ロフトン 福岡ソフトバンクホークス ニック・マルティネス 月間MVP テレル・オーウェンス ランディ・モス フリオ・ジョーンズ ハロルド・ジャクソン 阪神タイガース 失策 甲斐野央 甲斐拓也 千賀滉大 稲尾和久 大谷翔平 オリンピック エレン・ロバーツ オーストラリア 週刊ナイトライダー 岡部平太 Xリーグ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 コロナCOVID-19 ワクチン スーパーボウル 清田育宏 泉谷しげる ワイドナショー 粕屋郡 糟屋郡 柳田悠希 変態ホームラン 左へ引っ張る 有馬隼人 bayfm AWAKE NFL Twitter Twitterスペース ツイッター キューバ モイネロ 東京オリンピック 永沢たかし J.J.ワット 磁石 佐々木優介 歴史 キリスト教 ティム・ティーボウ 関西学院大学 ふくらすずめ お笑い YouTube 5thdownチャレンジ 錦織圭 ジョニー・ペスキー 清水善造 熊谷一弥 ベーブ・ルース 小泉今日子 魔女 ジェンダー問題 石川柊太 河口正史 春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 周東佑京 吉野至 みらいふ福岡SUNS ホークス 横浜DeNAベイスターズ ノジマ相模原ライズ 石川雄洋 スタンフォード ボビー・バレンタイン 東京五輪 DK・メトカーフ 勝利投手 津森宥紀 ジャスティン・フィールズ QB オハイオ州立大 はぁちゃん 鷹ギャール BLM オリックス・バファローズ マネキン ワシントン・フットボールチーム 片頭痛 エムガルティ オードリーのオールナイトニッポン トレバー・ローレンス ベラ・マルチナ ドッペルゲンガー ローランド 李卓 IPP ドラフト 日テレジータス 昭和の日 忽滑谷こころ P1Harmony Scared 寄席 緊急事態宣言 笑い ジム・オットー ケン・バーロウ 背番号 KICKOFF~青春の晴れ舞台~ 平野宏周 iTunes 宙船 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー 斉藤和巳 CFLグローバルドラフト 3DownNation CFL コンバイン コリン・レイ NFLドラフト候補名鑑 丸尾 玲寿丸尾 玲寿里 町野友哉 田浦文丸 バリカタ守備 ヘイトクライム MLB ヒューストン・テキサンズ アリゾナ・カージナルス オールナイトニッポン 佐藤敏基 山﨑丈路 クラウドファンディング 丸田喬仁 谷村有美 記録 NFLの歴史 今宮健太 和田毅 ヒーローインタビュー 川島慶三 パトリック・マホームズ 森唯斗 RB 呪い ビンス・ロンバルディ ニューノーマル 横山海マクスウェル 第3回スーパーボウル ジョー・ネイマス TOKYOMX 特別ルール ポッツビル・マルーンズ フリーエージェント NiziU 大阪大学 あちこちオードリー 錦鯉 メンタルヘルス 東日本大震災 ボランティア ミスター・イレレバント ライアン・サカップ ザワつく! 金曜日 パンツァーリート テリー・ブラッドショー トム・ブレイディ マイア・チャカ ナイト・ライダー しまむら スポーツ心理学 オリックスバファローズ 酒井勉 メンタルコーチ レジー・ホワイト ブレット・ファーブ カイラー・マレー 黒人歴史月間 HBCU 天皇陛下 エリザベス女王 ホイットニー・ヒューストン QBカルーセル BTS 防弾少年団 アーロン・ロジャース 斎藤まりな 斎藤ちはる ブロックバスター フライオーバー アローヘッド バッカニアー 泣くな、はらちゃん コージ・トクダ 鈴木弘子 COVID-19 新型コロナウィルス 後遺症 チャット clubhouse クイズ 小久保裕紀 リチャード ライスボウル ピート・キャロル 立花道雪 はらちゃん 泣くな 丸山隆平 薬師丸ひろ子 麻生久美子 菅田将暉 忽那汐里 カンニング竹山 たまむすび 医療従事者 野口聡一 第1回スーパーボウル カンザスシティ・チーフス グリーンベイ・パッカーズ ナイトライダー デビッド・ハッセルホフ タンパベイ・バッカニアーズ ベイウォッチ カンファレンスチャンピオンシップ Zoom デショーン・ワトソン ノーラン・ライアン ドリュー・ブリーズ サッチェル・ペイジ テッド・ウイリアムズ ケン・グリフィー・ジュニア バッファロー・ビルズ 星条旗 プレイオフ アイシールド21 侍ジャイアンツ ヨリが跳ぶ 英検 ザ・リーサルウェポンズ クリーブランド・ブラウンズ アップセット 2 ラマー・ジャクソン デリック・ヘンリー 000ヤードラッシャー 令和2年 モチベーション フィールド・オブ・ドリームス ポプコン 相曽晴日 ビル ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ M-1グランプリ 相武紗季 BLM運動 キャンセルカルチャー 甲子園ボウル 奥野耕世 林大希 サラ・フラー ザ・スプリング・リーグ TSL リストコーチ 長谷川勇也 桑田真澄 憂国のモリアーティ シャーロック・ホームズ REGGIE セニョール・パ キラスポ 工藤公康監督 #アメフトを止めるな 日本シリーズ ヘイルメアリーパス M-1 シティポップ シティ・ポップ 朝日奈央のキラめきスポーツ タイトル マックス・マギー 早稲田大学 福岡高校 ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス 流行語大賞 ドライブレコーダー 内川聖一 伊藤玄太 佐藤輝明 近江克仁 クライマックスシリーズ リーグ優勝 ステイホームトーナメント 近藤夏子 サンデー佑京 栗原陵矢 エノーラ・ホームズの事件簿 Netflix アレックス・スミス 五十嵐亮太 佐野元春 ウェリントン 新型コロナ Bye,Bye,September 原真祐美 ライバル IT 恐怖新聞 女性 シンデレラ 映画 ライアン・フィッツパトリック 80年代洋楽 シンディー・ローパー トロール パンクブーブー 納言 オードリーのNFL俱楽部 リトルトゥース 人種差別問題 松田宣浩 プロ野球 17LIVE 霜降り明星 選挙 第三次世界大戦 空母ミンスク セレブレーション 武田翔太 安倍晋三 ハイジ・ゲーム ハーシェル・ウォーカー 澤木由衣 四千頭身 サッカー ビジャレアル 久保建英 鳥内秀晃 真珠湾攻撃 ダニエルKイノウエ国際空港 終戦記念日 新型コロナ禍 モーションキャプチャ ニグロリーグ 2020年甲子園高校野球交流試合 オプトアウト 福高 自律神経失調症 福高剣道部 ローレント・デュバニー・ターディフ 長瀬智也 手越祐也 スコット・ノーウッド キッカー レッドテイルズ 文化戦争 ワシントン・レッドスキンズ ダグ・ウィリアムス カート・ワーナー 虹プロジェクト スポーツとIT 福岡賢樹 コリン・キャパニック オンラインルール説明会 ブルーインパルス 医療従事者にエールを MADDEN eスポーツ 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 合谷 RPA オービックシーガルズ 金スマ 昭和天皇 運動不足 動画 ブーマー・アサイアソン 羽生結弦 聴覚障害者 熱男リレー EXIT 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ GAMEPASS 歴史的黒人大学 スーパーボウル観戦会 ホスピタルボウル ホスピタルフットボール ドン・マカウスキ ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 福田秀平 NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 終戦の日 平成時代 戦争 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト 福岡SUNS Amazon Hulu DAZN パワーランキング グレード 引退 復帰 オフ会 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ 人工知能 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ JINS 眼精疲労 ファイテン 電柱 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動車保険 自動走行システム ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 12月8日 twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ファンブル ピッチ ほめられサロン おれさまファンクラブ ホメラー 大石 森脇 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ロジャース パッカーズ ファーブ 城島 グリーンベイ メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース タイムスリップ 歴史ブーム ジョン・タイター 三浦春馬  サムライハイスクール ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 爆笑レッドカーペット 鉄拳 ゴー☆ジャス あぶさん 立花香織 南海ホークス 野村 景浦安武 アメフト 六三四の剣 世界剣道選手権 リオデジャネイロ 五輪 東尾修 石田純一 東尾理子 September Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー 九月 Fire Wind twitter Tumblr 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 砦に拠る 室原知幸 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 錬金術 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -