ユーザータグ : Appleの記事 (1/1)

音声入力しかできないApple Watch(アップル ウォッチ)は、どういうスタイルをもたらすのか?

20150424アップルウォッチ

(twitterから拾ったアップルウォッチの画像

 これは地図として使われているもののようで、便利かと思います)


いよいよ今日、Apple Watch(アップルウォッチ)が発売になります。

もらえるんなら拒みはしませんが、買う気は無いです。

(ちなみにApple Watchには通信費はかからないそうです。

  ただしiPhoneを持っていることが前提で、言わば固定電話の子機にあたるもののようでしょう)

だってお金ないし、これがあると便利、と思える仕事や私生活はしてませんから。

そんなわけで、昨日まで、ほぼApple Watchのことを調べたりしなかったのですが、昨日の朝、日本テレビの「ZIP!」で、使い方をデモしていました。

それを見て感じたことを書きます。

中にはApple Watchの機能について、私がかんちがいしているものもあるかもしれませんが。


通話。

これは腕時計と会話しているようなものでした。

なんか「ナイトライダー」でマイケル・ナイトが、遠くからKITTと話しているようでした。

自分の声はもちろん、相手の声もだだモレになってしまうようです。

秘密の話しはできそうもないな…

そして残念なことに、最近の社会は「秘密」の部類に仕分けされるものが多くなった気がして、よけい使いにくいだろうなと思います。


文字などの入力。

これは音声入力しかできないようです。

もちろん外付けのキーボードなどは発売されるでしょうが、前述しましたように、iPhoneがあるのですから、それでやれば十分かな、と考えます。

Appleの音声入力は、かなり優れていると感じますが、それでも完全ではありません。

私はアメリカンフットボール、特にNFLを見ますが、アメリカンフットボール独自の用語、人名とかは、まず音声入力には頼れないです。

普通の文章でも、音声入力した後に、一部手入力で訂正したりします。

はたしてApple Watchで訂正ができるのかどうか?

コピペができるのかどうか?

そんなわけですから、Apple Watchを使ってメールを書いたり、ネットに投稿するのは、とてもむずかしいでしょう。

しかし、ネット、とくに2ちゃんまとめサイトとかを見ると、誤変換されたものが普通に使われるようになり、通用するようになっていることもあります。

ネット用語は、これまで以上にバラエティーに富んだものになるかもしれません。


もしApple Watchが町中で普通に使われるようになると、町中が音声だらけになるような気がします。

情報漏えい事件とかも起きるかもしれません。

騒々しくなりそうですが、ある程度までなら、私は静まりかえっているより好きです。


私は、Apple Watchが普及するかどうかは、それでゲームが楽しめるのか、ということも関係するかと思います。

その時は画面がゲームの場ではなく、リアルがそうなると思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト