ユーザータグ : ITCの記事 (1/1)

【IT】 「USBコンドーム」 で、漏れるのを防ぐ

最近耳にした言葉に、

「USBコンドーム」(USB Condom)

なるものがあります。

これはエロいものではなく、真面目にITのセキュリティを保つためのもののようです。

こんな感じです。

20130924標準のUSBコンドーム

(やっぱりなんとなく本物っぽい)


このツールが登場した背景には、こう言うことがあります。

USBケーブルを利用して携帯電話を充電する場合、実は携帯電話からケーブルを利用して、接続先にデータが漏れる可能性があります。

ほとんどの携帯電話はUSB経由でデータを転送できるようになっていることを考えると、そう言う可能性があることはご理解できると思います。

自宅のPCを使って、USBケーブル経由で充電する分には、問題は少ないと思います。

問題は、外、しかも公共の場での充電サービスです。

よくわからない充電装置にUSBケーブルを使って充電すると、データーが漏えい、公開される危険性があります。

これはセキュリティ上、大問題です。


そこで登場したのが「USBコンドーム」です。

これは、携帯電話につないだUSBケーブルと、充電装置の間に装着することで、データの伝送をできなくするものです。

細かい仕組みは省略しますが、興味があれば、下記記事をご覧ください。

ライフハッカー「ちゃんと着けてる? 公共の充電器でのデータ盗難を防ぐ「USBコンドーム」が話題に」へのリンク

japan.internet.com「安心してスマホをどこでも充電できる USB コンドーム登場」へのリンク

装着イメージですが

20130924装着USBコンドーム

上の絵の左①ですが、まず、携帯電話につないだUSBケーブルの先端を、USBコンドームに差し込みます。

そしてUSBコンドームの反対側を、PCなどの充電装置に差し込むと言うわけのようです。


ところでこの

「USBコンドーム」

と言うネーミングですが、一部では、「コンドーム」以外に何かいいものはなかったのか、と言う声もあります。

でも私は、秀逸なネーミングだと考えます。

まず、この名前は人目をひくでしょう。

それによって、USBケーブルによる充電に危険性があることを教えることができます。

これは非常に大事なことだと思います。

そして何より、本家のものと機能が似ていますから。


ところで、「USBコンドーム」で画像検索しますと、こんな絵も出てきます。

20130924これは…と言うUSBコンドーム

本当にこういう形のものがあるのかどうかまではわかりませんが、もう完全に遊んでいるとしか思えません。

会社に持っていったら、セクハラになりかねないな、と懸念します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

質問の数から見て、「出身地鑑定!!方言チャート」は、優れたサイトか?

東京女子大学篠崎ゼミと、ジャパンナレッジが制作したと思われる

「出身地鑑定!!方言チャート」

というものが話題になっていますが、先日私もやってみました。

こちらからそのサイトに行けます。

「出身地鑑定!!方言チャート」へのリンク


やることは、いくつかの質問に「はい」「いいえ」で答えるものです。

結果、私が福岡県出身ということがわかりました。

私の周りでこのチャートを使用した人に聞いてみますと、ほぼほとんどの人が当たっていたようです。

といっても10人ぐらいですが。


ところでこのプログラムについて、どこの都道府県の出身かを当てるだけにしては、質問の数が多すぎるじゃないか、と感じました。

よく覚えていませんが、 10問ぐらいはあったような気がします。

私の考えでは、福岡県出身か否かを判定するなら、以下の質問だけで十分です。

1.体育の授業などで立ち上がるとき、「ヤー」と言う

2.「あのさぁ」を「あのくさ」と言う

前者の質問は、このプログラムにありましたが、後者はありませんでした。


しかし、プログラムの構造に詳しい職場の人に聞いてみますと、47都道府県から、2択問題までに絞り込むには、単純計算で6つの質問が必要だそうです。

つまり、都道府県を特定するには、7つの質問が必要、という訳になるわけです。

私もプログラムを組んでいる人間ですから、情報がゼロの状態から、2択問題までに絞る難しさわかります

残念なことに私は、確率とか組み合わせとか、数学が苦手だったもので、最低いくつの質問が必要、というところまでは算出できませんでした。

(ちなみに福岡では、少なくとも私の通った高校では、私のような数学ができない人のことを

 「数ポン」

 と呼びます)

で、前述の会社の人が言うには、その人は7~8問で、正解を得られたそうです。

だから、良いアルゴリズムで書かれたプログラムではないか、と言われていました。


このサイトについて、詳しく紹介したサイトがありますので、リンクを貼っておきます。

毎日新聞「方言チャート:出身地的中率8割 女子大生らがサイト」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~