FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【NFL】往年の名RBがラムズのロゴ変更に激怒~全チームのロゴの変遷

今週、ロサンゼルス・ラムズは、ロゴの変更を正式に発表しました。

こちらがそれを紹介する動画です。


こちらは関連ニュースです。


これにOBのエリック・ディッカーソンが猛反発したそうです。



ディッカーソンは1983年にロサンゼルス・ラムズにドラフトされ、NFLのキャリアを始めました。

ルーキーイヤーにいきなり1,808ヤードを走り、翌シーズンには今でも破られていないシーズン2,105ヤードランを記録したほどのRBでした。

晩年は急速に衰えた感がありますが、11シーズンで13,259ヤードを走り、プロフットボール殿堂入りも果たしています。



NFL全32チームのロゴの変更をランキングした記事がありました。


ディッカーソンが引き合いに出したダラス・カウボーイズ、オークランド・レイダーズ、インディアナポリス・コルツのロゴは、本質的にはほとんど変わっていないように思えます。

ランキングは主観によるものでしょうが、私も、ラムズの次にひどいと書かれているタンパベイ・バッカニアーズや、ニューイングランド・ペイトリオッツについては、昔のものの方が好きで、変えるべきではなかったと思います。

一方で、9番目にひどいと書かれているバッファロー・ビルズについては、今のものの方が躍動感があって好きです。




ラムズのロゴ変更について、私はひとつだけ「うらやましいな」と思う点があります。

それは、本拠地を表す「LA」の文字が入っていることです。

私は福岡ダイエーホークス時代から、ホークスのファンです。

福岡ソフトバンクホークスになって、ダイエー時代以上の成績を残してくれているのは本当にありがたいと考えています。

しかし、ロゴの変更については不満です。

ダイエー時代は「FDH」と、「福岡」を表す「F」の字が入っていました。

しかし今は…

「Softbank Hawks」の下に、申し訳程度に「Fukuoka」と小さく書かれています。

故郷の福岡にあるチームだからホークスを応援しているものとしては、ちょっと寂しいです。

それに比べると…

ロゴが変わること自体が不満だとは思いますが、ロサンゼルスにあるからラムズを応援している人には、せめてもの救いになるんじゃないかと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ゲーパス(GAMEPASS)がしばらく無料、ということなので入ってみた~入会方法について

NFLが運営する動画配信サイト

GAMEPASS」(ゲームパス:通称「ゲーパス」)のコンテンツが、日本では7月31日まで無料で見られる、

というニュースがありました。


私はこれまでGAMEPASSに入ったことがなかったので、この際だから入ってみることにしました。

ただし、クレジットカード情報を登録しなければいけないのならやめることにしました。

何があるかわかりませんので。

結局、クレジットカード情報の登録は不要でした。


では、登録方法を。

上のツイートのリンク先にある記事の最後に

NFL Game Passに登録する→ https://www.nflgamepass.com/ja(日本語)」

と書いてあります。

ここをクリックしてリンク先に入ります。

20200320NFL GAMEPASSトップ画面_が無料にの画像

「今すぐサインアップ」をクリック

20200320NFL GAMEPASS_02画面_が無料にの画像

ここに「クレジットカードは不要です」と明記があります。

右側の「FREE」のマスの中にある「登録」をクリック

20200320NFL GAMEPASS_03画面_が無料にの画像

ここでアカウントを作成します。

あくまでも私が行った登録方法です。

「ユーザー名」は英数字しか使えないようです。

記号は使えませんでした。

これは登録後の画面には表示されないようです。

他の人が使っているものは使えませんでした。

「名」「苗字」には、それぞれ本名をローマ字で登録しましした。

この「名」が登録後の画面に「ユーザーネーム」として表示されます。

それ以外の項目の入力内容は、特に説明するほどのものではないと思いますので、省略します。

登録が終わって次の画面に行きますと、下の画面が表示されます。

20200320NFL GAMEPASS_04画面_が無料にの画像

「利用規約バージョン1.4」をクリックしてそれを読み、問題ないと思いましたので、その下の「NFL COMの…」の下のボタンを右に動かしてオンにして、「続ける」をクリックすると

20200320NFL GAMEPASS_05画面_が無料にの画像

この画面が出て、右上に黄色い楕円の中の「ユーザーネーム」の隣に、「名」が表示され、入会成功となります。

(上の画面では、「名」は私の本名が表示されていましたので、切り取りました)

さっそくいろいろとコンテンツを見てみました。

「いいな」と思ったのはこの「NFL100」。

20200320NFL GAMEPASS_06NFL100の画像

NFL.comやYouTube公式でも公開されているものと同じだと思いますが、アクセスが簡単で一覧できるのが楽でいいなと思いました。

なお、GAMEPASSはマルチデバイスで利用可能です。

iPhoneではこんな感じです。

20200320NFL GAMEPASS_iPhone05_ログインできました

GAMEPASSは多分ほとんどが英語ですが、チーム名や人名は読み方がやや違うものの日本語と一緒ですし、プレイの名前もそれほど日本語と変わらないようですから、試合を楽しむぐらいは誰でもできると思います。

興味がある方は、ぜひ、この際登録してみてください。

NFLは、各国でどれだけの人数が登録したか、その後利用したかを集計しており、今後の海外展開のための情報として活用しているはずです。

今、日本は見放されている状態だと思います。

再びNFLに日本を注目させるためにも、登録して、時間があれば動画を見ていただければ、と、日本でアメフトをメジャースポーツにしたい者として、お願いいたします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ホプキンスがトレードに〜 #オードリー 若林さんの今後の応援チームを考えてみた

昨日の未明はNFLの大きなニュースがいくつもありました。

リーグとして最大のニュースは、ドラフトが無観客で行われることになつたと言うものでしょう。

しかし、多くの人が私と同じように、ヒューストン・テキサンズのWRデアンドレ・ホプキンスがトレードでアリゾナ・カージナルスに移籍することになったことを投稿していました。



それは、「オードリーのNFL倶楽部」のMC席でホプキンスのジャージを着るほど、若林さんがホプキンスのファンだからです。


関係するツイートをまとめました。


昨シーズン、ホプキンスは会見で、若林さんの結婚お祝いメッセージを述べ、NFLオナーズの会場に続くレッドカーペットで、若林さんはそのお礼を言ったほどの仲です。



小坂ディレクターのツイートの中にある、Touchdown Networkさんの投稿にあるように、日本のNFLファンの間では

「このトレードはヒューストンがアリゾナから十分な対価を得ていないという見方が一般的。」

と言う見方が多いように感じます。

つまりカージナルスに大きく有利なトレードだと言う見方です。

私もそう思います。

しかしまあ、我々一ファンが知らない事情もあるでしょう。


私の関心は若林さんの気持ちです。


どんな形であれ、ホプキンスが他チームに移籍するのは残念に思っていると思います。

ホプキンスは、若林さんにとっては、テキサンズをスーパーボウルに連れて行ってくれる超一流選手、と言うだけの存在ではないと思います。

前述のように、それ以上に感情移入している選手だろうからです。

しかもここ1~2年だけの関係ではないと記憶します。

デショーン・ワトソンが入団し、ようやくQBが安定する前から、

「あとはいいQBが入ってくれたら」

と言いあっていた記憶があります。

こんなツイートがありました。

若林さんのInstagramがのっていました。


若林さん、とりあえずメンタルは大丈夫のようです。


ところで私にはそこまで思いつかなかったのですが、ネットには

「来シーズン、若林がどのチームを応援することになるのか気になる」


と言う投稿を多く見かけました。

私としては、心に痛みを抱えながらも、若林さんはテキサンズを応援し続けるものと思ってましたから。

たしかに、大好きな選手が移籍したら、応援するチームを移籍先に変える人もいるでしょう。

オードリーのNFL俱楽部」WEEK18のオフトークで「ブレイディ女子」とオードリーの2人からいじられている菅谷大介アナは、トム・ブレイディが移籍したら、移籍先のチームを応援する、ときっぱりと言いました。



どちらがファンとして正しいかなんか、そんな基準はないと思います。

でも、なんとなくレベルですが、私は若林さんはテキサンズのファンを続けると思います。


と言いますか、テキサンズのファンであり続けてほしい、と強く思っています。

そもそもホプキンスきっかけでテキサンズのファンになったわけではないです。

2012年、くりぃむしちゅー上田さんに、応援するのにお勧めチームとして紹介した流れで、その年の「オードリーのNFL俱楽部」から応援することになりました。

テキサンズは前年にRBアリアン・フォスターやDEJ.J.ワットなどの活躍で初の地区優勝、初のプレイオフ進出を果たしました。

これから面白そうなチームとして勧めたり、応援するようになったようです。

くりぃむしちゅー上田さんにテキサンズの試合を見せたことは、当時「オードリーのオールナイトニッポン」で語られていて、ブログに書いていましたので、興味がある方はどうぞ。

下のリンク先の「2.ヒューストン・テキサンズ」の章に書いています。

「7/22「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想」へのリンク

J.J.ワットはまだ健在なことでもありますし、若林さんはヒューストン・テキサンズを応援し続けるでしょう。


(ワットは今年の2月に結婚したそうです)


そう言えば12年ほど前、グリーンベイ・パッカーズはQBブレット・ファーブをニューヨーク・ジェッツにトレードしました。

複雑な経緯があったのですが、ファーブについて行ってジェッツのファンになった人、またはその後移籍したミネソタ・バイキングスのファンになった人を、私は知りません。

当時「American Football Magazine」に、ファーブの移籍について書かれたコラムが載りました。

そこには

「(グリーンベイ市民またはその周囲のパッカーズファンで)ファーブの移籍に伴って、ジェッツファンに鞍替えした人はほとんどいないだろう」

と書かれていました。

私もそうでした。

もちろんファーブのことは好きでしたが、それよりもパッカーズの方が、グリーンベイの街の方が好きですので。

40を超えてしまいましたが、若林さんには

「永遠のヒューストン坊や」

でいてほしい。

そう思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ラムズのロゴが変わるという噂が~ヘルメットは変わるのか?

ロサンゼルス・ラムズのロゴが変わるかも、と言う投稿をFacebookで見たのは、先週の今頃だったと思います。

こんな感じの投稿でした。


最初に見たとき、

「へぇ~、チャージャーズ、ロゴ変えるのか」

と思いました。

チャージャーズもロサンゼルス(LA)を本拠地としていますし、羊の角、というより稲妻に見えたからです。

そう誤解した人は少なくないようです。

最初に乗せたツイートをした、「オードリーのNFL俱楽部」の在米ディレクター小坂ディレクターもそうですが、アナリストのパット・マカフィーは、

「これはラムズのロゴというよりもチャージャーズのロゴのように見える。

私がおかしいのかな?」


とツイートしています。


今のところラムズから公式発表はないようですが、チームの公式アカウントの下のツイートを見ると、きっとロゴを変えるんじゃないかと思います。


気になるのは、ヘルメットのデカール(ラムズの場合、羊の角)も変わるんだろうか、ということです。

実はラムズは、NFL史上初めてヘルメットにデカールを入れたチームです。

フレッド・ジャーク(Fred Gehrke)というHB兼DBの選手が言い出して、全員のヘルメットにデカールを入れたようです。


1947年(1948という記載もあり)のことです。

まだヘルメットが革製の頃のことのようです

あるラムズファンの方は

「伝統のあるデカールだから、変わってほしくない」

と言っていました。


ちなみにジャークは、初めてフェイスマスクを着けてプレイした選手でもあるそうです。


ジャークはのちに新興のAFLのデンバー・ブロンコスのスカウトになり、その後コーチ、GMを経て副社長になりました。

きっとアイデアマンだったのでしょう。

レッド・ミラーをHCに据え、チームを初めてスーパーボウルに導きました。

その後ミラーとともに、これも新興のUSFLのデンバー・ゴールドにも雇われましたが、この時リーグのトップだったドナルド・トランプ氏(現米国大統領)の暴走などにより、USFLは解散しました。


ジャークに関するツイートにもありますように、MLBのナショナルリーグの2018年MVP、クリスチャン・イエリッチは、ジャークの孫になるそうです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】コロナウィルスのNFLドラフトへの影響~どのような形で行われるのか?

新型コロナウィルス、COVID-19が北米大陸でも感染者を増やし始めたように感じます。

ニューヨーク州など7州には、非常事態宣言が出されました。


個人的には、この騒動は予想よりも長引くものと感じています。

時間が過ぎ、暖かくなれば収束するような見方は楽観的過ぎると考えています。

根拠はないですけどね。

NFLも対応を考えているようです。


現在NFLはオフシーズンで、開幕は9月です。

しかし、ドラフトやコンバインなどのイベントはあります。

今年のドラフトは、アメリカ時間の4月23日(木)から25日(土)まで、ラスベガスで行われる予定です。

これは、今シーズンからレイダーズがオークランドからラスベガスに本拠地を移転して、ラスベガス・レイダーズとなるため、NFLやファンとラスベガスの精神的距離感を近づけようとする考えもあるものと思われます。

下馬評では、ぶっちぎりの得票数でハイズマントロフィーを獲得したルイジアナ州立大学のQBジョー・バーロウのトップ指名が有力視されているようですが…

20200308ジョーバーロウ

それはさておき・・・

ドラフトは例年通りに行われるのでしょうか?

ドラフトは3日間に渡って行われます。

大きな会場にリーグや各チームの関係者、1巡指名が予想される選手、そしてファンが、大きな会場に一堂に集められて行われます。

もし今の日本でこれをやるとしたら、確実に無観客、つまりファンは締め出されるでしょう。

確実かつ爆発的に感染をひろめることになるでしょうから。

ドラフト自体は、リーグの継続のために取りやめるわけにはいきません。

会場に各チームの関係者や指名候補選手を集めなくても、オンラインで行うこともできます。

しかし、ドラフトが開催されるラスベガスにとっては、これは大きな痛手となります。

例年であれば、宿泊費や飲食費その他で、開催される都市には大金が落ちます。

それが無観客になると、かなり減り、オンラインで行われるとなると、ほとんど経済効果は失われるでしょう。

ここに、それを見通した記事があります。


最低限でも、コミッショナーが会場で指名選手の名前を読み上げ、指名された選手はジャージを掲げることは行われるのではないか、そしてそれをファンは家のテレビかネットで見ることになるのではないか、と結論づけているようです。

この動画の1:30過ぎぐらいまでのことぐらいは。



しかし、指名候補がいる控室に、この動画ほどの関係者は入れるのか?

指名された選手(この動画ではカイラー・マレー)が到着したステージの上からは、この動画ほどの観客はいるのか?

それは今の段階では非常に難しいもののように私は思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~



テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】今一番やりたいこと~NFL100年目のシーズンの特集「NFL 100 Greatest」シリーズの一覧化

今シーズンはNFL100年目のシーズンと言うことで、さまざまなイベントが行われてます。そのうちの一つが

「NFL 100 Greatest」

シリーズの制作です。

以下ざっくりと書きますが、これは何かと言いますと、NFLとAP通信が協力して、プレイ、ゲーム、キャラクター、ゲームチェンジャー、チームという5つのカテゴリで、ランキング形式でTOP100を決め、動画やサイトで発表するものです。

それぞれ以下のように、NFL FILMSのYouTubeアカウントの中で、再生リスト化されています。

構成は100位から11位までは10個ずつで、10位から6位、5位から1位で全11本です。

再生リストの中には、完全にはそろっていないのもありますが、そのうち整備されるかもしれません。

・100 Greatest Plays (100の忘れられないプレー)

 例)QBサックされて試合終了と思われたものの、なんとかパスを投げ、またなんとか捕って逆転につなげた、第42回スーパーボウルでの「ヘルメットキャッチ」


 動画再生リスト「100 Greatest Plays | NFL 100」へのリンク


・100 Greatest Gemaes (100の名勝負)

 例))史上最高の番狂わせとされ、AFLとNFLの合併に影響を及ぼした「第3回スーパーボウル」


 動画再生リスト「100 Greatest Games | NFL 100」へのリンク


・100 Greatest Characters (100の強烈な個性)

 例)コミッショナーと対立することも多々あったものの、オークランド・レイダーズを何度もスーパーボウル
チャンピオンに導いたアル・デービス オーナー


 動画再生リスト「100 Greatest Characters | NFL 100」へのリンク


・100 Greatest Game Changers(NFLに影響を及ぼした100の人物や事柄)

 例)ショートパスをランの代用とする戦法、「ウェストコーストオフェンス」、またはそれを編み出したビル・ウォルシュ


 動画再生リスト「100 Greatest Game Changers | NFL 100」へのリンク


・100 Greatest Teams (100の強いチーム)

 例)NFL史上唯一、レギュラーシーズンからチャンピオンシップ(スーパーボウル)まで全勝の「パーフェクト・シーズンを成し遂げた、1972年のマイアミ・ドルフィンズ


 動画再生リスト「100 Greatest Teams | NFL 100」へのリンク


例)はあくまでも私の推測で、入っているかどうかはまだ調べていません。

現在は最後の100 Greatest Teamsを発表中です。


私はランク付けするのはあまり重要ではないと思いますが、とにかく、

「昔、こういう忘れられないことがあった」

「昔、こういうすごい人がいた」

「昔、こんな強いチームがあった」

ということを知るのが好きなので、それぞれのカテゴリーに何が入っているか、とても興味があります。

おそらく、半分ぐらいは聞いたことしかないことや、初めて見るものだと思います。

全部出そろうのがとても楽しみです。


しかし、出そろったところで、一覧できるサイトがないようです。

特定のカテゴリの特定の順位、例えば「100Greatest Gemaes」の第21位とかは、どういう風にURLを作れば見ることができるのか、と言う方法は見つけたのですが…

500個1個ずつ見ていくのも疲れるな、と…


そこで、この一覧を作ろうと考えています。

できれば邦訳も載せた一覧表を、自分でPDFとかに作って、ネットにあげて、リンクが貼れれば、と考えています。


動画本体はブログに埋めようと思っています。

私の試算だと、1カテゴリでそれを作るのは、8時間ぐらいかかると思います。

今の私には、集中してこの時間を割くのは、休みの日でも難しいです。

コツコツとやっていけばいいのですが…

そういうことが苦手な正確なもので…


ですが、最近Twitterで会話した方が、

「それ(一覧のこと)はぜひ見たい」

と言ってくれましたので、がんばってみようと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】100年目の2019年シーズンの開幕戦、シカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズ~無謀なチャレンジと、とらなかったタイムアウトは勝敗を分けたのか?



(NFL公式YouTube動画「Packers vs. Bears Week 1 Highlights | NFL 2019」)

昨日の朝、NFL100年目のシーズンとなる2019年シーズンが開幕しました。


そのグリーンベイ・パッカーズ(GB)@シカゴ・ベアーズ(CHI)の試合について感じたことを書いておきます。


試合は10-7でパッカーズが勝ちました。


上の記事にあるように、両チームともディフェンスが力を発揮したと思います

7月に行われたグリーンベイ・パッカーズ観戦オフ会で、今シーズンの新戦力などの分析がプレゼンされました。

その時、今年はディフェンスが期待できそうだと思いました。

その通りになったわけですが…

こんなことを書くとベアーズファンの方には悪いのですが、相手が一流のオフェンスだったら止められたかどうか…

と感じました。


ベアーズのディフェンスは、昨年につづき強力でした。

パスは166ヤードしか投げさせず、ランは47ヤードに抑えられました。

さすがです。


ところでこの試合では、今シーズンから導入されたパス・インターフェアランスに対するチャレンジが、初めて行われました。

パッカーズの新HCマット・ラフルアーが4Qに行ったものです。


しかし、とても覆るようなものには見えず、判定も変わらず、ベアーズのパス成功になりました。

こういう覆りそうもないチャレンジは時々見られますが、私はオフェンスの勢いをいったん止めるための、タイムアウト代わりのものだと考えています。

ディフェンスもパニックになっている時もありますから、それを落ち着かせるためのものでもあると考えます。

そしてチャレンジ後のベアーズオフェンスがおかしくなりました。

3回連続して反則。

最終的に1stダウン40と言う、なかなか見ない状況からのスタートとなりました。

チャレンジの間に立て直したパッカーズディフェンスの動きが、ベアーズのオフェンスを崩した、と言う見方ができます。

チャレンジは失敗しましたが、試合の流れを変えることには成功したと言えるでしょう。

結局このシリーズ、ベアーズはパントに追い込まれ、その次のパッカーズのシリーズでパッカーズがFGを決め、スコアを10-3と広げました。

私はそんなに試合を見ていないので、そんなに珍しいことではないかもしれませんが、こんなこともあるんだなぁ…

と思いました。


一方で、1Qのパッカーズの3回目攻撃。

トップの動画の1:58あたりから始まる、2Q残り14:43からの攻撃です。

QBアーロン・ロジャースがパスを投げまくってTDを決めたシリーズですが…



(NFL公式YouTube動画「Aaron Rodgers Throws First TD of 2019 Season」)

なぜこのシリーズの最中に、ベアーズはタイムアウトをとらなかったのだろう、とも思いました。

前のシリーズまでほとんどゲインできていなかったパッカーズは、ランを捨て、パスを連投するようになりました。

たった4回のパスでTDを取られてしまったので、その決断をくだす時間がなかったのか…

それとも、まだ浅い時間帯なので、とりあえずパッカーズのパスを観察しておくため、あえて手をださなかったのか…

まさかこれが決勝点になるとも考えられませんでしたし。

(実際この後のパッカーズの攻撃は、再び珍も蒸してしまいましたので、その効果はあったのかもしれません)


考え方はともかく、ベアーズはタイムアウトを取らずにTDを許し、パッカーズは(おそらくタイムアウト代わりの)チャレンジをした後相手のオフェンスを止めたのは事実で、そしてパッカーズが勝ったのは事実です。

真相はどうなんだろうなぁ…

そういう事を考えると、おもしろい試合だったと思います。


20190907GBvsCHIラフレアHCのチャレンジ

なお、チャレンジをコールしたマット・ラフルアHCは、その後もう一回チャレンジ行い、成功させました。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果をESPNが予想~NFL100年目のシーズンはどうなる?

米ESPNが、明後日(!)から始まる2019年シーズンの、開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果を予想し、発表しました。


この予想によりますと…

プレイオフに進むチームは以下の通り。

AFC

AFC東優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

AFC北優勝 クリーブランド・ブラウンズ(CLE)

AFC南優勝 ヒューストン・テキサンズ(HOU)

AFC西優勝 ロサンゼルス・チャージャーズ(LAC)

ワイルドカード テネシー・タイタンズ(TEN)

         ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)

NFC

NFC東優勝 フィラデルフィア・イーグルス(PHI)

NFC北優勝 グリーンベイ・パッカーズ(GB)

NFC南優勝 ニューオリンズ・セインツ(NO)

NFC西優勝 サンフランシスコ・49ナーズ(SF)

ワイルドカード ロサンゼルス・ラムズ(LAR)

         アトランタ・ファルコンズ(ATL)

コメント1.


NE王朝は継続、しかも今シーズンも1stラウンドバイと言う予想ですね。

CLEが遂に初の地区優勝をしますか…

(公式の歴史では、CLEは何度もNFLを制したことがあるのですが、実質的にはつい20年ほど前にできたばかりのチームですからね。

街も盛り上がると思います)

私はBALを買ってるんですが、KCとともにポストシーズンを逃してます。

OAKはまだ再建途上か…

NFC東は、再び混戦の地区に戻りますか。

GBがNFC1位!

ここまでは嬉しいです。

CARがカンファレンス最下位とは以外!

ARIの全体のドラ1QBカイラー・マレーの初年度は苦労しそうですね。

SEAがここまで落ち込むとは思えないんですが。

20190903アーロンロジャースの画像

ポストシーズンの結果は以下の通り

(左側が勝ち)

ワイルドカード

SF-ATL

LAR-PHI

TEN-CLE

HOU-PIT

コメント2.

LARとTENがアップセット。

SFがここまで評価が高いのは意外です。


ディビジョナルプレイオフ

LAR-GB

NO-SF

LAC-TEN

HOU-NE

コメント3.

GBここで地元で敗退か…

そしてついにここで、NEの4年連続スーパーボウル出場の道が閉ざされます。

本当にこうなれば、「オードリーのNFL俱楽部」での若林さんと相武紗季さんの掛け合いが見ものです。


カンファレンスチャンピオンシップ


NO-LAR

LAC-HOU

コメント4.

NOは昨シーズンの雪辱を果たすことになります。

LACは最後の2004年組の大物、フィリップ・リバースがついにスーパーボウルに進出します。


第54回スーパーボウル

NO-LAC

コメント5.


どちらも2回目の出場。

オフェンス1位(NO)と2位(LAC)の対戦は、40-33のハイスコアリングの結果に。

ディフェンスマッチは玄人好みと言われますが、私は今でも得点が多く入る方が楽しいので、しかも1TD差ですから嬉しいです。

NOが2回目のスーパーボウル制覇。

10年ぶりにショーン・ペイトンHCとドリュー・ブリーズのコンビがビンス・ロンバルディ・トロフィーを奪い返します。

LACはまたも涙をのむことになりました。


わがGBの気になる試合

Week10の試合は、日本からグリーンベイ・パッカーズ観戦会の有志のメンバーが渡米し、現地GBのランボーフィールドで観戦します。

(たしかアメリカ在住のメンバーとも合流する予定だったと思います)

ですから、この試合だけは勝ってほしい。

予想は…

GB 27, CAR 20

よし。

私は行けませんが、みなさん楽しんできてください。

それにしても…

NFCシードトップでディビジョナルプレイオフで敗戦か…

2011年シーズンを思い出します。


さあ、2020年シーズンだ!



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】Supreme(シュプリーム)とレイダースがコラボした商品が、日本で6月8日(土)に発売~売り切れ必至との声も

アメリカの人気ファッションブランド、Supreme(シュプリーム)が、米プロフットボールリーグのNFLとコラボして、オークランド・レイダースのロゴを使った商品を発売しました。

日本では明日、6月8日(土)に発売だそうです。

関連ニュースを貼っておきます。






レイダースに関連するものは、パーカー、Tシャツ、ポロシャツ

20190607Supremeのレイダースのポロ

ハーフパンツ、

20190607Supremeのレイダースのハーフパンツ

キャップがあるようです。

いくつか公式インスタからのものを貼っておきます。
この投稿をInstagramで見る

Supreme®/NFL/Raiders/’47. 06/06/2019

Supremeさん(@supremenewyork)がシェアした投稿 -



この投稿をInstagramで見る

Supreme®/NFL/Raiders/’47. 06/06/2019

Supremeさん(@supremenewyork)がシェアした投稿 -



Supremeのオフィシャルサイトはこちら

店舗は、よく知らないのですが東京では渋谷、原宿、代官山などにあるようです

自信はないですが、公式通販に関わるサイトはこちら



ファンン方はぜひご検討ください。


ところで…

私はこのSupremeと言うブランドを知らなかったのですが、かなり人気があるようですね。

女房は知っていて、ちょい悪系の人に人気があるブランドだと言うことです。

真面目な話、レイダーズが選ばれるのはぴったりだと思います。


ただ、人気が高いため、転売目的で買う人が多いそうです。

「転売目的の人と、Supremeファンに買われて、レイダースファンには届かないかもしれませんね。」

先日FacebookのNFLのグループに、何気なくコラボのことを投稿したら、そんなコメントがつき、同意する人も何人かいました。

Supremeファンに買われるのは妥当なことだと思いますが…

日本のNFLファンの中でも少なくない、レイダースファンのてに届けばいいなと思います。

でも、Supremeファンに買われて、レイダースのことに世の中が興味を示してくれるのはありがたいことかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【野球&アメフト】ボビー・レインのことを思い出して調べてみたら…とんでもない経歴だった

昨シーズン辺りから、日本のプロ野球ではフェースガードをつける選手が増えてきたように感じます。

私はTVで福岡ソフトバンクホークスの試合をよく見ます。

ホークスの選手はけっこうつけているように感じます。

しかし、下の記事にあるように、中日ドラゴンズの選手は、そうでもなりようです。



そこで思い出されたのが、アメリカンフットボールの米プロリーグNFLで、

「最後にフェイスマスクをせずにプレーした選手の1人」

と言われている

ボビー・レイン(Bobby Layne)

のと言う殿堂入りしたQBのことです。

20190507ボビーレインの画像

今でこそNFLではフェイスマスク(ヘルメットについていて顔を保護する棒状のもの)は義務付けられていますが、レインが主にプレーした1950年代はつけてない選手も珍しかったようです。

レインは

「視界が遮られてプレーの邪魔になるから」

と言うような理由でつけなかった、と書いてあるのを読んだことがあります。

その辺のところを詳しく調べてみようとウィキペディアの「Bobby Layne」のサイトを読んだら…

特記しておいたことが良いようなことがいくつかありました。

アメリカンフットボールの歴史を感じさせるものでしたので、書き出しておきます。


1.ドラフト指名後入団を拒否して他球団にトレード

レインは1948年のドラフトでピッツバーグ・スティーラーズに1位指名されました。

全球団で数えると3番目の指名でした。

しかし入団を拒否し、シカゴ・ベアーズにトレードされることになりました。

その理由は…

当時スティーラーズはまだシングルウイングフォーメーションを採用しており、それでは自分が活かせないと考えたからです。

大雑把に言えば、シングルウイングフォーメーションは全時代的なもので、QBがパスを投げるのに向いているものではないものだった、と言うのが私の認識です。

その点、ベアーズはTフォーメーションを開発し、QBがパスを投げやすいものにしていました。

他のチームもその動きに追随していました。

レインはベアーズに移籍して、3番手のQBになりました。


2.他のリーグのドラフトでも指名される

レインはNFLのスティーラーズだけではなく、AAFC(All-America Football Conference)と言うアメリカンフットボールのリーグのボルチモア・コルツ(現在のインディアナポリスや、その前身のボルチモア・コルツとは無縁)にドラフト1位、全球団では2番目に指名されています。

AAFCはのちに解散し、クリーブランド・ブラウンズなど数チームがNFLに移籍しました。

AFL(のちにNFLと合併)やUSFL(のちに消滅)など、今はないリーグもドラフトをやっていたのは知っていましたが、AAFCもやっていたのは知りませんでした。

まだ1948年のことです。


3.野球でも一流選手

レインは大学で野球もプレーしていました。

ポジションは投手で、大学が所属するサウスウエストカンファレンスでいくつもの記録を残しました。

例えば、キャリア28勝とか、キャリア勝率10割(28勝0敗)とか、キャリアとシーズン二度のノーヒットノーランとか…

打っても、1試合5打点を記録しました。

このリーグは1996年に解散、消滅しましたが、それまで約50年間、ここにあげたレインの記録は破られず、今でも残っています。

メジャーがレインを放っておくわけがなく、ニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)、ボストン・レッドソックス、セントルイス・カージナルスが彼に声をかけました。

メジャーリーグがドラフトを導入したのは、日本のプロ野球とほぼ同じ時期の1965年でした。

もし当時ドラフトがあれば、カイラー・マレーより先に、NFLとMLBの両方からドラフト1位指名された選手になっていたかもしれません。

レインはNFLを選び、メジャーリーグのチームに入団することはありませんでした。


4.「ボビー・レインの呪い」

これはけっこう知られた話ですが…

レインはデトロイト・ライオンズで開花し、チームを3度NFLチャンピオンに導きました。

しかしライオンズは1958年に、レインをスティーラーズにトレードしてしまいます。

このことに激昂したレインは、

「ライオンズは今後50年間、勝つことはないだろう」

と言い放ちました。

現実はレインの言葉よりも厳しく、それから60年間、ライオンズはNFLチャンピオンになっていません。

プレイオフにも一度しか勝っておらず、全敗のシーズンもありました。

いわゆる

「ボビー・レインの呪い」

("Curse of Bobby Layne")


です。


フェイスマスクを最後までつけなかったことを始め、当時の歴史を感じるレインの人生です。

性格は、遠征先でルーキーの部屋に乗り込み、

「おい、新人!

歯磨き粉を買いに行くからつきあえ!」

と言ってルーキーを連れ出し、翌日の夜ホテルに戻ってくるような、豪快なものだったそうです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

新型コロナウィルス NFL 福岡ソフトバンクホークス アメリカンフットボール シティポップ クラウドファンディング GAMEPASS オードリーのNFL倶楽部 オードリー HBCU 歴史的黒人大学 歴史 お笑い スーパーボウル観戦会 スーパーボウル オードリーのオールナイトニッポン ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ナイトライダー 鈴木弘子 谷村有美 グリーンベイ・パッカーズ ドン・マカウスキ 流行語大賞 みらいふ福岡SUNS ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 ラグビー #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト ドラフト XFL 春日の呪い NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや 太平洋戦争 終戦記念日 ロサンゼルスの戦い ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 終戦の日 平成時代 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト 福岡SUNS Amazon DAZN Hulu Twitter パワーランキング グレード 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushups #22pushupsfor22days #22pushupschallenge ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン 眼精疲労 JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 福岡のライオンズ 東尾 カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 12月8日 真珠湾攻撃 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 GIRL POISON BAND HOT-L ライブ ピッチ ファンブル おれさまファンクラブ ホメラー ほめられサロン 大石 森脇 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ パッカーズ ロジャース 城島 グリーンベイ メンタル不全支援 スイム ジョー・モンタナ パスプロ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール ジョン・タイター  タイムスリップ 三浦春馬 歴史ブーム ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 南海ホークス 立花香織 景浦安武 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾理子 東尾修 September Fire 九月 Wind Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 砦に拠る 木下典明 腸チフスメアリー 両性具有 サン・ジェルマン伯爵 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -