FC2ブログ
  • 2020_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2020_09

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【NFL】ワシントンの2020年シーズンは「フットボールチーム」で~なぜ名前が決まらなかったのか

ニックネームを「レッドスキンズ」から変える、と発表していたNFLのワシントンですが、2020年シーズンは「とりあえず」

「フットボールチーム」(Football Team)

として活動するそうです。

「ワシントン・フットボールチーム」(Washington Football Team)


と言う名称になります。

関連ニュースをいくつか貼っておきます。







これらのニュースになりますように、「フットボールチーム」と言うニックネームは仮の名前で、今後恒久的に使われるニックネームが決まるまでの「仮の名前」です。


ではなぜ今に至ってもニックネームが決まらないのか?


何人かのファンがネットに投稿していることでもあり、そしてあくまでも私の推測ですが、新しいニックネームになりそうな名前を商標登録している人たちがいるからじゃないかと思います。

「ワシントン・レッドウルブス(Washington Red Wolves)」とか「ワシントン・レッドテイルズ(Washington Red Tails)」とか…

このような人たちの狙いは、おそらくその商標をワシントンに転売するのが目標でしょう。

旧名「レッドスキンズ」に愛着を持つファンが、改名を阻むために商標登録している、とも考えられなくはないですが…

また、公式サイトのドメイン名やSNSのURLも抑えられているんじゃないかと思います。

改名前、公式サイトのドメイン名は「www.redskins.com/」でした。

これは旧ニックネームなので、変えなければ意味がありません。

現在はhttps://www.washingtonfootball.com/になっています。

新しい公式ツイッターアカウントは「@WashingtonNFL」となっています。

「@footballteam」では固有名詞に見えないし、それに「@Washingtonfootballteam」では長すぎるのでしょう。

InstagramもFacebookもTikTokも「washingtonnfl」を使っています。

メールフォームは現在(日本時間2020年7月25日18:20頃)のところ、まだURLは

https://httr.redskins.com/subscribe」(「httr」は応援歌「Hail to the Redskins」の頭文字)

のままです。

まあ、そんなこんなで、新しい名前にするのに苦労しているのでしょう。


「ワシントン・フットボールチーム」に対する日本語でのツイッターの反応をtogetterにまとめてみました。

Togetter「ワシントン、仮チーム名「フットボールチーム」に対するツイートまとめ」へのリンク

どちらかと言うと、否定的な意見が多いようですが…

個人的には現時点ではこうするしかなかったんじゃないかと思います。


ところで一つ困ったことが。

私はブログにNFLのチーム名を書くとき、最初にチーム名のフルネームを書いて、それ以降は地名かニックネームかに統一して略します。

例えば

「昨日グリーンベイ・パッカーズはシカゴ・ベアーズと対戦した。

パッカーズとベアーズの試合展開は…」

とか

「昨日グリーンベイ・パッカーズはシカゴ・ベアーズと対戦した。

グリーンベイとシカゴの試合展開は…」

みたいにです。

これまではどちらかに統一、で良かったのですが、ワシントンの正式なニックネームが決まるまでは、Washingtonフットボールチームのことを書くときは、地名で統一せざるを得ないでしょう。

「フットボールチーム」

では、どうもピンとこないですから。

20200725ワシントン・フットボールチーム


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


スポンサーサイト



テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL史】次の10年代は誰のもの?~これまでの各年代最強のチーム「Team Of The Decade」

「Team Of The Decade」

と言う言葉があります。

「decade」とは「10年」をあらわす単語ですが、それに「the」がつくと、特定の10年間のことを言います。

NFLは1920年に設立されました。

昨年の今ごろの記事ですが、各年代の10年代のことを書いた記事がありましたので、リンクを含むツイートを貼っておきます。


各年代で最も強かったチーム、つまり「Team Of The Decade」が書いてあります。

書き出して簡単な説明を書いておきます。

1920年代:カントン・ブルドッグス(CANTON BULLDOGS)


ジム・ソープがいたチームとして知られるチームですが、ソープが在籍していない1922年と23年に連覇を達成。

記事にはないですが、クリーブランド・インディアンスと合併し、クリーブランド・ブルドッグスとなった24年にも優勝しています。

1920年代に複数回NFLチャンピオンになったチームは他にいないので、1920年代の最強チームと言えるでしょう。

1927年に解散したブルドッグスですが、このような強いチームがあったからこそ、カントンにプロフットボールの名誉の殿堂(Pro Football Hall of Fame)が作られた、と記事にあります。



1930年代:グリーンベイ・パッカーズ(GREEN BAY PACKERS)

カーリー・ランボーのもと、1929年に初めてNFLを制したグリーンベイ・パッカーズは、続く2年間、30年と31年にも優勝。

NFLの公式の歴史では、NFLで初めて3連覇を成し遂げたチームとされているようです。

ランボーのパッカーズは1936年と39年、そして44年にも優勝しました。

1930年代に4回優勝したパッカーズが、30年代のTeam Of The Decadeとなりました。

30年代には他にはニューヨーク・ジャイアンツとシカゴ・ベアーズが2回ずつ優勝しています。

ランボーのHCとしての優勝6回は、ビル・ベリチックと並んでNFL最多です。

1940年代:シカゴ・ベアーズ(Chicago Bears)

ジョージ・ハラス率いるシカゴ・ベアーズは、1940年、41年、43年、46年の4回優勝しました。

この10年間で他に複数回優勝したのはフィラデルフィア・イーグルスだけで2回です。

正確なところは調べきれませんでしたが、QBシド・ラックマンのTフォーメーションが猛威を振るったようです。

1950年代:クリーブランド・ブラウンズ(CLEVELAND BROWNS)

この10年間で最も優勝したのは、AAFCと言うリーグから吸収されたクリーブランド・ブラウンズで、3回タイトルを手にしました。

他にはデトロイト・ライオンズとボルチモア・コルツが2回ずつでした。

フットボール界に様々な革命を起こしたポール・ブラウンのブラウンズは、優勝したシーズンも含め、この間7回チャンピオンシップに出場すると言う、強力なチームでした。

1960年代:グリーンベイ・パッカーズ(GREEN BAY PACKERS)


ビンス・ロンバルディの指揮で10年間で5度の優勝を果たしたグリーンベイ・パッカーズ。

特定の10年間で5度の優勝は、この時のパッカーズが唯一だそうです。

そしてNFL2度目の3連覇を果たしました。

3連覇を果たしたのはパッカーズのみで、これが最後です。

1970年代:ピッツバーグ・スティーラーズ(PITTSBURGH STEELERS)

長い間ドアマットチームだったピッツバーグ・スティーラーズが1970年代に4度スーパーボウルを制して、この10年代を代表するチームとなりました。

また、スティーラーズはスーパーボウルを2度連覇した唯一のチームとなりました。

私は知らなかったことなのですが、記事によりますと、1978年リーグはスティーラーズ王朝を止めるべくルールを変えたのですが、パワーラン攻撃からパス攻撃へとオフェンスを変化させて、その後2度スーパーボウルに勝ったそうです。

1980年代:サンフランシスコ・49ナーズ(SAN FRANCISCO 49ERS)

70年代のスティーラーズと同じく、これまで一度もNFLチャンピオンになったことがなかったサンフランシスコ・49ナーズが、こちらも4度スーパーボウルに勝って1980年代を代表するチームとなりました。

84年の49ナーズは、リーグ史上初のレギュラーシーズン15勝を達成したチームとなりました。

革新的なウェストコーストオフェンスをQBジョー・モンタナに指揮させました。

1990年代:ダラス・カウボーイズ(DALLAS COWBOYS)

1970年代のNFCを代表するチームだったダラス・カウボーイズも80年代は低迷し、89年には1勝しか挙げられませんでした。

しかしオーナーのジミー・ジョンソンとジェリー・ジョーンズHCの同窓生コンビは再建に見事に成功。

90年代に3度スーパーボウルに勝ちました。

2000年代:ニューイングランド・ペイトリオッツ(NEW ENGLAND PATRIOTS)


1990年代頭には、「北米4大スポーツで最も情けないチーム」と言われたニューイングランド・ペイトリオッツ。

ビル・ベリチックHCと将来の殿堂入りQBトム・ブレイディのコンビで3度スーパーボウルに勝ちました。

2007年にリーグ初のレギュラーシーズン16勝0敗を記録しましたが、スーパーボウルで敗れてしまいました。

しかしこの時のペイトリオッツは、歴代のチームの中でも最強だったと思います。

2010年代:ニューイングランド・ペイトリオッツ(NEW ENGLAND PATRIOTS)

ニューイングランド・ペイトリオッツは10年前と同じHCとQBで、再び3度スーパーボウルに勝ちました。

10年間で5度のスーパーボウル出場は、1970年代のダラス・カウボーイズと並ぶ記録。

3年連続スーパーボウル進出は、1970年代のマイアミ・ドルフィンズと並び、1990年代のバッファロー・ビルズの4年連続につぐ記録となりました。


以上、最初のツイートのリンク先の記事にあるチームを紹介してきましたが、こんなツイートもあります。


70年代はスティーラーズよりカウボーイズが、90年代はカウボーイズより49ナーズのほうが勝っていたんですね。


ここまで見てくると、名HCと名QBのコンビが時代を作ってきたと言えるでしょう。

40年代のジョージ・ハラスHCとQBシド・ラックマン

50年代のポール・ブラウンHCとQBオットー・グラハム

60年代のビンス・ロンバルディHCとQBバート・スター

70年代のチャック・ノールHCとQBテリー・ブラッドショー

80年代のビル・ウォルシュHCとQBジョー・モンタナ

90年代のジミー・ジョンソンHCとQBトロイ・エイクマン

00年代と10年代のビル・ベリチックHCとQBトロイ・エイクマン

さあ、ベリチックHCとブレイディが別チームになり、パトリック・マホームズやラマー・ジャクソンなど新しいQBが台頭してきたなか、これからの10年が楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】黒人が受け入れられるようになった日~「1946 Re-Integration of the NFL」とは

1946年シーズン、NFLは再び黒人選手を受け入れるようになりました。

RBケニー・ワシントン(Kenny Washington)

WRウッディ・ストローデ(Woody Strode)


の2人がロサンゼルス・ラムズに。

また、この年に創設され、1950年にNFLに吸収合併されるAAFCでも

RBマリオン・モトレイ(Marion Motley)

DLビル・ウィリス(Bill Willis)


の2人がクリーブランド・ブラウンズに入団しました。

20200709Forgotten Fourの画像


1920年に創設されたNFLには、最初は黒人選手や黒人HCがいました。

フリッツ・ポラード(Fritz Pollard)

は、そのどちらをもつとめました。

しかし、リーグは1933年までに黒人を追放しました。


1946年、ラムズはクリーブランドからロサンゼルスに移転し、メモリアルコロシアムを本拠地としようとしました。

しかしラムズは、ロサンゼルスコロシアム委員会と「ロサンゼルストリビューンスポーツ」紙の編集者ハリー・ハーディング(Halley Harding)から

「黒人選手と契約しない限り、メモリアルコロシアムは貸さない」

と言う圧力を受けました。

ここに至り、ラムズは前述の2人と契約しました。



実はその数年前、ワシントンはカレッジフットボールで活躍していたので、シカゴ・ベアーズのジョージ・ハラス(George Halas)オーナー兼HCが獲得に乗り出しましたが、リーグから拒否されました。

それほどまでに、NFLは黒人選手を拒んでいました。


一方で、AAFCの方は積極的でした。

1946年のブラウンズに続き、多くのチームが1947年には黒人選手と契約しました。



モトレイは2010年に発表された「史上最高の選手」の74位にランクされるほどの選手になりました。




1946年にNFLが再び黒人選手を受け入れるようになったことは

「1946 Re-Integration (of the NFL)」

と呼ばれています。

「Re-Integration(リ・インテグレーション)」とは、「再統合」と言う意味です。

このことは、昨シーズン前にNFLが発表した「NFL 100 Greatest」の「Game Changers(歴史をかえたもの)」と言うカテゴリの中で、6番目にランキングされています。

そのサイトは、下記ツイートのリンク先にあります。


このサイトの中で、コンドリーザ・ライス元国務長官は、

「私はそれらすべての素晴らしいプレーヤーと、彼らがどのようにゲームを変えたかを決して忘れません。」

と語っています。

ライス元国務長官はクリーブランド・ブラウンズのファンで、大統領よりはNFLのコミッショナーの方が興味がある、と言うほどのNFLファンです。


関係する記事をもう一つ紹介します。


文中にあるように、NFLが黒人を受け入れたのは、MLBがジャッキー・ロビンソンを受け入れる1年前でした。

ロビンソンのことは今でも語り続けられますが、NFLの4人、ワシントン、ストローデ、モトレイ、ウィリスのことはそれほど記憶に残っていないかもしれないそうです。

それは、当時は野球の方がアメリカンフットボールの方が人気があったから、とこの記事は書いています。

それが理由かどうかわかりませんが、この4人は

「Forgotten Four(忘れ去られた4人)」

と呼ばれています。



参考サイト

Wikipedia「Black players in professional American football」
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_players_in_professional_American_football


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】佐藤敏基選手にレイダーズが興味を示す~NHKサンデースポーツ2020より

5月31日のNHK「サンデースポーツ 2020」

「アメフト最高峰・NFL目指すキッカーの挑戦」

中で、IBM Big Blueの

佐藤敏基(さとうとしき)選手

が紹介されました。

PCの向こう側にいる、おそらくNFL公式のエージェント(代理人)とのやりとりで

ラスベガス・レイダーズとダラス・カウボーイズが自分に興味を持っているそうだが…

と言うようなことを佐藤選手が問いかけると、

「レイダーズは君に興味を持っている。

カウボーイズは君のことを高く評価している。


とロサンゼルス・ラムズのキャップを被ったエージェントは答えました。

カウボーイズに情報が伝わっているのは知っていましたが、レイダーズが興味を持っているというのは知りませんでした。

これは楽しみです。

レイダーズ、そしてカウボーイズはいずれも日本でも人気チームですし。


番組放送後の佐藤選手本人の投稿と、関連する投稿をいくつか貼っておきます。

佐藤選手のもの

この投稿をInstagramで見る

昨日のNHKサンデースポーツ 観てくださった方々、メッセージくださった皆様 ありがとうございました!  番組でも取り上げて頂きましたが 2015年甲子園ボウルでの経験が 今の原動力になっています  アスリートは競技力も勿論大切ですが 自分にしかないアスリートとしての価値は 何なのか日頃考えています まだ完全に答えが出ているわけではないですが 僕がNFLで活躍することで  「挫折はそこで終わりではなく、挑戦のための原動力に変えることができる」  と世の中に伝えていきたいです  これからもNFLに向けて突っ走っていくので 見守って頂けると嬉しいです  @xleague1996 @japankickingacademy  #nfl #xleague #ibmbigblue #japankickingacademy #nhk #sundaysports #サンデースポーツ

TOSHIKI SATO(@toshiki__11)がシェアした投稿 -



Japan Kicking Academyの代表でコーチの丸田喬仁コーチ


「キックには生き様がにじみ出るんだよ」

と言う言葉はとても興味深いです。

みらいふ福岡SUNS代表で、現役キッカーでもある吉野至代表は、後日佐藤選手が練習で65ヤードのFGを決めるのを見て、こうツイートしています。


「届く気なんか一切しません。」

と言う言葉に、最初からきちんとセットされていても、65ヤードと言う距離の半端なさを感じます。

それなのに佐藤選手は、これを70ヤードまで延ばそうとしているそうです。


でないと、NFLで生きていくのは難しいのでしょう。


最後に、余談を…

最近、佐藤駿樹と言う人と知り合いました。

「「駿樹」は「しゅんき」なんですが、よく「としき」と間違えられます。」

と、その方は自分の名前について語っていました。

「でも、あのNFLの佐藤敏基選手と同じ名前に読み間違えられるのですから、悪い気はしないどころか、むしろ嬉しいです。」

今年の秋には、佐藤駿樹さんの口からこのような言葉が発せられるようになることを期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

【アメフト】NFLへの挑戦を佐藤敏基選手が「サンデースポーツ 2020」で語る~NFLを目指す人には必見だと考える理由

今週末2020年5月31日22:05からNHK総合1で放送される「サンデースポーツ 2020」で、

IBM Big Blueの佐藤 敏基選手

が、自身のNFLへの挑戦について語るそうです。


佐藤選手のインスタグラムには、その意気込みが投稿されていました。

この投稿をInstagramで見る

【テレビ出演】 今週末5/31(日) 22:05〜 NHKのサンデースポーツに出演させて頂きます  NFL挑戦のきっかけや想い エージェントとの契約に関してや 現在のNFLとの距離感などを 取り上げて頂く予定です  このテレビ出演で 僕自身の挑戦を知って頂くと共に 日本の方々がアメフトというスポーツに 関心を持ってくれるようになればと思っています  NFLは高い壁 でも越えられない壁じゃない  @xleague1996 @japankickingacademy @americanfootballbigblue  #nfl #cfl #xleague #ibmbigblue #japankickingacademy #nhk #sundaysports #サンデースポーツ

TOSHIKI SATO(@toshiki__11)がシェアした投稿 -



佐藤選手の出演について、佐藤選手を指導するJKA(Japan Kicking Academy)丸田喬仁コーチ

「コーチから見た佐藤選手」

と言うことを、Xリーグのサイトに投稿しました。

こちらのツイートのリンク先にあります。


私は、佐藤敏基選手、そして上の投稿の中の最後に名前が挙げられている山﨑丈路選手が、数年前にNFLへの挑戦を始めたときから、ずっとその経過を見ています。

そして、日本人がNFLでプレイするというのはこんなにハードルが高いのか、と言うことを毎年感じさせられます。

毎年、新しいハードルを知らされるからです。

今回佐藤選手はNFLの公式エージェントと契約することができました。

ああ、必須ではないにしても、そういうステップもあるのか、と思いました。

現在「Stay Home Tournament [MADDEN]」と言うeスポーツトーナメントが開催されています。

2020年5月27日のエキジビジョンマッチに解説で出演した山﨑選手が

「プロリーグのない日本のような国で実績をあげても、NFLのスカウトには評価されない」

と言うようなことを語っていました。

下の動画の中のどこかにあります。



結局何が言いたいかと言いますと、NFLの選手になるには技術だけでは難しく、アピール、そしてNFLへのコネクションを作ることも大事なんじゃないかな、と言うことです。

丸田コーチがXリーグのサイトに投稿したものからはそう感じました。

そして、佐藤選手も番組の中で、直接的ではなくても、そう言うことも語ってくれると思います。

NFLを目指すアメフト選手たちにとっては、そしてNFLに日本人選手が誕生することを願う人々にとっては、必見の番組だと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

日テレジータスの「NFLドラフト2020」を見ながら、アメフト芸人さんらがネットで語るイベントが開催されることに

明日は、3日間に渡るNFLのドラフト2020の1日目、各チームのドラフト1巡指名が行われます。

この模様は日テレジータスが

「緊急生中継! NFLドラフト2020スペシャル」


として生放送します。


皆さま 緊急のお知らせです!
スポーツ生中継が無くなってしまいお嘆きの方々に向けて、「NFLドラフト」を日テレジータスにて緊急生中継することにいたしました!!

日本プロ野球でもお馴染みのドラフト会議はNFLが発祥。でも日本とは全く異なるス...

NFL clubさんの投稿 2020年4月17日金曜日


このことは以前にも書かせてもらいましたが…

今日の夕方になって新たな企画が発表されました。

オードリーさん

コージ・トクダさん

解説者の輿亮さんが


この番組をそれぞれの自宅などでみながら、わいわいやるのを配信する企画です。


「リモ飲み」

とあるのを見ますと

「朝から酒飲みながらドラフトを見る」

のかな、と思いましたが(実際そういう人はいると思います)、上のツイートのリンク先を見ると

「〜プロテインを飲みながら #うちで過ごそう 〜」

とあります。

笑いました。

そして出演者のところに「謎の男」と言うのがあります…

この人が誰だか、とても気になります。

日テレジータスの中継と、この企画のネット配信にタイムラグがでないか心配ですが、ならべてみると楽しいと思います。


なお、日テレジータスでの中継のMCは近藤祐司さん

自身のYouTubeチャンネルでドラフトについて語ってましたので、動画を貼っておきます。



テレビでも、ネットでも、日本のプロ野球とは違うNFLドラフトのシステムと、駆け引きが語られるものと思われます。

どちらもとても楽しみです。

なお、「緊急生中継! NFLドラフト2020スペシャル」はHuluでも中継されます。


【追記】

「オードリーのオールナイトニッポン」でも、その行動力の速さ広さから

「キャッチアップする側の4Qのスクランブル型QB」


と言われていた日本テレビの佐野徹ディレクターも、この件を投稿していました。

こちらにも😊 たくさんの誕生日メッセージありがとうございます‼️
さて、誕生日のお誘いごとがあるのです。。明日24日(金)朝9時〜「NFLドラフト生中継」を放送します。

そしてドラフト中継を肴に、オードリーと、現役アメフト選手復帰のコージ...

佐野 徹さんの投稿 2020年4月23日木曜日


「謎の男」はこの写真だけでは…誰だかわからないので、楽しみです。

文面から読み取れますように、これが発表された4月23日は、佐野さんの誕生日でした。

普通サプライズは誕生日の人が受けるものだと思ってましたが…

誕生日の人からサプライズを受けるとは思いませんでした。

よくここまでの方々を集めたな、とも思います。

さすが佐野さん、今シーズンのNFL中継も楽しみです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】日テレジータスがドラフト2020を生中継~歴史に残るドラフトになるだろう

日テレジータスが、4月24日のNFLドラフトを生中継することが発表されました。


これは朗報です!!

公式サイト(こちら)によりますと、実況は近藤祐司さん。

解説は森清之HC(東京大学ウォリアーズ)と村田斉潔HC(龍谷大学SEAHORS)の2人。


近藤さんは今日、ドラフトについて自身のYouTubeチャンネルで語っていました。



やはりトップ指名はルイジアナ州立大学のQBジョー・バーロウが有力のようです。

20200410ジョーバーロウ

1巡指名が有力な選手は、通常ドラフトの会場に招待されて、指名されるのを裏で待機しているのですが、今回は新型コロナウィルスのせいで、どこかほかの場所で待機し、リモートで参加するそうです。

NFL JAPAN公式サイト「2020年NFLドラフトは完全にバーチャルな形で実施へ」へのリンク

ドラフト全体がリモートで行われ、バーチャルな形で動画が中継されるようです。

NFL JAPAN公式サイト「2020年NFLドラフトは完全にバーチャルな形で実施へ」へのリンク

これは昨年の全体トップのカイラー・マレー(現アリゾナ・カージナルスQB)の指名のシーン。

202004102019年のドラフトの画像

このようなシーンも、バーチャルで製作されるようです。


理由が残念なものですが、今回の変則的なドラフトは歴史に残るものになるでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【巣ごもりの戦友】NFLが続々と過去の名試合のフル動画を公開~アメフト観戦と言う奇特な趣味があって助かった

NFLのGAMEPASSは現在入会無料で、入れば、多くの過去の試合のフル動画を見ることができます。


しかし、無料でも入会するのは控えたいという方向けに、YouTubeで見られる方法を書きました。

(ちなみに、今ならGAMEPASSに入会するときに、クレジットカード番号とか、決済方法を登録する必要はありません。)

先々週あたりから、NFLが過去の名試合のフル動画を公開し始めました。

最初は今年行われた、第54回スーパーボウルでした。



「おもしろかった」と言う声が多い試合です。

次が第51回スーパーボウル

「3-28」または「28-3」と言われたすごい試合でした。



古いものでは、1976年の第10回スーパーボウルが。

「80年代のチーム」と言われたピッツバーグ・スティーラーズと、「アメリカズチーム」と呼ばれたダラス・カウボーイズとの名勝負です。



最新のものは2018年のWEEK14のマイアミ・ドルフィンズ対ニューイングランド・ペイトリオッツ。

「Miami Miracle!(マイアミ・ミラクル)」

と呼ばれることになった劇的な試合でした。




これらの試合は、NFLの公式チャンネルの再生サイト

「Full NFL Games | Super Bowls & Greatest Games of All Time!」

に含まれています。

こちら

何年か前からこの再生リストはあり、最近追加されたもの以外もあります。

今の時点で110本を超える数の動画が登録されています。

新しくリリースされたものはまだリストに登録されていません。

前述のドルフィンズ対ペイトリオッツの「マイアミ・ミラクル」とか、2017年のWEEK14のインディアナポリス・コルツ対バッファロー・ビルズとかがそうです。

後者は豪雪のバッファローで行われた壮絶な試合でした。



私はそうでもないですが、外出できないのがきつい、と思われている方は多いと思います。

アメリカンフットボールが好きな人や興味がある方は、これらの試合を見て、「きつい時間」を「楽しい時間」に変えられてはいかがでしょうか。

全編英語ですが、大丈夫です。

チーム名や選手名などの固有名詞、そして日本で使われているアメフトの用語の多くはそもそも英語なので、そんなに困らないです。

さあ、楽しみましょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】往年の名RBがラムズのロゴ変更に激怒~全チームのロゴの変遷

今週、ロサンゼルス・ラムズは、ロゴの変更を正式に発表しました。

こちらがそれを紹介する動画です。


こちらは関連ニュースです。


これにOBのエリック・ディッカーソンが猛反発したそうです。



ディッカーソンは1983年にロサンゼルス・ラムズにドラフトされ、NFLのキャリアを始めました。

ルーキーイヤーにいきなり1,808ヤードを走り、翌シーズンには今でも破られていないシーズン2,105ヤードランを記録したほどのRBでした。

晩年は急速に衰えた感がありますが、11シーズンで13,259ヤードを走り、プロフットボール殿堂入りも果たしています。



NFL全32チームのロゴの変更をランキングした記事がありました。


ディッカーソンが引き合いに出したダラス・カウボーイズ、オークランド・レイダーズ、インディアナポリス・コルツのロゴは、本質的にはほとんど変わっていないように思えます。

ランキングは主観によるものでしょうが、私も、ラムズの次にひどいと書かれているタンパベイ・バッカニアーズや、ニューイングランド・ペイトリオッツについては、昔のものの方が好きで、変えるべきではなかったと思います。

一方で、9番目にひどいと書かれているバッファロー・ビルズについては、今のものの方が躍動感があって好きです。




ラムズのロゴ変更について、私はひとつだけ「うらやましいな」と思う点があります。

それは、本拠地を表す「LA」の文字が入っていることです。

私は福岡ダイエーホークス時代から、ホークスのファンです。

福岡ソフトバンクホークスになって、ダイエー時代以上の成績を残してくれているのは本当にありがたいと考えています。

しかし、ロゴの変更については不満です。

ダイエー時代は「FDH」と、「福岡」を表す「F」の字が入っていました。

しかし今は…

「Softbank Hawks」の下に、申し訳程度に「Fukuoka」と小さく書かれています。

故郷の福岡にあるチームだからホークスを応援しているものとしては、ちょっと寂しいです。

それに比べると…

ロゴが変わること自体が不満だとは思いますが、ロサンゼルスにあるからラムズを応援している人には、せめてもの救いになるんじゃないかと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ゲーパス(GAMEPASS)がしばらく無料、ということなので入ってみた~入会方法について

NFLが運営する動画配信サイト

GAMEPASS」(ゲームパス:通称「ゲーパス」)のコンテンツが、日本では7月31日まで無料で見られる、

というニュースがありました。


私はこれまでGAMEPASSに入ったことがなかったので、この際だから入ってみることにしました。

ただし、クレジットカード情報を登録しなければいけないのならやめることにしました。

何があるかわかりませんので。

結局、クレジットカード情報の登録は不要でした。


では、登録方法を。

上のツイートのリンク先にある記事の最後に

NFL Game Passに登録する→ https://www.nflgamepass.com/ja(日本語)」

と書いてあります。

ここをクリックしてリンク先に入ります。

20200320NFL GAMEPASSトップ画面_が無料にの画像

「今すぐサインアップ」をクリック

20200320NFL GAMEPASS_02画面_が無料にの画像

ここに「クレジットカードは不要です」と明記があります。

右側の「FREE」のマスの中にある「登録」をクリック

20200320NFL GAMEPASS_03画面_が無料にの画像

ここでアカウントを作成します。

あくまでも私が行った登録方法です。

「ユーザー名」は英数字しか使えないようです。

記号は使えませんでした。

これは登録後の画面には表示されないようです。

他の人が使っているものは使えませんでした。

「名」「苗字」には、それぞれ本名をローマ字で登録しましした。

この「名」が登録後の画面に「ユーザーネーム」として表示されます。

それ以外の項目の入力内容は、特に説明するほどのものではないと思いますので、省略します。

登録が終わって次の画面に行きますと、下の画面が表示されます。

20200320NFL GAMEPASS_04画面_が無料にの画像

「利用規約バージョン1.4」をクリックしてそれを読み、問題ないと思いましたので、その下の「NFL COMの…」の下のボタンを右に動かしてオンにして、「続ける」をクリックすると

20200320NFL GAMEPASS_05画面_が無料にの画像

この画面が出て、右上に黄色い楕円の中の「ユーザーネーム」の隣に、「名」が表示され、入会成功となります。

(上の画面では、「名」は私の本名が表示されていましたので、切り取りました)

さっそくいろいろとコンテンツを見てみました。

「いいな」と思ったのはこの「NFL100」。

20200320NFL GAMEPASS_06NFL100の画像

NFL.comやYouTube公式でも公開されているものと同じだと思いますが、アクセスが簡単で一覧できるのが楽でいいなと思いました。

なお、GAMEPASSはマルチデバイスで利用可能です。

iPhoneではこんな感じです。

20200320NFL GAMEPASS_iPhone05_ログインできました

GAMEPASSは多分ほとんどが英語ですが、チーム名や人名は読み方がやや違うものの日本語と一緒ですし、プレイの名前もそれほど日本語と変わらないようですから、試合を楽しむぐらいは誰でもできると思います。

興味がある方は、ぜひ、この際登録してみてください。

NFLは、各国でどれだけの人数が登録したか、その後利用したかを集計しており、今後の海外展開のための情報として活用しているはずです。

今、日本は見放されている状態だと思います。

再びNFLに日本を注目させるためにも、登録して、時間があれば動画を見ていただければ、と、日本でアメフトをメジャースポーツにしたい者として、お願いいたします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

山﨑丈路 自律神経失調症 福高剣道部 周東佑京 MLB ローレント・デュバニー・ターディフ オードリーのNFL倶楽部 NFL 長瀬智也 手越祐也 キッカー スコット・ノーウッド レッドテイルズ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 みらいふ福岡SUNS 福岡ソフトバンクホークス BLM運動 文化戦争 ワシントン・レッドスキンズ ダグ・ウィリアムス カート・ワーナー クイズ 虹プロジェクト グリーンベイ・パッカーズ ホークス スポーツとIT 福岡賢樹 ラグビー BLM 佐藤敏基 アメリカンフットボール コリン・キャパニック オンラインルール説明会 Xリーグ 医療従事者にエールを ブルーインパルス MADDEN eスポーツ 納言 クラウドファンディング 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 メンタルヘルス 合谷 RPA 新型コロナ禍 オービックシーガルズ オードリー 金スマ 昭和天皇 運動不足 ドラフト 斎藤ちはる 動画 歴史 ブーマー・アサイアソン NFLの歴史 羽生結弦 新型コロナ 聴覚障害者 アイシールド21 熱男リレー 新型コロナウィルス EXIT エリザベス女王 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ シティポップ GAMEPASS 歴史的黒人大学 HBCU お笑い スーパーボウル観戦会 スーパーボウル オードリーのオールナイトニッポン ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ナイトライダー 鈴木弘子 谷村有美 ドン・マカウスキ 流行語大賞 ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 春日の呪い 乃木坂46 オードリーのNFL俱楽部 のどじまんTHEワールド! LFL 濱口芙由紀 むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 終戦記念日 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 昭和の日 福田秀平 TSL NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 戦争 終戦の日 平成時代 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト 福岡SUNS Twitter DAZN Hulu Amazon グレード パワーランキング 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushups #22pushupsfor22days #22pushupschallenge ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動車保険 自動走行システム ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 福岡のライオンズ 東尾 カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 移民 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ 真珠湾攻撃 twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ピッチ ファンブル おれさまファンクラブ ホメラー ほめられサロン 森脇 大石 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです ストロベリー 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 ファーブ メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション 歴史ブーム  タイムスリップ サムライハイスクール ジョン・タイター 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 楽天 クライマックスシリーズ 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 鉄拳 野村 立花香織 南海ホークス あぶさん 景浦安武 アメフト 世界剣道選手権 六三四の剣 五輪 リオデジャネイロ 石田純一 東尾理子 東尾修 九月 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind Fire Earth, twitter Tumblr 砦に拠る 蜂ノ巣城紛争 室原知幸 下筌ダム 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -