FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【NFL】ハイズマン賞のカイラー・マレー(Kyler Murray)、野球よりアメフトを選択の決断について~ティーボウも助言

昨シーズンのカレッジフットボールでハイズマントロフィーを受賞した、オクラホマ大学のQB

カイラー・マレー

(Kyler Murray)


は、先日自身のTwitterにて、NFLのQBになることを目指すことを宣言しました。



マレーは昨年のMLBドラフトでオークランド・アスレチックスから1巡全体9位指名を受けていましたが、このツイートで野球選手の道はいったん閉じたようです。

日本でもこのことは報道されました。

一般のメディアの報道はこちら。



野球のメディアの報道はこちら



NFL JAPANの記事はこちら



NFLのドラフトで1巡指名されれば、MLBとNFLの両方でドラフト1巡指名された選手になるわけですが…

「そんなこと、ない、ない」

と私は思っていました。

ハイズマントロフィーの受賞と言う実績は、それほどNFLでは重視されず、実際通用しなかった選手も少なくないこと。

背が178㎝と、NFLのQBとしては低すぎること。

主に後者の理由から、私は1巡指名はない、と思っていました。

178㎝と言っても、背の低い選手は、実際の身長より高く申告することが多いので、本当はもっと低いことも考えられます。

背が低いと、パスを投げる位置が低くなり、ボールが通りにくくなります。

さらに、視野も狭くなります。

ですから、NFLの評価は低いだろうと。

2019021701カイラー・マレー

ただ、NFLも、ようやく身長はそれほど重要じゃない、と思いはじめたようです。

下の動画はNFLで活躍したモーリス・ジョーンズ・ドリューによる「Mock Draft」(ドラフト予想)で、NFL公式サイトに投稿されたものです。



マレーはドラフト1巡、全体の7番目でジャクソンビル・ジャガーズに指名されることが予想されています。

2:05辺りにそのシーンがあります。

まさかNFL関係者が、こんなに高位で指名されることを予想するとは思いませんでした。

しかし、ドリューも小さかった選手。

そこら辺はひいき目に見ているのかもしれません。


マレーのハイライト動画を見てみました。



素晴らしい選手だと思います。

私は技術についてはよくわかりません。

それでも一つ気になるのが、ディフェンスの選手のプレッシャーの中から投げているシーンがほとんどないこと。

オフェンスライン(OL)が強い学校なのでしょう。

ですから、OLが弱いチームに指名されると苦労するかもしれない、と思いました。

まあ、たまたまそう言うシーンがなかっただけかもしれません。


マレーについて、同じくハイズマントロフィーを受賞し、NFL入りして一瞬だけ活躍した元QBティム・ティーボウが、先日助言を行いました。

ティーボウは今、マイナーリーグで野球をプレイしており、MLB入りを目指しています。



最後の方の

「most important is following your heart and your passion. 」

(最も大事なのは、君の想いと情熱に従うことだ)

と言う箇所は印象的でした。

特に「passion(情熱)」のところが。

おもしろいもので、ティーボウの助言はいくつかネットニュースになっていましたが、「heart(想い)」の方を見出しにしていました。

私は「passion」の方が大事だと思うんですが…

幸いなことに、マレーはトップに置いたツイートの中で

「これまでの人生にほとんどにおいて、アメリカンフットボールには愛情と情熱を注いできた」

と言っています。

精神的には大丈夫でしょう。

4月のNFLのドラフトでどこが何巡目に、何番目に指名するか楽しみです。


2019021702カイラー・マレー

なお、野球とアメフトの掛け持ちが一時うわさされていましたが、それはまず無理だと思います。

NFLでQBをプレイするには、多くの時間が必要で、野球を掛け持ちする時間はないと思うからです。

これまでボー・ジャクソン(RB)やディオン・サンダース(CB)が掛け持ちで活躍しました。

それは、誰かと替えが効くポジションだからで、QBは替えが効かないからです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】第53回スーパーボウルのカードが決まる~トム・ブレイディに対する複雑な想い



昨日行われたNFLカンファレンスチャンピオンシップ2018の結果、第53回スーパーボウルのカードは

ロサンゼルス・ラムズ



ニューイングランド・ペイトリオッツ

となりました。



カンファレンスチャンピオンシップはいずれもオーバータイムまでもつれる熱戦だったようですが、それについてはいずれ書きたいと思います。

今回は、どちらのチームを応援するか困ってます、と言うことを書こうと思います。

1.トム・ブレイディと言うめんどくさい存在

このタイトルで、私がアンチ・ブレイディだと思ったあなた。

まあ最後まで読んで下さい。

昨日もツイートしたと思いますが、私は、ブレイディには今回はスーパーボウル出場を遠慮してもらいたいけど、出るんだったら勝って欲しいと思っています。

トム・ブレイディとニューイングランド・ペイトリオッツがスーパーボウルに出るのは、もう何年も前から飽きました。

これで2001年シーズンからの18シーズンで、今回のも含めて10回目の出場ですよ。

しかもこの8シーズンで5回目の出場になります。

これは、いくら嫌いじゃないチームとは言え飽きますわ。

応援しているグリーンベイ・パッカーズなら話は別で、何十年でも続けて出て欲しいものですが。

まあとにかく飽きたのです。

ペイトリオッツファンの方はこれでいいでしょうし、ツウの方は、HCビル・ベリチックの采配を楽しみにしてるでしょうからいいかもしれませんが。


一方で、トム・ブレイディが敗者となるのを見るのは、好きではないです。

細かいことはよく知りませんが、私はブレイディは歴代最高のNFL選手の1人だと思っています。

しかも、ほとんど期待されずに入団。

本人もドラフト指名されるかどうかわからないので、就活用の履歴書を用意していたそうですから。

入団しても立場は3番手QB。

しかしそこから猛烈な努力をして、2年目にはスーパーボウルチャンピオンになりました。

そしてブレイディには、私にはない強烈なリーダーシップを持っています。

ですから、こんな素晴らしい選手が負けるのを見るのは嫌なのです。


ですから私は、ペイトリオッツがスーパーボウルに出るなら、ペイトリオッツを応援しようと思っていました。


2.ラムズとの対戦で気持ちがゆらぐ

ペイトリオッツを応援するのは、ニューオリンズ・セインツが出場することが前提でした。

ドリュー・ブリーズも嫌いではないですが、一度スーパーボウルに勝っているし。

しかしロサンゼルス・ラムズの進出で気持ちが揺らぎました。

ペイトリオッツ対ラムズは、ブレイディが初めてスーパーボウルに出た時に対戦しています。

その2年前にスーパーボウルに勝ち、当時パスアタックの第一人者の地位を固めていたラムズのQBカート・ワーナーと、無名の2年目のQBでパスもそれほどうまいとは思えなかったブレイディの対決は、前評判ではラムズの圧勝と言う見方が大半でした。

しかし結果は…

ペイトリオッツが3回目の出場で初優勝を決めました。



NFL公式YouTube動画「Super Bowl XXXVI: Rams vs. Patriots highlights」)

ワーナーとラムズのロングパス攻撃はこの時から終焉を迎え、「ペイトリオッツ王朝」の時代が始まりました。

まさかそれが同じHCとQBで18年も続くとは当時は考えられませんでした。

ラムズには今回、その時のリベンジを期待したくなりました。

ブレイディも今シーズンはパフォーマンスにかげりが見られ始めました。

ブレイディとは違い、ドラフトで全体のトップで指名され、期待を背負ってはいますが、まだ3年目のジャレッド・ゴフに、ワーナーの仇を討ってもらいたい。

そしてブレイディ時代の終わりの始まりとして欲しい。

そう考えるようになりました。

View this post on Instagram

February 3, 2019. @patriots vs. @rams in Atlanta! #SBLIII

NFLさん(@nfl)がシェアした投稿 -




3.結局どっちを応援するのか?

今のところ私は、どっちを応援するか決めかねています。

ブレイディが負けるのは見たくないけど、ラムズがリベンジして歴史が変わるのも見たい…

結局のところは、始まってみないと自分でもわからないと思います。

第42回スーパーボウルが始まる前、私は「パーフェクトシーズン」を見たくて、ペイトリオッツを応援しようと思っていました。

しかし始まってみると、圧倒的に不利と言われたニューヨーク・ジャイアンツを応援していました。

ひたむきに「なんとかして勝とう」としている姿が見えたからです。

NFLのチームなのですから「なんとかして勝とう」とするのは当たり前と言えば当たり前です。

ですがその時のジャイアンツには、特別なものを感じました。

1989年に、弱小グリーンベイ・パッカーズが、なんとかして王者サンフランシスコ・49ナーズに勝とうとした試合のように。

悩ましいカードになりましたが、ひとつだけ救いはあります。

それは、ブレイディ時代のペイトリオッツは、スーパーボウルでは必ずと言っていいほど最後までわからない試合を展開してくれる傾向があることです。

きっとおもしろい試合になってくれると信じたいです。


ブレイディほどの選手には、スーパーボウルに勝って引退して欲しいと願っています。

ジョン・エルウェイやペイトン・マニングがやったように。

スーパーボウルに出なくてもいいです。

もう出る力がなくなってしまってからの引退でも。

ジョー・モンタナやブレット・ファーブのように。

ただ、スーパーボウルに負けて引退するのだけは見たくないです。

ブレイディは前回のスーパーボウルで負けています。

ブレイディほどの選手が、このままで引退するのは寂しすぎる…


私には当日まで、自分がどちらを応援するかわからないでしょう。

20190121AFCチャンピオンシップでのトムブレイディの画像


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【グリーンベイ・パッカーズ】2018年シーズンWEEK2観戦会に行ってきました~史上初の結果に

昨日、2018年9月16日に、2018年シーズン最初の、グリーンベイ・パッカーズ観戦会に行ってきました。

ミネソタ・バイキングスをホーム、ランボーフィールドに迎えての試合です。

場所は東京・渋谷で、キックオフは日本時間の午前2時。

ざっと経過を書きますと…

0:30から入店でき、キックオフまでの時間は、先週の、20点差をひっくり返して勝った試合のハイライトを見ながらすごしました。

キックオフの前に、今回初めて参加する人の自己紹介。

今回は3人か4人(覚えてなくてすみません)が初参加でした。

ハーフタイムでは、その人たちに向けて、これまで参加したことがある人の簡単な自己紹介を行いました。

試合がオーバータイムまでもつれ込み、終わったのが午前5時半ごろだったと思います。


簡単に印象に残ったことを書きます。


1.観戦会史上初の…

試合は一時パッカーズが13点差をリードしたものの、終盤に追いつかれてオーバータイムへ。

最後はバイキングスの新人Kが、35ヤードと言う比較的簡単なFGを外して試合時間がなくなり、引き分けに終わりました。

引き分けは観戦会史上初の結末でした。



(NFL公式YouTube動画「Vikings vs. Packers Week 2 Highlights | NFL 2018」)

まさか最後のFGが外れるとは思いませんでしたので、試合終了の瞬間は、全員ホッとしたと言う空気。

しかし13点のリードを守り切れなかったのは、私としては残念。

まあ、今シーズン前評判の高いバイキングスと引き分けたんだから、それで納得しようか…

と言う微妙な空気で終わりました。

関連記事はこちら。

「ヴァイキングス引き分け、延長でFG 2度失敗」へのリンク

試合のことをPacker Zoneさんがまとめたものはこちら。



観戦会の詳細は、下記リンク先の幹事さんのブログに書かれると思いますので、参照ください。

「まったりパッカーズ」へのリンク


2.フィールドにロジャースが2人いた?

先週脚を負傷し、この試合に出るのかどうかわからなかったQBアーロン・ロジャースは、先発してくれました。

しかし負傷の影響からか、いつものロジャースほどのパフォーマンスは出来なかったと感じました。

それでも並みの一流QBよりは格上の活躍だったと思います。



対するバイキングスのQBカーク・カズンズのパフォーマンスは素晴らしいものでした。

鋭いパスをピンポイントで何度も通すさまは、まるで、アーロン・ロジャースでした。



WRやTEなどのターゲット陣もうまくパスを捕っていました。

まるで数年前、3rdダウン、や4thダウンで20ヤードを残してもなんとかしてきた、パッカーズのオフェンスを見ているようでした。


3.なぜそこで投げる

私は素人ですから、あまり采配に異を唱えるのはどうかと思うのですが、あえて書かせてもらいます。

試合時間残り2:04でパッカーズがインターセプトから攻撃権を得たところの話しです。

スコアは26-21でパッカーズがリード。

ボールはバイキングス陣13ヤード。

ここは無理にTDをとりに行かなくても、時間をつぶすことの方が大事、と考えました。

ボールの位置から考えれば、FGで3点は追加できますし、そうなれば8点差になり、追いつくのは困難になります。

ですから、確実にそれをやるなら、外に出ないランプレイを続けるだろう、と思いました。

最初のプレイこそその通りだったのですが、次のプレイ、その次のプレイはパスを投げ、いずれも失敗しました。

どちらのプレイでも時間は止まり、結局FGで得点し、残り時間1:45でバイキングスにボールを渡しました。

そしてバイキングスに8点差を追いつかれました。

なぜあそこでロジャースがパスを投げるプレイをしたのか、不思議に思います。

たしかに時間を潰せても、残り時間1分前後でタイムアウト3つを持っているバイキングスに攻撃権を渡すと危険だから、TDをとりにいったのかもしれません。

まあ、私が言っているのも結果論で、ロジャースの2本目のパスがエンドゾーンでキャッチしていれば、おそらくパッカーズはそのまま逃げ切れており

「やっぱりロジャースは違う。」

と称賛されることになったのでしょう。


4.個人的に嬉しかったこと

ハーフタイム中に、以前から参加している人の自己紹介があったことは前述しましたが、私はハンドルネームと、ブログを書いていることなどを話しました。

それが終わった後、今回初めて参加された方の1人に

「ブログ読んでいます。

オードリーと「シャーロック」が好きなので。」

と言われました。

「ブログを読んでいます」と言われるのは、書いている側には本当にうれしいものです。

そう言われると、これからも書き続けて行こう、とモチベーションが上がります。

ありがたいことです。

それにしても…

私の「シャーロック」について書くことは、と言いますか、私の見方は、ストーリーを追っていくことではなく、オリジナルの「シャーロック・ホームズ」のどこが引用されているか、と言うのをさがすことです。

そのため、終わってみたら、どんな話かわからなかった、と言うことは時々あります。

そんな見方をして書いたものですから、かなり変な仕上がりになっています。

そんな変なものを読んでくれるのは、とてもありがたいです。

20180917パッカーズ2018WEEK2観戦会スケジュールマグネット

観戦会はWEEK3、つまり来週もあります。

場所は東京・池袋です。

9/22(土)まで申込めるみたいです。

関心のある方は、幹事さんのブログのこちらの記事をご参照ください。

まったりパッカーズ「2018年 Week2・Week3観戦会ご案内」へのリンク

Go PACK Go !!

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#21】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:必見のロングパス&フットボールの投げ方のコツ」のこと~ #グリーンベイパッカーズ を応援する楽しみ

チーム紹介が終わって、最近動画が短くなったなぁ、と思っていましたが、今回の動画は約10分と長いものでした。

今回は、プレーだけではない楽しみ方も紹介されました。




1. #ロゴを書いてみたシリーズ

先週もありましたが、本編ではなく、TwitterなどのSNSでは、コージさんがあるチームの動画を書いていました。

今回は私の操作ミスで、最初に答えを見てしまったのですが…

それでもジャクソンビル・ジャガーズには思えないなぁ…

このシリーズ、来週も楽しみです。


2.ブレット・ファーブと言う選手

私が操作ミスをしたのは、コージさんが着ていたジャージに驚いたからです。

7年前に引退した、QBブレット・ファーブのものでした。

私も同じものを持っていて、パッカーズのオフ会に着て行ったりしています。

ファーブは主にグリーンベイ・パッカーズで活躍した選手で、ペイトン・マニングに破られるまでは、QBに関する多くの記録を持っていました。

1992年にアトランタ・ファルコンズからトレードでパッカーズに移籍。

私がパッカーズを応援するキッカケになったQBドン・マカウスキの控えQBとなりました。

その年の9月20日の対シンシナティ・ベンガルズ戦でマカウスキが負傷退場すると、ファーブが登場しました。

この動画の最初のものになります。



(NFL公式YouTube動画「Top 10 Brett Favre Moments as a Packer」)

その試合を逆転勝ちに導くと、それから2007年シーズンが終わるまでの15シーズンあまり、ファーブはずっとパッカーズの先発QBとして出場し続けました。

その後ニューヨーク・ジェッツ、ミネソタ・バイキングスでもプレー。

297試合連続先発出場と言う記録は今でも破られていません。

また338回もインターセプトされたことも歴代最多(マニングは251回で引退)で、この記録はおそらく破られないでしょう。

こんなにインターセプトされるQBは、普通試合にだしてもらえません。

しかし、そのリスクを補って余りあるほどの期待を、ファーブは持たせてくれました。

最初の作戦が崩れても、そこからなんとかパスを通すのです。

史上初の3年連続MVP獲得。

1996年シーズンには、チームを29年ぶりにスーパーボウル制覇に導きました。

日本でも、ファーブのプレイを見て、パッカーズのファンになった人は少なくないと思います。

こちらに、昨年日本からグリーンベイに試合を観戦に行く人たちを特集した記事があります。



この中にも

"After seeing Favre's play of that game, I thought that 'I will support them,' "

(「ファーブのプレーを見た後、パッカーズを応援しようと決めた」)

と言う方の声もあります。

2008年の復帰騒動のゴタゴタガあって、あまりいい印象を持っていない人もいますが、私としては、ブレット・ファーブはグリーンベイ・パッカーズにとって大事な人物だと思います。

こんなTシャツも買いましたしね。

20150714ファーブのTシャツ

なお、グリーンベイ・パッカーズはブレット・ファーブの功績をたたえ、背番号4を永久欠番としています。


2.パスプロテクション

すみません、ファーブのことで熱くなり、長文となってしまいました。

さて、最初にコージさんが紹介してくれたプレイは、カンザスシティ・チーフスのQBパトリック・マホームズからWRタイリーク・ヒルへの69ヤードのTDパスでした。



(動画「Can't-Miss Play: Mahomes, Hill beat triple coverage for 69-yard TD | preseason week 2 2018」)

コージさんの言う通り、このプレイでは最前列のオフェンスラインが、QBマホームズがタックルされないように、かなり長い時間ディフェンスの選手を止めています。

このオフェンスラインの活躍がなければ、このパスは通らなかったでしょう。

パスを投げようとするQBを守ることを

「パスプロテクション」(「パスプロ」と略することもあり)

と呼びます。

ちなみにこの「69ヤード」の測り方ですが…

この長さは、QBがボールを投げた距離ではないのです。

プレイが始まる前にボールがあった位置から、ヒルがボールを捕って5ヤードほど走ってエンドゾーンに入るまでの距離です。

アメフトでは、○○ヤードのパスと言えば、このように、プレイが始まる前にボールがあった位置(「スクリメージライン」と言います)から、パスを投げて、ボールを捕って、そしてその後走った距離もプラスされます。

なお、

「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:パスプロテクション」

でYouTubeを検索すると3本オードリー若林さんがパスプロテクションを解説している動画が見つかります。

うち、一番古いもの(たぶん2015年シーズン)が最もわかりやすいと思いますので、貼っておきます。



(日テレ公式チャンネルYouTube動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:パスプロテクション①」)


3.ランボーリープ(Lambeau Leap)

次はグリーンベイ・パッカーズ対ピッツバーグ・スティーラーズの試合から、こちらの、QBアーロン・ロジャースからTEジミー・グラハムへのTDパス。



コージさんが紹介したのは、TDの後、グラハムが客席に飛び込んだこと。

「ランボーリープ(Lambeau Leap)」

と言われるセレブレーションです。

「ランボー」は、グリーンベイ・パッカーズの本拠地がランボー・フィールドと言う名前だから。

(ランボー・フィールドは8万人を超える収容数を誇りますが、これは人口8万人のグリーンベイ市の市営球場です)

「リープ」は飛び込むこと。

ランボー・フィールドでパッカーズの選手がTDをあげると、客席に飛び込んで、ファンの祝福を受けるセレブレーションがあります。

これが「ランボーリープ」です。

コージさんが語っていた通り、ファンと選手の「パッカーズ愛」が共有されて、これこそあるべきスポーツクラブの姿だと思わされます。

こう言うファンとチームの強いきずながあるので、私はグリーンベイ・パッカーズのファンをやめられないのです。


ちなみに、ウィキペディアで調べたら、一番最初にランボーリープをやったのは、1993年12月26日の対ロサンゼルス・レイダーズ(現オークランド・レイダーズ)で、意外にもディフェンスの選手、リロイ・バトラーでした。

こちらの動画にあります。



(動画「The First Lambeau Leap (Original Broadcast)」)

対戦チームの選手がやるときもありますが、たいていはパッカーズのファンにフィールドに押し返されたりと、手荒いことをされます。

この試合では、スティーラーズのWRジュジュ・スミス‐シュースターもやっていますが、成績とは関係のないプレシーズンゲームなので、ファンから歓迎されていたようです。



こう言うものを楽しみにするのも、NFLを見る楽しみだと思います。


プレーのことを少し書いておきます。

昨シーズンを棒に振る鎖骨骨折から「完全復活」したQBアーロン・ロジャースから、今オフにシアトル・シーホークスから移籍してきたTEジミー・グラハムへのTDパスですが…

ロジャースがいつも通りうまくディフェンスをかわし、長身のグラハムへ、ディフェンスの選手が届かない高さへピンポイントに投げた、見事なものでした。

前も書きましたが、アーロン・ロジャースは、パスのうまさでは歴代最高のQBです。

ディフェンスをよけるのがうまく、また、いいタイミングで走り出したりします。

本当に見ていて楽しい選手です。

カンニング竹山さんも、先週こんなツイートをしています。



そしてジミー・グラハムは、最近は力が落ちてきたと言われていますが、ニューオリンズ・セインツ時代は、この選手は止められない、と感じさせる素晴らしいTEでした。

初めて見たときは、パッカーズにこんな選手がほしい、と思ったものです。

その願いは7年ぐらいたって、とりあえずかないました。

あとは、ロジャースのパスのうまさで、復活してくれるのを願うのみです。

グラハムはランボーリープができたことを喜ぶツイートをしています。



「ウソじゃないよな。

俺はこの時をずっと待っていた。」



4. #コージにオマハな質問

今週の質問はこれでした。



私はアメフトをプレイした経験はなく、ゲームセンターで、アメフトのボールを穴に通すゲームをやったぐらいしかボールを投げたことは無いですが…

とにかくまっすぐに飛んで行ってくれないです。

コージさんの言う通り、ちゃんと縫い目(「レース」と言います)に指をかけて、うまく投げないとスパイラルがかからず、まっすぐに飛んで行ってくれないです。

コージさんはボールを投げるポジションではなかったので…練習をしなかったのでしょう。

それでも55ヤード投げられるのはすごいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#16】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:昨季は3チームがプレーオフに進んだ強豪地区」のこと〜新しいチームたちがひしめく


「好きなチームを見つけてNFLを楽しもう」

と言う企画第7弾、今回はNFC南地区でした。

この地区はこの4年で2チームがスーパーボウルに出場し、昨シーズンは3チームがプレイオフに進出した地区。

4年でしばらず、全期間で言いますと、のべ6チームがスーパーボウルに出場し、2チームが優勝してます。

おもしろいのは、スーパーボウルに出た6チームのうち5チームが21世紀に入ってからの出場で、勝ったのも21世紀に入ってからです。

最も古いチームでも1966年創立と、比較的若いチームばかりで、ほとんどのチームが創立からしばらく苦労しています。

特にタンパベイ・バッカニアーズは、創設年に一勝もできず、翌シーズンの13試合目でようやくチーム市場初勝利、と苦労をしています。


1.各チームについて思うこと

NFC南地区各チームについて、できればコージさんが語ったことも交えて書いておきます。

1)カロライナ·パンサーズ

略称:CAR

別名:特になし

コージさんの注目選手:QB#1キャム・ニュートン

1995年創設で、スーパーボウルには2度出場するも、トム·ブレイディのニューイングランド·ペイトリオッツとペイトン·マニングのデンバー・ブロンコスと言う偉大なQBの前に敗れています。

注目のキャム・ニュートンですが、TDをあげると、スーパーマンのポーズでセレブレーションをします。

運動能力もまさにスーパーマンで、QBでありながら走ることもでき、昨シーズンは700ヤードを走っています。

性格はコージさんの言うとおり、やんちゃです(本当かどうかはわかりませんが、そう見えます)。

「オードリーのNFL倶楽部」でも、人気のある選手です。


2)アトランタ・ファルコンズ

略称:ATL

別名:特になし

コージさんの注目選手:なし

1966年創設で、スーパーボウルには2度出場するも、ジョン·エルウェイのデンバー·ブロンコス、トム·ブレイディのニューイングランド·ペイトリオッツと、このチームも偉大なQBの前に敗れています。

去年のスーパーボウルで、3Q途中で25点リードしていたのですが、そこからニューイングランド·ペイトリオッツに追いつかれ、スーパーポウル史上初のオーバータイムへ持ち込まれ、逆転負けを喫しました

この押し詰まった時間に、この点差をひっくり返されることは、なかなかないです。

個人的なおすすめ選手は、QBマット・ライアンとWRフリオ・ジョーンズです。


3)タンパベイ・バッカニアーズ

略称:TB

別名:特になし

コージさんの注目選手: DT#50ビータ・ベア(Vita vea)

1976年創設で、2002年シーズンには「タンバ2」と呼ばれる強力なディフェンスで、スーバーボウルを制覇しています。

ビータ・ベアはトンガからの移民の両親を持ち、今年のドラフト1巡、全体で12番目の指名と、かなり期待されている選手です。

昨シーズン、プレイオフに出れなかったのはこの地区でバッカニアーズだけ。

QB#3ジャーミス·ウィンストンがもう一皮むけてくれたら強くなれると思うのですが、今シーズンはリーグから制裁を受けていて、開幕からたしか3試合出場停止となっています。

書籍「オードリーのNFL倶楽部」の表紙で春日さんが着ているのは、ウィンストンのものです。


4)ニューオリンズ・セインツ

略称:NO

別名:特になし

コージさんの注目選手:RB#41アルビン·カマラ(Alvin Kamara )

1967年創設で、スーパーボウルにはペイトン・マニングのインディアナポリス・コルツに勝っています。

アルビン・カマラはルーキーだった昨シーズンは、RBでありながら、ランは728ヤードと、それほどではないものの、パスキャッチ81回で826ヤードはWRなみの素晴らしい数字です。

この成績でカマラは、オフェンスの新人王に選ばれています。

「ランはそれほどでもない」と書きましたが、走った回数で割って平均を求めると、1回あたり6.1ヤードとなります。

これは驚異的な数字です。

一流RBでも、平均4ヤード台後半から5ヤードぐらいが普通ですので。

来週はチーム紹介の最後の回で、NFC北地区の出番。

やっと私が応援しているグリーンベイ·パッカーズのことが書けます。


2.「 #コージにオマハな質問 」

今回の質問は、 と言うもので、NFLと言うよりは、アメリカンフットボールに関するものでした。

前者はOL(オフェンスライン)で説明にあった通り、ボールを落とした時に拾い上げる時ぐらいしかボールにさわることはないです。

これはルールでそう決められているからです。、

下のツイートにある言葉は

「Offensive line is the only position in all of sports where the sole purpose is to protect another player」

(オフェンスラインは、すべてのスポーツの中で唯一、そのたったひとつの目的が、「他の選手を守る」と言うポジションである)

と言う意味の言葉で、カレッジフットボールで監督を務めたジョン・ストロロの言葉です。

中央でボールを握っているのはロサンゼルス・ウォリアーズの鈴木弘子選手。

鈴木選手は7月28日(米時間)に、4年ぶりに女子リーグの決勝戦に出場します。



ポジションがどうやって決められるかは…すみません、よく知りません。

その選手が持っている体格や運動能力の他、性格によっても決められたりすると思います。

いくらパスがうまくても、リーダーシップがまるでない選手は、QBには向かないと思います。


3.ルール知らなくても大丈夫、で楽しめる動画

昨日は、バリー·サンダースと言う元RBの50歳の誕生日だったようで、NFL関連のSNSアカウントが、彼の現役時代の動画を添付して、祝っている投稿が目立ちました。

サンダースは1989年から1998年までデトロイト·ライオンズで、毎シーズン1,000ヤードを超える活躍、1997年には2,053ヤードを走りました。

RBが1,000ヤードを走るのは、野球で野手が3割を打つぐらいのものだと思います。

スピードはもちろんですが、タックルをよける技術、タックルされても倒れない技術がすばらしく、私が、現役時代を知っている選手としては、見ていてもっとも楽しい選手だと思います。

まあとにかく、動画を含むツイートを貼っておきますので、見てみてください。

ルールなんて知らなくても、十分に楽しめると思います。


こちらは短めのもの



こちらは少々長いので、上の動画が気に入ったら、途中まで見てみるのもいいと思います。



なお、走り方は派手に見えますが、TDを決めた後にも地面にボールをたたきつけることもなく、必ず審判にボールをおとなしく返していました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#14】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:火花散るライバル関係」のこと〜 コージさんをスーパーボウルに連れて行こう




「好きなチームを見つけて,NFLを楽しもう」

と言う企画第5弾、今回はNFC東地区でした。

先週まではAFCのチームの紹介でした.。

「NFC」はナショナル·フットボール·カンファレンス(National Football Conference)の略で、AFCとNFCでNFLは構成されています。

そしてこの2つのカンファレンスの優勝チームが対戦するのが、スーパーボウルです。

現在のNFLは、旧AFLと旧NFLが1970年に合併して誕生。

NFCは旧NFLのチームで構成されていると言っていいでしょう。

「ライバル心剥き出しで、毎年優勝チームが変わる地区」(コージさん)

とのことでしたが、私もそう感じます。

とにかくライバル心が強いチームで構成されていて、地区内対戦では、お互いのチームのその時のチーム状態では勝敗を予想することができない地区です。

毎年地区優勝するチームが変わると言うのも事実で、2001年から2004年のフィラデルフィア・イーグルスの4連覇後は、連覇したチームがありません。

その他、この地区の特徴を挙げておきます。

・古くからのチームが多い

一番新しくても1960年創設で、その他は戦前からあるチームばかりです。

これはNFC北地区も同じです。

・NFL全8地区のうち、全チームがスーパーボウルに勝ったことがあるのはこの地区だけ

これは私の怪しげな記憶によるもので、他にはこう言う地区はないと思います。

昨シーズン、ようやくフィラデルフィア・イーグルスが優勝したので、全チームが制覇、となりました。


1.各チームについて思うこと

NFC東地区各チームについて、なるべくコージさんが語ったことも交えて書いておきます。

1)ダラス·カウボーイズ

略称:DAL

別名:アメリカズ·チーム

コージさんの注目選手:特になし

ヘルメットにあるマーク(「デカール」と言います)の星が印象的なチームです。

この星は、テキサス州の象徴で「ローンスター」と言います。

「なぜだかわからないけど、伝統的にオフェンスライン(OL)が強いチーム」(コージさん)とのことですが、私も同じ印象を持っています。

OLが強いと言うことは、QBにとってはパスを投げる時のプレッシャーが少なくなり、RBにとっては自分の走路をより広くあけてくれる、非常にありがたいことです。

「アメリカズ:チーム」

と呼ばれるくらいの人気球団で、2015年にハリス·インタラクティブ社が公表した世論調査によると、NFLで最も人気の高いチームだそうです。

日本でもファンが多いチームだと思います。

また、チームの市場価値も高いチームで、フォーブス社の発表では、一昨年からサッカーのレアル·マドリードを抜いて、2年連続で世界一だと評価されています。

1960年に創設された、この地区で最も新しいチームですが、過去5回のスーパーボウル制覇はこの地区ではトップで、全32チームの中でも2位タイです。

今年3年目を迎えるQBダック・プレスコットとRBエゼキエル・エリオットがオフェンスの主役となるでしょう。

変わったところでは、NFLの試合では、ホームチームがカラージャージ(色つきのユニフォーム)を着用するか、ホワイトジャージを着用するかを決めます。

一般的にはカラージャージが選ばれるのですが、このチームはホワイトジャージの方が勝率がいい、と言う理由で、ホームゲームでもホワイトジャージを着用します。

2)ニューヨーク・ジャイアンツ

略称:NYG

別名:特になし

コージさんの注目選手:オデル·ベッカム·ジュニア(Odell Beckham Jr:略称OBJ)

1925年創設のチーム。

古豪であり、スーパーボウルには1980年代1990年代, 2000年代、2010年代に一回ずつと、ここ40年はまんぺんなく優勝しています。

かと言って常勝球団かと言うと、近年はそんな感じもないと思います。

「オードリーのNFL倶楽部」の在米ディレクターの小坂紘平さんが応援しているチームです。

こちらは今オフに、カンザスシティに大谷翔平選手を取材に行った時のもの。



コージさんのおすすめ選手、WR#13オデル·ベッカム·ジュニアは2014年のドラフト全体12番目で指名された選手。

この年の11月23日の対カウボーイズ戦で見せた、見たこともない素晴らしいワンハンドキャッチにより、一気にその名を知られることになりました。

これがその時の動画で、何度もリプレイされますので、そちらを見たほうが、すごさがわかりやすいと思います。



(NFL公式YouTube動画「Odell Beckham Jr. Makes Catch of the Year! | NFL」)

ベッカムは少年時代はサッカーもやっていて、あこがれの選手は同姓のデビッド·ベ·カム。

また、最近ではニューヨーク·ヤンキースの打撃練習に参加し、ホームランを連発して周囲を驚かせたそうです。

ベッカムの他には、今年のドラフト全体2位で指名されたRBセイクアン·バークリーも、期待できる選手だそうです。


3)フィラデルフィァ・イーグルス

略称:PHI

別名:特になし

コージさんの注目選手:特になし

1938年創設のチーム。

守備力が強化されたのと、2年目(当時)のQBカーソン・ウェンツの成長のおかげで、昨第52回スーパーボウルで、チーム史上初の勝利を挙げました



(NFL公式YouTube動画「Eagles vs. Patriots | Super Bowl LII Game Highlights」)

ただし、ウエンツはレギュラーシーズン終盤で、シーズン中の復帰ができないほどのケガを負いました

ウエンツの後をついだのは、ニック·フォールズでプレイオフそしてスーパーボウルもフォールズが出場して勝ちました。

今のところウェンツが復帰すれば、フォールズは控えに戻るようです

私の怪しい記憶だけが根拠ですがスーパーボウルの歴史をたどると、過去、先発QBが負傷に倒れ 控えQBでスーパーボウルに勝つと、だいたい翌シーズンは、控えだったQBが先発に昇格することが多いようです。

ダグ・ウィリアムス、ジェフ・ホステトラー、カート・ワーナー、トム・ブレイディなどなど

この選手たちは控えだったのですが、シーズン途中で先発QBがケガに倒れ、先発となりました。

ジェフ・ホステトラーは数年後にFAでチームを去りましたが、他の選手は先発だったQBジェイ・シュレイダー、トレント・グリーン、ドリュー・ブレッドソーはチームを去りました。

フォールズのように、また控えに戻るのは珍しいケースだと思いますが、首脳陣はそれだけウェンツを買っていると言うことでしょう。

ウエンツが順調に復帰できれば、 ひょっとしたらイーグルスはこの地区で数年間、飛びぬけたチームになるかもしれません。

でも、あの守備力ならフォールズでもそうなるかもしれません。


4)ワシントン·レッドスキンズ

略称:WAS

別名::特になし

コージさんの注目選手:特になし

ワシントン州ではなく、首都のワシントンD.C.にあるチーム、と言うことを強調されていました。

ワシントン州は西海岸にある州で、シアトルがあります。

1932年に創設されたチームで、1980年代から1990年代にかけ3度スーパーボウル制覇しました

特に最後の1931年シーズンの時は、圧倒的な強さで、今でもその姿は強烈に私の脳裏に焼き付いています。

今シーズンからはカンザスシティ·チーフスの先発QBだったアレックス·スミスがプレイします。


2.質問

今週の「コージにオマハな質問」は「行ってみたいスタジアムがあれば教えてください」と言うものでした。

2つ回答がありました。

まず、マイアミ・ドルフィンズの本拠。ハードロックスタジアム

「ハードロックカフェ」を展開するハードロック·インターナショナル社が、スタジアムのネーミングライツ(命名権)を、18年契約で総額2億5,000万ドル(約249億9,000万円)で買い、名前をつけました。

日本でもこう言う契約はよくあります。

たとえば、埼玉西武ライオンズは、ネーミングライツをメットライフ生命に売り、メットライフドームと言う名前にしています。

また横浜には日産自動車が買った日産スタジアムがありますが、米テネシーのテネシー·タイタンズの本拠地も同社系列会社が買い、ニッサンスタジアムと言う名前にしています。

話はそれましたが、コージさんがここに行きたいのは、客席にプールがあり、そこから観戦できるからだとか。


そしてもう一つ

アトランタのメルセデスベンツスタジアム。

ここは開閉式のドームで、完全に閉まった姿を上から見ると、ベンツのマークに見えるようになっています。

こんな感じです。



(Mercedes-Benz Stadium公式YouTube動画「Mercedes-Benz Stadium Roof Close Timelapse」)

(メルセデスベンツが命名権をキャンセルしたら、この構造はどうなるんだろうか?とか考えてしまいますが )

ここに行きたいのは、今度のスーパーボウルがここであるから。

つまり、このスタジアムそのものより、スーパーボウルに行きたい、と言うことだそうです。

そのことをNFL JAPANにお願いしていました。

私としても、コージさんから見たスーパーボウルの感想をを聞いてみたいので、ぜひお願いしたいのですが…

そのためには、このコージさんの動画シリーズの評判が良いことが必要だと思います。

評判を上げる方法はいくつかあると思います。

SNSにこの番組の感想を投稿するとか…

みなさん、コージさんをスーパーボウルに連れて行くお手伝いをしてみませんか




3.先々週の放送の後に

先々週の放送は、コージさんがOLとDLについて熱く語り続ける姿から、フェイドアウト、という感じで終わりました。

コージさんはそのことを知らなかったので、こうツイートしていました。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#13】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:“ドーグポンド”に待望の勝ち星を・・・!」のこと~ベンガルズのネーミングとチームカラーのギャップを教えてもらった



「好きなチームを見つけて.NFLを楽しもう」

と言う企画第4弾、今回はAFC北地区でした。

「この地区は強弱のギャップが激しい」とコージさん。

その他、私が思うこの地区の特徴を挙げておきます。

・新しいチームが多い

・AFCなのに、旧AFLオリジナルメンバーがおらず、旧NFLチームが2つある


1.各チームについて思うこと

AFC北地区各チームについて、できればコージさんが語ったことも交えて書いておきます。


1)ボルチモア・レイブンズ

略称:BAL

別名:カラス(「レイブン」は大きなカラスのことです)

コージさんの注目選手:エリック·ウェドル(Eric Weddle)

1996年創設のチームで、強力な守備によりこれまでに2度スーパーボウルに出場して、いずれも勝っています。

コージさん注目のFS#32エリック・ウェドルは12年目のベテランですが、昨シーズンもプロボウル(オールスター戦)に選出されるように、まだまだイケる選手。

FSはDBでパス守備がメインとなりますが、DLやLBがRBをタックルできないと、ランストップの役割も負います。

プロボウルにはこれまでに5回選出されています。



(動画「Eric Weddle || California Kid || 2017 Baltimore Ravens Highlights」)

コージさんは、このチームを支えてきた往年の大選手LBレイ·ルイスのフィギュアを最後に出してました。

2013年ごろ、レイブンズがスーパーボウルに出た時、現地中継から帰ってきたオードリー若林さんが、春日さんに、「オードリーのオールナイトニッポン」の中で、さらっとルイスのフィギュアをプレゼントし、春日さんをあわてさせると言う一幕がありました。

こんな感じでした。


レイ・ルイスは、熱くて、激しくて、すごい選手でした。



(NFL公式動画「Ray Lewis Career Highlight Mashup | NFL Legends」)


2)ピッツバーグ・スティーラーズ


略称:PIT

別名:ピッツ

コージさんの注目選手:QB#7ベン·ロスリスバーガー(Ben Roethlisberger)

コージさんが、この地区で頭一つ抜けていて、AFCの中でもニューイングランド・ペイトリオッツと双璧をなすチームとの説明がありました。

1933年、当時鉄鋼の町として知られていたピッツバーグで創設。

1970年にNFLと旧AFLが合併した時に、AFCに移りました。

創設から40年近く陽の目を見ないチームでしたが、1970年代にHCチャック・ノールの下で常勝チームとなりました。

この頃日本では第一次アメフトブームが起き、テレビでよくスティーラーズのことをやっていたおかげで、日本では最もファンが多いチームのひとつです。

スーパーボウルには8回出て6回制覇。

制覇6回は、全NFLチーム中最多で、2度の連覇を達成した唯一のチームでもあります。

QBベン・ロスリスバーガーは、QBにしては体格がいいです。

「ビッグ・ベン」はロンドンの時計台に引っ掛けたニックネームですが、体格も表しています。

ただし、下手に体格が良いので、それに頼ったプレイで痛い目にあうことがあります。



(ピッツバーグ・スティーラーズ公式動画「Ben Roethlisberger is one of the best to wear Black & Gold | Career Highlights」)

NFL JAPANのツイートにある「鉄のカーテン」とは、70年代に猛威をふるったスティーラーズのディフェンスのニックネーム。

ウィンストン・チャーチルの「フルトンの演説」で使われた

「鉄のカーテン」(Iron Curtain)

に由来しています。

ただしスティーラーズの場合は「Steel Curtain」で、ファンの間では「鉄のカーテン」と言うよりは、「スティール・カーテン」と呼ばれることが多いと感じます。

NFLにはいくつかチアリーダーがいないチームがありますが、スティーラーズもその一つです。

ヘルメットの片方にしか絵柄(「デカール」と言います)がないのが特徴です。


3.シンシナティ・ベンガルズ

略称: CIN

別名:なし

コージさんの注目選手:なし

1968年創設のチームです。

ベンガルズとは、ベンガルタイガーと言う虎から名前を取ったようです。

「虎柄のチームですが、チームカラーはオレンジに黒で巨人です」

とコージさんが語るのを聞いて、そう言えばそうだ、今まで気がつかなかった、おもしろい、と思いました。

スーパーボウルには2回出ていずれもジョー・モンタナ率いるサンフランシスコ・49ナーズに敗れました。

1990年代に急速に弱くなり、ずっと低迷していて、誰が指揮をとっても勝てないシーズンが続いたのですが、2003年に名守備コーチのマービン・ルイスがHCになって、よくプレイオフに出てくるようになりました。


4)クリーブランド・ブラウンズ

略称::CLE

別名:なし

コージさんの注目選手:QB#6ベイカー·メイフィールド

1946年にAAFCと言うリーグのチームとして誕生。

AAFCがNFLに吸収されるまで、すべてのシーズンに優勝。

NFLに加盟当初からチャンピオンシップの常連になり、NFLチャンピオンに4度輝きました。

ただ、スーパーボウルが始まってからは、それに出たことはないです。

ベイカー·メイフィールドは今年のドラフトで最初に指名された選手。

昨シーズンは大学フットボールのMVPにあたるハイズマントロフィーを獲得。

大学での実績は十分ですが、それが素直に通じないことが多いのがNFLの世界。

活躍できるかどうか気になります。



(動画「Baker Mayfield || 2017-2018 Oklahoma Highlights 」)

1995年にいったんチームは消滅したものの、1999年に復活しました。

(この辺の出来事を書くと長くなりますので、公式の歴史通りに書きました)

復活したもののチームはずっと低迷。

1999年からの20年近くで、勝ち越し2回、2ケタ勝利1回、プレイオフ出場1回と言う成績で、コージさんが言った通り、

「この2シーズンで1勝(31敗)しかできない、とにかくなかなか勝てないチーム」

です。

また、これと言ったQBが定着していません。

メイフィールドがそうなれるかが期待されます。

ブラウンズが2003年からプレイオフに出ていないことを嘆く、「ハートにファイア」(ビリー・ジョエル)のパロディ動画が、2年ほど前私の属するSNSのグループで盛り上がりました。



(動画「The Browns Haven't Made the Playoffs "We Didn't Start the Fire" Parody」)

トップに置いたツイートにある「ドークポンド(Dawg Pound)」とは、ゴールの後ろにある熱狂的ファンのエリアで、犬の被り物をしたファンがいます。

ヘルメットにデカールがない、唯一のチームです。

「ベンガルズは虎、ジャガーズはヒョウ・・・これはそうジャガ・・・(!!🤭😨😂)ベンガルズ!」 @kooji_brillian . . 今週は #AFC北地区 に #オマハ 👐 コージさんの推しチーム探しはまだまだ続く・・・🧐 . . 強豪“鉄のカーテン”は「とにかく強い」😤 . ジャイアンツカラーの虎党?🤨🐯 . 黒と紫のサンタクロース🎅 . 過去2年で1つの勝ち星にとどまっているブラウンズははたして今季、“ドーグポンド”に待望の勝利をプレゼントできるのか・・・🤔😎 . . #動画📺 へのリンクはプロフィール欄に設置しています▶️👉 @nfljapan_com #BIOをご覧ください😋 . . 質問大募集😀 #コージにオマハな質問 もよろしくお願いします👍 #NFLJapan #コージと楽しむNFLライフ . . . #高いところは苦手です #勇気を出して #夜空を楽しむ #がんばれブラウンズ

NFLJapan.comさん(@nfljapan_com)がシェアした投稿 -




2.「 #コージにオマハな質問」

今回の質問は、HCがつけているインカムは、誰と話しているのですか、と言うものでした。

コージさんの説明通り、スタジアムの高いところにいて、両チームの選手の動きを見ているコーチ(「スポッター」と言います)と話しています。

これは日本でも行われていることです。

QBのヘルメットの中にはスピーカーがあって、これは次の攻撃をベンチから受けるためのものです。

ベンチからは、たしかトランシーバーのようなもので指示を出します。

これは日本では行われていません。




3.大学世界選手権の結果

中国黒竜江省ハルビン市で開催されていたFISU第3回大学世界選手権(WUC)は、6月24日に終わりました。

最終順位は以下の通り。

1位:メキシコ代表(4勝)

2位:米国代表(3勝1敗)

3位:日本代表(2勝2敗)

4位:韓国代表(1勝3敗)

5位:中国代表(4敗)

7月中旬からはU19の世界選手権が行われます。

・大会名称:第5回U19世界アメリカンフットボール選手権大会

・大会日程::2018年7月14日仕)~7月22日(日)

・ 開催場所:メキシコ合衆国メキシコシティー

・,参加国 カナダ、ア刈カ、メキシコ、日本、オーストラリア、スウェーデン

優勝はアメリカ2回、カナダ2回で交互に入れ替わっていて、連覇したチームはありません。

日本はこれまで3位2回が最高。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#12】ブリリアンコージと楽しむNFLライフ読めないパワーバランス…今年はどうなる?」のこと〜AFC南地区紹介も、質問の答えがアメフトファンあるあるだった回


「好きなチームを見つけて,NFLを楽しもう」

と言う企画第2弾、今回はAFC南地区でした。

コージさんは「パワーバランスの変化が激しい」と言っていました。

つまり、AFC東地区のニューイングランド·ペイトリオッツのように「王朝」を築いているチームがないと言うことです。

たしかにそんな感じがします。

その他、この地区の特徴を挙げておきます。

・新しいチームが多い

・全チームに日本から来たチアリーダーがいたことがある


1.各チームについて思うこと

AFC南地区各チームについて、できればコージさんが語ったことも交えて書いておきます。

1)ジャクソンビル·ジャガーズ

略称:JACまたはJAX

別名:特になし

コージさんの注目選手:なし

1995年創設で、NFLで3番目か4番目に新しいチーム。

昨シーズン含め、何度か一歩手前まで行ったんですが、いまだスーパーボウル出場がないありません。

「今シーズン、ジャージを新調しかっこよくなった」(コージさん)とのこと。

ここ最近は最下位近辺をうろついてましたが、昨シーズンは地区優勝し、カンファレンスチャンピオンシップまで行った、上り調子のチームです。

今シーズンより本田景子さんがチアリーダーとして加入しました。


2)テネシー・タイタンズ

略称:TEN

別名:特になし

コージさんの注目選手:QB#8マーカス·マリオタ(Marcus Marita)

こちらも今シーズンからジャージとヘルメットを新調したチーム。

1960年に旧AFLができたときのオリジナルメンバーで、当初はテキサス州ヒューストンに本拠を置き、ヒューストン・オイラーズと言うチーム名でした。

1997年にテネシー州ナッシュビルにに移転し、現在に至ります。

スーパーボウルには1999年シーズンに一度出場しましたが、セントルイス・ラムズ(現ロサンゼルス·ラムズ)と歴史に残る死闘を繰り広げたものの、敗退しました。

マリオタは大学時代に、全米最優秀選手賞にあたるハイズマントロフィーを獲得した選手。

ただ、その賞を受賞して選手でも、活躍できた選手は、特にQBには少ないのですが、昨シーズンはプレイオフにも出ましたし、今のところ順調に育っていると思います。



(NFL公式動画「‪Marcus Mariota Leads 18-Point Comeback vs. KC! | Titans vs. Chiefs | Wild Card Player HLs‬)

昨年より曽我小百合さんがチアリーダーに加入。

こちらは昨シーズン前に合格した時のニュースです。



プレシーズン中に帰国(タイタンズがスーパーボウルに出ない限り、タイタンズチア登場しません)して、東京渋谷で「プロボウル観戦会」と言うパブリックビューイングイベントを開催した、熱い方です。

また、今年1月に川崎で行われたイベント「The Huddle Bowl 2018」の2日目に、試合前の準備体操で、本多景子さんらとともに指揮をとってくれました。

これは、その時の写真です。

20180128曽我小百合さん_現役NFLテネシータイタンズチアリーダーの画像

(中央が曽我さん、右側が本田さん)


3)ヒューストン・テキサンズ


略称:HOU

別名:特になし

コージさんの注目選手:なし

「テキサン」とは「テキサス人」の意味です。

創設が2002年と、NFLで一番新しいチームの割には日本でも知名度が低いと感じられないのは、「オードリーのNFL倶楽部」で、若林さんが何年も応援してきたからだと思われます。

最低6年は応援していると思います。

「けが人が多いチームで、それさえなければ強いチーム」(コージさん)とのことでしたが、まったくその通りだと思います。

また、長い間、これ、と言うQBがいないかったのも、プレイオフを勝ち進めなかった理由だと思います。

しかし昨シーズン入団したルーキーQBデショーン・ワトソンによって、この問題も解決されると思います。


ただし、ワトソンはプレイは優秀ですが、その割には勝ち星がつかなかったのが気になります。

そして、シーズン途中でケガで離脱となりました。

今シーズン、ワトソンと ここ2年間ケガで試合にほとんど出られなかったDEのJ.J.ワットが復帰して活躍すれば、かなりいいところまで行けると思います。

スーパーボウルに出たことはまだありません。

たしか今シーズンは日本から来たチアリーダーは不在ですが、かつては海東奈月さんと言う方がいて、数年前に日本のテレビで紹介されていました。


4)インディアナポリス・コルツ

略称:IND

別名:特になし

コージさんの注目選手:なし

この地区で最も古いチームで、唯一スーパーボウル優勝経験があるチームです。

複雑な歴史があるのですが、簡単に書きます。

1953年に発足し、5年でNFLチャンピオンとなる計画をたて、その通りに1958年にNFL初優勝。

優勝を決めたNFLチャンピオンシップゲーム(この頃はまだスーパーボウルはありませんでした)は「The Best game ever」(史上最高の試合)と言われ、オーバータイムの末、ニューヨーク・ジャイアンツをやぶったものでした。

1984年にインディアナポリスに移転を強行し、今に至ります。

これまでにスーパーボウル出場は4回でうち2回優勝。

現役の注目選手は語られませんでしたが、代表的なOBとして、1998年から2011年に在籍したQBペイトン・マニングの名前を挙げられてました。

モータースポーツのインディとバスケットボールに押されて、インディアナポリスでのコルツの人気はイマイチでしたが、マニングがコルツを常勝チームに変えたので、コルツの人気は上がりました。

このチームには、昨シーズンまで柴野由佳さんと言う熱いチアリーダーがいたのですが、昨シーズン限りでNFLチアから引退。



今シーズンからは柘植夏希さんと言う方が加入しました。



余談ですが…

私は10年ぐらい前まで、アメフトにチアリーダーはいらない、と言っていました。

それがSNSの普及でいろんなことを知り、今では180度思いが変わり、チアリーダーの方々に敬意を持つようになりました。

チアリーダーのみなさんの情熱は素晴らしいです。

私が女性で、身体的なスキルがあったとしても、メンタルではとてもここで紹介させてもらった方々には及びません。

元ニューヨーク・ジェッツなどのチアを務めた小池絵未さんが、3年ぐらい前に「オードリーのNFL俱楽部」に東京のスタジオから出演した時に、チアリーダーになるには何が必要ですか、と尋ねられ

「笑顔と根性ですね」

と答えられていました。

これを書きながら、そんなことを思い出しました。


2.AFC東地区の略称と別名について

先々週AFC東地区が紹介された時には、略称と別名を書いていませんでしたので、ここに追記します

1)バッファロー・ビルズ

略称:BUF

別名:特になし

2)マイアミ·ドルフィンズ

略称:MIA

別名:フィンズ、いるか

3)ニューイングランド·ペイトリオッツ

ベイトリオッツのことを、フルネームで「パトリオッツ」と言う人もいます。

昔一緒に仕事をしたアメリカ人の方は、そう言っていました。

略称:NE

別名:パッツ、ペッツ

4)ニューヨーク·ジェッツ

略称:NYJ

別名特:になし




3. #コージにオマハな質問

今週の質問は、OLとDLの違いと、それに必要なスキルについて。

元DLのコージさんが熱く語ってくれました.

「今まで話してきたことはごく一部のことで話しはじめると止まらなくなります」(コージさん)

と言った後もずっと話し続けたようで、最後は

「徐々に熱くなるコージ…熱弁は止まらずしばらく語り続けました」

と言うテロップが出て、動画は終了しました.

アメフトの話って、話し相手がなかなかいないので、コージさんの気持ちはよくわかりますが…私はプレイ経験がないので、そこまで熱く長くは語れないと思います

特に、OLと言う比較的日の目を見ないポジションについては。

まあ、普段は空気を読んであまり語らないアメフト好きが、いったんアメフトのことを語り始めると止まらない、と言うのは、アメフトあるあるです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#10】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:“愛国者”の高き壁を乗り越えろ!?」のこと~AFC北地区特集



今週はNFL全32チームの中から、AFC北地区(実況では「AFCノース」と言われることもあります)の紹介と、「コージにオマハな質問」の2回目でした。

その趣旨はツイートにあるように

「好きなチームを見つければNFLがもっと楽しくなる」

から、これから何回かにわけて紹介する32チームの中から見つけてください、と言うものでしょう。

なお、来週はAFC西地区(「AFCウエスト」)の紹介。

コージさんが好きな、オークランド・レイダースがいる地区なので、その説明の熱を感じたいです。


1.NFLとMLBの違いについて

これはわからなければわからないでいいです。

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ:National Football League)はひとつのリーグから成り立っています。

これは北米4大スポーツの他のスポーツも同じです。

NBA(バスケットボール)とかNHL(アイスホッケー)とかです。

ただし、MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)は例外で、これはNL(ナショナル・リーグ)とAL(アメリカンリーグ)の2つのリーグで成り立っています。

ですので、スーパーボウルはNFL内のチャンピオンを決める試合ですが、ワールドシリーズは、両リーグを合わせたMLB全体のチャンピオンを決める試合となります。


NFLはAFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)とNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の2つのカンファレンスから成り立っています。

「(AFCとNFCの間に)ルールに違いはありません」(コージさん)

と語られてました。

そう言われてみると、MLBの場合、2つのリーグの間でルールの違いがあります。

日本のプロ野球もパ・リーグとセ・リーグでルールが違います。

代表的なものは、指名打者(DH)制度があるかないかです。

「ルールに違いはない…」

確かにそうなんですが…そう言えばそう言う説明をしたことはなかったなぁ…と思いました。



2.AFCとNFCにつて

「だいたい」の感じで書きます。

NFLは1920年に発足しました。

その後1960年に対抗リーグとしてAFL(アメリカン・フットボール・リーグ)が出来ました。

両リーグは選手の引き抜きとかで壮絶な闘いを繰り広げました。

そして、このままでは共倒れしてしまうとお互いに認識し、1970年に合併しました。

この時、旧NFLのチームがNFCに、旧AFLのチームがAFCに割り当てられました。

ただし、ピッツバーグ・スティーラーズ、現インディアナポリス・コルツ、クリーブランド・ブラウンズの3チームは、旧NFLからAFCに割り振られました。


3.「愛国者」と「ペイトリオッツ」について

こんなことを言っているのは、メディアも含めて日本では私ぐらいなので、私が間違っている可能性もありますが…

私はニューイングランド・ペイトリオッツの「ペイトリオッツ」の由来は「愛国者」ではないと考えています。

「ペイトリオッツ」は「ペイトリオット(patriot)」の複数形ですが「ペイトリオット」は、一般名詞で言えば、たしかに「愛国者」です。

しかし歴史用語では「アメリカ独立革命の独立派」、または「独立軍」を指します

コージさんが指さしていたヘル目っとに描かれた絵(「デカール」と言います)ですが、まさにアメリカ独立革命の時の独立軍の兵士の横顔です。

また、このデカールが採用される前は、独立軍の兵士がボールをスナップしようとする姿のものでした。

本拠地のボストンでは、アメリカ独立革命につながるボストン茶会事件(または「ボストン・ティー・パーティー」)が起きたところ。

ペイトリオッツに関連する団体として「End zone militia(エンドゾーン・ミリッシャ)」(ミリッシャは、アメリカ独立革命時の民兵のこと)と言うのがありますし、マスコットも独立軍の姿をしているので、私はニューイングランド・ペイトリオッツの「ペイトリオッツ」の由来は「アメリカ独立軍」だと考えています。

ただし私の見解であって、他のファンや日本のメディアは「愛国者」だとの解釈のようです。




4.「“愛国者”の高き壁」とは

タイトルの「“愛国者”の高き壁」については、この地区でのペイトリオッツの頭一つ抜けた力を指すものと思われます。

とにかく強いです。

2000年にビル・ベリチックがHCにつき、翌シーズンから2年目のQBトム・ブレイディが先発するようになってからの17シーズン、ペイトリオッツは15回の地区優勝を達成しています。

そしてすべてのシーズンで勝ち越しており、1シーズンを除いてすべて2ケタ勝利(NFLは1シーズン16試合ですから、2ケタ勝利をあげるのは簡単ではないのです)をあげています。

こんな偉業は、NFLのどの時代のどのチームでも成し遂げていないでしょう。

このペイトリオッツ王朝は前述の2人、ベリチックHCとQBブレイディによってなされていると考えられます。

コージさんは「注目はトム・ブレイディ」と言っていました。

ベタだな、と思われる向きもあるでしょうが、ベリチックの作戦を忠実に実行できるのはブレイディが最も適役だと思われますので、私も同意です。

今、「NFLの選手に会えるとしたら誰に会いたいか?」と尋ねられたら、私は応援しているグリーンベイ・パッカーズの選手ではなく、ブレイディだと答えます。

注目されていない存在から、どうやって今の地位を築いたのか…

その強烈なリーダーシップはどこから来るのか…

などなどを質問してみたいからです。

トム・ブレイディは、好き嫌いではなく、好かれ嫌われが激しい選手ではありますが、必ず歴史に残る選手であり、その現役時代のプレイを見られることは、後からNFLのファンになった人たちにとってはうらやましがられるでしょう。

下の動画は、昨2017年シーズンの対タンパベイ・バッカニアーズでのブレイディのハイライト。



5.他チームのニックネームについて

コージさんはペイトリオッツ以外のチームのニックネームを説明しなかったように思いますので、私の怪しげな記憶も含めて書いておきます。

1)バッファロー・ビルズ

このチーム名は特殊で、「バッファロー・ビルズ」全体で、アメリカ西部開拓時代のガンマンであり興行主のバッファロー・ビル・コーディーにあやかっています。

ニックネーム自体には意味はないと言えるでしょう。

下の動画は、コージさんおすすめの「ベビーフェイス」ルーキーQBジョシュ・アレンのカレッジでのハイライト。



2)マイアミ・ドルフィンズ

ニックネームは公募で決まったそうです。

ウィキペディア「マイアミ・ドルフィンズ」によると

「Dolphin(イルカ)にはスピード感、知性という意味を持たせている。」

そうです。

下の動画は、コージさんおすすめのWRダニー・アメンドーラの2017AFCチャンピオンシップでのハイライト。



3)ニューヨーク・ジェッツ

「JET」とは飛行機のことで、ウィキペディア「ニューヨーク・ジェッツ」には

「愛称はかつての本拠地だったシェイ・スタジアムがラガーディア空港に近かったことに由来する」

とあります。

このチームは最初は「ニューヨーク・タイタンズ(TITANS」(現テネシー・タイタンズとは無関係)として発足しましたが資金不足で身売り。

私の怪しい記憶では、買収したグループは、ニックネームの文字数を少なくすることで、印刷代やグラウンドにぬるペイント代を浮かせるために、短い名前にした、と言うエピソードもあります。

下の動画は、コージさんおすすめのルーキーQBサム・ダーノルドのカレッジでのハイライト







6. #コージにオマハな質問

今回は、NFLでの背番号とポジションについて。

質問の投稿には

「コージさんとオードリー若林さんは背番号が一緒(44)ですが、NFLではポジションと背番号に関係があるのでしょうか」

と言うものでした。

(ちなみに若林さんが44なのは、応援している阪神タイガースの元選手ランディ・バースにあやかっていたと思います)

コージさんが説明したとおり、NFLではポジションによって背番号が決められています。

米カレッジや日本では、傾向はあるものの規則はないと思います。

コージさんの説明に補足ですが、1~19にはK(キッカー)やP(パンター)も含まれていたと思います。

私はある程度ルールは知っていましたが、50~79はOLでその中でも60~79がG(ガード:ときどきオードリー春日さんがプレイしたポジション)と、そこまで細かく分かれているとは知りませんでした。

何のためにこのルールがあるのかは私は知りません。

オフェンスでパスを捕る資格があ選手は、通常1~49と80~89の背番号の選手ですが、これを審判から見やすくするためのことも一因かと思います。

でもそれだとディフェンスの番号を分ける意味がないと思うのですが…

コージさんの説明で気づかれた方もおられると思いますが、現在背番号が「0」「00」や3桁の選手は認められていません。

昔は、1970年にAFLとNFLが合併する前は、背番号に関するルールはなかったか、今と違っていたようです。

66番のQB(オットー・グラハム)とかいますから。

また第2回スーパーボウル(1968年)では、コージさんが好きなオークランド・レイダースにジム・オットーと言う背番号「00」の選手がいました。

ポジションはOLのC(センター)。

2010年にNFLが選出した、歴代の選手トップ100ランキングでは、63位にランクされた名選手です








ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「(#09]ブリリアンコージと楽しむNFLライフ#09:奥が深いトリックプレー」のこと~「オマハな質問」への回答が始まる


今回は「トリックプレー」についての説明でした。

コージさんが着ていたのは、もう引退してしまいましたが、デンバー·ブロンコスのQBで、多くのパス記録を持ち、2つのチームでスーパーボウルを制覇した史上唯一のQBペイトン・マニングのもの。

動画残り1:45あたりから「コージにオマハな質問」への回答がありました


1.トリックプレーとは

トリックプレーのことを、コージさんは

「オフェンスがディフェンスの裏をかくために、練りに練ったプレー」

と紹介していました。

合計4本の動画が紹介されました。

最初の動画で

「1プレイの間に、横や後ろには何回でもパスできるが、前パスは1回だけしかできない」

と言うルールが紹介されました。

ちょっとだけコージさんと言葉の使い方が異なりますが、後ろのパスは「ラテラルパス」、前パスは「フォワードパス」と言います。

横へのパスをラテラルパスと言ったかどうかは覚えていません。

でも、何度でもいいのはラテラルパスと一緒です。

その他パスに関して細かいルールを書いておきますが、今は意味が分からなくても覚えなくても大丈夫です

・フォワードパスができるのはオフェンスだけで、インターセプトリターンとか、キックオフリターンとかのリターンプレイではできないルールとなっています。

・またラテラルパスはどこからやってもいいのですが、フォワードパスは最初にボールが置いてあったところ(「スクリメージライン」と言います)より後ろからしか投げることができないルールとなっています。

こう言う言い方は申し訳ないですが、トリックプレーのすごさは、普通のプレーを何度か見た方が実感できると思います

何試合か見て、もう一度今回の動画を見ると、すげー、と思われるかもしれません。


2.紹介されたプレー

最初の動画のプレーは除きますが、こんなプレーが紹介されました。

1)フリーフリッカー

2)ハーフバックパスあるいはハーフバックオプションパス

3)FG(フィールドゴール)フェイクパス
(この名前は私が勝手につけました。

この他にもトリックプレーはありますが、比較的よくあるもので、また派手なものが選ばれた、と言う印象です。


3.トリックプレーの背景にあるもの

トリックプレーは、弱いチームや負けているチームがやることが多いです。

定石通りのプレイでは、勝つのは難しいからです。

トリックプレーは、1試合で何回もやるのは難しいです

失敗したら、普通のプレイの時よりダメージが大きくなりがちだからです。

フリーフリッカーはボールがQBのもとに戻ったときにタックルされれば、大きなロスとなります。

ハーフバックパスも同様です。

FGフェイクパスが失敗すると無得点となり「素直に蹴って3点取っておけばよかった」となります。





4.フリーフリッカーについて

フリーフリッカーについては、まさに今回紹介された動画のものを以前このブログに書いていますので、もう少し知りたい方はどうぞ


これの「2.「フリーフリッカー」とは」に詳細を書きました。

また同じプレイが、「オードリーのNFL倶楽部」ででも解説されていましたので、動画を貼っておきます。



(日テレ公式チャンネル動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:フリーフリッカー」)

この動画はYouTubeで

「若林の熱視線 フリーフリッカー」

で検索して見つけたものです。

「若林の熱視線」シリーズは日テレ公式チャンネルが(たぶん)これまでのもの全部をYouTubeにアップしてくれています。

ありがたいことです。

アメフトのプレイについて知りたいことがあったら、YouTubeを

「若林の熱視線 ○○○○」

(○○○○は、調べたいアメフト用語)

で検索すると、見つかるものもあると思います。

かなりわかりやすいと思います。


5.FGフェイクパスの動画の思い出

FGフェイクパスの動画は、2014年シーズンのスーパーボウルのひとつ手前の試合、カンファレンスチャンピオンシップのものだと思います。

スーパーボウルを、決勝戦だとすると、その前の準決勝に当たる試合です。

FGトリックプレーでやられたのは、私が応援するグリーンベイパッカーズです。

この試合の日、私は人間ドッグを受けました。

当初パッカーズが大きくリードしていたので、「スーパーボウルに行けるかも」と喜んでいたのですが、こう言うトリックプレイもあり、延長戦に持ち込まれ、敗れてしまいました。

延長戦に入ったところまで見て、私の検査が始まりました。

それはもう、ドキドキしていて尋常な精神状態ではないまま検査を受けたのですが…

血圧や心臓の数値に異常はありませんでした。

それにしても、あれはある選手がコーチからの指示を守っていれば、勝てた試合でした…


6.トリックプレーの余波

これは少々難しい話しなので、読まれなくても、わからなくてもけっこうです

1990年シーズンのカンファレンスチャンピオンシップで、下の動画のようなプレイがありました。



(動画「Gary Reasons fake punt vs. 49ers(ゲアリー・リーズンズの対サンフランシスコ・49ナーズ戦でのフェイクパント)」)

試合終盤、白いチームがリードされていて逆転を狙っていたのですが、どうもファーストダウンをとれそうもないので、パントを蹴ることにしたように思えました。

しかしそのフォーメーションから、ボールは、パンター(画面一番左の選手)ではなく、他の選手(画面真ん中の選手)に出して、その選手が走ってファーストダウンをとる、と言うトリックプレーをしました。

そういうこともあって逆転勝ちし、次の試合、スーパーボウルに進みました。

スーパーボウルでも残り3~4分ぐらいで、白いチームは、前の試合と同じ状況になりました。

(ただしこの時はリードしていました)

相手にしてみれば、前の試合のフェイクパントのことがあるので、そう言うプレーをするかもしれない、ということも考慮に入れて対応しなければいけなくなりました。

結局その時は普通にパントが蹴られたのですが、相手を悩ませた分、相手のリターンが短くなったようにも思えました。

白いチームは最後にスーパーボウルに勝ったのですが、前の試合のトリックプレーが

「こっちにはこう言うカードも持っているぞ」

と相手に思わせたことも、勝因だと思います。


7.「コージにオマハな質問」いよいよスタート

今週から新コーナー

「コージにオマハな質問」

が始まりました。

記念すべき第1回目の質問は

「オマハってなんですか?」

と言うものでした。

動画の中の説明通りです。

オマハについては、この「ブリリアンコージと楽しむNFLライフ」が始まる日に書きましたので、興味がある方はどうぞ。



ただ、ちょっとコージさんと私の間で解釈の違いがあるようです。


トリックプレイはまだまだたくさんあるので、いつか続編をやっていただければと思います。


オマハ!!



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ オードリーのNFL倶楽部 NFL アメリカンフットボール スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 福岡ソフトバンクホークス オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 オードリーのNFL俱楽部 鈴木弘子 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ ホークス オードリーのオールナイトニッポン グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング オードリー NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 Sherlock シャーロック ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Amazon DAZN Twitter Hulu グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushups #22pushupschallenge #22pushupsfor22days ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力自由化 電力小売り全面自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン JINS 眼精疲労 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動走行システム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 twitter、松田 POISON GIRL BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 森脇 大石 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 グリーンベイ 城島 パッカーズ ファーブ ロジャース メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション 歴史ブーム タイムスリップ サムライハイスクール 三浦春馬  ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 野村 南海ホークス 景浦安武 あぶさん 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 石田純一 東尾理子 東尾修 九月 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind Fire Earth, twitter Tumblr 砦に拠る 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -