ユーザータグ : NFL、NFL倶楽部の記事 (1/1)

(9/25)「オードリーのNFL倶楽部」で話されたいくつかの話題について

【アメフトの代表的なポジション】


アメフトの代表的なフォーメーション


日テレ地上波で9/25未明、CSでは9/23に初回放送のあった、オードリーのNFL倶楽部」で出てきたいくつかの話題について書きます。

第2回となった今回の放送ですが、前回のたどたどしさが一変していて、かなりテンポよく番組が進行したように感じ、あっという間に30分が経ってしまった、と言う感じでした。

twitterでは若林の進行のうまさを誉めるツイートが、主にオードリーファンではない方々からのが目立ちました。


1.用語解説

twitterにて寄せられた、用語解説のリクエストに回答します。

 1)ネルブロ

QB(クオーターバック)がパスを投げようとするとき、RB(ランニングバック:若林)が寝っ転がることで身を挺してブロックすることで、DE(ディフェンスエンド:春日)の侵入から守る、と言う意味で使われていました。

つまり「寝るブロ」です。

ブロック、つまりオフェンスが味方の選手を、ディフェンスのタックルやサックから守るプレイは、普通立ったまま行われますが、一瞬でいいからディフェンスの選手の侵入を遅らせたいとき、体格差がありすぎるときなどは、まともに立って、面と面を向き合わせて行うのではなく、自分の体を寝っ転がるようにして投げ出し、ディフェンスの選手をつまずかせたりするようです。

このブロックの技術を言うようです。

この「ネルブロ」ですが、去年の12月にオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」で語られていて、実は解説も書きました。

私はその時まで、こんな言葉があるとは知りませんでしたので、上記のように想像して書きました。

するとコメントで

「私の知人に日大二高アメフト部出身者がいるので訊いてみたところ「たぶん二高でしか使ってない」そうなので…」

と言う助言をいただきました。

他の学校では「ネブロ」と言うことが多いようです。

(こう言う風に、書きながら教えてもらえることもあり、本当にありがたいです)


 2)ブックエンド

春日がインディアナポリス・コルツ(IND)の二人のDE、ドワイト・フリーニーロバート・マシスのことを、

「リーグ最強のブックエンド」

と言ってました。

「ブックエンド」とは一般的には「本立て。立て並べた本が倒れないように、両端に押さえとして置くもの」を指します。

で、今年の「Touchdown pro」誌の選手名鑑を見ると、

「ドワイト・フリーニーとロバート・マシスの2人は『リーグ最強のブックエンド(DEコンビ)』と呼ばれる」

と書いてあります。

つまり「ブックエンド」とは、DEコンビを指すようです。

なぜこう呼ぶかと言うと、この記事のトップの図を見ていただきたいのですが、ディフェンス(青い四角のほう)の最前列は、DEの間にDT(ディフェンスタックル)が挟まれるように位置します。

DTを挟んでいる両端にDEがいるので、ブックエンドと呼ばれるのでしょう。



2.その他(2番目でもう「その他」かい!!)

番組で出てきた言葉をいくつか書きます。

 1)「アメリカズ・チーム」

春日が、自身が応援するダラス・カウボーイズ(DAL)について

「日本を象徴する春日が応援するチームは、アメリカを象徴するチーム、『アメリカズ・チーム』」と言っていました。

この「アメリカズ・チーム」(America's Team)と言うのは、いわゆる春日語ではなく、立派なアメフト用語で、まさにDALのことを言います。

このニックネームは1978年のチーム紹介ビデオのオープニングで

「彼らはテレビによく映し出されるため、大統領や映画俳優に並ぶほど、人々の間に親しまれている。

 彼らこそ『アメリカズ・チーム』、ダラス・カウボーイズだ」


と紹介されたことに由来します。

このころは、DALにとって第一次黄金時代でした。


 2)今週の「春日が認定」した選手

今週は、フィラデルフィア・イーグルス(PHI)のQBマイケル・ヴィックでした。

パス成績は素晴らしいですし、ランでも37ヤード走っています。

去年若林にビデオ・メッセージを贈った選手です。
(「トゥース」をやってました)

若林も注目している選手ですが、QBとしてパスも投げれて、走るのも素晴らしい選手です。

ただ今週はランよりもパスが素晴らしかったように思えます。

先週はランがすごかったんですが。


元々、QBとしてはパスがそれほど上手くない一方で、ラッシング能力は化け物並みの選手でした。


かつてPHIにはランドール・カニンガムと言う、これまた走れるQBがいました。

ラッシング能力はヴィックほどではないものの、標準と比べると、これまた化け物のような能力を持ってました。

その上、パスも上手い選手でした。


ヴィックもこのままパスがうまくなれば、とんでもないQBになると思うのですが。


ただ、このように走り回るQBに対しては、好き嫌いが激しいようです。

カニンガムを嫌いな友人もいましたし、ヴィックに対してもそう言う声があるようです。

私にとっては、どちらかと言うと面白く感じられていいんですが。


 3)ニューヨーク・ジェッツの本拠地

今年オープンしたニューヨーク・ジェッツの本拠地、ニュー・メードウランズ・スタジアムが紹介されていました。

飲み物や食べ物が高いわぁ~、と思いました。

このスタジアムは、ニューヨーク・ジャイアンツも本拠地としています。

なお、このスタジアムはニューヨーク州にはなく、隣のニュージャージー州にあります。

だから、細かいことを言うと、ニューヨーク・ジェッツとニューヨーク・ジャイアンツは、ニューヨーク州のチームではないのです。

ニューヨーク州に本拠地を持つのは、バッファロー市にある、バッファロー・ビルズだけです。

まあ、山手線の品川駅も、品川区ではなく港区にありますしね。

ちなみに、カンザスシティ・チーフス(KC)と言うチームがありますが、これもカンザス州ではなく、ミズーリ州にあります。

そもそもカンザスシティと言うのが、隣接してカンザス州とミズーリ州にあり、後者の方を「ミズーリ・カンザス」と呼び、規模も大きいです。

KCは非常にファンが熱いチームです。


まだまだ書きたいことはあるんですが、睡眠時間2時間の仮眠のあと、「NFL倶楽部」をリアルタイムで見てもう3時間になります。

さすがに眠いので、今回はここまでとさせてもらいます。

機会があれば、後日続きを書きます。


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

「NFL倶楽部」の情報と、アメフト学習動画の紹介


(日本語での、アメフトの代表的なフォーメーションの動画です

 この他にもTフォーメーション、ワンバック、ワイルドキャットなどがあります)


日本時間では明後日、9/10(金)の午前9時から、NFLの2010年シーズンがキックオフとなります。

ミネソタ・バイキングスが、ニューオリンズ・セインツの本拠地で闘います。

(これを、「MIN@NO」と言います)

この試合は日テレG+で生中継NHK BS1で深夜録画放送があります。

プレビュー(前もって見どころを紹介する)動画はこちら
 ↓
「【第1週プレビュー】セインツ対バイキングス」


この一戦は昨年のNFCカンファレンス決勝(リーグ全体で言えば準決勝で、スーパーボウル出場チームを決めるゲーム)の再戦で、注目度はかなり高いようです。

当然翌週からの「NFL倶楽部」で取り上げられることになるでしょう。

その「NFL倶楽部」ですが、日テレG+での本放送が毎週木曜夜で、再放送がほぼ毎日のようにあります。

詳細はこちらの番組公式サイトをご覧ください
(オードリーが前面に押し出されています)
 ↓
「NFL倶楽部」へのリンク

なお、関東では日テレ地上波でも金曜深夜に放送されます。

だから私は、来週から毎週土曜に、番組の解説記事を書くことになるでしょう。

ひとつ、よしなに


さて以前、私は、アメフトはルールを覚えてから、つまり基礎を固めてから見なくても、何も知らずにボールを追っかけて、テレビの解説を聴いていればそのうちルールや面白さがわかるよ、と書いたと思います。

私がそうでしたから。

それに多くのアメフトファンがそうだと思いますし、だいたい野球ファンも、ラグビーファンも、ルールから入ったわけではないと思います。
(プレイする人は別で、高校の校技がラグビー、と言う我が母校では、体育の授業でルールから入りましたが)

だから、今までとおなじく、基礎からのルール解説はするつもりはなく、行き当たりばったりで書いていくつもりです。

でも、少しは

「あ、この言葉聴いたことがある」

と言うようになれる程度の動画は紹介した方がいいかと思い、冒頭の動画を置きました。

図と実際の動画がリンクしていて、他のものよりはいいなぁ、と思いました。


また、他にも入門ビデオがありました。

今までの「4回で10ヤード」と言うなじみにくいものではないので、リンクを貼っておきます。

いずれも日本語です。

「アメフト ビギナーズガイド 1/2」へのリンク

「アメフト ビギナーズガイド 2/2」へのリンク

気が向いたら見てみて下さい。


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この「にほんブログ村」ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~