ユーザータグ : R-1の記事 (1/1)

【ネタバレ】『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』の感想



(今年の「新春レッドカーペット」で披露されていた、TAIGAの「おまえだれだよ♪」の動画)



『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』をtwitterをやりながら見た感想を書きます。

その前に…

今回の『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』の視聴率、あまり高くないんじゃないかと思います。

それはtogetterで、ハッシュタグ「#R1」をつけてツイートされたものをまとめていて感じられました。

例年に比べ、圧倒的にツイート数が少ないのです。

このハッシュタグは公式ではなく、他のハッシュタグのほうが多く使われたのかもしれませんが。

平日開催だとこうなりますね。

なお前述のまとめは、下記リンク先にあります。

togetter「『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』 #R1 付きの実況ツイートのまとめ」へのリンク


では、素人のくせに上からで失礼ですが、感想を書かせてもらいます。


【Aブロック】(◎が決勝進出)

◎レイザーラモンRG[11ポイント]

(スティーブ・ジョブスになりきって、iPad、iPhone、iPodあるある)

ヒューマン中村 [8ポイント]

(形容形容詞を実演)

TAIGA [2ポイント]

(お前誰だよ)

スギちゃん [3ポイント]

(「港のヨーコ」にのせたワイルドネタ)


正直、もっとも笑えなかったブロックだったと思います。


レイザーラモンRGは、なぜこんなに高得点なのかがわかりません。

あるあるも、上手いと思えるものでもあるませんでしたし。


私が最も力がある、と思っていたヒューマン中村は、安定のフリップネタでした。

構成も連続性があったと思います。

おもしろいと思ったのですが、会場はそれほどうけていませんでした。

ブロック優勝すると思ったのですが…


TAIGA は「新春レッドカーペット」でやったあるあるネタ。

笑いこそそれほど起きてなかったのですが、客席にマイクを向けると大勢が大きな声で

「お前誰だよ♪」

と歌い返してくれてました。

私も驚きましたが、本人も驚いてました。

2ポイントしか取れなかったものの、twitterでは

「おまえだれだよ♪」

を多くの人がツイートしていましたから、ブレイクする可能性はあると思います。


スギちゃんは、噛むは、スベるわ、進行失敗するわでグダグダでした。

それでも笑いは取れていて、視聴者投票では5割に近い票を得てトップでした。

グダグダだったのは計算だったかもしれません。

ですが、このネタで次に進まれるのはよろしくないと思いました。


投票では私はTAIGAに入れました。

ヒューマン中村と迷ったのですが、会場が楽しそうで、良かったと思いますし、もう一回見たいとしたら、と考えるとTAIGAでした。


【Bブロック】

小森園ひろし [1ポイント]

(スープをこぼして、なかなかオープンできないラーメン屋)

ミヤシタガク [0ポイント]

(飛び込み乗車をした客を追いかけて、西早稲田から雑司ヶ谷まで、そして客の家まで押し掛ける駅員)

◎やまもとまさみ [15ポイント]

(モノの名前が思い出せない取調官)

中山女子短期大学 [8ポイント]

(「魔王」の替え唄にのせたフリップ芸)


小森園ひろしのは、こぼすオチは面白かったのですが、もういくつかこぼすバリエーションがあれば、もう少し得点は伸びたと思います。

ミヤシタガクが0ポイントなのは信じられません。

ネタの内容は、駅員のひとことひとことにオチがあって笑ったのですが。

「カツゼツが悪い」

と言うツイートもありましたが、駅員ってあんなもんだろう、と思います。

でも、聴きとりにくかったのはたしかです。


一転してききとりやすかったのが、やまもとまさみで、この順番に助けられたかもしれません。

でも、それ抜きでも面白かったと思います。


中山女子短期大学が「魔王」を持ってきたのには笑いました。

中学校の時に音楽で習った歌ですが、今でも多くの人が知っているのか、そこはちょっと疑問です。

多くの人が知っていて、それがパロディだとわかったら、もっと票が伸びていたかもしれません。


私は、やまもとまさみに投票しました。


【Cブロック】

バイク川崎バイク [5ポイント]

(なんでもBKBにあてはめて叫ぶネタ)

◎馬と魚 [14ポイント]

(もしも「桃太郎」のことを、この人が歌ったら)

おぐ [4ポイント]

(髪が薄いおぐが、鏡の前でおめかしして外出する準備をするのを、陰の大勢の声がツッコミを入れるネタ)

じゅんいちダビッドソン [1ポイント]

(サッカーの本田のマネで、無回転なぞかけ)


twitterでは、ネタ前もネタ後も、バイク川崎バイクの人気が高かったです。

「とりたてておもしろいとは思わないけど、応援したくなる」キャラだそうです。

このブロックはレベルが高く感じられて、バイク川崎バイクが一番面白くないと思ったのですが、Aブロックに行けば勝ち上がったかもしれません。

馬と魚のネタはよくあるパターンですが、もしもももいろクローバーZが歌ったら、で大笑いしました。

本当にそんな感じになるだろうな、と思えたからです。

こちらに同じネタの動画がありました。



私は特にももクロファンではないですが、他にもももクロでいろんな歌をやってほしいと思いました。

おぐのネタのパターンは、私は初めて見ました。

薄毛につっこむのが長かったのですが、もういくつか他のところにつっこめたらもっとおもしろかったと思います。

伸びしろのあるネタだと思います。

じゅんいちダビッドソンの「無回転なぞかけ」は、とても面白かったです。

「そのココロは」が、そのまんまやないか、というものですが、あ、そっちの「そのまんまか」と言うほうに落とし、いちいち解説を入れてくれるので、面白かったです。

とても0点のネタではないです。

自信をなくさないでほしいです。


私はバイク川崎バイク以外の3人で迷いに迷って、馬と魚にいれました。


【最終決勝戦】

レイザーラモンRG [0ポイント]

(予選と同じ設定で、海苔を「iBox」と仕立てて、B'zの「Love Phantom」であるあるソングを歌う)

やまもとまさみ [8ポイント]

(バイトの外国人に、他のバイトが変な日本語を教えたことに怒る店長)

馬と魚 [0ポイント]

(よくわかりませんでしたが、司会の雨上がり決死隊の宮迫のことを歌った歌)

やまもとまさみは先細りしてしまったように感じましたが、出だしから半ばまではとても面白かったですし、それに後の2人が予選以下の出来だと感じましたので、満票での優勝には納得です。

レーザーラモンRGは、今回もイマイチおもしろさがわかりませんでした。

じゅんいちダビッドソンが途中で一回だけややったあるあるのほうが面白かったように思います。

予選では、結果ではなく過程が評価されているのだと思います。

馬と魚は、手を変えずに、さっきのパターンでやればよかったのに…

さっきのネタのほうが、いくつかすべっても取り返しか効くのに、と感じました。


私は迷いなく、やまもとまさみに投票しました。


【採点について】

ソチオリンピックで、採点競技でのクレームが多く言われているのを見て、このR-1のようなお笑いの大会のことを思い出しました。

よくあるんですが、今回も素人の自分の感性と、審判団の採点は違うんだろうな、と思いながら見ていました。

しかし、けっきょく差異が出たのはAブロックだけで、あとのBとC、そして決勝では審判団と一緒の結果でした。

この前の「THE MANZAI2013」もそんな感じだったと思います。

今回は、過小評価されている人が目立ちましたが、最終的にはやまもとまさみの優勝で不満はないです。


【関連ニュースサイト】

『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』の結果を伝えるニュースさいとへのリンクを貼っておきます。

一般のコメントが見えるように、Yahooトピックを中心にします。

Yahooトピック「R―1優勝はやまもとまさみ 3715人のピン芸人頂点獲った!」へのリンク

Yahooトピック「R-1やまもとまさみが初優勝 審査員全員の票獲得する圧勝」へのリンク

お笑いナタリー「優勝はやまもとまさみ!「R-1ぐらんぷり2014」」へのリンク


「今回は全体的にレベルが低かった」ような声が目立つようですが、それでも、2時間を費やして見るぐらいにおもしろいネタもいくつかあったと思います。


ついでと言っては何ですが…

「魔王」(シューベルト)の日本語版を貼っておきます。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

R-1敗者復活戦は、COWCOW山田與志が勝利

20100221R-1サバイバルステージ

(優勝した、COWCOW山田與志

昨日、R-1ぐらんぷり2010の敗者復活戦「サバイバルステージ」が行われ、COWCOW山田與志が圧勝しました。

COWCOW山田與志が1000点超えだったのに対し、2位の友近は700点台でした。

得点と順位は以下の通りです。

1位 COWCOW山田與志 1110点

2位 友近 730点
3位 田上よしえ 480点
4位 アナログタロウ 370点
5位 ユリオカ超特Q 360点
6位 ゆってぃ 250点
7位 もう中学生 190点
8位 中山功太 180点
9位 今泉 170点
10位 ナオユキ 130点


さらっと感想を書きます。

COWCOW山田與志は、完成度の高いネタでした。一昨年のテニスネタから大きく変わっていないのですが、今回のはさらに手が込んでいて、技術的にも難しもので、文句なしだと思います。


友近は、相変わらず求道的なものでした。

私には面白さがよくわかりませんでした。


田上よしえは頑張ったなぁ、と思います。

スタイルは10年前のものの、ものの例えにこだわるネタでしたが、スピード感についていくのが大変だったので、共感が持てた時には嬉しかったです。

でも聞きとりにくかったです。

もう少しスピードを落として、最低でも考えさせられる時間をくれれば、と思います。


アナログタロウがここまで評価された理由が良くわかりません。

私は、単にイントロあてクイズとして聞いていました。

4問間違えました。

斉藤由貴を天丼で使ってましたが、それだけが見所だったと思います。


ユリオカ超特Qは、ここまでが限度かと思いました。

帽子を脱いで、ハゲネタを中心に披露してました。

相変わらず、昔の片岡鶴太郎とかぶります。

個人的には、外見をネタにするのはあまり好きではないです。

例外はありますが。


ゆってぃは、一番客席を沸かせていたように思えます。

6位と言う評価は、ちょっと低いかな、と思います。

決勝に行っても良いかな、と思いました。

とても優勝できる内容ではないと思いますが。


もう中学生は、いつもよりは面白かったです。

でも、お笑い番組に出てくるキャラクターではない、と感じました。

段ボールを使うのも、COWCOW山田與志の方がうまかったし。

そろそろ笑いをとる方向に、本腰を入れてほしいです。

よくここまでこれたものだ、と思いました。


中山功太がここまで低かったのは、期待の裏返しだと思いました。

ネタとしては、実質的には去年のねたと変わらないと思います。

ただ、客席や審査員にそれがうまく伝わっておらず、その期待外れ感が、この低さとなったのでしょう。

しかし、Yahooのコメントをみると、彼に対する批判が多いです。


今泉

レッドカーペットでよく見ますが、最後まで見たのは今回が初めてでした。

途中、言ってみたいセリフだけを言って、解説なし、というのがありました。

それを連続して使ってましたが、上手く配置すると、けっこうおもしろいと思います。

内容の割に、評価が低かったように思えます。


ナオユキはスピード感がなかったのが敗因かと。

言っている内容は面白かったんですけどね。


以上が簡単な感想です。

決勝は明日19時から。

それまでにテレビの前に座るのは難しいでしょうが、ネタが始まるまでには何とかしたいです。

土日にやってほしかった。


私は以前もかきましたが、あべこうじを応援します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~