ユーザータグ : R-1ぐらんぷりの記事 (1/1)

【ネタバレ&上から失礼】R-1ぐらんぷり2016の感想~視聴者と結果との違いの理由はこれかも

昨日行われた

R-1ぐらんぷり2016

の感想を書きます。

毎度のことですが、一素人ながら、上から目線で書かせていただくことをご容赦ください。


組み合わせはこのようになっており、各ブロックの勝者3人が最後ネタ見せして優勝を決めると言うものでした。

Aブロック: エハラマサヒロ / 小島よしお / シャンプーハットこいで / 復活ステージ3位

Bブロック: ハリウッドザコシショウ / おいでやす小田 / 横澤夏子 / 復活ステージ2位

Cブロック: 厚切りジェイソン / ゆりやんレトリィバァ / とにかく明るい安村 / 復活ステージ1位


Aブロック

エハラマサヒロ

昨年はオーラが感じられない芸風だったように感じます。

上からの芸風が最も生きると思うんですが。

今年のは、やや上からのに戻った気がします。

林修氏の話し方に似てるな、と感じました。

おもしろかったですが、彼の力はこんなもんじゃないだろう、と思いました。


小島よしお

今回最も応援していました。

昨日のブログの最後にも書いたこと以外にも、いろいろと応援したくなる理由がありますので。

ショートマリオネット…からの「そんなの関係ねー」

場内を大いに湧かせてました。

シュールな事務所ネタ(サンミュージック)も入れたました。


シャンプーハットこいで

初めて見る人かな。

フリップ芸でした。

しかも巨大なフリップで、ネストしていく話。

小島よしおでわいた会場は、やや静かになったように感じました。


復活ステージ3位

サンシャイン池崎

初めて見る人かな。

大声でやってましたが…

何を言っているのかよくわからないな、と感じました。

あくまでも私の意見ですが、あまり好きな芸風ではないです。


視聴者が行う「お茶の間投票」ですが、エハラマサヒロか小島よしおかと思いましたが、私は小島よしおを選びました。

応援しているから(これが視聴者投票の弱点。人気投票になりかねませんから)、と言うのと、他に圧倒的におもしろかった人がいなかったこと。

そして、やっぱり「そんなの関係ねー」は、今でも結構好き、という理由からです。


結果は

お茶の間投票は小島よしおがトップ。

審査員投票では相変わらず板尾創路が独特の投票をしていましたが、ダントツで小島よしおでした。

「恥ずかしさだけは出さないようにしました」(小島よしお)

いいですね。

多くの人が小島よしおの思い切りの良さをほめてました。

とにかく、希望通り小島よしおが勝ち抜けてくれて嬉しかった。


Bブロック

ハリウッドザコシショウ

初めて見る人かな。

はだかでフリップ芸、そしてテンガロハット。

声が大きいんですが、何を言っているのかよくわかりませんでした。

よくわからなくするのが芸風なのかもしれませんが、好みではないです。

「ヤバいサラリーマン」には笑いましたし、その前に一瞬巣に戻ったことがありました。

それを見ると、これ以外の芸で面白いのがあるかもしれない、と思いましたし、トークは行けるんじゃないかな、と思いました。


おいでやす小田

自分のツッコミが現実だと知って驚く、と言うネタ。

だんだんテンションが上がっていって、何を言っているのかわからなくなってきました。

でも、こういうこじんまりした中に笑いが詰め込んである芸風は好きです。

ただ、会場ウケは良くなかった気がします。


横澤夏子

「ZIP!」の1分動画ショーでよく見かけ、柳原可奈子に芸風がよく似ているなぁ、と言うイメージを持ってました。

ここまでのブロックの2人に比べると、期待が持てました。

声がいつもと違っていて、緊張してるのかな、と思いました。

期待通り、前の2人よりはおもしろかったと思いました。


復活ステージ2位

ルシファー吉岡

初めて見る人です。

悪魔「ルキフェル」を名乗るバンドとか芸能人って多いな、と思っていましたが、ここにもいたんですね。

キャンタマンクラッカー…

「こういうのがiPhone作るぞ」

には笑いました。

「こういうヤツが」

に続く言葉が意外でおもしろかったですが。


「お茶の間投票」は、横澤夏子かルシファー吉岡かで迷いました。

もう一本見たいとしたらどっち、という点から見て、横澤夏子 を選びました。


結果は、お茶の間投票は、横澤夏子 でした。

審査員投票では、票のほとんどをハリウッドザコシショウが持って行って、圧勝でした。

意外でした。

「審査員おかしくねぇか」のツイートもありました。


Cブロック

厚切りジェイソン

昨年のは本当に面白かったので、今年も期待していました。

このブロックでは一番期待していました。

今年はことわざでした。

去年の漢字ほどの衝撃は感じませんでしたが、おもしろかったです。


ゆりやんレトリィバァ

以前一度見た覚えがあるのですが、どういう芸風だったか忘れました。

どれもネタのオチが面白くないな、でも後半に面白いの取っておいているのかな、と期待していましたが…

それはなく、申し訳ないのですが、とても勝ち抜ける面白さではないな、と感じました。


とにかく明るい安村

ヒロシが「ヒロシです」で臨まなかったように、裸芸ではありませんでした。

野球と言えば、昔、彼は福岡ソフトバンクホークスの明石選手と一緒にやってたそうですが。

あくまでも私の感想ですが、ここまでの芸人さんに、何を言っているにかわからない人が多かったので、わざと聞きにくいように言うネタは、おもしろくないな、と思いました。

順番が悪かったかな、と思います。


復活ステージ1位

マツモトクラブ

昨年も出場し、なんとなくおもしろかった印象があります。

構成がすごく良かったと思います。

再会の仕方も、非現実的で、おもしろかったです。


「お茶の間投票」ではマツモトクラブに入れました。

マツモトクラブのネタを見るまでは厚切りジェイソンに入れようと思っていたのですが。


結果、「お茶の間投票」はマツモトクラブ。

審査員投票は、大接戦でしたが、ゆりやんレトリィバァが勝ち抜けしました。

ここでも審査員不信のツイートがめだちました。

「結局キャラが強い人が残りがち」

というのもありました。


決勝

小島よしお

一発目と同じ流れ、

プラスアルファがないと苦しいなと思いましたが…

最後はなんとなく雑だったように感じます。


ハリウッドザコシショウ

こちらも一発目と同じ流れ。

会場は大ウケでしたが…

きっと会場だと迫力が感じられるんでしょう。

でも、おもしろいとは感じられませんでした。


ゆりやんレトリィバァ

衣装こそ違いましたが、芸風は同じでした。

う~ん、3人の中では一番共感できなかったです。


「お茶の間投票」では、正直なところ、おもしろくて誰にいれるか迷った、と言う気持ちにはなれませんでした。

結局また小島よしおに入れました。

笑った回数が一番多かったからです。

と言うか、他の二人では、クスリとも笑えませんでした。


結果…

「お茶の間投票」では接戦でハリウッドザコシショウ。

そして審査員投票では、ここでもほぼハリウッドザコシショウに票が集まりました。

と言うわけで、優勝は

ハリウッドザコシショウ

となりました。





私の「お茶の間投票」は、ファイナル以外すべて他の人と一緒でトップでした。

ですから、テレビで見ている人と、理由はともかく、おもしろいと思う人は一緒だと思うんですよ。

でも、結果は全然と言っていいほどそうなりませんでした。


正直納得いきませんが、笑いの価値観は人それぞれですし、今回は審査員に価値観の合わない人が多かったということでしょう。

また、現地で見るのとテレビで見るのでは感じ方が違うことがあります。

一度、あるコンビの漫才で、片方が舞台で暴れまくるのを見ましたが、迫力がすごいな、と感動しました。

そういう経験がありますので、審査員と言いますか、現地のお客さんと感じ方が違うのかもしれません。

今回も「結果に納得いかない」と言うのもありましたが、ハリウッドザコショーの優勝を喜ぶツイートもかなり多かったです。

審査員不信のときは、そう言う祝福ツイートは少ないのですが…

そして、建前だけではなく、けっこう喜んでいるツイートが多かったように感じます。

ですから、ハリウッドザコショーに今後は期待したいと思います。


なお、私の中では、今回一番おもしろいと思ったのは

マツモトクラブ

のネタでした。


「R-1ぐらんぷり2016公式サイト」へのリンク


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【R-1ぐらんぷり2015感想】ネタバレ後に録画を見たけどおもしろかった

2015年2月10日に行われた、R-1ぐらんぷり2015決勝の感想を書きます。

私は残業をしていて、退社した時にはすでに番組は終わっていました。

R-1ぐらんぷりのことはすっかり忘れていたのですが、何気なく電車の中でニュースサイトを見たら、誰が優勝したのかしっかりと書かれていました。

まあ覚悟はできていましたし、結果を即伝えるのがニュースサイトの使命だと思いますから、特に誰をうらむわけではないです。

でも、ファイナルに進出したのが誰か、を読むのは避けましたので、それはラッキーでした。

あとで、へぇ、この人があがってきたのか、と驚いたりもしましたから。

では、あくまでも素人としての主観で、感想を書かせてもらいます。


1.各グループの感想

「お笑いナタリー」に記載されている記録をもとに感想を書かせてもらいます。

1)Aブロック

ゆりやんレトリィバァ [9ポイント]
桂文枝 3 / 板尾創路 2 / 関根勤 1 / 勝俣州和 2 / キャイ~ン天野 1 / お茶の間 0

あばれる君 [1ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 1

とにかく明るい安村 [7ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 2 / 勝俣州和 1 / キャイ~ン天野 2 / お茶の間 2

COWCOW善し [4ポイント](復活ステージ3位)
桂文枝 0 / 板尾創路 1 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 3

私はほとんど笑わなかったブロックでした。

COWCOW善しが舞台慣れしていて、また安定していてここを抜けるかな、と思いました。

ゆりやんレトリィバァは審査員の誰かが言ってましたが、発想はおもしろかったですが、ネタの数が物足りなく感じました。

ネタやボケが多ければいい、と言うのは関東の笑いの傾向だと聞いたことがありますが…

とにかく明るい安村に関しては、意外におもしろかったな、と思いました。

あばれる君はストーリーにはまらなければ笑えないネタだと思いました。

「トイレット博士」の「七年殺し」を思い出しました。

2)Bブロック

厚切りジェイソン [3ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

エハラマサヒロ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 0

アジアン馬場園 [2ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [12ポイント](復活ステージ2位)
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

ここではけっこう笑いました。

マツモトクラブのネタはおもしろい構成だな、と思い、実際大笑いしましたが、ダントツで抜けるほど飛びぬけていたとは感じませんでした。

厚切りジェイソンは期待通り、いや期待以上に笑えました。

女性の方はどう感じたかはわかりませんが、「女」が入った感じでおしていったシリーズはおもしろかったです。

もう少し点が入ってもよかったと思うんですが。

この採点に「Why Jppanese people?」と本人が思ったかもしれませんが…

エハラマサヒロは意外に笑えなかったな、と感じました。

もっとステージを支配するようなネタを期待していましたので。

アジアン馬場園に関しては、ほとんど笑えませんでした。

3)Cブロック

NON STYLE石田 [1ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

やまもとまさみ [7ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 2 / お茶の間 0

じゅんいちダビッドソン [9ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 1 / お茶の間 2

ヒューマン中村 [4ポイント](復活ステージ1位)
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 3

ここもよく笑えました。

じゅんいちダビッドソンのネタは玄人ウケするものだったように感じました。

たしかにおもしろかったんですが、昨年の「無回転大喜利」ほどではなかったと思います。

むしろやまもとまさみのほうがファイナルに行くおもしろさだったと感じます。

私が「無冠の帝王」だと思っているヒューマン中村は、あいかわらずおもしろかったです。

一度は優勝してほしいな、と期待してます。

NON STYLE石田は2度ほど噛んだように思えました。

ネームバリューのほどのおもしろさが感じられなかったと思います。

それが得点に反映されているようで、ネームバリューがなければ、普通におもしろいネタだったと思います。

ただ決勝に行けるほどではなかったと思います。

4)ファイナルステージ

ゆりやんレトリィバァ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [4ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

じゅんいちダビッドソン [13ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

優勝者を知ってから見ましたが、かなり笑いました。

ゆりやんレトリィバァはこっちのネタの方がおもしろかったように感じました。

(アメリカ人が第49回スーパーボウルでバトラーのインターセプトを見た時の反応、とかやってくれると、アメフトファンとしては嬉しかったんですが、まあ、それをいれたら勝てないでしょう)

マツモトクラブは一発目のだけがおもしろいネタではなかったことを証明してくれました。

神道を信じる者としては、気になるところもありましたが。

じゅんいちダビッドソンのネタは、本田を知っている人にとってはかなりおもしろかったんじゃないかと思います。

私はサッカーを見ませんが、それでも、ああこれは本田のセリフだ、と思えるところがあっておもしろかったです。

じゅんいちダビッドソンがダントツだったか、と考えると、もう少し競ってもよかったんじゃないかと思いました。


2.採点方法はこれでいいと思う

今回の採点方法は、各審査員が3票ずつ持っていて、それを良かった芸人さんにおもしろさに応じて入れると言うものでした。

一人に3票集めた人もいましたが、一番多かったのは、最もおもしろいと思った人に2票入れて、次の人に1票、と言うパターンだったと思います。

また視聴者によるポイントも、1位に3票、2位に2票、3位に1票と言うものでした。

この採点方法は良いなと思いました。

一人だけを選ばなければいけないとなると、票がかたより、他の人はまったくおもしろくなかった、と言う見られ方をされたり、芸人さん本人もそう思ってしまうでしょう。

「惜しかった」と言うことが採点に反映されるところが良かったと思います。

今後も続けてほしいですし、他の大会でも採用を検討してもいいんじゃないかと思います。


3.笑い以上に印象に残ったもの

まずマツモトクラブの歌。

もちろんオリジナルなんでしょうが、おもしろい歌詞だなぁ、よく思いつくものだなぁと感じました。

マツモトクラブは、芸達者のようですから、今後人気がでるんじゃないでしょうか。

ネット記事にも載せられてましたし。

「『R-1』決勝、無名芸人に脚光 ダークホースが爪痕残す(オリコン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

ヒューマン中村の川柳(?)の中には、普通に素晴らしいなと思えるものが2個ありました。

「愛してる 「る」の口のまま キスをした」

「エアホッケー 笑顔見たくて 負ける僕」

の二つなんですが。

これは彼のオリジナルなのか、普通に有名なものなのか知りませんが、いい詩だな、と思いました。


最後に、もっともコメントがつけられたYahooトピックスへのリンクを貼っておきます。

Yahooコメント「『R-1ぐらんぷり』じゅんいちダビッドソンが初優勝」へのリンク

「全体的にレベルが低かった」

と言う声もありますが、私には十分楽しめた大会でした。





(優勝したじゅんいちダビッドソンに関するツイート

 リンク先の記事「モデルプレス - 「R-1グランプリ2015」グランプリ決定」は奥さんのことも書いてあって、良かったです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「R-1ぐらんぷり2015」いよいよ来週2月10日決勝~気になることをいくつか

来週火曜日の2月10日の夜、「R-1ぐらんぷり2015」の決勝が開催されます。

そういえばそういう時期でした。

それにしても、なんで翌日の祝日(建国記念の日)にしてくれないんだろう。

多分当日は生では見られず、ニュースサイトなどでネタバレを見て、録画を見ることになるでしょう。

放送はフジテレビ系列で19:00~20:54にオンエアだそうです。

では、「R-1ぐらんぷり2015」の決勝について、気になることをいくつか書いておきます。


1.決勝進出者

決勝の組み合わせは以下の通りです。

各ブロックの勝者1人が最終の決勝に進出し、そこでチャンピオンを決めるそうです。

Aブロック:ゆりやんレトリィバァ / あばれる君 / とにかく明るい安村 / 復活ステージ3位

Bブロック:厚切りジェイソン / エハラマサヒロ / アジアン馬場園 / 復活ステージ2位

Cブロック:NON STYLE石田 / やまもとまさみ / じゅんいちダビッドソン / 復活ステージ1位

注目したいのは、復活ステージから3人が決勝に進出すること。

他の「THE MANZAI」や「キングオブコント」や、これまでの「R-1ぐらんぷり」では1組でした。

これはおもしろいな、と思います。


ただ、復活ステージに出てくる出てくる芸人が誰か、正確なところがわかりません。

こちらの写真で紹介されているのがそうなのでしょうが。

20150207R-1敗者復活写真

読みとれない人もいまして。


2.知っている芸人さんで期待したい人

今回も知らない人が多いなぁ、と思いました。

私もそれほどお笑いに詳しいわけではないので、その世界では有名な人が多いのかもしれません。


エハラマサヒロ は久々の出場だと思いますが、一度は勝ってほしい芸人さんです。

初めて見た時のオーラがただならぬものに感じましたから。


じゅんいちダビッドソンの去年のネタはおもしろかったです。

「無回転大喜利」、つまりひねりがないというものでしたが、本人が言うように、あ、そっちに落とすのか、と言うので意表をつかれまくりましたし。


NON STYLE石田は何をやるのか知りませんが、無条件に期待できると考えます。


やまもとまさみはおもしろいとは思うんですが、誰であれ連覇は期待しないです。


3.厚切りジェイソンはどんな人なんだろう

厚切りジェイソンと言う芸人さんにちょっと興味を持ちました。

芸歴4ヵ月で「R-1ぐらんぷり」決勝まで来たそうです。

こちらにプロフィールがあります。

渡辺エンターティメント「厚切りジェイソン」へのリンク

アメリカ合衆国出身の在日IT企業役員でお笑い芸人と言う肩書なんですが…

アメリカ人と聞くと、私は、NFLはどこが好きなんだろうか?と言うのが気になります。

「ミシガン州立大学卒業(入学は17歳で飛び級!)
 その後イリノイ大学アーバナ・シャンぺーん校の大学院を卒業しました。」

とありますからNFLより、ミシガン州立大学とかのカレッジが好きかも知れないし。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校は大変な名門のようです。

Wikipediaに

「アメリカ中西部における屈指の名門とされ、いわゆるパブリック・アイビーの一つ。Academic Ranking of World Universities 2010において第25位を獲得、中でも工学系の専攻は、世界第4位にランクされた。」

と書いてあるぐらいですから。

イリノイ州に愛着があるのなら、シカゴ・ベアーズ、ミシガンならデトロイト・ライオンズ、と言うことになるでしょう。


IT関連企業ってどこだろう。


肝心のネタですが、一本だけ見てみました。



犬のところは、まあ、こう落とすんだろう、と言う読みはできましたが、

「日本ではやってるのは(大きくはない)これぐらいの犬だろう!!」

と言うもう一歩突っ込んだところに笑いました。

ちょっと気になるのは「触」「憂鬱」は、日本人でも読めない人がいるんじゃないか、と言うこと。

まあ、いやみではなくR-1の審査員ぐらいになれば、そんなこともないと思うのですが、テレビを見ている人たちに向けては、やさしい感じを選んだほうがいいかな、と思いました。

あくまでも、このネタで行くなら、と言う前提ですが。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1ぐらんぷり 2013の感想~特に田上よしえ~



(田上よしえのネタの動画

 もう少しきれいな動画が下記リンク先にあります

 YouTube「R-1ぐらんぷり2013  田上よしえ」へのリンク)


R-1ぐらんぷり 2013を見た感想を書きます。

今回は平日の開催と言うことで、仕事でおそくなった私はリアルタイムで見れず。

録画でネタと結果発表だけ見ました。

だから、リアルタイムで見た人とすこし感じ方が違うかもしれませんことを、お断りしておきます。

また、上から目線で書かせてもらいますことをお許しください。


1.田上よしえは面白かった

以前、この大会では田上よしえとキンタロー。の二人に注目する、と書きました。

しかしいざ始まってみると、まだ若く芸歴が開けているキンタロー。はまあいいや。

昔から知っていて、久しぶりに表舞台に登場する田上よしえを応援しながら見ました。


ネタは田上よしえがバーテンダーをしながら、面白いことをつぶやいたり叫んだりするやつ。

昔見たような気がするけれども、なんかくどさが抜けた感じがしました。

前は、くどいなぁ、と思いましたが、今回はすこし足りないかな、と感じました。


結果として、期待通りの面白さだったと思います。

談話を振られたゲスト2人とも、Bブロックでは田上よしえのことしか言ってなかったから、これは決勝いけるかも、と思ったのですが…

10対9と、1票差でヒューマン中村に負けました。

これはもう仕方がないと思います。

冷静に考えると、ヒューマン中村の方が面白かったと思います。


でも、下記リンク先のツイートのまとめを見ますと、多くの人が、田上よしえのことを認めてくれたように感じます。

togetter「田上よしえ R-1ぐらんぷり2013での評判」へのリンク


昨日の評判を業界の人が目をつけて、ブレイクにつながればと思います。


2.決勝戦の感想

優勝したのは、三浦マイルドでした。

面白くないことはないのですが、ネタが平凡だと思いました。

後でリンクを貼ったYahooトピックスの中に

「マイルドのネタは1回目も2回目も言い方だけで、ネタの中身は普通。全然心に残るようなものではなかった。」

とありますが、同感です。

ですが、納得の優勝、と言う声も少なくなかったのも事実です。


一本目は叫びまくっていましたが、フリップに書かれていたことは結構面白かったと思います。

あんなに叫ぶと、書かれていることの面白さが消えないか、とも思いました。


二本目のは、特に斬新さもなく、意外な展開もなく、ただ、ああ、そういうのってありそう、と言う感じでした。


私はヒューマン中村が優勝だったと思います。

結果発表前のツイートを見てみますと、圧倒的にヒューマン中村を推す声が多かったと思います。

それだけに、満場一致で三浦マイルドと言うのは、ちょっと不思議でした。

(たしか、去年も、一番面白かったのはヒューマン中村だった、とこのブログに書いた気がします)


もうひとり、決勝に進んだアンドーひであきですが、あれはお笑いではなく、R-1のネタにはふさわしくないとおもます。

すばらしい芸だとは思いますが。

でも、一本目のものまねは、完成度が高く、かつ面白かったです。

一本目のネタだけで優勝を決めろと言われたら、アンドーひであきを推したかもしれません。

それほどよくできたお笑いネタでした。


3.全体の感想

採点結果は下記記事に詳しく載っています。

お笑いナタリー「優勝は三浦マイルド!「R-1ぐらんぷり2013」」へのリンク


各ブロックの感想を少々


Aブロックは岸学が面白かったかなぁ、と思います。

ヤナギブソンはトークはうまいと思いましたが、ネタがそれほどでもない、と感じました。

一番笑う個所が少ないブロックだと感じました。


Bブロックは、前述の通り、ヒューマン中村が優勝で妥当でしょう。

田上よしえも面白かったですが、力負けだと思います。

桂三度(旧「世界のナベアツ」)が意外に面白くなくて、評価が低かったのが意外でした。


Cブロックはアンドーひであきの優勝で文句がないです。

次点は雷ジャクソン高本の自衛隊ネタだと感じました。

話しも悪くはないと思いましたし。

キンタロー。はこれまでの殻から抜けれなかったかなぁ。

杉ちゃんは小島よしおのように、殻を破る何かがないと、この大会ではもう勝てないでしょう。


4.ネットでの反応

ユーザーコメントが書かれているYahooトピックスについて、2つリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「R-1優勝は三浦マイルド!ファイナルステージで満票」へのリンク

Yahooトピックス「『R-1ぐらんぷり』、三浦マイルドが初優勝 満票での王者に「ウソみたいです」」へのリンク


圧倒的にヒューマン中村を推す声が多いように感じます。


ひとつ思うのは、1回戦を4人でやるなら、決勝戦も4人でやれば、と言うことです。

各ブロックの優勝者3人と、各ブロックの2位の中で最も得票数が高かった人をワイルドカードとして、4人でやると、またひと波乱あったりして、テレビ的にはおいしいと思うのですが。

まあ、放送時間の関係もありますが。


来年は、ぜひ休日に放送してください。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「R-1ぐらんぷり2011」の結果と感想

20110211R-1優勝の佐久間一行



R-1ぐらんぷり2011」がさきほど終わりました。

優勝したのは佐久間一行でした。

準優勝はAMEMIYAでした。


それでは1回戦から時系列に、ネタと結果を書いて行きます。


【1回戦】

1.キャプテン渡辺 対 COWCOW山田與志

キャプテン山田は借金をねだるクズ人間(自称)のあるあるネタ。

頭の方ちょっと緊張していたのと、会場のウケがイマイチだったのですが、今考えてみると結構面白かったです。

COWCOW山田與志は去年までと同じく、フリップを使ってのネタ。

ネタの内容はあまり面白いと思えなかったのですが、早口言葉のスキルはすごいもんだと思いました。

結果は11-10でCOWCOW山田與志が勝ちました。


2.AMEMIYA 対 バッファロー吾郎 木村

AMEMIYAは最近いろんな番組で披露している「冷やし中華始めました」。

これは意外なネタ選択で、「この売り場から一等出ました」みたいなひねりネタで来るのかと思いました。

バッファロー吾郎 木村は、全日本ベストセレクション発表、と言うネタ。

表彰の際「会場のみなさん拍手をお願いします」と巻き込むことで、なんとなく面白いネタなんだ、と言う空気にしていたように思え、この作戦はいいなぁ、と思いました。

でも審査員はプロですから、そうはいかなかったようです。

結果は11-10でAMEMIYAが勝ちました。


3.ナオユキ 対 スリムクラブ真栄田

ナオユキは世の中の事象に突っ込むネタ。

そう言えばそうだよね、と思わされるところがありましたが、1か所だけしか爆笑できるところはありませんでした。

ちょっと空気が悪いかな、と。

スリムクラブ真栄田は、色んなものとガソリンを交換すると言うネタ。

面白かったですよ。

結果は13-8でスリムクラブ真栄田の勝ち。


4.佐久間一行 対 ヒューマン中村

佐久間一行は、私の知っているスタンダップトーク芸ではなく、井戸に扮装して歌を歌ってました。

「そもそもそう言うシステム~」と言う歌詞が何度か出てきたので、職場で使えるかな、とか思いました。

でも、笑えなかった。

ヒューマン中村はフリップでお題を出して、それを体現するネタ。

なかなか笑いました。

結果は12-9で佐久間一行の勝ち。


【2回戦】

1.COWCOW山田與志 対 AMEMIYA


COWCOW山田與志は1回戦の延長みたいなものでした。

AMEMIYAは「Tokyo Walkerにのりました」でした。

今回の大会では、全てのネタの中でこのネタが最も面白かったと思います。

「My shop is on the『Tokyo Walker』~」には笑いました。

結果は15-6でAMEMIYAの圧勝でした。


2.スリムクラブ真栄田 対 佐久間一行

スリムクラブ真栄田は、電車で向かいの席に座られたら嫌な奴、と言うネタ。

あまり面白さを感じませんでした。

佐久間一行は、どこかの原住民のあるあるネタ。

この原住民が、架空の言葉をしゃべるのですが、そのなりきり度がイマイチだったように感じました。

タモリのハナモゲラ語や、島崎俊郎のアダモステに比べると、そう思えました。

でも会場は大ウケでした。

結果は15-6で佐久間一行の勝ち。


【決勝】

AMEMIYA 対 佐久間一行


AMEMIYAは「この売り場から一等が出ました」。

先日記事に書いた時に載せた動画のヤツです。

(その記事はこちら
 ↓
 「R-1ぐらんぷり2011決勝が週末に」へのリンク)

それをベースに途中で泣きだして黙り込むシーンもあり、一瞬ネタじゃなくて、本当に泣きだしたのかと思わされました。

面白かったです。

佐久間一行は、コント「中学校の休み時間」でした。

なんか、一昨年のなだぎ武のネタの設定で、あべこうじが話している、そんな感じでした。

ただ、会場は大ウケでした。

結果は、佐久間一行が6-1と圧勝で、優勝を勝ち取りました。


【感想】

「今回はレベルが低い」と言うツイートを見かけましたが、私も、あまり笑えませんでした。

過去の大会で優勝できなかった芸人でも、今回の誰よりも面白かったと思える人を何人か思い出しました。

チュートリアル徳井、バカリズムなど。

でも、twitterでは佐久間一行が良かった、勝って良かった、おめでとう、と言うものが多かったです。


ちなみに佐久間一行のtwitterアカウント「sakuzari」は、優勝時のフォロー数8000弱で、1時間たった今、8611人にまで増えています。

なかなか豪快な増え方ですよね。


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1ぐらんぷり2011決勝が週末に


AMEMIYA あらびき団 この売り場から1等が出ました
アップロード者 tatunootosigo555. - インディペンデントウエブ動画。

(「冷やし中華 はじめました」は最近よく見るので、違うやつを)


1/31に、R-1ぐらんぷり2011」の決勝について発表がありました。


出場者は以下の通りです

AMEMIYA

佐久間一行

スリムクラブ真栄田

バッファロー吾郎・木村

COWCOW山田與志

キャプテン渡辺

ナオユキ

ヒューマン中村


COWCOW山田與志以外は初出場のようで、正直、知らない人が多いです。

スリムクラブ真栄田は、まさかフランチェンをやるとは思えませんが。


さて、今回は去年といくつか変更点があるようですね。

・敗者復活枠がなくなった

・トーナメント方式になった

・優勝賞金500万円の他、冠番組を関西テレビでやれる

トーナメント表はこうなってます
20110206R-1組み合わせ

ところで、何かの記事で読んだのですが、AMEMIYAと言う芸人は、先月の給料が0円だったとか。

結婚したのに式も旅行もやってないそうです。

そんなことを書かれるとせつないので、トップに動画を置きました。

なんかそう言う私的な背景があれば

「R-1決勝に、出場しましたぁ」

なんて歌もできそうだと思うんですが。


なお、決勝の模様は

「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2011」

として、関西テレビ・フジテレビ系全国ネット生放送で、2月11日(金)の 19:00 ~ 20:54の放送予定だそうです。

20110206R-1写真


Share/Bookmark

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~