ユーザータグ : Sherlock/シャーロックの記事 (1/1)

【Sherlock/シャーロック】シーズン4「臥せる探偵」の感想~ネタバレ有り

2017年7月15日にNHK BSプレミアムで放送された「Sherlock/シャーロック」シーズン4のエピソード2

「臥せる探偵(The Lying Detective)」

の感想を書きます。

最期に思ったのは、いろんなものを絡みに絡ませて、ベースとなった正典の物語にうまく寄せた、素晴らしいエピソードだったと思います。


1.クライマックスまで大混乱

このエピソードは、少なくともタイトルは、正典の

「瀕死の探偵(The Adventure of the Dying Detective)」

をもとにしていて、犯人がカルバートン・スミスであるところも同じです。

しかし…

途中まではどこがどう「瀕死の探偵」とつながっているのか、大混乱しながら見ました。

と言っても「Sherlock/シャーロック」のシリーズは正典にストーリーを合わせることにこだわってないと思いますので、それはそれでいいんですが…

一旦はハッピーエンドで終わるんだろう、と思って見ていましたが、そんな感じのストーリーではなく…

ただ、シャーロックが依頼人を連れて外出するとき、ハドソン夫人が

「そんな体調で外出できるの?」

と言って心配しているのが、「瀕死の探偵」でホームズが病気にかかっているところを思い出させました。


2.急展開のクライマックス

シャーロックがスミスの施設に乗り込み、メスでスミスを刺そうとしてジョンに過剰防衛なみの行為で制止され、そのままスミスの病院の個室に入院したところから、正典と似た展開になりました。

(それにしても、ジョンがホームズからメスを叩き落すシーンは、さすがに元軍人だな、と感じさせられるものでした)

正典では病気のふりをしたホームズのもとをカルバートン・スミスが訪れ、最期を迎えようとしているホームズに自分の犯行を自慢げに話します。

それをワトソンがベッドの陰で、証人として聞きます。

で、自白を聴き終えると、モートン警部が入ってきて、スミスを逮捕すると言う流れです。

20170716瀕死の探偵

(正典のスミス逮捕の瞬間の挿絵

ベッドにホームズ、背後にワトソンが見えます)


この番組でも薬物注射をしたりして、激しく奇行して、病気にかかっていると思わせ、スミスを刺そうとして拘束され入院。

そして最期の瞬間の前にスミスから犯行の一部を聴き、スミスがホームズを絞め殺そうとしたところにジョンが駆けつけて助ける、と言うものでした。

ジョンは証人にはなれなかったものの、録音機が杖に隠されていて、それが一連のことを録音していてスミスは観念する、となりました。

その録音も、相手の同意を得なくてとられたものとして証拠となりえなかったそうですが、スミスがすすんで自白を楽しんでいて、ウラとりには困らなかったようです。

スミスがホームズを自然死に見せるために点滴の液を過剰注入するように操作しますが、それは事前にシャーロックのファンの看護婦(?)によって、ホームズの依頼で生理食塩水(無害なんかな)にすりかえられていました。


正典と少し違うのは…

正典ではホームズはワトソンを自分に近づけさせませんでした。

それは、ワトソンは医者なので、近づけば自分が仮病だと言うことがバレてしまうと考えたからだそうです。

ワトソンを本気で病気だと思わせないと、スミスをおびき寄せられないと考えたからです。

しかし番組では…

シャーロックは、ジョンが自分が仮病であることに気付かなかったことに、腹を立てたようなことを言っていましたが…

でも気づいていたら、入院させるほどの過剰防衛はできなかったでしょう。


しかし…2つ疑問が…

なぜスミスは、自然死を待たずに絞め殺そうとしたのか?

そんなことをしてしまったら、自分も疑われることになるのに…

また、現代の監視カメラ社会のイギリスで、病室での密室犯罪がバレないことがあるかどうか…

病室に監視カメラがないとは思えません。

スミスが事前にカメラをオフにしていたことも考えられます。

ですが、「オフになっていたのはなぜか?それができるのは誰か?」と考えると、スミスは疑われることになるでしょう。


世の中ではIoTが普及し続けています。

これからは隠れた犯罪は難しくなるでしょう。


3.「東の風」とはなにか?

最期に、ジョンのカウンセラーが、じつはシャーロックとマイクロフトの秘密の姉妹、ユーラスだと言うことが明かされます。

「ユーラス」とは「東の風」と言う意味だと言うことも…

ホームズと「東の風」と言いますと…

「最後の挨拶」の中で、ホームズが

「東風(こち)になるね、ワトソン」

と言う箇所があります。

この時の「東の風」は、第一次世界大戦でイギリスが対戦する、ドイツのことでした。

このドラマの「東の風」はなんだろう、と最終回が激しく気になります。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト