ユーザータグ : WBCの記事 (1/1)

【WBC】ダブルスチールは、下手な采配ではないと思う

昨日のWBC準決勝で、日本はプエルトリコに敗退しました。

この試合の敗因として大きく取り上げられているのが、8回裏の日本の攻撃中に起きた、内川選手の盗塁死です。


状況は1-3のビハインドで一死一、二塁。

二塁走者はこの回タイムリーを打った井端選手。

一塁走者はヒットの内川選手。

井端選手のタイムリーで押せ押せムードだったようです。

打席には四番でキャプテンの阿部選手。

しかしこの試合では当たっておらず、ここまでの2打席凡退していました。


いくつかの情報を総合すると、ここでベンチが動いたようです。

「ダブルスチールをしても良い」

とのサインが出たそうです。

次の球で内川選手は二塁に走りましたが、二塁走者の井端選手は二塁に戻っていました。

MLBトップの盗塁阻止率を誇る捕手がボールをもったまま、動きがとれなくなっている内川選手にタッチ。

内川選手はアウトになり二死二塁。

阿部選手はセカンドゴロを打ち、アウト。

結局チャンスはついえました。


敗戦後、この一連の経緯で、誰が悪かったのか、と言う「戦犯」探しがありました。

中には

「戦犯探しが終わるまで、俺のWBCは終わらない」

とツイートする人もいる程です。


ネットの声で一番多く感じられたのは

「内川も井端も悪くない。

 悪いのは山本の采配だ。

 あの場面でダブルスチールはありえない。」

と言うものでした。

そもそもダブルスチールだったと言うのは内川選手をかばうための嘘だったのではないか、と言う声もありますが、ここではダブルスチールのサインが出ていた前提で話しを進めます。


結論から言いますと、あそこでのダブルスチールは、ありだと思います。

状況としては、ダブルスチールを仕掛けるのは非常に危険だったと思います。

鈍足ではないものの、快足とは言えない走者。

MLB一の捕手。

打席には四番バッター。

誰もが、ダブルスチールなんか仕掛けてこないと思うでしょう。

だからこそ、そのカードを切る作戦はありだと考えます。

「まさかそんなカードは切ってこないだろう」

と言うカードを切ることは、ものすごく有効な作戦だと考えるのです。


あそこの場面はじっとして、阿部選手に打たせるべきだった、と言う声を多く見ました。

たとえそれで併殺となり、点が入らなくても、「無策」と叫ぶ声はあっても、多くの人は渋々結果に納得したでしょう。

必ずしも座していれば死を迎える結果に終わったとは限りません。

阿部選手は逆転スリーランホームランを打ったかもしれません。

しかし、ベンチは、山本監督は、それ以外の有効な作戦で勝ちに行こうとしたんだと思います。

たまたまそれが失敗しただけの話しです。


1982年シーズン、パ・リーグの前期優勝のかかった試合で、当時の西武ライオンズの広岡監督は、ワンポイントリリーフとして活躍していた永射投手を先発に持ってきました。

あり得ないカードだったようです。

そしてその試合に勝ち、前期優勝を果たし、最終的には西武ライオンズに初めての日本一を遂げることになりました。

その時のことを広岡氏は

「みんなが考えうるローテーション投手を投げさせる手もあった。

 そうすれば、負けてもみんな納得するだろう。

 でも、それはしゃくだった。

 だから永射が一番勝てると思ったから投げさせた。」

と回想しているそうです。


もうひとつ、失礼な話をさせてもらいますが、今年のライスボウル、不利と言われていた関西学院大学ファイターズですが、私が思うに、10点差以内での敗戦なら、健闘した、と周りから称えられたと思います。

しかしファイターズは考えて考えて勝ちに来ました。

それこそ、「そんなカードは切らないだろう」と言うカードを切りまくって。

そしてそれが成功し続けました。

最後は相手のオービック・シーガルズのビッグプレイにやられましたが、それまでリードを守っていました。

やみくもに一生懸命にやって無難に負けるより、失敗したら何を言われるかわからないけど、これをやらないと勝てない、と言う勇気ある姿を見せてもらいました。

だからあの試合は、負けたファイターズも称えたいのです。


結局私は、山本監督はじめベンチは、勝ちに行って、ただ失敗しただけだと思うのです。

「納得できる負け」と言う守りに入らなかったのだと思うのです。

だから私は、今回の敗退について、何も非難する気持ちはないのです。

「走っても良い」

と言う指示が中途半端すぎる、と言う声も聴きます。

走者が二人いるのですから、それを敢行するのはとても難しいと思います。

できるわけないじゃん、と考えないでもないです。

でも、プロのレベルなら、できないこともない指示だったのかもしれません。


だから山本浩二監督の「采配に悔いはない」と言う言葉は、強がりには聞こえません。


これから選手やスタッフが帰国します。

ありきたりな言い方ですが、胸をはって帰って来てほしいです。

そしてペナントレースが始まったら、負けたことをプラスに変えて、がんばってほしいと思います。

「あの敗戦がなければ、今の自分はなかった」

今回出場した選手たちが皆、後日振り返れるようになることを願っています。


なお、この記事には、下記記事その他を参考にしました。

NHK「山本監督 相手の投手陣に勢いあった」へのリンク

『Baseball America magazine』編集者John Manuel氏のツイートへのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【WBC】ブラジル代表は素晴らしかった

        20130305wbcブラジル


(3/5の朝日新聞朝刊に載ったコラム

 WBCに参加したブラジル代表の今後を期待するものでした)


WBCが始まりました。

と言いますか、もう今日の日本対キューバ戦で第1ラウンドAグループの試合がすべて終わります。


昨年末は、こんな威厳のない大会に出場しなくてもいいよ、とネガティブなことを書いていた私ですが、始まるとやっぱり見てしまいます。


このグループからは、予想通り日本とキューバが次のラウンドへ進むことが決まっています。

ですが、キューバはともかく、日本は「順当に」行ったとは思えません。

それは予想以上にブラジルがいい試合をしたからです。


今大会のといいますか、対日本戦のブラジル代表の戦いは、賞賛に値すると思います。

2チャンまとめサイトに書いてあったのですが、本来は日本がやらなければいけない野球を、日本に対して遂行し、そして日本を倒しかねない試合を展開しました。


とくに一番センターのオルランド選手の、送りバントからのディレードスチール。

そして得点したことは素晴らしかったと思います。


三番打者のサードのレジナットは、日本の田中投手(イーグルス)、杉内投手(ジャイアンツ)、そして昨季沢村賞の摂津投手(ホークス)から安打を放ち、2打点を挙げました。


フェルナンデス投手、ゴウベア投手は、それぞれ3回を投げて1失点ずつでした。

相手が日本だと考えると、好投だと思います。

逆転を許し、敗戦投手になった仲尾次投手は、最初の回は低め低めに制球されていて、2三振を奪いました。


守備では目を見張るプレイは少なかったように感じます。

ですが、ミスも少なかったと思います。



ブラジルが5回に摂津投手から1点を奪った時、私は、日本は負けるかもしれない、とも思いました。

でも、相手がこのブラジルならば、それは納得だ、と考えました。

それだけ、ブラジルは一生懸命でしたし、下馬評の不利や、地力の違いを克服しようと一生懸命でした。


そう言うチームは応援したくなりますが、私も日本人なので、日本の逆転勝ちを喜びました。

でも、できればブラジルのような、相手がどんなに強いチームだろうと、本気で勝ちに行くために色々と工夫をするチームは大好きです。

日本と一緒に第2ラウンドに行ければいいな、と考えました。

でも、キューバは日本より強かったです。


トップに置いた写真の記事には、今後のブラジルが楽しみだ、とありました。

私もそう思います。

そう言えば、今ブラジルはバレーの強豪国で、日本はブラジルの後塵を拝していますが、私が子供の頃は日本の方が圧倒的に強かったと思います。

そんな感じで、ブラジルが野球の競合国になる日が来るかもしれません。

日本人や日系人の力がそれに協力させてもらって、そして日本と優勝をあらそうようになったら、それはとても喜ばしいことだと思います。


関連サイトへのリンクを貼っておきます。

日刊スポーツ「ブラジル対日本スコアテーブル」へのリンク

サーチナニュース「WBC初戦ブラジルに辛勝。重圧を振り払う井端の一振り」へのリンク

2ちゃんまとめ「WBC日本VSブラジル<海外の反応>」へのリンク

2ちゃんまとめ「なんJ民が感じたWBCブラジル代表の感想」へのリンク


下の動画は、日本対ブラジル戦の得点シーンをまとめたものです。




Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

落合氏の「WBC監督は永遠にやらない」と言う発言は、信用しません

WBCの監督問題について書こう、と思っていたら、衝撃的なYahooトピックスの見出しが入ってきました。

「落合氏「侍ジャパン」監督就任を否定「永遠にありません」」

なんと…

こちらの2つのニュースに詳しくあります。

(内容はほぼ一緒です)

産経新聞「落合氏「侍ジャパン」監督就任を否定「永遠にありません」」へのリンク

サンスポ「落合氏「侍ジャパン」監督就任を否定」へのリンク




なんとまぁ、驚きました。

私としては、そして少なからぬ人が落合監督を待望しつつも、今回は難しいだろうと考えていたと思います。

前回、指揮をとっていた中日ドラゴンズから、選手の供出を拒否していたと言う感情的な面から。

そして、最近健康に問題があると言われている点からと。

それでも

「将来的にはどうなるかわからないけど、今回は絶対にやらない」

ぐらいにしとけばいいのに、と思うんですが…

これが天才、というか自分の生き方に自信のある人の言葉なんだろう、と驚き、またうらやましくも感じました。


ところで、私がこの落合氏の発言について、タイトルで「信用しません」と書いたのは、こういう過去があるからです。

落合氏は若いころ、とにかくとんがってました。

言うことのほとんどが、球界の価値観に攻撃的でした。

その中のひとつで、初めて三冠王に輝いた頃、こんなことを言っていました。

「名球会なんて全然興味はない。

 2000本安打を打ったら絶対に入らなきゃいけないのなら、1999本を打ったところで引退する。」

当時落合氏は30歳前後で、私は高校生。

これをある雑誌で読んだときには、すごいこと言うなぁ、と驚きました。

しかしその後、落合氏は2000本安打を放つと、普通に名球会に入りました。


私はこの落合氏の言動に対して、賛成も反対も思いません。

あれだけのことを言っていた落合氏が普通に入るのだから、2000本安打を打つってのは、本当に難しいんだろうな、としか思いませんでしたし、今でもそう思ってます。


そう言う過去があるので、私は「永遠にありません」と落合氏が言ったところで、信用しないのです。

と言うか信用したくないのです。


若いころと違って、歳をとると言葉を選んでしゃべるようになるのが普通です。

だから、落合氏が軽い気持ちで「永遠にありません」と言ったわけではないでしょうから、たぶん本当にやる気はないのかもしれませんが、でも信用したくないです。


私は、落合氏は、状況が変われば、言うことややることを翻すことを躊躇しない、いい意味で度胸のある人だと思います。

今回、WBC監督をやるのは無理かもしれませんが、いつか昨日の言葉を撤回して、日本代表を率いてくれることを期待します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

WBC参加不参加に、意思を書くのは困難



WBC不参加表明を伝えるニュース動画)


日本プロ野球選手会は先週の7/20の臨時大会で、来年3月に開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への不参加を決議しました。

その前には第1ラウンドでキューバーと当たる可能性が高いとか、監督問題が難航しているとか伝えられ、もうとっくに参加するものと思っていたので、この決議には驚きました。

ただ、去年も「このままでは参加できない」と言ってましたから、その路線が継続確認されたと見れば良いので、突然の決議ではないと思います。


1.単に「金持ち同士のけんか」ではすまされない

日本ではあまり例がありませんが、米4大スポーツなどでは、よく労使が待遇などを巡って対立します。

NFLは昨年開幕1カ月前までロックアウトが続きましたし、NBAはシーズンに入ってしばらく、公式戦がキャンセルされました。

「労使闘争」と言ったって、選手も基本金持ちだと思われてますから

「億万長者と百万長者のけんか」

と揶揄され、ファン置き去りで金持ち同士がけんかしている、と批判されることもあります。


今回の選手会の決議についても、しょせん金かい?、と言う批判的な声もネットにあります。

私がそう思えないのは、国威がかかっているからです。

どうしても日本がアメリカになめられている、と言う印象を受けます。

しかもそのアメリカは、元祖の看板もむなしく未だ優勝できず、それでも本気のチームを編成してこないように思えます。

こんな大会のために、日本国民全員がなめられている、と言う感覚がありますので、選手会の行動が正義に見えたりします。


しかし一方で、アメリカ(正確には主催者のWBCI)にも言い分はあるようで、これは去年から伝えられていたものです。

下記リンク先の「■WBCI(アメリカ)の言い分」を見ていただけると良いと思います。

NAVERまとめ「WBC不参加決議!選手会が決めた理由」へのリンク

アメリカは各国の招待を負担し、赤字のリスクを負い、野球後進国への援助を行っている。

そのため、多くの利益を持って行くのだと。

そう聴きますとアメリカのいい分もまっとうに聞こえますが、具体的な収支額が発表されていないのが問題とされているようです。

利益額については、日本の取り分から逆算できるでしょう。

問題は、アメリカの言う「負担や援助」にどれだけ使われているのか、だと思います。

これが発表されないと言うことは、それを差し引いても大きな利益を得ている、と考えても不思議はないと思います。


2.日本のファンはどう思っているのか

こんな記事がありました。

J-CASTニュース「「WBC不参加、納得できる」 ファンは選手会支持多く」へのリンク

「(WBC不参加に)スポーツ紙は否定的な論調が多いが、ファンの見方は必ずしもそうではない」

とのことです。

一昨日「ズームイン・サタデー」で見た街角インタビューの結果は、不参加を支持が45%で反対が46%、わからないが9%と、賛否が拮抗していました。

(ネットでは、私の感触では、不参加支持が多いようです)

「日本の三連覇はみたい、でもこんな不公平は許せない」

と迷った結果の数字だと思います。

たしかに私も日本の三連覇はみたいですし、最悪でも準決勝までは行ってほしいです。

前回の2009年大会、私はいろんな人のブログを見ましたが、およそ野球に興味がないような方までもが、日本の連覇までの過程に一喜一憂されてました。

私の好きな歌手、谷村由美さんもブログでその興奮ぶりを書かれていたのは印象深かったです。

今、日本にはいろんな価値観が存在し、ひとつの方向を向いて熱狂するのが難しくなっています。

「日本に熱狂が必要なのか」

と言われてしまうと考え込んでしまいますが、去年の3.11の東日本大地震のことなどを考えますと、今の日本には「希望」が必要だと思います。

すでに連覇を果たして強豪中の強豪の日本が三連覇を果たしたところで、日本人にとって新しい「希望」となるのか、と言う否定的な考え方もできます。

私は、「希望」になる、と思います。

連覇することは、1回優勝するよりもはるかに難しい、と言うことはよく聞きます。

それに、前回WBCを見ていなかった人もいるでしょう。

日本が世界に誇れるものが少なくなってきました。

そう言うことを考えると、WBCでの日本代表の三連覇は、日本の新しい「希望」となり、エネルギーとなると思います。


それだけに日本の不参加は残念、と思う声が多いのは、全然不思議ではないです。


3.アマとメジャーでチーム編成の可能性

日本のプロ野球が不参加であれば、それに属さない野球選手で日本代表を編成し、参加すると言う方法もあるようです。

スポーツニッポン「アマ側は静観 メジャーとアマ選手で代表編成の可能性も」へのリンク

結論から言うと、私はメジャー・アマで編成する日本代表には、強いて言えば反対です。

それでは三連覇は無理だろうからです。

なんやかんや言っても、日本のプロ野球はレベルが高いです。

その選手たち抜きでは…

彼らは一般の日本人に比べると、厚遇されていると思いますが、そのかわり公人として色々なことを言われ続けています。

そのきつさが、アマにはプロほどはないと思います。

アマが日本代表のユニフォームを着ることは、その人とその周囲、そして何年後かのプロ野球には有益かもしれません。

ですが、ファンの応援は、選手会の選手ほどではないでしょう。

ファンあっての日本球界です。

だから、私は選手会の人々と、メジャーの人々で最強チームを作るべきだと思います。

もちろん、最強チームを編成するのに、良いタレントがアマにいれば、その人が抜擢されることは支持されるべきだと思います。


4.幕末維新の不平等条約改正

ふと思い出したのが、幕末の日本(正確には江戸幕府)が諸外国と不平等条約を結ばされ、それを明治政府の人々が、改正に尽力したことです。

そう考えると、「5年先を考える」のであれば、今は耐えてWBCに参加すべきなんじゃないか、なんて考えることもできなくもないかなぁ~、なんて思うのですが、状況が違い過ぎて無理です。

去年、この交渉を政治や経済の世界に置き替えて、日本がアメリカに反対するとは興味深い、と語った政治家がいました。

私もそう思います。

日本は外交が下手だと言うイメージが強いようですが、そんなことはないと思います。

ただ、アメリカはこのように切り崩しにかかっているように思えます。

スポーツニッポン「WBC運営会社は選手会無視!あくまで「NPBと合意」」へのリンク

日本プロ野球機構と選手会の連携も大事ですが、スポンサーと連携することもアメリカと闘う大きな手段だと思います。


私は今のところ、不参加について支持も、不支持も答えが出せません。

それは情けないことです。

ただ、このように問題が存在することは、ペナントレースに集中できないと言うことを除けば、決して不幸なことだとは思いません。

不参加表明は終わりの始まりであり、結論ではないようです。

日本主導で国際大会を作るとかの案も含め、最善の結果が出ればなるべく早く出れば良いなと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~