FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【みずほ銀行】明日からのオンライン計画停止は周知されているのだろうか…

みずほ銀行は、新システムへの移行に伴い、来年にかけ、計9回のオンラインの計画停止を予定しています。

その第一弾が明日6/9(土)22時から6月11日8時までに予定されています。

このことを、多くの方、特にみずほ銀行をメインバンクにしている人が知っているのか、疑問に感じます。


私はこのことを、先週あたりに電車の中吊り広告で知りました。

私はネットやテレビを普通の人と同じぐらい見ていると思いますが、そこでこのことを伝えるCMなどを見かけた覚えはないです。

なので、あまり知られてないんじゃないかと思うのです。

みずほ銀行利用者のもとにはお知らせのメールや郵便が届いていると思いますが…

メールだったら見ない人もいるかも、とか思います。


みずほ銀行と言いますか、みずほフィナンシャルグループは、過去システムで重大な障害を出してきました。


もう失敗は許されないという意識が強いと思います。

しかしそれ以前に、この日はATMが使えないとは知らなかった、と言う人が多数出ないかな?と懸念します。

ただし今回の停止時間は、次回以降に比べると短めに設定されており、知らなくて困った、と言う人がいても少数で抑えられると言う考慮もされているのかもしれません。


こちらに、全オンライン計画停止期間に関するみずほ銀行のお知らせはこちらにあります。

「オンラインサービスの臨時休止について」

https://www.mizuhobank.co.jp/transition/online_stop/index.html

それにしても…

「IT界のサグラダファミリア」と言われたみずほ銀行のシステムも、やっと一元化の目処が立ったのか、と思うと、職業柄もあり、感慨深いものがあります。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : ITニュース    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ICT】「カナリアテスト」あるいは「カナリアリリース」の意味を調べて思い出した事件と歌


こんなニュースを見かけました。


「カナリアテスト」
(canary test)…

ICTの会社に勤めながらも、恥ずかしながら初めて聞いた言葉でした。

ググってみると…

「カナリアテスト」より「カナリアリリース」と言う言葉を多く見かけました。

「カナリアリリース」の意味は

「プロダクトやサービスの新機能を一部ユーザーのみが利用できるようにリリースし、新機能に問題がないことを確認しながら段階的に全体に向けて展開していくデプロイ手法のこと。」

(「カナリアリリースとは 意味/解説 - シマウマ用語集 https://makitani.net/shimauma/canary-release 」より)

システムの切替で「順次移行」と言う言葉がありますが、それに似ているだろうな、と認識しました。

「カナリアテスト」の意味はわかりませんでしたが、たぶん以下のどれかでしょう

・「カナリアリリース」と同義

・本番へリリースするものではなく、あくまでもテストの段階で「カナリアリリース」的なことを行うこと


なお「カナリアリリース」と「カナリアテスト」の語源は、さきほどの用語集によると

「カナリアリリースは、かつて炭鉱でのガス漏れ事故を防ぐために、無臭ガスに敏感な鳥(カナリア)を鳥かごに入れて炭鉱に持ち込んだ生理学者のJohn Scott Haldane氏による実験が由来とされる。」

そうです。


その説明で思い出したのが、1995年3月の、山梨県にあったオウム真理教の「サティアン」と呼ばれた施設の捜査でした。

たしかこの時、捜査員は、サリンなどを警戒するために、カナリアと一緒に、サティアンに入って行った覚えがあります。

調べてみたら、やっぱりそうでした。


今思うと、生き物、しかもその生死に頼らなければ、他に方法はなかったんだろうか、まだそんな検知装置もできてなかったのか、と当時のカナリアのことをかわいそうに思います。

でもあの捜査は、極端な表現をすれば、日本国が壊滅するかどうかがかかってましたから、あのカナリアにはかわいそうですが、仕方がなかったのでしょう。

あのカナリアのことは、こちらのサイトに詳しく書いてありました。


「カナリアテスト」または「カナリアリリース」でもうひとつ思い出したのが、松田聖子さんの

「Canary(カナリー)」

と言う1983年の曲です。



最初に引用した記事を読んだのが、朝の通勤途中。

それからしばらく頭の中で

「Canary」

がまわっていました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 気になったニュース    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【新元号】発表が年末以降になるかもしれないとか…大丈夫か?



来年の5月1日に、皇太子殿下が今上陛下の後をお継ぎになり、天皇陛下となられると同時に、新元号が施行されるわけですが…

その新元号の発表が今年の末以降、12月の終わり以降になりそうだと言う報道がありました。


「元号公表で新天皇に国民の関心が集まれば、天皇陛下と新天皇の「二重権威」が生じかねないとの懸念に配慮した。」

との理由だそうです。

生前退位の話が出てから、この「二重権威」と言う言葉をよく目にしますが、そんなに懸念しなければいけないものなのか、私には理解できません。

ひとつ考えられるのは、国内だけではなく、外交面でも不都合があると考えているのか、と言うことです。


それはさておき…


「政府は即位30年を祝う記念式典を来年2月24日に東京都千代田区の国立劇場で行う方向で、式典後に新元号を公表する可能性もある。」

とありますが、本当に2月24日以降になったら、私が所属するICTの世界は大変なことになるでしょう。

3月と4月の2ヶ月で対応とか…大丈夫か?

しかも年度末と年度頭でただでさえバタバタしている可能性が高いのに…

働き方改革が進んでいたら、無理もできないし…

(4月に36協定を締結し直す会社が多いと思いますが、そう言う会社なら時間外の時間を分散できますが…)

29年前に、昭和から平成への切替えを経験していますから、できるだけ直しやすいシステムになっているところが多いと思いますが…

元号をそのままプログラムに入れていたり、プログラム以外のところに埋め込んであるところもないとは言えないでしょうし…

テストは必ずやらなければいけないわけで、29年前とは比較にならないほどコンピュータシステムは社会に浸透しているでしょうから、膨大な工数がかかるでしょう。

怖いのはパッケージソフトで大きなカスタマイズをしたあたりかなぁ…

しかも元号を使っているのはお役所や銀行などのお堅いところが多いので、やっちゃいました、じゃ済まないと思います。


それでも下の記事を読むと、カレンダー業界も大変だと思います。

元号が変わるのがわかっていて、しかも何になるかわからないまま売るわけですから。


きっちりしたところは、カレンダーに、中に返信用の封筒を入れた封筒を同封して売って、元号が決まったらその封筒を送ってもらい、返信用の封筒に新元号のシールを入れて送り返して、所定の場所に貼ってもらうとか…

まあ、元号のないカレンダーもありますし(我が家のも、よく見たらなかったです。いかん)、気にしない人は気にしないでしょう。

でも日本人なら気にして欲しいですが…


IT屋の私は、来年の今頃何をやっているんだろう。

ゴールデンウィークはあるんだろうか…



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 天皇陛下・皇室    ジャンル : 政治・経済
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【デジタルイノベーション】「XaaS」で古今東西山手線ゲーム~知っているだけではなく、思いつく限りあげていけばできるかも

「SaaS(Software as a service)」「PaaS(Platform as a service)」と言う言葉が使われるようになってずいぶんと経ちます。

最近では「RaaS(Ransomware as a service:ランサムウエアを提供するサービス)」と言う迷惑な言葉もニュースで見るようになりました。

「RaaS」には「Robotics as a Service」と言う健全なサービスもあるそうです)

この「aaS」がつく言葉を

「Everything as a service」

とか

「XaaS」

と言うようです。

XaaSの画像


ところで「XaaS」で「古今東西山手線ゲーム」をやるとなんかいいことあるかもしれない、と思いました。

他人が挙げた「XaaS」のなかで、知らないものがあれば勉強になりますし、負けたくない一心で、今は存在しないサービスを無理矢理ひねりだせば、意外と実現性があって、それがデジタルイノベーションになったりして…なんて思いました。

でも、こういう事は仕事でやってるところもすでにいくつもあると思うのですが…


参考までに、これは2015年1月に書かれたもの。

信憑性は保証できませんが、ゲームになるときの参考になればと思いまして。

「知ったかぶりの用語解説〜○aaS/as a Service/○アズ・ア・サービス。正式にはXaaS…?。って、たくさんあるんですね。」へのリンク

この頃はまだ「RaaS」は登場してないですね。

「ZaaS(Zangyo as a Service)」

には笑いましたが、このサービスはなくしていかなければいけませんね。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ソフトウェア開発    ジャンル : コンピュータ
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【キャプテン・システム】の思い出〜そう言えばバイトやったなぁ


記憶があやふやなのですが、大学2年生か3年生の時に

「キャプテンシステム」

と言うものに関わるバイトをしました。

たしか東京飯田橋で、だったと思います。

2回か3回通ったあと、

「明日から来なくていいから」

と言われて、辞めさせられた記憶があります。

私は大学生の時にいくつものバイトをやりましたが、そう言うことを言われたのは、後にも先にも、この仕事だけだったと思います。

ですから、辞めさせられたのは、私の不徳のいたすところではなく、人を雇うほどキャプテンシステムの仕事がなかったんだと思います。

キャプテンシステムのことは一時期大きなブームになったのですが、私が大学を卒業する頃には、すっかりその名前を聞くことはなくなっていたように思います。


キャプテンシステムとはなんだったのか…

あらためてウィキペディアの

「キャプテンシステム」

のサイトを見てみました。

縁のない技術的な用語が多くてよくわからなかったのですか…

「双方向ではないインターネット」

あるいは

「個人が手軽に情報を発信できないインターネット」

と言う印象を受けました。

インターネットの概念が普及していなかった1980年代中頃のことですが、調べ物をするには、都合の良いシステムだったと思います。

ただ、端末が高い…

とても学生が買えるようなシロモノではなかったと思います。

「フランスでは、多くの人にキャプテンシステムの端末が行き渡るようになっている」

と言うニュースを、うはやましく見た覚えがあります。


時代が10年ほど過ぎた頃、インターネットが世に知られ始めました。

これもインターネットのように消えていくのか、と思ったものです。

ですが、2つの点が違いました。

「双方向性がある」

「個人が手軽に発信できる」

そして端末となるPCが、この頃かなり安くなり、個人で買えるようになりました。

それまでは、個人でPCを持っている人は少なかったです。

スマホも立派なコンピュータですので、今では一家に一台はある、に近い状況だと思います。

話が逸れましたが、インターネットは広く世界に広まり、今や手軽に使え、個人的にも、インフラとしても欠かせぬものになったと言えるでしょう。

ただ、「手軽に」使えるぶん、犯罪にも手軽に使えるようになり、以前ほど「気軽に」使えなくなったようにも思えます。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)    ジャンル : 日記
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【AI】いよいよ人間が征服される時代が来たのか、と思ったニュース〜シンギュラリティとは?


一昨日、2017年8月1日の午後、ツイッターで話題になっていたのがこのニュース

独自言語を開発して会話を始めたロボット、フェイスブックが停止:
https://jp.sputniknews.com/world/201708013947295/ @sputnik_jpさんから

タイトルを見て、これはAIが一人歩きし始めて、人類を征服し始める兆しが出てきたのか、こわっ、と思いました。

しかし本文をよく読むと…

よく理解できなかったのですが、それほど怖い話ではないかな、と思いました。

アルファベットは使うものの、まったく新しい言語を作って、それで会話するレベルのもののようです。

ただ、自分たちで閉じた世界のことをやり始めたのは、やはり驚くべきことだと思います。


ところでこの記事に

「いよいよシンギュラリティが始まったか」

のように

「シンギュラリティ」

と言う言葉をつけてツイートしている人が少なからずいました。

「シンギュラリティ」

については、ウィキペディアに

「技術的特異点」

の別称として記載されています。

この言葉がよくわかりません。

私は半月ほど前にこの言葉を知ったのですが…

ウィキペディアによると、人工知能の力が人類を上回り、

「人類が進化させられること」

みたいなことが書いてあるようです。


しかし、どれか忘れましたが、あるネット記事には、人工知能が人類を支配するようになること、みたいなことが書かれていたと記憶します。

ウィキペディアに戻ると、シンギュラリティが起きた後の、科学技術の進歩を支配するのは、人工知能か、人工知能によって進化させられた、あるいはサイボーグみたいな、「ポストヒューマン」だとあります。

いずれにしろ、我々のような今の人類が、人工知能にふりまわされる時代のことを言っているんでしょう。

そう言う話しを聞くと怖くなります。

でもその前の段階の

「人工知能に仕事が奪われる」

と言う考えかたは嫌いです。

「面倒な仕事を人工知能が人間やってくれるようになる。

人間はもっと高度な仕事ができるようになるか、今ほど働かなくても暮らせるようになる。」

と考えてます。

楽観的過ぎますかね
σ^_^;


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : え!本当!?    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【人工知能】AIにスポーツの名場面を選定できるかな?〜IBM「Watson」の挑戦


IBMはAI「Watson」を使って、ウィンブルドンテニス大会の名場面を抽出し、ハイライト動画を作成するそうです。

「IBMのAI「Watson」がウィンブルドンの名場面を選定、ハイライト動画に|cnet_japan」
https://japan.cnet.com/article/35103704/

ゴルフでは実績があるそうです。

記事の中で気になったのは

「ファンの歓声、選手の動き、試合のデータなどを分析して自動的にハイライトを選定し、動画を作成する」

と言うくだり。

テニスはそれで良いでしょう。

ゴルフでも実績ができたと言うのもうなずけます。

ひとつのプレイが終わるまで、観客は静かですから。


では他の競技ではどうでしょう。

例えば日本のプロ野球。

攻守交代の時を除いて、大体いつも鳴り物が鳴っていて、バッターの応援歌が歌われています。

それでも、得点が入ったりすると歓声があがりますが、よほど繊細に集音して分析しないと、どこが盛り上がったのかよくわからず、名場面を抽出するのは難しいと思います。

うちの近所の等々力陸上競技場で行われるJリーグの試合も、ずっと歌声などが聞こえますが、盛り上がるところは歓声がひときわ大きく聞こえます。

サッカーのことはよくわかりませんが、試合の伏線となったプレイを完全に拾うことを諦めれば、音声解析だけでも、ハイライト動画はできるんじゃないかな、と考えます。

そう、どのスポーツにしろ、伏線となるプレイ、特に野球の配球などの目立たないものを拾うのは難しいと思います。


ところで…

ハイライト動画と言ってもいろいろあるようです。

ここまで書いてきたハイライト動画は、後で試合の流れをおおざっぱに把握するためのものだと思いますが…

先日、テレビの朝のニュースで見た北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズのハイライト動画は、ほぼ、怪我から復帰して3試合目のファイターズの大谷翔平選手の打席の画像のみで構成されていました。

しかもファイターズは負けました。

勝っていて、勝利に貢献していたのであれば、そのハイライト動画でも、違和感は覚えなかったと思うのですが。

テレビで放映されるハイライト動画は、ある選手やあるテーマで試合を伝えることもあるようです。

こう言う放送用のハイライト動画は、AIには難しいとも、簡単にも思えます。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 最近気になったニュース    ジャンル : コンピュータ
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【セキュリティ】米政府機関「パスワードは定期的に変更してはいけない」と言うニュース〜パスフレーズとは


一昨日の朝見たネットニュース。

その中のこの見出しには驚かされました。

「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/-----2_1.php

会社でこの件を話題にしたら、ずっと前にそんな記事を読んだよ、と言われました。

去年の8月のこの記事かもしれません。

実は危ない、パスワードの定期変更:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO05876050Z00C16A8000000/

双方の記事をまとめると、多くの人は覚えやすいいくつかのパスワードを準備して、それを使いまわしていたりする。

また、似たような英数字を記号に置き換えたり、サービス名を最後につけたりすることなどが挙げられています。

そう言う防衛策はハッカーも知っているので、それに対応する攻撃を仕掛けてくるそうです。

そんなわけで、パスワードを定期的に変えるのは「危険」と言うか「それほど有効的ではない」ようです。


ではどうすればいいのか?

最初の記事には、「パスフレーズ」を導入することを勧めているようです。

「パスフレーズ」とは、簡単に言えば「パスワードの長いもの」で、途中にスペースも入れられるようです。


ではどんなものがパスフレーズになるのか?

考えられるのは有名な文章や歌詞ですかね。

キリスト教社会なら聖書の有名な箇所とか

ビートルズの有名な歌詞とか

名言とか

数字だけですが、円周率とか

元素記号とか

歴代アメリカ大統領の名前とか

歴代スーパーボウルMVPとか

これらは一般的すぎるので、やはり何か個性を持たせたものや、文章や文字列として読むと、意味をなさないものがいいんでしょう。

なお、私の「パスフレーズ」に関する解釈が正しいかどうかは自信がないです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : え!本当!?    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「脳によるタイピング」と言う待ちこがれた技術〜激増する「出力」をどう「入力」するか?


iPhoneによる音声入力は、かなり楽で、聴き取りミスを考慮しても速いと感じます。

私はブログなどを書く時に、できれば音声入力を使いたいのですが、通勤中など、周囲に人がいる時は、基本的にそれはできません。

聞かれると恥ずかしい、と言う気持ちもありますが、何よりも迷惑ですから。

できれば人に聞こえないように音声入力をしたい

そんなわけのわからない私の希望が、この記事の技術が実現すればかないます。




こちらのニュースは、もう少し具体的でわかりやすくなっています。


Facebookが目指すものは、

「脳と発話の間の非侵襲型インターフェース」

だそうです。

記事によると、すべての「考えたこと」が入力されるのではなく、「話そうと考えたこと」が入力されるようです。

それをどんな技術で実現するのかはまだ漠然としているようですが、ここまで方向が決まると、一気に実現へ加速しそうな気がします。


ところでこの技術が完成し、普及すれば、入力された言葉は、全部とは限らないとしても、多くの「出力」を産むでしょう。

facebookは

「人々が言葉を発することなくコミュニケーションをとることのできるシステム」

を目指すようですから、つまりは「出力」されることが前提なわけです。

その出力がメールやメッセンジャーのように特定の相手なのか、ツイッターのように不特定多数なのか、記事には特定してありませんが、多分両方でしょう。

後者となると、世の中には今よりも膨大な「出力」であふれることになるでしょう。

そして問題は、その大量の「出力」をどうやって生身の人間が取り込むか、つまり「入力」するか、だと思います。

今ですらネットには膨大な「出力」であふれているのに、これ以上激増すると、本当に価値がある情報が伝わりにくくなる可能性もあると思います。

野球の世界でバッティングマシンの登場で、打つ練習量が増え、バッティングの技術が上がったのに対し、ピッチングの技術は生身の人間が投げ込むしかないので、相対的には上がっていない、とかなり前に読んだ覚えがあります。

この懸念は、AIに情報収集を任せるか、または「有用」と言う意味で良質で情報を発信するメディアが登場し、「ブランド」となれば、小さくなるかもしれません。

20170421Facebook脳から入力


そしてもう一つ懸念が。

今は主にキーボードやタッチパネルで、ネットに投稿するものを入力していますが、その途中で、

これはネットに投稿するのにふさわしくないんじゃないか

炎上するんじゃないか

と考え、入力をやめることがあります。

facebookの目指す技術が完成すれば、そう考えつくひまもなく、投稿されるかもしれません。

この懸念もAIがブロックするか、あるいは投稿の前に、本当に投稿するかを問う画面があれば、なくなるかもしれません。


この技術ができれば、かなり革命的なものになるだけに、ある程度の規制をしないと混乱を招くものとなると考えます。

それでも私はこの技術に期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : え!本当!?    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】AIでやってほしいこと~電通がプロ野球の順位予想をAIにやらせたと聞いて


先週開幕した日本のプロ野球ですが、前日にNFLによる順位予想が行われたようです。

「人工知能がプロ野球予想 セ・リーグ最下位は阪神」へのリンク

(記事中に、開幕戦の「日本ハムと西武の開幕戦1回オモテ、有原航平投手(日ハム)が投じる初球は「インコースのストレート」になる確率が最も高いという」とありますが、実際はアウトコース高めのストレートだったそうです。

別のサイトの伝えるところでは、これは、ライオンズの先頭打者を金子選手と想定しての話だそうで、実際は秋山選手でしたから、そうなると予測も変わっていたかもしれません。

また、有原投手が本当にアウトコース高目を狙ったのかどうかはわからず、逆玉だったかもしれませんので、一概にAIが外した、とは断言できないでしょう)


この記事を読んで、ふとNFLに関することで、AIを使ってやってほしいことを考えてみました。


1.ドラフトを予測する

今月末のドラフトを控え、NFL関連のニュースに、ドラフトを予想するものが多くなっています。

私の英語力では、AIを使った予測は見当たらず、記者やアナリストが予想したものばかりでした。

ぜひAIにやらせてみてほしいですね。

NFLのドラフトは完全ウェーバー制で重複指名を認めていませんから、くじ引きの当たり外れとかは気にしなくていいのは楽だと思います。

ですが膨大なインプットデータが必要となるでしょう。

NFLはチーム数が多いですし、アメリカンフットボールはポジションが多数あります。

それにドラフト候補はたくさんいます。

インプットは大変な作業だろうな、と考えます。

でも、逆にそれだけ複雑なのでAIにやらせてみる価値はあるかと思うんですが。

ドラフトの最中にどんなトレードが起きるか、と言うのも興味深いです。

現実の話としてドラフトの準備は大変ですから、ひょっとしたらAIを使ったシュミレーションをやっているチームもあるかも…

ないかな…


2.最終順位と、スーパーボウルチャンピオンを予想する

日本でやったように、各地区の順位予想と、それに続くポストシーズンの予測もやってみてほしいです。

この場合、開幕時のロースターだけではなく、不測の事態に備えて、どことも契約していない有力選手のデータもインプットしておくと、さらに正確になるでしょう。

全チームの順位をあてるのは大変だと思う一方で、スーパーボウルチャンピオンは、ニューイングランド・ペイトリオッツとしておけば、当たる確率はかなり高いと思います。

グリーンベイ・パッカーズを応援している身としては、現実ではそうはさせたくないですが。


3.采配をふるう

今までは主に、ファンとして楽しめることを書きましたが、これはチームに関わる重要で現実的なことだと考えます。

チームが抱える選手のことを考慮して、ゲームプランをたて、プレイコールを出す。

これではたぶん「おもしろくない」と反対されるでしょう。

ですが、助言を導き出すツールとしては、使うとおもしろいんじゃないかと考えます。

それに、現在のAIはまだあくまでもサジェストのレベルまでしかできないとのことみたいですから。

でも将来は、結果がどう出るかは別にして、完璧に采配がふるえる「人工知能」ができることでしょう。

そうなったら、1チームぐらい、その「人工知能」で戦ってみるチームがあってもいいかと思います。

GMの仕事も込みで。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : テクノロジー・科学ニュース    ジャンル : ニュース
  1. ITの話し
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ 埼玉西武ライオンズ ホークス オードリーのオールナイトニッポン NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球  夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 オードリー Xリーグ アメリカンフットボール 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 平成時代 戦争 終戦の日 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 歴史 ドラフト AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Twitter Amazon DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス メンタルヘルス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 真珠湾攻撃 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース  サムライハイスクール 三浦春馬 歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 景浦安武 南海ホークス 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾修 東尾理子 アース・ウィンド・アンド・ファイアー September Earth, Fire 九月 Wind Tumblr twitter 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -