FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【ニューノーマル】この一年で新たに持ち歩くようになったもの

去年の2月末あたりから、私の周囲でも新型コロナCOVID-19に対する対策が打たれるようになり、また自分自身も身を守ることを考え始めました。

コロナCOVID-19の影響だけではないですが、この一年で少なくとも4つ、出勤するときや外出するときに必ず持っていくものが増えました。

こちらです。

20210322この一年で持ち歩くようになったもの

1.老眼鏡

一番上に置いたものです。

在宅勤務の影響からか老眼が進み、去年の4月には老眼鏡なしではPCでの仕事ができなくなりました。

スマホも、本腰を入れて見るときは老眼鏡をかけるようになりました。

買い物の途中でも、商品の説明を見るときにあると便利になりました。

この老眼鏡はダイソーで買った110円のもの。

コンパクトなので持ち運びに便利で、機能もこれで十分です。

他にも、会社に1個、家に1個、それぞれ仕事用に置いています。

視力はどういうわけかアップし、右は1.5で左は1.2になったんですけどね…


2,予備のマスク

左下の大きな白っぽいものです。

最近はなくなりましたが、コロナCOVID-19の流行り初めのころは、マスクをつけるのを忘れて家を出ることがありました。

また、マスクがぽつぽつと市場に戻り始めたころは粗悪品もあり、ひもが切れて使えなくなることもありました。

そのため、コロナ前に買っていた信頼できるマスクを2枚ほどマスクケースに入れて持ち歩いています。


3.携帯用消毒ジェル

出社するときも、買い物に行くときも、だいたい困らない程度に消毒用スプレーやジェルがおいてあるので、あまり使うことはないのですが…

どうしても消毒したくて、消毒スプレーなどが周囲にない時に使ってます。


4.マイバッグ

これだけはコロナCOVID-19とは関係がなく増えたものです。

スーパーやコンビニのレジ袋有料化で、持ち歩くようになったものです。

まいばすけっとで200円ぐらいで買いました。

実はこのマイバッグの中に、白いレジ袋が2つ入っています。


私は必要最低限のものしか持ち歩きたくないので、小さなバッグを使っています。

冬はポケットが多いコートを着ており、持ち物はすべてその中におさまっていたため、昨年まではバッグを使っていませんでした。

しかし今年の冬はこのようにもちものが増えたため、バッグも必要となりました。

夏になると、今の小さなバッグでは入りきらなくなりそうなので、買い替えを考えています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【戦車】週刊「74式戦車をつくる』創刊〜兵器に対する私の思い


私は兵器に対して複雑な思いを持ってますので、最後まで読んでいただければ、いや、最後だけでも読んでもらえると幸いです。

アシェット社から、

週刊「74式戦車をつくる」

と言う分冊百科が創刊されました。

完成するとリモコンで操作できるそうで、姿勢制御なども可能だそうです。

また、車長サイトの搭載カメラが捉えた映像をリモコンのモニターで確認できるそうです。



これはなかなかすごいな、と思いますが、完成まで2年と言う時間と、それなりの値段(ざっくりと計算したところ、総額19万5千円)がかかります。

詳細は下記ツイートのリンク先にあります。


ところで私は学生時代兵器オタクでした。

1978年夏ぐらいから、1985年ぐらいまでです。

兵器の中でも戦車が好きでした。
これには「エロイカより愛をこめて」に出てくるエーベルバッハ少佐の影響があるかもしれません。

少佐が大好きな「ドイツ戦車行進曲(パンツァーマーチ)」は、おそらくこの

「Panzerlid(パンツァーリート)」

のことだと思いますが、この歌も好きです。



(最後の、私の気持ち、につなげるため、あえて戦闘シーンがあるものを選びました)

74式戦車は1974年にできたものなので、時期的にちょうどツボでした。

気圧サスペンションにより車体を前後左右に傾ける姿勢制御機能と言う、他国では無砲塔戦車のSタンク(スウェーデン)にしか装備されていない機能を備え、避弾経始を追求した結果の、独特な美しい姿…

TAMIYAからプラモデルが発売されると、すぐに買って作ったほど、74式戦車は大好きでした。

あれから40年近くたって74式戦車の分冊百科が発売されるということは、もうとっくに時代遅れの兵器となって、隠すところが少なくなったからなんでしょう。

現に年間40台ペースで退役していき、最新の10式戦車にとってかわられているそうです。

ところで私は

「TANK」

と言う英語の絵本を持っています。

そこに書かれているのを斜め読みしたら、昔読んだ「世界の戦車」と言う新書が、それを邦訳したものだとわかりました。

印象深かったのは、第一次大戦後に戦車には価値がないとみられていた時代に、後にソビエト連邦の戦車のベースとなる「クリスティー型戦車」がアメリカの民間人が開発したことや、イギリスの軍人、フラーが書いた戦車に対する理論のことでした。

私が好きな車はソビエト連邦のT34です。避弾経始を重視し、かつ火力を強化したT10スターリンも好きでした。

形だけで言えば、T34以降のソビエト連邦からロシアの戦車は大好きです。

この2つもプラモデルを作りました。

ほかにも、ドイツのパンサー戦車や日本の97式戦車なども作りましたが、それほど好きなものではありませんでした。

戦車に限ったものではないと思いますが、戦車には、その国の戦争に関する思想が現れるものだと思います…

とか書いていくと長くなるのでこの辺にしておきます。


こんな感じで、私は戦車のことが大好きなのですが、ブログにはあまり戦車のことや兵器のことを書いた覚えはありません。

書く気がしないのです。

書き出せば、ここまでの展開のように止まらなくなるのですが…

なぜかと言いますと、結局兵器のほとんどは、相手の兵器や施設を破壊し、人を殺すものだからです。

若いころは、それがどーした、と考えていました。

しかし、歳をとっていくと、だんだんそのことが重要なことだと考えるようになりました。

特に、1人でも人が死ぬ、ということには、ものすごくデリケートになりまして。

今でも兵器のことを知るのは興味がないことはないですが、ブログに書くことはあまりないでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

人生初の「肺炎」からの復帰〜ここしばらくの不調のこと


かなり読みにくい長文になってしまうと思います。

7/1に、な〜んとなく風邪っぽいな、と感じたましたが、そんなにおおごとだとは考えませんでした。

そんなことはよくあることで、市販の風邪薬を早めに飲んでおけば、次の日には治っていることが多いので。

それよりこの日は、止めても止めてもしゃっくりが出てくることに悩まされました。

私はしゃっくりが出やすい体質なのです。


しかし翌7/2、とても会社に行ける状況ではないほど風邪はひどくなりました。

咳もひどかったのですが、とにかく頭が痛重く、また気持ちも悪くて。

そして、寒いのか暑いのかわからない感覚が続きました。

しかし…その日はどうしても会社に行かなければいけない用事が3件ありましたので、3時間遅れて出社。

その3件とその他のことをこなして、1時間早退して、年に数回行くクリニックへ。

「風邪」だと言われました。

37.1度の熱がありました。

平熱が低いせいか、私は風邪になっても熱を出すことはまずありません。

多分この時が、令和初どころか、21世紀になって初めての発熱だったと思います。


翌7/3は快方に向かっているように感じられたのですが、7/4に再び悪化。

7/2よりひどかったかもしれません。

しかし、感情的に休みたくはなかったので出社しました。

その無理がたたってか、7/5は7/4よりさらにひどくなりました。

この日は休みたくない用事があったのですが、とてもじゃないので出社は断念することにしました。

週末の土日、7/6と7/7は、できるだけ休養にあてました。

7/7の夜には、ちょっと調子が悪い、と言う程度までに戻ったのですが…

7/8にまたも悪化。

しかし前の週末ほどではなかったので、普通に出社。

早退はせず、前と同じ病院に行きました。

またも「風邪」だと言われました。

今回の風邪は、普段効く咳止めが、ほぼ効きませんでしたので、強いのにかえてもらいました。

その週はきつかったもののなんとか休まず乗り切りました。

しかし完治には至らず、薬も切れたので、7/13の土曜日、今度は毎月お世話になっているクリニックに行きました。

ちょっとだけですが熱は上がっており37.2度。

この1週間はそんなに熱っぽく感じなかったのですが…

そこのお医者さんは、検査があまり好きではないのですが、念のため、肺のレントゲンと血液検査をやりましょう、ということになって…

結果、

「肺炎」

だと言われました…

多分人生初の「肺炎」だと思います。

私の辞書には「肺炎」は載ってないので、この病気のことはよく知らないのですが…

肺炎って重病で、ものすごくきつそうなイメージがあり、ました。

ですが、「風邪」と言われた時よりもきつくはなかったので、不思議な感覚でした。

治療の方は、入院とかそんなことはなく、投薬のみでした。

そのお医者さんの調剤がよかったのか、1〜2週間でよくなりました。

「きつかったら来週来てください」

と言われていたのですが、逆に外に出るのが精神的にきつかったので、行きませんでした。

こりゃぁ、行かんとヤバい、と言う自覚症状もありませんでしたし、休養しておけば治るだろうと考えましたので。


さて、


この風邪から、それをこじらせて肺炎になって、回復するまでに思ったことをいくつか…


「今日は会社に行かねばならない」と言う用件は、せいぜい一つぐらいにして、あとは他の人が代わりにできるように、仕事の段取りをしとかなきゃいかんな、と思いました。

テレワーク出来るような仕組みがあれば、段取りも難しくないかなと思いました。

そして…実は風邪をひく一週間前に、腹を下していたので、それを加えるとほぼ一ケ月病気にかかっていました。

それでも結果的に、病欠は1日半で済みました。

なかなか行けるじゃん、と精神力に自信はつきましたが…本当は周りにうつさないことを考えて、早い時期にもう数日休んだ方が良かったのでしょう。

自信はもてましたが、あまりほめられたものではないな、と思っております。


そして何より残念だったのは…

この一か月間、あまりブログを更新できなかったこと。

多分4回ぐらいしか更新できません。

書きたいことはたくさんあったんですが…

常々「ブログを書くと、心身とも調子が良くなる」と書いてきましたが、この一か月間は、なるべく休養に心がけましたので。

来月からぼちぼち、書き始めたいと思います。


今後ともよろしくお願い申し上げます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 健康    ジャンル : ヘルス・ダイエット
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

【泣けるアイテム】自分はどんなもので泣けるか、考えてみた

1月に「水曜日のダウンタウン」で放送されたこの企画



「1時間に1回泣かないといけない生活、泣けるアイテムが充実していてもしんどい説」

を証明するものでした。

途中まで見てやめたのですが、ふと、自分にとって

「泣けるアイテム」

には何があるだろう
と考えてみました。

いくつか挙げておきます。


1.「ごんぎつね」

20190318ごんぎつねの画像

あまりにも有名な、新美南吉の童話(になるのかな?)。

物語の全文はこちらにあります。

「「ごんぎつね」全文」へのリンク

改心したごんは、なぜ撃たれなければいけなかったんだろう。

別の終わり方はなかったんだろうか…

いったいこの不条理な話は、なにを訴えたかったんだろうか…

そう考えると、ただただ悲しくて涙が出ます。

ただ、最後に兵十が、これまで毎日食べ物を持ってきてくれたのがごんだと気がついたのは、私にとっては救いでした。

気づいたことは、兵十にとっては悲劇でしょうが…

本当に、なにを訴えたかったんだろうか…

しかし、それがなにだったのかは、知りたくはない複雑な自分がいます。


なんとなくこの不条理と言う疑問を抱えたままでいたいです。


2.「最後の授業」を含む「月曜物語」

「月曜物語」は1873年にフランス電話番号出版されたアルフォンス・ドーデの短編小説集です。

その最初にあるのが「最後の授業」です。

「最後の授業」は、普仏戦争で敗れたフランスが、ドイツに割譲することになったアルザス地方が舞台です。

ドイツ領となるためフランス語を「国語」として授業を行うのは禁止になります。

その「国語」としてのフランス語の最後の授業のことが書かれた短編です。

授業の最後に、先生は黒板に

「フランス万歳」

と書きます。

ここで私は号泣します。

「最後の授業」は1985年まで、国語の教科書にのっていたそうです。

私が通った学校の教科書には載っていませんでhしたが。

「月曜物語」にはこの他にも、「フランスの魔女」「ベルリン攻囲」など泣ける話が載っています。


3.「フィールド・オブ・ドリームス」

「フィールド・オブ・ドリームス(Field of Dreams)」は1989年のアメリカの映画。

私が見てきた映画の中で、一番好きな映画であり、泣けるアイテムとしては鉄板です。

ファザコンを自称するオードリー若林さんは、著書の中で「一番好きな映画」と書いています。

泣きどころはいくつもあります。

球界を追放になった選手たちがトウモロコシ畑からフィールドにおそるおそる出てきて、安心すると大はしゃぎしながら駆け出すところ…

主人公の娘がスタンドから落ちたので、後に医師になる青年が助けに行こうとするも、グラウンドをでるのを躊躇し、決心して老医師として出てくるシーン…

しかし何と言っても、最後の

「お父さん、キャッチボールをしようよ」

と若き日の父に叫ぶところが、一番の泣きポイントです。

この動画の1:50辺りからのシーンです。



(Movieclips公式「A Catch With Dad - Field of Dreams (9/9) Movie CLIP (1989) HD」)


4.「ジョーイ」

「ジョーイ(Something for Joey)」は、実話をもとにした1977年のアメリカの映画。

途中まではなんとなく物悲しいものの、泣けるようなシーンがあるようには思いませんでした。

しかし最後の、兄ジョン・キャパレッティのハイズマントロフィー受賞のスピーチで、一気に涙腺が崩壊します。

ここに「ジョーイ」のフル動画があります。

その1:28:00あたりから、スピーチのシーンが始まります。

そして1:29:50あたりから、感動の言葉が。



(Something for Joey ジョーイ 1977)

「末っ子のジョーイは、病気です。

白血病です。

僕が闘うのはフットボールをするときだけですが、弟は常に苦痛と闘っています。

いっときも休まずに…

この賞は弟に譲ります。

これは弟のものです。

僕は弟に教えられたのです。

みなさん、ありがとう。」


このスピーチは素晴らしすぎて反則だと思います。


5.「栄光なき天才たち」の「マンチェスターユナイテッドの悲劇」

「マンチェスターユナイテッドの悲劇」については、いろいろなもので伝えられているようですが、私は「栄光なき天才たち」と言うコミックで読んだもの、そしてそこからの復活劇が大好きです。

飛行機墜落事故でチームのほとんどを失ったマンチェスターユナイテッド。

そこから悲願の欧州選手権優勝までのことが、バスビー監督と、生き残った期待の若手ボビー・チャールトンが葛藤しながら立ち直っていく姿が描かれています。

2人の心の動きが描かれているところが感動的で、欧州選手権に勝った後、チャールトンがグラウンドにあおむけになって泣くところで号泣します。


6.2006年最後の試合の斉藤和巳投手


これまで何回も書いてきましたが、2006年10月12日パ・リーグのプレーオフ第2ステージ第2戦で、サヨナラ負けを喫した福岡ソフトバンクホークスの大エース、斉藤和巳投手がマウンドに崩れおち、ズレータ選手、カブレラ選手に肩を担がれてベンチに帰っていく姿は、とても感動的です。



(YouTube動画「斉藤和巳 〜エースの散り際〜」)

仕事に失敗すること、仕事がうまく行かないことは誰にでもあります。

特にスポーツの場合、相手があることですから、相手も一生懸命やってきますから、自分が一生懸命やっても、うまくいかなくても当然です。

それでも、この時の斉藤和巳投手のときほど、一生懸命がうまく行かなくて崩れ落ちる、と言う経験は私はありませんし、他にもなかなか見た覚えはありません。

お前はここまで一生懸命物事に打ち込んだことはあるのか?

そんなことを問いかけられた思いがしました。

優勝して歓喜に浸る姿よりも、銘記しておく宝物だと思います。

ただ…

斉藤和巳投手には、一度もポストシーズンで勝利投手にしてあげられなかったのは、残念だと思います。


他にもいくつか泣けるアイテムは思いつきましたが、絶対にこのことを見ると、それだけではなく書いていると、語ると、それだけでも泣く、と言うシーンではないように思いましたので、ここまでにしておきます。

メンタルヘルスマネジメントととして、たまには泣くこともいいらしいですよ。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : メンタルヘルス    ジャンル : 心と身体
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

(その0)【このブログも10年企画】どんなことをしようか、考えています

2008年4月17日にこのブログをはじめました。

そして来週17日、このブログは10周年を迎えます。

ひとつの節目を迎えるにあたって何をやっておこうか、考えていることを書いておきます。


1.ブログのフォーマットを変える

もう少し読みやすい形に変えたいと思っています。

今、本文とその両側にブログパーツを置くと言う、3列構造にしていますが、これでは本文の1行1行が短く、縦に何回もスクロールしないと最後まで読めないようになったりします。

これを2列にして、1行を長くするような形にしたいと思います。

ブログパーツも整理したいです。

今は「人気記事一覧」とか「オンラインカウンター」とか使えなくなっているのを放置したままにしていますが、こういうのをやめて、さらにもう少し少なくしたいと考えています。


2.10年間の変化を書いておきたい

この10年間で、ブログと、ブログで取り上げてきたことがどうかわったか、書いておきたいと思います。

例えば…後者についてはオードリーさんが一番激しい動きをしてきたと思います。

このブログを始めたときはその存在を知らなかったのが、今や超売れっ子となりました。

そしてオードリーさんを取り上げてきたことでこのブログがどう変わったか。

いくつかのテーマについて書いておきたいと思います。


3.読んでもらっている方に何かお礼をしたい

このブログがここまで持ったのも、読んでもらっている方がいるからだと思っています。

何かプレゼントするとか出来ればいいんですが、お金の問題とか、受け渡しの問題があるので、それはできないなぁ…と。

一番現実的なものは、書いてほしいことをアンケートで募って、多かったものについて書くことかな、と思っています。

そのアンケートも、どうやって募るか、適当な手段が思いつかないのですが…


4.ここは改めたい

もう少し読みやすい文章を書きたいと思っています。

最近はいろんな意味で余裕がなくて、あまりじっくりと考えて書けていない気がします。

その結果、言いたいことが伝わっていない文章になっているように感じます。

この点は改めれられればいいなと思っています。

あと、コメントが返せないのが申しわけなくて…

返さないと失礼だとは思っているんですが…

ここは改めたいと考えていますが、私にとってはけっこう難しいことで…

毎日更新はあきらめましたが、今年に入って書かない日が多すぎるなと思っています。

書くことは、私自身の心身の健康を整えることになるので、なるべく間位置に書くようにしたいと考えています。


5.ブログ名は変える気はないです

ドン・マカウスキのプレイでアメフトにはまったので、彼のニックネーム「MAJIK」を。

歴史が好きなので、その意味を持つ単語「鏡」の英訳で「MIRROR」を。

この二つを組み合わせてブログ名を「MAJIK MIRROR」にしたのですが…

何年かたって、「マジックミラー号シリーズ」のことを知って…

このままでいいんだろうかとか思ったんですが、今更変えるのもね、と思っています。

一昨年、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝までのマジックに連動させて、ブログ名を一時的に変えたことがあります。

そう言うことはするかもしれませんが、基本的にはこのまま行こうと思っています。


今考えているのはこんなところです。

これからしばらく、【このブログも10年企画】シリーズを書いていこうと思っています。

ご意見があれば、コメントやSNSでいただけると嬉しいです。

ですが、返事をしないこともあるかもしれません。

(Twitterなら返事しやすいです)

それでも良ければ、横着ですみませんが、よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ブログ    ジャンル : ブログ
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

色覚異常なんだが、「【激ムズ】「色彩能力者」にしか読めない文字」と言う問題をやってみたところ

8問中7問正解で、完璧な色彩感覚の持ち主、とまで判定されました。


タイトルにも、ツイートにも書きました通り、私は「赤緑色弱」と言う

「色覚異常者」

なんですがね。


一問だけ間違えましたが、これはボタンの押しミスでした。

正解と同じように見えてましたので、実質、全問正解だと認識しております。


ツイッターを

「「色彩能力者」にしか読めない文字 色弱」

で検索してみると、色弱ながら全問正解だった人が少なくないことがわかります。

本当に、ネットのこの手の問題はあてになりません。

現実では、「色覚正常」と言われる人が作った資料がよく見分けられなくて、苦労することもあるんですが…

だから私が色覚異常なのは間違い無いと思います。

この手の問題で得点が低くても、気にしなくていいですよ。


ところで、こんなものもやってみました。


10問中9問正解でした

設問の中で知っている言葉は一つだけでした。

ですが、この他のJK用語の特集をテレビでやっていたのをちょっと前にやってて、そこから読み取れる文法らしきものと、行動パターンから考えていけば、当たりました。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2016年の思い出】「NewsPicks」に私のブログが載りました~これってすごいの?~

今年も残すところ少なくなりましたので、発表するタイミングを失っていたものを、今さらですが載せておきます。

以下本文


ニュースアプリの

「NewsPicks」

に、私のブログが載りました。

こんな感じです。

20160220「NewsPicks」に載った画像

載った記事はこちらです。

「自分からなくなりつつある、地図を読む技術」へのリンク

正直なところ、この記事は一生懸命考えて考えて、考えた末に書きあげたものではないです。

そう言うのが取り上げられるんですから、ブログってよくわからないな、と思います。

時間も頭も使って書いて、これはうける、と思った記事があまり読まれない、と言うことはよくあるんですが…


気になるのは、自分が書いたものがこうやって取り上げられるのって、すごいことなのかなぁ、と言うことです。

ブログの管理画面のカウンターを見ていると、瞬間的に訪問者数が増えることがありますので、これまでも他のニュースサイトでいくつか取り上げらことはあると思います。

こんなニュースがありました。

RBBTODAY「ニュースアプリ、利用率1位は「Yahoo!」満足度1位は「NewsPicks」」へのリンク

だとすると、いいニュースアプリに取り上げてもらったものだとおもいます。


一方で、「NewsPicks」のこの記事の下に、私にとってはかなり多数のコメントがかかれています。

そしてこのコメント自体に「Likes(いいね)」ボタンがあって、そのコメントが支持されているかどうかわかります。

とっても怖くてまだ読んでいません。

でもいずれは読まないとなぁ…

そしてPDCAをまわさないと…


またこう言うことがあるよう、がんばりたいのですが、どうがんばればいいやら…

ブログで一番力を入れている、アメリカンフットボールのことでのりたいです。

そうすると、普及にも役立つでしょうから。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : こんなことがありました    ジャンル : ブログ
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「痛」いだけで終わってはもったいない~栗原嵩選手の目からウロコのツイート

平成27年、2015年も今日が最後の日となりました、

今年もお世話になりました。

どうもありがとうございます。


ところで、今年の私の一文字を強引に選ぶとすれば、

「痛」

と言うのがふさわしいかな、と考えます。

・体のいくつかの場所が痛かったです

・例年より、痛いミスをやや多く犯しました

・逃したり失ったりして、痛い思いをしました

そんなことがあったので、「痛」を選びました。

だいたいがもう終わったことですが、今でもよく脚がつって痛いのは変わらないです。


そう言う後ろ向きなことを書いて一年を終わらせるのも不本意ですので、最後に前向きなことを。


先日、こんなツイートを見かけました。




「その人達と出会って話をするだけでケガした意味があると感じさせる。」

と言う言葉には、

「目からウロコが落ちる」

思いでした。


この考え方は「スポーツ選手」の「ケガ」に限ったものではなく、大部分の「普通の人」の「望ましくないこと」にあてはめることができると考えました。

私にとっては、「痛」い物事の中から何か得られなかったか、「痛」いだけじゃなかったんじゃないか、と考えねばいけない言葉でした。

今はそう考えられなくても、来年には、「今年の「痛」いことがあったからこそ…と思えることに発展しているかもしれません。

そして、これからは「痛」いことがあっても、栗原選手の言葉を忘れずにおこう、そして思いだそう、と考えることにしました。


とりあえず、少しは前向きなことが書けて、今年を終わらせることができそうで、幸いに思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : 日記
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

アニメ『人生』に考えさせられたこと~文系、理系、体育会系…私はどれ?~



(人生相談テレビアニメーション「人生」 PV)


最初にお断りしておきますが、私はこの分野(「萌えアニメ」と言うんでしょうか?)にはまったく知識がないので、専門用語を誤解したり、変な解釈をしてしまうかもしれません。

そこのところは大目に見てやってください。


2月26日の「ZIP!」の「チューモーク」のコーナーにて

「人生」

と言うアニメの特集をやっていました。

ちらっと見てみたんですが、設定に食いついてしまいました。

Wikipedia「人生(小説)」から引用しますと、

「理系代表の遠藤梨乃、文系代表の九条ふみ、体育会系代表の鈴木いくみ」

の3人が「お悩み相談」にこたえていく、と言うところです。

様々な質問に、理系、文系、そして体育会系の価値観からこたえていくのですが。

それぞれの回答に、「あるある」が感じられておもしろかったです。

・理系は理屈っぽくて、回答に血が通ってない感じ

・文系は、なんとなくそんなもんでいいんじゃないですか、答えが出なくてもっ、て感じ

・体育会系は一直線で、気合い至上主義と言う感じ

でした。

これらの傾向が、いいとか悪いとかの話しではなく、いかにもそんな感じだなぁ、と言うのがおもしろかったのです。

それと、文系と理系を並べた他、体育会系を同列に並べたのもおもしろいなとおもったところです。


このアニメは昨年7月から10月ごろまでに放送されたそうです。

公式サイトはこちらです

「よみうりテレビ「人生」公式サイト」へのリンク

DVD情報などがあるサイトはこちらです

「人生相談テレビアニメーション「人生」公式サイト - Vap」へのリンク


ところで放送終了後、「人生」の公式twitterアカウントが、こんなツイートをしていました。




「「人生」が毎朝の1コーナーになったら面白そうだな」

と言うのは、ありだと思います。

「ZIP!」は先週放送1,000回を迎えましたが、アニメ「ガッチャマン」や「マジンガーZIP」などが結構好評でした。

今の「はくしょん大魔王」も、おもしろいことはおもしろいんですが、これまでの2作ほど話題にはなってないようです。

これに替えて「人生」が放送されると、けっこうおもしろいと思います。

番組的にも視聴者層が拡大されていいんじゃないかと思うんですが。

これまでの設定は、私のようなアラフィフが「なつかし~」と思えるものばかりでしたので。


最後に本題ですが、私が文系、理系、体育会系のどれか?と尋ねられたら…

超文系と答えるでしょう。

それは、ある疑問に関して、その答えを追い求めることをせず、逆に答えを出さないことに喜びを感じたりするからです。

例えば「最後の授業」を書いたフランス作家のドーデには「盲目の皇帝」と言う短編があります。

「盲目の皇帝」は、この小説の中で出てくる、日本の古典小説または歌劇のタイトルをそのまま使ったものです。

日本の古典小説や歌劇に、それを思わせるものがあったっけ?

あったとしたらそれって何のことだろう?

初めてこの小説を読んだのは高校生の頃で、その疑問はずっと頭の片隅にあり、ときどき取り出しては考えていました。

しかし一昨年あたりに、この疑問をあるSNSに書いたら、それは「○○」(名前は忘れました)のことです、との回答が返ってきました。

Wikipediaにも書いてありました。

それを読んだ私は、つまんなぇ、と思いました。

こたえてくれた人には申し訳ないのですが、そっか、そう言うことだったのか、すっきりした、とは思いませんでした。

そして、この疑問は、死ぬまでずっと答えを出さずに考え続けていたい、と自分は思っていたことに気がつきました。

ね、私って超文系でしょう。

あいまいな考えをするどころか、答えを出すことに喜びを感じないこともありますから。

(ちなみに、アメリカ国歌に出てくる「ロケット」ってなんだろう?と言う疑問も持っていました。

 18世紀後半の独立革命当時、今でいうところのロケット砲があったとは考えられませんから。

 しかしこれも、Wikipediaに答えが書いてあり、なんとなくがっかりしました)


こんな超文系の私でも、社会人になってずっとプログラマやシステムエンジニアと言う、どちらかと言うと理系的なことをやっているのも不思議なものです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

平成27年なう、新年のご挨拶~今年注目しているイベント



(昨年、平成26年の初日の出の動画)


平成27年なう、です。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


トップに置いた動画は、昨年の初日の出です。

今年もこれから初日の出を見に行く予定ですが…

天気が大丈夫か心配なところです。


さて今年、平成27年(西暦2015年)に行われることで、注目しているイベントを書いておきます。

1.第5回IFAFアメリカンフットボール世界選手権

私がもっとも楽しみにしているもので、日本が王座奪還できるのか、注目しているものです。

ただしまだ今年行われるかどうか、はっきりとしていないようです。

そもそも夏にスウェーデンで行われることが決まっていたのですが、何かの問題で、スウェーデンが開催から撤退しました。

その後、メキシコが代替開催の手をあげたりしたんですが、現在はアメリカのオハイオ州カントンで行う方向で調整中のようです。

(もう決まったかもしれません。

 この手の記事は英語のしかありませんので、よくわからんのです(^_^;))

カントンはNFLの「名誉の殿堂」とでも訳すべき、ホール・オブ・フェイムがあるところで、NFLにとっては特別な場所です。

NFLの選手が出場することはないでしょうが、いよいよアメフト発祥の国で開催されることになるのか、とワクワクしてきます。


2.第16回世界剣道選手権大会

5月29から、東京の日本武道館にて第16回世界剣道選手権大会 (16WKC)が開催されます。

日本は剣道の発祥の国ですが、日本では1997年以来久しぶりの開催だそうです。



この動画は個人で作られたもののようですが、いいなと思ったので載せさせてもらいました。


3.2015 ラグビーワールドカップ

イギリスではなく、イングランドで開催されます。

日本も出場しますが、2019年には日本でラグビーワールドカップが開かれますので、注目度を上げるためにも、ぜひ悲願の予選突破を達成してほしいです。

開催は、9月18日からだそうです。


4.70回目の終戦記念日

来年は太平洋戦争をも含む、第二次世界大戦が終了して、70年となります。

各国とも、おおがかりなイベントがあるんじゃないかな、と思います。


5.あれから20年

うちら夫婦が結婚してから20年になります。

二人とも健康で、結婚記念日を迎えたいものです。

なんか女房にプレゼントしなきゃいけないのかなぁ…


20141231ブログ用年賀状



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
  1. 私について
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

アメリカンフットボール Everybody クリティカルヒット タクトOK!! オードリー 平良海馬 春日俊彰 ラグビー 埼玉西武ライオンズ イコールワン福岡SUNS アート・ムンク スティーブ・ラージェント ジェリー・ライス ジェームズ・ロフトン ニック・マルティネス 福岡ソフトバンクホークス 月間MVP テレル・オーウェンス ハロルド・ジャクソン フリオ・ジョーンズ ランディ・モス 阪神タイガース 失策 甲斐野央 千賀滉大 甲斐拓也 稲尾和久 大谷翔平 オリンピック エレン・ロバーツ オーストラリア 週刊ナイトライダー 岡部平太 Xリーグ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 コロナCOVID-19 ワクチン スーパーボウル ワイドナショー 泉谷しげる 清田育宏 糟屋郡 粕屋郡 柳田悠希 変態ホームラン 左へ引っ張る bayfm AWAKE 有馬隼人 NFL ツイッター Twitter Twitterスペース キューバ 東京オリンピック モイネロ 磁石 永沢たかし 佐々木優介 J.J.ワット ティム・ティーボウ キリスト教 歴史 ふくらすずめ 関西学院大学 お笑い 5thdownチャレンジ YouTube ジョニー・ペスキー 錦織圭 清水善造 熊谷一弥 ベーブ・ルース ジェンダー問題 魔女 小泉今日子 河口正史 石川柊太 春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 吉野至 ホークス 周東佑京 みらいふ福岡SUNS 石川雄洋 ノジマ相模原ライズ 横浜DeNAベイスターズ スタンフォード ボビー・バレンタイン 東京五輪 DK・メトカーフ 津森宥紀 勝利投手 QB オハイオ州立大 ジャスティン・フィールズ 鷹ギャール はぁちゃん BLM オリックス・バファローズ マネキン ワシントン・フットボールチーム オードリーのオールナイトニッポン エムガルティ 片頭痛 ドッペルゲンガー ローランド トレバー・ローレンス ベラ・マルチナ 李卓 IPP 日テレジータス ドラフト 昭和の日 忽滑谷こころ P1Harmony Scared 笑い 寄席 緊急事態宣言 ジム・オットー ケン・バーロウ 背番号 平野宏周 KICKOFF~青春の晴れ舞台~ 宙船 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー iTunes 斉藤和巳 CFLグローバルドラフト 3DownNation CFL コンバイン コリン・レイ NFLドラフト候補名鑑 玲寿丸尾 丸尾 玲寿里 町野友哉 田浦文丸 バリカタ守備 ヘイトクライム MLB ヒューストン・テキサンズ アリゾナ・カージナルス オールナイトニッポン 佐藤敏基 クラウドファンディング 丸田喬仁 山﨑丈路 谷村有美 記録 NFLの歴史 今宮健太 和田毅 ヒーローインタビュー 川島慶三 パトリック・マホームズ 森唯斗 RB ビンス・ロンバルディ 呪い ニューノーマル 横山海マクスウェル ジョー・ネイマス 第3回スーパーボウル 特別ルール TOKYOMX ポッツビル・マルーンズ フリーエージェント NiziU 大阪大学 錦鯉 あちこちオードリー 東日本大震災 メンタルヘルス ボランティア ミスター・イレレバント ライアン・サカップ ザワつく! 金曜日 パンツァーリート テリー・ブラッドショー トム・ブレイディ マイア・チャカ ナイト・ライダー しまむら メンタルコーチ スポーツ心理学 オリックスバファローズ 酒井勉 ブレット・ファーブ レジー・ホワイト カイラー・マレー HBCU 黒人歴史月間 天皇陛下 エリザベス女王 ホイットニー・ヒューストン QBカルーセル BTS 防弾少年団 アーロン・ロジャース 斎藤まりな 斎藤ちはる ブロックバスター アローヘッド フライオーバー バッカニアー 泣くな、はらちゃん コージ・トクダ 鈴木弘子 新型コロナウィルス COVID-19 後遺症 チャット clubhouse クイズ リチャード 小久保裕紀 ライスボウル ピート・キャロル 立花道雪 菅田将暉 泣くな 丸山隆平 薬師丸ひろ子 忽那汐里 麻生久美子 はらちゃん カンニング竹山 たまむすび 医療従事者 野口聡一 カンザスシティ・チーフス グリーンベイ・パッカーズ 第1回スーパーボウル ナイトライダー ベイウォッチ デビッド・ハッセルホフ タンパベイ・バッカニアーズ カンファレンスチャンピオンシップ Zoom デショーン・ワトソン テッド・ウイリアムズ サッチェル・ペイジ ケン・グリフィー・ジュニア ノーラン・ライアン ドリュー・ブリーズ 星条旗 バッファロー・ビルズ プレイオフ アイシールド21 ヨリが跳ぶ 侍ジャイアンツ 英検 クリーブランド・ブラウンズ ザ・リーサルウェポンズ アップセット ラマー・ジャクソン 000ヤードラッシャー デリック・ヘンリー 2 令和2年 モチベーション フィールド・オブ・ドリームス ポプコン 相曽晴日 ビル ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ M-1グランプリ 相武紗季 キャンセルカルチャー BLM運動 奥野耕世 林大希 甲子園ボウル サラ・フラー TSL ザ・スプリング・リーグ リストコーチ 長谷川勇也 桑田真澄 シャーロック・ホームズ 憂国のモリアーティ REGGIE セニョール・パ キラスポ 工藤公康監督 #アメフトを止めるな 日本シリーズ ヘイルメアリーパス M-1 シティポップ シティ・ポップ 朝日奈央のキラめきスポーツ タイトル マックス・マギー 早稲田大学 福岡高校 ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス 流行語大賞 ドライブレコーダー 内川聖一 伊藤玄太 佐藤輝明 近江克仁 クライマックスシリーズ リーグ優勝 ステイホームトーナメント 近藤夏子 サンデー佑京 栗原陵矢 エノーラ・ホームズの事件簿 Netflix アレックス・スミス 五十嵐亮太 佐野元春 ウェリントン 新型コロナ Bye,Bye,September 原真祐美 ライバル IT 恐怖新聞 女性 シンデレラ 映画 ライアン・フィッツパトリック 80年代洋楽 シンディー・ローパー トロール 納言 パンクブーブー オードリーのNFL俱楽部 リトルトゥース 人種差別問題 松田宣浩 プロ野球 17LIVE 霜降り明星 選挙 空母ミンスク 第三次世界大戦 セレブレーション 武田翔太 安倍晋三 ハイジ・ゲーム ハーシェル・ウォーカー 澤木由衣 四千頭身 久保建英 ビジャレアル サッカー 鳥内秀晃 ダニエルKイノウエ国際空港 真珠湾攻撃 新型コロナ禍 終戦記念日 モーションキャプチャ ニグロリーグ 2020年甲子園高校野球交流試合 オプトアウト 福高 自律神経失調症 福高剣道部 ローレント・デュバニー・ターディフ 長瀬智也 手越祐也 スコット・ノーウッド キッカー レッドテイルズ 文化戦争 ダグ・ウィリアムス ワシントン・レッドスキンズ カート・ワーナー 虹プロジェクト スポーツとIT 福岡賢樹 コリン・キャパニック オンラインルール説明会 ブルーインパルス 医療従事者にエールを eスポーツ MADDEN 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 合谷 RPA オービックシーガルズ 金スマ 昭和天皇 運動不足 動画 ブーマー・アサイアソン 羽生結弦 聴覚障害者 熱男リレー EXIT 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ GAMEPASS 歴史的黒人大学 スーパーボウル観戦会 ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ドン・マカウスキ ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 福田秀平 NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 平成時代 終戦の日 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS DAZN Amazon Hulu パワーランキング グレード 引退 復帰 オフ会 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ 人工知能 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 広島東洋カープ 優勝 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン 眼精疲労 JINS 電柱 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 大石 森脇 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 グリーンベイ ロジャース ファーブ パッカーズ メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 野村 景浦安武 あぶさん 立花香織 南海ホークス 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 東尾理子 東尾修 石田純一 September Earth, Fire 九月 Wind アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -