FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【アメフト】新リーグXFLのドラフトが10月15日から~指名候補のサイトには日本人選手の名前も

来年2月のスーパーボウルの翌週から開幕を予定している米新リーグ

XFL

のドラフトが、米時間の来週10月15日から16日にかけて行われることが、同リーグから発表されました。

XFLはNFLと競合するのではなく、NFLのない2月から4月に開催されます。

そして、NFLを目指す選手を育成することを目指すようです。



ドラフトの形式は、上のXFLのFacebookにもありますが、Wikipediaの「2020 XFL Draft」を参考に日本語で書いておきます。

まず、全8チームに、QBが1人ずつ割り当てられます。


これは各チームが提出する、獲得したいQBのリストをもとに行われます。


以降は以下の通りです。

15日

フェーズ1.オフェンスのスキルポジション(QB、RB、WR、TE)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェーズ2.
オフェンスライン(OG、OT、C)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェーズ3.ディフェンスのフロントセブン(DL、LB)の指名が1チーム10人まで行われます。

16日

フェーズ4.ディフェンスバック(CB、S)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェース5.ポジションに関わらず、各チームが30人を指名します。

なお、スペシャルチーム(LS、P、PK)については、私の英語力では明確には訳しきれなかったのですが…

フェーズ5で指名されるか、どのフェーズでも指名できるかのどちらかだと思います。

各チームは71名、全チームで568人が指名されます。


ところで、XFLのサイトを見ますと、

「XFL DRAFT POOL」

と言うサイトがあります。

下のツイートの中にありますが、ドラフト候補生のリストのようです。


この中のグループ1の中に、オービック・シーガルズのRB李卓選手の名前があります。


そして、グループ2の中に、京都大学在学中のOL町野友哉選手の名前があります。


グループ1とグループ2の違いはわかりません。

なお、グループ2が発表されたのが現地火曜日の10月8日。

上記サイトのリストには現地金曜まで、毎日200人ずつ追加され、計1,000人の候補生が発表されるようです。

上記2人の日本人の他、後4人が候補に入る可能性があると思います。

日本時間の土曜日、10月12日には候補生全員が把握できますので、あと何人日本人の名前が載るか、楽しみにします。

20191009李卓選手の画像

(李卓選手)

20191009町野友哉選手の画像

(町野友哉選手)

各チームは、今回ドラフトした71人の他、11月下旬に行われるサプリメンタルドラフト(補足ドラフト)で獲得した選手(人数は不明)を加え、キャンプを行い、シーズン開幕には52人にまで登録選手をしぼるそうです。

日本人がXFLを経てNFLに行くには、とにかくまずはドラフトで指名され、開幕の52人に残り、シーズンで活躍してNFLのスカウトにアピールする、と言う過程を踏むことになると思います。

まずは来週のドラフトの結果を待ちます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL 朗報】増田隆生アナ、約20年ぶりに試合を実況へ~仕事への姿勢を考えさせられた言葉とは

朗報です!!

元日本テレビの増田隆生さんが、約20年ぶりにNFL中継の実況をされます。

1.実況する試合の詳細

担当されるのは、日テレジータスのWEEK6のサーズデーナイトゲームで、

ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)@ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

と言う因縁のカード。

ライブ放送は

10月11日(金)  9:15 ~ 13:15

再放送は

10月15日(火)  23:00 ~ 3:00

詳細は下記リンク先の「NFL on 日テレジータス 2019」のサイトをご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/G/nfl/nflong/

関連するツイートを、「オードリーのNFL俱楽部」の小坂紘平在米ディレクターがツイートしています。




小坂ディレクターのツイートにありますように、増田さんが最後に実況されたのは、1999年シーズンの第34回スーパーボウルだそうです。

20191005増田隆生さん日テレ時代の最後の放送の画像

(第34回スーパーボウル実況の時の増田隆生さんと、解説の後藤完夫さん)

今回のカードは、2001年シーズンからNFLのトップに君臨しているペイトリオッツが、スーパーボウルで2回対戦していずれも敗れたジャイアンツです。

ですからこのカードは「因縁の対戦」だと書きました。


なお、増田さんは、日テレジータスで全米No.1モータースポーツNASCARの実況もされます。

詳細は、下記リンク先の、日テレジータス 2019 NASCARのサイトをご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/G/motorsports/nascar/


2.アナウンサー増田隆生さんとはどんな人なのか

増田さんは1988年から日本テレビでNFLの試合を実況してきました。

当時、毎週水曜日深夜に放送される日本テレビのNFL中継のエース的存在で、他のどのアナウンサーよりも多くの試合を実況されました。

1989年から本格的にNFLにハマった私は、増田さんの中継で、アメリカンフットボールの楽しみ方を教わりました。

とにかく情報量が多くて、解説の方より詳しいんじゃないか?

そんな衝撃を受け、ハマって行きました。

他にも増田さんの実況のファンは数多くいます。

今回の

「増田隆生さんが約20年ぶりに実沢席に!!」

と言う件がFacebookのNFLファンのグループに投稿されると、多くの驚きと、歓迎のコメントがつきました。

「これだけのためにジータス入れてもいいくらいです」

とコメントする人もいるくらいでした。


小坂ディレクターは増田さんのことを、こうツイートしています。




アナウンサー増田隆生さんとは、そう言う人でした。

きっとこれからもそうでしょう。


3.「恩返し」をしたい、と思える人生を

増田さんは6月いっぱいで日本テレビを定年退職され、次のステップに向けて準備中とのことです。

「次のステップ」が何なのか、とても気になります。

7月に開催されたパッカーズファンの集いでお会いした時に

「仕事とは別に、自分を成長させてくれたアメリカンフットボールに対し、なんらかの形で「恩返し」が出来ればな、と思っているんですよ。

恩返しみたいな大げさなことではなくてもほんの少し役に立てればいいなと思っています」


とおっしゃっていました。

アメフトをプレーしてきた選手がそう言っているのはよく読みますが、プレー経験がなく、仕事で携わった人が「恩返しをしたい」と言うのは珍しいんじゃないかと思います。

この言葉、よくよく考えてみると、とてもうらやましいものだな、と思いました。

自分がかかわってきた仕事について、「恩返し」がしたくなると言うことは、とても恵まれた会社員生活をおくられたんだろう、と。

いいことばかりじゃなかったとは思いますが、それでもそう思える仕事をされてきたんだろう、と。

自分のやってきた仕事について「返し」がしたくなるが、そうならないか・・・

どんな仕事を任されてきたか、と言うことも大きいと思いますが、そう思えるかどうかは、結局のところは、自分の働き方、自分の考え方次第だと思います。

私もそうなれるか…。

いや、そうなれるようにしたい、と思えた、増田さんの言葉でした。

20191005増田隆生さん第25回スーパーボウル実況の画像

(第25回スーパーボウル中継の時の増田隆生さん)

現在増田さんは、

タッチダウンネットワーク

と言うアメリカンフットボール情報発信サイトの運営メンバーの一人です。

アメリカのフットボールや文化を、色々な角度から紹介することで、少しでもフットポールのファンが増えれば、という思いで携わっ
ているそうです。

これもアメリカンフットボールへのほんの少しの「恩返し」だそうです。

これからも増田さんのアメフトへの「恩返し」は続くでしょう。

楽しみです。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】第54回スーパーボウルのハーフタイムショーにジェニファー・ロペス&シャキーラ ~ これにディー・スナイダーが怒りのツイート

まだ9月。

NFLはようやくWEEK4の最初の試合が始まったばかりと言うのに、早くも来年2月にマイアミで行われる第54回スーパーボウルのハーフタイムショーの出演者が決まりました。

ジェニファー・ロペスとシャキーラがジョイント・パフォーマンスすることをNFLが発表したのです。


う~ん…

これでこのスーパーボウルでも、私はハーフタイムショーを見ることはないな、と思いました。

名前ぐらいしか知らない方々なので。

スーパーボウルのハーフタイムショーは、私にとっては休憩時間で、タバコを吸ったり、トイレに行ったり、SNSをチェックしたりする時間です。

知らない人の歌はあまり聴きたくないので。

私が最後に真面目にハーフタイムショーを見たのは、2009年に行われた第42回スーパーボウルのブルース・スプリングスティーンだったと思います。

期待していた、「Born in the U.S.A(ボーン イン ザU.S.A)」が歌われず、その理由が気になった覚えがあります。



「オードリーのオールナイトニッポン」が始まった当初の名物コーナー「アメフトの小部屋」のテーマ曲でした。

この曲にはその思い出と、曲自体80年代MTV世代を代表する曲のひとつで、もともと大好きだったのもあって期待して、ずっとテレビ画面を見ていた覚えがあります。

大好きな佐野元春の「SOMEDAY」を思い出させる「Hungry Heart」もなかったなぁ…

今までで一番嬉しかったのは、2006年のローリング・ストーンズかな…



ビリー・ジョエルなんかがやってくれると嬉しいんですが。

彼は国歌斉唱は2回やっていますが、ハーフタイムショーはたしかやっていないと思います。

1989年1月に初めてやったアカペラのはかっこよかったです。



話がそれましたが…

とにかく最近のハーフタイムショーは、ほとんど名前しか知らないミュージシャンがやっているので、見なくなりましたし、あまり期待もしなくなりました。

そんな思いをしていた時、こんな意外なニュースが入ってきました。


ええええええええええええ

トゥイステッド・シスター(Twisted Sister)

とスーパーボウルの組み合わせなんて、考えもしませんでした。

ボーカルのD・スナイダー(Dee Snider)が、前回のスーパーボウルの時に、こんなツイートをしていたのも


このツイートの中にある

「We're Not Gonna Take It,」と「 I Wanna Rock」

は彼ら自身のものです。

歌が始まるまでの寸劇がおもしろいんですよねぇ~





いずれも入場曲に使われていたとは知りませんでした。

日本でも、いまでも時々テレビを見ていると、BGMでかかったりしています。

「We're Not Gonna Take It,」はJリーグのベガルタ仙台の応援歌にも使われているのは知っていましたが…


それにしても…

久しぶりに「トゥイステッド・シスター」のニュースを見て、嬉しくなりました。

80年代のMTV時代以来30数年ぶり…

いや、彼らのニュースなんてひょっとしたら初めて見たかもしれません。

D・スナイダーの名前も久しぶりに見れて…

それが、大好きなスーパーボウルに絡んだものなので、彼らは悲痛な叫びをあげているのかもしれませんが、私は嬉しかったです。

記事をよく読んでみると、トゥイステッド・シスター自身が出たいのではなく、ちゃんとしたメタルなら誰でもいいようですが…

トゥイステッド・シスターがハーフタイムショーに出てくれたら、私は正座して見ます。

寸劇も、完全にまでは求めませんが、再現してほしいなぁ…

お父さん役、先生役を務めた人がお元気なら、ぜひ出てほしい。

見たいなぁ…

20190927Twisted Sister(トゥイステッド・シスター)のディーロス

(1980年代のディー・スナイダーが載ったアルバム「Stay Hungry」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】またもGU(ジーユー)がNFL関連商品を発売〜今度はなんと7種類でチームも増えた


春にNFLのTシャツを発売して、アメフトファンの間でかなり話題になり、大人買いがSNSを賑わせたGU(ジーユー)ですが

第2弾が、昨日9月17日(火)に発売になりました。


ツイートの中のリンクより、こちらの方が直接飛べてよいと楽だと思います。

https://www.gu-japan.com/jp/feature/nflcollab/men/

前回はTシャツだけでしたが、今回は7種類。

スタジャン、ビッグTシャツ、スウェットパーカー、スウェットプルオーバー、Vネックカーディガン、クールネックセーター、マフラー

これはすごい。

カーディガンとマフラーなら会社に行けそうだなぁ

気になるチームは…

2チームしか増えてないのがちょっと残念。

ニューヨーク・ジェッツとミネソタ・バイキングスのものでした。

でも、少ないと言っても、増やしてくれるだけありがたいんですよ。

だいたい、第2弾を出してくれることが本当に嬉しいです。

GUさん、どうもありがとうございます。

第1弾から残っているチームは、ピッツバーグ・スティーラーズ、サンフランシスコ・49ナーズ、オークランド・レイダース

そしてNFLのロゴ。

ニューオリンズ・セインツやニューヨーク・ジャイアンツ、ニューイングランド・ペイトリオッツ、フィラデルフィア・イーグルスなどが消えてしまいました。

残ったチームは売れ行きが良かったのかなぁ

私はグリーンベイ・パッカーズのファンですが、変なものでなければどのチームのものでも買います。

とりあえずレイダースのカーディガンとNFLのマフラーかな。

第1弾の時は、自分のひいきチームがないから買わない、と言うネットの声もいくつか見かけましたが…

かと言って買わないと、NFLから日本市場が見放されそうで…

それもありますから、買った方が良いと思いますよ。

NFLのロゴのでもいいですし。

楽しみましょう。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL100th】今シーズンはNFLの歴史が楽しめる記事が多くてうれしい

NFLは今シーズンが100シーズン目。

記念すべきシーズンと言うことで、今シーズンはNFLの歴史を楽しめる記事が多いように感じます。

歴史好きの私にはたまりません。

20190916NFL100シーズン目のロゴ

いくつか紹介します。

こちらはNFL100年の歴史を、1920年1年ごとに、各シーズンに何が起きたかを編年体で書いた記事。


どこのチームが優勝した、と言うことではなく、その年に起きた重要なことが書いてあります。

例えば「1996」ですが、このシーズンは久しぶりにグリーンベイ・パッカーズがスーパーボウルチャンピオンになったシーズンです。

しかしこの記事で書いてあることは、クリーブランド・ブラウンズがボルチモアに移転して、ボルチモア・レイブンズが誕生したこと。

ですが、ブラウンズのロゴやチームカラーを引き継ぐことは断念したことが書いてあります。

このため、ここまでのブラウンズの歴史や記録は、1999年シーズンに誕生する、実質的には新設チームの新クリーブランド・ブラウンズに引き継がれます。

実質的にブラウンズの戦力を引き継いだレイブンズですが、この年に「新設されたチーム」とされました。

この後、レイブンズは2回のNFLチャンピオンとなり、ブラウンズはこれまで一度しかプレイオフ進出ができていません。

通算のNFLチャンピオンの数は、ブラウンズの方が圧倒的に多く記録されています。

パッカーズが優勝したことは書かれていません。


「2016」には、いまだに全米を混乱させている国歌斉唱時の膝つき問題が、コリン・キャパニックによって始まったことと、スーパーボウルでは、ニューイングランド・ペイトリオッツが3-28の劣勢から追い上げて、アトランタ・ファルコンズをくだしたこと、つまり歴史的な出来事と、優勝チームのどちらもが書かれてます。

とにかく私にとっては、この記事はたまらないです。


こちらの記事は、リーグに属するチームの変遷を軽く書いたもの。


1920年にAPFAとしてNFLが誕生した時は、14チームが参加しましたが、現在残っているのは、シカゴ・カージナルス(Chicago Cardinals:現アリゾナ・カージナルス)とデカータ・スティーリーズ(Decatur Staleys:現シカゴ・ベアーズ)のみ。

そこに新チームが加盟したり、チームがなくなったり、さらに対抗リーグを吸収したりして、今の32チームになりました。

それを地図と、各チームの主な歴史が、棒グラフみたいなもので書いてあります。

日本のプロ野球でもよく見られるものです。

最後の地図

「The NFL realigned in 2002 when the Houston Texans became the league’s 32nd team. 」

は、現8ディビジョンがどのように配置されているかがかかれていますが、2枚目の地図にある「NFC North」は「AFC North」の誤りでしょう。


チーム誕生と廃止、そして移転について動画で表したものがこちらです。



(NFL Throwback公式YouTube動画「How EVERY Team Got Its Name & Identity!」)

第1回スーパーボウルなどの名シーンがあるのも嬉しいです。

ただ、私には読んだり見たりする時間と、英語力がないのが残念です。

ですが、こういう記事が多くて、いつもより楽しめるシーズンだと思います


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】100年目の2019年シーズンの開幕戦、シカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズ~無謀なチャレンジと、とらなかったタイムアウトは勝敗を分けたのか?



(NFL公式YouTube動画「Packers vs. Bears Week 1 Highlights | NFL 2019」)

昨日の朝、NFL100年目のシーズンとなる2019年シーズンが開幕しました。


そのグリーンベイ・パッカーズ(GB)@シカゴ・ベアーズ(CHI)の試合について感じたことを書いておきます。


試合は10-7でパッカーズが勝ちました。


上の記事にあるように、両チームともディフェンスが力を発揮したと思います

7月に行われたグリーンベイ・パッカーズ観戦オフ会で、今シーズンの新戦力などの分析がプレゼンされました。

その時、今年はディフェンスが期待できそうだと思いました。

その通りになったわけですが…

こんなことを書くとベアーズファンの方には悪いのですが、相手が一流のオフェンスだったら止められたかどうか…

と感じました。


ベアーズのディフェンスは、昨年につづき強力でした。

パスは166ヤードしか投げさせず、ランは47ヤードに抑えられました。

さすがです。


ところでこの試合では、今シーズンから導入されたパス・インターフェアランスに対するチャレンジが、初めて行われました。

パッカーズの新HCマット・ラフルアーが4Qに行ったものです。


しかし、とても覆るようなものには見えず、判定も変わらず、ベアーズのパス成功になりました。

こういう覆りそうもないチャレンジは時々見られますが、私はオフェンスの勢いをいったん止めるための、タイムアウト代わりのものだと考えています。

ディフェンスもパニックになっている時もありますから、それを落ち着かせるためのものでもあると考えます。

そしてチャレンジ後のベアーズオフェンスがおかしくなりました。

3回連続して反則。

最終的に1stダウン40と言う、なかなか見ない状況からのスタートとなりました。

チャレンジの間に立て直したパッカーズディフェンスの動きが、ベアーズのオフェンスを崩した、と言う見方ができます。

チャレンジは失敗しましたが、試合の流れを変えることには成功したと言えるでしょう。

結局このシリーズ、ベアーズはパントに追い込まれ、その次のパッカーズのシリーズでパッカーズがFGを決め、スコアを10-3と広げました。

私はそんなに試合を見ていないので、そんなに珍しいことではないかもしれませんが、こんなこともあるんだなぁ…

と思いました。


一方で、1Qのパッカーズの3回目攻撃。

トップの動画の1:58あたりから始まる、2Q残り14:43からの攻撃です。

QBアーロン・ロジャースがパスを投げまくってTDを決めたシリーズですが…



(NFL公式YouTube動画「Aaron Rodgers Throws First TD of 2019 Season」)

なぜこのシリーズの最中に、ベアーズはタイムアウトをとらなかったのだろう、とも思いました。

前のシリーズまでほとんどゲインできていなかったパッカーズは、ランを捨て、パスを連投するようになりました。

たった4回のパスでTDを取られてしまったので、その決断をくだす時間がなかったのか…

それとも、まだ浅い時間帯なので、とりあえずパッカーズのパスを観察しておくため、あえて手をださなかったのか…

まさかこれが決勝点になるとも考えられませんでしたし。

(実際この後のパッカーズの攻撃は、再び珍も蒸してしまいましたので、その効果はあったのかもしれません)


考え方はともかく、ベアーズはタイムアウトを取らずにTDを許し、パッカーズは(おそらくタイムアウト代わりの)チャレンジをした後相手のオフェンスを止めたのは事実で、そしてパッカーズが勝ったのは事実です。

真相はどうなんだろうなぁ…

そういう事を考えると、おもしろい試合だったと思います。


20190907GBvsCHIラフレアHCのチャレンジ

なお、チャレンジをコールしたマット・ラフルアHCは、その後もう一回チャレンジ行い、成功させました。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【女子アメフト】LFLの王座決定戦、レジェンズカップに濱口芙由紀選手が出場へ

今シーズン、日本人として初めてレジェンズ・フットボール・リーグ(LFL:旧称「ランジェリー・フットボール・リーグ」の選手になった

濱口 芙由紀(はまぐち ふゆき)選手

が所属するロサンゼルス・テンプテーション(Los Angeles Temptation)が、リーグの王座決定戦、レジェンズカップ(Legends Cup)に出場することになりました。

レジェンズカップは米時間9月7日(土)に行われます。

(これ以降米時間で書きます)

対戦相手はシアトル・ミストです。


レギュラーシーズン

シーズン開幕前に全8チーム中4番目にランキングされたテンプテーション。

4月5日の開幕戦は、1位にランクされたシアトル・ミスト(Seattle Mist)に敗れました。

下のツイートの「紹介記事」の先に、開幕戦のことを書いた現地の日本語メディア「羅府新報」の記事があります。

4月26日のデンバー・ドリーム(Denver Dream:ランク8位)には大勝。

この試合で濱口選手は初TDを決めました。


5月17日のアトランタ・スティーム戦(Atlanta Steam:ランク2位)には1点差で勝ちました。



7月27日の最終戦、オースチン・アコースティック(Austin Acousticランク:3位) 戦に敗戦。



(試合のフル動画)


テンプテーションは2勝2敗でレギュラーシーズンを終えました。

ポストシーズン

テンプテーションはプレイオフ出場チーム4チームの中で、最も悪い成績での出場となりました。

初戦は準決勝(Semifinals)の相手は、レギュラシーズン1位で、最終戦を行ったアコースティックでした。

シーズン開幕前のランキングも、レギュラーシーズンでの成績でも上で、直接対決でも勝っているアコースティックでしたが、テンプテーションはこれに勝ちました。

アップセット(番狂わせ)ですね。

そしてレジェンズカップ出場を決めました。


前述しましたが、レジェンズカップの相手はシアトル・ミスト。

ミストは、シーズン開幕前のランキング(1位)も、レギュラーシーズンでの成績(2位)でもテンプテーションより上。

そしてミストもレギュラーシーズンの直接対決でテンプテーションに勝っています。

条件は前の試合のアコースティックの時と一緒です。

勝てないことはないと思います。

20190905_01フラッグをプレーする濱口芙由紀選手

(フラッグフットボールをプレーする濱口選手)

そう言えば…

濱口選手は昨年も王座決定戦に進出しています。

WFAと言うフル装備のアメフトのリーグで、鈴木弘子選手がオーナーを務めていたロサンゼルス・ウォリアーズで。

この試合には敗れてしまいました。


濱口選手はまだ、フットボールの世界でチャンピオンになったことはないと思います。

今週末の試合でチャンピオンになれるか…

ところで、この動画の最後の笑顔はとても素晴らしいと思います。



勝ってこんな笑顔を見せてもらいたいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果をESPNが予想~NFL100年目のシーズンはどうなる?

米ESPNが、明後日(!)から始まる2019年シーズンの、開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果を予想し、発表しました。


この予想によりますと…

プレイオフに進むチームは以下の通り。

AFC

AFC東優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

AFC北優勝 クリーブランド・ブラウンズ(CLE)

AFC南優勝 ヒューストン・テキサンズ(HOU)

AFC西優勝 ロサンゼルス・チャージャーズ(LAC)

ワイルドカード テネシー・タイタンズ(TEN)

         ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)

NFC

NFC東優勝 フィラデルフィア・イーグルス(PHI)

NFC北優勝 グリーンベイ・パッカーズ(GB)

NFC南優勝 ニューオリンズ・セインツ(NO)

NFC西優勝 サンフランシスコ・49ナーズ(SF)

ワイルドカード ロサンゼルス・ラムズ(LAR)

         アトランタ・ファルコンズ(ATL)

コメント1.


NE王朝は継続、しかも今シーズンも1stラウンドバイと言う予想ですね。

CLEが遂に初の地区優勝をしますか…

(公式の歴史では、CLEは何度もNFLを制したことがあるのですが、実質的にはつい20年ほど前にできたばかりのチームですからね。

街も盛り上がると思います)

私はBALを買ってるんですが、KCとともにポストシーズンを逃してます。

OAKはまだ再建途上か…

NFC東は、再び混戦の地区に戻りますか。

GBがNFC1位!

ここまでは嬉しいです。

CARがカンファレンス最下位とは以外!

ARIの全体のドラ1QBカイラー・マレーの初年度は苦労しそうですね。

SEAがここまで落ち込むとは思えないんですが。

20190903アーロンロジャースの画像

ポストシーズンの結果は以下の通り

(左側が勝ち)

ワイルドカード

SF-ATL

LAR-PHI

TEN-CLE

HOU-PIT

コメント2.

LARとTENがアップセット。

SFがここまで評価が高いのは意外です。


ディビジョナルプレイオフ

LAR-GB

NO-SF

LAC-TEN

HOU-NE

コメント3.

GBここで地元で敗退か…

そしてついにここで、NEの4年連続スーパーボウル出場の道が閉ざされます。

本当にこうなれば、「オードリーのNFL俱楽部」での若林さんと相武紗季さんの掛け合いが見ものです。


カンファレンスチャンピオンシップ


NO-LAR

LAC-HOU

コメント4.

NOは昨シーズンの雪辱を果たすことになります。

LACは最後の2004年組の大物、フィリップ・リバースがついにスーパーボウルに進出します。


第54回スーパーボウル

NO-LAC

コメント5.


どちらも2回目の出場。

オフェンス1位(NO)と2位(LAC)の対戦は、40-33のハイスコアリングの結果に。

ディフェンスマッチは玄人好みと言われますが、私は今でも得点が多く入る方が楽しいので、しかも1TD差ですから嬉しいです。

NOが2回目のスーパーボウル制覇。

10年ぶりにショーン・ペイトンHCとドリュー・ブリーズのコンビがビンス・ロンバルディ・トロフィーを奪い返します。

LACはまたも涙をのむことになりました。


わがGBの気になる試合

Week10の試合は、日本からグリーンベイ・パッカーズ観戦会の有志のメンバーが渡米し、現地GBのランボーフィールドで観戦します。

(たしかアメリカ在住のメンバーとも合流する予定だったと思います)

ですから、この試合だけは勝ってほしい。

予想は…

GB 27, CAR 20

よし。

私は行けませんが、みなさん楽しんできてください。

それにしても…

NFCシードトップでディビジョナルプレイオフで敗戦か…

2011年シーズンを思い出します。


さあ、2020年シーズンだ!



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ブリリアンコージさんの「【応援団長コラム】アメフトシーズン始まりました! 目標は「日本一?」でなく「日本一!」でないと」の感想~リーダーが配るものは何か?

今回のコラムは、変に話しを広げたくない、と思いました。

「今回のコラム、表現がおもしろくて、大事なことを教えてくれて、良かったですよね。

はい、終わり」


で終わる方が良いのかもしれませんが…

でも、このコラムを読んで感想を書くのが月一の楽しみですので、あえて、ちょっとだけ広げさせてもらいます。


今回書かれていたのは、アメリカンフットボールだけではなく、いろんな組織にも言える、リーダーの大事な仕事だと思います。

私は

「リーダーとは「希望を配る人」のことだ」

と言う言葉が好きです。

ナポレオン・ボナパルトの言葉です。

まさにその通り、と思いますので。

今回のコラムは、同じようなことを言っているように思いました。

「?」は疑問であり不安です。

自分たちにできるんだろうか、と言う気持ちです。

「!」は確信がある希望。

今回のコラムで思い出した言葉なので、これだけは書かせてもらいました。


上のツイートの返信にありましたが

「文章は柔らか」

って、たしかにそうだなぁ、と思います。

並大抵ではない努力をしているはずですから、熱い文章になり、読んでる側が引いてしまうようなものになりがちだと思うんですが…

ちゃんと読んでもらえるように書かれているな、と思いました。


野球の次はアメフト、と言うことは、甲子園ボウルの公式アカウントもツイートしていました。


甲子園ボウルって、出るだけでも大変だと思います。

そこに主将としても1回、計3回出た徳田コージ選手はすごいと思います。


そして最後の言葉

「さぁ! 今年は絶対にすべての試合を観に行くぞ?」

これは、母校法政大学オレンジの試合、全部を見に行くと言うことでしょうか。

法政大学はすでに一昨日開幕戦を終えています。


コージさん、これ、行けたんでしょうか?

それにしても、今シーズン、中央大学ラクーンズも強い、と聞いていましたが、その通りだな、と思いました。

法政大学のスケジュールはこちら。


詳細なスケジュールは下のリンク先にあります。

https://hoseiorange.jp/ja/

この中で、違う意味でおもしろいのは、9月29日の13:30キックオフの東京大学ウォリアーズ戦

武蔵小杉にある法政大学川崎総合グラウンドで行われます。

関東の大学のアメフトの試合は、だいたい調布のアミノバイタルフィールドで行われるのですが、今年はラグビーワールドカップの影響を受け、大学のフィールドでも行われます。

このグラウンドは、こんな感じです。

20190902法政大学の青いグラウンドの画像

一度行った時に撮った写真なんですが、本当に真っ青なんですよ。

アメリカにはこういうグラウンドはいくつかあるようですが、なんで青なのかはわかりません。

今度はインスタに載せることを意識して写真を撮りに行きたいので、この試合は行ってみようと考えています。

家から歩いて35分ぐらいですし。

ちなみにこの試合は入場無料です。


「ちょっとだけ書かせてもらう」

と言いつつ、長々と書いてしまいました (;^_^A


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】みらいふ福岡SUNS、X1シーズン開幕~世界ランキング18位から8位以内を目指して

みらいふ福岡SUNSの3回目のシーズンが始まります。


「2年でX1昇格」

と言う2年前のシーズン前のスローガン通り、3年目をX1リーグに昇格しての開幕になります。

先日も書きましたが、SUNSはアメリカ、カナダ、メキシコを除いた世界中のチームの中で、なんと18位にランクされました。

日本国内では15位のランキングです。


ゼロから2年でここまでのチームを作り上げたのは、ものすごい快挙だと思います。

Xリーグは今シーズンから体勢が変更され、X1は実質1部の「X1Super」と、実質2にとなる「X1Area」に分けられました。

今シーズン、SUNSは「X1Arena」のウエストに所属して6試合を戦います。

目標は

「X1Super昇格」

とても高い目標だと思います。



X1Superに昇格するには…

まずX1Areaウエストで優勝して、

さらに3つのX1Areaの地区優勝チームの中で総合順位1位か2位になり、

さらにその1位と2位との間で12月1日(日)に横浜スタジアムで戦われる「X1Areaボウル」に勝って

12月08日(日)にエキスポフラッシュフィールドで戦われるX1Super最下位との入替戦に勝たねばいけません。

ランキング通りに行きますと…X1Areaウエストで国内ランキング7位のアサヒ飲料チャレンジャーズを上回って優勝し・・

さらに10位のLIXILディアーズ、12位のアサヒビールシルバースターのどちらかを勝率で上回って、「X1Areaボウル」に勝って…

低くても13位にいるオール三菱ライオンズ、またはそれよりランクが上のX1Superのチームとの入替戦に勝たねばなりません。

とても難しい挑戦だと思います。

まず地区優勝が難しいです。

チャレンジャーズは春のグリーンボウルで、X1Superのエレコム神戸ファイニーズに圧勝しています。

(SUNSは初戦のファイニーズ戦に敗れ、3位決定戦でアズワンブラックイーグルスに勝って、3位になりました)





ですから今シーズンのSUNSのスローガンは

「UPSET」

(番狂わせ)

なのでしょう。

UPSET、期待させてもらいます。

チャレンジャーズの試合は10月27日(日)に、地元福岡で行われるのは幸いです。

福岡のみなさん、平和台陸上競技場に駆けつけて、地元の応援の力でSUNSを勇気づけてほしいです。


関東のSUNSのファンに朗報です。

今シーズン、SUNSは初めて関東で公式戦を行います。

最終戦の11月10日(日)14時から、富士通スタジアム川崎で、X1イーストのAFCクレーンズと対戦します。

私はまだSUNSの試合を見たことがないので、この試合は絶対に行こうと考えています。

SUNSの試合を生で見れる、と言うか、目の前で応援できるのはとても幸いです。

20190829みらいふ福岡SUNS

ところで…

こちらのメンバー表を見ると、ずいぶんと新しく加入してくれた方がいることに気がつきます。

みらいふ福岡SUNS公式サイト「MEMBER(2019年7月31日時点)」へのリンク

しかも関東や関西、さらには海外から…

本当に、福岡まで来てくれてありがたい限りです。

創立当時からの出身者もいます。

この選手たちの奮闘がなければ、X1で戦えなかったのを忘れたくないです。

新旧いずれの選手にも、「福岡」の名前が付いたチームのために戦ってくれることに感謝し、応援します。


チアリーダーチームもできて、X1のチームとして体勢が整ってきているように感じます。

この投稿をInstagramで見る

【福岡SUNScheerleadersイベント出演情報】 下記、今後のイベント出演情報です! まだ時間など確定していないものも ありますが、、、 お時間のご都合が合う方は 是非お越しください! ★大橋サマーフェスティバル 8月4日(日)12時45分ごろ @西鉄大橋駅西口広場 ★SUNSET LIVE2019 9月8日(日)時間未定 @芥屋海水浴場 ★宗像フェス2019 9月21日(土)時間未定 @福津・恋の浦 お待ちしております!! #みらいふ福岡SUNS #福岡SUNScheerleaders #福岡SUNS #アメフト #チアリーダー #xleague #Xリーグ

みらいふ福岡SUNS(サンズ)さん(@fukuoka.suns.football)がシェアした投稿 -



あとは我々ファンが、X1と言う世界でも有数のレベルの高いリーグでた戦うチームのファンらしくあることが必要だと思います。

そのためにはどうすればいいのか…

それは具体的にはわかりませんが…

例えばスタジアムではディフェンスの時にクラウドノイズを発したりとか。

そうやって、チームもファンも、立派なものになりたいと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

ドラフト XFL オードリーのNFL倶楽部 春日の呪い NFLの歴史 乃木坂46 オードリーのNFL俱楽部 のどじまんTHEワールド! ラグビー オードリー NFL 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 オードリーのオールナイトニッポン 竹内まりや みらいふ福岡SUNS グリーンベイ・パッカーズ 太平洋戦争 終戦記念日 ロサンゼルスの戦い 女子アメフト ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme アメリカンフットボール 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 鈴木弘子 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 戦争 終戦の日 平成時代 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 Sherlock シャーロック ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Amazon Hulu Twitter DAZN グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushups #22pushupsfor22days #22pushupschallenge ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力小売り全面自由化 電力自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス IoT モノのインターネット リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動車保険 自動走行システム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 GIRL POISON BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 ストロベリー 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ グリーンベイ ロジャース 城島 パッカーズ メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 三浦春馬 サムライハイスクール 歴史ブーム タイムスリップ  ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 南海ホークス 立花香織 景浦安武 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾理子 東尾修 September Fire 九月 Wind Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 砦に拠る 木下典明 腸チフスメアリー 両性具有 サン・ジェルマン伯爵 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -