FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


ラグビー福岡賢樹選手の東京五輪出場を断念に、新型コロナ禍はどう影響したのか?~私の想像は浅はかだった…



2020年6月14日、昨年のラグビーワールドカップ2019日本大会で大活躍した

福岡堅樹選手

が、7人制ラグビー日本代表からの引退を発表しました。

これで福岡選手が東京五輪で同種目から出場することはなくなりました。

15人制の代表からも引退していますので、これで、信じられない加速力を持つ、「日本代表」としての福岡選手を見る機会はなくなりました。


ただし、上のツイートのリンク先の記事にありますように、パナソニック ワイルドナイツの一員として、来シーズンはプレーするそうです。


ところで、昨日引退を発表する会見のニュースを見ました。

福岡賢樹選手の引退に、新型コロナは影響したのでしょうか?」

とキャスターがスタジオで言いました。

「それ以外なかろうもん。

たった1年にどれだけ重みがあるかわからんけど、来年まで待っとったら新型コロナで延期された五輪でいいパフォーマンスはできんかもしれんし、医学部に入るのも遅くなるっちゃけん」

私は一緒にテレビを見ていた女房に語るようにひとりごとを言いました。

しかし、福岡選手の考えは、そんな「浅い」ものではありませんでした。

テレビは録画された福岡選手に切り替わりました。

そして、福岡選手が新型コロナについて語るシーンを流しました。

「実際に、親族や身の回りにたくさんの医療従事者がいます。その奮闘、頑張りが(現在の)状況を作ってくださってすごく感謝しています。

(そういった医療従事者の姿を見て)少しでも力になりたいと思い、あらためて、医学の道に行きたいと思わせる部分もありました」


※下の記事の本文中の2ページから引用。


福岡選手は新型コロナ禍の前線で奮闘する医療従事者に感謝し、自分も少しでも力になりたい…

と考えていたそうです。

決して自分のラグビー人生のことや、進路のことだけとは言い切れないものでした。


福岡選手の引退について

「潔い」(いさぎよい)

という言葉をよく目にします。

たしかに、「後悔はない」と言う言葉にはそれを感じます。

この姿にも、それが感じられます。

20200615_01_福岡賢樹選手の引退会見

それよりも、崇高な目的のためにオリンピックを断念したことに、とても敬意を持ちます。


個人的には、隣の小学校(古賀市立青柳小学校で私は新宮町立立花小学校)、同じ高校(福岡県立福岡高校)出身のため、ラグビー日本代表の中では一番応援していました。



本郷高校との試合、終了間際のトライ。

反則で認定トライとなりましたが、よく覚えています。

2010年度の第90回記念大会は福岡県から2校の出場となり、福岡高校は28年ぶり、私が高3以来の時の出場でしたので、嬉しくてテレビにかじりついてました。


日本で一番応援される…

いや、こんなことはランキングされるものではない。

とにかく、応援される、必要とされる医師となってほしいと願います。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : ラグビー    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ラグビー日本代表が猛練習「できたこと」について考えてみた


ラグビーワールドカップ2019日本大会も終わり、選手たちがいろんなテレビにゲスト出演するようになりました。

まるでM-1で優勝した芸人さんのように、「彼ら」をテレビで見ない日はない.と言う感じです。

(あるいは、映画が公開される前後の芸能人のように)

テレビから聞こえてくる選手たちの声で、多いものはその練習の過酷さ。

「地獄のような練習だった」

とか

「もう二度とやりたくない」

とか・・・

(でもきっとまた、やってくれると思ってます)

朝5時半からの練習が続いたこともあったそうです。

猛練習の期間は、通算か連続かはわかりませんが250日近くあったそうです。

それを聞くと

「大変な努力をしたんだな」
と素直に敬意を持つ一方で、

「こんなに猛練習ができる経済的なバックアップがあることは、幸せなことだな」

とも思います。


テレビのスポーツニュースでよく見かける選手は、だいたいスポンサーがいて、競技に集中できている人たちでしょう。

しかし、世の中には本業を持ってないと、またはアルバイトをしないと、競技ができない選手たちがたくさんいるようです。

私がよく書くアメリカンフットボールですが、日本のリーグでは、ほとんどが他の仕事も掛け持ちしているアマチュア選手だと思います。

そうでないと、生活費も、選手としての活動もできないからです。

ですから、

「ラグビー日本代表選手は、地獄のような練習ができて幸せだ」

と思うわけです。


ん・・・?


考えてみれば、自分にも

「もう二度とやりたくない」

と思う仕事がいくつかあります。

しかしそのころ、

「介護とか、育児とかで仕事ができない人もいるんだから、自分が鬼のように仕事ができるのは幸せなのだ」

と考えていれば、モチベーションも上がって、生産性も上がっていて、もう二度とやりたくない、とは思わないことになっていたかもしれません。

でもそれは、まだ「仕事をさせられている」と言う考えがベースにあるように感じます。

ですが、メンタルヘルス的には、悪くはないと思いますし、「やらされる仕事」をなくすのは難しいと思います。

ただ、人にこの考えを強制できる時代ではないとも思います。

とりあえず

「仕事に集中できることは幸せなことなんだ」

と思うことは悪くない、と言う表現にとどめ、ておきます。


話をラグー日本代表に戻しますが.…

彼らが猛練習をして、ベスト8に行ったことは、世の中に希望を与えてくれたと思います。

20年を超える長きにわたって、日本には「がんばっても成果が出ない」と言う閉塞感に覆われていると感じます。

もう、がんばってもしょうがない、と思ったりもします。

しかし、日本代表の成果は、

「がんばれば結果はついてくる」

と言うことを教えてくれました。

つい5年前までは、日本がラグビーワールドカップで、1時でもできれば御の字で、私は、いくらがんばってもラグビーで日本が強くなるのは無理だと考えていましたから。

ですから、前回のワールドカップのメンバーも含め、ラグビー日本代表にはとても感謝しています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ラグビー    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビーW杯】台風次第で日本が自動的に8強入りかも、と言うことについて〜台風の中で行われたW杯決勝の思い出


台風19号の影響がラグビーワールドカップ2019日本大会に影響するかもしれません。


10月8日正午の気象庁発表では、台風19号の中心気圧は915hPaで、中心付近の最大風速55m/s(105kt)だそう
です。

この中心気圧は、私には記憶にないほどの低さですので、かなり強力な台風だと思います。

さて、ラグビー日本代表を応援して、毎試合TV観戦している私ですが...

もちろん日本代表には決勝トーナメントに進んでほしいと思っています。

私はあまいいい性格をしていませんので、いつもならば、ルールのうちであれば、どんなにせこい方法でも勝ち進んでほしい、と考えます。

つまり台風中止、からの日本代表決勝トーナメント進出を、といつもなら願うのですが...

今回に限っては、その方法で決勝トーナメントに進んでも、なんとなく後味が悪いように思えます。

今の日本は世界ランキング7位にいるのですから、正々堂々とスコットランドとの対戦を経て、決勝トーナメントに行ってほしいです。

日本ラグビーの実力を示すために。

そうでないと、この4年間の日本代表の努力が、なんとなく中途半端な評価しかされないようで、かわいそうです。

勝とうが負けようが、これが日本代表の4年間の努力の結果であり、今の実力なのだ、と言うことを世界に示したうえで、ベスト8入りしてほしいと考えます。

それに・・・

アイルランドとサモアの試合を楽しみにしている博多の人のためにも、試合は行われてほしいです。

また、史上初めての中止となると、この大会は失敗だった、と言われかねないですし、そうなると、ラグビーワールドカップはもうやってこないかもしれません。

メデイアでは、ラグビーワールドカップは一生に一回のこと、みたいな宣伝文句で人気をあおっていますが、今の日本の実力を維持できれば、そんなに遠くない未来に開催されるかもしれませんから。

気候がネックになって欲しくないです。

本当に選手や観客に危険が及ぶのであれば中止もしかたないですが、無事試合が行われることを願います。


さて…

以前見に行った

台風の中で行われたワールドカップ決勝

について書きます。


2007年7月15日、神奈川県川崎市で行われていた第3回アメリカンフットボールワールドカップの決勝は、台風の中で行われました。

場所は等々力陸上競技場。

川崎フロンターレの本拠地で、私は現地で観戦しました。

カードは、初回大会からの3連覇をかけた地元日本代表と、初めて参加するアメリカ代表でした。

どちらのチームも、予選では圧倒的な強さで決勝まで進んできました。

日本は予選全試合で無失点でしたし、アメリカは77-0と言うスコアも記録しました。


試合当日の天気予報は「平成19年台風第4号」が関東付近を通過するとのことでした。

ウィキペディアによると「7月に日本に上陸した台風では過去最強クラス」のものだったそうです。

後で知ったのですが、運営サイドでは、選手や観客の安全を考慮して、試合を中止して両国優勝とする話も出たそうです。

しかし、どういう経緯だったか忘れましたが、試合は行われることになりました。


台風の影響は、試合が始まるまではあって、雨風に悩まされた記憶があります。

ですが、試合が台風にどう影響したかは・・・正直よく覚えていません。

何か情報がないかググってみると…

ありました、試合3日後に書かれたものが。

女性自身「アメリカンフットボールワールドカップ2007」

https://jisin.jp/international/international-news/1599367/

「ここ川崎でも台風4号接近の中、大雨の中でゲームをやっていたんですよ。(ホントです!)観客席はみんなカッパ着て、ビニール傘を持って応援! アメフットファンはきっと槍が降っても観にいってますよ(笑)でもかわいそうだったのが、チアガールのみなさん。びしょびしょに濡れての応援お疲れ様でした。」

そうそう、この大会は雨にたたられていたのですが「槍が降っても」観たかったので、100均でカッパの上下を買って行きました。

こちらにはもっと細かく書いてあります。

カオスの世紀 「アメリカンフットボールワールドカップ川崎大会決勝 」

https://blog.goo.ne.jp/takeomat2006/e/147e8eeeacf3325a89850969f58ae3b4


試合のほうは、後半途中まで日本がリードしていたのですが、終盤に追いつかれ、延長(タイブレーク)2回目でアメリカの勝利が決定した好ゲームでした。



日本代表が、よりによって地元開催で初めてチャンピオンの座を譲る形になって残念だったのですが...

アメリカ代表が勝利を大喜びしている姿を見て

「こんなに彼らが喜んでいるのは、きっと苦しい試合だったからだろう。

それほど日本代表はよく戦ったということなんだろう。」

と考えられて、残念な気持ちも半分になりました。

アメリカ代表には、アメリカンフットボールの母国として、絶対に負けられないプレッシャーもあったと思います。

MVPに輝いたRBカイル・カスパーバウザー選手が、タックルされても足を動かし続ける姿を見て、

「アメリカの伝統と言うか、文化に負けた」

と思った試合でした。

タックルされても足をかき続ける選手は、日本代表にもいたと思います。

ですが、カスパーバウザー選手のものは、何か違いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「ラグビーボール問題」とは?〜これは世界的な問題のようだ


ラグビーワールドカップ 2019東京大会は、開幕前の予想を超えて大きく盛り上がっているように感じますが…

その裏で

「ラグビーボール問題」

と言うものがあることを、下の記事で知りました。


だいたいタイトルで想像がつきました。

SNSにラグビーのことをツイートするときに、ラグビーボールの絵文字を載せたつもりが、誤ってアメリカンフットボールの絵文字を載せてしまった、と言うことです。

ラグビーボールの絵文字はこちら 🏉

アメリカンフットボールの絵文字はこちら 🏈

両先端に白い帯があるかないかでわかると思います。

どうしてこう言う間違いが起きるのか、よくわかりません。

私のiPhoneでは「ラグビー」と打てばちゃんとラグビーボールの絵文字が候補に出てきて、アメフトのボールの絵文字は候補に出てきません。

Windows 10のPCでもそうでした。

ですが…

両方とも観戦する私でも、言われないと気が付かないです。

ちなみに、本物のボールは、ラグビーボールのほうが一回り大きく、アメフトのボールのほうが両端がややとがってます。

これは、アメリカンフットボールではフォワードパス(前バス)が許されていますので、投げやすいように、飛びやすいように、と言うことみたいです。

こんな投稿もありました。


あれっ、ラグビーボールにはレースはなかったっけ?

高校時代(福岡堅樹選手と同じ高校です)に体育の授業でしかラグビーをやったことがない私の知識は、その程度です。


上の記事ではSNSの絵文字だけがクローズアップされているようです。

しかし、私のSNSのタイムラインでは、アメフトのボールを持っていたり…

ポスターなどに描かれたものの間違いを指摘するものの方が圧倒的に多い、
です。


何年か前、ある地方のラグビー協会のシンボルに、アメリカンフットボールが描かれている、と聞いたこともあります。


もう一つ上の記事に書いてないことを。

これは日本人だけが間違っているわけではない、と言うことです。

アメリカンフットボールの絵文字と「rugby」と言うワードの組み合わせ

「🏈 rugby」検索すると、日本語ではないツイートがたくさん出てきます。

こちらはフランス語と思えるもの



こちらは英語


海外も間違いを起こす人がいるこは、アメフトの認知度が低いからかなぁ…

でもヨーロッパでは、日本でよりは盛んのように感じるのですが…

私としては、それぞれの協議に対する「故意」ということを除けば・・・

ワールドカップを2連動しても、2007年の自国(日本)開催で準優勝しても話題にならないマイナースポーツのアメリカンフットボールが、こう言う形ででも話題になることは、悪い話ではないと思ってます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビーワールドカップ2019】日本がアイルランドをやぶる快挙~福岡賢樹で思い出したある医師のこと



2019年9月28日は、日本ラグビー界にとって歴史的な日になりました。

ラグビー・ワールドカップ日本大会で、世界ランキング9位の日本が、同2位のアイルランドをやぶったのです。

4年前、日本が南アフリカをやぶった時には、申し訳ないことを書きますが、正直南アフリカに油断があったと思います。

しかし今回は、日本は強国の一つとみなされ、しかも地元開催ですから、アイルランドに油断はなかったと思います。

それを乗り越えて勝ったのですから、すごいと思います。







なお、最後にアイルランドが外に蹴りだしたのは、負けても7点差なら勝ち点1がもらえるから、と堀越正己さんが語っていました。

そのままプレイを続けていれば、日本にPGを決められて10点差になっていたかもしれないから、と言うことだそうです。


アイルランドはやりたいラグビーができなかったように感じます。

しかしトライ数では日本を上回って2本。

堅い守りはさすがだと思いました。

そして、見えないところで嫌がらせや反則をすることがない、クリーンなチームだと思いました。

アイルランドは素晴らしいチームでした。

そんなチームに勝てたのですから、素晴らしい勝利だと思います。


この試合の勝因の最も大きなものは、私は、アイルランド代表をトップスピードに乗る前に止めた、日本代表の素早いタックルだと思います。

走られてディフェンスの裏側に行かれることがほとんどなかったように思います。

他にも押し負けなかったスクラム、ほとんど取られなかったラインアウトと、素晴らしいものもありました。

そんな中で、ここでは福岡賢樹選手のことを書きます。



福岡選手は日本の唯一のトライを決め、また終盤の苦しい守りの中、一発インターセプトで大きく敵陣に入り込み、勝利をたぐりよせました。

福岡選手は来年の東京五輪を最後に選手を引退し、医師を目指すそうです。

スポーツ選手からから医師になった人物は、驚くほどは珍しくはありません。

外国ではちょくちょく聞きますし、1975年の広島東洋カープのリーグ初優勝に貢献したゲイル・ホプキンス選手も、その後整形外科医になりました。

私はふと、アーチボルト・グラハム医師のことを思い出しました。

アーチボルド・ムーンライト・グラハム(Archibald "Moonlight" Graham )と言った方がわかりやすいでしょう。

小説、そして映画になった「フィールド・オブ・ドリームス」に出てくる年老いた医師であり、メジャーリーグを夢見る少年のことです。

実在のこの人物は、メジャーリーグの試合に1試合だけ守備固めとして出場。

打席が回ってこないまま、試合は終わりました。

結局彼はメジャーリーガーになることはできなかったのです。

しかしその後大学で医学を学び、ミネソタ州チザムで開業医となりました。

彼の死後、地元では彼の功績をたたえ、グラハム医師の名を冠した奨学金制度が確立されているほど、街の人々に愛され、街のために尽くしました。

そんな人生だったグラハム医師は「フィールド・オブ・ドリームス」では、メジャーリーグで打席に立つという夢があったが、もうあきらめた、と一度は主人公に語ります。

しかし諦められきれなかったのか、少年の姿になってこの世に戻ってきます。

そして主人公の球場で、その夢をかなえました。



しかし主人公の娘を助けるために再び医師に戻り、あの世に去っていきます。


20190929福岡賢樹選手のラグビーワールドカップ対アイルランド戦での画像


話を福岡賢樹選手に戻します。

福岡選手はワールドカップのひのき舞台で、トライを挙げました。

このまま引退して医師になっても、グラハム医師のように、断ち切れない夢はないかもしれません。

しかし、このトライだけでいいのか、この勝利だけでいいのか…

もっと上を目指しているのなら、未練は残るはずです。

きっともっと上の夢…

少なくとも決勝リーグ進出と言う夢は持っているはずです。

それを達成して引退できるように。

誰かが福岡選手のために田んぼや畑をつぶしてラグビーフィールドをつくらなくてもいいよう、悔いのない活躍をしてくれることを願います。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【朗報】ブリリアンコージさん、ラグビーのドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演~アメフトとの違いを追いかけて

ブリリアンコージさんが、TBSで7月から始まるドラマ

「ノーサイド・ゲーム 」

に出演するそうです。



原作は池井戸潤さんの同名小説。

主人公がラグビーの知識も経験もないのに、GMとして会社のチーム「アストロズ」の再建という重荷を課せられるものだそうですが…

TBSと池井戸潤さんの組み合わせですので、ラグビーのドラマと言うより、企業人のことを描いたものなのでしょう。

番宣動画もこんな感じです。



ラグビーのシーンはないようですが…

それでも、本編ではラグビーのシーンが出てくるでしょうから、ありがたいです。

だいぶ熱は冷めたものの、私はラグビーが好きなんで…

ただ、最近はこの秋に日本で行われるラグビーワールドカップに向け、再び熱があがってきています。

このドラマは9月まで放映さえるそうですが、その9月20日から11月2日にかけ、ワールドカップが行われます。

このタイミングで、このようなドラマが放送されるのは、きっと意味があると思います。



コージさんはドラマ出演は初めてになりますかね。

そしてラグビーも?

3月にラグビーをやったことをインスタに載せてました。



安村アナ(元慶應義塾大学ラグビー部)が一緒と言うことは、ワールドカップを中継する日本テレビの仕事かつながりなのでしょう。

協力してくれた日野自動車レッドドルフィンズさんも

この投稿をInstagramで見る

. 本日、木津選手と個人的に交流のあるブリリアンのコージさんと日本テレビアナウンサーの安村さんが日野グランドにプライベートで遊びにきてくれました!! 木津選手直伝の練習を行い、とても上達していました!! コージさん、安村さん本日はありがとうございました!!  1枚目:3人の集合写真 2枚目:コンタクト練習 3枚目:抜き合いをする木津選手とコージさん 4枚目:ハンドオフをして安村さんを抜くコージさん  #日野レッドドルフィンズ #hinoreddolphins #ラグビー #rugby #トップリーグ #topleague #ブリリアン #brillian #コージ さん @kooji_brillian #日本テレビ #日テレ #アナウンサー #安村直樹 さん #今年はラグビーイヤー

日野レッドドルフィンズ / ラグビーチームさん(@hinoreddolphins_official)がシェアした投稿 -



コージさんが演じる「 新入社員の友部祐規」は、原作ではポジションはプロップ。

一番前の3人の選手のうち、両端にいる2人がそのポジションです。

スクラムで、直接相手と組むポジションです。

アメフトではディフェンスで最前線のディフェンスエンド(DE)で、ほとんどのプレイで相手とぶつかりあうポジションでしたので、適役と言えば適役になるのかなぁ…



出演者を見ていると…

ラグビー選手を演じると思われる人は、ほぼラグビー経験者のようです。

高橋光臣さんは控えとは言え花園に出て、大学でもプレーしていますし。

笠原ゴーフォワードさんも福岡の強豪、筑紫高校と名門明治大学でラグビーをプレーしているようです。

筑紫高校は、東福岡高校が当たり前のように全国優勝していた時、筑紫高校との県大会決勝が、事実上の全国大会決勝と言われていたほどの強豪です。

その他、ラグビー元日本代表選手や、オーディションを受けた元社会人プレーヤーも…

コージさん、大丈夫ですか?

と言うのも、細かいことは私も知りませんが、アメフトとラグビーは、楕円球を使うところは似ていますが、全然違う競技、と言う人もいるくらいですから。

でもそう言うところはコージさんもわかっているようで、こんなツイートをしていました。



「ラグビーにあってアメフトに無いもの、アメフトにあってラグビーに無いもの、二つは何が違うのか」

ぜひ、肌で感じたことを発信してほしいです。

この仕事を通じて、「コージはラグビーもイケる」となれば、仕事の幅も広がると思いますし…

何より「俳優としてもイケる」と言うことになればいいな、と思います。

でも、アメフトファンとしては、アメフトのことも今後もよろしくお願いします、という気持ちです。

アメフトのドラマがあればいいのにな…

まあとにかく、普段ドラマを見ない私としては、久々にドラマを見続けることになりそうです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ラグビー    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

夏の甲子園、来年は福岡から2校出場と聞いて思ったこと


来年の「夏の甲子園」こと全国高校野球選手権大会ですが、福岡から2校を出す方針だと言うニュースを見ました。

来夏の甲子園、福岡2校出場へ 第100回記念大会 https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/highschool_baseball/article/322482


これは来年の大会が第100回と言う節目の記念大会、と言うことで、とりあえずこの回に限ったことだそうです。

福岡県で「夏の甲子園」の予選に参加したのは、昨年は134校。

過去の記念大会で2校出た府県は、いずれも150校を超えているそうです。


そういえば、先日の春の選抜では、福岡から2校がベスト8入りしました。

私はあまり高校野球に興味がないので、福岡から2校も出場していることすら知りませんでした。

準々決勝を前にしてベスト8が出揃ったというニュースで、このことを知りました。

春の選抜には、福岡から選ばれないこともありますから、福岡の高校がこんなところまで行ったのか、と驚きました。


さて本当に書きたいことですが…

私は花園のラグビーの方を、恒久的に福岡から2校出せるようにしてほしいな、と考えています。

福岡はラグビーが盛んなところです。

最近では東福岡高校が毎年出て、だいたいベスト4には入ってきます。

福岡には、東福岡高校の他にも、全国大会に行けばいいところまで食い込めるんじゃないか、と思える高校があります。

代表的なのは筑紫高校。

昨年は県大会決勝に進めませんでしたが、何年か前、東福岡高校が圧倒的な強さで全国を制した時

「今シーズン、一番東福岡高校を苦しめたのは、県大会の決勝での筑紫高校じゃなかったか」

と言われていたような記憶があります。


また、2010年の第90回記念大会では、東福岡高校と福岡高校の2校が出場しました。

福岡高校の出場は37回目となりましたが、実に28年ぶり。

私が3年生として在学していた時以来でした。

福岡高校は一回戦をギリギリで逆転勝ち。

二回戦は、最終的にベスト4まで進出した大阪朝鮮高級学校に敗れました。

それでも、福岡高校は全国大会への出場校として、よくやってくれたと思います。


福岡から2校出られたら、両校ともよくやってくれると思います。

前述の筑紫高校のことを考えたら、福岡同士での決勝戦もありえるんじゃないか、とも思わせてくれます。

2校出場、なんとかならんもんかなと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 高校野球    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビーその他】ドロップゴール(DG)は、なぜなかなか見ないのか?知ったかぶりして書いてみた

11月19日の日本代表対ウェールズ戦は、最後の最後でウェールズ代表がドロップゴールを決めて勝ち越し。

そのまま試合終了となりました。

その試合のニュースを見た、去年からゆるくラグビーを見始めたある人から、

「ドロップゴールって何?

あんなの初めて見た」

と言う質問をしてきました。

この動画のものです。



(動画「Sam Davies last minute drop goal against Japan | WRU TV)

たしかに、高校時代からゆるくラグビーを見ている私も、なかなかドロップゴールは見ません。

(後述する1試合だけ、何度も見たことがありますが)

その方の疑問は当然だと思います。

「持っているボールをグラウンドに落として、跳ね返ったところを蹴ってゴールポストに入れること」

と答えると

「なんでそんなに難しそうでもないことを、誰もやらないの?」

と再び質問してきました。

その方は運動神経が良いのでそう思ったのでしょう。

そう言う人なら、持っても不思議はないという疑問だと思います。

とりあえず、考えつくところを答えておきましたが…

20161126ドロップゴールを蹴るニックエバンスの画像

(ドロップゴールを蹴るラグビー選手の画像)


もう一度整理してここに書いておきます。

私もそんなにラグビーを見てきたわけではないので、かなり知ったかぶりが入ってますが…


ドロップゴール(DG)は下記の条件が奇跡的にそろったとき試みられるものに思えます。

1.ボールを蹴るのがうまい人がボールを持っていること

2.ボールを持っている選手が、ゴールからそう遠くなく、また角度もあまりないところにいること

3.近くに相手選手がいないこと

上記以外の条件でDGが決まったのを見たこともありますが、だいたいこんなところだと思います。

また、「ゴールからそう遠くないところ」から試みられえるために、失敗すると得点のチャンスを逃すことになる、つまり相手ボールになることが多いと思えますので、これもなかなか試みられない原因だと思います。


地面に落とした楕円球のボールはどう跳ね返ってくるかわかりません。

ましてや、動きながらそんなことをするとますますどう跳ね返ってくるかわからないものだと思います。

ですから、止まってドロップして蹴ることが多いように感じます。

しかし、止まっているとタックルにあうことが多く、特にDGは比較的時間がかかるプレイなので、相手選手が近くにいると試みにくいと考えます。

さらに、タックルされなくても、相手選手が近くにいると蹴ったボールに触れられて軌道が代わり、結果的に失敗する確率が高くなるでしょう。

そして、遠くからボールを蹴ると、距離を出すために蹴ったボールの軌道が低くなりがちです。

近くに相手選手がいなくても、蹴ったボールに触れやすくなります。

そして、ドロップゴールに限らず、ゴールを狙うキックは、真ん中、または角度がないところから蹴る方が決まりやすいです。

ですから、

「ゴールからそう遠くなく、また角度もあまりないところ」

から蹴るのが理想なのですが、だいたいそういうところには相手選手がいるものです。

ですから、前述の3つの条件が決まらないと、なかなか試みられないものだと思います。

また、3点差以内で負けていて、時間がないときにはこういう条件がそろわなくても試みられるんじゃないかと思います。


余談ですが、1990年代の前半、マツダ対神戸製鋼の試合で、変則的な形でDGがガンガン決まっている試合を見ました。

神戸製鋼のゴールラインの近くでマツダボールのスクラムになると、マツダの選手がスクラムから出して、真ん中やや後方に控えているキックのうまい選手(確か、ミルンと言う選手だったと思います)にまわして、その選手がドロップゴールを蹴って得点を重ねていました。

神戸製鋼の黄金時代で、そうでもしなければ得点することが難しかったからじゃないかと思います。


もう一つ余談ですが、アメリカンフットボールにもドロップゴールはあります

「ドロップキック」と言うことが多いようですが。

ルールはラグビーと一緒だったと思います。

ただし、ほとんど行われません。

私は30年近くNFLを見ていますが、成功したのはその間たった1回。

ダグ・フルーティーと言う選手が、引退の記念に行ったものだったと記憶します。

試みられた、と言うのもその1回以外聞いたことがないですが…

この動画の0:45から、フルーティーのドロップキックが見れます。



(動画「TSN Top 10 - Unexpected Plays」)

アメフトは派手なように見えて、けっこう確率を重視しますので、このような確率の低いプレイは避けられるんじゃないかと思います。

それに、アメフトのボールはラグビーのボールよりとがっていて、予想外のバウンドをしやすいようです。

(ウィキペディアの「Drop goal」(英語版)によりますと、フルーティーが決めたのは2006年1月1日で、それ以前に決まったのは1941年のことのようです)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ラグビー    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【試合フル動画リンクあり】リオ五輪7人制ラグビー日本代表、ベスト4入り~リアルタイムで見られてラッキー



リオデジャネイロオリンピック6日目の昨日、日本時間の8月11日朝5時半からの、7人制ラグビー準決勝、日本対フランスの試合を、リアルタイムで見ることができました。

試合は終了前17秒で日本が逆転のトライ。

一瞬ディフェンスに隙ができたところにつっこんだ、劇的なものでした。

キックも決め、そのまま試合終了。

最終スコアは

日本 12-7 フランス

でした。

「【ラグビー7人制】日本、終了間際に後藤が逆転トライ!ベスト4!(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース」へのリンク

試合のフル動画は、こちらで見ることができます。

gorin.jp「7人制ラグビー男子 準々決勝 日本対フランス」へのリンク


次戦の準決勝は、今日8月12日の朝2:30から。

対戦相手は、準々決勝でニュージーランドを12-7でやぶったフィジー。

動画配信サイトは、下記リンク先の「0:00-6:00」のタブに入り口があります。

gorin.jp「7人制ラグビー>配信スケジュール>大会7日目」へのリンク

勝てば(勝ってくれると思いますが)同日朝7時からの決勝へ

負ければ6時30分からの3位決定戦へまわります。

このブログを読んでもらえるころには結果は出ているかもしれません。

なお、もう一つの準決勝は英国対南アフリカです。

(準決勝とその後の試合について、結果と動画へのリンクは、最後に追記します)


1.試合を見た感想~初めてまともに7人制ラグビーを見た

私は高校時代からゆる~く普通のラグビー(15人制ラグビー)を見ていますので、楽しめるぐらいのルールなどは知っていますが、7人制はほぼ知りません。

たぶん15人制とほとんど変わらないんだろう、と言うこと、そして7人でやる、と言うぐらいしか知りませんでした。

フィールドの規格は15人制と一緒とは知っていましたが、何分でハーフタイムなのかは知りませんでした。

(10分ハーフのようです)

それぐらいの知識でしたが、十分に楽しめました。

ほぼ15人制と同じだと感じました。

ゴールキックがプレイスキックではないのは、15人制と違うようです。


前半初めのほうは日本が自陣でボールをキープしていたのですが、雨のせいかハンドリングが良くなく、時々グラウンドにボールをこぼしていました。

反対にフランスはそう言うミスがなかったように思えます。

それでも前半をフランスの1トライ1ゴールの0-7で抑えたのは良かったと思います。


後半はほとんどフランス陣内で試合が進んで言ったっと感じます。

そして日本のボールのハンドリングがかなり良くなっていたようにも。

後半早々の0分40秒で日本がトライ。

ただしゴールキックは決まらず5-7とビハインドは続きます。

フランス陣で進む展開ながら、なかなかゴールまで攻めあぐねていた日本でした。

残り5分あたりからフランスゴール前での攻防となりました。

ゴール前までボールを進め、これで次の展開で逆転できる、と思ったのが2~3回。

しかしボールを奪われ、これまでかな、と思ったのも2~3回。

そんなやきもきさせられる展開でしたが、最後は残り20秒を切ったところで、ゴール真下に逆転のトライ。

これにはPCの前でガッツポーズしました。

フランスディフェンスが、日本は外側に展開すると読んで、ゴール下から離れたところをついたもののようでした。

私は「長距離独走」よりも、こう言うゴール前の密集の中からのトライが好きなので、とても気持ちが良い勝ち方だと感じました。


3.今大会での日本男子代表

正直なところ、予選を突破できるかどうかといったところか、と思っていました。

しかし初戦のニュージーランド戦で大番狂わせして勝ってくれたことで、これは意外と(失礼!)いけるんじゃないか、と思うようになりました。

日本対ニュージーランドのフル動画はこちら。

gorin.jp「7人制ラグビー男子 準々決勝 日本対ニュージーランド」へのリンク

考えさせられる関連ニュースはこちら

「五輪ラグビー:鬼気迫るタックル 日本が王国撃破 - 毎日新聞 」へのリンク

「<五輪ラグビー>「2度目の落雷」日本勝利、世界が再び驚く(毎日新聞) - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN」へのリンク

それにしても、この準々決勝がテレビ放送がないとは…

日本で行われる2019年ラグビーワールドカップのことを考えると、絶対にテレビ放送するべきだったと思うんですけどね。


4.わたくしごとですが…

昨日私は、朝3時半ごろから脚がつって、もがいているうちにトイレにも行きたくなったので、起きることにしました。

本当は6時ぐらいに起きるつもりだったんですが・・・

起きてPCを立ち上げ、Facebookを見ると、ラグビーのことが書いてありました。

そして、5時30分から準々決勝がネットで配信されることを知りました。

これは見ないと、と思ってネット観戦したわけです。


アクシデントのおかげで、ああ言う素晴らしい試合を見れたのはラッキーでした。


しかし…

実は、逆転のトライを含む、試合残り3分ぐらいは、動画が止まってしまってみることができませんでした。

試行錯誤しているうちに時間が流れ、再び映ったときには試合は終わったようでぼう然とするフランス選手が映っていました。

ああ、あのあとすんなり逆転したんだな、と思いました。

(しかし動画再生してみると、本当に何度もこれで負けた、と言うシーンがありました。

 それを克服して勝っただけに、結果を知らずに見たかったです)


もう一つ

代表選手の一人、福岡堅樹選手は私の母校、福岡県立福岡高校の出身です。

あまりオリンピックには縁のない高校だと思いますので、期待しています。





追記

準決勝はフィジーに5-20で敗戦。

試合のフル動画はこちら

http://www.gorin.jp/live/player/EV01CRUM407201.html


3位決定戦の相手は南アフリカと

動画配信サイトはこちらから

http://www.gorin.jp/live/20160811/RURU.html



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オリンピック    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビー】2016年6月25日の日本対スコットランド戦の中継を見て思ったこと~本質的な話しではなく

2016年6月25日の日本対スコットランド戦を日本テレビの中継で見ました。

(最初に書いておきますが、私はラグビーには詳しくないです)

ところどころ見れない時間帯がありましたが、惜しかったと思います。



残り10分までリードしていましたし、スコットランドにトライを許しませんでしたし。


さて、中継を見て思ったのは

「スクラムの絵は横からがいいな」

と言うことでした。

中継では、最初のほうはスクラムを上空のカメラから映していました。

この試合のものではないですが、こんな感じです。

20160626上からのスクラムの画像

これもこの試合のものではないですが、私は横からのほうが好きです。

20160626横からのスクラムの画像

それは、

「長くて低いのがいいスクラムだ」

と高校で習ったのと、長年横からのアングルに慣れているからでしょう。

ラグビーのスクラムに限らず、上から見ると状況がよくわかるスポーツは多いです。

スクラムも、技術をよく知っているツウな方にとっては、きっと上からのほうが、テクニックや駆け引きがわかってより楽しめるのでしょう。


でも私は、スクラムが「長くて低いか」を見たいのです。

「長くて低い」スクラムは、見ていて、「美しいなぁ~」と感じます。

そうなっているかどうか、たしかめたいのです。


私の見方は、ある意味、ミーハー目線だと思いますが…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ラグビー    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

アメリカンフットボール Everybody クリティカルヒット タクトOK!! オードリー 平良海馬 春日俊彰 ラグビー 埼玉西武ライオンズ イコールワン福岡SUNS アート・ムンク スティーブ・ラージェント ジェリー・ライス ジェームズ・ロフトン ニック・マルティネス 福岡ソフトバンクホークス 月間MVP テレル・オーウェンス ハロルド・ジャクソン フリオ・ジョーンズ ランディ・モス 阪神タイガース 失策 甲斐野央 千賀滉大 甲斐拓也 稲尾和久 大谷翔平 オリンピック エレン・ロバーツ オーストラリア 週刊ナイトライダー 岡部平太 Xリーグ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 コロナCOVID-19 ワクチン スーパーボウル ワイドナショー 泉谷しげる 清田育宏 糟屋郡 粕屋郡 柳田悠希 変態ホームラン 左へ引っ張る bayfm AWAKE 有馬隼人 NFL ツイッター Twitter Twitterスペース キューバ 東京オリンピック モイネロ 磁石 永沢たかし 佐々木優介 J.J.ワット ティム・ティーボウ キリスト教 歴史 ふくらすずめ 関西学院大学 お笑い 5thdownチャレンジ YouTube ジョニー・ペスキー 錦織圭 清水善造 熊谷一弥 ベーブ・ルース ジェンダー問題 魔女 小泉今日子 河口正史 石川柊太 春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 吉野至 ホークス 周東佑京 みらいふ福岡SUNS 石川雄洋 ノジマ相模原ライズ 横浜DeNAベイスターズ スタンフォード ボビー・バレンタイン 東京五輪 DK・メトカーフ 津森宥紀 勝利投手 QB オハイオ州立大 ジャスティン・フィールズ 鷹ギャール はぁちゃん BLM オリックス・バファローズ マネキン ワシントン・フットボールチーム オードリーのオールナイトニッポン エムガルティ 片頭痛 ドッペルゲンガー ローランド トレバー・ローレンス ベラ・マルチナ 李卓 IPP 日テレジータス ドラフト 昭和の日 忽滑谷こころ P1Harmony Scared 笑い 寄席 緊急事態宣言 ジム・オットー ケン・バーロウ 背番号 平野宏周 KICKOFF~青春の晴れ舞台~ 宙船 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー iTunes 斉藤和巳 CFLグローバルドラフト 3DownNation CFL コンバイン コリン・レイ NFLドラフト候補名鑑 玲寿丸尾 丸尾 玲寿里 町野友哉 田浦文丸 バリカタ守備 ヘイトクライム MLB ヒューストン・テキサンズ アリゾナ・カージナルス オールナイトニッポン 佐藤敏基 クラウドファンディング 丸田喬仁 山﨑丈路 谷村有美 記録 NFLの歴史 今宮健太 和田毅 ヒーローインタビュー 川島慶三 パトリック・マホームズ 森唯斗 RB ビンス・ロンバルディ 呪い ニューノーマル 横山海マクスウェル ジョー・ネイマス 第3回スーパーボウル 特別ルール TOKYOMX ポッツビル・マルーンズ フリーエージェント NiziU 大阪大学 錦鯉 あちこちオードリー 東日本大震災 メンタルヘルス ボランティア ミスター・イレレバント ライアン・サカップ ザワつく! 金曜日 パンツァーリート テリー・ブラッドショー トム・ブレイディ マイア・チャカ ナイト・ライダー しまむら メンタルコーチ スポーツ心理学 オリックスバファローズ 酒井勉 ブレット・ファーブ レジー・ホワイト カイラー・マレー HBCU 黒人歴史月間 天皇陛下 エリザベス女王 ホイットニー・ヒューストン QBカルーセル BTS 防弾少年団 アーロン・ロジャース 斎藤まりな 斎藤ちはる ブロックバスター アローヘッド フライオーバー バッカニアー 泣くな、はらちゃん コージ・トクダ 鈴木弘子 新型コロナウィルス COVID-19 後遺症 チャット clubhouse クイズ リチャード 小久保裕紀 ライスボウル ピート・キャロル 立花道雪 菅田将暉 泣くな 丸山隆平 薬師丸ひろ子 忽那汐里 麻生久美子 はらちゃん カンニング竹山 たまむすび 医療従事者 野口聡一 カンザスシティ・チーフス グリーンベイ・パッカーズ 第1回スーパーボウル ナイトライダー ベイウォッチ デビッド・ハッセルホフ タンパベイ・バッカニアーズ カンファレンスチャンピオンシップ Zoom デショーン・ワトソン テッド・ウイリアムズ サッチェル・ペイジ ケン・グリフィー・ジュニア ノーラン・ライアン ドリュー・ブリーズ 星条旗 バッファロー・ビルズ プレイオフ アイシールド21 ヨリが跳ぶ 侍ジャイアンツ 英検 クリーブランド・ブラウンズ ザ・リーサルウェポンズ アップセット ラマー・ジャクソン 000ヤードラッシャー デリック・ヘンリー 2 令和2年 モチベーション フィールド・オブ・ドリームス ポプコン 相曽晴日 ビル ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ M-1グランプリ 相武紗季 キャンセルカルチャー BLM運動 奥野耕世 林大希 甲子園ボウル サラ・フラー TSL ザ・スプリング・リーグ リストコーチ 長谷川勇也 桑田真澄 シャーロック・ホームズ 憂国のモリアーティ REGGIE セニョール・パ キラスポ 工藤公康監督 #アメフトを止めるな 日本シリーズ ヘイルメアリーパス M-1 シティポップ シティ・ポップ 朝日奈央のキラめきスポーツ タイトル マックス・マギー 早稲田大学 福岡高校 ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス 流行語大賞 ドライブレコーダー 内川聖一 伊藤玄太 佐藤輝明 近江克仁 クライマックスシリーズ リーグ優勝 ステイホームトーナメント 近藤夏子 サンデー佑京 栗原陵矢 エノーラ・ホームズの事件簿 Netflix アレックス・スミス 五十嵐亮太 佐野元春 ウェリントン 新型コロナ Bye,Bye,September 原真祐美 ライバル IT 恐怖新聞 女性 シンデレラ 映画 ライアン・フィッツパトリック 80年代洋楽 シンディー・ローパー トロール 納言 パンクブーブー オードリーのNFL俱楽部 リトルトゥース 人種差別問題 松田宣浩 プロ野球 17LIVE 霜降り明星 選挙 空母ミンスク 第三次世界大戦 セレブレーション 武田翔太 安倍晋三 ハイジ・ゲーム ハーシェル・ウォーカー 澤木由衣 四千頭身 久保建英 ビジャレアル サッカー 鳥内秀晃 ダニエルKイノウエ国際空港 真珠湾攻撃 新型コロナ禍 終戦記念日 モーションキャプチャ ニグロリーグ 2020年甲子園高校野球交流試合 オプトアウト 福高 自律神経失調症 福高剣道部 ローレント・デュバニー・ターディフ 長瀬智也 手越祐也 スコット・ノーウッド キッカー レッドテイルズ 文化戦争 ダグ・ウィリアムス ワシントン・レッドスキンズ カート・ワーナー 虹プロジェクト スポーツとIT 福岡賢樹 コリン・キャパニック オンラインルール説明会 ブルーインパルス 医療従事者にエールを eスポーツ MADDEN 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 合谷 RPA オービックシーガルズ 金スマ 昭和天皇 運動不足 動画 ブーマー・アサイアソン 羽生結弦 聴覚障害者 熱男リレー EXIT 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ GAMEPASS 歴史的黒人大学 スーパーボウル観戦会 ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ドン・マカウスキ ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 福田秀平 NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 平成時代 終戦の日 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS DAZN Amazon Hulu パワーランキング グレード 引退 復帰 オフ会 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ 人工知能 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 広島東洋カープ 優勝 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン 眼精疲労 JINS 電柱 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 大石 森脇 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 グリーンベイ ロジャース ファーブ パッカーズ メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 野村 景浦安武 あぶさん 立花香織 南海ホークス 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 東尾理子 東尾修 石田純一 September Earth, Fire 九月 Wind アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -