FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


プロ野球のeスポーツ参入と、Mリーグ誕生に思うこと~草創期の職業野球

日本プロ野球機構(NPB)がeスポーツに参入して、プロのeスポーツ選手を採用して、コナミのコナミの野球ゲーム「実況パワフルプロ野球 2018」にて、その世界で優勝争いをさせるプロリーグ

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」

を創設すると言うニュースとか



プロ麻雀士が闘うプロ麻雀リーグ

「Mリーグ」

が誕生すると言うニュースとか



新しいスポーツ、と言いますか、日々の糧の稼ぎ方の誕生に驚いています。


私はこの流れには違和感を感じています。

まず、eスポーツと言いますか、ゲームに関しては、昔はよくやっていました。

ただ、ゲームをやることに後ろめたさを持っていました。

私が中学生や高校生の頃、ゲームはゲームセンターと言う、特殊で、あまりほめられたものではない場所にてやる、「良くないこと」だったと思います。

中学生の頃はよく覚えていませんが、高校生の頃はゲームセンターに通っていました。

しかし大学生になると、子供がいる家にファミコンなどのゲーム機があることが、普通とはいかないまでも、そんなに悪いことではないように世の中の価値観が変わったように感じました。

私は2人の女子中学生の家庭教師をしていましたが、そのうちの一軒で、勉強を始める前にファミコンをやったこともありました。

社会人になって、職場の人達とゲームセンターに行ったり、寮の同期の部屋でゲームをやったりしました。

後ろめたさは薄くなったものの、それでもまだありました。

それでも、今でも私は、ゲームをやることはあまりほめられたことではない、と言う価値観を持っています。

今では一切ゲームをやらなくなったので、さらにゲームに対する否定的な感情は強くなったと思います。


麻雀に関しては、私はやったことはありません。

ものすごくおもしろそうだと聴いていましたので、あえて覚えるのを避けました。

大学生の頃、同級生や、先輩方から何度も誘われましたが、ことごとく断ってきました。

それで人間関係を悪くしたと言うことはないです。

ですから、ルールも知りません。


これはあくまでも私の主観で、歪んでいることはわかっていることです、と前置きして書かせてもらいますが。

麻雀にしろゲームにしろ、私と同じ世代や、上の世代の方々が、電車や喫茶店で、スマホを使ってプレイしているのをみると、なんだかがっかりします。

ですから、ゲームや麻雀をすることで生計をたてるなんて、とんでもない、と言うのが、前述した2つのニュースに関する正直な気持ちです。



ただしその気持ちは変わるかもしれません。

草創期のプロ野球は、「職業野球」と言われていましたが…

そんな世界に身を投じるのはとんでもない、と思われていた時代がありました。

遊びで生計をたてるなんてとんでもない。

ましてや、大学を卒業して職業野球に行くのは、身を持ち崩したようなものだ、と考えられていたようです。


しかし、今プロ野球選手になることは、エリートの世界の入り口にたつようなもので、とてもめでたいこと、と考えられています。

成功すればヒーローです。

価値観は大きく変わりました。


eスポーツと麻雀に対する価値観も、そう変わっていくように思います。

私のような考えを持つ人は他にもいると思います。

ですが、プロ野球と同じ道をたどっていくかもしれません。

そして私が選手たちに拍手を送り、熱くブログに書く日が来るかも、とか想像してしまいます。



もうひとつ思うことを…

また川淵三郎氏の出番となったわけですが…



後任を育てましょうよ。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : まぢかよ!?    ジャンル : ニュース
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【プロ野球】ZOZOTOWNの前澤社長が参入意欲を表明したことについて

通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤社長のツイートが話題になっていました。



このツイートを多くのメディアが報じました。

例えばこれ



このツイートが出る1週間ほど前、職場にいる千葉ロッテマリーンズのファンの方が

「ロッテはマリーンズをZOZOTOWNに売ればいいんですよ。」

と言っていました。

そんなところにこのニュースですから、やっぱりロッテを買うのかなぁ、と考えましたが、記事にあるようにロッテは売却を否定

「売る意思はありませんし、今後も売る予定はありません。(ロッテグループの)総意と考えていただいて間違いない。交渉のテーブルにも乗らない」(山室球団社長)

このニュースの後に、前述のロッテファンの方と話したら

「そんなこと言わずに、早く売ればいいのに。

やる気ないんだから。」


とさらに口調が厳しくなっていました。

本当かどうかわかりませんが、マリーンズの伊東前監督は、2017年も監督を続投するように依頼されたとき、ロッテの全力のバックアップを約束されたそうです。

しかし、何一つ実現しなかったとのこと。

「ZOZO TOWN・前澤社長「プロ野球界参入」に大歓迎の声が続々」へのリンク

記事中の「日経新聞に連載中のコラム」とは、多分これかと思います。

「動かぬ球団 苦しんだ昨季 伊東勤:日本経済新聞」へのリンク

これなら、ファンから「やる気がない」と言われても仕方がないかな、と思います。


既存球団の買収の他、考えられるのは、新球団を作っての参入。

と同時に、NPBの12球団から16球団へのエクスパンション。

前掲の「ZOZO TOWN・前澤社長「プロ野球界参入」に大歓迎の声が続々」の中にありますが、堀江貴文氏はこうツイートしています。



これ以上増えると、少子化もあることだし、日本のプロ野球のレベルが下がる、と言われますが…

一概にそうとも言えないんじゃないかな、とも思います。

ただ、このツイートにあがった土地で球団経営となると、経営がもつかな、とは疑問に思います。

観客動員のインフラが十分でないところもあるでしょうし。

でも、

「プロ野球は入場料や球場で使われるお金で経営する」

と言う概念を変えて、経営することができたら、成功するかもしれません。

最初に置いたツイートに

「04年に開始した「ZOZO―」が“服は試着して購入する”という業界の常識を覆し急成長。」

とあります。

それができたように…



(ANNnewsCH 「“ZOZO”前澤社長「プロ野球の球団持ちたい」と意欲(18/07/17)」)


ひとつ意外だった点を2点。

まず、NPBの対応が意外と大人だったこと。

「何も聞いていません。

NPBのことを言っているとしたら、ああいう企業の経営判断の中にそういうの(球界参入希望)があったというのは一つありがたいことかもしれない。

お話をいただいたら、またそれなりに対応させていただきます。」(日本野球機構(NPB)井原事務局長)

「何も聞いていませんので、何も話せません。」

と当たり前ながらも、いわゆる塩対応で済ませるかと思いましたから。


もうひとつ意外と言うか、違和感を感じるのは…

イノベーションを起こすような新しい考えを持つ人でも、まだまだ野球を目指すんだな、と言うことです。

「ワイドナショー」でも言われていましたが、プロ野球チームを経営すると言うことは、それなりの会社、人物と評価されますから。

そう言う考えで参入に臨んだわけではないかもしれません。

既存のスポーツに参入するにしても、確立されたものではなく、これからのスポーツに参入するのはどうだったのかな…

とか思います。

昔のサッカーとか、最近のバスケとか…

ちなみに私が、この前澤社長のツイートのニュースを知ったのは、あるアメリカンフットボールチームの経営にかかわる人がSNSに投稿したのを見てのことでした。

「野球じゃないけど、うちに投資するのはどうですか?」

と言うような言葉を添えて。

そのチームはリーグの中では優勝を争うほど強いのですが、どうも金策には苦労されているようなので…

そのチームに限らず、NFLやNCAAを除けば、アメフト界は本当にお金に苦労していますので、ファンとしては出資していただけるとありがたい、と思うのですが…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ワールドカップ2018】で「艦隊これくしょん」

最初に書いておきますが、私はサッカーはほとんど見ませんし、「艦隊これくしょん」については、それが何なのかもよく知りません

さて

7月2日朝に「無敵艦隊スペイン敗れる」とのワールドカップのニュースを見ました。

スペイン代表のことが「無敵艦隊」と書かれているのはよく見ます。

あまり望ましい使い方だとは思いませんが。

20180704出撃する無敵艦隊

(出撃する無敵艦隊)

その朝はふと

「バルチック艦隊」(ロシア)とか「連合艦隊」(日本)とかの言葉使われているのかな、

と思って、ツイッターで調べてみました。

20180705バルチック艦隊の戦艦

(バルチック艦隊の戦艦)

「無敵艦隊」「Armada Invencible」「Invincible Armada」「バルチック艦隊」「Балтийский флот」「Baltic Fleet」「連合艦隊」「聯合艦隊」

と言うワードで検索しました. (7月2日朝時点)

20180705連合艦隊の戦艦大和

(連合艦隊の戦艦大和)

「Armada Invencible」「Invincible Armada」「Балтийский флот」「Baltic Fleet」は、「無いことは無い」程度の数がヒットしました。

「聯合艦隊」はそれよりはやや多かったです。

「無敵艦隊」「バルチック艦隊」「連合艦隊」は多かったです。.

他の国の軍隊にも、別名があるかもしれませんが、今のところ私が思いついたのはこんなところです。

「第七艦隊」(アメリカ)も思いついたのですが、アメリカは今回のワールドカップには参加していないので、調べませんでした


20180705第七艦隊

(第七艦隊)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : FIFAワールドカップ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【サッカーW杯2018】日本対ポーランドの最後の「1点差負け狙い」を見て~あくまでもサッカー素人の考えです

一昨日深夜に行われた、FIFAサッカーW杯2018ロシア大会の、日本対ポーランド戦を見ました。

あ、最初に書いて起きますが、私はよくスポーツは見ますが、サッカーはほとんど見ませんので、サッカーのことはほとんど知りませんので、その程度の人間が書くことです。

不愉快なことも書くかもしれませんが、所詮は素人の戯れ言、と流してもらえると助かります。


1.最後の「1点差負け狙い」のプレイを見て

日本は最後の数分間、1点差で負けているにもかかわらず、まったく点をとりにいく姿勢を見せず、フィールドの真ん中あたりで味方にパスを回し続けました。

ポーランドにもボールをとりにいく姿勢がほとんど見られませんでした。

このまま0-1で日本が負けて、同時に行われている同組のセネガル対コロンビア戦が1-0でコロンビアリードで終われば、日本は決勝トーナメントに行けるから、だそうです。

(もう一つペナルティ(またはイエローカード?)の数がそのまま、と言う条件だったそうですが)



(YouTubeからの動画「会場ブーイング 2位狙い 日本対ポーランド ボルゴグラード」)

ここまでわかりやすい時間つぶしをサッカーで見たのは初めてでした。

私が見るスポーツで時間つぶしをするのはアメリカンフットボールで、代表的なものは「ニーダウン」(最近は「ニールダウン」と呼ぶ方が正しい、と言われています)です。

プレイが始まると、すぐにボールを持った選手が膝(ニー)を地面につくことでプレイを終わらせ、次のプレイを始めるまで何もせずに時間を流し、次のプレイもニーダウンをする、というものです。



これは主に勝っているチームが行うもので、相手はタイムアウトをとるしか時間を止める方法がなく、タイムアウトの数には制限がありますので、ニーダウンの時にはすでにタイムアウトを他の目的で使い果たしていることが多いです。

アメリカンフットボールを見始めたときに、こういう終わり方をするのを見てがっかりした覚えがあります。

いくら勝っているとはいえ、最後まで得点を狙ったプレイをして欲しい、と思ったからです。

しかし、だんだんそれが普通のことで、むしろそれをやらないと批判されるもの、と言うことがわかり、今では特に違和感は感じません。

応援しているほうが負けていて、最後にそれをやられるといい気はしませんが…

それより、ニーダウンされることを想定した戦いをしなければならない、と思うようになりました。


そんなわけで、時間つぶしは見慣れていますが…

前述しました通りサッカーでここまでの時間つぶし、つまり得点を狙いに行かないプレイを見たのは初めてでした。

相手がボールをとりに来なかったこともあるのでしょうが…

サッカーを見慣れていないこともあるのでしょうが…

見ていて、ここまで面白くないものか、と思いました。

会場ではブーイングがすごかったそうです。



2.Yahoo!コメントを見て

日本代表監督の西野監督のこの采配について、ネットでの反応をYahoo!コメントで見ました。

いくつかのニュースで見ました。

例えばこれとか。

「物議醸す“パス回し”を本田圭佑はどう見たのか? 「本当はダメだけど…」(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース」へのリンク

同じ記事についたものでも、この日の試合後のコメントと、数日たってからのを比べると、采配擁護の声が多いようです。

「パス回しは、特に現場でお金を出して見ている人にとっては申し訳ないものだが、決勝トーナメント進出のためには仕方がなかった。」

「批判覚悟でこれをやった西野監督はすごい。」

「こんなことまでやらないとお行けないのが、今の日本の力を表している」

というような声が多いように感じました。

テレビで見る解説者たちについても、批判をする人は今のところ見ていません。

前掲の記事で本田選手も似たようなことを語っていましたが、やっていた選手もつらかったろう、と言うことが、この記事にも書かれていました。





私はサッカーのことをよく知りませんので、このプレイの賛否の結論を書くのは望ましくないでしょう。

そのことを前提で書かせてもらいます。

パス回しは仕方なかったんじゃないかと思います。

決勝トーナメント進出の方が、この試合に勝つことよりも重要だったのでしょう。

そうでなければ、先発を6人も変えることもなかったでしょう。

(※「先発から外した6人を休ませることができましたし、控え組の力量を見ることもできた。西野監督はうまくできた」と言う声も練ってでは多かったように感じます)

現場でこの試合を見た人たちにはかわいそうですが…


3.気になる2つの言葉

ルールの中で行ったわけでもありますし、私も西野監督の采配は望ましくないものの仕方がない、と思うのですが…

2つ気になる言葉を書いておきます。

ひとつはこの記事から。



この中の

「ここはワールドカップだよ」

という声には考えさせられました。

たしかに…多分サッカーの世界の中では最高峰の大会でこういうプレイはよろしくないのかな、と思わされました。

しかし、ワールドカップのルールですから…

得点を狙わないプレイを二度と起こさせないためには、ワールドカップの勝ち上がりシステムを考え直すのがいいかな、と思います。

簡単ではないでしょうが。

ちょっと過激な考え方ではありますが、もう少し得点が入りやすくすれば、サッカーでこういうシーンを見ることは減ると思います。

今回のような相手の試合頼み、と言うことが難しくなりますから。


もう一つは

「刺し違えこそ武士道の精髄なり」(沢庵和尚)

と言う言葉です。

自信はないのですが、遠い昔、あるコミックで、この言葉を知りました。

「刺し違え」または「刺し違える」とは

自分も斬られること覚悟のうえで、相手を斬ること

です。

しかし、いくらググってみても、この言葉は見つかりませんでした。

ですから、この言葉は架空の言葉かもしれません。

しかし、もし実在する言葉であれば…

「SAMURAI BLUE」

と言うネーミングとは不釣り合いだと思います。

勝ちに行って、敗れて、そして決勝トーナメント進出を逃したとしても、今回の日本代表を責める声は、称賛する声よりもはるかに少なかったと思いますし…


西野監督の采配は、明日未明のベルギー戦に活きるかどうか…

期待したいと考えています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : FIFAワールドカップ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

「x球」〜外国から来たスポーツを漢字にしたもの

外国から来たスポーツを日本語でどう訳しているか、そういうことがわかるニュースがありました。

特定のクラブの名称で、それが一般的なものかどうかはわかりませんが。

私はその辺はよく知っているはず、と思っていましたが、知らない言葉がかなりありました。

「蹴球」
「鎧球」
「拝球」
「籠球」
「庭球」
「野球」
「卓球」
「水球」

以上のものは知っていました。

逆に「水球」ってオリジナルはなんというのか知りませんでしたが、「ウォーターポロ」だと職場の人が教えてくれました。

そう言えば聞き覚えがありました。


「闘球」
「羽球」
「送球」
「杖球」
「氷球」
「撞球」

これらは知りませんでした。

なお、引用はこの記事からですので、答えはこの中の文中にあります。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【パ・リーグTV】新しい企画「WEEKLY BEST PLAYS 20 - 今週の試合から20のナイスプレーを配信!!」が始まる

YouTubeのパーソル パ・リーグTVに、新しい企画が始まったようです。

「WEEKLY BEST PLAYS 20 - 今週の試合から20のナイスプレーを配信!!」

と言うもので、名前の通り、1週間を振り返りってナイスプレーを紹介するものです。

リンク先はこちら。

パーソル パ・リーグTV 公式「WEEKLY BEST PLAYS 20 - 今週の試合から20のナイスプレーを配信!!」へのリンク

開幕から先週まで、現在10本の動画がアップされています。

2本ほど見てみました。

交流戦前の最後の1週間の試合から集めたもの。



(パーソル パ・リーグTV 公式動画「【2018】WEEKLY BEST PLAYS 20 #10(6/1〜6/3)今週の試合から20のベストプレーを配信!!」)

そして、交流戦2カード目のを集めたもの。



(パーソル パ・リーグTV 公式動画「【2018】WEEKLY BEST PLAYS 20 #9(5/22〜5/27)今週の試合から20のベストプレーを配信!!」)

交流戦になると、著作権の関係でパリーグ主催試合の動画からしか拾わないだろう、と言う予想は当たっていました。

しかし、セ・リーグの選手のナイスプレイも結構拾ってたのは驚きました。

セ・パかかわらずにナイスプレーを拾ってくれるのは嬉しいと思います。


そして、これも予想通り、守備のシーンばかり

他にも、素晴らしい投球、例えば豪速球でとった空振り三振で、バットとボールの差が広いものとか、あれば拾ってほしいなと思います。

例えば、1975年の日本シリーズで、阪急ブレーブスの山口高志投手が、広島東洋カープの山本浩二選手から奪った三振のようなものとか。


打撃でも、凄いホームランとかは拾ってほしいです。

3年ぐらい前の福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が打った、横浜スタジアムの電光掲示板直撃のホームランとか。



(動画「【福岡ソフトバンクホークス】柳田悠岐選手・電光掲示板直撃の特大HR!でも「完璧じゃない」?」)


走塁でも、ホークスの今宮選手のホームインとか、見事なものは欲しいです。


それはさておき、こういう動画は見ていてとても気持ちがいいので、この企画、続けてほしいです。

楽しみにしてます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【あっぱれ】張本勲氏、辛口な表現から入るも、大谷翔平にはかなり期待していると思った理由

いつもは見れれば見る、程度の「サンデーモーニング」のスポーツコーナーですが、昨日2018年4月8日のは楽しみにして見ました。

用事があって見れなくなったら、録画しようとも思ったくらいです。

それは、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、この1週間で投手として初登板で勝利投手となり、一昨日までの3試合で、打者として3試合連続ホームランを放ったことを、日本人メジャーリーガーに辛口な張本勲氏がどう語るか興味があったからです。



張本氏は

「マグレかアメリカの投手の質がおちたのか、まあどちらともだろうけど…

だけど、2試合連続はまぐれではたまにあるけど、3試合連続は珍しいね。」

と辛口な表現から入った張本氏。

ただ、後半は好意的に語っているニュアンスを感じました。

ですが、3試合連続ホームランのことを「すごいね」と言わず、「珍しいね」と表現したところが、キャラに徹しているな、とおかしく思えました。

しかしここからはほぼ褒められていました。


「前足をあげなくなったのがいいね。

その調整力がすごいね。」

から始まりました。

途中

「8番を打っているようじゃまだ駄目」

「一回りしてみないとわからない」

1918年にベーブ・ルースは残した13勝で11本塁打が、最後の2桁勝利と本塁打になるのですが、この件についても、

「その頃は試合数が少なかったからね(この年ルースは95試合の出場)。」

と大谷選手が2桁打ってもルースの記録とは同列に扱えない、と言うネガティブな発言もありましたが…

(番組では触れられていませんでしたが、その頃は本塁打が「野球の華」と言う評価を得ておらず、そんなに重視されていなかったと思いますし、全体的に本塁打の数は少なかったと思います。)


「私は大谷のことを投手として買っているからね」

「大谷は10本は打つでしょう」

「15勝20本以上なら大あっぱれ」

と期待をしている発言をしていました。


結局のところ、張本氏は大谷選手に大きな期待をしている、少なくとも注目していると感じました。

それは、最後に次の登板について、スタッフが、いつになるのかあたふた調べだしたときに、

「明日でしょ」

と張本氏があっさりと言ったことです。

張本氏には、そんなに日本人メジャーリーガーのことを調べて備えているイメージがなかったので、本当は注目しているんだな、と思いました。


張本氏が大谷の活躍を認めなかった、と言う記事がありました。





前者の記事には、それでも

「厳しいけど褒める所は褒めてる」

と捉える人がいたことも書かれていました。

確かに張本氏の入り方はひどかったですけどね。

でも、私は、張本氏は大谷選手のことを買っていると思われ、そのことがとても嬉しく感じられた日曜の朝でした。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : MLB    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【マリーンズ】ホークスと戦って、「これからは敵なんだな」と思ったのは大隣だけではないと思う

2018年2月27日の対福岡ソフトバンクホークスとの練習試合で、千葉ロッテマリーンズの大隣憲司投手が好投しました。


2回を打者7人に投げて、出塁を許したのは、中村晃選手が粘って勝ちとったものだけでした。

最速は138キロ。

柳田選手も内川選手も討ち取りました。


大隣投手は昨オフにホークスから戦力外通告を受け、今シーズンからマリーンズに加わることになりました。

名前は忘れましたが、国指定の難病から、初めて立派にカムバックした投手です。

しかし今度は関節を痛めてからはあまり勝てず、昨シーズンはほとんど二軍暮らしで、そこでも打ち込まれることがほとんどだったと思います。

ホークスにとっては、2014年と2015年の日本一に貢献してくれた大功労者なので、もう1シーズンぐらい我慢してくれないものかと思ったのですが…

球団には球団の事情があるのでしょう。

それをアレコレ言う気は無いです。

記事から引用しますが、

「古巣で11年を過ごした。「不思議な感覚」で投げた後、「これから敵なんだな」と当たり前の事実が重さを増した。」

とあります。

大隣投手がそう思って闘わなければいけないのは当たり前です。

私のようにまだ大隣投手に未練があるホークスファンにとってもまた、大隣投手のことを

「これから敵なんだな」

と思わなければならないでしょう。


辛いことですが…


大隣投手には勝ってほしいです。

ですがホークス戦で投げる時は、全力でホークス打線が打ち込むことを期待します。

私はあくまでも出身地の九州のチームのファンですから。

でも、できれば今度こそカムバック賞をとってくれることを願います。



(動画「2/27 ホークス対ロッテ大隣”真のエースへSB千賀の決意”プロ野球 キャンプ情報」)

明るく語っている大隣投手ですが、心境は複雑でしょう。

もしそうだったら、それではいかんのです。

もうホークスは敵なんですから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【平昌五輪】「そだね~」が流行語大賞に選ばれる意義~今のところライバルはあれかな…


平昌五輪がおわり、日本には史上最高のメダル数だけではなく、印象に残ることがいくつか残されたと思います。

私はろくに見てないのですが、銅メダルを獲得した女子カーリングチームの

「そだね~」

は印象に残りました。

かなり話題になったようで、日本の女子カーリングチームのことが

「そだね~ジャパン」

と呼ばれたりしたようです。



(NHK公式動画「‪【NHK】【たっぷり】そだね~ 史上初の銅! カーリング女子<ピョンチャン>‬」

ここまで騒がれると、多くの人が言うように、年末の流行語大賞の候補にあがるでしょう。

私は「‪そだね~」が流行語大賞にならなくても、ノミネートさえされて、その時に再び話題になればいいなと思います。‬

それはここしばらく、こんなに和む言葉が流行った記憶がないからです。‬

‪そして私が趣味とするスポーツ観戦ですが…‬

‪私が見る競技には、こんなゆるい言葉は出てきません。‬

‪詳細はいつか書きたいですが、今の勝利史上主義では、やがてスポーツとそれを取り巻く世界は荒廃してしまうんじゃないかと思います。‬

このままでは危ないと思うんですが…

‪「そだね~」にはそれを覆してくれる力を感じます。‬


‪さあ、広義の「五輪」のうち、オリンピックが終わりました。‬

‪もう「宴のあと」の空気のようですが…‬

‪このことについて、カンニング竹山さんが、キレながらも暖かいツイートをされています。‬

‪ ‬

‪次はパラリンピックですね~


‪余談にはなりますが、‬

‪現時点で‬

‪「そだね」‬

‪に対抗できる流行語大賞候補は‬

‪「南岸低気圧」‬

‪かな、と思います。‬

‪こちらはありがたくないなぁ…‬



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ウィンタースポーツ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【疑問】ラッセル・ウィルソンをトレードで獲得した目的は果たされそうなのか?

ニューヨーク・ヤンキースはテキサス・レンジャーズのマイナーの内野手、ラッセル・ウィルソンを、トレードで獲得しました。

交換条件は後で決めるようですが、いちマイナーリーガーにしては、日本でも少なくないメディアが報じています。

それは、ウィルソンがNFLを代表するアメリカンフットボールの選手の一人だからです。





ウィルソンは2007年と2010年の2回、MLBからドラフト指名されて、プレイしていますが、メジャーリーグではプレイしたことはないようです。

一方で2012年にはNFLのシアトル・シーホークスから3巡、全体の75番目に指名されて入団。

ルーキーながら開幕から先発QBを務め、4年間負け越しを続けていたチームに11勝5敗の好成績をもたらし、2年ぶりのプレイオフに導きました。

翌2013年にはチーム史上初となるスーパーボウルチャンピオンとなり、翌2014年にもスーパーボウルに出場しました。

2年連続でスーパーボウルに出るのはとても難しいことで、それを2〜3年目で達成したのは素晴らしいことです。

2012年のルーキーイヤーから2016年シーズンまで、ウィルソンはシーホークスをプレイオフに導きました。

今や、リーグを代表する選手の1人です。


この間野球の方では、2013年オフのルール5ドラフトで、レンジャーズがロッキーズからウィルソンを獲得。

2013年には野球をプレイしていなかったのにも関わらず…

2014年と2015年にスーパーボウルに出場した後、ウィルソンはレンジャーズの春季キャンプに参加しました。

ちょっとだけセカンドでノックを受けていたのを覚えています。

その時のレンジャーズ首脳陣の気のつかいようは異常に感じられました。

シアトル・シーホークスの、いやNFLのファンのために、怪我をさせてはいけない、とものすごく神経を使っていたように記憶します。

それを見れば、ウィルソンに野球もさせようと考えているとは、とても思えませんでした。

その頃のことを、私は軽くブログに書いていましたので、興味があればどうぞ

こちらは2014年のもの

「【 #wewantwilson 】ラッセル・ウィルソンを野球のチャリティに!という動き」

http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-2797.html

こちらは2015年

「【NFL in MLB】「ウィル様」ことラッセル・ウィルソンが、今年もレンジャーズのキャンプに参加~ふと思った疑問」

http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-3244.html

2014年にレンジャーズのGMは

「結局野球には戻らず、フルタイムでやることにならなくとも、チームと接してもらい、話をしてもらうだけでも意味のあることだ」

と語りました。

ウィルソンが初めてレンジャーズのキャンプに現れた2014年、チームは地区2位から5位に転落しましたが、監督が翌年からは2年連続して地区制覇しました。

その2015年にレンジャーズの監督についたジェフ・バニスターはキャンプでウィルソンと話して

「初めて話したけど、彼は感銘深い男だね。
いかに真剣で、最高の選手になりたいか、というかを考えさせられた。
優勝を成し遂げたアスリートからのメッセージを聞くことができた。
どんな努力が必要で、偉大なアスリートである意味を知ることができるというのは、フットボールのロッカールームだろうかが、野球、ホッケー、バスケットボールであろうが、変わらない」

と語ったそうです。

ウィルソンに刺激を受けて地区制覇できたのかどうかはわかりませんが。


そして今回のニューヨーク・ヤンキースへのトレード。

日本でも主要スポーツ紙がネットニュースで伝えましたが、その見出しや、それについたコメントを見ると、ウィルソンにNFLとMLBの掛け持ちを期待するような声もあるように感じましたが、それはないでしょう。

ウィルソンは

「野球をやらないとは言っていない」

と言っているそうですが、真剣に野球をすることはないでしょうし、真剣にやってもメジャーに上がれるかどうか…

ヤンキースの目的は、上のFULL COUNTのツイートのリンク先にあるように

「プロの頂点にたどり着いた卓越したアスリートから学べるユニークなチャンス」

を得るためにやったことでしょう。

ヤンキースのキャッシュマンGMは、

「多くの選手と会話をしたが、キャンプに短期間ながらラッセルを加えることができることに、我々は本当に興奮している。

彼が共通のゴールにチームメートをいかに導くのかや、競技に関してどのように厳密に日々準備しているのか、そしてシーズン中の成功と失敗をどう操縦して行くのか。

その洞察を得ることを楽しみにしている」

と語ったそうです。

讀賣新聞のツイートのリンク先にあるように

「頂点を極めたアスリートから学ぶための良い機会」

なのでしょう。


春のキャンプに少しだけラッセル・ウィルソンを参加させることが、そんなに効果的なのか?

私はMLBでプレイしたこともウィルソンと話したこともないのでよくわかりませんが…

きっとそうなんでしょう。

まだ決まってないとはいえ、ある程度の犠牲を払って獲得するのですから。

また、ヤンキースのような人気球団が、話題性だけで獲得するとは思えませんし。

それにしても、ニューヨークの両MLB球団は、NFLQB経験者でにぎやかになりそうです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : MLB    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

アメリカンフットボール Xリーグ 日大悪質タックル問題 ホークス スマートニュース ハズキルーペ コージと楽しむNFLライフ 終戦の日 戦争 平成時代 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン オードリー アメリカンフットボールU19世界選手権 NFL WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS NFL倶楽部 ピース綾部 スーパーボウル オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS DAZN Twitter Hulu Amazon パワーランキング グレード お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN 女子アメフト セイフティ イップス メンタルヘルス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushups #22pushupschallenge #22pushupsfor22days ダイエー  大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 城所龍磨 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 プロ野球 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 ライオンズ アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 SNS ホームズ アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 真珠湾攻撃 12月8日 twitter、松田 POISON GIRL BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル おれさまファンクラブ ほめられサロン ホメラー 大石 森脇 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 保毛尾田保毛男 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ グリーンベイ パッカーズ 城島 ロジャース メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 サムライハイスクール ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 楽天 クライマックスシリーズ 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 立花香織 野村 南海ホークス 景浦安武 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind 九月 Fire Earth, twitter Tumblr 室原知幸 砦に拠る 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -